訪日中国人一千万人時代と新型コロナウィルスのリスク

2019年を通じた訪日外国人が3188万人で過去最大となったとする話題については、当ウェブサイトでも先週、『訪日外国人は過去最大だが、観光目標は立て直すべき』で取り上げたばかりです。ただ、一貫して申し上げているとおり、「訪日外国人の人数」自体を政策目標にすることには、当ウェブサイトとしては批判的です。というのも、入管行政上、日本にとって「好ましからざる人」の入国をいかに排除するかが重要だからであり、人数が政策目標として独り歩きすれば、それだけ不法入国リスクも増すからです。こうしたなか、すでに多くのメディアが取り上げている「新型コロナウィルス」を巡り、さっそく、当ウェブサイトで主張したリスクが顕在化したようです。

昨年の訪日客は3200万人弱で過去最大に!

2019年を通じた訪日外国人が過去最大となったという話題を巡っては、先週、『訪日外国人は過去最大だが、観光目標は立て直すべき』で取り上げました。

訪日外国人は過去最大だが、観光目標は立て直すべき

改めて日本政府観光局(JNTO)が発表した『月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)』をもとに、訪日外国人の状況をまとめておくと、つぎのとおりです。

訪日外国人・国別内訳(2018年→2019年)
  • 総数…3119万人→3188万人(前年比+69万人、+2.2%)
    • 中国…838万人→959万人(前年比+121万人、+14.5%)
    • 韓国…754万人→558万人(前年比▲195万人、▲25.9%)
    • 台湾…476万人→489万人(前年比+13万人、+2.8%)
    • 香港…221万人→229万人(前年比+8万人、+3.8%)
    • タイ…113万人→132万人(前年比+19万人、+16.5%)
    • 米国…153万人→172万人(前年比+20万人、+12.9%)
    • 英国…33万人→42万人(前年比+9万人、+27.0%)
    • フランス…30万人→34万人(前年比+3万人、+10.3%)
    • その他…501万人→572万人(前年比+71万人、+14.1%)

(【出所】日本政府観光局(JNTO)『月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)』)

日本に3188万人というたくさんの人々が訪れてくれているということについて、歓迎する人が多いのは事実ですが、先日も申しあげたとおり、国籍別内訳をみると特定国にかなり偏っており、この点については警戒が必要です。

中国人だけで訪日客の30%以上!

とくに、下記図表1でも確認できるとおり、日本に入国した3188万人のうち、30%を中国人、18%弱を韓国人が占めており、この2ヵ国だけで全体の半数近くに達してしまっているのです。

図表1 2019年を通じた入国者数の国別内訳
入国者数構成比
中国9,594,30930.09%
韓国5,584,59617.52%
台湾4,890,63115.34%
香港2,290,7487.19%
タイ1,318,9764.14%
米国1,723,8705.41%
英国424,2201.33%
フランス336,3821.06%
その他5,718,35617.94%
総数31,882,088100.00%

(【出所】日本政府観光局(JNTO)『月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)』)

余談ですが、現在韓国で吹き荒れている「ノージャパン」運動の影響でしょうか、韓国人の入国者数が激減していることは事実です(図表2

図表2 日本を訪れた韓国人の月次推移(過去4年分)

(【出所】JNTO『月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)』より著者作成)

ただ、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に数日前、「旧正月」(つまり1月24日~27日)における韓国人にとっての人気の旅行先は、トップが日本だった、という話題も出ています。

韓国旅行客、旧正月連休の人気旅行先1位は日本(2020.01.21 15:15付 中央日報日本語版より)

このような話題と照らし合わせるならば、先日から当ウェブサイトで指摘しているとおり、韓国の「ノージャパン運動」による訪日観光の減少は一時的なものに過ぎないという可能性も十分にありますし、いずれにせよ「外国人観光」を中韓が占めているという状況は変わらないかもしれません。

人数を追求することのリスクが顕在化

さて、先日の『訪日外国人は過去最大だが、観光目標は立て直すべき』で主張した内容は、簡単にいえば、

日本の観光産業を振興すること自体はさておき、人数自体を目標にすることは間違っている

というものです。

なぜなら、「2020年4000万人」だの、「2030年6000万人」だのといった具合に、「人数」だけを目標にすれば、日本を訪れやすい国(とくに近隣国)から「とにかく何でも良いから日本に来てください」、などという方針になってしまいかねないからです。

(※余談ですが、安倍総理が今年の施政方針演説で唐突に「2030年6000万人目標」を打ち出したのは、韓国人訪日客の急減で今年の「4000万人目標」の達成が困難になったと考えたからなのかもしれません。)

こうしたなか、すでに多くのメディアで取り上げられているのが、中国・武漢で発生している「新型コロナウィルス」です。

共同通信によると、中国政府は24日、新型コロナウイルスによる肺炎の発症者は830人で、中国のほぼ全土に広がる一方、死者が中国で25人に達したと発表したそうです。

死者25人、肺炎感染ほぼ全土に/中国、厳戒下で春節始まる(2020/1/24 11:06付 共同通信より)

また、同じく次の共同通信の記事によれば、わが国でも神奈川県在住の中国人男性、武漢市から旅行で来日した中国人男性がそれぞれこの新型コロナウィルスに感染し、肺炎を発症したそうです。

新型肺炎、国内2例目確認/武漢市の旅行者(2020/1/24 10:42付 共同通信より)

さらに、中国では旧正月(1月24日~)の休暇シーズン(春慶)が始まったばかりですが、時事通信の次の記事によれば、武漢市で日本人が「重い肺炎」を発症したほか、武漢市自体、空港や鉄道駅が封鎖され、市民の移動が制限されるという「都市封鎖」の対象になったそうです。

