鈴置氏、新型肺炎と南北朝鮮「連鎖倒産」リスクに言及

昨日、『デイリー新潮』というウェブサイトに、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏が『新型肺炎で中国、南北朝鮮が連鎖倒産に追い込まれる? 米国は“カメの論理”で舌なめずり』という最新論考を寄稿されています。当ウェブサイトでもコロナウィルス騒動で韓国の通貨がアジア主要国のなかでも特に大きく下落しているという話題を紹介したばかりですが、鈴置氏のいう「カメの論理」とは、「孫ガメをひっくり返したければ子ガメを、子ガメをひっくり返したければ親ガメをひっくり返せば良い」とするもので、相変わらず本質を突いた指摘です。

通貨危機?

コロナウィルス騒動で韓国とタイの通貨が下落

市場ではあたかも韓国が「一人負け」の様相を呈する』や『コロナウィルス発の韓国通貨危機説が排除できない理由』などでも報告したとおり、新型コロナウィルスの蔓延に伴い、為替市場、株式市場などが混乱しています。

コロナウィルス問題が始まる直前の1月20日と、2月3日午前の為替相場を比較したものが、次の図表1です。

図表1 アジア主要通貨に関する1月20日と2月3日午前の為替相場比較(対ドルレート)
通貨相場変動騰落率
韓国ウォン1159.61→1198.5+3.35%
タイバーツ30.36→31.23+2.87%
オフショア人民元6.8673→7.0108+2.09%
シンガポールドル1.3466→1.3675+1.55%
台湾ドル29.969→30.374+1.35%
マレーシアリンギット4.0595→4.1071+1.17%
人民元6.8669→6.9367+1.02%
インドネシアルピア13621→13715+0.69%
香港ドル7.7693→7.7764+0.09%
日本円110.18→108.5▲1.52%

(【出所】WSJの市況欄を参考に、1月20日終値と2月3日午前11時過ぎのデータを比較)

(※もっとも、上記図表1、および下記図表2については、現在進行形で動いている市場データから手作業で転記しているため、厳密に同じ時間の同じ瞬間を切り取ったものではなく、不正確である可能性がありますので、この点についてはご了承ください。)

これでみていただければよくわかりますが、図表1に示したアジア各国の通貨は、「安全資産」とされる日本円を除き、いずれも大なり小なり、米ドルに対して下落しています(いずれも通貨も「コンチネンタルターム」で表示されているため、プラス表示はその通貨の価値が下落していることを意味します)。

昨日は少しだけ落ち着いたようだが…

ただ、この下落も昨日にはある程度落ち着きを見せています(図表2)。

図表2 アジア主要通貨に関する2月3日午前と2月4日深夜の為替相場比較(対ドルレート)
通貨相場変動騰落率
韓国ウォン1198.5→1187.04▲0.96%
タイバーツ31.23→30.96▲0.86%
オフショア人民元7.0108→6.9946▲0.23%
シンガポールドル1.3675→1.371+0.26%
台湾ドル30.374→30.178▲0.65%
マレーシアリンギット4.1071→4.1115+0.11%
人民元7.0215→6.9969▲0.35%
インドネシアルピア13715→13710▲0.04%
香港ドル7.7764→7.7658▲0.14%
日本円108.5→109.06+0.52%

(【出所】WSJの市況欄を参考に、2月3日午前11時過ぎと2月4日午後10時ごろのデータを比較)

いかがでしょうか。

比較の基準時点の選び方が少し恣意的ですが、下落率が最も大きかったのは日本円であり、小幅下落となったマレーシアリンギット、シンガポールドルを除けば、いずれも上昇しており、なかでも韓国ウォンとタイバーツが、昨日は大きく反騰していることがわかります。

「大きく上がった後は大きく下がることが多い」、「大きく下がった後は大きく上がることが多い」という、市場の動きをそのまま体現しているだけなのかもしれませんが、依然として韓国ウォンとタイバーツがコロナウィルス発生前後で大きく売られた状態である、という点においてはあまり変わりません。

というよりも、この両通貨が、コロナウィルスの発生源である中国の通貨である人民元(オンショア人民元、オフショア人民元)よりも大きく下落しているというのも、なんだか不思議な気がします。

