私は、遠くない将来、わが国を取り巻く環境が激変すると想定しています。そこで、本日は改めて、「外交は人間関係の延長である」という私自身の持論を提示してみたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国家も人間関係の延長

当ウェブサイトの人気コンテンツの1つが、外交論です。「政治・経済に焦点を当てた、知的好奇心を刺激する独立系ビジネス評論サイト」を名乗っている以上、当ウェブサイトが外交について議論するのは当たり前のことだと思います。

ただ、外交について議論すると、定期的に、「外交の素人が外交を議論するな」、といった批判コメントが湧きます(そして、これらの多くは「書き逃げ」です)。しかし、この「外交の素人」という表現に、私は強い違和感を覚えます。というのも、外交とは「専門家が議論すべきもの」ではないからです。

このお叱りのご指摘どおり、私自身は別に外交官でも国際政治学者でもありません。単なるビジネスマンです。しかし、「外交の専門家である外交官と国際政治学者しか外交を論じてはならない」という主張は、明らかに思い上がりでしょう。

私に言わせれば、「外交のプロフェッショナル」であるはずの外交官や、元外交官である作家・著述家、国際政治学者等が執筆した文章を読んでいると、どうも「外交がわかっていないのは、むしろ彼らの方ではないか」と思うことすらあります。

以前、『ビジネスマンのセンスで外交青書を読む』でも申し上げましたが、外交とは別に特殊な世界ではありません。というのも、国家は人間の集合体だからです。そして、外交は私たち個人が誰か他人とお付き合いするときの考え方の延長で捉えることができます。

人間関係の階層化

人間関係の階層化①血縁

世の中に存在する人間関係のなかで、一番親しい関係と言えば、夫婦か親子でしょう。実際、私自身にも配偶者と子供がいます。私にとって、この世の中に存在する最も重要な存在が、まさに配偶者と子供であり、彼らは私が自分の命に代えてでも守らねばならない者たちです。

細かい話をいえば、家族といっても、「自分が生まれ育った家族」と「自分が作った家族」があります。たとえば、自分の実家(両親、兄弟など)は「自分が生まれ育った家族」ですが、自分の配偶者と子供は「自分が作った家族」です。

また、自分の親にも「生まれ育った家族」(つまり自分から見ると祖父母、伯父・伯母、叔父・叔母など)がいますし、伯父・伯母などにはそれぞれ子供(つまり自分にとっての従兄弟)がいることもあるでしょう。これが親戚ですが、家族と比べると繋がりは薄くなります。

さらに、「従兄弟」とは親同士が兄弟である場合のつながりのことですが、俗に「ハトコ」、つまり祖父母同士が兄弟である場合のつながりもありますし、自分自身の兄弟が結婚すれば、その兄弟の結婚相手とも間接的に親戚となります(これを民法の専門用語で「姻族」と呼びます)。

こうなってくると、さらに関係は薄くなるかもしれません。実際、私自身も子供のころは従兄弟とも頻繁に遊んだりしていましたが、大人になり、お互いに離れて暮らすようになれば、滅多に会わなくなります。それこそ、親戚の葬儀で何十年ぶりに会う、というケースだってあるでしょう。

夫婦・親子の関係は非常に強固なつながりを持っていますが、子供が独立し、結婚し、子供を設ければ、離れて暮らす兄弟とは家族ではなく親戚となりますし、ましてや伯父・伯母、従兄弟、ハトコとは疎遠になっていくこともあるかもしれません。

それどころか、私自身が経験したことですが、「親戚である」というだけの理由で、理不尽な要求をしてくる輩もいます。その意味で、血縁が必ずしも濃いつながりを持つとは限らないのです。

②友人、③仕事付き合い

一方で、人間関係の中でも比較的濃密な付き合いがあるとすれば、友人関係や仕事付き合いでしょう。

このうち、友人関係とは、学校の友だち(クラス・部活などの友だち、先輩・後輩など)、習い事や趣味の友だち(SNSなどを通じた友だちも含む)など、さまざまな事例があると思いますが、いずれも「血縁関係ではないが、仲が良い相手」のことです。

友人関係の場合、家族・親戚と異なり、多くの場合は自分の意思でお付き合いする関係です。学校を通じた友人の場合は、学校を卒業したら疎遠になることが多く、また、仲たがいしたら絶交することもあるため、血縁関係よりは薄いつながりです。

さらに、仕事付き合いにも、上司、部下、取引先など、さまざまな事例があると思います。仕事付き合いも「血縁関係とは限らない」「仲が良いとは限らない」関係ですが、友人関係と違って、仕事である以上は付き合わねばならない相手のことです。

人間関係に、この「①血縁」、「②友人」、「③仕事付き合い」という3つの類型が存在することは、お分かり頂けると思います。では、この3つの類型で、外交を考えるうえで一番参考になるのは、①~③のどれでしょうか?

