日本から韓国への経済制裁については、昨日、『韓国に対する経済制裁、考えられる5つパターンとその可能性』の中で触れたとおり、大きく分けてパターンは5つあると考えています。それは、「ヒトの往来の制限」「モノの往来の制限」「カネの往来の制限」「国連国際法委員会文書に従った対抗措置」「国連安保理決議に従ったセカンダリー制裁」です。ただし、後半の2つについてはときどきメディアにも出て来るので、知っているという人も多いのですが、前半の3つについては、データもよくしらないし、インパクトもわからない、という方も多いと思います。そこで、本稿では基礎データとして、「日韓間のヒト・モノ・カネの往来」について、情報をまとめておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

経済制裁の類型

昨日、『韓国に対する経済制裁、考えられる5つパターンとその可能性』という記事の中で、韓国に対して仮に何らかの経済制裁措置が取られるとしたら、パターンは5つある、と申し上げました。

韓国に対する経済制裁、考えられる5つパターンとその可能性

その5つとは、簡単にいえば、「ヒト・モノ・カネの遮断」、国際法に従った対抗措置、北朝鮮制裁に対するセカンダリー制裁、です。

韓国に対して経済制裁が適用されるとしたら?
  • 外為法に基づくカネの遮断
  • 外為法に基づくモノの遮断
  • 人的往来の遮断(観光ビザ免除措置の凍結・廃止・厳格化など)
  • 国連国際法委員会決議文書に基づく対抗措置
  • 国連安保理決議に基づく北朝鮮制裁へのセカンダリー制裁

この5つの措置は、いずれも、国際法に違反せず、かつ、韓国に対し、かなり大きな打撃を与えることができます。全ての措置を同時に発動した場合、極端な話、韓国経済を文在寅(ぶん・ざいいん)政権ごと粉砕するくらいの威力があります。

最近の徴用工判決や慰安婦合意の事実上の破棄を受けて、「韓国は気に食わない」、「韓国は嫌いだ」、などと思っている人が、ここ最近、激増していることは事実だと思います。しかし、だからといって相手国経済を崩壊させるのは極論でもありますし、また、やりようによっては日本にもそれなりの打撃が生じます。

しかし、客観的な事実として、「日韓断交」が実現した場合に、どれほどのインパクトが生じるのかについて考えておくことは有益でしょう。

日韓の貿易高

さて、「ヒト・モノ・カネ」の交流のうち、データとして一番簡単に取れるのは、「モノ」の交流です。これについては、日本貿易振興機構(JETRO)の韓国のページに詳しいデータが掲載されており、これによると、日韓貿易は日本の一方的な黒字となっています(2017年度)。

  • 日本から韓国への輸出…551億ドル
  • 韓国から日本への輸出…268億ドル
  • 日本の対韓貿易黒字…283億ドル

また、「日本の主要輸出品目」は、

半導体製造装置、半導体、プラスチック製品、鉄鋼板、フラットパネルディスプレー製造装置、基礎留分、精密化学原料、光学機器、原動機およびポンプ、計測制御分析器

とありますが、要するに資本財(生産するための装置など)が中心です。

わかりやすく言えば、日本が韓国に産業用装置を輸出することで、韓国が日本の代わりに産業生産活動を行い、日本に283億ドルの貿易黒字をもたらしてくれているという状況です。

もし日本がこれらの資本財について、韓国への輸出を禁止してしまえば、この巨額の貿易黒字が失われてしまいます。つまり、「日韓断交」したら、日本にも大きな打撃が生じるのです。しかし、それと同時に、日本から戦略物資が入って来なくなれば、韓国経済の方がより大きな打撃を蒙ります。

さらに、意地悪な言い方をするならば、日本が韓国への資本財の輸出をとりやめれば、韓国産業の生産活動がストップし、その分、競合する日本の輸出企業に恩恵がある、という側面もあるのかもしれません。

ただし、「ヒト・モノ・カネ」という側面から分析するのであれば、この単年度の貿易高だけをもって議論するのは不十分な気がします。

そこで、金融規制の専門家としては、あと2つの側面、つまり「カネ」と「ヒト」の往来について、データを探して来てみました。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日韓の投資残高は?

