日本から韓国への経済制裁については、昨日、『韓国に対する経済制裁、考えられる5つパターンとその可能性』の中で触れたとおり、大きく分けてパターンは5つあると考えています。それは、「ヒトの往来の制限」「モノの往来の制限」「カネの往来の制限」「国連国際法委員会文書に従った対抗措置」「国連安保理決議に従ったセカンダリー制裁」です。ただし、後半の2つについてはときどきメディアにも出て来るので、知っているという人も多いのですが、前半の3つについては、データもよくしらないし、インパクトもわからない、という方も多いと思います。そこで、本稿では基礎データとして、「日韓間のヒト・モノ・カネの往来」について、情報をまとめておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

経済制裁の類型

昨日、『韓国に対する経済制裁、考えられる5つパターンとその可能性』という記事の中で、韓国に対して仮に何らかの経済制裁措置が取られるとしたら、パターンは5つある、と申し上げました。

韓国に対する経済制裁、考えられる5つパターンとその可能性

その5つとは、簡単にいえば、「ヒト・モノ・カネの遮断」、国際法に従った対抗措置、北朝鮮制裁に対するセカンダリー制裁、です。

韓国に対して経済制裁が適用されるとしたら?
  • 外為法に基づくカネの遮断
  • 外為法に基づくモノの遮断
  • 人的往来の遮断(観光ビザ免除措置の凍結・廃止・厳格化など)
  • 国連国際法委員会決議文書に基づく対抗措置
  • 国連安保理決議に基づく北朝鮮制裁へのセカンダリー制裁

この5つの措置は、いずれも、国際法に違反せず、かつ、韓国に対し、かなり大きな打撃を与えることができます。全ての措置を同時に発動した場合、極端な話、韓国経済を文在寅(ぶん・ざいいん)政権ごと粉砕するくらいの威力があります。

最近の徴用工判決や慰安婦合意の事実上の破棄を受けて、「韓国は気に食わない」、「韓国は嫌いだ」、などと思っている人が、ここ最近、激増していることは事実だと思います。しかし、だからといって相手国経済を崩壊させるのは極論でもありますし、また、やりようによっては日本にもそれなりの打撃が生じます。

しかし、客観的な事実として、「日韓断交」が実現した場合に、どれほどのインパクトが生じるのかについて考えておくことは有益でしょう。

日韓の貿易高

さて、「ヒト・モノ・カネ」の交流のうち、データとして一番簡単に取れるのは、「モノ」の交流です。これについては、日本貿易振興機構(JETRO)の韓国のページに詳しいデータが掲載されており、これによると、日韓貿易は日本の一方的な黒字となっています(2017年度)。

  • 日本から韓国への輸出…551億ドル
  • 韓国から日本への輸出…268億ドル
  • 日本の対韓貿易黒字…283億ドル

また、「日本の主要輸出品目」は、

半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器

とありますが、要するに資本財(生産するための装置など)が中心です。

わかりやすく言えば、日本が韓国に産業用装置を輸出することで、韓国が日本の代わりに産業生産活動を行い、日本に283億ドルの貿易黒字をもたらしてくれているという状況です。

もし日本がこれらの資本財について、韓国への輸出を禁止してしまえば、この巨額の貿易黒字が失われてしまいます。つまり、「日韓断交」したら、日本にも大きな打撃が生じるのです。しかし、それと同時に、日本から戦略物資が入って来なくなれば、韓国経済の方がより大きな打撃を蒙ります。

さらに、意地悪な言い方をするならば、日本が韓国への資本財の輸出をとりやめれば、韓国産業の生産活動がストップし、その分、競合する日本の輸出企業に恩恵がある、という側面もあるのかもしれません。

ただし、「ヒト・モノ・カネ」という側面から分析するのであれば、この単年度の貿易高だけをもって議論するのは不十分な気がします。

そこで、金融規制の専門家としては、あと2つの側面、つまり「カネ」と「ヒト」の往来について、データを探して来てみました。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日韓の投資残高は?

日本の対外純資産は324兆円!