①血縁(家族、親戚)については、一般的には無条件に付き合わなければならない相手ですが、自分自身が独立して家族を構えたり、地理的に離れたところに暮らしたりすれば、必然的に疎遠になっていく関係でもあります。

②友人については、好きで人間付き合いをしている関係です。いわば、「馬が合う」相手であり、その友人と一緒にいることで何らかの恩恵があるわけですから、①と比べて人間関係が濃くなる場合もあるかもしれません。

ただ、私はやはり、社会人であれば、③仕事付き合いがもっとも「人間関係らしい人間関係」だと思います。別に相手のことを好きなわけでもないくせに、時として笑顔を浮かべながら付き合わなければならないからです。その目的とは、ずばり、「おカネ」にあります。

国家と国家のお付き合いもこれとまったく同じではないでしょうか?

仲良くなる国とそうではない国

実は、国と国とのお付き合いも、上記①~③の考え方がそのまま当てはまると思います。

たとえば、「①血縁」という関係だと、同じ英語圏に属するアメリカ(米国)、イギリス(英国)、オーストラリア(豪州)、カナダ(加)、ニュージーランドという事例があります。米、加、豪などの各国は、英国人が各地に植民し、その子孫が国の基礎を作ったという関係にあるからです(※)。

(※もっとも、カナダの場合、ケベック州が仏語圏でもあります。また、米国や豪州の場合も、実際には黒人奴隷や現地原住民、さらには各地からの移民などが混血しているため、厳密には「彼らは同一民族である」と表現することは不適切かもしれませんが…。)

つまり、英米豪などの各国は、英語圏というだけの理由で、非常に緊密、特別な関係にあるのです。また、香港やシンガポールなども、英語を共通語としているという理由意味では、これらの「英語圏ネットワーク」諸国とは親和性がある、といえるでしょう。

次に、「②友人」とは、利害関係はないものの、仲が良い人のことですが、これは国家間にも成立する考え方です。たとえば、地理的に遠く離れていたとしても、トルコやフィンランドのように、日本の文化に興味・関心があるなど、日本のファンとなってくれる国があります。

ただ、国際関係においては、例えとしては、やはり「③仕事付き合い」がわかりやすいと思います。仕事付き合いの場合だと、嫌いな上司であっても、職場で会話しなければなりませんし、そうしなければ給料ももらえません。逆に、馬が合わない人ともうまくやって行ける協調性があれば、出世できるかもしれません。

外交もこれと全く同じであり、「嫌な国であっても技術協力、経済支援、軍事協力をしてくれる相手とはうまく付き合わなければならない」、というロジックです。

マレーシアの事例

こうした「人間関係に例えると非常にわかりやすい例」が、マレーシアの事例でしょう。

たとえば、東南アジア諸国連合にマレーシアという国があります。マレーシアは多民族国家ですが、大きく分けるとマレー系、華人系、インド系で構成されています。民族的に見れば、マレー人はインドネシアとも密接な関係がありますし、また、民族的には中国やインドとも関係を持っています(①血縁)。

一方、マレーシアは日本をベンチマークにする、いわゆる「ルック・イースト政策」を採用してきたことでも知られており、日本語を学習する学生も多く、日本に親しみを持っているマレーシア国民は多いようです(②友人)。

そのマレーシアは地政学的な都合上、タイやシンガポール、フィリピンなど、東南アジア諸国とASEANを結成し、経済、安全保障などで密接な協力関係を構築していますし、北朝鮮とは貿易・投資などを通じて密接な関係にあります(③仕事付き合い)。

もっとも、マレーシアは民族的に近いからといって、インドネシアなどと無条件の友好関係にあるわけではなく、先日も92歳になるマハティール・ビン・ムハンマド元首相が首相として再登板した背景には、親中派であるナジブ前首相の汚職疑惑があったとされるなど、中国との確執も報じられています。

「血縁関係にあれば無条件に仲良くなるわけではない」、「嫌いな相手でも仕事上必要があれば付き合わなければならない」、「仕事付き合いよりも友人付き合いの方が長続きする」、といった人間関係の特徴が、外交の世界にもみごとに当てはまっていることがお分かり頂けるでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日本にとって重要な国

「血縁」がいない国?

ところで、「日本人はどこから来たのか」については、文化人類学者を初め、多くの人が議論しているところですが、これについては確たる学説が存在しないのが実情に近いといえるかもしれません。

イギリス人は、同じ英語を母語とする人々――アメリカ人、オーストラリア人、カナダ人、ニュージーランド人など――に対し、非常に強い親近感を抱いているようですし、スペイン人と中南米のスペイン語圏の国々も同じような関係にあるのかもしれません。

また、英語とドイツ語、英語とフランス語は同じ言語ではありませんが、お互いに語彙、文法、品詞などで多くの共通点を持っていますし、欧州域内では宗教、食事、文化などの点で、お互いに近い関係にあることは間違いありません。

しかし、少なくとも日本の場合は、同じ「日本語」を日用語としている国・コミュニティは、日本国外にはほとんど存在しません(皆無とは言いませんが…)。また、日本語と明確に「親戚語」といえる言語も存在しません(琉球語を日本語と異なる言語と位置付ければ、「親戚語」と言えるかもしれませんが…)。

