最近、当ウェブサイトへのアクセス数がさらに増え、下手をすると今月は100万PV近いアクセスに達するのではないかとの見通しも出て来ました。こうした中、本日は当ウェブサイトを引用、転載しているウェブサイトについてのレビューを行うとともに、なぜ私が「読んで下さった方の知的好奇心を刺激すること」を何より大切にしているのかについて、改めて説明しておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブサイトは誰のため?

改めてのご挨拶

改めてこんなことを申し上げるのも変ですが、本日も当『新宿会計士の政治経済評論』をご訪問下さり、大変ありがとうございます。

ところで、私は「新宿会計士」というペンネームを使っていますが、現実には東京で中小企業(※というよりもワンオペ・ブラック企業)を営む社長であり、「金融規制の専門家」を自称しています。当ウェブサイトは、そんな私がビジネスマンかつ専門家としての視点から、政治、経済の話題を提供するものです。

そして、当ウェブサイトに掲載している記事は、できるだけわかりやすく書く努力をしているものの、決して「誰にでもわかりやすい内容」ではありません。むしろ、昨日の『総論:国債のデフォルトと通貨の関係について考えてみる』に代表されるとおり、記事のレベルはかなり高いと思います。

ちなみに私が当ウェブサイトを運営している最大の目的は「読んで下さった方の知的好奇心を刺激すること」にあり、別にアクセス数を稼ぐこと(や広告収入を得ること)を目的にウェブサイトを執筆しているわけではありません。

それなのに、最近、当ウェブサイトへのアクセス数が急増していて、ページビュー(PV数)は多いときには1日5万件を超えることもあります。当ウェブサイトが読者の皆様から高く評価されていることについて、私は素直に嬉しいと思いますが、こうした現象をどう考えれば良いのでしょうか?

端的に言えば、当ウェブサイトを多くの人が読んで下さる理由は、マスコミ(新聞、テレビ、雑誌など)が提供する情報に対し、納得できない(あるいはもっと突っ込んだ情報が欲しい)と感じる人々が増えているからではないかと思います。

言い換えれば、「マスコミが提供しないような話題」を深く掘り下げて解説するようなサイトがあれば、当ウェブサイトと同様の(あるいは当ウェブサイト以上の)アクセスを得ることは間違いない、ということでもあります。

実は、当ウェブサイトは「自分のため」に運営しています

こうしたなか、最近気付いたことがあります。

私自身が当ウェブサイトを運営する目的(ないし効果)は、「読んで下さった方の知的好奇心を刺激すること」以外に、もう1つあります。それは、私自身がマスコミの報道に接して感じるフラストレーションを発散する場として機能している、ということです。

最近、当ウェブサイトへのアクセス数が順調に増えていることを受け、コメント数も順調に増加していますが、非常に嬉しいことに、それらのコメントの99.9%は非常にレベルが高く、私自身がそれらのコメントを読んで学ぶところがたくさんあります。

(もっとも、ごくまれに低レベルな煽りコメントもないわけではありませんが、そのようなコメント主はほかの読者様からの批判に耐えられず、すぐに消えてしまいます。)

つまり、自分自身の考え方を記事にして公表すれば、それに対して世の中の人々がどう考えているのか、どう感じたのかについての反応を知ることができるのです。

考えてみれば、これは非常に贅沢なことです。

読者の皆様の貴重な時間を頂き、私自身の考え方を読ませて、それに対して「どう思いますか?」というコメントまでさせるのですから、本当にご愛読いただいている読者の皆様、コメント主の皆様には心の底から感謝せざるを得ないのです。

ウェブサイト記事有料化をしない理由

また、当ウェブサイトは現在のところ、有料化する予定はありません。

その理由は、有料化する手段がないというのが一番大きいのですが(笑)、それと同時に、基本的に記事はすべて無料、コメントも審査なしで自動承認、というシステムを取ることで、現状、良質な読者コメントを多数、いただいているからです。

読者の方の中には、「これだけ質が高く需要が多いのだから、無料ではなく、有料(もしくは一部有料)でも良いのではないか?」「価値がある情報は有料で良いと思います」といったお褒めのコメントを頂くこともありますが、さすがにそれは買いかぶり過ぎでしょう。

