少し時間が経過してしまいましたが、今週月曜日に東京新聞に掲載された、1本のある社説を読み、色々と思うところがありました。それは、第一には東京新聞の主張があまりにも私たち日本国民の常識から離れているのではないか、という不安感ですが、もっと踏み込んで、「新聞業界自体が読者とどう向き合うか」という点について、ウェブ評論家の1人としての意見にもつながっていきます。新聞業界の退潮が指摘されて久しいなかで、まことに僭越ではありますが、個別の新聞社がこれ以上の衰退に歯止めをかける「特効薬」、あるいは「起死回生の大逆転方法」について、考えてみたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

知的好奇心

知的好奇心の大切さ

人間とは、知的好奇心の塊です。

逆に言えば、好奇心を持たなくなった瞬間、その人の人生は味気ないものになってしまいます。

私が当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』を続けている目的について、普段から「読んで下さった皆さまの知的好奇心を刺激することにある」と説明しているのですが、最近、この説明が、あまり正しくないのではないかと思うようになりました。

というのも、頂戴する読者コメントを読んでいると、私自身が知的好奇心を刺激してもらえることが増えて来たからです。

最近のテーマでいえば、やはり、日本に対して常軌を逸した行動を続ける韓国に対し、インターネット上では「日韓断交!」だの、「経済制裁!」だのといった威勢の良い(しかし非常に短絡的な)意見も多々見られます。

しかし、当ウェブサイトでは、意外な視点からさまざまな意見を書き込んで下さる方も多く、「実はこういう意味があるのではないか?」といった、ふとした書き込みから、私自身が新たな着想を頂くことも増えてきたような気がするのです。

当ウェブサイトは、「正解」をお伝えするサイトではありません。

あくまでも、「思考することの楽しさ」を共有していただくサイトのつもりで運営しています。

このため、当ウェブサイトの主張に賛同していただく必要はありませんし、むしろ批判的な意見こそ、新たな着想の源泉でもあると思います。

知的好奇心がわかないメディア

さて、私の勝手な意見かもしれませんが、「知的好奇心」は、「自由な発想」と表裏一体の関係にあります。

「自由な発想」とは、「結論を決めつけないこと」であり、さまざまな思考実験を通じて、極端な話、「日本共産党に一票を投じてみても良いかもしれない」だの、「日本は韓国との間で通貨スワップ協定を締結してあげてもよいかもしれない」だのといった意見が出ても構わないと思います。

(※もちろん、私個人的にはこれらの考え方には賛同できませんが…。)

そもそも論として、私自身、「自分の持論とは異なる主張にこそ、耳を傾ける価値がある」と考えているのですが、その理由は、異論に接することで、自分自身の持論の欠陥を見つけることができるかもしれないからですし、また、新たな着想が湧くことも期待できると思うからでもあります。

つまり、「異論に耳を傾ける」ことは、むしろ私たちの知的生活を豊かにする行為であるはずなのです。

ただ、まことに残念なことに、現実には、既存のマスコミの報道を眺めていると、どうも「つまらない」、「面白くない」と感じることが多々あります。

その典型的な事例が、次の東京新聞の社説です。

米朝会談1カ月 実務者の接触再開を(2019年3月25日付 東京新聞より)

東京新聞の社説は、先月、ベトナム・ハノイで開かれた米朝首脳会談が事実上の物別れで終わったことについて、「対話を中断してはならない」として、米国、北朝鮮、韓国、それから日本に対し、それぞれ注文を付けるというものです。

あえて言葉を選ばずに言えば、なんとも傲慢で上から目線の社説に感じます。

東京新聞は北朝鮮について、東倉里(とうそうり)のミサイル発射施設復旧や仮想通貨窃盗などの行為を巡って、

不用意な行動は控え、早急に対話の意思を表明すべきだ。

などと述べているのですが、あからさまな犯罪行為に対して「不用意な行動を控えよ」とは、呆れて物も言えません。

一方で米国に対しては、北朝鮮との「対決状況に戻ってはならない」、「柔軟な対応も必要」などと、まるで日本共産党のような注文を付けています。

さらに、韓国に対しては「成果を出そうと焦ってはならない」「まずは北朝鮮に特使を派遣するなどして、非核化を粘り強く訴えてほしい」などと述べたうえで、最後に日本に対して、拉致問題への対応を巡り

