日本国内にいると、どうも新興市場諸国(EM)で自国通貨安に対する懸念というものが、肌感覚としては理解し辛いのが実情ではないかと思います。ただ、自国通貨が上昇しようが、下落しようが、それで国家が破綻することはないというのは、アジアでは日本くらいなものです。なぜなら、日本円という通貨は国際的な「ハード・カレンシー」であり、また、日本国内では資金が有り余っているからですが、逆に言えば、その条件が満たされない国(自国通貨がソフト・カレンシーであって、外国から外貨でおカネを借りざるを得ない国)では、本能的に、自国通貨安への恐怖というものが存在します。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

通貨安と新興国不安

通貨安はいったい何が問題なのでしょうか。

ところで、日本のメディアの報道を眺めていると、通貨安(日本の場合は円安)は好ましい、という論調で一貫している気がしますが、その理由は、多くの日本企業はわざわざ外国から外貨でおカネを借りなくても困らないからであり、また、輸出企業にとっては通貨安で製品競争力が高まるからです。

ただ、よくニュースを見ていると、「今日の東京外国為替市場の終値は、1ドル=110円50銭でした。」といった説明を聞くことがありますが、そもそも論として、通貨、為替についてはよくわからない、という人も多いでしょう。

昔だと、外国為替は「固定相場制」が取られており、何かよくわからないけれども「偉い人」が「1ドル=360円」と決めてくれていた、という感覚がありましたが、現在は「変動相場制」と呼ばれる仕組みが取られています。

実際、香港やデンマークなど、一部の国を除けば、世界の多くの国が変動相場制を採用しているのですが、この「変動相場制」と通貨危機の関係については、ごく簡単に触れておく価値があるかもしれません。

そこで、本稿ではあくまでも一般論として、「なぜ新興市場諸国では通貨が下落すると困るのか」という基本的な点を確認しておきたいと思います。

外国為替市場の仕組み

市場メカニズムとは?

日本や英国、ユーロ圏など、世界のほとんどの国は、現在、「変動相場制」を採用しています。

変動相場制とは、簡単にいえば、「通貨同士の交換比率(為替相場、為替レート)は市場メカニズムで決めましょう」、という仕組みのことです。

ここで、市場メカニズムとは、「売りたい人」と「買いたい人」が一致する値段で売買が成立するという意味です。買い手はより安い値段で買いたいと思いますし、売り手はより高い値段で売りたいと思いますが、これは為替市場であってもまったく同じことです。

たとえば、「(A)円を売って、ドルを買いたい」と思う人は、「できるだけ高い値段で円を売りたい(=できるだけ安い値段でドルを買いたい)」と思いますし、「(B)ドルを売って、円を買いたい」と思う人は、「出来るだけ安い値段で円を買いたい(できるだけ高い値段でドルを売りたい)」と思うはずです。

逆に言えば、(A)と(B)のニーズがマッチしなければ、売買は成立しません。

たとえば、「(A)ドルの買い手」が1ドル=50円でドルを買いたいと思っていて、「(B)ドルの売り手」が1ドル=200円でドルを売りたいと思っていても、両者の条件があまりにもかけ離れているため、この場合は売買が成立しないのです。

売り手と買い手のニーズがマッチしない場合
  • (A)ドルの買い手:1ドル=50円でドルを買いたい
  • (B)ドルの売り手:1ドル=200円でドルを売りたい
  • 結果:売買は成立しない

しかし、「(A)ドルの買い手」が1ドル=99円でドルを買いたいと思っていて、「(B)ドルの売り手」が1ドル=101円でドルを売りたいと思っている場合には、どうでしょうか?

売り手と買い手のニーズが近づいている場合
  • (A)ドルの買い手:1ドル=99円でドルを買いたい
  • (B)ドルの売り手:1ドル=101円でドルを売りたい
  • 結果:売買は成立しない

この場合も売買は成立しませんが、先ほどのケースと比べると、大分近づいて来ました。あと一声、(A)と(B)が、たとえば1円ずつ歩み寄れば、売買は成立しそうですね。

市場参加者がたくさんいれば売買は成立しやすい

さて、先ほどの例では、(A)と(B)の2人しか市場参加者がいないという前提を置きましたが、現実には、市場参加者はたくさんいます。

現実には、米ドルと日本円の通貨ペア(USDJPY)の場合、全世界に売買したい人がいますので、ドルの売り手には「今すぐドルを売って円に換えたい」と思う人は1ドル=100円で売るかもしれませんし、1ドル=110円になるまで売りたくない、という人もいるかもしれません。

