二股外交する国のメディアに「日本は二股外交だ」と言われる

「二股外交」とは、典型的な韓国の外交方針のことを指すのではないでしょうか?思わず「お前が言うな」と言いそうになる記事を、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に発見しましたので、本稿ではあくまでも「速報」としてお伝えしておきます。

私の「愛読紙」(?)である韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、なかなかぎょっとする記事を発見しました。

日本は二股外交で生きる道を模索中…韓国はまだ「対策検討」(2019年06月11日07時27分付 中央日報日本語版より)

タイトルでわかるとおり、「日本は二股外交を繰り広げている」、という指摘です。

まさか、現在進行形で「二股外交」を繰り広げている韓国のメディアからそれを言われるとは思っておらず、新鮮な衝撃を受けてしまいました。

この点、日本の場合は二股外交とはいえません。日米同盟を基軸にして、米国とのあいだでしっかりと同盟の義務を果たし、米国から信頼されているからこそ、中国とも対等に話し合えるのです。

ついでにいえば、明日から安倍晋三総理大臣はイランを訪問しますが、これなども米国、イランの双方から日本という国と安倍総理がしっかり信頼されているからこそ実現したようなものです(※もっとも、安倍総理のイラン訪問についての成果を期待するのは、現時点では尚早かもしれませんが…)。

ただ、これについては「二股外交」の事実上の語源となった、日本を代表する秀逸な韓国観察者である鈴置高史氏の論考などとも絡めて、少しじっくりと議論したい点がありますので、本稿はあくまでも「速報」という位置付けにしたうえで、詳細は後日、おって当ウェブサイトに掲載したいと思います。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    「アメリカにべったりで実質日本はアメリカの属国だ!!」と、ついこの間まで喚いていたのに突然「日本は二股外交だ!」と言い出したのはさすがに驚きのあまり言葉を失ってしまいました。全く理解不能です。他人を解釈するときに無意識に他人も自分と同じように思考するはずだと思ってしまうので、日本は二股外交をしていると思ったのでしょうか?それにしても、どう考えても二股と言えるような要素が皆無なので全く理解を超えているのですが……

  2. 自転車の修理ばかりしている より:

    元記事を読んだのですが・・・日本は米国に密着外交しながら中国の一路一帯に参加表明して二股外交だ、という主張のようです。

    二股というのは、韓国の行動を見る限り、求められてもいないのに両国に媚を売ってウザがられることだと思っていましたが、韓国からは日本がそう見えるのでしょうか?

    日中関係が改善しているのは、米国のあからさまな敵意に危機を覚えた中国が、米国に比べれば甘い相手の日本にすり寄ってきているからなのですが、そんな華夷秩序の崩壊するような現実を認めるのは、彼らには荷が重すぎるのでしょう。

    で、記事では「『戦略的な曖昧性』だけに期待できる時期は過ぎた」と識者の発言をひきながら、今までの韓国の二股外交を非難しています。では何をするべきと主張しているかというと「米国に対して同盟国であることを再確認させると同時に、中国からの負担を最小化する緻密な両強外交」なのだそうです。おんなじじゃねぇか!吐き気に耐えながら記事を読んでいた時間を返せ!

    興奮してすみません。しかしこの記事の卑怯さは、内容では批判記事でありながら「イ・センター長は~と話した」「チェ教授は~と強調した」と記事本文では何も主張していないことにあります。これが責任逃れの韓国話法というものなのでしょうかね。

    ああ、気分が悪い。

  3. 阿野煮鱒 より:

    韓国人は日本を鏡にして自分を映し出し、それに向かって吠えているのです。
    心理学で言う「投影」あるいは「投射」 (psychological projection) です、。
    2ch用語では「自己紹介、乙!」といいます。

    1. 匿名 より:

      いつものことですが「鑑に向かって文句言ってる」恰好です。目を合わせたりしないよう気をつけましょう。こちらとしてはもちろん遠ざけたいところですが、厄介なのは向うの方がやたら近づきたがることです。

      1. 匿名 より:

        鑑じゃねえ、鏡だよ

    2. 隠居爺 より:

      阿野煮鱒 さん

      おっしゃるとおりですね。かなりの方が気がついておられるかもしれませんが、韓国は周囲から自分の悪口(弱点、欠点等)を言われると、決まってそれを周囲を非難するときにオウム返しに投げ返してきますね。