小手先の対応で、北朝鮮が対話に応じてくるとはとても思えない/拉致問題が解決された後、日本が北朝鮮の経済発展にどう寄与できるかといった、長期的なビジョンを示すべきだろう

などと述べているのです。

東京新聞へのエール

この社説にも「得るところ」はある!

正直、この社説を執筆した人物の見識を疑います。

ただ、それと同時に、1つ、この文章のなかに教訓を見出すとしたら、「議論の立場の違い」を説明することが、いかに大切であるか、という点にあるように思えるのです。

東京新聞の社説の場合は、やはり、大前提として「日朝友好は必要だ」、という視点に立っているのでしょう。そして、このような「結論」を決めつけるからこそ、「日本が(犯罪国家である)北朝鮮の経済発展に貢献する」、というぶっ飛んだ主張が出てくるのだと思います。

もちろん、私自身は自由な発想が大好きです。

まともに考えたら、北朝鮮のような犯罪者集団は国際社会から懲罰を与えられ、滅亡すべきであり、また、首班である金正恩(きん・しょうおん)は逮捕され、国際社会の裁きを受けるべきだと思いますし、北朝鮮が現体制を維持している限り、北朝鮮の「経済発展に日本が貢献する」ということはあり得ません。

ただ、「日本人拉致問題が完全解決でき、かつ、北朝鮮の完全な核放棄が実現するのであれば、韓国に対する牽制として北朝鮮に支援を与える」、といった考え方は、1つの思考実験としては面白いものだと思います(決して賛同はしませんが…)。

いずれにせよ、その主張に賛同するかどうかは別として、「自分と異なる意見を大切にすること」自体は非常に大切な話であり、また、東京新聞のようなメディアの主張についても、「数ある意見の1つ」としては、別に世の中に存在していても良いのではないかと思います。

偏った意見が不当に大きな影響力を持つのはNG

私が「東京新聞くらいの社説が世の中に存在していても良い」と考える理由は、もう1つあります。

それは、誠に失礼ながら、同紙の社会的影響力は微々たるものだからです。

もちろん、『あさま山荘事件と極論の出現:議論の拒絶の先に未来はない』でも触れたとおり、同社の望月衣塑子(もちづき・いそこ)記者が菅義偉(すが・よしひで)内閣官房長官の定例記者会見の場に現れては意味不明な質問を繰り返している問題については、それなりに深刻だと考えています。

ただ、東京新聞自体、かなりの「ゲテモノのメディア」です。某ウェブサイトによれば、東京新聞の2017年下期における朝刊実売部数は50万部を割り込んでいるそうですが、私自身もかれこれ通算20年以上東京に住んでいて、街で東京新聞を見掛けること自体、ほとんどありません。

なお、某ウェブサイトによると東京新聞のことを「東京の地元紙としての誇り」などと表現していますが、私が東京新聞の経営者なら、こんなことを書かれると恥ずかしさのあまり赤面してしまうに違いありません。

改めて、当ウェブサイトが主張する「国民の敵」とは、「有権者や消費者から支持されている範囲を大きく逸脱するほど巨大な権力や社会的影響力を持ち、国益を邪魔する勢力」のことであり、東京新聞の社会的影響力は「国民の敵」といえるほど大きなものではないと思います。

しかし、たとえばNHKの場合だと、放送法をタテに全世帯に強引に受信契約を迫り、巨額の受信料をかき集め、クオリティが決して高いとはいえないコンテンツを垂れ流し、職員には1人あたり2000万円近い超高額の人件費を負担しています。

