本日は、74回目の終戦記念日です。正午には1分間の黙祷が行われますので、お時間のある方はご参加くださると幸いです。さて、8月24日といえば、安倍政権が通算在任日数で、単独で史上2番目に浮上する日です。また、政権が今年11月20日まで続けば通算在任日数では歴代最長の桂太郎政権を抜きますし、来年8月23日まで続けば、連続在任日数でも歴代最長の佐藤榮作政権を抜きます。ただ、安倍政権におかれては、ゆめゆめ、「歴代日数史上最長」を目標にしてほしくはありません。やはり、憲法改正もさることながら、残りの任期で是非、成し遂げるべきは、「国民の敵」退治の端緒をつけることではないでしょうか。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

重要なお知らせ

本日は、74回目の終戦記念日です。

正午には1分間の黙祷が行われますので、お時間に余裕のある方は、是非、ご参加ください。

歴代最長に「王手」

来たる8月24日といえば?

さて、今月24日といえば何の日か、すぐに言える方はいらっしゃるでしょうか?

当ウェブサイトを訪れてくださる方であれば、「某国が包括軍事情報保護協定(GSOMIA)を破棄する期限だ」とご指摘になるかもしれませんが、もう1つ、重要な意味を持つ日です。

それは、安倍晋三氏の総理大臣としての「通算在職期間」が、歴代単独2位に浮上する日です。

安倍晋三氏は2006年9月26日に内閣総理大臣に就任しましたが、「消えた年金問題」や松岡勝利農水相の自殺、さらには参院選での敗北などが響いたためでしょうか、結局、ちょうどその1年後の2007年9月26日に辞任し、わずか1年の短命政権に終わりました。

ちなみに、安倍政権を含め、その後の政権はいずれも1年前後の短命に終わります(図表1)。

図表1 第1次安倍政権以降の各政権の在任期間と日数
敬称略在任期間在任日数
安倍 晋三2006年9月26日~2007年9月26日366日
福田 康夫2007年9月26日~2008年9月24日365日
麻生 太郎2008年9月24日~2009年9月16日358日
鳩山 由紀夫2009年9月16日~2010年6月8日266日
菅 直人2010年6月8日~2011年9月2日452日
野田 佳彦2011年9月2日~2012年12月26日482日

(【出所】首相官邸データより著者作成)

民主党政権の場合、鳩山、菅の両元首相の場合は政権が迷走した末に、自身で投げ出したか、あるいは党内で引きずりおろされたようなものですし、また、野田前首相に至っては自身で衆院の解散総選挙に踏み切り、民主党から大量の落選者を出したうえで自滅した格好です。

一方、民主党政権発足前の自民党政権の場合、福田康夫元首相は何だかよくわからないうちに退陣したようなイメージですが、麻生政権の場合はマスコミの酷い偏向報道のすえに退陣に追い込まれた格好ですので、麻生太郎総理自身がなんらかの失策をしたわけではありません。

このため、福田、鳩山、菅、野田の各元・前首相と麻生太郎総理を同列に置いて、「首相・総理の資質に問題があったから、短命政権が続いた」と決めつけることには、個人的には強い違和感を抱くのですが、いずれにせよ事実として、「1年ごとにコロコロ首相が変わる」という事態にあったことは間違いないでしょう。

安倍晋三氏の奇跡の再登板

しかし、2012年9月の自民党総裁選で、安倍晋三氏が総裁として再登板。

その後、野田佳彦首相(当時)が11月14日に行われた安倍総裁との党首討論で、「近いうちに解散する」と表明したのですが(※実際の解散は16日)、野田氏が「衆院を解散する」と言った瞬間、株価が上昇を始めたのは、非常に興味深い思い出です。

その後、2012年12月16日に行われた衆議院議員総選挙で自民党が294議席を獲得して圧勝する一方、与党だった民主党の獲得議席数は57議席(!)と、公示前勢力(231議席)の4分の1以下になってしまいました。

