最近、日本財団が実施した調査によれば、17歳から19歳の若者の半数は現時点で新聞を読んでおらず、また、将来購読するつもりもないと答えているそうです。若者の新聞離れという傾向はくっきりして来ましたが、これには新聞紙が時代にそぐわないという側面が否定できません。ただ、新聞がただちに滅亡し、全面的にウェブ評論サイトばかりになるかといえば、それにもまた課題があります。具体的には、「ウェブ評論をどうやってマネタイズするか」、という論点です。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

若者に見捨てられる新聞紙

若者の7割「ネット新聞にカネ払いたくない」

以前から当ウェブサイトで何度も指摘しているとおり、最近、若い人を中心に、「新聞を読まない」という人は非常に増えているようです。これに関連し、先日もこんな記事を発見しました。

18歳の5割は新聞を読まず、将来的な購読の意志もなし(2018/11/06 15:30付 ニコニコニュースより)

掲載されているウェブサイトは『ニコニコニュース』ですが、元記事は『BCN+R』というウェブサイトに掲載されたものだそうです。

記事によれば、17歳から19歳の若者の半数は現時点で新聞を読まず、また、将来的な購読の意思もないことが、日本財団がまとめた『18歳の意識調査』から明らかになったとしています。

これによると、普段、新聞を読んでいると回答した人は47.5%だと記載されていますが、裏を返せば52.5%が普段から新聞を読んでいない、ということだと思います(実際、記事タイトルにも「5割は新聞を読まない」とあります)。

また、新聞を読まない理由については、

  • 面倒臭い、読む時間がない(50.7%)
  • 新聞を取っていない、読む習慣がない(30.7%)
  • 高いから、おカネが掛かるから、金銭的余裕がないから(28.3%)

などとなっているのだそうです。

ということは、別に若者は「新聞が信頼できないから読まない」わけではなく、単純に面倒だから読まない、おカネがもったいないから読まない、ということなのでしょう(実際、記事によれば、メディアの信頼度としては「テレビ番組」(50.3%)に続いて「新聞」は37.3%で2位に入っているそうです)。

ただ、「将来、新聞に月額いくらまでなら出しても良いか」という質問に対しては、「おカネを出して購読しようと思わない」とする回答が過半数に達しているそうです。しかも、「有料購読したくないとする回答」は、紙媒体で51.8%だったのに対し、オンラインでは実に69.6%に達しています。

これは実に衝撃的な調査結果ではないでしょうか?

若者の新聞離れは明らか

ただ、「若い人ほど新聞を読まなくなりつつある」ということを報じたのは、別にこのニュースが初めてではありません。

似たような話題については当ウェブサイトでもかなり以前から紹介していますが、その代表例といえば、以前、『インターネットに完敗する新聞、視聴者が高齢者に偏るテレビ』でも紹介した、総務省の次の調査報告書です。

平成29年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」の公表(2018/07/27付 総務省HPより)

この調査は、総務省が6年前から東京大学大学院情報学環の橋元良明教授らのグループと共同で実施しているものであり、情報通信メディア(テレビ、インターネット、新聞など)について、年代別に平均利用時間などを調べたものです(図表1図表2)。

図表1 テレビ、インターネット、新聞の年代別平均利用時間(平日)

(【出所】総務省公表物P6より著者作成)

図表2 テレビ、インターネット、新聞の年代別平均利用時間(休日)

(【出所】総務省公表物P6より著者作成)

これを見ると、新聞、テレビ、インターネットを比較すると、次の2つの傾向はハッキリしています。

  • ①平日、休日を問わず、すべての年代において、新聞の利用時間がテレビ、インターネットと比べて圧倒的に少ない
  • ②インターネットの利用時間は若年層ほど長く、テレビ、新聞の利用時間は高齢層ほど長い

そして、こうした「若者ほど新聞を読まない」という傾向は、この総務省の調査だけでなく、さまざまな調査からも明らかになりつつあります。

若者が新聞を読まなくなってなにが変わるのか?