一方、買い手の方も1ドル=90円じゃないと買わないという人もいるかもしれませんが、「今すぐ円を売ってドルに換えたい」と思う人は、少々高くても、1ドル=100円でドルを買うかもしれません。

つまり、市場にはおたがいに独立した「売りたい」「買いたい」という人がたくさんいて、それぞれに思惑があり、自身の思惑で動いているのです。そして、「1ドル=100円」で取引が成立したと思ったら、次の瞬間、「1ドル=100円10銭」で取引が成立する、という具合に、市場は刻々と動いているのです。

では、具体的にどの通貨が外為市場でより多く取引されているのでしょうか?

これについて一番わかりやすいのは、国際決済銀行(BIS)が3年に1回公表する銀行間外国為替取引のデータです(図表1)。

図表1 世界の外為取引(1日当たり、2016年公表分)
通貨取引額(十億ドル)シェア
1位:米ドル4,43843.79%
2位:ユーロ1,59115.70%
3位:日本円1,09610.82%
4位:英ポンド6496.40%
5位:豪ドル3483.43%
6位:加ドル2602.57%
7位:スイスフラン2432.40%
8位:中国人民元2021.99%
9位:スウェーデンクローナ1121.11%
10位:ニュージーランドドル1041.03%
その他1,09110.77%
合計10,134100.00%

(【出所】Triennial Survey of foreign exchange and OTC derivatives tradingより著者作成)

(※余談ですが、この図表のオリジナル・データは「通貨ペア」を集計対象としており、「シェア」欄はこの2倍で表示され、「合計」欄も200%になっています。そこで、当ウェブサイトでは分かりやすくするために、元データを加工し、シェアを2分の1表示にすることで、合計欄を100%にしています。)

これで見ると、通貨ペアの片方が米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、日本円(JPY)のいずれかであるような取引が、世界の為替市場のざっくり7割を占めていることがわかります。

そして、市場参加者がたくさんいる通貨ペアほど取引が成立しやすいですし、市場参加者がたくさんいる状態を、「流動性が高い」と表現することもあります。

なぜEM通貨は大きく動くのか?

ところで、先ほどの例だと、ドル円(USDJPY)のように流動性が高い通貨ペアの場合、「1ドル=100円」から、いきなり「1ドル=200円」と、為替相場が2倍になる、といった急変動は、めったに発生しません。なぜなら、市場参加者がたくさんいて、流動性が高いからです。

しかし、新興市場諸国(EM)の通貨の場合、さまざまな理由で、いきなり為替相場が「飛ぶ」ことがあります。別に何か材料があったわけでもないのに、いきなり相場が数パーセントから数十パーセント変動する、という状況です。

たとえば、架空の通貨「ギル」があったとしましょう。

そして、この通貨は市場参加者が極端に少なく、

  • (A)「1ドル=200ギルでドルを売りたい」と思っている人
  • (B)「1ドル=100ギルでドルを売りたい」と思っている人
  • (C)「1ドル=100ギルでドルを買いたい」と思っている人
  • (D)「1ドル=50ギルでドルを買いたい」と思っている人

の、合計4人しかいなかったとします。

このとき、まずは(B)と(C)のあいだで、1ドル=100ギルで取引が成立しますが、その後は取引が成立しない、という状況が続きます。

このとき、いきなり

(E)「1ドル=200ギルでドルを買っても良い」

と考えている人が出現すると、(A)と(E)のあいだで売買が成立し、先ほどまで1ドル=100ギルだった為替相場が、いきなり1ドル=200ギルにジャンプします。同様に、

(F)「1ドル=50ギルでドルを売っても良い」

という人が出現した場合も、(D)と(F)のあいだで売買が成立し、1ドル=100ギルが、いきなり1ドル=50ギルにジャンプします。

日本円の世界だと、流動性がきわめて高いため、何か市場に激変でも生じない限り、めったに為替相場がジャンプすることはありません(直近、為替相場がジャンプした事例といえば、リーマン・ショックや東日本大震災などがあると思います)。

しかし、EM通貨だと、「一見するとなにも材料がないのに、(個別企業が大口で通貨を売るなどして)いきなり為替相場がジャンプする」という現象は、わりと頻繁に観測されます。

これこそが、EM通貨を分析するのが難しい理由でしょう。

(広告・スポンサーリンク)



通貨安で何が困るのか

通貨安の効果①輸出企業に恩恵、輸入企業に打撃

さて、先ほど申し上げたとおり、為替相場が決まるメカニズムは「さまざまな人がさまざまな思惑で市場に参加し、通貨を売り買いすることで相場が形成される」というものであり、意外と単純です。

ただ、自国の通貨が上昇したり、下落したりすることで、いったいどんな効果が発生するのでしょうか?

