「日本はGSOMIA終了後なら首脳会談に応じます」

今朝の『韓国政府高官「GSOMIA復帰条件は輸出規制撤回」』では、「むしろ日韓関係改善のハードルをわざと高めているのは韓国側ではないか」、との疑念を掲載しましたが、これらを間接的に裏付ける記事がいくつか出ています。少し遅くなってしまいましたが、いちおう、関連する記事をざっとまとめておきたいと思います。また、予告ですが、「日韓関係が破綻した場合には日本に具体的にどんな損害があるのか」について、現在、数字をまとめ始めていますので、こちらについてもどうかご期待ください。

中央日報「米国務次官補が最後通牒」

あまり古くならないうちに取り上げておきたい話題がいくつかあります。

今朝の『韓国政府高官「GSOMIA復帰条件は輸出規制撤回」』では、韓国メディア『ハンギョレ新聞』(日本語版)に掲載された記事などをもとに、「むしろ日韓関係改善のハードルをわざと高めているのは韓国側ではないか」、との疑念を掲載しました。

韓国政府高官「GSOMIA復帰条件は輸出規制撤回」

その趣旨は、文在寅政権下の韓国の反日行動は、米韓同盟を終焉させるという行動と軌を一にしているのではないか、との仮説です。なぜなら、日韓関係は結局のところ、軍事的に見れば、日米同盟や米韓同盟とセットのようなものだからです。

こうした仮説を間接的に裏付けるような記事を、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に発見しました。

米国務省東アジア太平洋次官補、GSOMIA満了2週間前に訪韓…事実上最後の通牒(2019.10.26 11:22付 中央日報日本語版より)

デイビッド・スティルウェル米国務省東アジア太平洋次官補が来月5日から2泊3日で韓国を訪問する予定だそうですが、中央日報はこれについて、11月22日に終了する予定の日韓包括軍事情報保護協定(日韓GSOMIA)を「延長するための最後通牒」と評しています。

個人的には、この中央日報の見解には、半分賛成、半分反対、といったところです。

もう少し厳密にいえば、スティルウェル氏はおそらく、「日韓GSOMIA破棄を思いとどまるよう、『最後通牒』をする」というのではなく、「日韓GSOMIAを破棄するという韓国の意志の固さ」を確認するために訪韓するのではないでしょうか。

それはさておき、中央日報はスティルウェル次官補が韓国訪問に先立ち、タイ・バンコクの東アジア首脳会議で日韓関係者と会ってGSOMIA延長の必要性について説得する予定だとしつつ、「高位消息筋」が次のように明らかにしたと述べています。

  • GSOMIA延長が必要だというのは、トランプ政権だけでなく、米議会が超党派で一致した立場
  • スティルウェル次官補は韓日が妥協可能な解決策を見出すことに寄与するという考えを持っている

この発言が事実だとすれば、これなどは日韓GSOMIA破棄が日韓関係だけでなく、米韓同盟をも揺さぶりかねないものであるということを米国が強く認識している証拠といえるでしょう。

米国は「仲裁」をしない

ただ、だからといって、米国が日韓対立において「仲裁」をするのかといえば、非常に疑問です。

この点、中央日報は、スティルウェル氏が16日、

  • 米国の立場が二つの同盟の間で仲裁者の役割は果たさないという立場だが、これは確かに幅広い関与を排除したわけではない
  • 米国はしばしば二国間または3者会合を通じて両国に気に入る解決策を見出すように促してきた

などと述べたとしたうえで、この期に及んで米国が日韓関係の仲裁に乗り出すことに期待感を示しているようなのですが、これについても個人的には非常に懐疑的です。

もちろん、米国務省にはマーク・ナッパー氏のように、「日韓双方が自省すべきだ」などと意味の分からぬことを言い放つ人物も所属していることは事実です(『日本政府はナッパー国務副次官補の更迭を要求すべき』参照)。

日本政府はナッパー国務副次官補の更迭を要求すべき

しかし、8月22日に韓国政府が日韓GSOMIA破棄を打ち出して以降、米国政府は(少なくともトランプ大統領などが)表立って日本政府に対し、「日韓GSOMIA破棄を回避するために、何とかしろ」と要求して来たという事実は確認できません。

むしろ、日韓GSOMIA破棄問題は日韓間ではなく、米韓間の問題に化けた、といえるのではないでしょうか?(『もう日本は関係ありません、今後は米韓間で直接どうぞ』参照)

