最近、当ウェブサイトではわざと「韓国ネタ」から少し距離を置いていたのですが、本稿では久しぶりに、じっくりと日韓関係について考えてみたいと思います。読者の皆さまは意外と感じるかも知れませんが、私が現在、一番心配しているのは、「日韓関係の破綻」ではありません。「文在寅政権の崩壊」です。あえて独断で申し上げれば、文在寅氏は「大韓民国」を北朝鮮に貢ぐために働いています。いっそのこと、文在寅政権下で日韓関係の破綻が実現してしまったほうが、あとあと日本にとっても都合が良い気がするのですが、日韓関係破綻よりも先に文在寅政権が破綻すると、いったいどうなってしまうのでしょうか?

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国分析の意味

昨年秋口ごろから、韓国による日本に対する不法行為、約束破りのたぐいが相次いでいます。

今になって振り返ってみると、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では昨年後半ごろから韓国に関する話題を取り上げる機会が激増し、昨年の年末から今年の年始にかけては、本当に「韓国専門サイト」のように成り果てていました。

これについて一部の読者の方から、「韓国の話題は知的好奇心を刺激する話題ではない」というお叱りの声も頂いていることも事実です。韓国の話題を取り上げている暇があれば、米中貿易戦争や金融商品会計見直し、欧州債務危機などの話題を取り上げるべきだ、というご指摘でしょう。

こうしたご指摘は、一面ではそのとおりだと思います。とくに、ユーロ圏で欧州中央銀行(ECB)の金融緩和が中途半端な状態に終わりそうななかで、欧州ではソブリン危機や金融危機が再発する気配が生じていることについては、私自身も気になっているところでもあります。

また、私に対して、「韓国など全世界からみたら取るに足らない国であり、議論する価値すらない」などと指摘した人もいます。こうした意見も、1つの見解としてはあり得ると思います(※私自身がこの見解に賛同するかどうかは別として)。

では、なぜ当ウェブサイトでは韓国についてこんなに頻繁に取り上げているのでしょうか?

実は、その本当の理由については、私自身にもよくわかりません。

ただ、あえて私なりに理由づけるならば、韓国という国の失敗例を深く知ることによって、わが国が失敗しないように、その知識を活用することができる(かもしれない)からではないか、と思います。

私の予測が正しければ、ごく近い将来(少なくとも20年以内、いや、下手をしたらあと1年以内)に米韓同盟が実質的に消滅すると見ています。また、その際、韓国が北朝鮮に吸収されるか、中国の属国になるかはわかりませんが、少なくとも「日本と同じ価値を共有する準同盟国」ではなくなるでしょう。

不自然な作為

文在寅政権が「破壊」していることは確かだが…

さて、「昨年秋口以降」と申し上げたのには、きちんとした理由があります。それは、このくらいの時期から、韓国側から日韓関係を破壊する材料が、怒涛のように押し寄せ始めたからです。思いつくまま列挙すると、たとえば:

  • 旭日旗騒動…2018年10月11日に韓国・済州島(さいしゅうとう)海軍基地で行われた国際観艦式に日本の自衛艦が参加を見送った騒動。その理由は、韓国政府が日本に対し、「旭日旗」を掲揚しないように求めてきたため。
  • 徴用工判決…2018年10月30日と11月29日に、韓国の大法院(※最高裁に相当)が自称元徴用工らの訴えを認め、日韓請求権協定などを無視し、被告の日本企業に対して損害賠償を言い渡した問題。
  • 慰安婦財団解散…2015年12月28日の日韓慰安婦合意に基づき、自称元慰安婦らに賠償金などを支払う目的で韓国政府が設立した財団について、2018年11月21日に韓国政府が解散する方針を示した問題。
  • レーダー照射…2018年12月20日に石川県能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊P1哨戒機に対し火器管制レーダーを照射したとされる事件。
  • 天皇謝罪発言…今年2月8日に報道されたブルームバーグとのインタビュー記事で、文喜相(ぶん・きそう)国会議長が「戦犯の息子である現天皇(※)が慰安婦に謝罪すべきだ」と述べた問題。

といった具合です。

(※なお、文喜相氏の発言を巡り、当ウェブサイトコメント欄には文喜相氏が「天皇」ではなく「日王」と発言した、との情報も寄せられましたが、肝心のブルームバーグのインタビュー記事が英語であるため、その真偽については未確認です。)

日本の韓国離れが進む

日本には特段の愛国心も持っていない人も多く、たいていの場合、これらの人は日章旗や旭日旗を見ても何とも思わないでしょう。そして、これらの人の間では、「日韓歴史問題」を巡って、「韓国が謝れと言っているならば謝ってしまえば良いじゃないか」、といった意見も蔓延していたのではないでしょうか?