つまり、東京新聞のケースと違い、NHKの場合は消費者が「見ない」という選択をすることができない仕組みとなっており、このような組織こそ、まさに「国民の敵」という表現が似つかわしいと思います。

逆に言えば、東京新聞くらいならば、一般国民からそっぽを向かれながら、じり貧のなかで一生懸命紙媒体の新聞を刷っているわけですから、これを「国民の敵」などと批判するのは、少し気の毒な気もするのです(といっても、言論空間にいる以上、彼らのおかしな主張に容赦するつもりはありませんが…)。

(広告・スポンサーリンク)



議論に勝るものはなし

東京新聞さんに1つ、老婆心ながらアドバイスをさせていただきたいと思います。

それは、「主張を右寄りに変えろ」、ということではありません。というよりも、いまさら、極左的・反日的な主張を垂れ流すのをやめる、ということはできないでしょう。

もっと端的に、圧倒的に多くの読者がウェブサイトを訪れてくれる方法が、1つあるからです。それは、当ウェブサイトが行っているのと同様、すべての記事に対して、読者が完全に自由にコメントできるようにすることです。他社がやっていない今でこそ、他社に先駆けてそれをやると高く評価されると思います。

もちろん、反社会的な内容、わいせつな内容、犯罪予告、広告用のスパム・コメントのたぐいについては、事後的に削除して問題ないと思いますが、それと同時に、単なる記事の批判コメントであれば、あえて削除せずに放置するのです。

韓国メディア『中央日報』(日本語版)のように、日々、多くの読者を集めるようになることは間違いないでしょう(※ただし、それらの読者の皆さんが貴紙の記事を褒めてくれるとは限りませんが…)。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

私自身は、「破壊活動」などの反社会的な主張でない限り、いかなる主張があっても構わないと考えていますし、一般国民は新聞社の方々が考えるよりもはるかに賢いので、ここまでインターネットが普及した世の中において、低レベルな極論が支持されるようなことはないだろう、と、楽観視しています。

そのように考えていくならば、東京新聞さんに限らず、新聞社の方々は、もっと「読者に議論に参加してもらう」という姿勢を大切にしてほしいと思います。なぜなら、読者に意見表明の場を保証することによって、その記事について、読者自身が判断する機会が増えるからです。

現状、私が見る限り、最近、時事通信に読者コメント欄が設けられたようですが、それ以外の主要メディアには読者コメント機能がありません。ツイッターなどで反応を探る、ということは可能ですが、やはり、読者コメント欄が設けられていなければ、記事を読んだ直後に他の読者の反応を見ることができません。

そうなると、必然的に「読者のメディア離れ」が加速するだけの話だと思います。

読者のメディア離れによる自滅を待つのか、それとも読者による厳しい批判を受け入れる覚悟を持ち、読者コメント欄を設けるのか。

個人的には、言論機関を名乗っている以上、自身が主張した内容について「批判される勇気」を持つことは、あまりにも当然のことだと思っていますが、新聞社やテレビ局などのマスコミは、この「批判されること」に慣れておらず、あまりにも耐性が弱すぎるように思えてなりません。

東京新聞の「中の人」が当ウェブサイトを読んで下さっているのかどうかは存じ上げませんが、もし心に響くようであれば、是非、「他社に先駆けて読者コメント欄を設ける」だけでも、ご検討いただくと嬉しいです。