中国・武漢で日本人が重い肺炎 春節目前、都市「封鎖」(2020年01月23日22時59分付 時事通信より)

中国で感染症といえば、2003年の「重症急性呼吸器症候群」(SARS)の大流行を中国当局が当初、隠蔽していた事件を思い出しますが、今回のコロナウィルスの件でも、まさに情報の隠蔽体質がもたらす人災ではないか、という気がしてなりません。

正直、情報の隠蔽体質が酷い中国共産党のことですので、まだ何か隠しているのではないかという疑念を抱かざるを得ないのですが、それにしても酷いことになったと思います。

もっとも、わが国では毎年、インフルエンザの季節になると自衛する人が多いためでしょうか、2003年に中国でSARSが大流行した際や、2015年に韓国でMERS(中東呼吸器症候群)が大流行した際も、わが国でも大流行したという事実は記憶にありません。

医療関係者ではないという立場でこんなことを申し上げるのは恐縮ですが、パニックになるべきではありません。まずは平時からの感染対策(人ごみの多い場所ではマスクをする、うがい・手洗いを励行する、部屋や身体を清潔にする、など)に努めることが大事だと思います。

人の移動が増えれば、当然にリスクも増える

ただし、観光行政という観点からは、2003年と現在の最大の違いは、中国からやってくる人数の違いにあります。

中国人の入国者数の変化
  • 2003年…448,782人
  • 2019年…9,594,309人

その差は、なんと21.4倍(!)です。

中国共産党の情報隠蔽体質が変わっていないのに、その国から20倍を超える人がやって来ているわけですから、検疫体制が同じであって良いはずなどありません。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

「訪日客2030年6000万人目標」を掲げるのであれば、当然、厳しいストレスチェックを加え、検疫体制を抜本的に見直す必要がありますし、また、緊急時には特定国からの入国者を規制する、といった対応も必要かもしれません。

当ウェブサイトとしては「訪日外国人の人数を政策目標として追求すること」に対しては極めて批判的なのですが、それでももし、その「人数」を政策目標から下ろすつもりがないというのであれば、水際で感染を防ぐためには、検疫体制の抜本的な拡充が必要ではないかと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. クロワッサン より:

    更新ありがとうございます!

    >「訪日客2030年6000万人目標」を掲げるのであれば、当然、厳しいストレスチェックを加え、検疫体制を抜本的に見直す必要がありますし、また、緊急時には特定国からの入国者を規制する、といった対応も必要かもしれません。

    指紋採取を人権侵害として潰したのが似非リベラルなので、緊急時の特定国からの入国制限も「恣意的運用だ!」などなどとイチャモンをつけて妨害しそうなのが懸念です・・・。

    1. タナカ珈琲 より:

      指紋ですが……、私の経験では、マレーシア、タイでは入国時、出国時に指紋の認証をしています。指紋は人権侵害と言うより、無実の証明ではないかと思います。イミグレは各国でビミョウに違うと思います。タイでは靴を脱ぎます。日本では、今のところ、脱ぎません。マレーシアでは上着は脱ぎます。協力するのは当然ですよね〜安全は自分の為デス…。

  2. だんな より:

    当然ですが、中国は、国土面積も広く、人口も多いです。
    貧富の差も激しく、日本人と食べ物の種類が違い、衛生意識にも大きな違いが有ります。
    野生動物を食べる事から、ウイルスに感染している野生動物を食べる事もあるでしょう。
    今回の新型コロナウイルスも、ヒトには感染性を持たないウイルスが、ヒトの体内で変異を起こして、ヒトに対する感染性を持つようになったと思います。
    ウイルス感染については、以下のリンクを見て下さい。
    https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/16-感染症/ウイルス感染症/ウイルス感染症の概要
    ウイルスは細胞(宿主細胞と呼ばれる)に付着して体内に侵入すると言うところが、動物種感染性に関わってきます。
    ウイルスは、遺伝子だけでは無く、タンパク質の殻を持っています。
    ウイルスは、動物の細胞表面上にあるタンパク質に、ウイルスのタンパク質部分(殻)が結合することで、効率的に細胞内へ侵入出来るようになります。
    ウイルスの変異は、遺伝子の変化ですが、出来てくるタンパク質の構造が変化する事で、偶然ヒトの細胞表面上にあるタンパク質に結合する性質を持つ事があります。
    それが人に対する感染性を、持ったウイルスが新しく出来る原理です。
    中国は、最初に書いた理由から、ヒトに感染性を持つウイルスが、出来る確率が日本より高い環境なので、原産地になるんです。

    1. 福岡在住者 より:

      だんな様
      今回の新型は 野生のアナグマやタケネズミ経由らしいです。
      それぞれの国の食文化ですから文句は言えませんが、日本人が山菜や海産物を食べるように野生動物を躊躇せず食するのですかね(笑) ふつうにカメとかも食べるようですし、、、。

      まあ私たちもクジラを食べますし、ナマコ、ワカメ、昆布、白子、馬刺しも食べますが、食物に接する際の衛生管理の差でしょうか。

      1. だんな より:

        福岡在住者さま
        最初のウイルス感染は、食文化が影響すると思います。
        感染拡大は、日頃の衛生管理(意識)と、モラル(患者が拡散しない意識)の差だと思います。

    2. だんな より:

      自己レスです。
      「人の移動が増えれば、当然にリスクも増える」のはその通りで、春節でウイルスの拡散速度が、早まると思います。
      日本と比較して、中国、韓国は、防疫が出来ません。
      衛生意識が違うだけでは無く、モラルが低い事を理由に挙げました。
      モラルが低い話は、中国では隠蔽体質、観光機が解熱剤を飲んで、出国したり、韓国では2人目の患者を空港検査で見逃すなど、これからどんどん出てくると思います。
      中国と朝鮮半島では、感染者の拡大が、春節の移動と共に観察されると思います。
      ここで言うモラルは、他人に感染を広げないという意識で、彼らはそれが、日本人と比べて圧倒的に、欠如しているんです。