いや、そのまえに、そもそも国際関係や日韓関係などに興味を持たない人もたくさんいると思いますし、「韓流人気」もあって、韓国には良い印象を抱いている人もたくさんいたのではないかと思います。

しかし、あくまでも私の印象では、旭日旗騒動のあたりから日本の一般国民の空気が明らかに変わり始めたような気がします。さすがに「旭日旗を掲揚するな」と要求されると、サッカーファンなどの間で共有され始めていた韓国に対する嫌悪感が、一気に日本国民に広がったのではないでしょうか?

さらに、徴用工判決問題は明らかに、日本企業にとっては、いきなり不当な損害が発生する可能性が出て来たということです。いくら日本企業の意思決定が遅いとはいえ、さすがに株主代表訴訟のリスクもありますので、「韓国に対する不要不急の投資は控えよう」という動きが出て来ても不思議ではありません。

今年の初めには、韓国メディア『中央日報』(日本語版)が「昨年を通じた日本の韓国に対する投資が29%減少した」と報じています(もっとも、これが一時的な現象なのか、それとも日本企業による投資手控えの動きなのかは、続報による見極めが必要でしょう)。

日本の対韓国投資29%減少…自国の経済が改善されたおかげ(2019年01月03日13時14分付 中央日報日本語版より)

さらに、昨年暮れには自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーが当てられるという事件が発生し(※ただし、日本政府の発表)、韓国側はこの事実を頑なに否定しているばかりか、むしろ日本の側が低空威嚇飛行を行ったと「逆ギレ」する始末。

これに加えて数日前の文喜相氏の「天皇謝罪発言」ですので、これで日本国民の韓国に対する感情が悪化しないはずがありません。

不自然な作為を感じる

ただ、これについて私は、冷静に考えると、やはり不自然さを感じます。

いや、もう少し正しく申し上げると、ここまで短期間に日韓関係を破壊しかねない悪材料が集中するとは、何か「作為的」なものを感じてしまうのです。

もちろん、文在寅氏自身が「日韓関係を積極的に破壊してやろう!」と思っているのかどうかはよくわかりません。

しかし、少なくとも文在寅政権に集まって来ている政権幹部や、同氏が所属している「ともに民主党」が、かなりの左派(というよりも「親北派」)であることを考えるならば、文在寅氏自身がそう考えていなくても、政権全体として日韓関係を悪化させようとする方向性があっても不思議ではありません。

ちなみに「天皇謝罪発言」を行った文喜相氏は、現在は国会議長就任にともない無所属となっているそうですが、出身母体は文在寅氏と同じ「ともに民主党」です。

あくまでも私の印象ですが、同じ反日でも、前任の朴槿恵政権は「日韓関係を破綻させようとする反日」ではなく、「政権支持率を高めるために反日を利用している」という側面が強く、日本が韓国に折れれば、日韓関係が正常化する、という性質がありました(慰安婦合意など、その典型例です)。

しかし、文在寅政権下で発生した各問題は、徴用工判決問題にせよ、慰安婦合意の実質破棄にせよ、レーダー照射問題にせよ、見る人(とくにアメリカ合衆国)が見れば、「明らかに韓国側に非がある」という問題ばかりです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



米韓同盟破綻

米韓同盟破棄を狙う文在寅氏

こうした不自然さに答えを与えてくれたのが、当ウェブサイトでは何度も引用している、日本経済新聞社元編集委員にして日本を代表する韓国観察者の鈴置高史氏の執筆した『米韓同盟消滅』(新潮新書)です。