ちなみにその後も民主党の党勢は回復せず、四分五裂し、アメーバのように集合離散を繰り返し、現在は立憲民主党だの国民民主党だの、その他のよくわからない勢力になってしまっています。

それはさておき、2012年12月26日に発足した「第二次安倍晋三政権」は、その後も2014年12月、2017年10月という2回の衆議院議員総選挙にも快勝しましたし、2013年7月、2016年7月、2019年7月の参議院議員通常選挙でもまずまずの勝利を収めています。

図表2 2012年12月以降の大型国政選挙
時点種類改選数と自民獲得議席
2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙480議席中294議席
2013年7月21日第24回参議院議員通常選挙121議席中65議席
2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙475議席中291議席
2016年7月10日第24回参議院議員通常選挙121議席中55議席
2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙465議席中284議席
2019年7月21日第25回参議院議員通常選挙124議席中57議席

(【出所】著者調べ)

野田元首相のもとで実施された2012年12月の衆院選を含めれば、安倍政権は実に6回の総選挙、通常選挙を制した格好です。

歴代政権の通算在任日数

さて、一般に在任日数は「両端入れ」でカウントします。

たとえば、2019年8月14日に政権が発足し、本日(8月15日)まで在任した場合は、在任日数は「1日」ではなく「2日」とカウントされます。

この点、第2次安倍政権は2012年12月26日に発足しましたが、衆議院議員総選挙を2回こなしているため、厳密には「第3次安倍政権」(2014年12月24日~)、第4次安倍政権(2017年11月1日~)に分けられます。

このため、安倍政権は、実際には連続して在任しているのに、次のようにカウントすると、1日ずつ二重計上されてしまいます。

  • 第2次安倍政権…2012年12月26日~2014年12月24日(729日)
  • 第3次安倍政権…2014年12月24日~2017年11月1日(1044日)→2014年12月24日をダブルカウント
  • 第4次安倍政権…2017年11月1日~2019年8月15日(653日)→2017年11月1日をダブルカウント

そこで、連続して在任している場合には、連続している回数分だけ日数を引かねばなりません(安倍政権の場合は3次連続しているため、2日間を引く必要があります)。その結果、2012年12月26日から本日までの通算在任日数は、729日+1044日+653日-2日=2424日です。

これに第1次安倍政権の366日を加えると、安倍信三氏の内閣総理大臣としての通算在任日数は2790日です。同じ方法で歴代内閣総理大臣の在任日数を調べると、次のとおりです。

図表3 歴代内閣総理大臣の在任日数(上位10人)
氏名(組閣回数)在任日数最終辞任日
桂 太郎(3)2,8861913/02/20
佐藤 榮作(3)2,7981972/07/07
安倍 晋三(4)2,790
伊藤 博文(4)2,7201901/05/10
吉田 茂(5)2,6161954/12/10
小泉 純一郎(3)1,9802006/09/26
中曽根 康弘(3)1,8061987/11/06
池田 勇人(3)1,5751964/11/09
西園寺 公望(2)1,4001912/12/21
岸 信介(2)1,2411960/07/19

(【出所】首相官邸データより著者作成。なお、安倍総理については本日までの日数をカウント)

本日時点で安倍総理の通算在任日数は佐藤榮作の2798日にあと8日と迫っていて、今月23日に2798日で歴代2位タイとなり、翌24日には2799日で単独歴代2位に浮上します。

そして、安倍総理が今年11月20日まで在任すれば、通算在任日数は2887日で桂太郎(2886日)を抜き単独1位に浮上するのです。

(広告・スポンサーリンク)



何のための任期か

次の焦点は2020年8月24日

ただ、上記はあくまでも「通算在任日数」です。

とくに、桂太郎は西園寺公望と交互に首相を務めたため、期間がそれぞれ断絶しています。

  • 第1次桂太郎政権…1901/06/02~1906/01/07(1681日)
  • 第2次桂太郎政権…1908/07/14~1911/08/30(1143日)
  • 第3次桂太郎政権…1912/12/21~1913/02/20(62日)