  3. 農民 より:

    悪意をもって封鎖から出た人間は処罰する、とのこと。
    自暴自棄で感染拡大させようとしたり、ですかね?この緊急時に誰がどう悪意を証明するのか知りませんが(共産党の一存でしょーけどね)。

    悪意(隠蔽)をもって情報統制していた党が言うと冗談にしか聞こえません。あと思想家や民主活動家が突如悪意を持って外出したりしそうだなと邪推しております。

    だんな様
    野生コウモリ→を捕食した野生ヘビ→を市場で買った人間 が現在有力な感染ルートだそうです、御明察ですね。

  4. ひろた より:

    本題から外れてすみません。
    2030年に6000万人は唐突ではないです。
    2018年に
    明日の日本を支える観光ビジョン構想会議
    発表されています。
    この会議は内閣府で発表され首相が議長です。
    詳しくは首相官邸HPで。

    消費額15兆円
    述べ宿泊数1億3000万泊
    リピーター数 3600万人
    など細かな目標設定があります。

    現在は
    観光ビジョン実現プログラム2019
    現在は中韓より欧米豪。富裕層やイスラムの方に重心かかってます。

  5. そばーしゅ より:

    情報隠蔽は主に地方政府(武漢市)の仕業である、との論考を遠藤誉氏が書かれてますね。
    これによると、両会(全国人民代表会議、全国政治協商会議)と呼ばれる政治イベントの地方版が1月中旬に開かれるため、
    終わるまでは北京にひた隠しにしていて、対策が後手後手になった、というもの。
    さもありなん、て感じではありますが、果たしてそれだけかは疑問です。
    昔ならいざしらず、今の時代にそこまで情報を止められるものか、と。
    北京にも共犯が相当いるように思えますがね。

    とりあえず、↓↓ 興味ある方は御覧あそばせ。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20200124-00160069/

    1. 一国民 より:

      読みました。

      隠蔽は、結局、大事(惨事)を招く、の典型ですね。

    2. Maqui より:

      そばーしゅさま、こんばんは。

      遠藤誉氏の記事、NEWSWEEK 日本版サイトにも転載されていました。
      https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/01/post-92211.php

      以前より中国、中共に対する論考を読んでいます。韓国観察者の鈴置氏と同様、遠藤氏や福島香織氏の中国論考は、現地の肉声や旧来のパイプからの情報も多く、信頼に足ると思います。

      武漢だけではなく、湖北省の複数の市まであっという間に封鎖になったのは、両会開催やら、歌劇鑑賞が大きな一因になったのは確かなのではないでしょうか。

      それにしても、生きた野生動物を百種類以上売っているとは!!
      以下の記事の後半では、食用の動物を生きたまま販売することの危険性が書かれています。

      https://ironna.jp/article/14176?p=3

      狭い空間にニワトリをカゴに入れ多数置いておく=鳥インフルエンザに罹ったらあっという間に感染が蔓延、変異した新型インフルエンザが発生するのは目に見えています。

      そして、新宿会計士様もご指摘のごとく、世界への中国からの人の移動は爆発的に増えています。
      今回の nCoV 感染事案はかなり危機的な状況と考えざるをえません。

  6. りょうちん より:

    都市閉鎖なんてできるのは独裁国家の面目躍如ですが、後手後手すぎるでしょう。
    封じ込めはもう既に失敗しています。

    コロナウィルス肺炎は、医療関係者によって、数あるウィルス性肺炎の一つでしかなく、別段特に病原性が高かったり、感染性が高いわけでもありません。
    予防もふつうの標準予防策(スタンダード・プリコーション)しかありません。
    ウィルス性肺炎に特別な治療法がない方が、ふつうで、インフルエンザなど治療法がある方が例外です。

    ドラマ化された「インハンド」という漫画家の作品で「リウーを待ちながら」というのがありましたが、あれが現実化する恐ろしさがありますね。(どういう意味の恐ろしさかは読んで欲しいです)

    1. りょうちん より:

      医療関係者によって→医療関係者にとって

      でした。

  7. りょうちん より:

    他所のサイトで見ましたが、春節の海外旅行を台無しにされたくない中国人は、熱があると解熱剤をガン吞みして、空港の体温検査をパススルーするそうですw
    本当に「上に政策あれば下に対策あり」を地で行く土地柄ですね。

    「中国人お断り」の中国語の張り紙を出して物議を醸し出しているお店も出始めました。

    「復活の日」方式でもないとウィルス性肺炎の根絶は難しいです。
    「復活の日」は角川映画の中でもおすすめです。
    未見の方はこの機会にご覧になっては如何でしょうか。

    1. タナカ珈琲 より:

      りょうちん 様

      復活の日は小松左京(違ったらごめんなさい)読みました。
      ストーリーは忘れた…。南極で…
      だったと記憶しています。

      1. だんな より:

        タナカ珈琲さま
        主演が、草刈正雄と多岐川裕美だったと思います。
        あの頃は、日本沈没も小松左京ブームで、世紀末だったんだなと思います。ノストラダムスの大予言も、そうでした。

        1. タナカ珈琲 より:

          だんな様

          あの当時の多岐川裕美は容姿端麗でしたね〜。
          今頃は容姿淡麗…ですかね〜、あと二段階ぐらい……てんテン点…

    2. だんな より:

      りょうちんさま
      りょうちんさんは、専門家だと思いますので、お聞きします。
      私は、ウイルスは、宿主を殺さないように進化すると思っています。宿主を殺すとウイルスが、増えられないからです。
      同じウイルスでも、時間の経過と共に、殺さないウイルスが、増えると思います。
      ご意見頂ければ幸いです。