日本の対外純資産は324兆円!

まず、日銀が公表する「資金循環統計」をベースに、日本の外国との取引について、確認しておきましょう。

以前、『日本は財政危機ではない!数字で議論する日本経済と資金循環』などでも紹介しましたが、家計が1800兆円を超える金融資産を保有しており、国内の政府、企業などが使いきれなかったカネが、外国に流出しています(図表1)。

図表1 日本の資金量一覧(クリックで拡大※大容量注意)

(【出所】日銀資金循環統計より著者作成)

上記のPDF版

「海外」の「純債務」が324兆円となっているのがご確認いただけると思いますが、これは、日本人投資家が外国に投資している総額(998兆円)が、外国人投資家が日本に対して投資している総額(674兆円)を、324兆円上回っている、という意味でもあります。

では、日韓間の取引は、いったいどういう状況になっているのでしょうか?

実は、これについて統一的にまとめた統計はありません。ただし、日本と外国との資金のやり取りのなかで、大きなものは、

  • 銀行等金融機関同士の資金のやり取り(債券など)
  • 企業による直接投資(子会社や支店、工場など)

という2つの項目がわかれば、だいたい、日韓間のおカネのやり取りの概要が判明する計算です。

ここで、まずはそれに相当するデータを探してみましょう(ただし、以下の議論で参照する数値は、図表1で示した資金循環統計とは、そもそもデータのベース、項目などが異なるため、単純な比較・対応はできませんので、あらかじめお含みおきください)。

銀行部門の債権債務の国別残高

まず、銀行部門の債権債務残高については、日銀のウェブサイトに国別の残高が出ていました。

BIS国際資金取引統計および国際与信統計の日本分集計結果

ここで注目するのは、「四半期計数」と記載されているファイルです。これによると、2018年6月末時点における、韓国との債権・債務関係は、次のとおりです(図表2)。

図表2 韓国との債権・債務関係(2018年6月末基準、金額単位:百万ドル)
取引通貨金銭債権金銭債務
米ドル14,2093,091
英ポンド30
スイスフラン00
ユーロ1,0070
その他15,111224
3,8893,090
合計34,2196,406

(【出所】日銀『BIS国際資金取引統計および国際与信統計の日本分集計結果』)

日本の銀行等が韓国に対して貸しているおカネは、総額で342億ドル(1ドル=110円とすれば、約3.8兆円)です。一方で、日本の銀行が韓国から借りているおカネ(本支店送金等)は64億ドル(約7047億円)であり、圧倒的に日本が韓国に対してカネを貸している状況にあります。

なお、この統計の意味については、日銀のホームページに解説が掲載されていますので、ご興味があればご参照ください。

企業の直接投資

次に、企業の外国への直接投資については、これも日銀のホームページに該当するデータがあります。

国際収支統計(IMF国際収支マニュアル第6版ベース<2014年1月取引分~>)

これによると、2017年12月末時点において、韓国との直接投資は、図表3のとおりです。

図表3 韓国との直接投資(2017年12月末基準、金額単位:百万ドル)
区分日本→韓国韓国→日本
製造業19,788554
非製造業21,5253,792
合計41,3124,346

(【出所】日銀『国際収支統計(IMF国際収支マニュアル第6版ベース』より著者作成)

これは、日本企業が韓国に対して投資している残高が413億ドル(1ドル=110円換算で約4.5兆円)、韓国企業が日本に対して投資している残高が43億ドル(約4781億円)ということです。

約7.1兆円、意外と少なくないですか?