もう日本は関係ありません、今後は米韓間で直接どうぞ

日本政府は冷淡

さて、日韓関係をややこしくしている問題のひとつである、自称元徴用工問題を巡っても、昨日、こんな記事がありました。

日本、韓国政府が補償後に韓日企業の基金を設置「α+1+1」案にも否定的(2019.10.26 10:03付 中央日報日本語版より)

中央日報によれば、ある韓国政府関係者は25日、『中央SUNDAY』に対し、次のように明らかにしたそうです。

  • 韓国政府は李洛淵首相の訪日に先立ち、自称元徴用工問題解決のための新しい案を実務レベルで提案したが、日本側はこれに否定的な反応を見せた
  • この案は、まず韓国政府が自称元徴用工への補償を実施し、今後、この問題に関しては日本および韓国企業が資金を拠出して設立する基金が対応する、というものだ
  • この案は日韓間の異見の解消に向けた多様なアイデアのひとつとして韓国政府が実務レベルで日本政府に打診したものだ

また、本件については他の関係者も、

  • 日本側はそもそも韓国の大法院(※最高裁に相当)の判決自体が国際法違反とする従来の立場を繰り返した
  • 日本側は、2015年の日韓慰安婦合意により設立された慰安婦財団が文在寅政権発足後に解散された点も問題視している

と述べた、などとしています。

韓国政府側が日本政府側に対し、以前から「1+1+α」のような案を提示していることは各種報道からも明らかなのですが、どれも日本にとって受け入れられるものではありません。

そもそも論として、自称元徴用工問題については、韓国が韓国の「国内問題」として日本と無関係に勝手に解決すべき代物であり、これに日本を関わらせようとする時点で間違っているのです。

朝鮮日報「日本はGSOMIA終了後に略式会談に応じます」

昨日の記事ばかり紹介しているついでに、韓国メディア『朝鮮日報』(日本語版)に掲載された、安倍晋三総理大臣と李洛淵(り・らくえん)韓国首相との24日の日韓首相会談に関する次の記事も紹介しておきましょう。

「安倍首相、来月は文大統領と会わず12月に略式会談」(2019/10/26 08:01付 朝鮮日報日本語版より)

記事を執筆したのは、朝鮮日報の李河遠(り・かえん)東京特派員です。

李河遠氏によると、「ある外交筋」は25日、日韓首相会談の席で李洛淵氏が安倍総理に日韓首脳会談実現に期待を示したにも関わらず、安倍総理側は「強制徴用問題(※自称元徴用工問題のこと)の解決をめぐり接点が見いだせない状態では、首脳会談を考えていない」と述べたそうです。

また、その「日本政府のある関係者」は、「12月に北京で日中韓3ヵ国首脳会談(※)が開催されれば、立ち話形式の略式会談なら可能なはずだ」などと述べたそうですが、言い換えれば、

  • 日韓首脳会談に応じたとしても、それは略式会談であり、かつ、日韓GSOMIA終了後の話だ
  • 日韓GSOMIAが終了する予定の11月22日以前に首脳会談の実現はない

ということです。

(※原文では「日中3ヵ国首脳会議」とありますが、当ウェブサイト側にて勝手に修正を加えています。)

このことは、日本政府が日韓GSOMIA破棄を巡って、「日本から日韓GSOMIA破棄を回避するための努力をするつもりはない」という間接的な証拠でしょう。

実際、『自称元徴用工巡り、中央日報が「日韓が基金案を検討」』でも紹介したとおりが、茂木敏充外相は金曜日の記者会見で、日韓首脳会談については「日韓首脳会談を実施するだけの環境を韓国側が整えられるかどうかにかかっている」と述べています。

自称元徴用工巡り、中央日報が「日韓が基金案を検討」

このことから、日本政府としては、「韓国自身が作り出した、日韓関係を破綻に導きかねないような状況」を、韓国自身が改善しない限りは日韓首脳会談には応じない、という姿勢が(少なくとも表向きは)明らかだと考えて良いでしょう。

「日本も日韓関係に頭を痛めている」?ホント?

ところで、李河遠氏は、先ほどの朝鮮日報の記事で、次のように述べています。

  • 安倍政権は表向きは韓国に対して冷たい態度を示しているが、内部では硬直状態の長期化を懸念する声も少しずつ出始めている。
  • 上記の外交筋は『日本も水面下では関係改善のきっかけとその方式について頭を痛めているようだ』とコメントした。

はて、本当ですかね?