ただ、若年層ほど新聞を読まなくなりつつあるということは事実ですが、それが直ちに「若者の活字離れが進んでいる」、ということを意味するものではありません。いやむしろ、インターネット環境の急速な普及により、現代人が1日に読む文字数は、ひと昔前と比べて増えていると思うのは私だけではないと思います。

この点、先ほどの総務省の調査では、若年層のインターネット利用時間が長い理由は、彼らがアクセスしているサイトに動画配信サイトやゲームサイトなども含まれているということが明らかにされています。このため、「現代人が読む平均文字数」が増えたのか減ったのかを直接に知る手段はありません。

しかし、インターネット上には動画サイトやゲームサイトだけでなく、当『新宿会計士の政治経済評論』のような、(自称)「硬派でマジメなウェブ評論サイト」もあります。何より、主要新聞はいまや軒並みウェブ版を開設しており、新聞記事をウェブで読むことができるようになっています。

このように考えていくと、現代の若者は「新聞を読まなくなった」のではなく、「新聞を読まなくなった」に過ぎないのではないかと思います。実際、現在のところ、主要紙のウェブサイトでは、わざわざ有料契約をしていなくても、多くの記事を無料で読むことができますし、無料版記事で「お腹いっぱい」になってしまいます。

先ほどの記事でも、若い人たちの間で「おカネを払ってまで新聞を読みたいとは思わない」という認識が一般化しているという話題が出て来ましたが、インターネット時代において、新聞社は無料で記事を提供するというビジネスモデルに移行せざるを得ないのではないかと思います。

新聞社の使命とは?

新聞紙の使い方

ところで、新聞社の苦境が続いていることは事実です。

昨日は、赤坂にある不動産業者が趣味で行っている放送事業で苦悩しているという話題を紹介したばかりですが(『赤坂の不動産屋さん、趣味の放送事業が遂に赤字転落』参照)、新聞社も事情は似たようなものです。

たとえば、「公称600万部弱」の朝日新聞社の場合、毎年、売上高がじわじわと落ちて来ています。おそらくは新聞部門は赤字寸前(あるいは既に赤字転落済み)であり、不動産事業で稼いでいるのが実情ではないでしょうか?(詳しくは『ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析』参照)

つまり、TBSと同様に、朝日新聞社も「不動産業を営む業者が趣味で新聞を発行している」ような状態に陥りつつあるのだと思います。

朝日新聞社ほどの優良資産を持っていない毎日新聞社や東京新聞社などは、これからの「新聞の冬の時代」をどう過ごすつもりでしょうか?

ただ、私に言わせれば、新聞社が経営不振に陥るのは自業自得です。

そもそも論として、情報を紙に印刷して二酸化炭素をばら撒きながら全国に宅配するというビジネスモデル自体、環境保全の時代に馴染まない考え方です。

また、情報は印刷された瞬間、陳腐化します。朝7時に新聞紙を読んだとしても、その新聞紙に印刷されているのは、下手したら前日の夜12時ごろの情報です。「情報の鮮度」という意味で、スマートフォンに勝てるわけがないでしょう。

正直、新聞紙など、「そこに印刷された情報をありがたがってフムフムと読む」というのではなく、雨が降って濡れてしまった革靴を乾かしたり、天ぷらを揚げているときに余分な油を吸い取らせたり、子供の習字の練習で下書きに使ったり、キャンプファイヤーで燃やして暖を取ったりするのが正しい使い方でしょう。

ちなみに新聞紙は用を足した後でお尻を拭くのにも使えますが、これは朝日新聞社の政治部の次長様が紹介する、「朝日新聞社公式」の使い方です。

「だまってトイレをつまらせろ」?――朝日新聞政治部次長の奇妙なコラム(2016年03月06日 23:38付 BLOGOSより)

いずれにせよ、情報の電子化は時代の要請でもあると思います。

電子化すると「読者の囲い込み」ができなくて新聞社は困る

ただし、新聞社が電子化を拒み、紙媒体の新聞紙にこだわる理由は、1つあります。

それは、「読者の囲い込み」です。

インターネットが出現する以前であれば、わが国では多くの人々が新聞を定期購読していたのではないかと思いますが、多くの人々は新聞を2紙も3紙も購読していなかったのではないでしょうか?(もっとも、私は職業柄、一番多い時で日刊紙を4紙ほど併読していたこともありましたが…。)