そして、新聞社、あるいは新聞業界が、これ以上の衰退傾向に歯止めを掛け、起死回生策を講じることができるかどうかについては、私自身もウェブ評論家の1人として、これからじっくり観察させていただくつもりです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/06/06 15:00 【時事|金融
    「新興市場国債の価格上昇」を素直に喜んで良いものか (1コメント)
  • 2020/06/06 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/06(土) (26コメント)
  • 2020/06/06 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人「韓国さん、お達者で!」 (41コメント)
  • 2020/06/06 05:00 【韓国崩壊
    「誤った社説」を利用して作成した対韓輸出管理Q&A (25コメント)
  • 2020/06/05 12:00 【金融
    米ドルFIMA為替スワップ残高一覧20200604 (5コメント)
  • 2020/06/05 10:45 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体と徴用工団体などの内紛が発生している模様 (19コメント)
  • 2020/06/05 08:00 【マスメディア論
    劣化著しいマスメディア ポストコロナはSNS時代に (20コメント)
  • 2020/06/05 05:00 【韓国崩壊
    ホワイト国除外は結果的に経済制裁の予行演習となった (25コメント)
  • 2020/06/04 14:00 【時事|外交
    茂木外相「習近平氏訪日日程、具体的調整段階にない」 (44コメント)
  • 2020/06/04 11:00 【時事|外交
    天安門事件から31年 日本に対し恩を仇で返した中国 (37コメント)
  • 2020/06/04 08:00 【マスメディア論
    「国民激怒」?勝手に国民の声を代弁しないでください (27コメント)
  • 2020/06/04 05:00 【韓国崩壊
    日本企業の在韓資産売却がいまだ実現しないのはなぜか (53コメント)
  • 2020/06/03 21:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】テレ朝「8月上旬にも韓国で資産の現金化へ」 (11コメント)
  • 2020/06/03 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/03(水) (116コメント)
  • 2020/06/03 11:11 【時事|韓国崩壊
    ウォンと韓国外貨準備の不自然な動きは為替介入の証拠 (23コメント)
  • 2020/06/03 08:00 【韓国崩壊
    韓国に対する輸出管理はむしろ「厳格化」もあり得る! (38コメント)
  • 2020/06/03 05:00 【マスメディア論
    新聞記者「自分の出世が大事だから、訂正できません」 (26コメント)
  • 2020/06/02 21:30 【時事|韓国崩壊
    それカードやない、地雷や! (24コメント)
  • 2020/06/02 14:40 【時事|韓国崩壊
    韓国の対日提訴は「グループC」に格下げする契機か? (43コメント)
  • 2020/06/02 14:02 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、対日WTO提訴再開 (14コメント)
  • 2020/06/02 11:45 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓通貨スワップは日本が締結「してはならない」協定 (8コメント)
  • 2020/06/02 09:15 【時事|外交
    対中包囲網形成ならはG7拡大よりG20縮小が有効? (26コメント)
  • 2020/06/02 08:00 【時事|国内政治
    最大野党がアレだから、政権支持率が落ちても大丈夫! (22コメント)
  • 2020/06/02 05:00 【韓国崩壊
    セルフ経済制裁?本日午後2時に韓国政府が重大発表か (39コメント)
  • 2020/06/01 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国政府、日本をWTO提訴する方針」 (46コメント)
  • 2020/06/01 12:30 【時事|経済全般
    「4ヵ国の入国制限先行解除」は産業構造の変革好機に (3コメント)
  • 2020/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/01(月) (83コメント)
  • 2020/06/01 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が求める輸出規制撤廃のカギは対日入国制限の継続 (35コメント)
  • 2020/06/01 08:00 【マスメディア論
    マスコミ報道はカルト誌の予言と似たようなものでは? (22コメント)
  • 2020/06/01 05:00 【時事|外交
    ロシア、インド、韓国がすんなり拡大版G7に入るのか (46コメント)
  • 2020/05/31 09:00 【時事|金融
    レバノンとゴーン、そして通貨スワップのチラ見せ外交 (42コメント)
  • 2020/05/31 05:00 【韓国崩壊
    「輸出『規制』回答期限は本日到来」、それがどうした (80コメント)