これについて、自国の通貨が下落した場合について考えてみましょう。

たとえば、日本の自動車メーカーが60万円の原価で自動車を生産しているとします(わかりやすくするために、生産に当たっては国内の原料のみを使い、組み立ても国内で行っているものと仮定します。また、輸送コストは無視します)。

1ドル=100円のとき、この自動車を米国に輸出して1万ドルで売り、それを円に両替すれば100万円が手に入り、製造コストの60万円を差し引くと、40万円の利益が出ます。

ところが、1ドル=50円の円高になってしまうと、この自動車を1万ドルで売ったとしても、その1万ドルを円に両替しても50万円しか手に入らず、製造コストの60万円を差し引くと、実に10万円の赤字になってしまいます。

しかし、逆に1ドル=200円の円安になると、この自動車を1万ドルで売り、その1万ドルを円に両替すれば200万円も手に入り、製造コストの60万円を差し引くと、実に140万円もの利益が出るのです。

つまり、為替相場で通貨安になれば、輸出企業にとって大きな恩恵をもたらすといえます。

当然、通貨安の状態では、輸入企業や外国メーカーなどにとってはこれと逆に産業競争力の低下をもたらします。

たとえば、1ドル=50円のときだと、外国で1万ドルで販売されている自動車は日本国内では50万円で手に入りますが、1ドル=200円の円安になれば、その自動車の価格は200万円に跳ね上がってしまうのです。

通貨安の効果②信用不安

しかし、通貨安の効果は、良いことばかりではありません。

通貨安が行き過ぎると、「信用不安」が生じることがあるからです。

「信用不安」とは、わかりやすくいえば、「この会社におカネを貸しても大丈夫かな?」と思う人が増える、ということです。

企業経営では、銀行から運転資金を借りたり、設備資金を借りたり、仕入先から掛けで商品を仕入れたりすることが多く、これらは、貸借対照表上は負債の部に「短期借入金」「長期借入金」「買掛金」などの負債項目に計上されます。

ところが、信用不安が生じると、銀行はその企業に対して短期資金を貸してくれなくなることもありますし、仕入先からは買掛金の支払サイトの短縮や、酷い場合には現金決済などを求められることも出て来るのです。

そして、外国から外貨でおカネを借りている企業の場合だと、その企業自身が儲かっていたとしても、自国の通貨が下落すると、外国の銀行や企業は不安を抱いて、その国の企業に対する信用を引き締めようとします。その理由は簡単で、負債価値が増え、信用力(コベナンツ)が悪化するからです。

たとえば1ドル=100円だったときに、日本企業が米国の銀行から1億ドルを借りていたとすれば、日本円に換算した負債は100億円ですが、為替相場が円安に振れ、1ドル=200円となれば、この企業は何もしていなくてもいきなり負債(借金)が2倍の200億円に膨らみます。

当然、銀行としては、おカネが帰ってくるかどうかが心配ですから、その企業の経営状態が健全だったとしても、「本当に大丈夫ですか?」と尋ねたくなります。

外国から外貨でおカネを借りている国の悲哀

ところが、この「通貨安の効果」のうち、2番目のポイント(信用不安)については、日本のマスコミの報道などを眺めていても、ほとんどの論者が軽視(あるいは無視)しています。

その理由は、いったいなぜでしょうか?