つまり、普通の人であれば、日々、自宅に配られる新聞紙は1紙だけであり、政治、経済、社会、文化など、すべての話題をその1つの新聞から得ることになります。これが「読者の囲い込み」であり、いわば、基本的にすべての話題をその新聞が提供する、という仕組みなのです。

このような状態であれば、多少おかしな社説を掲載しても、あまり批判される心配はありません。

ところが、新聞をウェブ媒体化してしまえば、この読者の囲い込みが難しくなります。

たとえば、いままで朝日新聞の紙媒体の読者だった人が、紙媒体の契約をやめて、朝日新聞デジタル日本語版の有料版に申し込んだとしましょう。そのとき、興味のある記事を発見したら、この人は朝日新聞デジタルだけでなく、他のメディア(毎日、読売、産経など)でも同じ記事を検索しようとするでしょう。

すると、電子化する前と比べて、朝日新聞の社説のおかしさに気付く確率は飛躍的に上昇します。

新聞社だけがライバルではなくなる

それだけではありません。

「全国紙」展開している大手日刊新聞といえば、現在の日本には、基本的に5つしかありません(読売、朝日、日経、産経、毎日)。「中日新聞」「東京新聞」あたりをグループと考え、準全国紙とカウントしたとしても、6紙です。

もちろん、the Japan Timesなどの英字紙や業界紙、スポーツ紙などを含めれば、もう少しバリエーションは増えるのかもしれませんが、一般紙という意味では、基本的に種類はとても限られています。これに加えて、せいぜい、都道府県ごとに地方紙が1~2紙程度あるという程度のものでしょう。

しかし、インターネット化すれば、それこそウェブ評論サイトなど、無限に存在します。つまり、新聞の電子化とは、「限られた世界でのうのうとしてきた新聞各社が、インターネットという無限に開かれた空間で、無数にあるウェブサイトとの競争を余儀なくされる」ということを意味しているのです。

何を隠そう、当ウェブサイトもこうした「無数にあるウェブサイト」の1つであり、潜在的には新聞社のライバルとなり得るサイトです。

もちろん、当ウェブサイトごときがアクセス数などにおいて大新聞社様のライバルになるとは思いませんが、それでも私は金融規制の専門家であり、ワンオペ型中小零細企業であるとはいえ、一応は社長であり、ビジネスマンです。

特定の分野に関していえば、評論のクオリティでは新聞記者ごときに負ける気がしません。

また、私自身だけでなく、特定の分野に能力が特化しているという人材など、世の中にそれこそごまんといます。何か特殊な事件が発生した場合の解説記事だと、こうした人が執筆しているウェブサイトのほうが、下手な新聞の社説を読んでいるよりもはるかに参考になったりします。

なにより、インターネット時代であれば、日本のマスコミが伝えないような情報でも、その気になれば、政府・官庁、海外のメディアの報道などをベースに、簡単に情報を集めることができてしまいます。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



ウェブサイトの今後の課題

ウェブサイトは玉石混淆

ただ、私は別に、「新聞社は潰れる」(あるいは「潰れたら良い」)とは考えていません(朝日新聞社などを除きますが…)。むしろ、さまざまな考え方の新聞社が存続し、まったく異なる意見の社説などを世の中に流しつづける方が、「言論の多様性」という観点からは望ましいと思います。

むしろ、今後のウェブ言論界には、大きな課題があります。

1つは、ウェブサイトのクオリティが、それこそ玉石混淆である、という点です。

何か有益な情報が欲しくてウェブサイトを検索したときに、「2ちゃんねる」のまとめサイトだの、「NAVERまとめサイト」だの、ウィキペディアだのといったサイトが上位にヒットすると、ガッカリしますが、それも仕方がありません。

なぜなら、検索エンジンで上位に表示されるウェブサイトは、たいていの場合、「アクセス数・ページビュー(PV)数が多いサイト」です。

(※もっとも、まとめサイトだの、ウィキペディアだのといったウェブサイトのなかには、それなりに有用なページもありますし、別に私がそれらのサイトを存在意義を否定しているわけではありませんので、ご注意ください。)

最大の課題は「マネタイズ」

では、有益なウェブサイトが少ない理由の1つは、何でしょうか?

