韓国政府の閉鎖要求に「7倍に拡張」で応じた日本政府

昨年1月にオープンした、東京・日比谷にある「領土・主権展示館」を巡っては、韓国政府が公然と「閉鎖」を要求したところ、日本政府は来年1月から展示スペースを7倍に増やしたうえで移転すると述べました。このこと自体、小さな一歩ではありますが、日本が国としての当たり前の対応を取り始めた象徴でもあり、素直に歓迎すべきことです。

どうして国土と国民を守れないのか

国が国としてあり続けるためには、領土は外国によって不法占拠されないようにしなければなりませんし、国民が外国政府から不当な被害を受けないようにしなければなりません。

しかし、非常に残念なことに、GHQから事実上押し付けられた日本国憲法のためでしょうか、戦後の日本は自国の領土と国民を守るという、国家としての基本的な使命を十分に果たせないままで来てしまいました。

本日、北海道・根室市内の漁協に所属する漁船8隻が歯舞諸島から色丹島にかけての海域でタコ漁を操業中、そのうちの5隻がロシアの国境警備局によって連行されるという事案が発生したようです。

ロシア、北海道の漁船5隻連行 乗員24人、タコ漁中―歯舞、色丹両島周辺(2019年12月18日12時17分付 時事通信より)

この短い報道だけでは、連行された漁船が日ロ漁業協定などに従って適法に操業していたのか、それとも何らかの違反行為があったのかについては定かではありませんが、いずれにせよ、連行された方々の無事を祈りたいと思います。

ところで、万が一、今回の連行事案がロシア当局による「難癖」の類いであったとしたら、わが国としては明らかに受け入れられないものです。しかし、残念ながら、どうもロシアをはじめとする日本周辺の無法国家は、「どうせ日本は絶対に攻めてこない」とタカを括っているフシもあります。

もちろん、今から日本が樺太と千島列島を武力で取り返すということは非現実的ではありますが、現実にわが国では「外国との戦争」を想定した法整備がなされておらず、必然的に、自衛隊などは最新鋭の武器を装備していたとしても、それらを実戦使用することは非常に考え辛い状況にあります。

こうした状況を変えるためには、やはり、私たち日本国民が意識を変革し、変えるべきものは勇気をもって変えていくしかないのではないでしょうか。そのためには、わが国の領土、主権に関し、私たち日本国民がもっと関心を強めることから始めるしかありません。

地味であっても重要な活動はある

こうしたなか、一見すると地味ではあっても、非常に大切な活動があります。

東京・日比谷公園の一角にある「市政会館」の地下1階に、「領土・主権展示館」という施設があります。これは2018年1月にオープンし、現在は小規模ながらも「竹島コーナー」と「尖閣諸島コーナー」のそれぞれに常設展が設けられています。そのうえで同施設は

竹島及び尖閣諸島が我が国固有の領土であることを示す歴史的資料や人々の営みを示す資料をまとめて紹介する初めての国の施設

として、竹島と尖閣諸島に関する内外発信の拠点として発信していく、などとしています。

とくに竹島に関しては韓国によって不法占拠されてきたという歴史もありますし、竹島の不法占拠にあたっては、日本人漁民にもかなりの被害が出ています。

「憲法第9条のおかげで日本は戦争に巻き込まれなかった」などと信じている人たちにとっては「不都合な事実」なのかもしれませんが、小規模ながらも、こうやって客観的な資料などを常設する施設が存在することは、きわめて重要です。

もっとも、個人的な不満がないわけではありません。常設展にしてはコーナーが小さく、また、その存在を知らない人も多いため、もっと規模を拡充すべきですし、「領土」あるいは「主権」について、より深く考えるという観点からは、その展示内容についても、