鈴置氏は先週出演したラジオ番組で、この書籍が出版された当初は「トンデモ本」の一種と見られていた、などと率直に述べられていましたが、確かに文在寅政権発足直後の頃だと、いきなり「米韓同盟がなくなる」と言われると、思わず「そんなバカな!」と鼻で笑われるのがオチだったのではないかと思います。

一部の人は「鈴置氏はどうせネトウヨ受けを狙った嫌韓主義者でしょ?」と思っているようですが、鈴置氏は「嫌韓主義者」ではありません。というのも、客観的証拠をこれでもかというほど集めて来て議論を組み立てているのですが、そのなかには韓国にとって有利なものも多数含まれているからです。

むしろ、世間の嫌韓主義者とは完全に一線を画し、かなり以前から「米韓同盟は消滅する」と予言してきた論者です。鈴置氏と私はバックグラウンドもまったく異なるため、考え方は同じではありませんが、すくなくともこの書籍に記載されている内容については、私としても同意せざるを得ません。

そして、これを私の持論と勝手に結合すると、私は次のような仮説を立てているのです。

  • 文在寅政権の主目的は大韓民国を北朝鮮の将軍様に献上すること。
  • 北の核、南の経済力を結合し、「核武装した強大な統一朝鮮」を実現する、という狙いがある。
  • 「米韓同盟」「日米韓3ヵ国連携」はいずれ反故にしたい。
  • ただし、自ら米韓同盟破棄を言い出せば、ろうそくデモにより引きずりおろされる可能性がある。
  • よって、文在寅氏の副次的な目的は、「米国から米韓同盟破棄を言い出してもらうこと」にある。

日韓関係破綻が意味するところ

米韓同盟が実質的に破棄されれば、日韓関係も無傷ではいられないでしょう。

なぜなら、戦後の日韓関係は米韓関係と密接な関連性を持っていたからです。

韓国は地政学的に、北朝鮮、中国、ソ連(現・ロシア)を牽制し、日本の共産化を防ぐための砦として位置付けられてきました。いや、正確に言えば、現実がどうであれ、少なくとも歴代の日米両国政府は、韓国をそのように位置づけてきたはずです。

また、ソ連崩壊などにより冷戦構造が終了したことは事実ですが、今度は1990年代に、新たな北朝鮮核問題が浮上し、また、(私の理解では)米軍が駐留する韓国と直接の国境を接することを嫌った中露両国が緩衝地帯として北朝鮮の存在を容認したことで、韓国の地政学的地位は維持されました。

これこそが、日本が韓国を重視せざるを得ない(と日本政府が考えている)最大の理由でしょう。

そして、米韓同盟が実質破棄されれば、最悪の場合、日本の防衛ラインが対馬海峡にまで下りて来ます。そうなれば、日本は北海道防衛(対ロシア)や沖縄防衛(対中国)だけでなく、対馬防衛(対韓国)をしなければならなくなり、国防コストも飛躍的に上昇するでしょう。

これに加えて、「日韓断交」により日本が韓国との通商関係を一切遮断すれば、商取引などが滞り、日本企業にも甚大な損失が発生します。また、「日韓断交」までいかなくても、関税引き上げに加え、通関手続などが煩雑になれば、日韓両国企業にとってはコスト負担の増大に直結します。

ただ、私自身は「長期的な日本の国益を守るためであれば、短期的な損失はやむを得ない」と考えていることも事実です。戦後の日本は中国や韓国と距離を詰め過ぎたという側面もありますが、日本が再び中韓と適度な距離を保つという意味で、敢えて「ショック療法」を取るのも良いと思います。

具体的には、現在の日本政府がやっているような、「日韓請求権協定第3条に基づく協議、仲裁措置」です。この手続は、『協議申入は日本政府の「時間稼ぎ」?そしてその真の狙いとは』で申し上げたとおり、かなり時間がかかります。

日本政府はあえて時間がかかる手続きを取ることで、「韓国が約束を守らない国だ」という印象を「日本の企業社会」に対して植え付けようとしているのだとしているのだとしたら、なかなか賢い戦略だと思うのです。

そうは問屋が卸さない?