しかし、先月の『韓国の2019年の「貿易黒字4割減少」のインパクト』でも触れたのですが、実際、韓国経済の対中依存度は非常に高い状況にあります。「中国がくしゃみをすれば韓国は寝込んでしまう」という状況にあるのも仕方がないのかもしれませんね。

待望の鈴置論考

鈴置氏「親ガメこければ子ガメもこける」

さて、当ウェブサイトではいつも申し上げていますが、私自身、韓国観察者である鈴置高史氏の論考にはかなり注目しており、最新稿が出れば、欠かさずチェックするようにしています。

こうしたなか、昨日、『デイリー新潮』に掲載されたのが、次の論考です。

新型肺炎で中国、南北朝鮮が連鎖倒産に追い込まれる? 米国は“カメの論理”で舌なめずり

新型肺炎で中国と韓国、北朝鮮の経済が大揺れに揺れる。これを米国がどう利用するか、注目だ。韓国観察者の鈴置高史氏が読み解く。<<…続きを読む>>
―――2020/02/04付 デイリー新潮鈴置高史 半島を読むより

リンク先の論考、文字数は3000文字少々ですが、今回の論考では図表がとくに多用されているため、見た目以上にボリュームがあります。しかし、いつもながら文章の読みやすさはピカイチであり、主張内容がスッと頭に入ってくることは間違いありません。ぜひ、直接リンク先をお読みください。

ところで、今回の記事、タイトルに「カメの論理」とありますが、これは

中国という親カメの上に、韓国という子カメが載っている。その上には北朝鮮という孫カメ。孫カメが大きく揺れて、子カメの背中から落ちそうになっている

という様子を形容したものです。

参考 『親子のカメさん』

(【出所】文部科学省『体を使って遊ぼう』)

要するに、

親カメこけたら子カメもこける。子カメこけたら孫カメこける

という論理です。

(※ちなみに公園や動物園などで親カメの上に子カメが乗っているのを見るとかわいらしいですが、見かけても決して親カメをひっくり返すなどのいたずらをしたりしないでください。)

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

それはともかく、鈴置氏によると、韓国ウォンが大きく売られた理由は、第一義的には、

新型肺炎で韓国経済が大きな打撃を受けるとの読み

からだと指摘するのですが、それだけではありません。

  • 2019年の通関ベース輸出額は前年比10.3%減で、これは▲5.6%だった日本と比べても非常に大きい
  • そもそも韓国は少子高齢化により生産年齢人口が頭打ちになっていて、昨年の実質経済成長率の2.0%も公共工事とばらまき福祉でかなり無理をして作った数字

など、韓国経済の低調さも背景にあるのでしょう。

北朝鮮経済もおかしくなる

さて、「親ガメ」「子ガメ」「孫ガメ」理論からすれば、必ず検討しなければならない論点は、北朝鮮経済です。これについて鈴置氏は、次のように指摘します。

鈴置:1月22日にいち早く、中国との国境を閉鎖し、貿易と観光客の受け入れを止めました。同月30日には韓国との連絡事務所の閉鎖も通告しました。

そういえば、新型コロナウィルス騒動が始まってからしばらく、世界各国は中国人の入国を拒否していませんでしたし、日本でさえ中国・湖北省からの入国を拒否し始めたのは今月に入ってからの話です(『コロナウィルス蔓延で見えた、日本の入管法制の問題点』参照)。

これらに比べると、鈴置氏の指摘どおり、北朝鮮の動きは迅速でした。

しかし、先日から当ウェブサイトでも報告しているとおり、結局、人の往来に制限を掛けるのは、自由貿易、経済活動に制限を設けているのと同じであり、かならず副作用が生じます。

ましてや昨年12月に(公式には)出稼ぎ労働者による送金という手段が絶たれた北朝鮮のことですから、中国からの旅行客が落とす外貨は貴重な収入源であるはず。この点を鈴置氏は、

この措置で北朝鮮の外貨不足が激化し、経済危機に陥る可能性がグンと増した

と指摘するのです。

実際、北朝鮮が1月30日になって、韓国に対し、「予定していた金剛山の観光施設の撤去を中止する」と通告したのだそうですが、これも鈴置氏の指摘どおり、中国人観光客を当て込んでいた北朝鮮の思惑が外れ、慌てて韓国への嫌がらせを中断したと見るべきでしょう。

さて、韓国は「一線」を越えますかね?