      例えば日本から、韓国はゴールポストを動かすと非難されると、何かの機会に「日本はゴールポストを動かすな」と言ってきます。実際に相手がどうであるかということとは余り関係がなくて、言われたら言い返すというだけの話なのですが、妙に癪に障ります。我々日本人は朝鮮人のようなアホではないと思っていますからね。
      もちろん韓国は相手がカチンと来ることを承知の上で煽るために言ってくるのですが。

      引っかかってはいけないのですよね。朝鮮人の手口ですから。

    3. 名無Uさん より:

      阿野煮鱒様へ

      や、心理学の投影のコメントをしようとしたら、先にコメントされていました。(笑)
      他人を評価して放つ言葉というものは、まず自身の胸中を通過して言葉を発するしか方法がありません。
      自身の心が清浄であれば、その言葉は自然と美しいものとなります。自身の心が濁悪であれば、その言葉は自然と汚れたものとなります。
      すべての言葉は、自身の鏡になります。

      まあ、他者(最初は朝日新聞です)を邪悪呼ばわりすることもあります。その自分は、邪悪であるのだとも自覚しています。邪悪になって、初めて他者の邪悪を知覚できるとも言えましょう。
      朝日新聞によって深淵を覗きこみ、深淵から覗かれて、一旦は『韓国面』に堕ちてしまいました。(笑)
      そこから這い上がれたのかどうか、自分は未だによくわかりません。(笑)

      1. 阿野煮鱒 より:

        > 自身の心が清浄であれば、その言葉は自然と美しいものとなります。
        > 自身の心が濁悪であれば、その言葉は自然と汚れたものとなります。

        えー、対朝鮮の場合、私も偉そうなことを言いますが、日常生活においては、妻や子供と常に円満な訳ではなく、おのれの心が濁っておるがゆえに、家庭内に要らぬ軋轢を産むことがございます。

        そういう意味で、朝鮮もまた我が身の鏡であります。いやはや、汗顔の至りです。

  4. 惚け老人 より:

     南朝鮮兵はベトナム女性を強姦してライダハンと言われる子供が大量に発生させたのに放置しているため、その子供達がかなり悲惨な生活を送っているのを見かねて、イギリスの団体が抗議しても南朝鮮では知らぬ存ぜぬと頬被りしている。ベトナム政府も経済発展のために知っていてい知らぬ振りをしているようです。
    https://www.sankei.com/west/news/170430/wst1704300004-n1.html

     フィリピンでは強姦ではないようだが、ベトナム同様に現地女性と性行為に励み、大量の子供を作ったが認知をせず、かつ責任も取らずに南朝鮮に逃げ帰っているので、残された子供が苦労しているとか。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/コピノ

     このような自分達の性欲を発散させるために行った不法性行為を隠蔽するために日本に対してありもしない日本軍が20万人の少女を強制連行し、性奴隷にしたと嘘のプロパガンダを行っています。それにしても朝鮮人の性欲たるやものすごいものがありますが、そのエネルギーを国の発展のために使えばもっと良い国になるでしょうが、相手構わず性欲の発散に費やすためだけに使うのは如何なものかという気もしますが。

     同じようなことでも第二次大戦後のドイツではドイツ人女性が大量にソ連兵の慰み者になったが、これは飢えをしのぐために食べ物と交換のために行われた事であり、やむを得ないことだったとドイツ人女性が記録を残しており(あまりに悲惨なことなので著者の死亡後に発表された)ライダハン、コピノのような意図しない状況とは違うようであり、深刻な問題は起きていないようです。同じ性行為をするのでも南朝鮮人とソビエト人とでは月とスッポンくらいの違いがある。この情報について検索したがアマゾンでは見つからないかったが、興味のある方は川口・マーン・恵美氏の「国際結婚ないしょばなし」という本の著作一覧に記載されているのでそこから調べられると思います。ただし、アマゾンにでは手配できないかも知れませんが、嘗て図書館で調べてもい読むことができました。

     今回の日本二股外交論も自分たちの二股外交を隠蔽するために慰安婦騒動同様に日本が二股外交をしていると嘘のプロパガンダを行っているのでしょう。

     朝鮮人の全ての人ではなかろうが少なくとも自分の国の責任を処理する立場にある連中いは、このように自分たちの不利な情報を日本の皇位としてすり替える嘘のプロパガンダを行い、自分たちの行動を隠蔽することを常套手段とする卑しい人種のようです。聞くところによるとこれらの事実かどうか確認しようがないが、プロパガンダを行うための資金はシナから出ているとか言う説がまことしやかにささやかれていますが。