私見ですが、その答えは、日本企業が外国からほとんど外貨のおカネを借りていないからだと思います。

その理由としては、まず、日本国内の「カネ余り」という事情があります。

というのも、日本の家計は1800兆円を超える金融資産を保有していて、預金取扱機関(銀行、信用金庫等の金融機関)や保険・年金基金に巨額の資金が流入している状況であり(図表2)、企業は日本国内からおカネを借りることができるという状況にあります(銀行が貸してくれるかどうかは別として)。

図表2 日本全体のバランスシート(2018年12月末時点※クリックで拡大、大容量注意)

※上記のPDF版

(【出所】日銀『データの一括ダウンロード』のページより『資金循環統計』データを入手して加工)

(※余談ですが、よく新聞等のメディアは「国の借金が1000兆円を超えている」などと報じますが、家計金融資産残高がその2倍近くに達しているという事実を無視しているあたり、新聞等のメディアの低レベルさを感じずにはいられません。)

これに加えて、日本円という通貨自体、全世界で非常に通用度が高いという事情もさることながら、「有事の円買い」、 “safe haven” などの言葉で知られるほど信頼度も非常に高い通貨でもあります。

結局のところ、日本企業にとっては外国で大々的におカネを借りる必要がなく、日本国内の資金調達で間に合っているのです。

(※ただし、日本企業が外国から1銭も外貨でおカネを借りていない、という意味ではありません。あくまでも「通貨安になると日本全体が困るほど外貨でおカネを借りているわけではない」、という意味です。)

ところが、世界の国々を眺めてみると、そうではない事例がたくさんあります。

たとえば、アルゼンチンやロシアの場合は政府が外貨建てで国債を発行していて、過去にはデフォルト(債務不履行)に陥った事例もあります。また、1997年のアジア通貨危機も、結局のところはタイの通貨・バーツが売られ、固定相場制度を維持することができなくなり、通貨安が生じたことで発生しました。

だからこそ、EM諸国は、行き過ぎた自国通貨安を恐れているのです。

通貨防衛の手段

為替介入、金融政策、資本規制

さて、EM諸国は、いざ通貨安に直面したら、どのような対策を講じるのでしょうか?

それには、大きく分けて「①為替介入、②利上げ、③資本規制」という段階があります。

1つ目は、為替介入です。

これは、手持ちの外貨準備のなかから外貨(米ドルやユーロ、日本円など)を売って、自国通貨を買い戻すという行動であり、直接、市場に働きかけることで、行き過ぎた自国通貨安の状態を是正するという行動です。

また、「これ以上通貨安になれば、為替介入するぞ」と市場に警告すること(口先介入)も為替介入の一種といえるかもしれません。

ただし、この為替介入には、大きな欠点があります。それは、「無限に介入することはできない」、という点です。

そこで、2つ目の手段としては、国内の金融政策を使い、政策金利などを大幅に引き上げて通貨防衛する、という方法があります。

この方法は、1997年のアジア通貨危機で、実際に香港が採用したものです。

財務省の報告書(P225)によると、香港の通貨当局である香港金融管理局(HKMA)はアジア通貨危機に際し、通貨防衛(香港ドルの米ドルペッグ)の防衛を最優先し、その結果、銀行間翌日物が一時、280%(※)に達したそうです。

(※あらためて申し上げると、この下り、「2.8%」や「28%」の誤植ではありません。本当に「280%」と記載されています。)

そして、それでもダメであれば、結局は究極の通貨防衛として、資本規制(資本移動の自由の制限)を加える必要があります。

資本規制と通貨危機

しかし、最初から不透明な資本規制を導入している中国のような国ならいざ知らず、トルコや韓国、アルゼンチンなどのように(中途半端ながらも)国内資本市場を外国に開放している国が、いきなり資本規制に踏み切れば、金融市場は少なくとも大混乱に陥ります。

そうなると、

  • 国際社会の批判を浴びて資本規制を導入するか、
  • 通貨防衛の手段を失い通貨危機に陥るか

という2択が待っているのです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

以上の議論をまとめると、新興市場諸国(EM)が通貨安を懸念する(あるいは本能的な恐怖を抱く)大きな理由は、多くのEMが「外国から」「外貨で」おカネを借りないといけないからです。

そして、多くのEMが「外国から」「外貨で」おカネを借りなければならない理由は、自国通貨が国際的な金融市場で通用しない通貨(いわゆる「ソフト・カレンシー」)であることだからであり、その意味で、自国通貨が売り込まれれば、即座に自国の企業の信用問題に直結するからです。