もっとも、「投げ銭」【原則、記事は無料だが、気に入った記事があれば、その記事に対して好きな金額を支払う】などの仕組みがあれば導入してみても良いかな、と思うこともあります。そのような仕組みを導入すれば、人によってはウェブ評論サイトだけで仕事になる、という事例も出て来るはずだからです。

というよりも、あくまでも私自身の目的は、「自分自身がおカネをボロ儲けすること」ではありません。「ウェブ評論でも十分に仕事になる」と思う人が増えることで、結果的に、世の中全体に良質なウェブ評論記事の書き手が増えることが期待できるからです。

いずれにせよ、当ウェブサイトは「ジャーナリストでもない、新聞記者でもない人間が、ウェブサイトで評論活動をすることが仕事になる」可能性があるのかどうかを検証するという意味で、一種の「社会実験」的な側面もあります(※現状ではまだうまく行っているとは言えませんが…笑)。

それよりも、お気軽に当ウェブサイトを訪れて頂き、また、コメントを頂戴できる方が、遥かに嬉しいのです。

引用、転載先のレビュー

ほかの方のブログサイトを読んでみた

ところで、アクセス数が増えれば、他のウェブサイトに引用されることも増えて来ます。

一般的に無断引用・転載は著作権法違反となるようですが、当ウェブサイトに関しては、そんなことはありません。『【初めにお読みください】コメント、引用、転載自由について』で申し上げているとおり、引用・転載先で情報源さえ示していただければ、無断で引用、転載していただいても、まったく問題ありません。

私がこういう方針を取っているためでしょうか、当ウェブサイトのURLが某匿名掲示板に貼り付けられ、その書き込みも含めて某「まとめサイト」に転載される、という形で、勝手に拡散していくこともありますし、そうなれば、結果的に、当ウェブサイトの宣伝効果にもなっています。

また、、私が把握しているだけで、いくつかのウェブサイト(個人ブログ、大手オピニオン・サイト等)において、当ウェブサイトの記事が丸ごと転載されています(ちなみに大手オピニオン・サイトからは事前に転載許可依頼が来ていましたが、本来、事前の転載許可を取っていただく必要もありません)。

少し異例なケースとしては、動画サイト『YouTube』で「スクロール動画」(画像と音楽をバックに当ウェブサイトの文章を流すという動画)に仕立てて頂いた事例も確認しており、これらの動画の中には数万回再生を記録しているそうです。

これらの引用先、転載先を眺めている限りにおいては、当ウェブサイトの内容については概ね好意的に取り上げてくださっているようです。

新宿会計士の政治経済評論を生温かく見守る会

一方で、当ウェブサイトの記述を批判するようなブログサイトもないわけではありません。

たとえば次のようなブログサイトは当ウェブサイトを「匿名詐欺師」などと舌鋒鋭く批判しているようです。

月間50万pvを稼ぐ??!特ア匿名詐欺師の手法(2018-10-27付 『「新宿会計士の政治経済評論」を生温く見守る会』ブログより)

ただ、このブログ主さんのウェブサイトを読んでみたのですが、記述があまりにも支離滅裂すぎて、まことに失礼ながらまったく理解できませんでした。

何箇所か抽出してみましょう。

ここで、パンダ債が何かという事は敢えて言いません。/私は勿論知っています。/誰でもGoogle先生に尋ねれば瞬間的に答えが得られると思います。/しかし、自称・新宿会計士の経済評論は、その事に触れることはなく続きますので、私もそうして行きたいと思います。/何より、パンダ債の中身について触れられていない以上、「私の言ったパンダ債というのはそういう意味の事じゃない」という後付け説明で逃げを打つことが如何様にでも可能です。/すると、本来ならば、意味を勝手に解釈した人間の自己責任です。

これが理解できてしまった方は、ひょっとして、諸悪の根源の宇宙大魔王に頭をやられて正気の沙汰ではないのかもしれませんね。なんせ、諸悪の根源ですから。仕方ないでしょう。。。。。。

彼は、あなたの親戚はみんなネトウヨであると言います。/あなた方はネトウヨだから、すぐ頭に血が上り、冷静な議論ができないという事のようです。/あなた方は彼に「ネトウヨって何だ!」と詰め寄ります。/そうしても中々答えが返ってきません。/代わりに、彼の友達という人間が集まり、「これだからネトウヨは・・・」と笑っています。/因みに、彼の友達は全員、あなた方に素性を教えてくれません。

…???