ところで、核開発で世界に不安を与えている北朝鮮をやっつけるためには、北朝鮮を軍事的に攻撃するのが手っ取り早いのは事実でしょう。ただ、現代の国際社会においては、米国のような軍事大国が軍事力を行使するためには、それなりの大義名分が必要です。

もちろん、大義名分が立たないわけではないとは思いますが、北朝鮮といえば中国やロシアにとっては「緩衝地帯」であり、北朝鮮を攻撃するならば中露両国に対して筋を通すことが望ましく、何かと面倒であることは間違いありません。

だからこそ、鈴置氏の指摘通り、北朝鮮をひっくり返したければ、北朝鮮という「孫ガメ」が乗っている韓国という「子ガメ」をひっくり返すのが良いのですが、その際、鈴置氏はハリー・ハリス駐韓米国大使が韓国への二次的制裁(セカンダリー・サンクション)をチラつかせたという話題を紹介します。

本件については、当ウェブサイトでも『韓国、北朝鮮に対する経済制裁を公然と妨害し始めた?』や『駐韓米国大使、間接的ながら「韓国への制裁」に言及』などでも紹介したので、覚えているという方もいらっしゃるかもしれません。

鈴置氏は、ロイターの1月17日付の “U.S. ambassador becomes mustachioed face of South Korean discontent” という記事を引用し、ハリス大使が

some aspects of a tourism program could potentially run into trouble with sanctions(【北朝鮮への】個人旅行解禁は経済制裁に関する問題に直面する可能性がある)

と警告したと指摘しているのですが、いわば、ハリス大使の口から「それをやれば米国が経済制裁するかもしれないよ」というレッドラインが示された格好です。

ここで知的ゲームを楽しむならば、果たしてハリス大使がここまで言い切っていながら、果たして文在寅(ぶん・ざいいん)政権がそのレッドラインを越えるかどうかですが、個人的にはそれは「NO」だと思います。

そのヒントは、『韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…』などでも述べた、昨年8月から11月まで続いた、「GSOMIAを破棄するする詐欺」にあります。

韓国政府は8月になって、日本に対して『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』(いわゆる「日韓GSOMIA」)の破棄を通告しましたが、米国による強い警告を受けて、韓国政府は結局、事実上の撤回に追い込まれたからです。

そういえば、北朝鮮の「クリスマスにICBMを発射するする詐欺」も同じで、結局、「それをやれば米国は激怒する」とわかっているレッドラインについては、ギリギリを攻めて来るものの、絶対に踏み越えないのです。

このあたり、本当に(悪い意味で)狡猾な民族だと思います。

米国を試す韓国

韓国は恩知らずの国

ただ、鈴置論考を読んで改めて感じたのですが、そもそも論として、韓国にとって米国とは「恩人」、いや、「大恩人」です。

なにせ、「大韓民国」という国自体、1948年に米国から独立させてもらったわけですし、1950年6月に始まった朝鮮戦争では、この「大韓民国」の領土はいったん釜山周辺にまで追い詰められ、滅亡直前になってしまったほどです。

その後、米軍を主体とする国連軍が仁川(じんせん)上陸作戦を敢行し、ソウルを奪還すると、当時の大統領だった李承晩(り・しょうばん)は勢いに乗って北進統一を掲げ、結局、それが朝鮮戦争の泥沼化と米軍への多大な犠牲を出す結果になったのです。

(※ちなみにこの李承晩という男、自国民に対しては残虐さを示す一方、現実に敵が進行してきたら真っ先にしっぽを巻いて逃げるという臆病さを併せ持つ、人類史上まれに見る無能な指導者だと思う次第です。)

ただ、こうやって米国に守ってもらい、国を取り返してもらったわけですから、韓国にとって米国は大恩人であるばかりでなく、最も大事な同盟国として忠誠を誓うのが筋でしょう。

それなのに、韓国は1992年の中韓国交正常化以降、米国との同盟をないがしろにしながら、着実に中国との関係を深めるという愚行をしてきました(『「米中からの往復ビンタ」、過去の失敗に学ばない韓国』参照)。

「米中からの往復ビンタ」、過去の失敗に学ばない韓国

まさに韓国の行動とは、米国との関係で、「タダ取り外交」、「食い逃げ外交」という表現がぴったりくるのですが、おそらく北朝鮮や中国などの地政学的な要因がなければ、米国としてはさっさと韓国を見捨てたいと思っているのではないでしょうか。

