数合わせの「小沢新党」の懲りない面々:政党名を考えてみた

一般に、企業は合併やイメージ刷新などでもしない限り、めったなことでは名前を変えないものです。ところが、組織名がしょっちゅう変わっているというおかしな世界が、日本には存在しています。それが「政党」です。獣医師関連団体からの巨額献金疑惑の説明を拒否したままの玉木雄一郎氏が率いる国民民主党と、「人民解放軍の野戦司令官」を名乗る小沢一郎氏が率いる自由党が、合併するのだそうです。新しい党名は「民自党」でしょうか?いずれにせよ議席だけが目当ての集合離散は見苦しくもありますし、「政党の本業」である結党の理念、政策のすり合わせなども行わず、単なる数合わせだけで行われる合併は、有権者を愚弄しているとしか思えません。

企業イメージが大切である理由

日本には、トヨタ自動車という会社があります。

街頭で「トヨタ自動車を知っていますか?」とアンケート調査を行えば、おそらくほとんどの人が「トヨタ自動車を知っています」と答えるでしょうし、「トヨタ自動車は何をしている会社ですか?」と聞けば、「自動車を作っている会社です」と即答する人が大多数でしょう。

また、私自身、ちゃんと統計を取ったわけではありませんが、トヨタ自動車と聞けば、「大企業だ」、「燃費が良い車を製造している会社だ」、というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?

質問を変えて、「任天堂という会社を知っていますか?」「任天堂は何をしている会社ですか?」などと聞いても、多くの人々は「任天堂を知っています」、「任天堂はゲーム機やゲームを作っている会社です」と答えるはずです。

このように、「XXを知っていますか?」「XXはどんな会社ですか?」と尋ねて、どのような回答が帰ってくるかを検証する方法を、一般に「認知度調査」「企業イメージ調査」などと呼びます。

企業にとっては、ターゲットとなる消費者に認知してもらい、良いイメージを持ってもらうことが、とても大切です。企業が高い広告費を負担している理由も、結局は認知度を高め、良いイメージを持ってもらうためでもあるのです。

ただし、それと同時に、宣伝だけしていれば良い、ということでもありません。長い目で見ると、企業は良い製品を作らないと消費者から評価されませんし、作った製品について、消費者の意見を聞いて改良し、より良い製品づくりを目指していかなければならないのです。

トヨタ自動車や任天堂が消費者に支持されているのも、今まで彼らが作ってきた製品が消費者から高く評価されているからであり、結局は彼らの努力の賜物なのです。

企業が名前を変えるときとは?

ただ、企業の場合、せっかく名前が浸透していても、その名前を変更することがあります。

その典型例は、合併でしょう。

たとえば、20年以上前の日本には、大手銀行(都市銀行・長期信用銀行・信託銀行)が20社ほど存在していました。しかし、これらの大手銀行は、企業再編を繰り返し、現在は次の5つのグループに集約されてしまっています。

みずほFG(みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券)

日本興業銀行、富士銀行、第一勧業銀行、安田信託銀行

三菱UFJFG(三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJMS証券)

三菱銀行、東京銀行、東海銀行、三和銀行、三菱信託銀行、東洋信託銀行

三井住友FG(三井住友銀行、SMBC日興証券、SMBC信託銀行)

住友銀行、三井銀行、太陽神戸銀行

りそなHD(りそな銀行、埼玉りそな銀行)

大和銀行、あさひ銀行

三井住友トラストHD(三井住友信託銀行)

住友信託銀行、三井信託銀行、中央信託銀行

その他(新生銀行、あおぞら銀行)

日本長期信用銀行、日本債券信用銀行

つまり、これらの20の銀行は、今後、あらためて企業イメージの浸透を図らなければならないのですが、これらのなかにはシステム障害などの不祥事を発生させた銀行もありますし、また、図体ばかりやたら大きいくせに、やっている仕事はお粗末、というケースもあるやに聞きます。

また、敢えて名前を出しませんが、20年近く前に乳製品の集団食中毒を発生させた某企業の場合も、名前を変えて再出発を図っています(※もっとも、子供の口に入る可能性がある以上、私は個人的にその会社の製品を絶対に購入しないようにしていますが…)。

政党の本業とは?