  5. 牛島 より:

    コメントするきになれない。

  6. 心配性のおばさん より:

    ”おまゆう”でしょう?おばさんも勉強しております。(誇)

    安倍総理をポチと呼んだり、日本外交を二股外交と呼んだり。煎じ詰めると”うらやましい”のですよ。
    自国民のために、”ポチ”と呼ばれようと実利の取れる接待外交をしてくれる施政者が。
    世界に認められる調整外交をしてくれる施政者が。

    <日本、世界のシンクタンクを「友軍化」>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/10/2019061080014.html

    どう言われようと、安倍外交は世界に認められています。

  7. むるむる より:

    思ったんですけど米国がファーウェイに制裁&日本がサムスン電子に戦略物資の制裁って一本化していませんか?

    サムスン電子はファーウェイとの半導体関連の輸出で繋がっているので米国が韓国に要求している対中国制裁参加しなかった場合は日本の戦略物資に関しての制裁という形で中国・韓国間の制裁を実行する。
    これなら米国は韓国に「日本からの制裁を受けたくなければ対中国制裁参加と日本の要求を受け入れろ」と言う訳ですよ。日米間は中韓への対応で完全に連携しきっている証拠ですね。

    今更この部分に気が付きました。

  8. 和布刈 より:

    日本は一帯一路への参加を表明しましたっけ?
    HUAWEI対応を企業に押し付け、THAADは中途半端、AIIBには参加、三不の誓いとアメリカの同盟国なのに中国の世界戦略に乗りまくりの韓国が、ダイヤモンド構想で中国を封じようと言っている日本に何を言ってるの、とツッコみたいですね。

    ところで、イソップ童話のコウモリの話をウィキペディアで調べると、別バージョンがあるみたいです。オーストラリア版では、コウモリがいいとこ取りをしており、韓国はこういう風になりたかったのでしょう。まあ、実際にコウモリ以外の立場で考えれば、そうそう上手くはいかないと理解できそうなものですが。

  9. BlobFish より:

    結局韓国の皆さんの思考能力では「友邦」と言う「仲が良くて基本的な価値観を共有するが、全ての個別の利害が一致するとは限らない」と言う文明国間の当然の関係が理解出来ないのだと思います。

    彼等に辛うじて理解出来るのは野蛮で未開な「国家間の主従関係」だけ。

    現在の韓国の幼稚な「世界序列観」からすると、中国と北朝鮮は「絶対主」であり、日本は「絶対従」であるべきで、その「大前提」から外れた「状況判断」は彼等には無理で、「状況判断を歪めて辻褄をあわせようとする」のが彼等の常套手段です。

    その結果、「米国に盲従しない日本は二股外交をしている」となるわけです。

    さて、私は韓国の外交は「二股外交」と言うよりも「二枚舌外交」と呼ぶほうが妥当だと思います。

    1. がぶりえる より:

      BlobFish様

      初めてレス致します。
      以前、「LAの学校壁画(正式タイトル忘れました申し訳ありません)」の記事の中でイスラム教に関して詳しい方だなとの感想を持ちまして常々質問をしたいと思っておりました。
      ご質問してもよろしいでしょうか

      1. BlobFish より:

        がぶりえる様、

        小生はイスラム教徒ではなく、イスラム教を正式に勉強したわけでもありませんが、考古学が趣味でエジプトに毎年のように滞在するので、現地にスンニ派のイスラム教徒とコプト派のキリスト教徒の知り合いが複数おります。 そのことを踏まえた上なら何でもご質問下さい。

        1. がぶりえる より:

          BlobFish様

          良くわかりました。
          小生も考古学は趣味の分野で特に縄文に関しては友人の発掘を手伝ったりしています。
          また小生はイスラム教含めて中東に無知である事を理解してますので内容もイスラム教の教義と言うよりイラン情勢に対する情報補完の意味を持って記載していきたいと思います。
          また内容的にBlobFish様を不快にさせるケースがありましたら、無知ゆえの失礼とご理解ください。
          はじめに、シーア派のイマムは家系に準拠したことにより874年11代イマムの死による断絶、ガイバ(幽隠)の理論が確立されたとの認識です。
          そして現在イランではイスラム法学者たちをイマムの代理とし、法学者の統治が政治信条となってマルジャエ・タグリードにハーメネイー師が第二代として選出されたとのが状況であると思ったます。
          マルジャエ・タグリードに関してはシーア派イマム(空席。ガイバで論理補完)でイマムの代理としてのシーア派最高権威とイラン行政・司法・立法・軍事の最高指導者を合わせ持つ地位と認識してますが正しいでしょうか。