安倍晋三氏は本日に至るまで連続して2424日在任しているのですが、「連続在任日数」の長さでいえば、佐藤榮作(2798日)まであと374日です(図表4)。

図表4 歴代政権の連続在任日数
氏名連続在任日数期間
佐藤 榮作2,7981970/01/14~1972/07/07
安倍 晋三2,4242017/11/01~2019/08/15
吉田 茂2,2481953/05/21~1954/12/10
小泉 純一郎1,9802005/09/21~2006/09/26
中曽根 康弘1,8061986/07/22~1987/11/06
桂 太郎1,6811901/06/02~1906/01/07
池田 勇人1,5751963/12/09~1964/11/09
伊藤 博文1,4851892/08/08~1896/08/31
岸 信介1,2411958/06/12~1960/07/19
桂 太郎1,1431908/07/14~1911/08/30

(【出所】首相官邸データより著者作成)

このように考えるならば、安倍総理が「連続在任日数」でも史上最長となるためには、2799日となる来年8月24日まで政権を維持しなければなりません。

「記録」はまだまだ先でしょう。

安倍総理の悲願は?

さて、当たり前の話ですが、本稿で示した安倍晋三氏の総理大臣としての在任日数は、「客観的データ」です。このため、歴代通算在任日数や連続在任日数のランキングは、同じカウントルールを用いる限り、誰がどう集計しても同じ結果になります。

そして、当ウェブサイトとしては安倍総理に「史上最長政権」になることだけを望んでいるわけではありません。

いや、話は逆であり、むしろ安倍総理が「自分の政権を維持すること」自体を目的にし始め、日本の国益を露骨に損ね始めたならば、当ウェブサイトとしては「安倍政権は退陣しろ!」と主張し始めるに違いありません。

私自身が個人的に安倍政権を(やや消極的ながらも)支持している理由は、外交で素晴らしい成果をあげたことが最大のものであり、経済政策については中途半端なものに留まっている一方、財務省がゴリ押しする消費増税を含めた明らかに誤った政策を止められなかった点は、褒められたものではありません。

こうしたなか、おそらく安倍総理が「悲願」としているのは、おそらくは憲法改正でしょう。

現在の日本は、事実上、「戦争ができない国」です。

「戦争ができない」というのは、「戦争をしない平和主義の国」、という意味ではありません。「外国から攻め込まれても自国を守ることができない無能な国」、という意味です。

もちろん、「日本国憲法は自衛のための戦争を否定しているわけではない」、といった解釈をする人もいるのですが、こうした読み方には無理がありますし、日本国内に軍法がないため、万が一日本が攻め込まれたときに、自衛隊員が外国の軍隊を攻撃すること自体が刑法違反となりかねません。

やはり、私たちの大切な国土と国民、そして未来を守るためには、何が何でも日本を「自衛のための戦争ができる国」にしなければなりません。

このように考えていくと、安倍総理が現在、いまでも改憲を理念として掲げていること自体は高く評価して良いと思いますし、この点については全面的に支持せざるを得ないのです。

(※もっとも、改憲内容自体に賛同するかどうかは、また別の議論ですが…。)

優先順位は「マスコミ改革」では?

ただし、私自身も2010年7月から「ブロガー」として、2016年7月からは「ウェブ評論家」として、世相を眺めて来て感じたことが1つあります。

それは、憲法改正もさることながら、日本が必要としているのは「国民の敵」をどうにかすることだと思います。

何度も同じ話を繰り返して恐縮ですが、「国民の敵」とは、

選挙や経済活動によって日本の有権者や消費者から信任を与えられたわけでもないくせに、不当に大きな政治権力や社会的影響力を行使し、日本の国益を損ねている勢力

のことであり、その典型例は、官僚(とくに財務官僚)、マスコミ(とくにNHK)、そして野党議員です。

たとえば、財務省の場合は予算の入口(国税庁)と出口(主計局)を一手に握り、ときとして政治家の地元への利権誘導、あるいは政治家の脱税スキャンダルの証拠を掴むなどして、政治家をコントロールし、増税原理主義という完全に誤った理論で日本経済を破滅に導こうとしています。