ただし、今月に入り、何やら雲行きが怪しくなってきたことも事実です。

一部のメディアが大きく報じているとおり、文在寅氏の長女が東南アジアのタイに「移住」していたとの疑惑が持ち上がるなど、文在寅氏の権力基盤に疑問符が付き始めたからです。私個人的には、韓国のことですから、文在寅氏がそもそも2022年までの任期を全うできない可能性を検討すべきと思います。

こうしたなか、昨日、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、こんな記事が出ていました。

呉世勲前ソウル市長「文在寅大統領、5年任期も満たせないだろう」(2019年02月10日12時52分付 中央日報日本語版より)

これは、「自由韓国党の次期党代表候補」とされる呉世勲(ご・せくん)前ソウル市長が9日、「いまの状況を見ると文在寅大統領は5年の任期も満たせないだろう」と主張した、という話題です。

中央日報の報道を要約して箇条書きにすると次のとおりです(ただし日本語表現については手直ししています)。

  • 呉前市長は9日の会合で、「文大統領は5年の任期も満たせなさそうだ」と述べ、「自由韓国党も代替する走者を用意しておかなければならいのではないか」と支持を訴えた
  • これに先立ち7日、「自由韓国党」の代表選への出馬を宣言した際、「政治家・朴槿恵を超えなければならない」「朴槿恵を克服できてこそ保守政治が復活できる」と述べている

肝心の、「なぜ文在寅(氏)が5年の任期も満たせない」と彼が主張したのか、その理由については、よくわかりません。しかし、こうした発言を見る限り、韓国社会では薄々、文在寅氏が朴槿恵氏と同じ運命を辿るのではないかとの懸念が共有され始めているのではないかとの疑念を抱きます。

では、文在寅政権が途中で罷免されたような場合、韓国は、あるいは日韓関係は、いったいどうなってしまうのでしょうか?

私自身が一番懸念しているのは、「親米的な政治家」が出現して米韓関係の修復に動き出すことです。

それも、ただの「親米」ならともかく、得てして近年の韓国では、「反日」でなければ大統領に当選できないという傾向がある気がしてなりません。つまり、「米韓関係修復」の傍ら、「日韓関係破壊」の動きが続いてしまうことです。

私は日韓関係の無秩序な終焉について、決して好ましいとは考えていませんが、それでも冷戦後に朝鮮半島の地政学的な意味合いも変わってしまっている以上は、冷戦構造を前提とした日韓関係をいつまでも続けるべきではありません。

本当の懸念

私自身、文在寅氏が日韓関係を破壊しようとしているのならば、それを奇貨として、日本も「韓国と適切な距離を取る」というきっかけにすべきだと考えているのですが、文在寅政権が倒れれば、日本政府は再び、後任政権との関係構築の努力をしなければならなくなります。

これこそ、「弱い政権が続くことで周辺国に迷惑をかけ続ける」「国内の派閥争いに外国勢力を引きずり込む」という、朝鮮半島の悪しき伝統復活の兆しではないかと思うのです。

とくに、「ポスト文在寅」が親米派で、韓国の国内が「親米」「親中」「親北」に別れて争い、それぞれの国を自国に引きずり込む形で情勢が泥沼化する、という「李氏朝鮮化シナリオ」が、私にとっての目下の悪夢です。