それに、韓国の「瀬戸際外交」は、「日韓GSOMIA破棄騒動」や「北朝鮮への個人旅行解禁騒動」だけではありません。市民団体がハリー・ハリス大使の口髭を攻撃するパフォーマンスを行ったり、米国大使館に大学生の乱入を許したりするなど、細かい嫌がらせをたくさん仕掛けています。

本命は米韓同盟消滅

さて、鈴置氏といえば、名著『米韓同盟消滅』でも知られます。

派手なタイトルで読者を釣るようなことをしないのが鈴置氏の良さなのですが、個人的な感想を申し上げれば、この『米韓同盟消滅』という書籍のタイトルを最初に見たときには、

こりゃ、地味だなぁ~

と思ってしまったほどです(笑)。

しかし、実際に中身を読んだら、本当に合理的かつ説得力のある論拠で米韓同盟の消滅を予言しており、今のところはこの鈴置説に反する証拠は見つかっていません。それどころか、米韓関係は一進一退しながらも破滅に向かっていることは間違いないでしょう。

もちろん、以前から何度も報告しているとおり、鈴置氏の論考では、「何年何月何日に米韓同盟が消滅するのか」という具体的な日付は示されていませんが、これは当たり前の話です。それがわかれば、書籍など執筆せず、株を買い占めるかウォンを売り浴びせるなどして個人的に大儲けすれば良いからです。

しかし、あらためてこの『米韓同盟消滅』をじっくり読むと、韓国が日本に対して仕掛けて来ている反日的な動きはほんの「薬味」に過ぎず、やはり文在寅政権の政策目標の本命は「米韓同盟の手仕舞い」と「大韓民国を北朝鮮に献上すること」にあるとしか思えないのです。

いずれにせよ、「鈴置ファン」のひとりとして、鈴置先生の論考の続きを楽しみに待ちたいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 雪国の会計士 より:

    更新ありがとうございます。
    今回の鈴置氏の論考、米韓関係の事象がハリス大使の発言を参照していますが、いますこし新鮮さを感じませんでした。
    と言いますか、米国側は韓国に対する配慮のない姿勢が定着しているからでしょうか。

  2. 愛読者 より:

    北朝鮮部分の考察だけさせて下さい。
    > 中国人観光客を当て込んでいた北朝鮮の思惑が外れ、慌てて韓国への嫌がらせを中断した
    その通りでしょう。ところで,「北朝鮮は韓国の上に乗っている孫亀」というのは正しくなくて,北朝鮮の中国への貿易依存率は9割で,直接韓国には依存していませんから「北朝鮮は中国の背中に乗っている子亀」が正しいと思います。
    国境封鎖の影響の1つで,中国人系由の北朝鮮情報が激減したので,北朝鮮関連のニュースが一気に薄くなりました。でも,いろいろ断片を繋ぎあわせていると,「金正恩氏は中国経由の外貨減少を,当面,北朝鮮の民間にある外貨の吸い上げを強化することによって凌ごう」としているのかな,と感じられるところがあります。当然,外貨を持っている国民の不満が一層強くなっているわけです。
    これは2019-nCoV以前の話ですが,金正恩氏は国民の忠誠心向上のため,食料配給の復活を頑張っていました。でも,中国からの援助米の配給を命じても,9割くらいが飼料用トウモロコシに替わってしまうのが現実ですから,上層部の中間でのピンハネが構造的に直せないのでしょう。国内の農場からの上納は,もっと難しいでしょう。農民段階というより,中間段階での横領・ピンハネが激しく,配給食料がヤミ市場に流れてしまうのでしょう。公定価格と市場価格の乖離が激しすぎるので,そうなるのが普通かも。
    韓国経済については,ロジャーズ氏はまだポジティブな見方をしていますね。

  3. クロワッサン より:

    更新ありがとうございます!