ただ、企業の場合、合併やよっぽどの不祥事などがあった場合を除けば、名前をコロコロ変えることはありません。

というのも、名前を変えれば、それによって再び企業イメージの浸透を図らなければならなくなるからであり、宣伝のためのコストもかなり必要になるからです。

ところが、政党の場合は、どうも話が違うようです。

本来、「ターゲットとなる顧客層から高く評価してもらうこと」については、企業だけでなく、政党にも同じことが言えます。当たり前の話ですが、政党の本業とは、国会に議席を得て、国政を動かしていくことであり、そのためには有権者から1票を投じてもらわなければなりません。

それなのに、自民党を除く多くの政党はコロコロと名前を変えていて、国会の会派名称も数年でガラッと変わったりするのです。

街頭で「自民党を知っていますか?」と尋ねて、「知らない」という人はそれほど多くないと思いますが、やはり、結党から半世紀以上経過し、一時期を除いて一貫して政権与党の地位にあり、良い意味でも悪い意味でも知名度は抜群でしょう。

しかし、「立憲民主党を知っていますか?」「国民民主党を知っていますか?」などと尋ねると、私のようなウェブ評論家なら「知っている」と即答しますが、政治に関心が乏しい人たちに尋ねると、「え?民進党?民主党?」などと悩む人も出て来るかもしれません。

立憲民主党や国民民主党は、前回の衆院選(2017年10月)にあわせて急ごしらえで結党された政党であり、所属議員の多くは旧・民進党出身者ですし、知名度、政党イメージの両面で見て、果たしてどの程度、有権者に浸透しているのかはよくわかりません。

さらに、立憲民主党に関してはあまりにも不祥事が多く、昨年の春先も財務省のセクハラ疑惑を追及している際に、インターネット上では立憲民主党の初鹿明博・青山雅幸の両衆院議員(セクハラの当事者)、小川勝也参院議員(息子が性犯罪者)などに「ブーメラン」がクリーン・ヒットしていました。

小沢さんと玉木さん、そして懲りない面々

さて、わが目を疑ったニュースが、これです。

国民と自由 合併合意書に調印 離党者は数人か 慎重派との応酬6時間半(2019.4.26 09:22付 産経ニュースより)

小沢一郎氏といえば、民主党政権下で訪中し、胡錦濤(こ・きんとう)国家主席(当時)の前で、「私は人民解放軍の野戦司令官だ」などと述べ、さらに当時の習近平(しゅう・きんぺい)副主席(現・国家主席)の天皇陛下との面会を強引に実現させた人物でもあります。

天皇陛下の政治利用、外患誘致は、いずれも日本の政治家としては致命的なものであったことは間違いありませんが、その後、日本の有権者が小沢一郎氏の率いる政党に対し、多数を与えないことは、日本国民の見識の1つだと思います。

その小沢一郎氏が率いている政党名が、「自由党」なのだそうです(※どうでも良いのですが、小沢氏が「自由主義」を名乗るとは、北朝鮮が国の正式名称中「民主主義」という言葉を使っているのと同じくらい笑えないブラックジョークだと思います)。

一方、獣医師の関連団体から100万円という巨額献金を受けとりながら、「加計学園による獣医学部新設」に反対する立場から国会質問を行うという、「斡旋収賄」が疑われているのが、国民民主党の玉木雄一郎代表です。

国民民主党は野党としては立憲民主党に次ぐ勢力を保持していますが、各種世論調査の支持率は1%前後と低迷しており、このまま衆院解散が行われれば、立憲民主党よりも先に消滅するのではないかと疑われても仕方がない状況にあります。

まさに貧すれば鈍する、ですね。

新政党名は「民自党」ですか?

さて、国民民主党と自由党が合併すれば、どんな政党名になるのでしょうか?

「国民民主」+「自由」なので、「国民民主自由党」でしょうか?あるいは、政党名が長すぎるから「民主自由党(略:民自党)」でしょうか?