誰か、このブログサイトの主張をわかりやすく噛み砕いて解説して下さる方はいらっしゃいませんかね(笑)

最初、私は「批判記事の中にこそ、むしろ自分のためになる記述もあるに違いない」、などと思って真面目に読んでいたのですが、途中でギブアップしてしまいました。というよりも、次の下りで爆笑してしまい、これ以上読み続けることができなくなってしまいました。

会社から給料を貰ってるのに、何故金が数千万円も必要なんだ!!と詰め寄りますと、彼は/「給料は新型の中国製ビットコインで貰っている」/こう答えてきます。

中国製のビットコイン」(原文ママ)!

ハハハ、なんじゃそりゃ…。もちろん、「いわれのない批判であればきちんと反論すべきだ」という意見もあるのですが、ここまで支離滅裂だと、べつに「いわれのない批判」であっても、放置しておいてもまったく実害がないレベルですね。

ちなみにこの人物は先月末頃に当ウェブサイトを批判するブログ記事を数本立て続けにアップロードしたようですが、このブログの更新はそれっきりで止まってしまっているようです。『「新宿会計士の政治経済評論」を生温く見守る会』さん、「生温かく見守る」つもりだったんじゃないですか~?(笑)

「怖いもの見たさ」ではありませんが、続きが気になるところであり、是非、笑わせる記事の続きをお願いしたいと思います。あ、それから、ブログ主さんがもしまだ当ウェブサイトを見ていたら、是非、コメントを下さいね~(笑)

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



ブログサイトを見ていて思うこと

アクセスが欲しい皆様へ、僭越ながら意見を申し上げます

ところで、この『「新宿会計士の政治経済評論」を生温く見守る会』さんのブログはあまりにも支離滅裂過ぎて、正直、ブログとしては「論外」なのですが、せっかくなので、これからブログを始めようとする皆さまに、僭越ながら私なりに意見を申し上げたいと思います。

一般に、せっかくブログを書くならば、他の人に読んでもらうことを意識するものです。私のこのウェブサイトは「アクセス数を稼ぐこと」自体を目的においていませんが、それでも、「多くの方々に読んでいただけるような工夫」には勤めているつもりです。

最近、私は自分自身の勉強も兼ねて、世の中の多くのブログサイトを読ませていただくことが増えています。その際に気付いたこと、あるいは気になった点が、いくつかあります。そのなかで一番気になった点は、「他人様に読んでもらえることを意識していないブログ」が多い、ということです。

まず、「文章は大切に取り扱うべきである」、という、とても当たり前の話を意識していないブログ主さんが結構たくさんいます。

たとえば、いつも申し上げていることですが、世の中の情報には、「客観的な事実」と「主観的な意見」があります。本来、両者ははっきりと分けて考えなければなりません。それなのに、客観的事実と記事の書き手の意見が混在しているブログが、結構たくさんあります。

たとえば、当ウェブサイトでも何度も取り上げているとおり、先月、韓国の大法院(※最高裁に相当)で「(自称)戦時徴用工」を原告、日本企業(新日鉄住金)を被告とする訴訟で、原告が勝訴する判決が言い渡されました。

これについてのブログを読むと、ブログサイトの中には

2018年10月30日、韓国の最高裁で日韓関係を破壊する判決が下りた。

などと記載されていることもあるのですが、それは書き過ぎです。なぜなら、「日韓関係を破壊する」の下りは、(いちおう現段階では)現段階ではまだ記事の書き手の予測(つまり主観的意見)にすぎないからです。したがって、書くのであれば、面倒であっても、