    >(※ちなみにこの李承晩という男、自国民に対しては残虐さを示す一方、現実に敵が進行してきたら真っ先にしっぽを巻いて逃げるという臆病さを併せ持つ、人類史上まれに見る無能な指導者だと思う次第です。)

    朝鮮民族の指導者としてとてもお似合いの指導者だと思わざるを得ませんw

    蛇足ですが、

    >なにせ、「大韓民国」という国自体、1948年に米国から独立させてもらったわけですし、

    >なにせ、「大韓民国」という国自体、1948年に米国によって独立させてもらったわけですし、

    ではないかと思います。

  4. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    子亀の韓国は、今にもコケそうですし、孫亀の北も振り落とされそうです。何よりめ恩知らずの子亀と孫亀は親亀を天敵のように思っています。

    親亀も長年連れ添ったが、不始末ばかりしでかした子と孫の面倒は「和亀」に託したい。一方で、残飯食って大きくなり、テリトリーを破壊する「外国種」のシナ亀が巨大化してます。そちらを頼る素振りを見せる子亀と孫亀に、米国産親亀は、とっくに愛想を尽かしてます。

    亀の装甲は厚いが、欠点はある。両手両脚、そして尻尾と首の穴。また甲羅をひっくり返されたら弱い。手も足もでません。
    親亀は急所のココを狙いたい!それを待ってます。(笑)
    つまらんな(笑)。

  5. だんな より:

    人民元よりウォンの下げが、大きかったのは、人民元のレートが半固定だからかなと思います。
    韓国は、自動車や半導体の生産、中国からの観光でマイナスの影響が、記事になっています。中国に依存度が高く、中国のGDPか1%下がると、韓国が0.35%下がるニュースがありましたが、ほんまかいなと思います(もっと大きい気がします)。新型肺炎による、韓国経済への影響は、韓国経済副首相が、影響無いと考えているようですので、短期的な対策は出来ないでしょう。
    韓国が北朝鮮に援助するかどうかは、制裁を受けるようにやって欲しいです(予想無しで、願望のみ)。

  6. だんな より:

    中央日報の韓国経済への、ダメージをまとめたニュースです。
    韓国、新型肺炎の空襲で経済成長率2%も危険…観光・生産・輸出に直撃弾
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00000049-cnippou-kr
    マスク姿の文大統領、似合ってますね。
    「輸出も被害が避けられない。韓国の輸出品の25%が売れる中国市場が新型肺炎で揺らいでいるためだ。」
    昨日のスレで「好意を権利と勘違いする韓国」という話が有りました。「輸出も被害が避けられない」と有ります。
    この二つは、共通点が有ります。
    韓国人の考え方では、一度でも自分が手にした物は自分の権利で、それが減ったり無くなったりする事は被害になります。
    昨日は、好意を権利と勘違いする韓国でしたが、それだけでは無く、「一度手にした権利は、永遠ニダ」もついでに、覚えておいた方が良いと思います。まあそれだけじゃ済まないんですけどね。

    1. やさぐれSE より:

      > マスク姿の文大統領、似合ってますね。

      ヘルメットとゲバ棒があると正装ですね。

    2. はにわファクトリー より:

      > ヘルメットとゲバ棒があると正装ですね。

      偉大なる闘争、に身を捧げる自分の姿に酔っているのでしょう。中共は今回露呈した社会欠陥の事態を勅使せずにまたもや政治闘争化しています。進化できないひとたちです。

    3. だんな より:

      御二方さま
      嫌味抜きで、良く似合うと書きました。
      おかげ様で、良く似合う理由が、分かりました。
      それでか。

    4. 匿名 より:

      >韓国人の考え方では、一度でも自分が手にした物は自分の権利で、
      >それが減ったり無くなったりする事は被害になります。

      まるで熊の習性ですね。
      そう言えば神話では朝鮮人は熊の子孫だったっけか。

  7. りょうちん より:

    李承晩の責任は、そもそも朝鮮戦争を誘発する最後の引き金を引いたことであって38度線を越えた進軍は主にマッカーサーに起因します。
    また泥沼化は中国の参戦によるもので、李承晩自体はそれほど重要なファクターないしアクターではないですw
    過大評価かなあと。

  8. 心配性のおばさん より:

    毎回、鈴置氏の論考を出待ちする(意味違ってます?)ほど、楽しみにしているのですが、今回ばかりは、中国発新型コロナウイルスのインパクトが強すぎて、韓国は霞んでしまいます(笑)。
    正直私的には、韓国という国家が消滅していても、「そうなの?」で終わってしまいそうなくらいです。
    なにせ、こちら(新型コロナ)は、私たち日本人の安全と健康に、リアルタイムで関与している有事ですので。