まず、日銀が公表する「資金循環統計」をベースに、日本の外国との取引について、確認しておきましょう。

以前、『日本は財政危機ではない!数字で議論する日本経済と資金循環』などでも紹介しましたが、家計が1800兆円を超える金融資産を保有しており、国内の政府、企業などが使いきれなかったカネが、外国に流出しています(図表1)。

図表1 日本の資金量一覧(クリックで拡大※大容量注意)

(【出所】日銀資金循環統計より著者作成)

上記のPDF版

「海外」の「純債務」が324兆円となっているのがご確認いただけると思いますが、これは、日本人投資家が外国に投資している総額(998兆円)が、外国人投資家が日本に対して投資している総額(674兆円)を、324兆円上回っている、という意味でもあります。

では、日韓間の取引は、いったいどういう状況になっているのでしょうか?

実は、これについて統一的にまとめた統計はありません。ただし、日本と外国との資金のやり取りのなかで、大きなものは、

  • 銀行等金融機関同士の資金のやり取り(債券など)
  • 企業による直接投資(子会社や支店、工場など)

という2つの項目がわかれば、だいたい、日韓間のおカネのやり取りの概要が判明する計算です。

ここで、まずはそれに相当するデータを探してみましょう(ただし、以下の議論で参照する数値は、図表1で示した資金循環統計とは、そもそもデータのベース、項目などが異なるため、単純な比較・対応はできませんので、あらかじめお含みおきください)。

銀行部門の債権債務の国別残高

まず、銀行部門の債権債務残高については、日銀のウェブサイトに国別の残高が出ていました。

BIS国際資金取引統計および国際与信統計の日本分集計結果

ここで注目するのは、「四半期計数」と記載されているファイルです。これによると、2018年6月末時点における、韓国との債権・債務関係は、次のとおりです(図表2)。

図表2 韓国との債権・債務関係(2018年6月末基準、金額単位:百万ドル)
取引通貨金銭債権金銭債務
米ドル14,2093,091
英ポンド30
スイスフラン00
ユーロ1,0070
その他15,111224
3,8893,090
合計34,2196,406

(【出所】日銀『BIS国際資金取引統計および国際与信統計の日本分集計結果』)

日本の銀行等が韓国に対して貸しているおカネは、総額で342億ドル(1ドル=110円とすれば、約3.8兆円)です。一方で、日本の銀行が韓国から借りているおカネ(本支店送金等)は64億ドル(約7047億円)であり、圧倒的に日本が韓国に対してカネを貸している状況にあります。

なお、この統計の意味については、日銀のホームページに解説が掲載されていますので、ご興味があればご参照ください。

企業の直接投資

次に、企業の外国への直接投資については、これも日銀のホームページに該当するデータがあります。

国際収支統計(IMF国際収支マニュアル第6版ベース<2014年1月取引分~>)

これによると、2017年12月末時点において、韓国との直接投資は、図表3のとおりです。

図表3 韓国との直接投資(2017年12月末基準、金額単位:百万ドル)
区分日本→韓国韓国→日本
製造業19,788554
非製造業21,5253,792
合計41,3124,346

(【出所】日銀『国際収支統計(IMF国際収支マニュアル第6版ベース』より著者作成)

これは、日本企業が韓国に対して投資している残高が413億ドル(1ドル=110円換算で約4.5兆円)、韓国企業が日本に対して投資している残高が43億ドル(約4781億円)ということです。

約7.1兆円、意外と少なくないですか?

以上、日本企業による韓国への投資残高は、ざっくりと75,531百万ドル(つまり、約8.3兆円)です。これに、韓国企業による日本への投資残高10,752百万ドル(約1.2兆円)を引くと、純額で64,779百万ドル(約7.1兆円)です。