      1. りょうちん より:

        というか、宿主を早々に殺してしまうウィルスは繁殖できないので淘汰圧で消えてしまうのです。
        もやしもんのようにウィルスがもの考えて変異するわけではありませんw

        1. だんな より:

          りょうちんさま
          進化では無く、変異の結果だという事ですかね。

    3. ポプラン より:

      アウトブレイクの気化爆弾もかなりなものですが、小松さんは中性子爆弾でしたね。

      1. Maqui より:

        皆さま

        中共なら、これ幸いと中性子爆弾ないし中性子発生兵器の人体実験を行うやもしれませんね。
        現在封鎖中の都市人口二千万人が一瞬にして居なくなっても、熱核爆弾とは異なりインフラはそれなりに残るわけですし。
        ウイルス源の生物も大方死滅できます。
        14億人中のたった二千万人が居なくなっただけ、しかも見せしめとして、世界の危機を救ったとか言い出しかねません。

        中共なら事故とか「国内問題」としてやりかねない可能性はゼロじゃない、やらないとは思いますが…

        それもあり、注視すべき事柄です。

        そしてもう一つ。
        中国株が軒並み売られました。もう春節が終わるまで取引ができない状況です。
        新型肺炎問題が早期に終息すればあまり余波は無いでしょうけど…

        この新型肺炎、二千万人もの人間がそこから動くな!と言われている状況。大した事はないかもしれませんが世界経済的にはどうなるのか、新宿会計士様に、ぜひ論評をお願い出来ればと思いました。

        1. タナカ珈琲 より:

          Maqui 様

          大胆な御意見…
          二千万人が…

          私の記憶です。間違ってたらごめんなさい。
          この新型肺炎で死者何人ですか?25名と記憶しています。
          今では増えているのでしょう?
          中世ヨーロッパで黒死病が流行った時、ヨーロッパの人口の1/3ほどの人口が減少したと、記憶しています。まだ25人だから、まだまだ騒ぐほどの事はありません。
          14億の1/3ほどが死んでから、騒いでも遅くはナイト思うのですが、どうでしょうか?

        2. 老害 より:

          タナカ珈琲 さま

          >14億の1/3ほどが死んでから、騒いでも遅くはナイト思うのですが、どうでしょうか?

          パニックになったネズミは制御不能です。死に物狂いで包囲網を突破するでしょう。
          海に出たネズミが、小舟で日本へ押し寄せます。

          中国で死者数が一万人を超えたら、パニックになる方へ100円賭けます。

        3. タナカ珈琲 より:

          老害様

          一万人、、、、
          今、チョッと考慮中デス。2月15日になったら、お返事かのうかと、年金生活者はツライです。

      2. りょうちん より:

        中性子爆弾は実のところエネルギーのほとんどを中性子線の発生に使ってしまうので出力が弱いという性質があります。
        対象はあくまで爆風に耐えられる前線の戦車などの乗員を殺すためのもので都市の人間だけ殺せるようなものではありません。

        復活の日では、たしかMM-88ウィルスに中性子を当てると無害化したウィルスができてそれにより有害なウィルスが駆逐されるという理屈だったと思いました。
        まあ、南極以外の宿主の脊椎動物が死滅したのが、概ね復活した理由でしょうけど。

        どこかで配信しているかなと思ったら、Amazon Primeで見れました。

        1. Maqui より:

          皆さま

          新型コロナウイルスは、少なく見積もっても感染性はインフルエンザと同等のようです。
          不幸にも罹患した場合の致死率は多く見積もっって2%程度(!)とのこと。これは色々な持病を持っているご老人のインフルエンザ感染とほぼ同じ致死率です。
          中国共産党の公式発表、信じられますか?

  8. 自由と民主主義を愛する日本人 より:

    違う観点からですが
    今回の治療費はきちんともらえるのでしょうか。
    ご存じのようにかの国は治療費を前払いです。
    お金が無ければ治療を受けずに門前払いです。(現地で確認済みです)
    本当に病院から押し出されます。それが原因で死亡してもです。
    日本でそれをやれば人権派と言われる方々が大騒ぎし(責任を取らず)病院は経営が傾く?
    こんな記事が定期的に出されますがなにか国は(野党は)手を打っているのでしょうか。
    政府も外国人(異文化)を国内人口の半分も受け入れるのであれば問題をリストアップし対策を打つのか受け入れるのか、検討をして頂きたい
    皆保険の継続が危ぶまれる現在、政治家の出番だと思うのですが。

    1. ポプラン より:

      自由と民主主義を愛する日本人様
      3年前に開業を辞めたので最近はわかりませんが、毎年年度末になると
      県から救急搬送されてお金を払わなかった患者さんや
      請求できなかった外国人患者の穴埋めをする調査があったので
      丸損にはならないと思います。

  9. 愛読者 より:

    ツイッターを見ていたら、日本在住の中国人の方から店の前に中国共産党や習近平を批判するステッカーなどを貼れば中国人は入ってこないって発言がありました。
    これならヘイトにならないのではとのことです。

    でも結局日本へは大挙して来るんですから効果はどこまであるのやら?