自国でおカネが足りなくて、外国からおカネを借りるしかないような国だとなおさらでしょう。

こうした視点を持っておくと、某国で「通貨安」「通貨不安」という記事を目にすると、何かと参考になるのではないでしょうか。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/08/22 12:30 【時事|韓国崩壊
    データで見る日韓関係 「日韓葛藤」説は正しいのか? (5コメント)
  • 2019/08/22 06:00 【時事|経済全般
    衝撃の事実 訪日観光客、大きく増えていた! (34コメント)
  • 2019/08/22 05:00 【韓国崩壊
    本日GSOMIA破棄なら、日韓関係清算のチャンス (37コメント)
  • 2019/08/21 17:05 【時事|韓国崩壊
    【明日発表】GSOMIAに「悩む」韓国高官 そこ悩むところ? (39コメント)
  • 2019/08/21 12:30 【読者投稿
    【読者投稿】犬の楽園 (29コメント)
  • 2019/08/21 12:00 【時事|韓国崩壊
    まさか、GSOMIA破棄は河野外相の態度次第? (18コメント)
  • 2019/08/21 10:40 【マスメディア論
    文在寅は「ウェン・ザイイン」? (19コメント)
  • 2019/08/21 06:00 【韓国崩壊
    「素人集団」・文在寅政権の空中分解リスク (34コメント)
  • 2019/08/21 05:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ「犠牲者氏名を速やかに公表せよ」 (14コメント)
  • 2019/08/20 17:45 【時事|韓国崩壊
    「勝ってプラス100、負けてもゼロ」のご都合主義 (17コメント)
  • 2019/08/20 15:00 【時事|国内政治
    野党連合、略して「野合」 (28コメント)
  • 2019/08/20 09:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、日韓GSOMIAを外交カードと勘違い (40コメント)
  • 2019/08/20 05:00 【マスメディア論
    「異論容認」という視点から反アベ界隈の論調を見る (27コメント)
  • 2019/08/19 12:30 【時事|韓国崩壊
    日韓関係を壁にぶつけた張本人が「現状打破」主張 (39コメント)
  • 2019/08/19 09:10 【時事|国内政治
    内閣支持率50%超と「れいわ新選組」の躍進の意味 (21コメント)
  • 2019/08/19 06:00 【時事|韓国崩壊
    なぜ日本政府は韓国にペナルティを与えないのか? (32コメント)
  • 2019/08/19 05:00 【金融
    総論:経済制裁について考えてみる (4コメント)
  • 2019/08/18 14:45 【時事|韓国崩壊
    韓国に対する経済焦土化は半導体産業から? (62コメント)
  • 2019/08/18 05:00 【韓国崩壊
    「多重債務問題」から日韓関係を眺めてみる (29コメント)
  • 2019/08/17 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月17日版) (187コメント)
  • 2019/08/17 08:00 【韓国崩壊
    韓国「告げ口外交」を機に、むしろG7で対韓制裁を! (71コメント)
  • 2019/08/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国のホンネは「安倍を何とかしろ」 (48コメント)
  • 2019/08/16 10:15 【時事|韓国崩壊
    文在寅爆弾演説契機に無責任国家の本質が出て来た! (58コメント)
  • 2019/08/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    世耕経産相「韓国と協議せず」、当然の発言だ (23コメント)
  • 2019/08/16 05:00 【マスメディア論|時事
    インターネットが破壊するマスコミの村社会 (19コメント)
  • 2019/08/15 21:30 【時事|韓国崩壊
    よ~く読むと…「2045年までに北朝鮮と統一」! (20コメント)
  • 2019/08/15 17:25 【時事|韓国崩壊
    対話を拒んだ側が「対話と協力」を求める文在寅演説 (47コメント)
  • 2019/08/15 12:45 【韓国崩壊|経済全般
    失業率が低いはずの韓国で「若者の4分の1がニート」 (23コメント)
  • 2019/08/15 10:30 【時事|韓国崩壊
    NOジャパンからNO安倍へ? (31コメント)
  • 2019/08/15 07:30 【マスメディア論|時事
    新聞社経営に明日はない (22コメント)
  • 2019/08/15 05:00 【国内政治
    「歴代2位」に浮上する安倍政権に期待したいこと (18コメント)
  • 2019/08/14 15:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工「安倍氏に首相の資格なし」 (55コメント)
  • 2019/08/14 12:45 【時事|韓国崩壊
    「欧州告げ口外交」ツアー始まる 北朝鮮以下の韓国 (47コメント)
  • 2019/08/14 10:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が日本を「ホワイト国除外」、本当の敵はメディア? (27コメント)