    WHOが公正な機関として信頼できない以上、日本もそうですが、各国も最悪を想定して、独自で動くしかありません。「パニックを起こすべきではない。」とおっしゃる向きもありますが、WHOが公正な機関でなく、発生源である中国の隠蔽体質を考えると、各国のそれは、パニックではなく最悪を想定した自衛です。

    私たち個人も、政府の対策が後手に回っている現状では、家族を守るために自衛しなくてはなりません。
    こうした中、マスクの買い占め、高価転売を行う輩が、なんと日本人にも出てきています。個人的には彼らを刑事罰に問うて欲しいと考えておりますが、政府も有事対応が最優先と思いますので、取り敢えずはフリマなどのサイトでの制御をお願いしたいです。

    経済についても同様で、この件で起こることが懸念される中国発の世界恐慌をどう回避するかの局面です。
    日韓は特にですが、世界も中国経済から簡単に脱出できません。後出しではどうとでも言えるとの誹りがありそうですが、中国という共産国家へのリスク管理が足りなかったと言うことですね。

    さて、国家は自国民の財産と安全を守ることが最優先ですので、中国報道官の「薄情だ」との誹りは聞こえません。

    半島国家でこれに連動して起こるかもしれない動乱にしても、基本、日本は自国の安全保障が最優先であり、そこにどのようのような悲劇があろうと、日本の安全が保証されるまで(というか、半永久に)なにも聞こえません。この危機を好機に変えて見捨てさせて頂きます。

    1. りょうちん より:

      現状で集まった情報で判断する限り、そもそも「武漢肺炎」の呼称もかなりミスリードを誘う呼称ではないかと思われます。
      「スペイン風邪」が決して安穏としていられる病気でなかったことを考慮しても「武漢風邪」程度のあだ名が適切なんではないかと思います。(コロナウィルスは風邪ウィルス四天王の中でも最弱・・・←ネタです)

      中国のデータは全く当てになりませんが信頼できる外国の症例で、感染しても肺炎になる人が少なすぎです。
      死亡者に至っては、ほぼゼロですよ。
      https://www.ecdc.europa.eu/en/geographical-distribution-2019-ncov-cases
      (個人的にフィリピンの1はホントかいなと思っています)

      2019-nCoVの流行は、結論として絶対に防げないと思いますが、莫大な費用をかけて防疫で時間を稼ぐ間に、自然史を研究したり、簡易検査キットを作成したり、治療薬を探したり(開発までは無理)することができますから、無駄ではないのです。
      しかし既に指摘されていますが、PCRという手間のかかる検査法しか無い以上、「新型肺炎かしら」と不安になってやみくもに受診されたら、「医療機関・検査施設」がパニックになります。
      SARSのときのようにインフルエンザ以上の隔離管理まで指示された日には目も当てられません。
      そもそも中国の患者数は、どうやって計算しているのでしょうか。
      検査キットも無しに2万人分のPCRをしたなら、中国恐るべしとシャッポを脱ぎますわ。

      1. りょうちん より:

        ノロウィルスの検査の紹介です。

        https://www.koeiken.or.jp/image/06_clinical/151127_06_02_02.pdf

        リアルタイムPCRで数時間で調べられて、13000円だそうですが、新規病変だとまずプライマーが足りるのかが問題になりそうです。

        1. 心配性のおばさん より:

          りょうちん様 レスありがとうございます。

          >中国のデータは全く当てになりませんが信頼できる外国の症例で、感染しても肺炎になる人が少なすぎです。

          確かに。
          当局?の監視をかいくぐって、流れてくる動画や、病院内で増えてくる死体袋についても、あの国の医療が崩壊している結果にすぎないのかもしれませんものね。

          が、それにしても、中国共産党がなにより大切にしている中国経済を犠牲にしてまでもの都市閉鎖は事実でしょう?現地に進出している日本企業も長期にわたる対策を迫られているようです。

          >検査キットも無しに2万人分のPCRをしたなら、中国恐るべしとシャッポを脱ぎますわ。

          確かに。確かに。
          中国共産党というより、中華民族の大ざっば(失礼。おおらか)さで、咳や熱があるという根拠だけで、取り敢えず隔離(そのまま放置)をしている可能性もあるので、中国の数字は大きかろうと小さかろうと信頼はできませんよね。

          ただ、陰謀論に走るなとのお叱りを受けそうですが、武漢のウイルス研究所?設立に関与したフランスの動きが速かった。これが人為的に作られたものであれば、HIVの遺伝子云々は、いやぁ~な気が致します。