日本から韓国への投資
  • 銀行部門を通じた投資(対外証券投資等)…34,219百万ドル…①
  • 企業部門を通じた投資(対外直接投資等)…41,312百万ドル…②
  • ①と②の合計額…75,531百万ドル(約8.3兆円)
韓国から日本への投資
  • 銀行部門を通じた投資(対外証券投資等)…6,406百万ドル…③
  • 企業部門を通じた投資(対外直接投資等)…4,346百万ドル…④
  • ③と④の合計額…10,752百万ドル(約1.2兆円)
日韓の投資の純額
  • 銀行部門を通じた投資(対外証券投資等)…27,813百万ドル…⑤(=①-③)
  • 企業部門を通じた投資(対外直接投資等)…36,966百万ドル…⑥(=②-④)
  • ⑤と⑥の合計額…64,779百万ドル(約7.1兆円)

つまり、日本から韓国への投資額は、ざっくりといえば、総額で約8.3兆円、純額で約7.1兆円です。

たしかに巨額ではあります。しかし、GDPでアジア第2位の日本から、アジア第4位の韓国の投資金額だと考えれば、何だか少ないような気がしますね。

人的往来の基礎データ

人的往来についてどう見るか?

日韓断交の影響を見る上で、次に欠かせないデータは、人的往来です。

これについて、日本政府観光局(JNTO)と韓国観光公社は毎月、それぞれ、日本に入国した韓国人の人数、韓国に入国した日本人の人数を公表しています。

最新データだと、いずれの国でも現時点までに、2018年10月分まで出揃っています。

ただし、入国者数は毎月、大きく増減するため、単純に「前月比でどうなった」という数字を見ても意味がありません。そこで、私が重視しているのは、「12ヵ月移動平均値」を12倍した数字です。

たとえば、日本に入国した韓国人の人数は、2018年10月で571,200人(速報値)、9月で593,941人(速報値)です。

  • 2018年10月…571,200人
  • 2018年9月…593,941人

この2つの数字を比べると、10月に日本に入国した韓国人の人数は、9月と比べて22,741人減っています。しかし、単月で数字を比較してもあまり意味はありません。なぜなら、観光に適したシーズンにはお互いに入国者数が増えるかもしれないし、観光シーズンが終われば入国者が減るかもしれないからです。

このため、私が好む手法は、長いトレンドとして、「12ヵ月移動平均値を12倍した数字」を使うものです。

この「12ヵ月移動平均値を12倍した数字」とは、先ほどの例でいえば、2018年10月までの1年間の数字と、2018年9月までの1年間の数字を比較する、というものです。

  • 2017年11月から2018年10月までの12ヵ月間…7,570,673人
  • 2017年10月から2018年9月までの12ヵ月間…7,620,409人

このようなやり方をすれば、毎月の変動を均し、トレンドとしてお互いの国の入国者がどういう推移となっているのかをチェックすることができるのです。

ちなみに、日本に入国する韓国人の人数は、2018年7月までの1年間で7,724,557人でピークをうち、その後は前年同月比割れが続き、2018年10月までの1年間では7,570,673人に減少しています。

韓国人の日本への入国者が減少するという傾向については、少し話が長くなるので、また別途、紹介したいと思います。

実際の数字を眺めてみた:両国の往来編

では、実際の数字を眺めてみましょう。

以下の数値は、いずれも前年の11月から当年の10月までの12ヵ月間の合計値です。

まずは日韓の往来の合計を眺めてみましょう。

日韓の往来の合計値
  • 2018年10月までの1年間…10,367,866人
  • 2017年10月までの1年間…9,074,652人
  • 2016年10月までの1年間…7,156,544人
  • 2015年10月までの1年間…5,599,766人
  • 2014年10月までの1年間…4,967,389人
  • 2013年10月までの1年間…5,272,536人
  • 2012年10月までの1年間…5,607,687人
  • 2011年10月までの1年間…4,945,236人
  • 2010年10月までの1年間…5,358,617人
  • 2009年10月までの1年間…4,552,236人
  • 2008年10月までの1年間…4,847,889人
  • 2007年10月までの1年間…4,798,948人
  • 2006年10月までの1年間…4,396,604人
  • 2005年10月までの1年間…4,185,538人
  • 2004年10月までの1年間…3,907,284人

(【出所】JNTOデータと韓国観光公社データをもとに、著者作成)

いかがでしょうか?