  • 2019/08/14 05:00 【マスメディア論
    N国党とネットの重要な関係 (35コメント)
  • 2019/08/13 21:50 【時事|金融
    USDKRWの動きがまたしてもおかしい (24コメント)
  • 2019/08/13 12:10 【時事
    通貨安、DRAM輸出、GSOMIA破棄のコンボ (52コメント)
  • 2019/08/13 10:15 【時事|韓国崩壊
    国同士の信頼関係を壊したのは韓国の側 (22コメント)
  • 2019/08/13 05:00 【韓国崩壊
    レアアース事件の再来?韓国はセルフ経済制裁に邁進するのか (22コメント)
  • 2019/08/12 21:15 【時事|韓国崩壊
    韓国が日本をホワイト国除外、ホンネは「協議したい」 (28コメント)
  • 2019/08/12 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府、日本をホワイト国から除外 (97コメント)
  • 2019/08/12 10:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国危機:2008年当時との決定的な違いとは? (16コメント)
  • 2019/08/12 08:00 【時事|韓国崩壊
    日本大使館「跡地」前で、いったい何をやっているのですか? (17コメント)
  • 2019/08/12 05:00 【マスメディア論
    NHK「受信料制度ご理解下さい」は自滅への道 (39コメント)
  • 2019/08/11 11:11 【時事|金融
    【どうぞご自由に】米投資家「私なら日本脱出し中韓に移住」 (50コメント)
  • 2019/08/11 08:00 【時事|韓国崩壊
    外務省の妄言?「日韓が知恵を集める」の問題点 (48コメント)
  • 2019/08/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    「ライダイハン」めぐり、ダンマリ決め込む韓国政府 (56コメント)
  • 2019/08/10 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月10日版) (157コメント)
  • 2019/08/10 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国が日本をブラック国指定」、法的にはどうも可能らしい (36コメント)
  • 2019/08/10 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る、「韓国の良いところ」 (31コメント)
  • 2019/08/09 13:15 【時事|韓国崩壊
    韓国の大学教授「慰安婦像と不買運動で日本人の心をつかめ」 (60コメント)
  • 2019/08/09 11:45 【韓国崩壊
    ホワイト国除外は経済制裁本番に向けた予行演習だった? (49コメント)
  • 2019/08/09 08:00 【マスメディア論|時事
    国民の知る権利が大事、マスコミ記者の実名は公表を! (18コメント)
  • 2019/08/09 05:00 【韓国崩壊
    韓国政府「経済報復だ」、世耕経産相の反論が面白い (40コメント)
  • 2019/08/08 17:20 【時事|外交
    日本政府はナッパー国務副次官補の更迭を要求すべき (82コメント)
  • 2019/08/08 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国人学者「日本は日米韓体制から韓国を追放する」 (24コメント)
  • 2019/08/08 09:45 【時事|韓国崩壊
    日本が韓国向け輸出を許可 「経済報復」ではない証拠 (46コメント)
  • 2019/08/08 08:08 【マスメディア論
    マスコミ改革はネットから!自由競争が言論空間を変える (11コメント)
  • 2019/08/08 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄に半数近くが賛同 無責任国家の現実逃避 (36コメント)
  • 2019/08/07 14:00 【時事|韓国崩壊
    経産省の改正通達、「経済制裁」と呼べる代物ではないが… (46コメント)
  • 2019/08/07 12:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】経産省、「り地域」への輸出管理通達を公表 (13コメント)
  • 2019/08/07 12:15 【時事|外交
    日本も米国にならって入国管理の厳格化を実施すべき (11コメント)
  • 2019/08/07 10:00 【時事|韓国崩壊
    韓国紙「エスパー長官が韓日に葛藤解決要求」に2つのウソ (29コメント)
  • 2019/08/07 06:00 【時事|韓国崩壊
    稼ぐ力弱まる韓国に「ベネズエラ化」という予感 (25コメント)
  • 2019/08/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国に対する「セルフ経済制裁」がこれから本格化? (26コメント)
  • 2019/08/06 15:45 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係リセット」?相変わらず認識の甘い中央日報 (82コメント)