日本が財政再建を必要としていないという点については、当ウェブサイトでも過去に何度も主張してきた点であり(たとえば『資金循環統計から見る、財政再建論の大間違い』参照)、今年10月の消費増税についてはいかなる点からも是認できません。

資金循環統計から見る、財政再建論の大間違い

また、マスコミは記者クラブなどの特権組織を通じて情報を一手に握り、自由競争が働かない環境下で情報を歪め、結果的に有権者の投票行動に悪影響を与えています。国会で不毛な議論を仕掛ける野党議員が根絶されない最大の原因は、まさにマスコミにあるのでしょう。

ただ、日本の「国民の敵」の構造は、ある意味でわかりやすく、

  • 官僚機構が情報をマスコミに流す。
  • マスコミがその情報を歪めて国民に流す。
  • 国民の投票行動が歪む。

という流れですので、真ん中の「マスコミ」という機能を改革すれば、おのずから国民は正しく「少しでも国益に資するための政党に投票する」という態度に出て来ますし、そうなれば、ある程度の時間は必要ですが、いずれ少しずつ政治が良くなりますし、政治が良くなれば官僚機構も変わっていきます。

その意味で、遠回りするようですが、マスコミ改革を進めることこそが、憲法改正のための近道ではないかと思うのです。

N国党旋風とマスコミ改革

さて、今回の参院選では、ワンイシュー政党である「NHKから国民を守る党」(N国党)が国会に議席を持ちました。

個人的にN国党に多大な期待をしているわけではありませんが、むしろ、N国党に議席を与えた有権者の見識については高く評価したいと思います。なぜなら、現状で「NHK改革」を正面切って主張している政党はN国党だけだからであり、勇気を持ってその政党に議席を与えたのは私たち有権者だからです。

そして、極端な話、N国党がグダグダになってしまっても構いませんし、N国党が有権者を裏切ったって構いません。なぜなら、たった一回でも、「マスコミが無視した政党」が国会に議席を持ったという実績ができたからです。

N国党が有権者の期待に全然応えてくれなかったとしても、国会議員や議員立候補者の間で、「そうか、一般国民はNHKの在り方に不満を持っているのか!」と気付く人が出てくれば、次回の国政選挙で「NHK改革」「マスコミ改革」を旗印に掲げる候補者が国会議員に当選するかもしれません。

そして、放送法を改正し、電波オークション制度の導入やNHK改革などが進み、記者クラブによる情報独占体制も改められれば、日本はどんどんと良い方向に向けて動き出すはずです。なぜなら、日本国民の民度は非常に高いからです。

安倍総理があと何年、内閣総理大臣を務めるのかはわかりませんし、もしかすれば、2021年の自民党総裁としての任期満了に先駆け、自民党の党則を変更して4選を可能にすることで、さらに2024年まで内閣総理大臣を務めるつもりなのかもしれません。