          「LAの学校壁画(正式タイトル忘れました申し訳ありません)」の時に「シーア派である場合、イランの覇権を認めるか否か」と記載されてる点に関してなのですが、シーア派でイランの覇権を認めぬとした場合、マルジャエ・タグリードの一部を認めるという意味なのかマルジャエ・タグリードを否定し、ガイバで論理でのイマムの意味となるのでしょうか

        2. がぶりえる より:

          BlobFish様

          エジプトでのジャスミン革命時、博文館が略奪にあった写真を見たことがあります。
          流失した遺物のその後の状況は如何様な状況なのでしょうか

        3. がぶりえる より:

          BlobFish様

          中東に接してる方の一般論で結構です。
          この一文忘れました、スンニ派の理解しているかたにシーア派の内容聞くのがおかしい事は重々承知してます。

        4. がぶりえる より:

          誤記:
          ×:ガイバで論理
          〇:ガイバの論理
          ×:博文館
          〇:博物館

        5. BlobFish より:

          がぶりえる様、

          >「LAの学校壁画(正式タイトル忘れました申し
          >訳ありません)」の時に「シーア派である場合、
          >イランの覇権を認めるか否か」と記載されてる
          >点に関してなのですが、シーア派でイランの
          >覇権を認めぬとした場合、マルジャエ・タグリード
          >の一部を認めるという意味なのかマルジャエ・
          >タグリードを否定し、ガイバで論理でのイマム
          >の意味となるのでしょうか

          小生のうろ覚えで受け売りの知識ですが、イランでの主流「 Ithnā’ashariyyah’ 」派のイマムは原則的に父から息子への世襲制であり、北アフリカのモロッコ等で力を持っている「Zaidi」派のように、勉学によって努力すれば「12のイマム」の子孫でなくても指導者になれるという考え方とは一線を画しています。

          逆に言えば、自らの勉学と努力によって知識と得と身に着けた「Zaidi」派イマムは世襲制で努力をしなくても指導者になれる「 Ithnā’ashariyyah’ 」派のイマムとは同じ土俵には乗れないと考えているシーア派の分派があるという事です。

          さらに、インドやパキスタンのシーア分派は別の「12のイマム」の系列を信奉していたと思います。

          間違っていたら御免なさい。

        6. BlobFish より:

          がぶりえる様、

          >エジプトでのジャスミン革命時、博文館が略奪にあった
          >写真を見たことがあります。
          >流失した遺物のその後の状況は如何様な状況なのでしょうか

          小生の知人の一人がジャスミン革命に関連した状況の中で命を落としたので、同時期に起った博物館での破壊と窃盗事件には十分な注意を払っていませんでした。

          以下のサイトに確認された状況が詳しく掲載されています。

          https://www.bbc.com/news/world-middle-east-12442863
          https://traffickingculture.org/encyclopedia/case-studies/egyptian-museum-cairo-thefts-and-recoveries-in-2011/
          https://hyperallergic.com/17896/egyptian-museum-looted-by-own-guards-memphis-looted/

          その後の経過ですが、メンフィス博物館の盗難については寡聞にして聞いておりません。
          カイロの国立博物館の部分的破壊と損傷については事件から3年後の時点で殆ど修復が完了していました。

          現在はギザのピラミッドの近くに新設された大エジプト博物館に未だに引越し中ですので一般公開は予定より大幅に遅れて来年に繰り越しになるかも知れません。

          全てはアッラーの思し召しですので。

        7. がぶりえる より:

          BlobFish様

          >小生のうろ覚えで受け売りの知識ですが、イランでの主流「 Ithnā’ashariyyah’ 」
          イランでのシーア派主流は「12イマム派」との認識(Wikiからの知識です)

          Wiki:大部分のイラン人はムスリムであり、その90%がシーア派十二イマーム派(国教)、9%がスンナ派(多くがトルクメン人、クルド人とアラブ人)である

          Ithnā’ashariyyah’? Ashʿari派のことでしょうか。Ashʿari派であればスンニ派ですが
          間違っているでしょうか。

          >イマムとは同じ土俵には乗れないと考えているシーア派の分派があるという事です。
          これは理解いたします。
          やはりBlobFish様の書かれた「イランの覇権…」の意味はイスラム教上の分類としてとの理解と認識出来ました。ありがとうございます。