  • 2019/08/06 12:20 【時事|金融
    為替介入とトリレンマの基礎知識を確認しておく (10コメント)
  • 2019/08/06 10:00 【RMB|時事|金融
    米財務省、中国を為替操作国に認定 (6コメント)
  • 2019/08/06 06:00 【時事|韓国崩壊
    真のリスクは「文在寅排除」 (42コメント)
  • 2019/08/06 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係はどこに行く 外交論と「日韓断交リスク」 (28コメント)
  • 2019/08/05 21:30 【時事
    思わず「ホンネ」がポロリ?南北平和経済という発言 (52コメント)
  • 2019/08/05 15:45 【時事|韓国崩壊
    「日韓GSOMIA破棄検討」?それカードやない、地雷や! (66コメント)
  • 2019/08/05 12:00 【時事|金融
    【速報】中韓台通貨などが急落 (45コメント)
  • 2019/08/05 11:30 【時事|金融
    矛盾が解消しない、韓国の外貨準備統計 (6コメント)
  • 2019/08/05 06:00 【マスメディア論|時事
    知的訓練ができていないのは、むしろマスコミでは? (39コメント)
  • 2019/08/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    政府、メディア、政治家を貫く韓国の反友好的な姿勢 (64コメント)
  • 2019/08/04 12:15 【時事|国内政治
    あいちトリエンナーレの企画中止にネットの威力を見る (99コメント)
  • 2019/08/04 05:00 【韓国崩壊
    常軌逸する日本ヘイト 韓国はセルフ経済制裁を望むのか? (91コメント)
  • 2019/08/03 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月3日版) (212コメント)
  • 2019/08/03 06:00 【時事|金融
    約2年半ぶりに1200ウォンの大台超えた韓国ウォン (63コメント)
  • 2019/08/03 05:00 【韓国崩壊
    日本政府は勇気を持って「2の矢」「3の矢」を放て (81コメント)
  • 2019/08/02 17:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「経済報復に相応の措置」 むしろこれからが正念場 (121コメント)
  • 2019/08/02 13:15 【時事|韓国崩壊
    ホワイト国除外:韓国政府、何も準備していなかった? (111コメント)
  • 2019/08/02 11:26 【時事|韓国崩壊
    韓国ホワイト国除外は「新時代」の到来の象徴 (32コメント)
  • 2019/08/02 10:31 【時事
    【速報】世耕経産相、韓国を「ホワイト国除外」と発表 (27コメント)
  • 2019/08/02 10:10 【時事|金融
    トランプ政権の追加関税措置受けたアジア通貨下落 (8コメント)
  • 2019/08/02 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国はホワイト国除外に猛反発、朝鮮日報は意味不明に警告 (52コメント)
  • 2019/08/02 05:00 【時事|金融
    韓国の金融当局、日本の制裁を気にしはじめた? (18コメント)
  • 2019/08/01 17:25 【時事|韓国崩壊
    【速報】「GSOMIA破棄」示唆する韓国外相の軽率な発言 (57コメント)
  • 2019/08/01 16:45 【時事|国内政治
    N国党は「次なる選挙互助会」なのか (15コメント)
  • 2019/08/01 11:00 【マスメディア論|時事
    「米国が日韓を仲裁へ」 巧妙化する情報ロンダリング (55コメント)
  • 2019/08/01 09:40 【時事|韓国崩壊
    ホワイト国除外、韓国が「8月15日以降にして」と懇願? (48コメント)
  • 2019/08/01 05:00 【韓国崩壊
    「日米韓同盟」を終わらせるための準備 (43コメント)
  • 2019/07/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    唖然とする、「韓日経済戦争避け、韓日FTA目指せ」 (41コメント)
  • 2019/07/31 09:45 【時事|韓国崩壊
    「米国が日韓に通商紛争休止呼びかけ」記事をどう見るか (110コメント)
  • 2019/07/31 06:00 【時事|韓国崩壊
    破局の原因を作った側が「韓日関係破局させるな」とのたまう (43コメント)
  • 2019/07/31 05:00 【時事
    パブリックコメントのルールを確認する (14コメント)
  • 2019/07/30 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】「破棄するなよ、絶対に破棄するなよ!」 (44コメント)
  • 2019/07/30 15:00 【時事|金融
    韓国メディアが国際金融統計を報じるも間違いだらけ (9コメント)
  • 2019/07/30 12:00 【マスメディア論|時事
    新味のない「請求権協定資料公表」、むしろマスコミ対策か (11コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。