歴代最強政権だからこそ、安倍総理にはぜひ、憲法改正と並んでマスコミ改革(とくにNHK改革、電波利権改革)、そして可能ならば財務省解体に、是非とも手を付けて頂きたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/12/14 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/14(土) (12コメント)
  • 2019/12/14 05:00 【韓国崩壊
    大陸と決別するか擦り寄るか 英・韓の違いと鈴置論考 (31コメント)
  • 2019/12/13 15:45 【時事|外交
    大陸を捨て海洋を選んだ英国 (27コメント)
  • 2019/12/13 12:30 【時事|韓国崩壊
    もともと少なかったものが、「関係改善の兆し」? (11コメント)
  • 2019/12/13 09:22 【時事|金融
    【速報】BREXIT確定?保守党が過半数も (14コメント)
  • 2019/12/13 06:00 【時事|国内政治
    「韓国金融制裁」どころでない、とてつもない麻生発言 (21コメント)
  • 2019/12/13 05:00 【マスメディア論
    経済原理に反するオールドメディアの真っ暗な未来 (8コメント)
  • 2019/12/12 12:12 【時事|韓国崩壊
    「今こそ韓日関係改善が必要だ」の本当の意味を考える (25コメント)
  • 2019/12/12 11:30 【時事|国内政治
    「謝蓮舫ブーメラン」は健在 特定野党は衰退と消滅へ (34コメント)
  • 2019/12/12 06:00 【時事|韓国崩壊
    「関係悪化で日本が苦境」 韓国メディアの虚報が酷い (19コメント)
  • 2019/12/12 05:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞社の新聞事業は想定以上に深刻だった (19コメント)
  • 2019/12/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/11(水) (74コメント)
  • 2019/12/11 11:55 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮攻撃が先か、それとも米韓同盟の終了が先か (28コメント)
  • 2019/12/11 10:30 【時事|国内政治
    もりかけの教訓と「桜を見る会」巡るメディアの焦り (23コメント)
  • 2019/12/11 06:00 【RMB|金融
    デジタル人民元と犯罪資金、そして最新BIS統計 (8コメント)
  • 2019/12/11 05:00 【韓国崩壊
    朝鮮半島8つのシナリオと「韓国の軍事クーデター説」 (37コメント)
  • 2019/12/10 13:00 【金融
    麻生総理が「対韓金融制裁」に言及したことの意味 (29コメント)
  • 2019/12/10 12:00 【国内政治
    麻生太郎総理、「憲法改正なら4選覚悟せよ」 (28コメント)
  • 2019/12/10 06:00 【韓国崩壊|金融
    対韓輸出管理、今後さらに厳格化される可能性を考える (31コメント)
  • 2019/12/10 05:00 【マスメディア論
    御礼 いつの間にかツイッターフォロワー2000人に (8コメント)
  • 2019/12/09 10:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    日韓通貨スワップ待望論は韓国経済「危険水域」の証拠 (26コメント)
  • 2019/12/09 06:00 【外交
    「非核化交渉離脱宣言」は北朝鮮自身が困っている証拠 (28コメント)
  • 2019/12/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    梶山弘志経産相「輸出管理が議題になることはない」 (21コメント)
  • 2019/12/08 14:45 【マスメディア論|時事
    テレ朝は朝生を終了し、田原総一郎氏を降板させるべき (31コメント)
  • 2019/12/08 05:00 【韓国崩壊
    外国に支配される韓国市場 鈴置氏の警告をどう読むか (44コメント)
  • 2019/12/07 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/07(土) (158コメント)
  • 2019/12/07 10:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見たGSOMIA騒動既視感 (51コメント)
  • 2019/12/07 05:00 【数字で読む日本経済
    韓国「ノージャパン運動」の日本経済への影響は限定的 (11コメント)
  • 2019/12/06 15:15 【時事
    韓国メディアの「逆ギレ」と北朝鮮の突然の体制崩壊 (36コメント)
  • 2019/12/06 11:40 【時事|外交
    米政府が中東への兵力増派を示唆 (6コメント)
  • 2019/12/06 06:00 【韓国崩壊
    「日本は韓国に譲歩するべきである」論の盛大な勘違い (59コメント)
  • 2019/12/06 05:00 【マスメディア論
    不動産の稼ぎで「科学否定の硬派な新聞」発行しては? (26コメント)
  • 2019/12/05 16:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日首脳会談前に輸出規制解決策も?」 (25コメント)
  • 2019/12/05 12:12 【時事|経済全般
    フランス革命から230年目にして衝撃の真実が発覚? (28コメント)
  • 2019/12/05 10:00 【マスメディア論|時事
    元俳優で韓国籍の朴慶培被告の実名を報じない理由は? (26コメント)