以上、日本企業による韓国への投資残高は、ざっくりと75,531百万ドル(つまり、約8.3兆円)です。これに、韓国企業による日本への投資残高10,752百万ドル(約1.2兆円)を引くと、純額で64,779百万ドル(約7.1兆円)です。

日本から韓国への投資
  • 銀行部門を通じた投資(対外証券投資等)…34,219百万ドル…①
  • 企業部門を通じた投資(対外直接投資等)…41,312百万ドル…②
  • ①と②の合計額…75,531百万ドル(約8.3兆円)
韓国から日本への投資
  • 銀行部門を通じた投資(対外証券投資等)…6,406百万ドル…③
  • 企業部門を通じた投資(対外直接投資等)…4,346百万ドル…④
  • ③と④の合計額…10,752百万ドル(約1.2兆円)
日韓の投資の純額
  • 銀行部門を通じた投資(対外証券投資等)…27,813百万ドル…⑤(=①-③)
  • 企業部門を通じた投資(対外直接投資等)…36,966百万ドル…⑥(=②-④)
  • ⑤と⑥の合計額…64,779百万ドル(約7.1兆円)

つまり、日本から韓国への投資額は、ざっくりといえば、総額で約8.3兆円、純額で約7.1兆円です。

たしかに巨額ではあります。しかし、GDPでアジア第2位の日本から、アジア第4位の韓国の投資金額だと考えれば、何だか少ないような気がしますね。

人的往来の基礎データ

人的往来についてどう見るか?

日韓断交の影響を見る上で、次に欠かせないデータは、人的往来です。

これについて、日本政府観光局(JNTO)と韓国観光公社は毎月、それぞれ、日本に入国した韓国人の人数、韓国に入国した日本人の人数を公表しています。

最新データだと、いずれの国でも現時点までに、2018年10月分まで出揃っています。

ただし、入国者数は毎月、大きく増減するため、単純に「前月比でどうなった」という数字を見ても意味がありません。そこで、私が重視しているのは、「12ヵ月移動平均値」を12倍した数字です。

たとえば、日本に入国した韓国人の人数は、2018年10月で571,200人(速報値)、9月で593,941人(速報値)です。

  • 2018年10月…571,200人
  • 2018年9月…593,941人

この2つの数字を比べると、10月に日本に入国した韓国人の人数は、9月と比べて22,741人減っています。しかし、単月で数字を比較してもあまり意味はありません。なぜなら、観光に適したシーズンにはお互いに入国者数が増えるかもしれないし、観光シーズンが終われば入国者が減るかもしれないからです。

このため、私が好む手法は、長いトレンドとして、「12ヵ月移動平均値を12倍した数字」を使うものです。

この「12ヵ月移動平均値を12倍した数字」とは、先ほどの例でいえば、2018年10月までの1年間の数字と、2018年9月までの1年間の数字を比較する、というものです。

  • 2017年11月から2018年10月までの12ヵ月間…7,570,673人
  • 2017年10月から2018年9月までの12ヵ月間…7,620,409人

このようなやり方をすれば、毎月の変動を均し、トレンドとしてお互いの国の入国者がどういう推移となっているのかをチェックすることができるのです。

ちなみに、日本に入国する韓国人の人数は、2018年7月までの1年間で7,724,557人でピークをうち、その後は前年同月比割れが続き、2018年10月までの1年間では7,570,673人に減少しています。

韓国人の日本への入国者が減少するという傾向については、少し話が長くなるので、また別途、紹介したいと思います。

実際の数字を眺めてみた:両国の往来編

では、実際の数字を眺めてみましょう。

以下の数値は、いずれも前年の11月から当年の10月までの12ヵ月間の合計値です。

まずは日韓の往来の合計を眺めてみましょう。

日韓の往来の合計値
  • 2018年10月までの1年間…10,367,866人
  • 2017年10月までの1年間…9,074,652人
  • 2016年10月までの1年間…7,156,544人
  • 2015年10月までの1年間…5,599,766人
  • 2014年10月までの1年間…4,967,389人
  • 2013年10月までの1年間…5,272,536人
  • 2012年10月までの1年間…5,607,687人
  • 2011年10月までの1年間…4,945,236人
  • 2010年10月までの1年間…5,358,617人
  • 2009年10月までの1年間…4,552,236人
  • 2008年10月までの1年間…4,847,889人
  • 2007年10月までの1年間…4,798,948人
  • 2006年10月までの1年間…4,396,604人
  • 2005年10月までの1年間…4,185,538人
  • 2004年10月までの1年間…3,907,284人

(【出所】JNTOデータと韓国観光公社データをもとに、著者作成)

いかがでしょうか?