端的に申し上げれば、ウェブ評論をやっても、それを「カネに変える手段」が乏しいことではないかと思うのです。

当ウェブサイトの場合は、通信費やレンタルサーバ代などを稼ぐ目的で、グーグルだの、アマゾンだののアフィリエイト・プログラムを利用していて、少額であるとはいえ、広告売上を得ています(その金額については、「月間100万PV近いウェブサイトにしては非常に少ない」とだけ申し上げておきます)。

当然、どぎつい広告、アダルト系の下品な広告などをベタベタ張れば、その分、広告収入は入ってくるのだと思いますが、私はウェブサイトの品位を保ちたいので、私が見て不快な広告についてはすべてブロックしています。だから儲からないのだと思いますが…(笑)

ただし、私の場合は別に大金を稼ぐ目的で当ウェブサイトを運営しているのではありません。レンタルサーバ代など、会社の経費の一部を稼ぐことができれば、それで十分です。

しかし、評論を本業としている人にとっては、「良い記事を書いておカネを貰う」という仕組みがなければ、ウェブ評論の世界に入ってくることは難しいでしょう。

その方法について、色々考えてみたのですが、やはり「グーグル・アドセンス」などの広告のコードを取得し、貼り付けるが手っ取り早いものの、先ほども申しあげたとおり、ウェブサイトの品位を保ちたければ、広告では大して儲かりません。

また、アマゾンのアフィリエイト・ブログを書く(たとえば誰かの本の宣伝文を書いて、末尾にその本のリンクを貼る)といった方法も考えられるのですが、私は独立系でウェブ評論をしているため、あまりこうした「宣伝ブログ」のようなことはやりたくありません。

だからといって、当ウェブサイトの購読を「有料化」したら、あっという間に読者の皆様から見限られてしまうと思います。

最近だと当ウェブサイトのPV数は毎日2~3万件に達していますが、カネを払ってまで読みたいと思う人がそこまで多いとは思えませんし、有料化してしまえば、「正論を述べ続け、多くの方々に読んでいただくことで、日本を良い方向に変える」という私の目的は達成できなくなってしまいます。

「投げ銭」システムはいかが?

そこで、私が最近注目しているのが、「投げ銭」システムです。

これは、YouTubeの「スーパーチャット」などで導入されている機能ですが、記事を読んで「面白かった!」「同意した」と思っていただいた場合に、10円だの、100円だのをその著者に寄付する、というシステムです。

つまり、基本は無料で記事を読めるものの、とくに「感慨を受けた」と思った人が、その記事の執筆者を応援する、という仕組みです。

試しに調べてみたら、たとえばAmazonのギフト券をメールで送るだの、ビットコインなどの仮想通貨を送るだのといった仕組みはあるようですが、どうもいろいろと不充分です。