  • 2019/12/05 06:00 【韓国崩壊
    「日韓ゼロサムゲーム」からの脱却には何が必要なのか (24コメント)
  • 2019/12/05 05:00 【数字で読む日本経済
    日韓往来の「一千万人時代」、あっけなく1年で終了へ (13コメント)
  • 2019/12/04 17:00 【時事|経済全般
    対馬・釜山航路乗客が95%減少 (25コメント)
  • 2019/12/04 13:15 【日韓スワップ|金融
    韓国の外貨準備高の増減の動向分析と「為替介入疑惑」 (7コメント)
  • 2019/12/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/04(水) (49コメント)
  • 2019/12/04 11:30 【マスメディア論|国内政治
    桜を見る会の「もりかけ問題」化にどう対抗するか (38コメント)
  • 2019/12/04 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で検証する、「対韓輸出規制が日本経済に打撃」説 (18コメント)
  • 2019/12/03 22:00 【時事|韓国崩壊
    USDKRWが再び1190ウォンの大台超過 (16コメント)
  • 2019/12/03 12:30 【時事|韓国崩壊
    順調にデフレ化する韓国経済 (32コメント)
  • 2019/12/03 10:00 【マスメディア論|時事
    流行語大賞と「表現の自由」と「批判の自由」 (23コメント)
  • 2019/12/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    ネセサリーロスで読む 日経世論調査と日韓関係の未来 (14コメント)
  • 2019/12/03 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計をじっくり読むと浮かぶ、日本経済の意外な姿 (18コメント)
  • 2019/12/02 12:30 【時事|韓国崩壊
    上皇陛下侮辱の国会議長が「ゴミ法案」を強行するわけ (32コメント)
  • 2019/12/02 10:45 【時事|金融
    韓国政府「人員の5割増」だけでは問題は解決されない (28コメント)
  • 2019/12/02 06:00 【マスメディア論
    社会が健全ならウソツキは淘汰される それだけのこと (16コメント)
  • 2019/12/02 05:00 【韓国崩壊
    中国向け輸出低迷 韓国の輸出が12ヵ月連続で不振に (5コメント)
  • 2019/12/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    土曜日の「鈴置論考」と金融市場の急変の怖さ (31コメント)
  • 2019/12/01 05:00 【韓国崩壊|数字で読む日本経済
    いま話題の日韓関係、「数字」でじっくりと読んでみた (28コメント)
  • 2019/11/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/30(土) (118コメント)
  • 2019/11/30 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    スワップは信頼と友好の証 最も重要な隣国と締結を! (19コメント)
  • 2019/11/30 05:00 【韓国崩壊
    韓国が輸出規制と誤る限り、措置撤回は不可能 (47コメント)
  • 2019/11/29 16:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞社、単体の中間決算は営業赤字に転落 (17コメント)
  • 2019/11/29 12:10 【時事|韓国崩壊
    時事通信「文喜相案巡り日本政府内に期待」、本当に? (29コメント)
  • 2019/11/29 06:00 【時事|金融
    香港人権民主主義法の本質は「対中輸出管理の強化」? (33コメント)
  • 2019/11/29 05:00 【数字で読む日本経済
    日本経済を客観的な数字で読んでみた結果を総括します (14コメント)
  • 2019/11/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    ついに対韓ビール輸出がゼロに!そのインパクトとは? (28コメント)
  • 2019/11/28 11:15 【時事|韓国崩壊
    文喜相氏の「解決策」を絶賛する中央日報社説 (39コメント)
  • 2019/11/28 06:00 【韓国崩壊
    硬派メディア、「安倍総理が文喜相氏の基金案に共感」 (21コメント)
  • 2019/11/28 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計に見る「意外と貿易依存度が低い日本」の現状 (8コメント)
  • 2019/11/27 18:30 【時事|国内政治
    立民、桜を見る会に対抗しシュレッダーを見る会を開催 (40コメント)
  • 2019/11/27 14:00 【時事|韓国崩壊
    輸出管理の本質は「政策対話から3年半逃げる韓国」 (35コメント)
  • 2019/11/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/27(水) (80コメント)
  • 2019/11/27 10:15 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長による自称元徴用工問題「解決」策が判明 (27コメント)
  • 2019/11/27 05:00 【韓国崩壊
    オプション理論から見る米韓関係 (36コメント)
  • 2019/11/26 17:40 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「GSOMIA後の米韓関係」に関する最新論考 (23コメント)