  • 2020/05/30 15:00 【時事|国内政治
    国民民主党であっても良い部分は是々非々で判断すべき (26コメント)
  • 2020/05/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/30(土) (106コメント)
  • 2020/05/30 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎「6ヵ国データ」を比較してみた (44コメント)
  • 2020/05/30 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考で読む「不毛な先進国論争」の果てにあるもの (65コメント)
  • 2020/05/29 15:30 【時事|金融
    【資料】米ドル流動性・FIMA為替スワップ最新残高 (4コメント)
  • 2020/05/29 12:00 【時事|経済全般
    米投資家「国境を閉じるな、これからは中国の時代だ」 (33コメント)
  • 2020/05/29 10:30 【時事|韓国崩壊
    普段は日本を批判する韓国、中国にはダンマリ決め込む (38コメント)
  • 2020/05/29 08:00 【外交
    価値と利益で読む外交 日本にとって「大切な国」とは (25コメント)
  • 2020/05/29 05:00 【外交
    どうせ法治国家でない中国、無理に法を作らなくても… (48コメント)
  • 2020/05/28 14:30 【時事|経済全般
    「韓国などの入国制限で2.3兆円損失」は正しいのか (24コメント)
  • 2020/05/28 13:15 【時事|経済全般
    4月の輸出高は1兆円以上減少し5.2兆円にとどまる (10コメント)
  • 2020/05/28 09:30 【RMB|時事|金融
    【速報】米「香港は中国からの高度な自治を喪失」認定 (38コメント)
  • 2020/05/28 08:00 【韓国崩壊
    不毛な机上の空論を17回も続けた「韓日フォーラム」 (34コメント)
  • 2020/05/28 05:00 【時事|金融
    【速報】人民元が急落~いまや、中韓通貨は一蓮托生? (16コメント)
  • 2020/05/27 17:00 【時事|国内政治
    東京都知事選と「ホリエモン新党」巡るストーリー (11コメント)
  • 2020/05/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/27(水) (103コメント)
  • 2020/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    河村氏「徴用工基金法成立なら日本は輸出規制を解除」 (39コメント)
  • 2020/05/27 08:00 【時事|外交
    安倍総理に核心突かれ逆ギレ=中国のわかりやすい反応 (43コメント)
  • 2020/05/27 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ソフトカレンシー国・韓国の財政出動が危険である理由 (14コメント)
  • 2020/05/26 14:30 【時事|国内政治
    産経ニュース「コロナで見えた立憲民主党3つの不徳」 (33コメント)
  • 2020/05/26 12:00 【時事|韓国崩壊
    日韓往来断絶が長期化で事実上の「日韓断交」論浮上も (55コメント)
  • 2020/05/26 11:00 【時事|金融
    コロナ防疫で見せた安倍総理の指導力で財務省解体を! (20コメント)
  • 2020/05/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    コロナの最中でも「ノージャパン」だけは忘れない韓国 (27コメント)
  • 2020/05/26 05:00 【RMB|外交
    米国が「香港は金融センターの地位失う可能性」と警告 (24コメント)
  • 2020/05/25 16:00 【政治
    EPNは第2のTHAADか 米中板挟みで苦しむ韓国 (23コメント)
  • 2020/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/25(月) (95コメント)
  • 2020/05/25 11:45 【時事|経済全般
    ビジネス客の入国制限解除はTPP加盟国から順番に? (18コメント)
  • 2020/05/25 08:00 【時事|金融
    韓国など「脆弱ファイブ」に金融危機第2波は来るのか (9コメント)
  • 2020/05/25 05:00 【マスメディア論
    毎日新聞調査で「内閣支持率27%」の衝撃と「狙い」 (73コメント)
  • 2020/05/24 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】SARSの経験で読む「武漢肺炎第2波」 (57コメント)
  • 2020/05/24 09:00 【日韓スワップ|金融
    アルゼンチン9度目のデフォルトとTPPスワップ構想 (36コメント)
  • 2020/05/24 05:00 【マスメディア論
    日本新聞協会「NHKは受信料削減と業務抑制が必要」 (42コメント)
  • 2020/05/23 14:00 【時事|経済全般
    入国制限論②中韓との制限長期化で「中韓離れ」促進も (27コメント)
  • 2020/05/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/23(土) (52コメント)
  • 2020/05/23 09:00 【経済全般