  10. 茶筒 より:

    更新ありがとうございます。
    本筋からズレるかもしれませんが、今回の対応について、
    「中国よくやった」「日本も同じように中国に対して封鎖しろ」
    ひいては「同様の事が起きたとき、同じような対応を今の政府が出来るのか」
    等という論調が、SNSや、マスコミの朝の報道バラエティ番組などで
    散見されるのが気になっています。
     
    今回のような「人権を無視した強権的な対応」は、独裁国家だから出来ることであるし、
    そもそも「非常時に政府の判断による強権的対応」が出来るようにする法律に対しては、
    「戦前日本に戻る気か!」と、
    散々、マスコミやら「市民」の方々が批判してきたはずなのですが・・・

    そこまで言うなら、新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正を
    もっと強く訴えればいいと思うんですけどね。

    駄文失礼致しました。

    1. かばさん より:

      左巻き偽善者の方々は客観的、総合的な思考力が欠如しているように感じます。
      人権や民主主義を口にする割には首を傾げるような事も平気で言ってますね。
      あっ、隣の国・・・。

    2. タナカ珈琲 より:

      ワタシは大胆な御意見には、性分として大賛成デス。

  11. だんな より:

    外務省が湖北省をレベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)としました。

    1. りょうちん より:

      WHOの腰が重いので、レベル4にはできない感じですね。

  12. 心配性のおばさん より:

    >わが国では毎年、インフルエンザの季節になると自衛する人が多いためでしょうか、
    >わが国でも大流行したという事実は記憶にありません。

    たしかに騒げばいいものではありません。が今度の新型肺炎は、従来のものとは比較にならない感染力だと聞いております。
    中国政府は発生源となった武漢市の閉鎖に踏み切ったようですが、既に感染は中国全土に拡大してしまっているようです。

    中国の新型肺炎死者25人、ほぼ全土に拡大
    https://this.kiji.is/593239162961183841

    アノニマスポストさんの報じるところによりますと
    中国国家衛生委員会の呼吸器専門家・王広発(おう・こうはつ)医師が武漢を視察→ 王「武漢の感染拡大は抑えられる」→ 北京に戻った後に発熱→ 新型肺炎に感染
    視察というだけで、患者を診察したわけでもない短期間の滞在で感染してしまったとのことです。

    武漢新型肺炎 2003年SARSを超える勢いで拡散 医療関係者も多くが感染
    https://www.ntdtv.jp/

    ちなみにWHOは、今回、緊急事態宣言を見送ったそうですが、この組織も中国の影響力が強いと聞いています。こうなれば、各国は独自に防衛しなくてはならないと思います。台湾、北朝鮮に続き、フィリピンも中国観光客を機体ごと追い返したようです。
    日本には、そこまでのことはできないとは存じますが、感染源である中国からの観光客を何の防疫策もとらないというのは異常です。日本国民を守る意志があるとは感じられません。

    日本の検疫、入出国管理、安全保障が張りぼてでないことを切に願います。

    1. Maqui より:

      心配性のおばさんさま

      こんばんは。
      実は、WHO、めっちゃ金がないんですよ。

      WHO が決める何かの基準(病気の分類など)を決める会議に参加するにも、それに関する英語論文が数本あれば「わたし個人の費用、手弁当で参加します!」で参加オッケーというびっくり組織なのです。

      現にがんの分類などは、米国のがん保険会社の傀儡学者が多数参加し、保険会社の支払いを少なくするような分類を行っています。

      チャイナマネーで WHO をコントロールするなど、中共には赤子の手をひねるようなものでしょう。

      1. 心配性のおばさん より:

        Maqui様 初めまして!

        >「わたし個人の費用、手弁当で参加します!」で参加オッケーというびっくり組織なのです。

        もぉう!権威だけあって、役に立たない組織なんて要りません。さっさと解体致しましょう。
        その権威にたかる怪しい輩が集うってことかしら?組織ごと駆除いたしましょう。

    2. りょうちん より:

      >武漢の匿名希望の医師
      >「1月21日にようやくまともな防護マスクが届いた。診察の際に患者の口腔や喉を診るが、患者の息が顔にかかったりする。患者と長く接触しているので、私も風邪の症状が出ている。ただ高熱は出ていなく、胸痛がしている。だが、検査を受ける時間もない」

      これは肺炎のほうの感染力が高いせいなんでしょうかw

      >神経外科フロアのスタッフと患者の全員感染
      >協和医院の感染科主任、武漢市中心医院乳腺・甲状腺外科主任も感染

      まあ外科医まで駆り出されている可能性もありますが、本来被曝するはずのない診療科のスタッフがかかっているのは、どうもろくな感染防御策が行われていないという疑惑があります。

  13. なんちゃん より:

    以前、ある外務省OBの国会議員が、「中国は巨大な忖度国家」と言ったのを聞いて、妙に肚落ち感がありました。中国の政策すべてが戦略性に基づいて統合的に動いているわけじゃない、と言う意味に理解しました。

    武漢の地方政府が発病を隠していたのも中央への忖度でしょう。
    バレたら開き直って都市封鎖というのも、やることがスゲーなーと妙に感心しました(悪い意味です)。

    さっきニュース見てたら、中国で大規模な建設工事が始まった映像が流れていて、何かと思ったら、肺炎を見るための大規模な病院を作るんですって。
    今から病院まで作り始めました。

    すさまじき忖度。

    1. 伊江太 より:

      なんちゃん様

      SARS流行のときにもコレやったんですよ.北京の郊外だったと思うが,人里離れた砂漠の中に大規模病棟を何棟も突貫工事で建てて,有無を言わさず国中の患者を強制隔離したんですね.まるで監獄みたいなもので,当時も人権問題云々が言われたんですが,結局これで国内の流行を封じ込めたんだから,まあ世界からも非難されずに済んだんですね.