  • 2018年10月30日に韓国の大法院(最高裁に相当)において、日本企業に対し、『元徴用工』への損害賠償を命じる判決が下りた」(客観的事実)
  • この判決は、韓国政府などの今後の対応次第では、日韓関係を破壊しかねないインパクトをもたらしかねない」(主観的意見)

といった具合に、できるだけ客観的事実と主観的意見を分けるように努力すべきです。

(※もっとも、「事実と意見を混ぜて記事を書いてしまう」という点については、日本のマスコミ報道も五十歩百歩かもしれませんが…。)

ご自身の文章と他人の文章を混ぜないでください

次に私が気になったのは、「誰の文章かわからない記述」です。

文章を書くときには、他のサイトから引用することもあるでしょう(ちなみに先ほどから申し上げているとおり、当『新宿会計士の政治経済評論』に掲載されている文章については、出所さえ示していただければ、どなたでもご自由に引用、転載して頂くことが可能です)。

ただ、引用するに際しては、一般論として注意しなければならない点があります。それは、他人が執筆した文章に、ご自身の文章を混ぜ込むべきではない、という点です。もし他人の文章を引用してご自身の議論につなげるのであれば、どこからどこまでが引用であるか、わかるようにしてほしいと思います。

ここで1つ、私が最近見たブログの中で、とくに酷かった事例を挙げましょう。

記事の構造を示すと、次のようなイメージです。

  • ①【ニュースサイトAの記事のタイトルとURLと配信日時】
  • ②【ニューズサイトAの記事本文】
  • ③【ブログ主の主観的意見】
  • ④【ニュースサイトBの記事のタイトルとURL】
  • ⑤【ブログ主の主観的意見】
  • ⑥【ニュースサイトBの記事本文】
  • ⑦【ブログ主の主観的意見】
  • ⑧【ニュースサイトAの記事本文の続き】

いわば、ニュースサイトに掲載された記事のタイトルとURLを記載し、その続きにリンク先の記事の本文を部分的に抜粋してブログ主本人の見解を綴り、さらに違うニュースサイトの記事のタイトルと本文とブログ主の見解を続けていく、といったサイトです。

しかも、このブログでは、①~⑧それぞれのパーツについて、フォントやサイズも変えておらず、タグも付していないという代物であり、ニュースサイトAの記事(②、⑧)とニュースサイトBの記事(④)とブログ主の主観的な意見(③、⑤、⑦)などが混在してしまっています。

引用先の記事を「引用である」とわかるように明示するということもしていません。これだと、正直、どこまでがニュースサイトの記事本文で、どこからがそのブログ主の意見なのか、まったく理解できません。下手をすると、引用元の記事についても誤解しかねない代物です。

理想をいえば、

  • 原文に『XXX』と記載されているが、これは『XXX』という意味だと理解すべきだろう
  • 原文の『XXX』という下りを、私の言葉で書き換えたら、『XXX』という意味だ
  • ●●新聞の社説では『XXX』と主張しているが、私はこれに同意しない。なぜならば…だからだ

といった具合に、引用元の記事と、それに対するブログ主の見解を対比させるのが基本です。引用している文章の中に、原文で主張してもいない内容を勝手に補足するのは、さすがにルール違反でしょう。

もし自信がなければ、最初のうちは

以下、『XXX』からの引用」(引用先の文章)「引用終わり

などと明示することをお勧めします。

デザインが悪いと読み辛いです…

一方、私のような中年男にとって、最近、とくに気になるのが、「デザインが悪いブログ」です。あまりどぎつい色遣いのウェブサイト、読み辛いデザインのウェブサイトは、正直、読むのが疲れます。

当ウェブサイトの場合、背景色は白を基調としつつ、文字は黒っぽいものを使用しており、かつ、見出しは3種類(大見出し、中見出し、外部リンク)を使い分けるなどしているのですが、他の方が作成されるブログサイトを見ていると、これとまったく異なるポリシーのサイトに出会うことがあります。

過去に1度、当ウェブサイトに対し、「反論ブログを書きました」という書き込みを頂いたので、読もうとしたのですが、そのサイトのデザインが悪すぎて、読むのを断念した、ということがあります。