これが私の杞憂だったら良いのですが…。

いずれにせよ、今後の日韓関係においては「文在寅政権の空中分解リスク」を完全に無視すべきではないのかもしれません。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/02/24 12:15 【政治
    「安倍総理は独裁者」と主張する方とツイッターで対話してみた
  • 2019/02/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    釜山沖共同訓練参加を巡る報道の虚実と「本当の背景」を探る (19コメント)
  • 2019/02/23 13:30 【時事|韓国崩壊
    日韓関係は「日米韓3ヵ国連携の先行き」という視点こそ大事 (22コメント)
  • 2019/02/23 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国の経済統計の怪しさ:「家計債務でもウソをつく」? (25コメント)
  • 2019/02/22 22:22 【時事|雑感オピニオン
    【緊急速報】ぬわー!それを映画化するとは… (18コメント)
  • 2019/02/22 10:00 【マスメディア論
    新聞紙の利点:天ぷら、習字、靴の乾燥…まだまだあります! (16コメント)
  • 2019/02/22 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係、「いっそ破綻させてしまう」というのも選択肢か? (68コメント)
  • 2019/02/21 10:45 【マスメディア論|時事
    「国民の代表」を騙る新聞記者、そして「国民の敵」 (35コメント)
  • 2019/02/21 05:00 【韓国崩壊
    「敵の手の内」を知るには、相手国の報道を見るのも1つの手 (48コメント)
  • 2019/02/20 15:00 【外交
    岩屋防衛相の「問題発言」 日本の思いが韓国に届かないわけ (33コメント)
  • 2019/02/20 11:30 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の非核化のために、できること、やらねばならぬこと (66コメント)
  • 2019/02/20 05:00 【金融
    繰り返す!日本は財政再建も消費増税も必要としていない (61コメント)
  • 2019/02/19 12:40 【韓国崩壊|経済全般
    ほら見たことか、強引な最低賃金規制が韓国の雇用を破壊する (92コメント)
  • 2019/02/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    外為法第48条の研究:韓国に対するモノの流れの制限とは? (33コメント)
  • 2019/02/18 16:30 【時事|韓国崩壊
    徹底的に日本を侮辱する韓国国会議長にどう対応するか? (102コメント)
  • 2019/02/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    トランプ政権の「対北朝鮮融和論」、米議会で警戒相次ぐ (44コメント)
  • 2019/02/18 05:00 【韓国崩壊
    中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び (49コメント)
  • 2019/02/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「韓国はストックホルム症候群に」 加害者は北朝鮮 (32コメント)
  • 2019/02/17 05:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国経済崩壊」論、本当の脅威は株価暴落ではなく外貨不足 (91コメント)
  • 2019/02/16 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第7回:文章の作り方と当サイトの目標 (12コメント)
  • 2019/02/16 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金巡る徴用工訴訟で原告側が資産売却へ? (64コメント)
  • 2019/02/15 13:45 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    議論の粗さが目立つ、zakzakの非常に残念な記事 (33コメント)
  • 2019/02/15 05:00 【時事|金融
    金融庁は銀行規制を通じて韓国に対する融資制限ができるのか? (46コメント)
  • 2019/02/14 22:30 【時事|韓国崩壊
    転載自由:文喜相「日王戦犯」発言事件を巡る証拠付きリスト (49コメント)
  • 2019/02/14 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国・李洛淵首相の「逆ギレ」に心底呆れる (43コメント)
  • 2019/02/14 14:30 【時事
    徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ? (22コメント)
  • 2019/02/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    BSフジの番組で語られる、アジア通貨危機の生々しい経験 (16コメント)
  • 2019/02/14 07:00 【時事|韓国崩壊
    ペロシ米下院議長の「日本が慰安婦合意守るべき」の意味は? (31コメント)
  • 2019/02/14 05:00 【時事|政治その他
    チョコレートが食べたい?この奇祭をどうやって乗り切るのか (16コメント)
  • 2019/02/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に謝罪の意思なし 一方で徴用工の次の一手は? (60コメント)
  • 2019/02/13 10:45 【時事|韓国崩壊
    文喜相「天皇侮辱事件」に見る、韓国と付き合う際の「覚悟」 (31コメント)