彼らの結党の理念が何なのかはよくわかりませんが、私個人の希望としては、自由主義、民主主義とはもっとも相容れない、「人民解放軍の野戦司令官」である小沢一郎氏が加わる以上、「自由」「民主」といった単語を使ってほしくありません。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ところで、敢えて彼らに相応しい名前を考えてみる、というのも良いかもしれません。

2年間、一生懸命追及した「もりかけ問題」にちなんで、「新党もりかけ」なんてのはいかがでしょうか?あるいは、「民進党」の残党ということで「新党残党」も良いかもしれません。あるいは2文字で「残党」もいかがでしょうか。

私個人的には、作家の百田尚樹先生のヒット作にちなんで、支持率が「永遠のゼロ党」というのも良いと思いますし、「新党国民の敵」「適党(てきとう)」というのも捨てがたいところです。

ただ、やはり私がイチオシでお勧めしたいのは、旧民主党の本流であることにちなんで「元祖民主党」、あるいは某隣国の政権与党にあやかって「ともに民主党」、といったところでしょうか。

あ、ちなみに某テロリスト的議員のような「れいわ民主党」という、新元号を貶めるような党名は、くれぐれもやめていただきたいと思います。

Follow me!

数合わせの「小沢新党」の懲りない面々:政党名を考えてみた” に対して37件のコメントがあります。

  1. めたぼーん より:

    会計士様の秀逸なネーミングに反応します。(笑)
    新党野獣とか、半島の出先、とかは如何でしょうか。

  2. 一読者 より:

    私個人としては、今回の合併はとても歓迎しております。
    「どの政党に投票してはいけないか」と言う事を把握するのに散り散りになってしまっていると、
    うっかり騙されてしまうこともありますので。
    日本を潰すという志を持った方達には同じ政党に集まって頂きたいと思っています。

  3. 匿名 より:

     名は体を表すよう「反日党」とか「売国党」でいいんじゃないかと。立憲民主党と合流してもそのまま使えるし。早く再結集してもらいたいですね、元民主党の連中は。

     ゴミ集積所は誰でもすぐに分かるよう一つで充分です。

  4. 匿名 より:

    我が家では旧民主党系を一纏めにして、「良心的日本人党」と総称しています。

    「ともに民主党」いいですねー

  5. 匿名 より:

    新党日本の敵
    日本労働党
    新党日本のゴミ箱
    もりかけ民主党
    小沢一郎と仲魔たち
    日本人民民主党
    新党ロンダリング

  6. 心配性のおばさん より:

    >単なる数合わせだけで行われる合併は、有権者を愚弄しているとしか思えません。

    先の衆院選で、民主党を解体して、希望の党になりふり構わず、なだれ込んで、大敗したことを、もう忘れたのですかね。
    つい先ごろの地方選でも、国民民主党や共産党は敗戦したはずですよね。自民党が沖縄と大阪で負けたことだけをマスコミは騒いでいましたが。彼らの敗戦はほとんど報道していません。
    有権者を愚弄しているというより、有権者を忘れている彼らに政治を委ねる一票があるとしたら、絶望です。

    >ところで、敢えて彼らに相応しい名前を考えてみる、というのも良いかもしれません。

    提案です!新党よりあい。というのはいかがですか。お勧めです。(大爆笑)

  7. カズ より:

    銀行が合併し始めた頃、密かに「第一太陽神戸三井勧業銀行」の誕生を楽しみにしてたのを思い出しました。

    企業イメージを無駄使いしてたところもありましたね。
    特にマルハ〔大洋漁業〕マツダ〔東洋工業〕なんかはプロ野球の球団経営まてしてたのに、スポーツニュースでの広告効果を考えなかったのが不思議です。ヤクルトを見習うべきでした。
    以上、余談です。
    *****

    新政党の名称は、【一族郎党】を推します。
    両政党の代表者から二文字をいただきました。

    親中ならば、「近平党〔こんぺいとう〕」でもいいかもです。

    1. 通りすがり より:

      それますけどね

      最近話題のQR決済に習近ペイっていうのは笑いましたなぁ

  8. 引きこもり中年 より:

     もう、面倒くさいから「玉木雄一郎」より知名度のある「小沢一郎」か
    らとって、そのまま新党「小沢一郎」または「小沢新党」で良いのではな
    いですか。新党名を浸透させる手間も省けますし。

  9. カニ太郎 より:

    政治家が人気を保つというのは難しいものですね。

    小沢一郎さんも、昔、竹下派七奉行と呼ばれてた頃は、素晴らしかったんですけど・・・

    小渕さん、橋本さん、羽田さんと、みんな鬼籍に入られて、小沢さんは神通力もなく、マスコミも報道しなくなり・・・政策は迷走中で、もう悪口言うのも可哀想なくらい、落ちぶれた老人です。
    だから、そっとしといてやりましょう、ねえ管理人さん(笑)

    最近の政治家を見ていると、情けないのは、魅力がないところ。
    二階氏がキングメーカーみたいな扱いですが、角さんのミニもミニ、比較にならない。

    良くも悪くも、金丸信とか酷かったですよ(笑)
    佐川事件なんかね。

    魑魅魍魎の跋扈する闇の世界の妖怪。

    野中広務なんかも酷かったね。
    今でも腹立つ朝銀破綻処理1兆円なんかどうなってたのかね。
    もうどうしょうもない在日特権だったのかね、あの頃はもう闇が深すぎて意味不明だった。
    最近の韓国北朝鮮報道も面白いけど、あの頃の面白さとはちょっと違うかな。
    なんか昔より幼稚になった。

    金丸信にしても野中広務にしても、今の二階俊博なんかよりよっぽど中国韓国北朝鮮に精通していた気がする。
    まあ、コイツらが今のこの状況を作った張本人のような気もするが、麻生さんには無理かな。
    麻生さんは最近は絶対消費税を上げるなんて言ってるようで、羽生田発言以降、どうも旗色悪くない?
    自民党内で浮いてきてません?

    しかし、なんといっても今、一番面白いのはNGT48の山口真帆ちゃん事件ですね。

    AKBグループの総元締めは、あのパチンコメーカーの京楽だったんですね、最近まで知らなかった。
    それにしても、あの山口真帆ちゃんって娘は度胸ありますね、パチンコ産業っていったら、在日の闇の闇の巣窟じゃないですか、しかもASKという芸能界のトップとギャンブル業界のトップ企業
    の両方にケンカを売って五分に渡り合ってる。

    もう私なんか、山口真帆ちゃんの大ファンになりましたわ(笑)

    1. 匿名 より:

      「カニが提案するシンプルな党名。『悪党』」 メモメモ

    2. 匿名 より:

      オッサンの私がAKB48をテレビで観ていつも連想するのが東南アジアの金魚鉢。実体もそんなもんだと思っている。でも気の毒とは全く思わない。
      それが彼女達の仕事だから。

      1. 匿名 より:

        ん?金魚?口ぱくだから?・・・と思ったボクってとってもうぶ

    3. 福岡在住者 より:

      >朝銀破綻処理1兆円なんかどうなってたのかね
      あまりにも怖くて(問題多くて)保留してたのですが、小泉さんの頃そのまんま通してると思います。

      お年寄りの政治評論家(私は単なる政局評論家にしか見えない)なんて不必要な人々は、早々引退して欲しいものです。 「○×さんはスケールが、、、」とか、自分がはるか年下の頃マスメディアがそういう情報しか流さないから洗脳されてしまうのです。 今の時代キングメーカーなんて、、というか先進国ではそんなものはありえません。 そういう意味では、わが国も政治的に先進国ではなかったのかもしれませんね。(文化・経済は別ですが)
      小沢さん、金丸さん、二階さん、(石破さん)、そもそも公の場でまともに話すことの出来ない政治家が存在して良いのでしょうか? 別にペラペラ無駄な事をしゃべる野党議員が良いと言っているのではなく、与党議員の中にもただ単に選挙に強いだけの議員、(選挙区のせい?)で民の付く政党と換わらない事しか言わざるを得ない議員、とかナンチャッテ属が自民党議員の中にもそれなりにいますね。

  10. epicurian より:

    間違い投票を期待して、日本野党の会。

  11. なんちゃん より:

    今の日本の野党議員という職業議員の人たちに、ある意味敬意を表します。

    こんなムリゲー状態で議員を続けられるって、ものすごいモチベーションだと思いますわ。
    私だったらさっさと見切りをつけて別のことに時間を使います。

    政策を合わせるか、政策を捨てて一緒になるか、どっちかしかないのに、民主党政権倒れて後者の結果が出たにもかかわらず、どっちも選択できず、中途半端なグダグダを10年近く続けてるわけで。
    これで票が集まると思ってんのか、惰性なのか・・・

    七転八党くらいでいいんじゃないか?

    それでも気づかないに一票。

  12. ハゲ親爺 より:

    「自己の利益の為、特定亜細亜三カ国及びロシアに日本を売り渡すの党」略して「自特党」。

    「出自、国籍が怪しい仲間達」略して「怪しい仲間達」。

    「不正義を実現する売国党」略して「不実党」。

    「不自由非民主党」略して「非自民党」。

    「人にあらざる人の党」略して「人非人党」。

    面倒臭いから「売国奴党」。「外国の工作員党」。

    小沢センセイがどれか採用してくれないですかね?
    センスが良いと思う( -_・)?ですが。

  13. 湾州親父 より:

    悪いことばかりする、詐欺師が一仕事毎に新しい名前の新会社を設立するのに似ていますね。

    業績に誇りもなく、自身の言動に責任を持たない、扇動者である事を宣言している自覚がない事から、ある種の境界性人格障害を疑われます。

    少し長くなりますが「朝日毎日東京NHK反日捏造党」は如何でしょうか?

    分かり易くて、それなりに支持者を集められると思います。

  14. 匿名 より:

    野合、共闘しないと自民党に勝てない。というのは事実であったとしても、勝てない根本的な理由に向き合わないで、目先のことしか考えない連中にはやはりまともな人は投票しないのではないでしょうか。

  15. 猫足らず より:

    自由党が解散して国民民主党に吸収される形で合弁しましたね。
    改名はせずに党名は 国民民主党 のままだそうです。

    統一して、自由 が無くなりました。

    1. 新宿会計士 より:

      猫足らず 様

      いつもコメントありがとうございます。

      >統一して、自由 が無くなりました。

      うますぎる!

  16. ごって~ より:

    いつも勉強させていただいております。
    ありがとうございます。

    新党の命名では、管理人さんの怒りを通り越した呆れを感じますね。(笑)

    日本人で良かったと多々思いますが、日本の野党のお粗末さには余り笑えませんね、日本人は不幸です。つまり政治家にバカにされてるのでしょう。

    逆に言えば、それだけ切羽詰まってないんですよね。
    でもこれからはそうもいかないでしょう。

    今後も有益な情報、宜しくお願い致します。

  17. 非国民 より:

    本家民主党、合併民主党、眠主党、国会欠席党、何でも反対民主党、隠れ小沢党、自由(国民)民主党、いずれ民主党、もしかしたら民主党、泯主党←これがいい

  18. 関西なまこを支援する会ニダ より:

    一見民主党

    1. 関東蓮根のチンピラゴボウ より:

      二件邪悪党

      1. 非国民 より:

        三件分立党

  19. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    自由党無くなったのですか?で、国民民主党が残る。小沢一郎氏は、大学同窓の小泉氏が早く総理大臣になったので、悔しいだろうなあ(笑)。小沢氏の親の票田は盤石だし、角栄に可愛がられた。

    でも、あの人相(笑)、党を作ってはスグ潰す、度量が小さいから支える議員が集まらない、、全部日頃のおこないの悪さです!もう辞めた方がいい。国民民主党に加わったら、なにか些細な事でも引導渡されるよ。晩節を汚す。

    さて本題からハズレますが、銀行がかつて大手だけで20行あったと出だしに書かれてましたので、その件で反応させていただきます。『3億円事件』(昭和43年12月10日)と言ってもピンと来ない方がほとんどでしょうが、アレをやらかしたのは日本信託銀行の現金輸送車です。