      1. なんちゃん より:

        なるほど、ということはかつてのSARS対策の成功事例を参考に対策している、と言うことですか。

        役人としてはやらない理由が無いですね。

  14. チラ みたろう より:

    先程のNHKのニュースで、中国の多分 武漢市 が来月の3日迄に 肺炎専門の病院を建設とありました。ショベルカーとブルドーザーが 数十台で突貫工事中の映像が流れました。穴を掘っているとしか見えませんでした。フェンスと屋根で視界を遮り、そのあと何かを埋めるのでしょう。

    1. だんな より:

      チラ みたろうさま
      それは、患者が入った建物全部を、埋めるアル。
      では。

      1. チラ みたろう より:

        鳥インフルエンザ、豚コレラ、コロナウイルス。中華新幹線。アルヨ!

      2. チラ みたろう より:

        だんなさま
        追伸です。再確認しましたら 全て ショベルカーでした。いろんな意味で 墓穴です。

        1. だんな より:

          チラ みたろうさま
          いずれにせよ、短期間の人海戦術をさせると、中国には、敵いませんね。
          ちゃんと、期限迄に、建物出来ると思います。
          自爆装置が、付いてるかどうかは、分かりません。

  15. 伊江太 より:

    SARSコロナウイルスの野生宿主がコウモリの一種と確定した後,中国のコウモリが保持しているウイルスの分離,性状分析がずいぶんやられて,SARSウイルスと同族のコロナウィルスが何種類も報告されています.今回の新型コロナウイルスの遺伝子解析の結果が出るまではまだなんとも言えませんが,既知のコウモリのウイルスが変異したものであっても不思議はないと思います.鳥インフルエンザにしてもそうですが,野生の鳥獣が保有しているウイルスがいきなり人の集団に入って流行を起こすことはほとんどありません.大抵は,間に家畜,家禽など人の身近にいる,そういう野生動物のウイルスに感受性を持った動物の感染が関係しています.中間宿主となる動物の集団内で増幅と,場合によればより人に感染しやすくなるウイルスの変異が起き,それらから濃厚感染することで人への伝播が起きてしまうと,流行の端緒となりうるわけです.アフリカ豚コレラのウイルスが短期間に中国全土に拡がり,養豚業に壊滅的な被害を与えているように,中国の畜産業の感染症管理は脆弱というほかありません.その上,SARSの際にはハクビシン,今回の新型コロナウイルスの場合はタケネズミ?なんて,他国では食用にしない動物まで食肉市場の雑踏の中で飼育され売られている.十年に一度くらいの頻度で人に危険な新たなウイルス感染症が中国で発生するのも故ないことではないし,これからもそういう状況は続くと思った方がいいでしょう.

    経済力を着け年間1億5千万人もの国民が海外のさまざまな国に旅行する中国.いつ何時この国発の感染症の脅威に曝されるか分からない状況の世界にわれわれは暮らしているという認識は,頭の片隅に止めておくべきではあるんでしょう.あれだけ検疫態勢を強化して備えても,易々と国内に侵入し定着してしまった11年前の新型インフルエンザの例を見ても,国外で急激に拡がった感染症を水際で完璧に止めるのはまず無理と思った方がいい.こういう不意に襲ってくる脅威に対しては,結局は救急・医療体制に限らず,社会の総合的な成熟度が被害を最小限にとどめる鍵になると思います.その意味ではわれわれ日本人はまだしも安心できる環境に暮らしていると言っていいのでは.歓迎できることではないが,しばらく安全な日本へ,なんて中国人が出てきてもおかしくないかも知れません.

    ところで,SARSの流行が台湾に伝播し拡がった際にも出ていた議論ですが,この国をWHOから排除し続けるのは,世界の安全の観点から許されるべきではないという主張.今回の流行も台湾に及べば,今度こそ強力に押し進めるべきではないでしょうか.一度ならず二度までも世界に迷惑をかけたとなれば.中国もそうそう得手勝手な横車は押せないと思うんですが.

  16. 墺を見倣え より:

    中国政府肝入りのNANDフラッシュメモリーの工場が武漢にあるそうです。

    という事は、今回のコロナウィルス騒動は、サムスンにはプラスとして働くかな?

  17. 名無Uさん より:

    紀元前260年、長平の戦いで大勝利をおさめた秦の白起将軍は、降軍の趙兵約20万余を生き埋め(中国語では『坑』の一字で表現します)にしたと『史記』には記されています。
    またまた、司馬遷の白髪三千丈式の誇大表現だろうと言われていたものですが、1995年5月、長平の発掘調査でそれと思われる人骨が大量に出土しました。実数は不明ですが、歴史としては間違いなくあった事件であることがこれで裏付けられました。

    長平の戦いばかりでは無く、歴代中華王朝が繰り返した焚書坑儒、地面から脚首だけを玉ねぎのように出す穴埋め刑、温州での脱線事故…
    シナ大陸における『坑』の伝統は不滅であることを窺わせるのですが…

    武漢市で突貫工事をしているという新病院、ウイグルで密かに築き上げたノウハウも投入されていそうで、恐ろしいものがあります…
    ちなみに武漢市の都心部は武昌です。武昌は1911年の辛亥革命勃発の契機となった武昌起義で有名です。
    まさか、秘密のアンブレラ社が武漢にあって、シナで新たな革命を工作しているのではあるまいな…(冗談です…)

    1. イーシャ より:

      英語圏で、
      武漢にある 中国科学院武漢ウイルス研究所微生物菌毒種保存センター からのバイオハザード
      なんて噂があるようです。
      都市が封鎖されるという異常な状態の中、こうした噂が発端となって暴動が起こったりするのが恐いです。

      1. 引きこもり中年 より:

         独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

         イーシャ様へ

         今後、中国で実際のニュース映像を交えた『中国バイオハザード』とい
        う映画が、制作されるのではないでしょうか。

         駄文にて失礼しました。

      2. j より:

        ユーチューブで見ました。
        専門家が、サーズ、マーズ、今回のウイルスの型は自然界ではしっくりこない型だそうです。

        逆に人口のウイルスは、自然界に弱いそうです。

        結局体力、免疫力が大切だそうです。

        手荒いとイソジンのうがい、大切だとおっしゃってました。

        1. ネモ より:

          MERS は元来ラクダの病気なんですよね。
          どうして韓国人だけが感染し易く重症化するのか、あのとき種の壁を実感しました。

        2. りょうちん より:

          トムクランシーの小説で(レインボーシックスだったか)、黄色人種にだけ感染するウィルスをつくってばら撒くテロがありました。
          本当にそんなものが作れるのかは疑問ですが。

  18. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     訪日外国人観光客が増えるということは、日本で犯罪を犯す外国人も増
    えるということを意味するのではないでしょうか。もちろん、外国人だか
    ら犯罪を犯すとは言いませんが、外国人だから犯罪を犯さないとも言えま
    せん。人種、国籍、宗教に関係なく、一定の割合で犯罪を考える人が出て
    くるものです。(それを思いとどまるか、それが成功(?)するかは別の
    問題です)

     そして、外国人犯罪者は日本の警察の想定を超える行動をとる恐れがあ
    ります。(直近の例では、ゴーン被告の海外逃亡なのかもしれません)

     サイバー犯罪も含めて、日本の警察には対応を、日本マスゴミ村の反対
    にめげずに、少なくとも検討だけはしてもらいたいものです。

     駄文にて失礼しました。

  19. 老害 より:

    今後の予想としては、いろいろな意見が出ているようですね。

    新型肺炎が感染拡大、やはり隠蔽していた中国政府(福島 香織)
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59081

    中国政府は信頼されていないので、周辺国が疑心暗鬼になるのは当然のことです。

    ところで、少々疑問が。

    >まずは平時からの感染対策(人ごみの多い場所ではマスクをする、うがい・手洗いを励行する、部屋や身体を清潔にする、など)に努めることが大事だと思います。

    風邪の場合には、マスクをしても予防効果に乏しいと言われておりますよね。風邪を引いている人が、他人に移さないようにするための効果はあるものと認識しております。

    今回のウィルスの場合はどうなのでしょう?
    もっとも、中国人に他者への気遣いを期待すること自体、間違っているとも言えますか。他人のためにマスクをしてくれるとなったら、それはもう中国人ではないかな。

    1. 引きこもり中年 より:

       独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

      老害様へ

       中国では、監視カメラの顔認証システムが進んでいます。そして香港で
      は、その顔認証システムの妨げになるからと、マスク禁止の条例ができま
      した。(中国本土では、どうなのでしょうか)

       さて、今回の事態を受けても、香港や中国本土では顔認証システムのた
      めにマスク着用を禁止する動きにならないのでしょうか。

       駄文にて失礼しました。

      1. 老害 より:

        引きこもり中年 さま

        中国で「マスクをするな」と政府が言ったら、もう暴動になりそうですね。

        新型肺炎 北京駅はマスク9割 中国、厳戒下で春節連休
        https://www.sankei.com/world/news/200124/wor2001240022-n1.html

        中国人は、自分に危害が及ぶ事態には敏感です。(他人事なら、関心を示さない)
        それにしても、いろいろな意味で厄介な国ですな。

  20. 丸に違い矢 より:

    更新、ありがとうございます。
    いつも、楽しく拝読させて頂いて下ります。

    最近、デパートへ行ったのですが、後ろで中国語が聞こえ後方が写る鏡の場所まで来た時に、中国人だと思われる5名の家族が全員マスクをしていたものですから、怖くて怖くて少し早足になってしまいました。

    1. 老害 より:

      丸に違い矢 さま

      >中国人だと思われる5名の家族が全員マスクをしていたものですから、怖くて怖くて少し早足になってしまいました。

      私もそうなんです。
      中国語の集団がいると、自然と警戒モードに入ってしまいます。
      空港の入国審査の列を、焼却炉へと誘導したいくらいです。(おっと、ナチスだのヘイトだの言われますね)

  21. 名無しA より:

    ◆新型ウイルスめぐる移動制限、13都市4100万人に影響拡大 中国
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00000038-jij_afp-int

    湖北省の2/3が封鎖された模様です。
    武漢の病院では患者が多すぎて廊下に寝かされ、
    そのまま亡くなる人が出てるとの情報もあります。

    フィリピン、台湾が中国人観光客を入国禁止にしたり、
    既入国者に退去を求めたりし始めたようです。

    日本政府は事態を甘く見すぎのような気がします。
    中国人観光客が一番来るのが日本なのに。
    日本人に死者が続出するような事があれば
    内閣が倒れるかもしれませんよ。

  22. 匿名 より:

    ★武漢ウイルス研究所のレベル4実験室★

    2015竣工・完成→
    2017-2018認可・稼働→
    201912武漢肺炎発生
    武漢のウイルス実験室が稼働開始!危険ウイルスの研究環境が整う
    http://j.people.com.cn/n3/2018/0105/c95952-9312172.html

    SARSやエボラなど危険な病原体はレベル4(バイオセーフティーレベル4:P4)に対応した実験室でないと扱えない
    レベル4の実験室を保有する研究所:
    日本:国立感染症研究所村山庁舎と    理化学研究所筑波研究所のみ
    中国:中国科学院武漢ウイルス研究所のみ
    詳細:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%90%E3%A4%E3%AA%E3%BB%E3%BC%E3%95%E3%86%E3%A3%E3%BC%E3%AC%E3%99%E3%AB

    米国研究者「研究所からウイルス拡散するかもね(2017年に懸念表明」
    https://www.dailymail.co.uk/health/article-7922379/
    amp/Chinas-lab-studying-SARS-Ebola-
    Wuhan-outbreaks-center.html?__twitter_impression=true