そのブログサイトは、背景が真っ黒であるにも関わらず、濃い緑色(つまり暗い色)で、かつ、細い文字を使って執筆されていて、正直、まともに読めたものではありませんでした。

別に真っ暗な背景で悪い、ということはありませんが、あえて黒い背景を使うならば白い文字を使った方がコントラストがはっきりしていて良いと思います。

正直、デザインが悪いサイトだと、何が書かれていたとしても、読む気が失せますし、多くの読者の皆さまも状況はにたようなものではないかと思うのです。

ウェブ言論が盛んになるために

さて、以前、『新聞社の苦境は事実だが、まだウェブ評論では生きていけない』のなかでも報告しましたが、新聞社やテレビ局などのマスコミの偏向報道、捏造報道などを完全になくしてしまうには、結局は無限に言論の世界に参入できる仕組みを作ることが近道です。

ただ、正直申し上げて、「誰もが気軽にウェブ評論に参入できる」という状況や社会的な仕組みは、まだできあがっていません。現実的には、地上波民放テレビ局と同様の広告収入によって運営していかざるを得ないというのが実情でしょう。

当ウェブサイトの場合も、レンタルサーバ代金などを稼ぐために広告を設置していますが、あまりドギツイ広告や、「続きを読むためには広告を強制的にクリックしなければならない」といった強引でいじわるな仕組みを入れたいとも思いません。

そのように考えていくならば、ウェブ言論がさらに盛んになるためには、「投げ銭システム」など、ウェブ評論の担い手に対価が支払われるような仕組みがもっと増えていく必要もあるのかもしれません。

しかし、世の中にニーズがあれば、いずれはやがて、必ずそれに応えようとする業者が出現するものです。

私自身も、まずは「読んで下さった方の知的好奇心を刺激すること」、「読者の皆さまにとって使いやすいウェブサイトであること」を最優先課題に掲げるとともに、もしウェブ評論を収益化する仕組みが出来上がってくれば、それを積極的に報告し、皆様に還元していきたいと思います。

そうすることで、ウェブ評論に参入する人が増えれば、結果的に日本の言論空間はさらに多様なものとなります。

たとえば、日本のマスコミの多く(とくに新聞社)は財務省に頭が上がらず、「増税原理主義を掲げる財務省のプロパガンダ」を垂れ流しているのが現状です。しかし、当ウェブサイトのように、財務省とは完全に独立しているウェブサイトが増えていけば、財務省が掲げるウソを見破る人も増えていくはずです。