統計が存在する2014年で、日韓の往来は合計しても391万人弱に過ぎなかったのが、いまや年間1000万人を超える状況となりました。とくに伸びが大きかったのは直近の3年ですが、これはなぜでしょうか?

日本を訪問する韓国人が激増

その最大の要因は、日本に入国する韓国人の人数が激増したからです。

日本に入国した韓国人の人数
  • 2018年10月までの1年間…7,570,673人
  • 2017年10月までの1年間…6,759,950人
  • 2016年10月までの1年間…4,944,509人
  • 2015年10月までの1年間…3,736,526人
  • 2014年10月までの1年間…2,599,128人
  • 2013年10月までの1年間…2,485,925人
  • 2012年10月までの1年間…1,934,813人
  • 2011年10月までの1年間…1,782,280人
  • 2010年10月までの1年間…2,348,462人
  • 2009年10月までの1年間…1,503,894人
  • 2008年10月までの1年間…2,584,258人
  • 2007年10月までの1年間…2,535,289人
  • 2006年10月までの1年間…2,037,806人
  • 2005年10月までの1年間…1,713,900人
  • 2004年10月までの1年間…1,558,950人

(【出所】JNTOデータより著者作成)

2004年には156万人程度だった韓国人入国者数が、今年は757万人と、約5倍に増えた計算です。とくにこの5年間で、毎年100万人前後ずつ、韓国人入国者が増えています。

韓国人に対する観光ビザ免除制度が恒久措置化されたのは2006年3月以降です。このため、観光ビザ免除制度を廃止し、入国者数が2004年なみの水準に落ち込めば、韓国人の入国者は一気に5分の1になる、ということです。

韓国を訪問する日本人は横ばい

ついでに、韓国に入国した日本人の人数についても確認しておきましょう。

韓国に入国した日本人の人数
  • 2018年10月までの1年間…2,797,193人
  • 2017年10月までの1年間…2,314,702人
  • 2016年10月までの1年間…2,212,035人
  • 2015年10月までの1年間…1,863,240人
  • 2014年10月までの1年間…2,368,261人
  • 2013年10月までの1年間…2,786,611人
  • 2012年10月までの1年間…3,672,874人
  • 2011年10月までの1年間…3,162,956人
  • 2010年10月までの1年間…3,010,155人
  • 2009年10月までの1年間…3,048,342人
  • 2008年10月までの1年間…2,263,631人
  • 2007年10月までの1年間…2,263,659人
  • 2006年10月までの1年間…2,358,798人
  • 2005年10月までの1年間…2,471,638人
  • 2004年10月までの1年間…2,348,334人

(【出所】韓国観光公社データより著者作成)

韓国に入国した日本人の人数は、2012年に367万人のピークを打ち、MRES騒動があった2015年にはその半分少々の186万人にまで落ち込んでいるものの、この2つの年を除けば、2004年以降の15年間でみると、だいたい200万人~300万人の間で安定しています。

つまり、日本国民の対韓感情が良かろうが悪かろうが、日本人の韓国渡航者数には、あまり顕著な影響が生じていなかったのではないか、という仮説が成立します。

ただし、日本政府が韓国人に対する観光ビザ免除制度を凍結・廃止した場合、韓国側も対抗措置として日本人に対するビザ免除制度を凍結・廃止して来る可能性もあります。

そうなると、日本人の韓国渡航者数がどこまで減少するのか、予測がつきません。なぜなら、2004年にはすでに、韓国政府は日本国籍保持者に対する観光ビザの免除措置を実施していたからです。最悪の場合、2004年の水準を割り込むことにもなりかねません。

いずれにせよ、日本政府が韓国国民に対する観光ビザ免除措置を廃止すれば、少なくとも韓国国民がいまほど気軽に日本に入国できなくなることは間違いありませんし、韓国が対抗策として日本人向けの観光ビザ免除制度を廃止すれば、両国の往来は一挙に減少するかもしれません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



対韓経済制裁はあるのか?