統計が存在する2014年で、日韓の往来は合計しても391万人弱に過ぎなかったのが、いまや年間1000万人を超える状況となりました。とくに伸びが大きかったのは直近の3年ですが、これはなぜでしょうか?

日本を訪問する韓国人が激増

その最大の要因は、日本に入国する韓国人の人数が激増したからです。

日本に入国した韓国人の人数
  • 2018年10月までの1年間…7,570,673人
  • 2017年10月までの1年間…6,759,950人
  • 2016年10月までの1年間…4,944,509人
  • 2015年10月までの1年間…3,736,526人
  • 2014年10月までの1年間…2,599,128人
  • 2013年10月までの1年間…2,485,925人
  • 2012年10月までの1年間…1,934,813人
  • 2011年10月までの1年間…1,782,280人
  • 2010年10月までの1年間…2,348,462人
  • 2009年10月までの1年間…1,503,894人
  • 2008年10月までの1年間…2,584,258人
  • 2007年10月までの1年間…2,535,289人
  • 2006年10月までの1年間…2,037,806人
  • 2005年10月までの1年間…1,713,900人
  • 2004年10月までの1年間…1,558,950人

(【出所】JNTOデータより著者作成)

2004年には156万人程度だった韓国人入国者数が、今年は757万人と、約5倍に増えた計算です。とくにこの5年間で、毎年100万人前後ずつ、韓国人入国者が増えています。

韓国人に対する観光ビザ免除制度が恒久措置化されたのは2006年3月以降です。このため、観光ビザ免除制度を廃止し、入国者数が2004年なみの水準に落ち込めば、韓国人の入国者は一気に5分の1になる、ということです。

韓国を訪問する日本人は横ばい

ついでに、韓国に入国した日本人の人数についても確認しておきましょう。

韓国に入国した日本人の人数
  • 2018年10月までの1年間…2,797,193人
  • 2017年10月までの1年間…2,314,702人
  • 2016年10月までの1年間…2,212,035人
  • 2015年10月までの1年間…1,863,240人
  • 2014年10月までの1年間…2,368,261人
  • 2013年10月までの1年間…2,786,611人
  • 2012年10月までの1年間…3,672,874人
  • 2011年10月までの1年間…3,162,956人
  • 2010年10月までの1年間…3,010,155人
  • 2009年10月までの1年間…3,048,342人
  • 2008年10月までの1年間…2,263,631人
  • 2007年10月までの1年間…2,263,659人
  • 2006年10月までの1年間…2,358,798人
  • 2005年10月までの1年間…2,471,638人
  • 2004年10月までの1年間…2,348,334人

(【出所】韓国観光公社データより著者作成)

韓国に入国した日本人の人数は、2012年に367万人のピークを打ち、MRES騒動があった2015年にはその半分少々の186万人にまで落ち込んでいるものの、この2つの年を除けば、2004年以降の15年間でみると、だいたい200万人~300万人の間で安定しています。

つまり、日本国民の対韓感情が良かろうが悪かろうが、日本人の韓国渡航者数には、あまり顕著な影響が生じていなかったのではないか、という仮説が成立します。

ただし、日本政府が韓国人に対する観光ビザ免除制度を凍結・廃止した場合、韓国側も対抗措置として日本人に対するビザ免除制度を凍結・廃止して来る可能性もあります。

そうなると、日本人の韓国渡航者数がどこまで減少するのか、予測がつきません。なぜなら、2004年にはすでに、韓国政府は日本国籍保持者に対する観光ビザの免除措置を実施していたからです。最悪の場合、2004年の水準を割り込むことにもなりかねません。

いずれにせよ、日本政府が韓国国民に対する観光ビザ免除措置を廃止すれば、少なくとも韓国国民がいまほど気軽に日本に入国できなくなることは間違いありませんし、韓国が対抗策として日本人向けの観光ビザ免除制度を廃止すれば、両国の往来は一挙に減少するかもしれません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



対韓経済制裁はあるのか?