  • 2019/02/13 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏「韓国のベネズエラ化」 ベネズエラと韓国の符合とは? (29コメント)
  • 2019/02/12 22:00 【時事|韓国崩壊
    「謝罪と撤回」に踏み込んだ日本政府対応と崩壊する日韓関係 (25コメント)
  • 2019/02/12 10:30 【時事|韓国崩壊
    天皇侮辱発言の韓国国会議長が釈明するも、中途半端な内容に (100コメント)
  • 2019/02/12 07:00 【時事|韓国崩壊
    「どうせ無視される仲裁手続」に踏み切ることの本当の意義 (13コメント)
  • 2019/02/12 05:00 【韓国崩壊
    「密室で無理を聞いてくれる」外交を期待する韓国の保守派 (16コメント)
  • 2019/02/11 05:00 【韓国崩壊
    文在寅政権の「空中分解」は日本にとって、むしろリスクだ (51コメント)
  • 2019/02/10 13:00 【政治
    天の配剤か?説得力が皆無の朝日新聞の社説 (48コメント)
  • 2019/02/10 05:00 【時事|経済全般
    ウェブ評論家が不適切動画に対する企業の対応を支持する理由 (29コメント)
  • 2019/02/10 00:00 【時事|国内政治
    立憲民主・枝野代表「辻元氏は既に返金し説明責任も果たした」 (33コメント)
  • 2019/02/09 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第6回:ブログのマネタイズ(飯を食う)技法 (4コメント)
  • 2019/02/09 00:00 【時事
    何も学習しない韓国の政治家 天皇陛下に安易に言及する愚 (75コメント)
  • 2019/02/08 11:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国の外貨準備高の多くはユーロ建てなのか? (57コメント)
  • 2019/02/08 09:45 【時事|雑感オピニオン
    【速報】新宿にxyzの掲示板が出現 時代の変化感じる昭和ネタ (8コメント)
  • 2019/02/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本政府が韓国に輸入関税引き上げを警告」と報道 (31コメント)
  • 2019/02/07 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国が「協議拒絶」か おそらく次は仲裁手続に移行 (26コメント)
  • 2019/02/07 12:45 【マスメディア論|時事
    この期に及んで「歴史に謙虚になれ」と主張する有名人 (23コメント)
  • 2019/02/07 10:00 【時事|国内政治
    外国人献金問題 立憲民主党はどう見てもダブル・スタンダード (13コメント)
  • 2019/02/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    果たして岩屋防衛相は「弱腰」か、それとも「深謀遠慮」か? (45コメント)
  • 2019/02/06 22:00 【時事|国内政治
    「疑惑の総合商社」・立憲民主党の辻元議員の外国人献金疑惑 (19コメント)
  • 2019/02/06 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「セルフ経済制裁」を喰らう?ソウル市の条例案に思う (34コメント)
  • 2019/02/06 10:45 【マスメディア論|時事
    新聞労連の思い上がり 新聞記者は国民を代表していない (17コメント)
  • 2019/02/06 05:00 【金融
    「財政破綻」について、コメント主様からの質問に答えます (44コメント)
  • 2019/02/05 16:30 【マスメディア論
    「もえるあじあ」管理人様からのコメントと新時代の民主主義  (11コメント)
  • 2019/02/05 11:30 【時事|外交
    小野寺五典前防衛相の「韓国を丁寧に無視せよ」発言を支持する (41コメント)
  • 2019/02/05 05:00 【マスメディア論|韓国崩壊|外交
    慰安婦問題巡るジャパンタイムズの判断、ロイター報道の悪意 (22コメント)
  • 2019/02/04 22:10 【政治
    分かりやすい!北朝鮮、レーダー照射巡り韓国に共闘呼びかけ (13コメント)
  • 2019/02/04 15:00 【時事|金融
    したり顔で「国債暴落」「日本破綻」を叫ぶ大企業経営者 (44コメント)
  • 2019/02/04 12:10 【時事|韓国崩壊|金融
    「キャッチオール規制」上のホワイト国から韓国を外すべき? (22コメント)
  • 2019/02/04 05:00 【経済全般|国内政治
    「保守派の護憲論、革新派の改憲論」があっても良いじゃないか (13コメント)
  • 2019/02/04 00:00 【時事|韓国崩壊
    米韓同盟消滅危機を受け「見捨てないで」と哀願する中央日報 (15コメント)
  • 2019/02/03 13:40 【時事|韓国崩壊
    オピニオン誌『正論』の鈴置説 そして議論の流儀 (44コメント)
  • 2019/02/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    もしかして日韓両国政府の利害は「日韓関係破綻」で一致か? (62コメント)
  • 2019/02/02 22:22 【マスメディア論|時事
    『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ (14コメント)
  • 2019/02/02 12:22 【時事|韓国崩壊
    徴用工問題と国際裁判への道 日韓請求権協定第3条を読む (20コメント)
  • 2019/02/02 05:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第5回目:ブログの「拡散」と注意事項 (5コメント)
  • 2019/02/02 02:22 【韓国崩壊
    ATMが「泥棒」発言スルー 日韓関係の本質的な変化を見る (16コメント)