    入国制限論①ヒトの移動の制限はいかにしてなされたか (6コメント)
  • 2020/05/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    市場は韓国を「中国と一蓮托生」とみなし始めたのか? (25コメント)
  • 2020/05/22 17:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破壊に寄与した文喜相国会議長が退任 (14コメント)
  • 2020/05/22 10:30 【時事|韓国崩壊
    米国の「中国孤立」ネットワークに参加求められる韓国 (53コメント)
  • 2020/05/22 08:00 【金融
    安易に「多国間通貨スワップ」に応じるべきでない理由 (23コメント)
  • 2020/05/22 05:00 【金融
    「飛ばし報道」だけでトルコリラの暴落を防いだ日本円 (26コメント)
  • 2020/05/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体に強制捜査、「ウソツキの末路」静観が正解 (63コメント)
  • 2020/05/21 12:00 【金融
    トルコとの100億ドルスワップ報道に「驚いた」日本 (10コメント)
  • 2020/05/21 08:00 【時事|経済全般
    訪日外国人99.9%減は「人数ありき」を見直す好機 (16コメント)
  • 2020/05/21 05:00 【韓国崩壊
    コロナと輸出管理適正化で日韓関係消滅は加速するのか (38コメント)
  • 2020/05/20 17:00 【時事|経済全般
    【速報】2020年4月の訪日外国人は2900人 (15コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【時事
    中韓との出入国制限、もしも長期化したらどうなるのか (14コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/20(水) (88コメント)
  • 2020/05/20 08:00 【時事|経済全般
    ポストコロナ時代は「人類対中国」?科学よ負けるな! (21コメント)
  • 2020/05/20 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が解く、韓国が「輸出規制撤回」を求める理由 (92コメント)
  • 2020/05/19 14:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G20スワップ」提唱の韓国こそトルコとスワップを (32コメント)
  • 2020/05/19 12:00 【時事|金融
    日本とトルコの通貨スワップがロシアに対する牽制に? (19コメント)
  • 2020/05/19 08:00 【時事|国内政治
    検察庁法改正案で大騒ぎした挙句に自爆した立憲民主党 (56コメント)
  • 2020/05/19 05:00 【韓国崩壊
    入国規制解除に失敗すれば日韓関係「自然消滅」実現も (40コメント)
  • 2020/05/18 15:30 【時事|韓国崩壊
    米中対立局面で日韓関係をあまり「放置」できない理由 (55コメント)
  • 2020/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~8~ (79コメント)
  • 2020/05/18 11:11 【時事|金融
    日米為替スワップは「日本が米国を助ける手段」なのか (22コメント)
  • 2020/05/18 08:00 【時事|外交
    中央日報「日本がコロナ経験共有を韓国に求めて来た」 (25コメント)
  • 2020/05/18 05:00 【外交
    時事「政府、中国などへのビジネス渡航解禁」記事の怪 (23コメント)
  • 2020/05/17 15:00 【時事|外交
    産経「日本政府がWHOのコロナ対応検証を提案へ」 (18コメント)
  • 2020/05/17 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎で中国はわざとウソを流したのか (44コメント)
  • 2020/05/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」 (116コメント)
  • 2020/05/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/16(土) (199コメント)
  • 2020/05/16 09:00 【時事|韓国崩壊
    米中コロナ対立の折、日韓関係決める「3つの守り神」 (61コメント)
  • 2020/05/16 05:00 【マスメディア論
    新聞崩壊?「押し紙」認めた判決契機に訴訟ラッシュも (51コメント)
  • 2020/05/15 16:30 【時事|外交
    トランプ氏「米中断交すれば5000億ドル節約」 (26コメント)
  • 2020/05/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~7~ (82コメント)
  • 2020/05/15 11:11 【時事|経済全般
    鈴置論考「韓国は反面教師」説を裏付ける安倍発言 (17コメント)
  • 2020/05/15 08:00 【経済全般
    コロナとは経済問題 無駄な既得権を飼う余裕は消える (28コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。