以上、「ヒト・モノ・カネ」という側面で、基礎的なデータを確認してみました。

当たり前の話ですが、どんな国とも経済制裁、あるいは国交断絶などの事態になれば、それなりに影響は生じます。それが大きいか、小さいか、という問題であって、たとえば日本が韓国に経済制裁を課したり、日韓断交を通告したりすれば、日本経済にも少なくない影響が生じるのです。

まず、「カネ」の面からは、324兆円という巨額の対外純資産を持つ日本経済にとっては、韓国に対する7.1兆円という純債権は大した額ではありません。しかし、それとともに、危機に際して1200億ドルの外貨不足に悩むとされている韓国経済にとって、7.1兆円とは無視できない金額です。

つまり、カネの面からは、日本から韓国への投資を制限するだけで、日本にはほとんど打撃がなく、韓国に対して一方的に大きな打撃を与えることができるのです。

次に、「モノ」という面からは、日本は韓国に対し、韓国経済にとっては基幹となる資本財を輸出しています。日韓貿易が制限されれば、日本にも甚大な影響は生じますが、それ以上に韓国経済にとっては死活問題、いや、「経済の死亡」を意味するのです。

一方で、唯一、日本に一方的な打撃が生じるのは、「ヒト」という面です。

いまや年間700万人を超える韓国人が日本に観光客としてやってきているわけですし、日本に入国する外国人のうち4分の1を占めているのが韓国人です。かりにその人数が一気に5分の1にまで減少すれば、訪日観光客自体が激減するというインパクトもあるでしょう。

ただし、マイナス影響が生じるのは、あくまでも観光業などに限定されており、日本の基幹産業に壊滅的な打撃を与えるということはありません。

以上より、日本政府が「ヒト・モノ・カネの往来の制限」を伴う経済制裁を韓国に対して適用したとしても、日本経済に対しては、かならずしも大きな打撃があるというものではなく、むしろ韓国に対してより甚大な影響を与えることができる、という点については、数字の上からは明らかだといえるでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただし、別に私は日本政府が韓国に対して「経済制裁してほしい」、「日韓断交して欲しい」、「韓国なんて国は滅亡して欲しい」、などと思っているわけではありません。