以上、「ヒト・モノ・カネ」という側面で、基礎的なデータを確認してみました。

当たり前の話ですが、どんな国とも経済制裁、あるいは国交断絶などの事態になれば、それなりに影響は生じます。それが大きいか、小さいか、という問題であって、たとえば日本が韓国に経済制裁を課したり、日韓断交を通告したりすれば、日本経済にも少なくない影響が生じるのです。

まず、「カネ」の面からは、324兆円という巨額の対外純資産を持つ日本経済にとっては、韓国に対する7.1兆円という純債権は大した額ではありません。しかし、それとともに、危機に際して1200億ドルの外貨不足に悩むとされている韓国経済にとって、7.1兆円とは無視できない金額です。

つまり、カネの面からは、日本から韓国への投資を制限するだけで、日本にはほとんど打撃がなく、韓国に対して一方的に大きな打撃を与えることができるのです。

次に、「モノ」という面からは、日本は韓国に対し、韓国経済にとっては基幹となる資本財を輸出しています。日韓貿易が制限されれば、日本にも甚大な影響は生じますが、それ以上に韓国経済にとっては死活問題、いや、「経済の死亡」を意味するのです。

一方で、唯一、日本に一方的な打撃が生じるのは、「ヒト」という面です。

いまや年間700万人を超える韓国人が日本に観光客としてやってきているわけですし、日本に入国する外国人のうち4分の1を占めているのが韓国人です。かりにその人数が一気に5分の1にまで減少すれば、訪日観光客自体が激減するというインパクトもあるでしょう。

ただし、マイナス影響が生じるのは、あくまでも観光業などに限定されており、日本の基幹産業に壊滅的な打撃を与えるということはありません。

以上より、日本政府が「ヒト・モノ・カネの往来の制限」を伴う経済制裁を韓国に対して適用したとしても、日本経済に対しては、かならずしも大きな打撃があるというものではなく、むしろ韓国に対してより甚大な影響を与えることができる、という点については、数字の上からは明らかだといえるでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただし、別に私は日本政府が韓国に対して「経済制裁してほしい」、「日韓断交して欲しい」、「韓国なんて国は滅亡して欲しい」、などと思っているわけではありません。