  23. 老害 より:

    3人目の感染確認です。 中国人の入国は、当分の間お断りにしたいですね。

    新型コロナウイルス、日本国内で3人目の感染確認
    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3888657.html

    「中国大陸にいるより日本の方が安全だ」くらいに考えているのかもしれませんが、現状では存在自体が迷惑です。

  24. りょうちん より:

    https://wwwnc.cdc.gov/travel/notices/warning/novel-coronavirus-wuhan-china

    CDCが4段階の渡航制限のうち、Level3に上げました。
    日本はこれを真似しているだけなのかな。

    1. だんな より:

      りょうちんさま
      色々とタイミングが、重なって良く分からないですね。
      フィリピンは、武漢品の乗客を全員、追い返したらしいです。

  25. 心配性のおばさん より:

    アノニマスポストさんに次々と記事がUPされています。私、一日中見てました。
    日本のメディアが報じていた1000人収容可能と謳っている病院建設は中断されているようです。

    現地からの悲痛な動画も紹介されています。中国政府は新幹線同様、武漢市を生き埋めにするつもりらしい。
    フランス政府やアメリカ政府は邦人救出のためチャーター機を準備するとの報道もありますが、日本政府のものはまだありません。まあ、準備しても中国政府が救出に応じるとは、思えませんが・・・。

    日本政府の皆さん、これは既に有事なのですよ。
    アノニマスポストのコメントに「日本国内で日本人の感染が出たら内閣倒れるのでは?」というのがありましたが、封鎖された武漢市内で邦人の死亡が出ても同じことです。

    国会でレベルの低い野党議員の対応をするより、優先順位の高い問題が目の前にあります。

  26. H より:

    中国が海外渡航を27日から禁止
    するとのニュース

    https://www.jiji.com/sp/article?k=2020012500605&g=int

    対応がちょっと遅すぎた
    日本はもっと遅いけど
    パニックや手遅れになる前に
    入国規制を行う必要ありでは
    また、すでに入国済みの中国人は
    滞在延長させず退去してもらう

    ついでに恨逃人は永久に、、
    おっと、失礼しました

  27. 一見さん より:

    先日もえあじさんの所で紹介してましたな。
    中華電視公司(台湾)のニュース番組がリンク先に乗ってましたが、
    中国からの留学生が日本のニュースを露ほども信用せずに台湾メディアの動画ばっかり見てたそうです。
    情報の隠蔽度の少なさを比べたら台湾>>>>>(超えられない壁)日本>中国と言った感じでしょうか?

  28. 心配性のおばさん より:

    ワシントンポストが今回、中国武漢で発生した新型肺炎について、武漢にある武漢ウイルス学研究所あるいは武漢生物製品研究所から流出した可能性を報じています。
    疑念の段階としつつ、感染源が特定できていない謎と妙にリンクしてしまいます。武漢市を生き埋めにしようとしている謎とも…。

    武漢には中国の生物兵器プログラムに関連する2つの研究所がある
    https://m.washingtontimes.com/news/2020/jan/24/virus-hit-wuhan-has-two-laboratories-linked-chines/

    1. りょうちん より:

      >感染源が特定できていない謎

      こういうアウトブレイクでは感染源が特定できる方が奇跡ですよ。
      B兵器にしては今回のコロナウィルスは微妙すぎる性能でしょう。
      陰謀論が本当にお好きですね。

      私は単なる「愚かさの連鎖」だと考えています。

      1. 心配性のおばさん より:

        りょうちん様 私、冷静を装っておりますが、本当に怖がっているんですのよ。

        なにをって、日本政府の危機意識ゼロにです。

        先般のゴーン氏逃亡でもそうですが、入出国管理や検疫が穴だらけであることが露呈しました。日本は丸裸です。

        現代の戦争はミサイルばかりとは限らない。プロのテロリスト?が水源や原発に仕掛けるだけでも、いえ、本人が直接仕掛けなくてもドローンを飛ばすだけで事足りる時代です。

        そういう時代の安全保障を我々自身がどうするか、議論じゃない具体的な検討が必要となっておりますのに、桜野党はともかく、頼りの与党内閣までこの有様です。

        今回のことでは、派手な対策ではなくても、着実な対応をとっていただけるものと、私は期待しておりましたが、見事に外されました。加藤さんでしたっけ、厚労相の無策には憤りを感じております。

  29. りょうちん より:

    日本のCDCに相当する国立感染症研究所のまとめサイトのようです。

    https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov.html

    簡易検査キットは三月にならないとできないそうで、一件ごとにPCRとは、なんというか絶望的ですねえ。
    始末に悪いのは、感染しても風邪くらいの症状しか起こさない例が多い点です。
    劇症化する条件は、年齢や疲労など免疫低下状態(中国の医師が死んだのはブラック労働状態だったのでは・・・)なんて一般的なものしか推測できませんが、もう全世界的な流行は不可避でしょう。

    おそらく老人や子ども、病人などが大勢死にますが、文明が崩壊するほどの死者は出ないといったところでしょうか。

    1. 匿名 より:

      ウィルスが変異したというニュースも見ましたが ありえますね。そのうち強毒性を備えるかも。

  30. 心配性のおばさん より:

    H様 それ、恐ろしいニュースでもあります。

    >中国が海外渡航を27日から禁止

    武漢を始め、中国各地には、企業活動や留学で邦人が多数在留しております。
    その人たちも同様に足止めされると言うことです。

    あっ、只今、日本の外務省がやっと邦人救出に乗り出したようです。

    外務省 武漢などの邦人退避へ中国と協議 チャーター機運航も
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200126/k10012259621000.html

    もちろん、今度こそ、救出した邦人の検疫を万全にしていただけると信じております。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。