本稿はあくまでも「仮に日本が韓国に経済制裁を課した場合、どちらにどれだけの影響が生じるか」を考える上での、たんなる基礎的なデータを示したものに過ぎませんので、くれぐれもご注意ください。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/04/24 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓「未来志向」削除:韓国メディアの「逆ギレ」は限定的? (9コメント)
  • 2019/04/24 10:00 【時事|外交
    イラン産原油・SRE廃止の影響 中国、トルコ、韓国の反応 (16コメント)
  • 2019/04/24 05:00 【マスメディア論|国内政治
    ウェブ時代・議論拒否するサヨクさん 保守とサヨクの違いとは (15コメント)
  • 2019/04/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    遅きに失する外交青書修正 韓国との「未来志向」削除は当然 (44コメント)
  • 2019/04/23 10:00 【時事|韓国崩壊
    瀬取り監視活動と韓国政府の「レーダー照射宣言」の危うさ (28コメント)
  • 2019/04/23 05:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2019年4月版アップデート (32コメント)
  • 2019/04/22 23:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】徴用工問題と瀬取り問題巡る重要な報道記事の紹介 (21コメント)
  • 2019/04/22 11:30 【時事|外交
    日米2+2会合:「どの国と連携しないのか」が大事なメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係打開のカギは中国にあり?旭日旗と半万年の宗主国 (49コメント)
  • 2019/04/21 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛艦が旭日旗掲げ中国に堂々入港 (8コメント)
  • 2019/04/21 14:30 【時事|韓国崩壊
    ウソツキ国家のリーク記事をまともに読む必要があるのか? (41コメント)
  • 2019/04/21 05:00 【政治
    ギリシャが対独40兆円賠償要求?ユーロ問題はドイツ問題だ! (30コメント)
  • 2019/04/20 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    北朝鮮がロシア接近 その延長線上にあるのは日本への擦り寄り (23コメント)
  • 2019/04/19 15:00 【時事|外交
    ちゃんと仕事をする内閣 外交重視姿勢はまったくブレない (16コメント)
  • 2019/04/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    読んでいて不安になる「用日」関連報道 (42コメント)
  • 2019/04/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国 (9コメント)
  • 2019/04/18 16:30 【時事|金融
    「自民党・萩生田が消費増税見送り論」報道の真相 (9コメント)
  • 2019/04/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    「大腸菌海産物の禁輸」を議論する 対等な日韓関係こそ理想 (60コメント)
  • 2019/04/18 09:30 【時事|外交
    【速報】北朝鮮の「新型戦術誘導兵器」報道、当面は静観が正解 (7コメント)
  • 2019/04/18 05:00 【国内政治
    もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える (28コメント)
  • 2019/04/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか? (36コメント)
  • 2019/04/17 08:00 【政治
    消費増税を強行する国民の敵 なぜ消費増税は間違っているのか (17コメント)
  • 2019/04/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    米朝からビンタ喰らった韓国 最大のリスクは文在寅政権崩壊 (30コメント)
  • 2019/04/16 23:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】セルフ経済制裁?日本企業が韓国からの事業撤退発表 (24コメント)
  • 2019/04/16 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「量産型用日論」 本日も韓国は「平常運転」? (36コメント)
  • 2019/04/16 10:45 【時事|経済全般
    長時間労働を当然とみる、怪しい「経営コンサルタント」 (14コメント)
  • 2019/04/16 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか? (12コメント)
  • 2019/04/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。 (21コメント)
  • 2019/04/15 15:30 【時事|金融
    恥を知れ、OECD!嘲笑に値する「消費税26%」勧告 (48コメント)
  • 2019/04/15 12:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊|金融
    やっと中央日報が通貨スワップに言及 よほど都合が悪いのか (17コメント)
  • 2019/04/15 07:00 【時事|韓国崩壊|金融
    通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える (17コメント)
  • 2019/04/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係の鉄則 相手を対等と見るならば、なおさら突き放せ (22コメント)