そのように考えていけば、独立系ウェブサイト向けの「投げ銭」システムを構築する人が出現すれば、良質なウェブサイトがもっと増えるのではないかと思います。

残念ながら私にはそこまでのノウハウはありませんので、「投げ銭システム」を構築しようとは思いませんが、もし起業家の方がいらっしゃれば、是非、検討して頂きたいと思う次第なのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/01/21 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】レーダー照射事件巡り、防衛省が「最終見解」を公表 (23コメント)
  • 2019/01/21 14:00 【時事|外交
    「2島決着案」が事実ならとんでもない話だ 本質は改憲議論へ (15コメント)
  • 2019/01/21 11:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、事態が長引くことの「本当の意味」とは? (24コメント)
  • 2019/01/21 05:00 【韓国崩壊|外交
    「2回目の米朝首脳会談」、恐るるに足らず…だと良いのだが (21コメント)
  • 2019/01/20 05:00 【韓国崩壊
    本当の意味での「日韓関係正常化」を考えてみる (90コメント)
  • 2019/01/19 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座」第3回:匿名でも実名でも読者便宜を第一に! (5コメント)
  • 2019/01/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府が「客観性高い証拠」提示へ? (65コメント)
  • 2019/01/19 07:08 【時事
    速報 米朝首脳会談開催へ 米メディア (4コメント)
  • 2019/01/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    日本海呼称問題、「説得」の段階はもう過ぎた 今すぐ戦え (25コメント)
  • 2019/01/18 16:01 【時事|韓国崩壊
    【速報】「歴史歪曲禁止法」と日韓関係 結局は「国内問題」 (34コメント)
  • 2019/01/18 15:45 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    事実歪める韓国メディア 支離滅裂どころの騒ぎではない (7コメント)
  • 2019/01/18 11:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り産経系メディアが「工作船」仮説を説明 (17コメント)
  • 2019/01/18 05:00 【雑感オピニオン
    日本を「ウソツキが得をするような社会」にしてはならない (43コメント)
  • 2019/01/17 22:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の「逆ギレ」ここに極まる 自衛隊員の士気に悪影響が心配 (21コメント)
  • 2019/01/17 15:45 【時事|外交
    日米同盟軸にしたインド・太平洋戦略こそが、日本の活路だ (11コメント)
  • 2019/01/17 11:45 【時事|韓国崩壊
    日米防衛相会談から「日米韓3ヵ国連携」が消えた意味とは? (15コメント)
  • 2019/01/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国政府の外交は素人集団と同じ 日韓関係崩壊は不可避に (32コメント)
  • 2019/01/16 22:00 【時事
    【速報】韓国は非公開の約束破り、しかもウソの情報を公表? (25コメント)
  • 2019/01/16 20:30 【時事|韓国崩壊
    空虚に響く、呆れた発言 韓国外相が「日韓悪化回避に努力」 (16コメント)
  • 2019/01/16 11:30 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイの「冒頭解散」説も、あながち荒唐無稽でない? (14コメント)
  • 2019/01/16 05:00 【韓国崩壊
    大切なことは日韓関係崩壊の「回避」でなく「影響の最小化」 (26コメント)
  • 2019/01/15 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】時事「韓国が回答期限拒否」、ただし大勢に影響なし (8コメント)
  • 2019/01/15 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国「日本と価値共有せず」 「日本は無礼で非紳士的」とも (34コメント)
  • 2019/01/15 12:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り、そろそろ日韓二国間協議を打ち切る局面か (17コメント)
  • 2019/01/15 10:45 【時事|外交
    「世界よ、これが中国だ」 中国、ロシアとどう付き合うか (6コメント)
  • 2019/01/15 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射事件巡る日韓協議と「日米英仏豪加連合」の成立 (19コメント)
  • 2019/01/14 22:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決問題の節目は4月12日か 日本政府の狙いとは? (9コメント)
  • 2019/01/14 08:00 【外交
    外交とは、人間関係の延長 「価値」と「利益」で理解すべき (22コメント)
  • 2019/01/14 05:00 【韓国崩壊
    日本国内から日本の足を引っ張る奇妙な人たち (35コメント)
  • 2019/01/13 12:00 【マスメディア論|時事
    まとめサイトの社会的役割、『もえるあじあ』の興味深い記事 (15コメント)
  • 2019/01/13 08:00 【金融
    資金循環分析:6月の「消費税増税法廃案」解散に期待したい (36コメント)