  • ロシアによる樺太、千島の不法占拠の歴史
  • 北朝鮮による日本人拉致の実態

などについても取り上げるべきではないかと思う次第ではあります。

年末に、少し嬉しいお知らせ

ところで、竹島を不法占拠している側である韓国は、竹島のことを「独島」と呼び、「わが国の領土だ」などと、わけのわからない主張を繰り返しています。

当ウェブサイトなりの見解ですが、韓国が竹島に領有権を主張する理由は簡単で、「自国領を日本から武力で取り返した」というファンタジーを通して「日本に対して優位を感じる」ための、数少ない手段だからです。

言ってみれば、自力で独立を勝ち得たことがない国ならではの行動だと思いますが、ただ、わが国にはそんなファンタジーに付き合う義理などありません。粛々と、「竹島は韓国が不法占拠中だが日本固有の領土である」という事実を広めていくのが、日本としての正しい対応です。

しかし、わが国が正しい歴史を広めようとすれば、国自体が虚構で成り立っているような韓国にとっては、まことに都合が悪いこともまた事実です。だからこそ、韓国政府はこの施設の閉鎖を要求していたようですが、それに対してわが国が取った措置が、秀逸です。

韓国政府が閉鎖を要求した日本の「領土・主権展示館」が翌月拡張移転(2019.12.18 13:35付 中央日報日本語版より)

韓国メディア『中央日報』(日本語版)の記事によれば、日比谷公園にあった「領土・主権展示館」は、結局、虎ノ門の民間建物に移転し、来年1月21日に開館する方針を明らかにしたとしています。

しかも、面積は約700平米と、現在(約100平米)の7倍にも拡充されるもので、衛藤晟一・領土問題担当相は17日の記者会見で、

展示館がさらに魅力的で効果的な広報拠点になるべく、関係部署とも協力していく

と明らかにしたのだそうです。

中央日報は記事のタイトルで「韓国政府が閉鎖を要求したにも関わらず、拡張移転」などとしていますが、このあたりの経緯については、記事本文ではあまり詳しく触れられていません。都合が悪い項目は詳しく報じないという韓国メディアの悪い癖が出ているような気がしてなりません。

ちなみにこの「閉鎖要求」については、具体的には昨年1月26日付の産経WESTに掲載された『韓国側の「竹島資料館閉鎖」要求拒否 担当相「日本固有の領土。批判は当たらない」』という記事の中で、韓国政府外交部が

『韓国固有の領土に対する不当な主張』だとして抗議し、即刻閉鎖を要求する報道官声明を発表

した、とあります。

こうした韓国政府の要求に対して、日本政府は大幅な拡張で応じた格好です。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ひと昔前だと、日韓議連や親韓派議員あたりから政府に圧力が掛かり、「日韓関係に配慮するために、竹島関連の展示を撤去せよ」といった要求がなされていたのではないかと思います(いや、もしかしたら、今回もこの手の要求が族議員からなされていたのかもしれません)。

しかし、そうした要求が公然と出て来ることもなく、今回、移転と拡充が粛々と決定されたため、日本国内で親韓派議員らの力がかなり弱まっていると考えて差支えないでしょう。

日韓関係がこのまま破綻するのか、修復に向かうのかは、まだわかりません。また、日本が普通の国に脱却するためには、今までは抵抗勢力の力があまりにも大きすぎたため、憲法改正の成否も不透明です。

しかし、わが国としては譲れない一線をしっかりと守ることが大切であることは、言うまでもないでしょう。

読者コメント一覧

  1. 老兵 より:

    不勉強にして当該施設のあること、韓国側の苦情のあったことを知りませんでした。これからの日本は対外的に云うべきことはしっかりと云う、発信する、記録に残すことが大事と思います。ぜひ総務省が音頭を取って、全都道府県・市町村役場に同趣旨の文書・掲示を行なわせ、広く国民に周知することが肝要と考えます。文科省においても教科書にしっかりと記述し教育することも併せ行うべきと考えます。外務省も諸外国に訴えていくべきです。いつまでも負けていてはいられません。

    1. ハゲ親父🐧 より:

      老兵様
      私も怪我により除隊した老兵(50過ぎてから筋力の衰えが激しく戸惑ってます)ですが、あの嫌味たらしい海上自衛隊が、まず韓国に「身の程」を教えてやれる日が早く来ると良いですね。🐧