  • 2019/04/14 13:00 【時事|韓国崩壊
    「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する (38コメント)
  • 2019/04/14 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」? (9コメント)
  • 2019/04/14 05:00 【マスメディア論
    新聞の影響力低下とウェブ評論サイト台頭は日本を明るくする (16コメント)
  • 2019/04/13 12:00 【時事|金融
    消費税 傾聴に値する産経の正論と「外為特会廃止」論 (18コメント)
  • 2019/04/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談を巡る鈴置氏の論考と朝鮮半島の先祖返りリスク (49コメント)
  • 2019/04/12 12:00 【時事|韓国崩壊
    WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない (98コメント)
  • 2019/04/12 09:45 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談は予想どおり新味なし (24コメント)
  • 2019/04/12 07:00 【韓国崩壊
    「日本にとっての韓国は洗濯機」理論と対韓経済制裁を考える (11コメント)
  • 2019/04/12 05:00 【時事|外交
    独裁者・バシールの解任と拘束 次に逮捕されるべきは金正恩 (3コメント)
  • 2019/04/11 23:30 【時事|韓国崩壊
    追加あり【速報】ポンペオ国務長官に制裁緩和主張してしまった文在寅 (14コメント)
  • 2019/04/11 23:00 【時事|外交
    【速報】ウィキリークスのアサンジ、スーダンのバシール拘束 (1コメント)
  • 2019/04/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談 米国側に「韓国と協議」する意思もなさそうだ (36コメント)
  • 2019/04/11 11:11 【時事|金融
    日銀さん、ぜひ「プレミアム紙幣セット」を発行してください! (4コメント)
  • 2019/04/11 07:00 【時事|韓国崩壊
    「大使館新築放棄」の続報と日本企業が強く意識すべきリスク (19コメント)
  • 2019/04/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅の「とんぼ返り」 米韓首脳は意味ある会談できるのか (27コメント)
  • 2019/04/10 15:00 【時事|金融
    WSJが増税の間違いをズバリ指摘 対して日本のマスコミは… (13コメント)
  • 2019/04/10 11:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本が在韓大使館新築を事実上放棄」をどう見るか (55コメント)
  • 2019/04/10 07:00 【韓国崩壊
    割合で見る日韓関係 「洗濯機壊れて無理心中」聞かない理由 (27コメント)
  • 2019/04/10 05:00 【RMB|外交|金融
    日中関係の重要性は意外と低かった!中国の有効な使い方とは? (10コメント)
  • 2019/04/09 12:15 【時事|外交
    北朝鮮制裁が効いていないならば強化するだけの話では? (38コメント)
  • 2019/04/09 10:30 【時事|金融
    【速報/画像】新紙幣と令和時代の五百円硬貨のデザイン発表 (13コメント)
  • 2019/04/09 10:15 【時事|金融
    新紙幣と電子決済、そして次世代通貨「ブロックチェーン円」 (100コメント)
  • 2019/04/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    ハンギョレ寄稿に見る韓国の思い上がり、じつは却って好都合 (29コメント)
  • 2019/04/08 16:45 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸は本当に韓国に対する制裁カードになり得るのか? (21コメント)
  • 2019/04/08 14:15 【時事|韓国崩壊|金融
    実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道 (18コメント)
  • 2019/04/08 12:00 【時事|金融
    トルコショック再び?怖いのは局地的ショックではなく波及効果 (8コメント)
  • 2019/04/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    「対韓制裁慎重に」?そんなこと当たり前。必要なのは覚悟だ (36コメント)
  • 2019/04/07 07:00 【RMB|金融
    じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ (14コメント)
  • 2019/04/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    待ち遠しかった「鈴置論考」の最新版と分水嶺の米韓首脳会談 (17コメント)
  • 2019/04/06 07:00 【RMB|日韓スワップ|時事
    ASEAN「ローカル通貨」スワップ構想の続報と検討課題 (7コメント)
  • 2019/04/06 05:00 【時事|外交
    日中関係のほどよい距離感 キーワードは戦略的互恵関係 (26コメント)
  • 2019/04/05 14:45 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    毎日新聞英語版「日中韓とASEANが新たなスワップ検討」 (41コメント)
  • 2019/04/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    ツートラック戦略という欺瞞 徴用工の政治問題化を許すな (26コメント)
  • 2019/04/05 05:00 【マスメディア論