  • 2019/01/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    いまや「日本が考える韓国の位置付け」は北朝鮮、中国と同じ? (19コメント)
  • 2019/01/12 15:30 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本で反韓世論拡散」 皮肉ながら韓国に感謝します (25コメント)
  • 2019/01/12 09:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第2回:独自サイトか、大手ブログか? (4コメント)
  • 2019/01/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    日米英などの海洋同盟が成立しても、そこに韓国の姿はない (12コメント)
  • 2019/01/11 14:00 【時事|韓国崩壊
    協議申入は日本政府の「時間稼ぎ」?そしてその真の狙いとは (89コメント)
  • 2019/01/11 11:11 【金融
    基礎資料「日本全体の資金循環(2018年9月末)」の公表 (10コメント)
  • 2019/01/11 10:15 【韓国崩壊
    「関係悪化は双方に原因」の無責任 日韓の本当の「正常化」 (28コメント)
  • 2019/01/11 05:00 【韓国崩壊
    読者様のコメントより:「韓国の迂回貿易」について考える (23コメント)
  • 2019/01/10 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相「日本の指導者が政治目的で反韓感情利用」 (16コメント)
  • 2019/01/10 13:30 【時事|韓国崩壊
    正気の沙汰とは思えない、韓国大統領の「年頭会見」 (54コメント)
  • 2019/01/10 11:00 【韓国崩壊
    日韓請求権協定の手続と「韓国社会の崩壊」という嫌な予感 (21コメント)
  • 2019/01/10 05:00 【マスメディア論
    「国益」と「愛国者」、そして「国民の敵」について考える (13コメント)
  • 2019/01/09 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府、請求権協定に基づき韓国に協議申し入れへ (19コメント)
  • 2019/01/09 11:45 【時事|経済全般
    自由貿易と「ウィン・ウィン」を否定するかの韓国経済新聞 (12コメント)
  • 2019/01/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    株式差押えは「日本企業に実損出ていない」の屁理屈のため? (28コメント)
  • 2019/01/08 21:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金の在韓資産差押えを韓国地裁が認める (6コメント)
  • 2019/01/08 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓の「情報戦」が開戦したなら戦力の逐次投入はタブー (33コメント)
  • 2019/01/08 10:30 【韓国崩壊
    あまりに惜しい鈴置説の「最終回」 鈴置先生に感謝します (27コメント)
  • 2019/01/08 05:00 【マスメディア論
    すぐれたウェブ評論サイトが新聞、テレビを駆逐する! (29コメント)
  • 2019/01/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「喧嘩両成敗」的な主張はもう聞き飽きた (56コメント)
  • 2019/01/07 05:00 【韓国崩壊
    今週の焦点は防衛省の再反論と安倍総理の「毅然とした措置」 (23コメント)
  • 2019/01/06 16:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍総理、NHKで韓国に対する「具体的措置」に言及 (15コメント)
  • 2019/01/06 15:45 【マスメディア論|時事
    「あじあにゅーす2ちゃんねる」が長尾敬議員の主張を歪曲 (12コメント)
  • 2019/01/06 07:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第1回:「人生」と「使命」について考えてみる (4コメント)
  • 2019/01/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    もういちど考える:そもそも韓国海軍は何をやっていたのか? (34コメント)
  • 2019/01/05 14:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、そろそろ韓国に対する制裁が必要ではないか (45コメント)
  • 2019/01/05 08:00 【雑感オピニオン
    読者の皆さま:個人ブログをお持ちの方は是非教えてください (9コメント)
  • 2019/01/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件を含め、国民は安倍政権の対応を見ています (26コメント)
  • 2019/01/04 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府・国防部の動画をどう見るか? (36コメント)
  • 2019/01/04 15:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府が動画を公表 (19コメント)
  • 2019/01/04 14:30 【韓国崩壊
    北朝鮮に理解示して日本には逆ギレする韓国政府の支離滅裂さ (8コメント)
  • 2019/01/04 11:00 【時事|外交
    無法国家・中国への渡航を警告した米国政府を日本政府も見習え (3コメント)
  • 2019/01/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仕事始め」の安倍政権、支離滅裂な韓国にどう対応するか? (23コメント)
  • 2019/01/04 05:00 【時事|雑感オピニオン