  • 2019/02/01 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】朝日新聞が「日本政府、仲裁手続に移行」と報道 (13コメント)
  • 2019/02/01 15:15 【日韓スワップ|韓国崩壊
    鈴置高史氏による『デイリー新潮』記事、日本国民は必読 (19コメント)
  • 2019/02/01 10:30 【韓国崩壊
    「攻勢に出る日本」説 レーダー照射事件と北朝鮮の関係は? (25コメント)
  • 2019/02/01 05:00 【マスメディア論
    【実録】ウェブ評論サイトのアクセス数は2年で100倍に! (14コメント)
  • 2019/01/31 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府が韓国に対し「情報戦」を仕掛けているなら歓迎したい (28コメント)
  • 2019/01/31 15:00 【時事|韓国崩壊
    「制裁逃れ」報道は日本政府による意図的なリークなのでは? (24コメント)
  • 2019/01/31 11:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「八方ふさがりの韓国外交」議論の無責任さに呆れる (15コメント)
  • 2019/01/31 10:15 【韓国崩壊
    「韓国に対する制裁」は感情を排し冷静に議論することが重要 (17コメント)
  • 2019/01/31 05:00 【マスメディア論
    月間180万PVの御礼 ウェブ評論の可能性に賭けたい (13コメント)
  • 2019/01/30 16:30 【時事|韓国崩壊
    テレ朝「国連最終報告で北が核・ミサイル開発継続中」と報道 (35コメント)
  • 2019/01/30 13:00 【経済全般
    【速報】オーストラリアの軽いけれどもヘヴィーな話題 (18コメント)
  • 2019/01/30 11:45 【時事|韓国崩壊|外交
    周回遅れの「韓日お互い反省せよ」 韓国は日本の友邦ではない (19コメント)
  • 2019/01/30 10:45 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮の核放棄に日米欧が数十億ドル」という奇妙な記事 (20コメント)
  • 2019/01/30 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射、米国は仲介しない?落としどころは対韓制裁か (24コメント)
  • 2019/01/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    青山議員が「虎ノ門ニュース」で「韓国の国連安保理提訴を」 (19コメント)
  • 2019/01/29 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「挑発」「警告射撃」発言、むしろ歓迎したい (21コメント)
  • 2019/01/29 10:00 【マスメディア論|時事
    官房長官記者会見で「アイドルグループ活動休止」を聞く記者 (6コメント)
  • 2019/01/29 08:00 【時事|韓国崩壊
    「低空威嚇飛行」の言い掛かり、「改竄問題」という隘路 (19コメント)
  • 2019/01/29 05:00 【時事|国内政治
    安倍総理の施政方針演説、敢えて採点すれば70点 (7コメント)
  • 2019/01/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍演説で日韓関係が完全に欠落した意味とは? (26コメント)
  • 2019/01/28 12:30 【時事|韓国崩壊
    停滞する日韓協力:日韓友好も「費用対効果」で判断すべき (29コメント)
  • 2019/01/28 11:40 【マスメディア論|時事
    新聞記者を鳩やヤギに例えた高橋洋一氏に謝罪を求める (13コメント)
  • 2019/01/28 08:00 【マスメディア論
    新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ (20コメント)
  • 2019/01/28 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓スワップ「持ち上げて、落とす」のも立派な「経済制裁」 (28コメント)
  • 2019/01/27 05:00 【韓国崩壊
    対韓経済制裁が難しい理由と、日本に求められている「覚悟」 (88コメント)
  • 2019/01/26 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第4回:客観的事実と主観的意見を分けること (10コメント)
  • 2019/01/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    疑われた側が証拠を出す?レーダー照射問題の「もりかけ化」 (90コメント)
  • 2019/01/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の態度に腹が立つのは当然だが、経済制裁は別の問題だ (77コメント)
  • 2019/01/25 05:00 【韓国崩壊
    ウソでも良いからとにかく主張する 韓国の飽和攻撃を侮るな (24コメント)
  • 2019/01/24 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国の「対日飽和攻撃」を完全無効化する防衛省の衝撃発表 (21コメント)
  • 2019/01/24 17:10 【時事|韓国崩壊
    「公開議論」の重要性 「威嚇飛行動画」は公表されるのか? (65コメント)
  • 2019/01/24 10:20 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、職権乱用で前大法院長官を逮捕 (33コメント)
  • 2019/01/24 05:00 【韓国崩壊|金融
    「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する (54コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。