本稿はあくまでも「仮に日本が韓国に経済制裁を課した場合、どちらにどれだけの影響が生じるか」を考える上での、たんなる基礎的なデータを示したものに過ぎませんので、くれぐれもご注意ください。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/05/27 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国への経済制裁あれこれ、そして日本が持つべき覚悟とは? (13コメント)
  • 2019/05/26 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の伝統:やっぱり政争に外国勢力を招き入れて来たのか? (17コメント)
  • 2019/05/26 11:45 【時事|韓国崩壊
    「日本も困っているはず」?なぜ韓国メディアは読み誤るのか (31コメント)
  • 2019/05/26 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞社が165万円の賃下げ」という報道のインパクト (45コメント)
  • 2019/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月25日版) (60コメント)
  • 2019/05/25 05:00 【時事|外交
    トランプ大統領訪日を契機に、「希望の同盟」について考えた (65コメント)
  • 2019/05/24 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア 根本的な認識がおかしいから、結論を間違える (49コメント)
  • 2019/05/24 11:30 【時事|韓国崩壊
    「文在寅氏は日韓首脳会談を望んでいる」、本当ですか? (20コメント)
  • 2019/05/24 05:00 【時事|政治その他
    シンゾー・アベじゃなく、アベ・シンゾーと呼んでください (65コメント)
  • 2019/05/23 23:45 【時事|韓国崩壊
    建設的議論が期待できない日韓外相会談でも必要な理由とは? (28コメント)
  • 2019/05/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    彼女がフィリピンに渡ったとき、日本軍はいませんでしたよ? (38コメント)
  • 2019/05/23 09:45 【マスメディア論|時事|国内政治
    野党の謎の風頼み、正体は「マスコミ頼み」でしょう (14コメント)
  • 2019/05/23 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「スワップを結ばないこと」が韓国への意図せざる経済制裁に (51コメント)
  • 2019/05/22 13:45 【時事|金融
    対中輸出に急ブレーキ それでも増税を強行するつもりですか? (15コメント)
  • 2019/05/22 11:00 【時事|韓国崩壊
    真の親日派とは、文在寅氏その人だ (26コメント)
  • 2019/05/22 05:00 【韓国崩壊
    徴用工と慰安婦の共通点:本質はウソツキ韓国と事なかれ日本 (29コメント)
  • 2019/05/21 17:15 【時事|韓国崩壊
    ウォンの防衛ラインは1195?「ウォン安なら株高」説の怪 (29コメント)
  • 2019/05/21 12:00 【RMB|時事|金融
    AIIBの総裁来日と債券発行 いったい何に使うのですか? (14コメント)
  • 2019/05/21 11:00 【時事|韓国崩壊
    仲裁手続について、韓国メディアの報道をいくつか眺めてみた (7コメント)
  • 2019/05/21 05:00 【時事|韓国崩壊
    対韓仲裁手続付託通告 タイミングと狙いについて考えてみる (53コメント)
  • 2019/05/20 22:15 【時事|外交
    どうなった「蚊帳の外」論 今、安倍総理が金正恩と会う理由 (7コメント)
  • 2019/05/20 16:00 【時事|韓国崩壊
    日本が仲裁手続の付託決定:国際的ルールで韓国を裁く第一歩 (42コメント)
  • 2019/05/20 11:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    ウォン安は続く?スワップ欠く日韓関係、企業はリスク管理を (19コメント)
  • 2019/05/20 05:00 【韓国崩壊
    数値で見る日韓関係:ヒト・モノ・カネの交流状況とは? (12コメント)
  • 2019/05/19 12:45 【時事|韓国崩壊
    あまりにも予想どおり!自称元徴用工らが「基金構想」提示へ (61コメント)
  • 2019/05/19 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    中韓通貨は「大台」目指す?「通貨暴落」の意味を考える (27コメント)
  • 2019/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月18日版) (171コメント)
  • 2019/05/18 05:00 【マスメディア論
    罪深いテレビ業界の腐敗ぶりと新しいネットメディアの可能性 (56コメント)
  • 2019/05/17 18:45 【時事|国内政治
    不信任案は衆院解散総選挙の「大義」になる?当たり前です (14コメント)
  • 2019/05/17 11:00 【韓国崩壊
    徴用工と瀬戸際外交:放置すれば日本の選択肢が増えるのも事実 (50コメント)
  • 2019/05/17 05:00 【RMB|金融
    朝鮮半島統一費用は1兆ドル?AIIBさん、出番ですよ! (35コメント)
  • 2019/05/16 16:15 【時事|韓国崩壊
    良い国(1192)作る?それとも破綻?為替相場と韓国産業 (21コメント)
  • 2019/05/16 10:30 【時事|韓国崩壊