      空挺団はヘリボーンで、餓死した韓国兵の遺体処分(崖から投げ落として鯨の餌)する位で良いのではないでしょうか。🐧

      残酷な共食いをさせて、最後の一兵が餓死しても韓国海軍が手を出せない現実を見せてやれば良いかと思います。🐧

      1. 老害 より:

        ハゲ親父 さま

        横から失礼いたします。

        クジラ(ハクジラ)が死体を食べるかどうかは知りませんが、とりあえず、半島人の死体を食べさせる虐待行為には謝罪と賠償を要求いたします。

  2. だんな より:

    新宿会計士さま
    取り上げていただきまして、ありがとうございます。
    このような施設は、対韓国のみならず、対中国にも重要ですし、日本人が良く知る為にも重要だと思います。
    竹島だけの分は、入り口に旭日旗を掲げて、大きな国際空港にも設置して欲しいですね。
    場所は入管の手間かな。

  3. 匿名 より:

    7倍返しで施設拡張もええのんやけど、そも広報が足りてない。韓国に囚われ手足を縛られ乱暴(自然破壊)されてる「竹島ちゃん」、中国に毎日何度もイジメられてるけど頑張って毎日登校してる「尖閣くん」で、QRコードをかざすと尖閣侵略行為生中継。こんな感じで適当なゆるキャラぐらい作れよ。速攻でツイッターで世界に拡散されるよ。

    1. 田舎のおばさん より:

      某公共放送やら民間放送局の天気予報で、毎日尖閣、竹島、北方領土の限定地域のお天気を
      放送するってどうでしょうか。

      さらっと今日の竹島は波が高いでしょう。とか今日の尖閣は穏やかな日和です。今日のエトロフは地吹雪で
      ホワイトアウト状態です。
      令和初の元旦は北の北方4島から南の尖閣まで日本晴れの素晴らしい日和に恵まれました。

      毎日放送してにっこり刺激してほしい。

  4. 阿野煮鱒 より:

    この話題は楽韓さんも取り上げていました。それと、日本海呼称問題に関しても、楽韓さんがこまめに取り上げていますが、それによれば、最近の外務省は熱心に韓国のごり押しを押し返しているそうです。

    もしかしたら、外務省内部に、韓国に阿るよりも、国益を利する方が考課がよいという動きが出てきたのかもしれません。まだ安心はできませんが、もみ合いが続きつつも、従来とは違うベクトルに霞ヶ関が動きつつあると期待したいものです。

    1. だんな より:

      阿野煮鱒さま
      河野外相の頃から、変わって来ていると思います。

  5. 心配性のおばさん より:

    >日本周辺の無法国家は、「どうせ日本は絶対に攻めてこない」とタカを括っているフシもあります。

    ええ、ロシアだけではありません。中国も、日本人を理由も公表せず逮捕というより拉致していますよね。でも、中国はアメリカに対してはスパイ容疑で逮捕はしていません。北朝鮮も、トランプ大統領の要請?で早々に拉致監禁していたアメリカ人を返還しました。日本人に対してはまだです。

    攻めてくる怖れがある国だけが相手の無法を封じることができるのです。
    聞こえています?9条信者の皆様。平和憲法のお題目を信じているのは、多分、世界中であなた方だけです。

    軽々に話題をするのは憚られるのですが、先だって中東で平和活動をされていた日本人医師が現地の無法者の銃弾に倒れました。どんな崇高な理念も無法者には届かない。届くとしたら武器による威嚇だけです。

  6. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    【竹島及び尖閣諸島が我が国固有の領土であることを示す歴史的資料や人々の営みを示す資料をまとめて紹介する初めての国の施設】ですか。

    そんな広報コーナーが昨年からあったとは、情けないやら知りませんでした。今度は700平米とはなかなかの広いスペースですね。

    すぐデモる、他人の敷地に入るデストロイヤー反日人が乗り込んで来そうなんで、安全カメラ(棘の無い柔らかい言い方でしょ 。笑 )と自動スプリンクラー、スタンガン、常駐の完全防御服装警備員は必要です。