    軽減税率により「保護産業」への道を選んだ新聞業界の自滅 (39コメント)
  • 2019/04/04 15:00 【時事|韓国崩壊|外交
    ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」 (46コメント)
  • 2019/04/04 10:45 【時事|経済全般
    【緊急速報】山田孝之さんがパパスさんに!?ぬわー!! (8コメント)
  • 2019/04/04 10:15 【時事|外交
    新元号巡り韓国メディアが起源主張? 中国の反応は対照的 (16コメント)
  • 2019/04/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨・為替スワップに関する雑学:人民元建てスワップの伸長 (4コメント)
  • 2019/04/03 13:30 【時事|外交
    現代ビジネスの北朝鮮幹部インタビューをどう読むか (23コメント)
  • 2019/04/03 11:15 【時事|韓国崩壊
    最新記事から読む米韓・日韓の「ボタンの掛け違い」 (26コメント)
  • 2019/04/03 05:00 【マスメディア論
    ある意味で朝日新聞らしい末路とは、「社会的影響力激減」だ (24コメント)
  • 2019/04/02 15:00 【時事|金融
    ブレグジットの混乱で日英為替スワップは発動されるのか? (11コメント)
  • 2019/04/02 10:30 【時事|国内政治
    令和に関する主要新聞各紙の反応と元号の意外な効果 (33コメント)
  • 2019/04/02 05:00 【韓国崩壊|経済全般
    韓国さん、トランジットで入国者数を水増ししていませんか? (26コメント)
  • 2019/04/01 17:15 【時事|国内政治
    上念司氏参院選出馬表明、青山繁晴氏に続く…のか? (7コメント)
  • 2019/04/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    言語道断の「天皇訪韓待望論」が、なぜか韓国で相次ぐ (22コメント)
  • 2019/04/01 11:42 【時事|国内政治
    【速報】新元号は「令和」(れいわ) 新時代への希望とは? (48コメント)
  • 2019/04/01 10:15 【時事|韓国崩壊
    「ツートラック」自体が間違っていると何度いえばわかるのか (32コメント)
  • 2019/04/01 07:00 【時事|国内政治
    東京新聞が報じた「日の丸・君が代巡るILO勧告」の不自然さ (34コメント)
  • 2019/04/01 05:00 【マスメディア論
    「ウソの日」の記念にウソツキ新聞について考えてみる (8コメント)
  • 2019/03/31 05:00 【韓国崩壊
    3年前の「日本人の8割が韓国不要」調査を読み返してみた (77コメント)
  • 2019/03/30 23:00 【時事|韓国崩壊
    驚くほどそっくり!日本のサヨクと韓国政府の現実逃避ぶり (31コメント)
  • 2019/03/30 15:00 【時事|韓国崩壊
    ロイター報道「トランプ氏、米朝会談でFFVD突きつける」 (30コメント)
  • 2019/03/30 05:00 【マスメディア論|時事
    知に飢えた現代人の知的好奇心、どうやって満たすべきか? (27コメント)
  • 2019/03/29 17:00 【時事|韓国崩壊
    米韓離間が日米密着の触媒に?韓国メディアの報道に着想得る (34コメント)
  • 2019/03/29 12:15 【時事|外交
    北朝鮮非核化論、米国の堪忍袋の緒が切れかかっているのか? (37コメント)
  • 2019/03/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「韓国に対する経済制裁の在り方」についてまとめてみた (61コメント)
  • 2019/03/29 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】文在寅「政治と経済は別」 どの口がそれを言う? (30コメント)
  • 2019/03/28 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本企業に最大2兆円の損害?絶対折れてはならない理由とは (55コメント)
  • 2019/03/28 14:00 【マスメディア論|時事
    報道の自由度を下げている犯人は日本政府でなくマスコミだ! (33コメント)
  • 2019/03/28 11:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国のドル建て短期債務と資金ショート、そして日韓スワップ (26コメント)
  • 2019/03/28 05:00 【マスメディア論
    東京新聞の社説を読んで考えた:起死回生の大逆転方法とは? (24コメント)
  • 2019/03/27 12:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国の国会議長の発言:天皇陛下を「国王」と侮辱 (66コメント)
  • 2019/03/27 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    やっぱり出た!通貨スワップを結んでくれない日本への逆ギレ (27コメント)
  • 2019/03/27 05:00 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国経済に「突然死リスク」があるとすれば「資金ショート」 (32コメント)
  • 2019/03/26 15:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】まるで幼児の振る舞い 韓国で相次ぐ資産の差し押さえ (60コメント)
  • 2019/03/26 10:00 【日韓スワップ|時事
    「韓国は通貨スワップ再開を目指す」。はて、そうですかね? (20コメント)
  • 2019/03/26 05:00 【政治
    専用機導入が事実なら歓迎も、日本は自力で動ける国目指せ (51コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。