たしかに日本では、外務省や自民党の一部の議員などのあいだで、「日韓関係改善のためには日本が譲歩しなければならない」、といった発想があることは間違いないでしょうし、こうした意見に引きずられ、日本が無用な譲歩をしないかどうかについては、私たち有権者が強く警戒すべき点でもあります。

しかし、むしろそろそろ発想の転換が必要になってきたこともまた事実ではないでしょうか。

確かに日韓関係が破綻すれば、日本にもさまざまな悪影響が生じることは間違いありません。だからこそ、「日韓関係破綻のためにあらゆる犠牲を払うべきだ」、といった発想が出てくるのでしょう。

しかし、ここで大事なのは、むしろ、「日韓関係が破綻したら具体的に日本にどんな悪影響が生じるのか」、「それらを最小化するためにはどうすれば良いか」という視点ではないかと思うのです。

折しも、日韓関係が極度に悪化する原因となった自称元徴用工判決から、30日でちょうど1年を迎えます。そこで、ちょうど良いタイミングですので、ここらで近日中に「数字から見た日韓関係」について、久しぶりにアップデートしてみたいと考えています。

引き続き、当ウェブサイトのご愛読とお気軽なコメントを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

読者コメント一覧

  1. ヨッシー より:

    ホワイト国のパブリックコメントに参加しました。同様な意見をお持ちの国民が圧倒的多数だったことに安心した次第です。実際、今回のことがなかったら一般国民はパブリックコメントの存在すら知らなかったと感じるのは私だけでしょうか?
    この件から、先方の国はエキサイトし現在に至っていますが、政府はこの結果に真摯に向き合い厳格な対応を
    していくことを期待しています。今後もパブリックコメントを政府は大いに活用するべきです。
    パブリックコメントは国民の意思の反映(一つの国民投票)だと考えます。

  2. ヨッシー より:

    パブリックコメントは国民の意思です(一種の国民投票)

    1. j より:

      賛成です。
      私も初めてパブリックコメントの存在をしり、投稿しました。
      ネットの意見だけだと軽く見られるかもしれませんが、公式のコメントだと力になるとおもいます。

  3. だんな より:

    新宿会計士さんの書いてある認識とほぼ同じです。
    「12月に北京で日中韓3ヵ国首脳会談(※)が開催されれば、立ち話形式の略式会談なら可能なはずだ」という部分は、あくまでも韓国側の願望です。
    この前に徴用工判決差し押さえの現金化が、行われる可能性があります。
    もしそうなると三か国首脳会談自体に、影響が出る可能性もあると思います。
    また、韓国外交部が「日本が日韓協定に違反しているという認識を変えさせないいけない」という発言などもあり、私は良くなる見込みは、無いと思ってます。

  4. 匿名 より:

    GSOMIA破棄が日本に対するカードにならない事をどうしても認めたくないんですね。
    輸出管理強化も自分で「影響ない」って言ってんだから別に困ってないんでしょ?

  5. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     韓国、そして(日本の)親韓派の議員や日本マスゴミ村(および、その
    代弁者)は、安倍総理が「米韓関係が変わることにより、日韓関係も変わ
    る」ことを想定して動いていることを、(感情的に)認めたくないのでは
    ないでしょうか。

     駄文にて失礼しました。

  6. しじみ より:

    会計士さんの解説どおり、日韓は米韓の従属変数だと思います。その従属は約束が守られてこそだと思います。

    その約束を巡って韓国政府のコメントでよく出てくるのが「水面下」という単語。彼らは水面上で日本を貶め、水面下で泣きを入れます。福島の汚染水は、が水面上、親書が水面下のようなものです。水面の上でも下でも、もはや相手をする価値はありません。日本政府も、全ては口ではなく行動でのみ評価する、ぐらい言ってほしいです、いい加減に。約束に対する日本の対応、中国やロシアはどう思うでしょうか。日本なんてチョロいもんだと思いますよきっと。

    お代わりよこせですよ。またですよ。また金くれですよ?その金があれば日本国内の年金なりに使える金が韓国にまた取られそうなんですよ。いつまでお代わりの話しに付き合うつもりなんでしょうか。約束を守らせる必要ありますよねって米国の了解が必要ですか?日米韓の連携は約束が破られても成り立つんでしょうか?連携とやらも全ては細かい約束、信用の積み上げですよね。韓国に関連する役人の残業代がムダです。韓国への出張費用がムダです。