結局、民主主義国である日本をより良い国にするためには、私たち日本国民が「知的好奇心」を刺激され、賢くなること以外に道はないのです。

私は、そう信じているのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/02/16 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第7回:文章の作り方と当サイトの目標 (6コメント)
  • 2019/02/16 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金巡る徴用工訴訟で原告側が資産売却へ? (56コメント)
  • 2019/02/15 13:45 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    議論の粗さが目立つ、zakzakの非常に残念な記事 (33コメント)
  • 2019/02/15 05:00 【時事|金融
    金融庁は銀行規制を通じて韓国に対する融資制限ができるのか? (42コメント)
  • 2019/02/14 22:30 【時事|韓国崩壊
    転載自由:文喜相「日王戦犯」発言事件を巡る証拠付きリスト (48コメント)
  • 2019/02/14 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国・李洛淵首相の「逆ギレ」に心底呆れる (43コメント)
  • 2019/02/14 14:30 【時事
    徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ? (21コメント)
  • 2019/02/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    BSフジの番組で語られる、アジア通貨危機の生々しい経験 (14コメント)
  • 2019/02/14 07:00 【時事|韓国崩壊
    ペロシ米下院議長の「日本が慰安婦合意守るべき」の意味は? (28コメント)
  • 2019/02/14 05:00 【時事|政治その他
    チョコレートが食べたい?この奇祭をどうやって乗り切るのか (16コメント)
  • 2019/02/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に謝罪の意思なし 一方で徴用工の次の一手は? (60コメント)
  • 2019/02/13 10:45 【時事|韓国崩壊
    文喜相「天皇侮辱事件」に見る、韓国と付き合う際の「覚悟」 (31コメント)
  • 2019/02/13 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏「韓国のベネズエラ化」 ベネズエラと韓国の符合とは? (29コメント)
  • 2019/02/12 22:00 【時事|韓国崩壊
    「謝罪と撤回」に踏み込んだ日本政府対応と崩壊する日韓関係 (25コメント)
  • 2019/02/12 10:30 【時事|韓国崩壊
    天皇侮辱発言の韓国国会議長が釈明するも、中途半端な内容に (100コメント)
  • 2019/02/12 07:00 【時事|韓国崩壊
    「どうせ無視される仲裁手続」に踏み切ることの本当の意義 (13コメント)
  • 2019/02/12 05:00 【韓国崩壊
    「密室で無理を聞いてくれる」外交を期待する韓国の保守派 (16コメント)
  • 2019/02/11 05:00 【韓国崩壊
    文在寅政権の「空中分解」は日本にとって、むしろリスクだ (51コメント)
  • 2019/02/10 13:00 【政治
    天の配剤か?説得力が皆無の朝日新聞の社説 (48コメント)
  • 2019/02/10 05:00 【時事|経済全般
    ウェブ評論家が不適切動画に対する企業の対応を支持する理由 (29コメント)
  • 2019/02/10 00:00 【時事|国内政治
    立憲民主・枝野代表「辻元氏は既に返金し説明責任も果たした」 (32コメント)
  • 2019/02/09 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第6回:ブログのマネタイズ(飯を食う)技法 (4コメント)
  • 2019/02/09 00:00 【時事
    何も学習しない韓国の政治家 天皇陛下に安易に言及する愚 (75コメント)
  • 2019/02/08 11:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国の外貨準備高の多くはユーロ建てなのか? (56コメント)
  • 2019/02/08 09:45 【時事|雑感オピニオン
    【速報】新宿にxyzの掲示板が出現 時代の変化感じる昭和ネタ (8コメント)
  • 2019/02/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本政府が韓国に輸入関税引き上げを警告」と報道 (30コメント)
  • 2019/02/07 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国が「協議拒絶」か おそらく次は仲裁手続に移行 (26コメント)
  • 2019/02/07 12:45 【マスメディア論|時事
    この期に及んで「歴史に謙虚になれ」と主張する有名人 (23コメント)
  • 2019/02/07 10:00 【時事|国内政治
    外国人献金問題 立憲民主党はどう見てもダブル・スタンダード (13コメント)
  • 2019/02/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    果たして岩屋防衛相は「弱腰」か、それとも「深謀遠慮」か? (45コメント)
  • 2019/02/06 22:00 【時事|国内政治
    「疑惑の総合商社」・立憲民主党の辻元議員の外国人献金疑惑 (19コメント)
  • 2019/02/06 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「セルフ経済制裁」を喰らう?ソウル市の条例案に思う (34コメント)
  • 2019/02/06 10:45 【マスメディア論|時事