          また、エジプトの博物館略奪の記事ありがとうございました。
          特に、https://hyperallergic.com/17896/egyptian-museum-looted-by-own-guards-memphis-looted/
          での「カイロのエジプト博物館とエジプトのすべての美術館は保険をかけられていません。」には驚いています。

        8. BlobFish より:

          「Ithnā’ashariyyah’」の日本語の表記は勉強不足で知りませんでしたが Wikipedia によれば「十二イマーム派」と呼ばれているようです。 イランのシーヤ派の主流です。

          Twelver (Arabic: اثنا عشرية‎, romanized: Athnā’ashariyyah or Ithnā’ashariyyah; Persian: شیعه دوازده‌امامی‎, pronounced [ʃiːʔe-je dævɑzdæh emɑmiː]) or Imamiyyah (Arabic: إمامية‎) is the largest branch of Shia Islam.

        9. がぶりえる より:

          BlobFish様

          >「十二イマーム派」と呼ばれているようです。 イランのシーヤ派の主流です。
          それで理解しました
          ありがとうございます。やっと喉の小骨が取れた思いです。
          今回はご教授ありがとうございました。

  10. 非国民 より:

    国益が満たされるのなら二股でも三股でも四股でもいいのでは。外交は手段で目的は国益の追求だと思うのですが。

  11. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     結局、韓国にとっては「文大統領の外交は、何をしても成功であり、安
    倍総理の外交は、何をしても失敗」ということで、誰がするかで成功か失
    敗かが決まるのです。ですから、もし安倍総理のイラン訪問で外交的成果
    をあげることができれば、「これは安倍総理だけの成果ではない。陰で支
    えた文大統領の働きがあってこそである」と言い出すでしょう。
     蛇足ですが、安倍総理がイラン訪問で成果をあげて、石油価格を抑える
    ことができれば、韓国も助かると思うのですが。

     駄文にて失礼しました。

     

  12. 丸に違い矢 より:

    更新、ありがとうございます。
    日本が二股外交をしてるって、放っておきゃ良いのではないでしょうか?
    韓国がほざいた所で信用が違うし、交渉相手に影響を与えないと思うのですが…

    こんなクソ記事を信用して日本との付き合いを考えようとする国は韓国と外交交渉をすれば良いでしょうから。

    1. ハゲ親爺🐧 より:

      「大射向変換」
      説明するのが面倒臭い専門用語の羅列………
      「弾幕A号発令」
      「榴弾、瞬発」
      「装薬、いっぱい(砲が壊れる)
      「砲向、後方1600(だいたいソウルの方向)」
      「射各、適当(有り得ない)」
      「初弾、日米中露の斉射」
      「命があるまで(G19+1終了後)、待て」

      こんな感じかな?🐧

      1. ハゲ親爺🐧 より:

        字間違えた。🐧
        射各❌
        射角⭕

  13. 名無しA より:

    「イルボンは米中とよろしくやっていてずるいニダ、
     ウリは両方から脅されているのに」

    と言ってるだけの記事。論評に値せず。

    1. 老害 より:

      名無しAさま

      >「イルボンは米中とよろしくやっていてずるいニダ、
      > ウリは両方から脅されているのに」

      >と言ってるだけの記事。論評に値せず。

      仰ることに、完全に同意いたします。
      その程度の連中です。これから見殺しにできると良いな。もちろん、難民はお断り。

  14. がぶりえる より:

    小生は国を人間の体に置借ると体の正面(足も向く先)が国防であり体の裏面が仮想敵。片手が外交、片手が経済、頭が主体たる国民に例えます。

    以下、中央日報さんへ
    日本さんは体の正面を米国に向け(頭、足、両手)自然体で立ってますので、片手(外交)を中国に向けてもころびません。従って二俣でもなんでもありませんよ、なせなら手は後ろにも回せますから。
    韓国さんの場合、足を米国に向け、頭は北朝鮮へ向ける。他者(他国)から見たらねじ切れそうな不安あるんですから、転びそうな体勢の韓国体の経済の手を取ったら、自分まで転ばされかねない奇怪な不安故、手の取りようがありません。

  15. 匿名 より:

    スレに関係ないですが朝鮮日報にこんな記事が。
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019061180236
    北の船を助けて返したと言うことらしいですが、脱北者を捕まえて返したと解釈しても違和感ないです。それか瀬取り隠し。制裁しますと言って助けると言うことの方が余程二股と思うのですがね。

    1. 心配性のおばさん より:

      匿名様

      >制裁しますと言って助けると言うことの方が余程二股と思うのですがね。

      いいえ、体(国家)を張って、北朝鮮を庇っております。この気持ちを北朝鮮には二股と疑われたくない!他(他国)のことは、なにも見えない。この一途な気持ちを判って欲しい(笑)。

  16. 10ru より:

    記事内容から逸脱してしまい,誠に恐縮です.