    嫌な予感つきまとう「トランプ訪韓」、その目的は北朝鮮牽制? (48コメント)
  • 2019/05/16 05:00 【マスメディア論
    被害者への無神経な取材 マスコミはれっきとした加害者だ (25コメント)
  • 2019/05/15 16:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相、自称徴用工問題巡り「対応には限界がある」 (44コメント)
  • 2019/05/15 12:30 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    【ショートメモ】中央日報「韓日スワップ程度は復元すべき」 (30コメント)
  • 2019/05/15 11:00 【金融
    総論:なぜ通貨安は困るのか 外国から外貨を借りる国の悲哀 (15コメント)
  • 2019/05/15 09:30 【時事|韓国崩壊
    【ショートメモ】韓国では友好国にレーダー照射するのですか? (14コメント)
  • 2019/05/15 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏の論考を読んで頭をよぎる嫌な予感 日本は歴史に学べ (47コメント)
  • 2019/05/14 23:55 【マスメディア論
    【速報】NHKの受信料収入が7000億円の大台に! (6コメント)
  • 2019/05/14 12:33 【時事|韓国崩壊
    東亜日報記者は「必要条件」と「十分条件」を混同したのか? (38コメント)
  • 2019/05/14 06:00 【金融
    「日本国債はデフォルトしない」論はMMT使わずに説明可能 (37コメント)
  • 2019/05/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国はそろそろ日本に「ツートラック戦略」の対価を払え (25コメント)
  • 2019/05/13 15:30 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    KRWじり下の一方、「4000億ドル外貨準備が安定基盤」 (8コメント)
  • 2019/05/13 11:30 【時事|韓国崩壊
    USDKRWの値動きの裏で、真のリスクは「外貨資金流出」 (26コメント)
  • 2019/05/13 06:00 【韓国崩壊
    文在寅政権の2年を振り返る:当ウェブサイトの予想は的中? (13コメント)
  • 2019/05/13 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国ウォン下落局面、「韓日スワップ待望論」は出て来るか? (18コメント)
  • 2019/05/12 05:00 【マスメディア論|金融
    真の国民の敵とはNHKと財務省 解決する唯一の方法と人物 (29コメント)
  • 2019/05/11 17:00 【時事|外交
    トランプ氏「ミサイルに反応せず」 瀬戸際外交には無視も有効 (15コメント)
  • 2019/05/11 11:11 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月11日版) (100コメント)
  • 2019/05/11 05:00 【韓国崩壊
    韓国人学者「日本から見て信頼に値するのは韓国より北朝鮮」 (42コメント)
  • 2019/05/10 15:30 【時事|経済全般|外交
    【速報】米、中国の2000億ドルの輸入品に25%関税適用へ (36コメント)
  • 2019/05/10 15:01 【時事|外交
    北朝鮮の挑発と「日米の韓国外し」 静観と経済制裁強化が正解 (11コメント)
  • 2019/05/10 10:00 【時事|韓国崩壊
    予想以上の成果?就任3年目の文在寅政権を生温かく見守りたい (20コメント)
  • 2019/05/10 05:00 【マスメディア論
    ウェブ言論時代 どちらが正しいかは「読者が」判断する (19コメント)
  • 2019/05/09 22:15 【時事|韓国崩壊
    「北がミサイル発射したからウォン安に」の言い訳は渡りに船 (14コメント)
  • 2019/05/09 12:30 【時事|経済全般
    時間もカネもかかる 非上場株式の競売が困難である理由 (17コメント)
  • 2019/05/09 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「プチ・ワロス曲線」とやっぱりおかしい韓国の外貨準備高 (31コメント)
  • 2019/05/09 05:00 【RMB|金融
    AIIBの現状と人民元 日本が「バスに乗らなかった」結果 (12コメント)
  • 2019/05/08 15:15 【時事|韓国崩壊
    「売却するぞ、売却するぞ、今度こそ本当に売却するぞ」 (30コメント)
  • 2019/05/08 11:15 【時事|韓国崩壊
    輸出、通貨、安保のすべてで行き詰る韓国の「次の一手」 (26コメント)
  • 2019/05/08 05:00 【時事|外交
    国際関係アナリスト・北野幸伯氏の優れた論考 (43コメント)
  • 2019/05/07 23:45 【時事|韓国崩壊|金融
    【ショートメモ】USDKRWが1172.76に下落(WSJ) (9コメント)
  • 2019/05/07 11:15 【時事|韓国崩壊
    ウォン安と徴用工問題:韓国の「経済破綻」が単純でない理由 (30コメント)
  • 2019/05/07 06:00 【外交
    北朝鮮情勢 「蚊帳の外」だったはずの日本が主導権を握る (20コメント)
  • 2019/05/07 05:00 【雑感オピニオン
    自作自演コメントは読者への詐欺であり、言論に対する冒涜 (37コメント)
  • 2019/05/06 05:00 【韓国崩壊
    「用日派」のホンネは「克日」 日韓友好が成り立たない理由 (119コメント)