    新聞労連の思い上がり 新聞記者は国民を代表していない (17コメント)
  • 2019/02/06 05:00 【金融
    「財政破綻」について、コメント主様からの質問に答えます (44コメント)
  • 2019/02/05 16:30 【マスメディア論
    「もえるあじあ」管理人様からのコメントと新時代の民主主義  (11コメント)
  • 2019/02/05 11:30 【時事|外交
    小野寺五典前防衛相の「韓国を丁寧に無視せよ」発言を支持する (41コメント)
  • 2019/02/05 05:00 【マスメディア論|韓国崩壊|外交
    慰安婦問題巡るジャパンタイムズの判断、ロイター報道の悪意 (22コメント)
  • 2019/02/04 22:10 【政治
    分かりやすい!北朝鮮、レーダー照射巡り韓国に共闘呼びかけ (13コメント)
  • 2019/02/04 15:00 【時事|金融
    したり顔で「国債暴落」「日本破綻」を叫ぶ大企業経営者 (44コメント)
  • 2019/02/04 12:10 【時事|韓国崩壊|金融
    「キャッチオール規制」上のホワイト国から韓国を外すべき? (22コメント)
  • 2019/02/04 05:00 【経済全般|国内政治
    「保守派の護憲論、革新派の改憲論」があっても良いじゃないか (13コメント)
  • 2019/02/04 00:00 【時事|韓国崩壊
    米韓同盟消滅危機を受け「見捨てないで」と哀願する中央日報 (15コメント)
  • 2019/02/03 13:40 【時事|韓国崩壊
    オピニオン誌『正論』の鈴置説 そして議論の流儀 (44コメント)
  • 2019/02/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    もしかして日韓両国政府の利害は「日韓関係破綻」で一致か? (62コメント)
  • 2019/02/02 22:22 【マスメディア論|時事
    『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ (14コメント)
  • 2019/02/02 12:22 【時事|韓国崩壊
    徴用工問題と国際裁判への道 日韓請求権協定第3条を読む (20コメント)
  • 2019/02/02 05:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第5回目:ブログの「拡散」と注意事項 (5コメント)
  • 2019/02/02 02:22 【韓国崩壊
    ATMが「泥棒」発言スルー 日韓関係の本質的な変化を見る (16コメント)
  • 2019/02/01 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】朝日新聞が「日本政府、仲裁手続に移行」と報道 (13コメント)
  • 2019/02/01 15:15 【日韓スワップ|韓国崩壊
    鈴置高史氏による『デイリー新潮』記事、日本国民は必読 (18コメント)
  • 2019/02/01 10:30 【韓国崩壊
    「攻勢に出る日本」説 レーダー照射事件と北朝鮮の関係は? (25コメント)
  • 2019/02/01 05:00 【マスメディア論
    【実録】ウェブ評論サイトのアクセス数は2年で100倍に! (14コメント)
  • 2019/01/31 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府が韓国に対し「情報戦」を仕掛けているなら歓迎したい (28コメント)
  • 2019/01/31 15:00 【時事|韓国崩壊
    「制裁逃れ」報道は日本政府による意図的なリークなのでは? (24コメント)
  • 2019/01/31 11:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「八方ふさがりの韓国外交」議論の無責任さに呆れる (15コメント)
  • 2019/01/31 10:15 【韓国崩壊
    「韓国に対する制裁」は感情を排し冷静に議論することが重要 (17コメント)
  • 2019/01/31 05:00 【マスメディア論
    月間180万PVの御礼 ウェブ評論の可能性に賭けたい (13コメント)
  • 2019/01/30 16:30 【時事|韓国崩壊
    テレ朝「国連最終報告で北が核・ミサイル開発継続中」と報道 (35コメント)
  • 2019/01/30 13:00 【経済全般
    【速報】オーストラリアの軽いけれどもヘヴィーな話題 (18コメント)
  • 2019/01/30 11:45 【時事|韓国崩壊|外交
    周回遅れの「韓日お互い反省せよ」 韓国は日本の友邦ではない (19コメント)
  • 2019/01/30 10:45 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮の核放棄に日米欧が数十億ドル」という奇妙な記事 (20コメント)
  • 2019/01/30 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射、米国は仲介しない?落としどころは対韓制裁か (24コメント)
  • 2019/01/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    青山議員が「虎ノ門ニュース」で「韓国の国連安保理提訴を」 (19コメント)
  • 2019/01/29 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「挑発」「警告射撃」発言、むしろ歓迎したい (21コメント)
  • 2019/01/29 10:00 【マスメディア論|時事
    官房長官記者会見で「アイドルグループ活動休止」を聞く記者 (6コメント)
  • 2019/01/29 08:00 【時事|韓国崩壊
    「低空威嚇飛行」の言い掛かり、「改竄問題」という隘路 (19コメント)
  • 2019/01/29 05:00 【時事|国内政治
    安倍総理の施政方針演説、敢えて採点すれば70点 (7コメント)
  • 2019/01/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍演説で日韓関係が完全に欠落した意味とは? (26コメント)