    韓国崩壊が既定路線であれば,私たちの「心の二股」を
    どうにかしておくべきでしょう.恐らく大量の難民が押
    し寄せます.中には年端もいかない幼い子供達も含まれ
    ているでしょう.

    普段は韓国ザマアミロなどと言っている私自身も,現実
    に生死がかかった人々を,水際で留め置き,あまつさえ
    半島に送還するのを良しとできるでしょうか.とはいえ
    過去の彼らの行動や言動からは,とても難民として受け
    入れる事には賛成できません.人数が多ければ良不良の
    選別も困難です.

    さらに状況が緊迫してくれば,武装難民や北の工作員の
    可能性も考えられます.勿論彼らは幼い子供を盾にとっ
    てくるでしょう.武装難民の上陸を許せば,非武装日本
    市民のパニックは容易に想像がつきます.一方,疑いの
    ある船を「子供ごと接岸前に沈めてしまえ」と割り切る
    ことも難しい.

    難民対策かくも難しい.答えはまだない.

    1. 自転車の修理ばかりしている より:

      10ru様

      私もその点が気になっています。

      海岸に打ち上げられたアフリカ移民男児の死体の写真が、どれだけのインパクトを西欧諸国に与えたか。難民を受け入れた善意の人々が、どういった報いをうけたのか。

      そしてその写真を載せたヒューマニズムあふれるマスコミが、どんなセンチメントで民衆の感情を煽ったか。
      「もし、シリア人の子どもの遺体を写したこの非常に力強い写真をもってしても、欧州の難民に対する姿勢が変わらないとしたら、いったいどうやったら変わるというのか」インディペンデント紙
      「何とかしろよ、デビッド(当時の英首相はデビッド・キャメロン)」ハフィントンポスト
      そしてその後の難民の犯罪多発については、マスコミは知らないふり。どこの国でもマスゴミはいる。

      今から決めておけばよいと思うのですよ、もし朝鮮半島から難民が押し寄せたら、対処は在日に頼むことを。
      「同朋が迎えてくれたほうが彼らも安らぐ」「親族がいるかもしれない」いくらでも理由はつけられます。
      ただ一つ、条件を・・・「日本には残念ながらそのような大量の異分子を受容できる余裕はない。難民を1人受け入れるたびに在日は1人出て行ってくれ」
      冷たいですか?自分の犠牲で同朋が助かるのですよ?素晴らしいヒューマニズムじゃないですか。さあ人生を賭けた椅子取りゲームの始まりです!

      結果がひどいものになるか、心温まるものになるかは、彼ら次第です。

    2. チキンサラダ より:

      私も 10ru さんに同感です。国際関係を考えれば、難民受け入れ拒否は難しい。かと言って極端に栄養状態が悪く、かつ強烈に反日な集団を受け入れるのはあまりに大きなリスクです。
      完全に隔離された離島に難民キャンプを作るなどする必要がありますね。また、情勢が少しでも落ち着けば、早めに半島に送還すべきです。
      また国民感情が韓国、朝鮮の難民を受け入れ難いと言う点は絶えず内外に発信しておくべきです。

    3. 名無しA より:

      大量に難民が発生する事態を回避しつつ、韓国の国力を
      奪っていくことは可能だと思ってます。

      大量に難民が発生するケースの筆頭は戦争ですが可能性は
      低いでしょう。北が南進あるいは平和的に韓国を併合する
      のは、制裁下では自殺行為ですからやらんでしょう。また
      韓国で大規模内乱というのも考えにくい。米国は対北先行
      攻撃の準備は整えても、現状ではやる気がないのは明らか。
      (交渉継続姿勢は変えてない)