  • 2019/05/05 12:30 【RMB|時事|金融
    麻生総理、中国念頭に「借り手卒業」を促す 当然すぎる発言 (17コメント)
  • 2019/05/05 05:00 【韓国崩壊
    日韓協力がなくても日本はまったく困らないという具体的証拠 (61コメント)
  • 2019/05/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月4日版) (63コメント)
  • 2019/05/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    「CMIMローカル通貨化で人民元が基軸通貨化」報道の怪 (24コメント)
  • 2019/05/03 17:30 【時事|韓国崩壊
    やっぱり「徴用工判決問題サラミスライス論」は正しいのか? (60コメント)
  • 2019/05/03 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    ウォン安が通貨危機の兆候なら「消極的経済制裁」のチャンス (45コメント)
  • 2019/05/03 05:00 【国内政治
    憲法記念日に「脱税の放棄」について考えてみた (70コメント)
  • 2019/05/02 12:00 【読者のページ
    【雑談専用記事】GW中もいろいろ議論が盛り上がっています (74コメント)
  • 2019/05/02 05:00 【韓国崩壊|金融
    徴用工判決問題:非上場株式の換金はサラミスライスの一環? (145コメント)
  • 2019/05/01 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】徴用工判決問題、「日本企業の資産売却申請」と報道 (120コメント)
  • 2019/05/01 05:00 【時事|国内政治
    マスコミの影響力低下は、令和でいっきに加速する (64コメント)
  • 2019/04/30 16:47 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    【ショートメモ】やっぱりUSDKRWの動きが不自然 (18コメント)
  • 2019/04/30 11:45 【時事|雑感オピニオン
    国民とともに歩まれた天皇陛下に感謝申し上げます (20コメント)
  • 2019/04/30 06:00 【韓国崩壊
    ウソツキ瀬戸際外交を続ける詐欺国家・韓国とどう対峙するか (90コメント)
  • 2019/04/30 05:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    USDKRWの為替変動が不自然、通貨当局による為替介入? (41コメント)
  • 2019/04/29 16:00 【時事|韓国崩壊
    ニュース短評 「用日派メディア」中央日報の「叫び」3連発 (41コメント)
  • 2019/04/29 12:00 【読者のページ
    【雑談専用記事】「令和」目前、「平成」最後の「昭和」の日 (31コメント)
  • 2019/04/29 06:00 【韓国崩壊
    安倍政権が対韓制裁に乗り出さない「本当の理由」を考えてみた (61コメント)
  • 2019/04/29 05:00 【時事|韓国崩壊
    ニュース短評「韓国経済の減速要因は設備じゃなく輸出」ほか (12コメント)
  • 2019/04/28 12:00 【時事|雑感オピニオン
    当ウェブサイト初の「ボツ記事」 せっかく分析をしたのだが… (33コメント)
  • 2019/04/28 05:00 【時事|国内政治
    令和最初の見どころは「消費増税凍結巡る衆参同日選」? (24コメント)
  • 2019/04/27 12:00 【読者のページ
    連休初日の正午 雑談専用記事をご用意いたしました (94コメント)
  • 2019/04/27 05:00 【時事|韓国崩壊
    企業の寄付金不足?今年の「日韓未来対話」開催が危ぶまれる (47コメント)
  • 2019/04/27 00:00 【時事
    連休中のウェブサイト更新に関するお知らせ (2コメント)
  • 2019/04/26 15:30 【時事|国内政治
    数合わせの「小沢新党」の懲りない面々:政党名を考えてみた (37コメント)
  • 2019/04/26 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国は典型的な「縮小均衡経済」の罠におちたのか? (18コメント)
  • 2019/04/26 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国への対抗措置には「通貨危機」をうまく利用するのも手だ (28コメント)
  • 2019/04/25 16:30 【時事|金融
    【ショートメモ】通貨KRWが下がり出したのか? (39コメント)
  • 2019/04/25 16:00 【時事|韓国崩壊
    外相・防衛相「2+2」は「開催されないこと」もメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/25 11:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工訴訟問題の落としどころは「セルフ経済制裁」の実現? (25コメント)
  • 2019/04/25 05:00 【RMB|時事|金融
    中国の国際金融戦略の現状は鳴かず飛ばずだが、警戒は必要だ (18コメント)
  • 2019/04/24 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓「未来志向」削除:韓国メディアの「逆ギレ」は限定的? (32コメント)
  • 2019/04/24 10:00 【時事|外交
    イラン産原油・SRE廃止の影響 中国、トルコ、韓国の反応 (20コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。