  • 2019/01/28 12:30 【時事|韓国崩壊
    停滞する日韓協力:日韓友好も「費用対効果」で判断すべき (29コメント)
  • 2019/01/28 11:40 【マスメディア論|時事
    新聞記者を鳩やヤギに例えた高橋洋一氏に謝罪を求める (13コメント)
  • 2019/01/28 08:00 【マスメディア論
    新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ (20コメント)
  • 2019/01/28 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓スワップ「持ち上げて、落とす」のも立派な「経済制裁」 (28コメント)
  • 2019/01/27 05:00 【韓国崩壊
    対韓経済制裁が難しい理由と、日本に求められている「覚悟」 (88コメント)
  • 2019/01/26 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第4回:客観的事実と主観的意見を分けること (10コメント)
  • 2019/01/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    疑われた側が証拠を出す?レーダー照射問題の「もりかけ化」 (90コメント)
  • 2019/01/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の態度に腹が立つのは当然だが、経済制裁は別の問題だ (77コメント)
  • 2019/01/25 05:00 【韓国崩壊
    ウソでも良いからとにかく主張する 韓国の飽和攻撃を侮るな (24コメント)
  • 2019/01/24 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国の「対日飽和攻撃」を完全無効化する防衛省の衝撃発表 (21コメント)
  • 2019/01/24 17:10 【時事|韓国崩壊
    「公開議論」の重要性 「威嚇飛行動画」は公表されるのか? (65コメント)
  • 2019/01/24 10:20 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、職権乱用で前大法院長官を逮捕 (33コメント)
  • 2019/01/24 05:00 【韓国崩壊|金融
    「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する (54コメント)
  • 2019/01/23 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「低空近接威嚇飛行脅威論」は典型的な深追いの失敗 (41コメント)
  • 2019/01/23 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国「また近接飛行」 自衛隊よ萎縮することなかれ (70コメント)
  • 2019/01/23 15:00 【時事|韓国崩壊
    キジも鳴かずば撃たれまい 非生産的な韓国側の「過剰反応」 (15コメント)
  • 2019/01/23 10:00 【韓国崩壊
    名著『米韓同盟消滅』でレーダー照射問題を読み解いてみる (39コメント)
  • 2019/01/23 05:00 【マスメディア論
    「NHKの赤字予算」という詭弁、盛大にツッコミを入れよう (10コメント)
  • 2019/01/22 23:30 【時事|国内政治
    【速報】国民と自由が合流?議員の暮らしと政局が一番大事! (8コメント)
  • 2019/01/22 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国側の主張に呆れるが、「月内に制裁発動」の可能性は低い (47コメント)
  • 2019/01/22 11:00 【韓国崩壊
    レーダー照射事件がじつは「大した問題」ではない理由 (32コメント)
  • 2019/01/22 05:00 【韓国崩壊
    空虚に響く「日米韓3ヵ国連携」 日韓関係、終わりの始まり? (26コメント)
  • 2019/01/21 22:22 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件巡る協議打ち切りに、韓国が「慌てる」? (37コメント)
  • 2019/01/21 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】レーダー照射事件巡り、防衛省が「最終見解」を公表 (56コメント)
  • 2019/01/21 14:00 【時事|外交
    「2島決着案」が事実ならとんでもない話だ 本質は改憲議論へ (31コメント)
  • 2019/01/21 11:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、事態が長引くことの「本当の意味」とは? (26コメント)
  • 2019/01/21 05:00 【韓国崩壊|外交
    「2回目の米朝首脳会談」、恐るるに足らず…だと良いのだが (23コメント)
  • 2019/01/20 05:00 【韓国崩壊
    本当の意味での「日韓関係正常化」を考えてみる (98コメント)
  • 2019/01/19 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座」第3回:匿名でも実名でも読者便宜を第一に! (5コメント)
  • 2019/01/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府が「客観性高い証拠」提示へ? (66コメント)
  • 2019/01/19 07:08 【時事
    速報 米朝首脳会談開催へ 米メディア (4コメント)
  • 2019/01/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    日本海呼称問題、「説得」の段階はもう過ぎた 今すぐ戦え (27コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。