      次に経済破綻に伴う難民発生ですが、これはコントロール
      可能と思います。97年の通貨危機では確かドル換算GDPが
      半分強まで一時落ち込んだと思いますが、その程度では
      難民は出ませんでした。今回はよりひどい状況になりそう
      ですが、制裁の強度を調節することで難民発生は相当程度
      抑えられると思います。

      もしもの時は、多少の金を餌に済州島を租借して、
      難民キャンプを作ればよいのでは、国連機関を通して。

    4. 老害 より:

      10ruさま

      難民問題は、本当に深刻です。将来の、孫や子の時代に多大な負債を抱えさせてしまいます。それも、日本人には何をしても許されると考える連中です。とても許容できません。

      別の話題でハゲ親爺さんに教えていただいた重機関銃で穴だらけにしてやりたいところですが、国際社会からの非難と、「謝罪と賠償」を求める半島人とで収拾がつかなくなりますね。
      もともと、経済難民として密入国する気満々の連中ですから、一度火が付いたらコントロールは不可能ではないかと心配しております。

      これがもし、台湾からの難民ですと、私も積極的に援助にも応じるはずなので、やはり日頃の行いが大事ということです。

  17. 匿名 より:

    これって隣の国からの誉め言葉?

    オールインなんて愚の骨頂以外あり得ませんね。

    大清国属国がどうなったか、ヒトラーとムッソリーニに入れあげた国がどうなったか考えれば明らかです。

    リスクヘッジは国の運用の基礎でしょう。

    単にコウモリ国が外交がビッグバン級にヘタなだけ。

  18. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    誰が見ても、日本と韓国は国としての格が違います。世界に地域に与える影響度が格段に違い比較出来ません。

    日本は米国という鉄の同盟を第一にして、インド、英国、仏、豪、加、台湾、星、尼などと自由な環を作るのだ。その際、大国の中国とは出来れば紛争や局地戦もしたくない。中国とは個別個別の問題を世界に提起して解決を図る、国際問題で処理し、自由主義の考え方、行動で解決を図る。

    韓国のはどちらに付いても怪我が少ないように、いわゆる「保険外交」だ。でも二股で結局双方から信用失う「掛け捨て」外交である。

  19. 実行委員 より:

    この頃、ふと思うんですが、韓国メディアが今回の二股記事に限らず、厚顔無恥の記事を書くのは・・・
    心の中では、的外れをわかって書いているいるのではないだろうか、ということです。
    それと言うのも、韓国内では、有名人が日本寄りの発言・行動すると謝罪に追い込まれますよね。
    バレーボール選手がミズノのシューズを履いてテープで隠したという事があって、私は「何もそこまで・・」と思ったことがあった。最近でも韓国の人気ガールズグループTWICEの日本人メンバーが、「平成が終わり寂しい・・」のコメントしたら、謝罪に。一般国民のネットでの発言でも、「”日本は好きでないが”・・」となっており、”日本は好きでないが”という枕詞がよくついてます。政府/財界だって、スワップをお願いしたくてしょうがない。しかし、頭を下げようものなら、批判を受けます。したがって「日本がスワップを結んでくれと言うなら・・・・スワップと言う選択肢も用意しておくべき」となります。
    当然新聞社だってそうです。日本びいきの記事なんて怖くてかけません。書こうと思ったら、まず一度日本をこき下ろしてからになるでしょう。低能記事であることを承知してるかも・・・
    韓国では、公の場で日本寄りの行動ができない社会構造であり、建前上は、日本は悪という事になってます。反日教育のたまもの。
    長々と書きましたがつまり『韓国と心を通わせる/仲良くすることは、したくても(私は嫌ですが)できない』という事ではないでしょうか?日本国内の親韓/えせ識者は、どこまでわかっているのか、まどろっこしくてしょうがないです。再度、IMFレベルの韓国崩壊があっても、日本は一切かかわり合うべきではないです。

    1. チキンサラダ より:

      実行委員さん、

      仰るとおりだと思います。新聞の論説で結論だけが繋がってなかったり、むりやり日本批判に繋げてるのは主にそのせいでしょう。

      日本でも、どんな話題でもとりあえず、締めは政治家批判、官僚批判、大企業批判にこじつけておくと、収まりがよいのと同じですね。

      だから、韓国の新聞の論説の最後のパートの日本批判はほとんど意味がないと思ってフィルタリングするのが正しいのでしょう。重要なのはその前の部分。

      韓国人の読者も、ある程度知的な層はそれをわかっていて読んでるとは思いますよ。

  20. りょうちん より:

    二股外交という用語の語源は二股膏薬だと思われますが、これは漢籍などではなくて、かの独眼竜伊達政宗が、豊臣家(前田利家)と徳川の間をうまくのらりくらりと動いて、生き抜いた姿が語源と言われています。

    まあ韓国が日本が言い出したことをあたかも自分で発明したかの様に使うのは今に始まったことではありませんが・・・。
    現代になって、日本語が語源の自国語を戦時中の英語の様に書き換えようとしているのはダブスタもいいところwww

  21. ラスタ より:

    二股外交のくだり。
    いつもながらの韓国文学といいますか、期待したほどの作品レベルには及ばず、想像を絶するような展開のキレもなかったのでガッカリしてしまいました。

    しかし件の記事の最大の問題点はそこではありません。現状認識の時間軸がまったくズレている。
    この人達(韓国人のことです。念のため)はいったいいつの話をしているのでしょうか。

    米中の対立は中国が赤化したときから始まっている(1949年)。
    朝鮮戦争は何だったのか。共産勢力の侵攻から韓国を守るためにアメリカが血を流し(1950-1953年)、その結果として韓国は自由経済と民主主義の国家として独立を維持できたことでいまの経済発展があるんでないですか。
    韓国という国家の宿命として、アメリカの側に立たないという選択肢はない。
    にもかかわらず。それなのに、ですよ。
    中国に擦り寄った(2013年)時点ですでにアウトなうえに、アメリカに喧嘩を売ってる北朝鮮を幇助(2018年以降)することをやめない韓国政府。

    米中対立の元をたどれば 1949年から続いている。
    韓国は現時点の 2019年から見ると6年前の 2013年の時点でアメリカに代表される自由経済民主主義諸国を裏切って共産側についた。
    このサイトをご覧の皆様には常識でしょうが、韓国のバランス外交などもう何年も前に破綻しているのは周知の事実です(鈴置氏の日経ビジネスオンラインでの論考に感謝します)。
    韓国は寝返ったのであって、そもそも二股外交など成立していなかった。
    そんなのとっくに終わってるのに、ドラマの再放送をまた見せられているような論説の展開。

    これは彼らお得意の歴史認識によるものだと私は考えます。
    彼らが歴史認識を叫ぶとき、それは大概において歴史的事実に反することを主張しているように思えます。
    それを押し通してナンボというのが彼らの価値観なのかもしれませんが、歴史というよか、ちょっと前の過去の事実すら把握することを放棄して、今現在の自分の感情しか見ない国に未来があるのか。

    ***

    いま日本と中国が諸問題で対立しつつ対話できるのは、基本的に敵国であるという事実をベースにしながら、経済的にも軍事的にもお互いの影響力と利害を認知して、重要な相手であるという敬意を持っているからでしょう。
    関係がうまくいっているとかいう情緒的なことでなく、議論すべき問題点に合意できてそれに相応しい相手だから会うのです。

    中国にとって韓国は敵であり、敵だからこそ自らの勢力に籠絡しようと手練手管で圧迫するのです。
    宗主国だ属国だという価値観はいまの中国にはないと思います(○○自治区の扱いを見れば、軍門に下った地域を漢民族の植民地として弾圧する、むしろ野蛮な支配体制が有効と理解したのでしょう)。

    G19でムンさんがどれだけの国の首脳と会えるかは絶望的状況のようですが、それは参加国が韓国に対して会う価値なしと評価しているというだけのことです。
    なぜそうなってしまったのか。人のせいにしても何も変わらず、自らを省みて行動を改めるしかないのですが。

    1. りょうちん より:

      これは私論ですが、韓国人(北朝鮮人の一般的な文章は読めないので朝鮮人はとは言わないでおきます)は歴史を「記号」でしか認識していないと思います。

      例えば、普通日本人が歴史上の出来事に呼称を与える場合、その事象の背景やきっかけになったような事柄を名称に含めます。

      ところが韓国人は朝鮮戦争が6.25事変になったり、済州島虐殺事件を済州島四・三事件とか数字で「記号化」します。建国の祖と主張している上海で飲んだくれたり慰安所を経営していた連中を三・一運動とかw
      ネタになっている「超時空太閤ヒデヨシ」も豊臣秀吉の記号化を揶揄したものとも言えます。

      三・一運動を確認のために検索していたら、韓国の建国記念日は年に5回あるそうで・・・。もうなんといっていいやら・・・。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。