    と言っても車内丸見えのハイヤーか役員が乗る様なセダン、セドリック(笑)です。ステンレスや金属板で車を目張りするなんてしてません。銀行員が運転!してました。

    私が気になったのは、東芝府中の従業員賞与2億9千数百万円を、自行支店の金庫で保管せず、東芝従業員の賞与を数千人分、個人別の封筒に入れて明細も付け、数日前から道隔てて反対側の三菱銀行の支店金庫に預けていた事です。個人の封筒に仕分けしたのは勿論、日本信託銀行行員が出向いてやったそうです。

    その後ずっと後年には東京三菱銀行グループに入りましたが、当時は他社。日歩を払ってでも、三菱銀行に預けるとは、なんと情けない話でしょうか(笑)。

    よほど自行の金庫に信用がなかったのか、毎月の給与も同じように金庫を借りていた。犯人グループはそれを知ってたんでしょうね。でも私は内部犯行とは思いませんし、犯人のひとりの父親が警視庁勤務だとか、白バイ役は地方で死んだとか、噂は噂どまりと思っています。

    ちなみに当時の大卒初任給は3万円。今が22〜24万円。市バス市電は20円、今は210円。という事は貨幣価値からして今の20億円はあったでしょう。しかし、昔の銀行って呑気なもんだネ〜。

    つまらんハナシを長々とすみません。

    1. 非国民 より:

      顔のことを言っては悪いですが、小沢さんはどうみても悪代官風。水戸黄門の悪役が立派に務まります。本当はとても優しいのかもしれませんが、外見がね。

      1. 匿名 より:

        30代・40代を過ぎると内面が「人相」に反映されてくると思います
        顔の造りではなく印象や雰囲気に滲み出てしまうような
        「人相」が悪くなった人が身の回りにもいますが、半島系の某カルト宗教の信者だとわかりました
        そういう人たちに囲まれているとそういう風になっていくんでしょう

        1. 非国民 より:

          なるほど。暴力団担当の刑事が暴力団風になるのと同じ理屈ですね。

      2. めがねのおやじ より:

        非国民様

        おっしゃる通り、顔は高須先生のように整形しないと保てません(笑)。小沢氏は怖い顔、印象悪いですね。もう、辞めな。

  20. 門外漢 より:

    会計士様始め、諸兄諸譲からはあまり好意的に盛られていないようですが、私は「本当の意味で」期待しています。
    何と言ってもオザワ氏は自民党を政権から引き摺り下ろした実績があります。そのため、右派政権寄りの方々からは好意的には見られません。
    かと言って革新的な理念がある訳でなく、むしろ思想信条などと関係無い所で動くとして、左派諸君からも胡散臭く思われています。
    私の思う所、彼の理念は「政治は力」です。角栄仕込みの数の信奉者と言っても良いでしょう。この点では全くブレていないと思います。
    頭でっかちの口先ばかりの〇〇民主党のように、「少数者の意見が世論だ」みたいな???は言いません。数が揃わなければ諦めて次の手を考える。いかにも造っては壊し、造っては壊しです。

    安倍政権はかつてないほどの安定感で快走中ですが、その安定性ゆえに綻びも見えるようになってきました。
    これで自公に対抗する健全野党が育ってくれなくては議会制民主主義は形骸化してしまうでしょう。
    と言って、立民・社民・共産のように、「誰が一番左に居るか」競争ばかりしていては中間リベラルは自公に流れざるを得ません。
    そこで野党の中では比較的右に居る国民と連携して中間リベラルの受け皿を造れば、自公支持の中の左と、立民シンパの中の右を引っ剥がせるとみているのでしょう。
    或いは維新辺りも抱き込めればなかなか面白い勝負が打てるのではないかと「期待」しています。

    弱点はなんといっても小沢一郎という名前でしょうね。

  21. とゆら より:

    漫画沈黙の艦隊で民自党っていう政党があったな。
    なつかしい。

  22. 保守太郎 より:

    小沢党を提案します。分かり易いと思いますよ。

  23. TDN学生 より:

    正直、小沢さんだか玉木さんだかは国会の面倒を増やすだけなんで名前を考えるのも「面党」ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。