    天皇陛下を戴いていることを、日本国民の1人として誇りに思う (8コメント)
  • 2019/01/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件巡り、韓国が歩み始めた「自滅の道」とは? (29コメント)
  • 2019/01/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工「差押え」の不思議 非上場株の換金処分は著しく困難 (10コメント)
  • 2019/01/02 15:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押え報道が事実なら、政府は速やかに対抗措置講じよ (15コメント)
  • 2019/01/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押えとレーダー照射はどうなる?正常化する日韓関係 (26コメント)
  • 2019/01/02 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    金正恩の「新年の辞」と、私たち日本国民に求められる覚悟 (6コメント)
  • 2019/01/01 05:00 【マスメディア論
    新年にあたり、「社説のブログ化」について考えてみる (6コメント)
  • 2019/01/01 00:00 【雑感オピニオン
    新春のご挨拶 (27コメント)
  • 2018/12/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアが「安倍が政治利用」「カミカゼ攻撃」と逆ギレ (21コメント)
  • 2018/12/31 10:00 【マスメディア論
    年末の「恥知らず」特集 やっぱり朝日新聞は国民の敵 (13コメント)
  • 2018/12/31 05:00 【韓国崩壊
    やはり韓国を「日米韓3ヵ国連携」から追い出すのが正解か? (22コメント)
  • 2018/12/30 15:30 【時事|外交
    台湾加油!戦略的互恵関係に基づく日中関係構築を目指すべき (16コメント)
  • 2018/12/30 08:00 【経済全般
    朝日新聞が消費税を論じるなら、軽減税率を返上するのが筋だ (6コメント)
  • 2018/12/30 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件 現時点で「落としどころ」探るのは尚早だ (45コメント)
  • 2018/12/29 10:00 【雑感オピニオン
    今月も100万PV ウェブ評論サイトの「使命感」とは? (15コメント)
  • 2018/12/29 05:00 【時事|韓国崩壊
    さらば密室外交 防衛省による動画公開を歓迎すべき理由 (66コメント)
  • 2018/12/28 21:00 【時事
    防衛省が公開した動画をどう見るか? (24コメント)
  • 2018/12/28 17:07 【時事
    【速報】防衛省が動画を公開 (20コメント)
  • 2018/12/28 11:30 【時事|金融
    金融政策と為替介入をごっちゃにする韓国銀行のデタラメ報告書 (10コメント)
  • 2018/12/28 10:30 【時事|外交
    中国漁船による犯罪に「撤収」しかできないタテ割り日本 (7コメント)
  • 2018/12/28 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国による謝罪と責任者の処罰が最低ライン (35コメント)
  • 2018/12/27 12:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工訴訟:あれ?結局差押えはしないのですか? (11コメント)
  • 2018/12/27 11:30 【時事|外交
    中国漁船や韓国海軍の蛮行は日本が舐められている証拠 (8コメント)
  • 2018/12/27 10:30 【時事|金融
    専門家の視点で、ゴーン氏の「スワップ契約」報道を検証する (10コメント)
  • 2018/12/27 05:00 【時事|韓国崩壊
    南北鉄道着工式をやってしまった韓国と「チキンレース」仮説 (23コメント)
  • 2018/12/26 13:30 【時事|韓国崩壊
    読者コメントに感じる、「日韓の特別な時代」の終焉 (23コメント)
  • 2018/12/26 11:30 【時事|国内政治
    ウェブサイト恒例「歴代内閣在任期間比較」 (3コメント)
  • 2018/12/26 10:30 【時事|外交
    「外交に関する世論調査」2018年最新版レビュー (5コメント)
  • 2018/12/26 05:00 【韓国崩壊
    正論に慌てふためく韓国 徴用工判決の強制執行はどうなる? (23コメント)
  • 2018/12/25 21:45 【時事|韓国崩壊
    徴用工巡る韓国の「日本専門家」見解、てんでお話にならない (13コメント)
  • 2018/12/25 14:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】防衛省が韓国側言い分に再反論、その重要な意義とは? (32コメント)
  • 2018/12/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国メディアは日本に責任転嫁し逆ギレ (18コメント)
  • 2018/12/25 05:00 【韓国崩壊
    韓国との外交では、「道徳外交」「密室外交」を完全否定せよ (13コメント)
  • 2018/12/24 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】やっぱり逃げた!韓国側弁護団、強制執行日時明言せず (7コメント)
  • 2018/12/24 15:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり出てきた!「威嚇飛行をした日本の方が悪い」の詭弁 (19コメント)
  • 2018/12/24 08:00 【雑感オピニオン
    今年もあと1週間 年末年始の雑感 (7コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。