    またその一角に北方領土、千島列島と樺太南半分も日本の領土である、とジオラマや戦前の生活等、展示して貰えませんかね〜。

  7. 関西なまこが支援するチュチェ思想研究貝ニダ より:

    「特亜の逆が正解」
    半島あるあるですね。(笑)
    日本国籍取得に地理や歴史のテスト出して、全問クリアーを必須要件にすべき。

  8. 自転車の修理ばかりしている より:

    余計な横車を通そうとして相手に一顧だにされず面目丸つぶれになって後頭部を殴られたと騒ぐ。最近見慣れたシークエンスです。もうマクロに組んで自動対応でいいのではないかという気さえします。

    輸出管理問題に関する対話も「韓国の説明する管理状況を検証した結果、想定以下だと判明しましたので、管理国ランクを更に一段下げさせていただきます@経産省」などという事になるのではないでしょうか。

  9. 新茶狼 より:

    根室の漁船拿捕のニュースを見ましたが、違法操業ではない感じですね…

    以前、北方墓参に帯同したときのこと、ある海域に差し掛かるとロシアの国境警備隊が乗り込んできて、乗員や船などを調べるのですが、ライフル銃のようなものも携行していました。

    女性隊員もいたので少し緊張が和らぎましたが、過去には日本の漁船に一方的に発砲し死亡させた事件も発生していますから、ロシアにはやはり恐怖が先に立ってしまいます。

    1. 心配性のおばさん より:

      新茶狼様

      >根室の漁船拿捕のニュースを見ましたが、違法操業ではない感じですね…

      以前もこちらで申し上げたことがありましたが、ロシアによる日本漁船の拿捕については違法操業云々の理由は不要です。たとえるなら、海賊のようなものです。「拿捕したかったから拿捕した。」でしょうか。

      その漁船を海保の巡視船が文字通り体を張って守っている状況です。
      が何分、船数が少なく全ての漁船を助けることはできません。

      この場合、海保ですので警察活動ですが、これが本格的な中露による侵略であったら、日本の国防は国土国民を守り切れるとは言えない状況であることを思ってみて下さいませ。

      1. 新茶狼 より:

        心配性のおばさん 様

        コメントありがとうございます。

        「拿捕したかったから拿捕した。」ですか…確かにそう考えると腑に落ちます。

        やはり、単に軍事力と外交姿勢の差、ということなのでしょうかね。

        歯がゆいですが現状日本は国民を守り切れないですね。

  10. 田舎人 より:

    これまで韓国にやられっぱなし、自虐史観に洗脳された一部国民や反日のプロ市民活動家、親韓派のマスゴミ、こういった彼等(当然韓国も含みますが)の異常性に多くの国民が気づき始めたことを受け、政府もようやく重い腰を上げ、反論に打って出ようとの姿勢なのでしょうか。

    それにしてもこの件でさえ、ここに至るまでの道のり、大変長かったですねえ~。

    当たり前の世論形成に向けては、会計士様主宰の本ブログの果たした役割も決して小さくないと思います。

  11. Moody より:

    毎日仕事の合間、通勤時、就寝前に拝読し勉強させていただいております。
    知性と教養に欠けた自分が、このような空間にお邪魔させていただくこと事態おこがましいことであることは十分承知の上で、恥ずかしながら初投稿させていただくことをお許しください。
    NHK本日19時のニュース「訪日外国人数が前年同月比で0.4%の落ち込み!」・・・0.4%(ーー;)
    訪日韓国人の大幅減が大きな理由だそうですが、韓国人旅行者の減少がわが国にとって由々しき事態であるかのような報道内容。
    0.4%って、誤差の範囲内と考えちゃダメなんでしょうか?
    また、NHK地元ローカルニュースでは、Kポップアイドルを目指すいかにもノータリンな女子を登場させ、韓国擁護発言をさせていました。
    私の居住地は高齢者の多い田舎ですので、NHK報道は大きな影響力があると思われます。
    領土を守るだけでなく、獅子身中の虫たるマスメディアから国民を守ることも急務だと思われます。
    本題から大きくズレていますが、恐る恐るしかし勇気を持って投稿させていただきました。