  7. H より:

    GSOMIA話題とは少しズレますが
    以前、仕事で韓国によく行ってた頃
    明洞など繁華街を歩いていると
    頻繁に「ブランド物、最高の偽物あります」
    と声を掛けられました
    うざいぐらいに寄ってこられ
    無視すると悪口を言ってます

    1+1+アルファなどは、まさに最高の
    偽物ですね

    国と国でも
    関わらない、無視する
    悪口いってたら、事実を基に反論する

    これから一ヶ月、正念場ですね

  8. だんな より:

    このスレが良いのかどうか分かりませんが、今後の韓国の動きが、見える話です。
    偽徴用工判決の目的が、日本併合時代を違法とする事だということは、お判りだと思います。
    「“日本の植民統治への擁護行為”処罰特別法をつくらねば」=韓国シンクタンク
    https://s.wowkorea.jp/news/newsread.asp?nArticleID=244157
    日本併合時代に関して、事実かどうかは関係無く、日本を擁護すると処罰される法律です。反日種族主義は、アウトですね。
    日本語のニュースが、無いのでシンシアリーさんのブログからです。
    韓国国会で「日本の重大な人権侵害を究明する法」が発議
    https://sincereleeblog.com/2019/10/27/韓国国会で「日本の重大な人権侵害を究明する法/
    こちらは、日本併合時代を国を挙げて人権侵害にする法案です。
    2件共に韓国が、併合時代を違法として、国を挙げて日本に集ろうとしています。徴用工判決では、上手く行かなくなって来たので、別の作戦を考えているのだと思います。
    この方向性は、これからの韓国の国是になると思いますので、日韓関係が修復されようが、断交しようが変わりません。
    まさに戦後の国際秩序を破壊するのが、韓国だと思っておいた方が、良いと思います。

    1. 新茶狼 より:

      韓国の日本に対するこの一貫した姿勢は恐ろしいですね。

      格下かつ劣等国である日本が、道徳的優位に立つ韓国に礼を尽くさぬどころか、貿易戦争を仕掛けるなど無礼千万、などと思っているのでしょう。

      輸出管理適正化事案にしても、日本は韓国に特別一般包括の適用を残したばかりか、日韓のサプライチェーンが損なわれないよう、申請書類を過度に煩雑にならないように計らい、3品目以外の申請窓口を従来通り各地域ブロックごとの経済産業局とするなど、グループB国の中でも最優遇しており最大限の配慮をしています。

      日本政府が韓国に打撃を与えるつもりなら、このような配慮はしないということをどうも韓国は理解していないのが非常に残念です。
      (ただ、いかに韓国が安全保障貿易管理について杜撰で無知な連中ばかりとは言え、中には詳しい専門家や実務担当者はいるはずなんですが…)

      しかし、こういった配慮をしようが韓国には到底届くはずもなく、楯突いた日本が許せないという1点しかないのでしょうね。

      1. だんな より:

        新茶狼さま
        韓国に気配りをしても、善意に解釈される事は、あり得ませんよね。
        私は、叩いて言う事を聞かせた方が、良いと考えていますので、韓国への配慮は無駄だと思います。
        一度貰ったエサは、感謝も無くずっと貰うのが当たり前で、下手すりゃもっと良いエサを寄越せですからね。
        エサを寄越せと噛み付いて来てるんだから、叩いて分からせるしか無いと思います。
        やはり嫌韓の主張ですかね。

        1. 新茶狼 より:

          だんな さま

          >韓国に気配りをしても、善意に解釈される事は、あり得ませんよね。
          >私は、叩いて言う事を聞かせた方が、良いと考えていますので、韓国への配慮は無駄だと思います。

          おっしゃるとおりです。
          決して嫌韓のそれではないと思います。多くの国民が気付き始めています。

          現安倍政権において、かつてなかった対韓姿勢は評価して良いとは思いますが、やはり日本特有の押しの弱さや優しさが随所に見られますし、丁寧な無視と言わずもっとガツンと行くべき所は行ってほしいと私も強く思います。

  9. G より:

    日中韓の首脳会談っていうと、日本で行われたときには文大統領日本に来てますね。前任が頑なに日本には来なかったのとは対称的に。でも来日してもなんの成果もなかったと記憶してます。