          医療の分野は素人ですが、たしかHIVって、免疫不全を起こすのでしたよね。

          人体の免疫を破壊した上であれば、それがただの風邪であっても、年齢を問わず劇症化すると存じます。別稿で、「ガセですよ。」とおっしゃっていたと覚えておりますが、このウイルスの解明がまだである以上、私は自衛を解くことはできません。

          日本政府の初動の遅れで、既に日本国内で感染は止められない状況です。医療関係者の方々には、パニックや人権に言及して、日本政府の遅きに失した次善の策を非難する向きもみえますが、私はいかがなものかと存じています。

          この騒ぎが「大山鳴動して・・」で終われば幸い。責任のある方々には、その場合の非難も覚悟の上で、最悪を想定して動いていただきたいと存じております。
          少なくとも、私は一国民として、これが実務的な対策であれば支持いたします。

        2. 心配性のおばさん より:

          りょうちん様 真偽は判りませんが(私、震えています。)アノニマスポストさんからの紹介記事です。

          武漢市、新生児が新型肺炎に感染 母体からか
          https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51462.html

  9. 心配性のおばさん より:

    毎回、鈴置氏の論考を出待ちする(意味違ってます?)ほど、楽しみにしているのですが、今回ばかりは、中国発新型コロナウイルスのインパクトが強すぎて、韓国は霞んでしまいます(笑)。
    正直私的には、韓国という国家が消滅していても、「そうなの?」で終わってしまいそうなくらいです。
    なにせ、こちら(新型コロナ)は、私たち日本人の安全と健康に、リアルタイムで関与している有事ですので。

    WHOが公正な機関として信頼できない以上、日本もそうですが、各国も最悪を想定して、独自で動くしかありません。「パニックを起こすべきではない。」とおっしゃる向きもありますが、WHOが公正な機関でなく、発生源である中国の隠蔽体質を考えると、各国のそれは、パニックではなく最悪を想定した自衛です。

    私たち個人も、政府の対策が後手に回っている現状では、家族を守るために自衛しなくてはなりません。
    こうした中、マスクの買い占め、高価転売を行う輩が、なんと日本人にも出てきています。個人的には彼らを刑事罰に問うて欲しいと考えておりますが、政府も有事対応が最優先と思いますので、取り敢えずはフリマなどのサイトでの制御をお願いしたいです。

    経済についても同様で、この件で起こることが懸念される中国発の世界恐慌をどう回避するかの局面です。
    日韓は特にですが、世界も中国経済から簡単に脱出できません。後出しではどうとでも言えるとの誹りがありそうですが、中国という共産国家へのリスク管理が足りなかったと言うことですね。

    さて、国家は自国民の財産と安全を守ることが最優先ですので、中国報道官の「薄情だ」との誹りは聞こえません。

    半島国家でこれに連動して起こるかもしれない動乱にしても、基本、日本は自国の安全保障が最優先であり、そこにどのようのような悲劇があろうと、日本の安全が保証されるまで(というか、半永久に)なにも聞こえません。この危機を好機に変えて見捨てさせて頂きます。

  10. 伊江太 より:

    鈴置さんの今回の記事で個人的に一番興味を惹かれたのは,「予定していた金剛山の観光施設の撤去を中止すると1月30日に韓国に通報した」という下り.国際社会からの制裁,軍事的手段も見せつけながらのアメリカの圧迫に音を上げて,習皇帝に膝を屈し袖に縋りついたとき,正恩クン,舞い上がっちゃうほどのよほどおいしい勅を受けてたんでしょうかね.まるで分を弁えさせてやるとばかりに韓国を属国扱いしてたのが,コリャまずい,やり過ぎた,と今頃臍を噛んでるんじゃないでしょうか.中国に感染症コントロールなんか出来っこない(多分間違いではないんでしょうが)と,早々に決めつけて,国境閉鎖なんかに踏み切った結果,中国を激怒させたことが分かって泡を食ってるんでしょう.またぞろ二匹目のドジョウを狙って,「オリンピック南北共催」いいね!なんて言い出したついでに「ところでさあ,この間くれるって言ってた米のはなしだけど,あれってお替りある?」と,つい本音も,くらいはあっても不思議はないかもですね,半島流「朝令暮改と無原則的対応」がどういうものか,生々しい実例を見せてもらえることになりそうです.

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。