    1. だんな より:

      Moodyさま
      「先日日韓対話で、日韓両国が協議した」という放送局です。
      ここ数ヶ月のNHKの印象操作は、桜を見る会を含めて、酷くなっていると思います。

    2. 匿名 より:

      Moodyさま(James Moodyのファンの方ですか?)

      ご安心ください。
      ウェブ主様のひとかたならぬ御尽力により、
      既に此処に集いし読者諸兄におかれましては
      この様な印象操作記事に対して十分な免疫力を
      蓄えられております。
      また、当該トピックについてはウェブ主様が
      信頼のおける我が国政府機関の統計の数字を用いて
      既にいくつかのスレッドで客観的な分析を
      お示しになっております。
      また、ウェブ主様が転載可との姿勢を表明されて
      いらっしゃる事から、私などはリンクこそ貼らない
      ものの、此方のウェブサイト様を積極的に喧伝
      するよう、微力ながら努めております。
      手前などが出しゃばる迄もなく、此方のウェブサイト様の影響力にはなかなかのモノがあるようで、
      それが証拠にウェブ主様が一年ほど前に考案された「セルフ経済制裁」という単語が、
      今やかなり広範に用いられ、理解される迄になって居るようです。
      例の、彼の国に対する輸出管理の適正化発動の際の
      パブリックコメントに寄せられた意見の数を見ても、所謂我が国のサイレントマジョリティーの意識はこの一年で劇的に変化した観が感じられますね。

    3. 埼玉の暇人 より:

      Moodyさま
      面白いことに、韓国からの訪日旅客が増えています。10月は197,300人だったんですが11月は205,000人になっています。せいぜい、150,000人位と考えていたんですがね、全くもって半島人の行動は読めないですね。

    4. ちかの より:

      Moody様
      そのニュース見てました。
      一応韓国以外の国からの訪日客はすべて増加しているとは言ってましたが。ついでに、韓国人が来なくなったことで、一人当たりの客単価が上がって総売上は増加しているということも報道して欲しいですね。
      韓国人客が減ったからって、それが何~?
      なんでNHKは「韓国が主語」のニュースばかり流して印象操作ばかりなんでしょうか。
      もう、特アのためのプロパガンダ専門放送局?
      新しい会長も74歳のジイサン←また団塊世代!
      もう年金も全額貰えるような年なのに、出張ってくるなよ、と言いたいです。

      1. Moody より:

        皆さま、ご返信を賜り大変恐縮しております。
        なんだか皆さまから力づけていただいたような気持ちでおります。有難うございました。
        当方居住地は、TVをつければパチンコのCMばかり、拉致被害者を複数出しているにもかかわらず半島にルーツを持つ人間を議員に選出、市内中心部の小学校跡地に中国領事館を行政を挙げて誘致しようとするなど、親韓親中媚韓媚中もここに極まれり!という土地です。
        杉と男は育たない・・・これが私の住む地の定説なのだそうですが、そんなに努力をしなくても勉強なんかしなくても物事深く考えなくてもなんとなく生きていける、そんな土地柄のような気がしています。ある意味フリーライダーばかり!と言っても言い過ぎではないかもしれません。
        今後も本文のみならず、皆さまの読者コメントを楽しみに明日の糧としていきたいと考えております。有難うございました。
        ちなみにMoody◯◇は私のジャズ演奏時の芸名です。

        1. 匿名 より:

          Moodyさま。
          やはりjazz manでいらっしゃいましたか。
          是非一度、貴殿のaltoを拝聴したいものです。

  12. しきしま より:

    昔よりかなり良くなってはいますがまだまだ生ぬるい気がします。

    世界各国に竹島が日本領であることをその国の言葉で説明した広報誌を配布する。
    日本国内のテレビ局には1回10分程度の竹島PR映像を1日最低でも5~6回流すことを義務付ける。
    竹島に上陸した韓国の政治家やタレントは永久に日本入国禁止。
    そのくらいやってほしいです。

  13. 未熟な19歳男性 より:

    日本政府が初めて領土関連系の施設を設けたことはどこかで聞いた記憶がありましたが、韓国側の撤去要求に日本政府は7倍の拡張で応じたのは全く知らず、記事のタイトルを見た時思わず笑ってしまいました。やはり嘘は嘘だと反論し、脅しには一切屈せず突っ撥ねる対応(いわゆる毅然とした対応)が重要であることが漸く日本政府の中にも浸透してきているのかなと思います(まだまだ緩い点もありますが…)

    そしてやはり領土問題の解決は、まずは憲法改正によって専守防衛から脱すること、最終的には日米で核兵器シェアリングしかないというのが現状だと思います。まあ核兵器を超える最強の兵器を日本が発明できれば話は違うかもしれませんが。もちろん平和的に解決することが理想なのですが、現実問題としてそんな平和的解決方法が通じる国々ではないので、拳銃の引き金にしっかり指をかけた状態で外交交渉し最悪の場合には引き金を引かざるを得ないと思います。そうすれば少なくとも韓国と北朝鮮はヘタレて日本に頭を下げるであろうし、中露は今以上に日本は脅威となるので日本の機嫌を損ねないように行動すると思います。

  14. H より:

    未熟な19歳男性様

    憲法改正に賛成です
    敵地攻撃可能なミサイルぐらいの
    真の防衛力は必要と考えます
    ただ、それでも北も南もヘタレる
    ことはないと思います
    なんと言っても彼らは反日で
    しか国を維持できない種族です

    拳銃の引き金に指をかけた状態が
    具体的にどのようなイメージ
    なのか機会があれば教えて下さい
    確かに中国や北朝鮮、ロシアと
    対するにはそれぐらいの気持ちが
    必要と考えますが、世界から
    見れば軍事的な脅威をもとに
    何かを動かす姿は信用を失います

    核のシェアリングについては
    NATOとは状況が違いますし
    米国が許さないと思います
    日本の軍事力は米国からは突出
    しないよう押さえ込む対象であり
    残念ながら補完戦力としてしか
    期待されていません

    1. 未熟な19歳男性 より:

      返信ありがとうございます

      ご質問にある拳銃の引き金に手をかけた状態というのは所謂「戦争のできる国」、つまり現在の日本のように相手から攻撃されて始めて反撃可能(=ただ拳銃を持っているだけ)となるのではなく、相手国の不穏な動きに対しては予防的先制攻撃も辞さないという意思表示をすべきである、要するに敵基地攻撃能力を保持すべきだと考えています。未来を予測することは出来ませんが、現在の国際常識が続けば、間違っても領土を巡って軍事力行使という選択は西側諸国には全く評価されないというご指摘は正しいと思いますし、同感です。

      また、核シェアリングについてなのですが、東アジア情勢が韓国のレッドチーム入りで日米台vs中朝露韓と数的不利に陥り、米国の相対的影響力低下が止まらない状態になれば、米国はあくまでも日本に「持たず、作らず」を厳守させつつ「持ち込ませず」を撤廃させることで、NPT違反にならずに戦略/戦術核兵器を日本に前進配備できるようになります。そうすることで日米は核抑止力を得られると考えてみました。実際には国民の理解が得られる方策とは到底思えませんが、思考実験中では最適解であると思う次第です。

      最後に南北朝鮮なのですが、歴代中華王朝を見る限りでは彼らに対しては日本と彼らでは日本の方が圧倒的に上位で彼らは下位であるということを強く認識させればいいと思っています。

  15. とおり より:

    小さいところから「日本を取り戻す」を行ってくれてるのは好印象ですね。
    東京行くときは見に行きたいです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。