    案外文大統領って直接じゃなんも話せないタイプなんじゃないかと推測。交渉能力ゼロと。

    なんか日韓首脳会談が切り札なように韓国じゃ言われますけど、もし実現しても安倍総理に圧倒されて終わるのではないか。まあただ後付けで会談で話されなかった内容を捏造される可能性くらいかな。

  10. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    GSOMIAに未練ったらしい(笑)というか、「破棄する」と言ったのは韓国だろうに。こちらは「残念だ」だけ。(笑)次のステップに上がれよ。

    それと徴用工日本企業敗訴の件も、韓国の国内問題だ。1+1+@って何?日本企業や日本政府はカンケーネー!最終的に韓国政府が「嘘つき爺さん」に払ってやればいい。

    スティルウェル米国務省東アジア太平洋次官補の目的は、「日韓GSOMIA破棄」の最終通告です。

    それよりも、日韓が物別れになれば、半島は無法地帯になる。日本に何を言って来るか不気味。必ずやシツコク「隣国同士仲良くやろう」「お互いに悪いところあった」「10年前の輝かしい蜜月時代に戻ろう」かな(笑)。

  11. クロワッサン より:

    更新お疲れ様です!

    >しかし、ここで大事なのは、むしろ、「日韓関係が破綻したら具体的に日本にどんな悪影響が生じるのか」、「それらを最小化するためにはどうすれば良いか」という視点ではないかと思うのです。

    同意です。
    米国が米韓同盟解消を決定事項とし、如何に米国の都合に合った終わらせ方をするかに腐心しているのと同じく、日本も日韓関係が破綻する事を決定事項とし、如何に悪影響や被害を最小化するかに腐心するのが大事だと思います。

    >折しも、日韓関係が極度に悪化する原因となった自称元徴用工判決から、30日でちょうど1年を迎えます。そこで、ちょうど良いタイミングですので、ここらで近日中に「数字から見た日韓関係」について、久しぶりにアップデートしてみたいと考えています。

    楽しみにしております!

  12. 暇人 より:

    菅官房長官が韓国側の変化に言及してますが、輸出管理にしても徴用問題にしても変な譲歩をしないか、嫌な予感しかしません。

  13. 七味 より:

    >確かに日韓関係が破綻すれば、日本にもさまざまな悪影響が生じることは間違いありません。

    とのことですがホントかな?
    経済的なことは会計士さんのまとめを待つとして、その他についてちょっと考えてみました♪

    日本にとって韓国の協力があった方が良さげなことを並べてみました
    ・北朝鮮による核やらミサイル開発の阻止、拉致被害者救出、あと朝鮮戦争再開時の在韓邦人保護
    ・中国による軍事的緊張の緩和、特に南シナ海での無法行為の抑止
    ・日本海の海洋資源の保護、韓国や北朝鮮の違法漁業の取締、漁業だけじゃなくて鉱物資源も大切

    並べてみた感想ですが、どれもこれも、1年前の時点で韓国の協力なんか得られなかったものばかりのような気がするのです。
    特に、中国関係なんか、どっちかというと中国の手下みたいな行動ばかりだったと思うのです♪

    こうやって見ると、日韓関係が多少改善したところで、日本が欲しいと思ってる協力を韓国から受けられなさそうに思うのです

    そういう意味だと、関係改善による良い影響は無さそうだし、逆に関係が破綻しても、それが韓国という国が無くなることを意味しない限り(あたしは、韓国という国自体はそれなりにしぶとく残ると思うのです)、今と大差ないような気がするのです♪

    ・・・まあ結論ありきで作った暴論なのは認めます \(^o^)/

    1. だんな より:

      七味さま
      私もそう思います。
      経済的なダメージは、前に新宿会計士さんが言ってた「家の冷蔵庫か洗濯機が壊れた程度のダメージ」が、言えて妙だと思います。日本は、買い替えれば済む話です。

      1. ハゲ親父🐧 より:

        だんな様
        買い替える「お店」も決まってますし、確かもう工場も稼働してますよねぇ。🐧

      2. 七味 より:

        だんな様

        返信ありがとうございます♪

        >「家の冷蔵庫か洗濯機が壊れた程度のダメージ」
        上手い言い回しですね♪
        でも、実際に冷蔵庫や洗濯機が実際に壊れると、結構ダメージは大っきいのです(T_T) 
        壊れる前にちゃんと買い直す必要があるのです

  14. モーセ より:

    モーセが脱エジプトしたように、日本も脱朝鮮半島。
    十戎は多すぎるので、定番の三戎w。

    日本国は、あきんど精神で他からもっと稼いで、
    年金いらずの生活。

    お金を含め富国は落ちてきません、皆で守る。

  15. haduki より:

    個人的な感想ですが、安倍政権は韓国がGSOMIAを破棄するのを待って徴用工問題などの対抗措置を実施する気では無いかと思っています。破棄(予定)後になら会談の可能性がある=日韓基本条約違反を続けるなら対抗措置を行う旨を通告するつもりかもしれません。

  16. 匿名 より:

    >そもそも論として、自称元徴用工問題については、韓国が韓国の「国内問題」として
    >日本と無関係に勝手に解決すべき代物であり、
    >これに日本を関わらせようとする時点で間違っているのです。

    いやー、おっしゃるとおりです。
    シンプルでわかりやすくて全体像を捉えています。

    「大法院が対馬は韓国領だと判断しても対馬は韓国領にならない」
    とか
    「韓国は100対0を狙っている」
    とか、
    会計士さんの表現力は相当なものですね!

  17. たんたん より:

    >>安倍政権は表向きは韓国に対して冷たい態度を示しているが、内部では硬直状態の長期化を懸念する声も少しずつ出始めている。

    これは事実ですね。日韓議連の河村さんが水を得た魚のように元気に動き回っています。河村さんの選挙区で勝ちたい候補者は、この事実を徹底的に追求すれば良いのではないでしょうか(苦笑)

  18. ヤマムラ より:

    毎回興味深く 拝読させて頂いております。
    ただ、今の韓国政権と左派組織に関して、重要な観点が欠けていることを残念に思います。
    その観点を加えて、以下の様に考察を進めると、韓国政府のやりようがすっきりと腑に落ちます
    彼らの行動を考察する上で極めて重要な観点は、『主体思想派(チュサッパ 주사파)』です。
    言わずと知れた北朝鮮の金独裁王朝を正当化するための思想であり、北朝鮮の国教であり、民主主義の対極にある危険思想ですです。
    例のチョグク氏は、自らチュサッパであることを公言しておりますし、文在寅は、北朝鮮指導者金正日に、韓国をチュチェ(主体)革命をもって北朝鮮に献上する旨の誓紙に名を連ねている朝鮮労働党の秘密党員であることは、既に韓国内では公知となっている。その指示母体と支持者も주사파である事は容易に推察できる。
    彼らの目的は、韓国を徹底して破壊し、混乱の坩堝に陥れ、その混乱に乗じて韓国を北朝鮮への吸収合併をさせる事にある。
    朴槿惠の弾劾騒動から今に至るまでの混乱状況は、文在寅政権とその支持者一派による計画的な国家転覆テロであり、日本側がどんなに譲歩しても、あらゆる手段を尽くして自らを国内 向けに正当化しながら、反日攻撃は継続され混乱を収束するつもりなど更更無い。混乱を深め継続させ、日本と縁を切る事こそが、戦術目的である以上、日本側に出来る事など無い。
    そして次は反米だ。
    もはや韓国は、韓国人自身の覚醒と行動によってしか救われることはないだろう。
    我々は、巻き添えを喰わない様に大きく距離を取ってナマ温かい目で見守るのが最善手である。

    1. だんな より:

      ヤマムラさま
      私は、韓国人が工作員を大統領に選んだと思っています。
      ヤマムラさんの言う事で、否定する事は有りません。
      反米に関しては、アメリカの言う事も聞かずに、日韓GSOMIAは破棄するところまでは、予想していますが、支持率が下がりつつある状況で、選挙を控え、国民を騙したまま、どう反米出来るかが、イメージ有りません。
      とりあえず、直近の米軍の駐留費交渉をどうするか、ヤマムラさんの予想が有れば、お聞かせ下さい。

  19. とある東京都民 より:

    俺も参加したよん!
    件のパブコメ!

    無論、コレには、大方賛成だが、
    マダマダ、足らねえそ!甘っちょろいンダナ!コレがー!
    とっとと追加で厳しいフルセットの制裁(シバき)を、しろと・・・。

    2回もねん!
    1回は、・日本国を支える屋台骨である産業の観点
    と ・韓国などが仕掛けている産業スパイの観点から。

    もう1回は、一般論の観点から

    の上記のネタを中心に、意見を書いて、提出したぞな!

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。