  • 2019/11/26 13:15 【数字で読む日本経済
    「消費税20%」で日本をぶっ壊す!悪の組織・財務省 (22コメント)
  • 2019/11/26 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「感情対立煽るな、韓日お互い自制せよ」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【韓国崩壊
    韓国「日本が輸出規制を1ヵ月で撤回すると言った!」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【雑感オピニオン
    お詫び:「数字で読む日本経済」シリーズについて (3コメント)
  • 2019/11/25 12:36 【時事|韓国崩壊
    菅官房長官、「政府として韓国に謝罪した事実はない」 (43コメント)
  • 2019/11/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    月曜の韓国メディアの反応と「ウソツキ国家への対応」 (50コメント)
  • 2019/11/25 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA後の文在寅氏は「水に落ちた犬」なのか? (26コメント)
  • 2019/11/25 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「在留外国人数」とわが国のグローバル化 (6コメント)
  • 2019/11/24 21:45 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、「安倍は良心の呵責はないのか!」と逆ギレ (49コメント)
  • 2019/11/24 13:15 【マスメディア論|時事
    朝日出身者「支持率下がらないのは国民の側にも問題」 (64コメント)
  • 2019/11/24 05:00 【韓国崩壊
    土曜日の鈴置論考とGSOMIA騒動の「本当の教訓」 (75コメント)
  • 2019/11/23 16:00 【読者投稿
    【読者投稿】GSOMIA[事実上の延長」の真否 (45コメント)
  • 2019/11/23 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見た、韓国の教育の実態 (28コメント)
  • 2019/11/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/23(土) (75コメント)
  • 2019/11/23 10:10 【時事|韓国崩壊
    さっそくGSOMIA問題を曲解報道する韓国メディア (55コメント)
  • 2019/11/23 05:00 【韓国崩壊
    韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが… (42コメント)
  • 2019/11/22 22:41 【時事|韓国崩壊
    【資料】GSOMIA等を巡る日韓両国政府の発表内容 (40コメント)
  • 2019/11/22 18:38 【時事|韓国崩壊
    韓国政府の「GSOMIA条件付き延長」をどう見るか (84コメント)
  • 2019/11/22 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、GSOMIA破棄を「条件付き撤回通告」? (49コメント)
  • 2019/11/22 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国「GSOMIAパッケージディール」提案 (18コメント)
  • 2019/11/22 14:30 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA特集 「困ったら逆ギレ」の黄金パターン (22コメント)
  • 2019/11/22 11:22 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日両国首脳が目を覚ますことを望む」 (28コメント)
  • 2019/11/22 09:45 【時事|韓国崩壊
    米国防総省、「朝鮮日報は米軍一部撤収報道の撤回を」 (20コメント)
  • 2019/11/22 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「日本人はどこの国に居住しているのか」 (10コメント)
  • 2019/11/21 17:40 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了前提?聯合ニュース、続々記事配信中 (35コメント)
  • 2019/11/21 12:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「GSOMIA後」、大量格下げと金融不安も焦点に (41コメント)
  • 2019/11/21 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「安倍総理が徴用工財団案評価」、本当? (27コメント)
  • 2019/11/21 06:00 【経済全般
    訪日旅客減少はむしろ観光客の中韓依存を是正する好機 (21コメント)
  • 2019/11/21 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「中韓は日本経済にとって不可欠」の真相 (8コメント)
  • 2019/11/20 12:22 【時事|国内政治
    「裏取りを軽視」?ここまで来ると怪文書の類いでは? (28コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。