韓国語(朝鮮語)は日本語と文法が似ていますが、語彙などの面で違いが大きすぎるため、学術的には、日本語と韓国語(朝鮮語)との「親戚関係」は証明されていないと聞きます。

このように考えていけば、日本にとっての「英国と米国のような関係」、「英国とドイツのような関係」は、地球上に存在しないと考えた方が良さそうです。

ソフト・パワーで世界を席巻する日本

ただ、日本が世界で孤立しているのかと言われれば、それもまた違います。実際には、アニメ、マンガ、ゲームなどのコンテンツ、自動車や家電などの工業製品、さらには日本の伝統文化などが、世界中で愛されているからです。

日本のソフト・パワーが世界をどの程度、席巻しているのかについて、統一的かつ信頼できる統計は存じ上げません。しかし、私自身も若いころからずいぶんと海外に出掛けてきましたが、たいていの国で「日本人だ」といえば歓迎された記憶があります。

フランスの首都・パリの大型書店では日本のマンガ(仏語訳版、日仏対訳版など)が平積みになっていて、日本語のDVDがそのまま流れていたりもしましたし、「ハロー・キティ」はそれこそ全世界の街角で見掛けました。さらに、日本語でプリントをしたホンダ車に乗る現地人を見たこともあります。

(※もっとも、私自身の経験上、なぜか北欧は例外でした。日本人と中国人を混同しているのか、日本人に対して「ニーハオ」と話しかけてくる人が複数いたほどです。)

つまり、「日本の文化、製品、伝統が好きな人たち」は世界中にいて、彼らの多くが日本のファンとなってくれている状態は、日本にとっては非常に好ましいのです。これが人間関係でいえば、「②友人」のカテゴリーでしょう。

経済力、金融力

一方、日本は戦後長らくの間、「米国に次ぐ世界で2番目の経済大国」の地位を謳歌していました。しかし、今世紀に入り、世界第2位の経済大国の地位は、公式には中国に取って代わられ、「日本経済の地位は低下している」と思い込んでいる人がたくさんいるのが実情です。

しかし、日本経済の地位が低下しているからといって、「もう日本には未来がない」と考えるのも、同時に大きな間違いですし、かつ、安易にそのような認識を持つこと自体、日本社会を将来世代に引き渡す者としては、非常に無責任です。

高学歴の経営者が経営する企業を中心に、経営の失敗が相次いでいることは事実ですが、そのことと「日本がダメな国になっている」という認識を結び付けるべきではありません。

【夕刊】アフリカ諸国「人民元が基軸通貨」?どうぞご勝手に。』で議論したばかりですが、日本には強力な武器があります。それは、「開放的で先進的な資本市場」であり、また、「世界で最も安全性が高い日本円」という通貨です。

【準保存版】韓国の外貨準備統計のウソと通貨スワップ』でも議論したとおり、日本との通貨スワップ協定をしつこく求めてくる国もあるようですが、強い通貨はそれ自体が強い国力の代名詞です。

残念なことに、日本には軍事力の背景はありません。しかし、それを補うのが強力な金融力です。アジア開発銀行(ADB)などの国際開発銀行への出資を筆頭に、日本は金融力を武器に、さまざまな国と強い関係を構築しているのです。

日本は何も卑屈になる必要などありません。

外交は国益の最大化手段

つまり、日本は人間関係でいうところの「①血縁」がいない国ですが、「②友人」、「③仕事付き合い」での交友関係には恵まれている国です。

そして、人間が誰かとお付き合いする目的が、その人の幸福度を高めるためにあるのと同様、国と国とのお付き合いの目的は「国益」の最大化にあります。ここで国益とは、

  • 安全保障…国、国民の軍事的な安全を確保すること
  • 経済発展…一国の経済をさらに発展させること

の2点であり、この2点は古今東西、いかなる国においてもまったく同じです。

本来、日本は国益を最大化するために、多くの国との関係の濃淡を作っていかなければなりません。しかし、「日本のことが大好きだ」と思ってくれる国や、「日本と仕事をしなければならない」と思う国がたくさんあることは、日本にとってはそもそも、非常に幸いな話です。

もっとも、日本の隣には、あることないこと捏造して、日本の名誉と尊厳を傷つけようとする国もあるようです。人間関係でも「常軌を逸した人間による嫌がらせ」に苦しむケースがあるのと同じであり、これは非常に悩ましい点です。

しかし、日本がこうしたヘイトと敢然と戦わなければならないことは言うまでもありませんが、それと同時に、日本が某隣国と同じレベルに堕ちてしまってはならない、という点は事実でしょう。

冷静に考えると見えてくる

以上、ここでは「外交」について、私が普段から考えていることのごく一端を示してみました。

非常に当たり前の話ですが、外交は「国と国とのお付き合い」です。しかし、国が人間の集合体である以上、「国と国とのお付き合い」も、「人間同士のお付き合い」の延長で議論することは十分に可能なのです。いや、むしろビジネスマンならではの視点で外交を議論することが有益ですらあると思います。

では、どうして数ある「時事ネタ」を振り払って、このタイミングで「外交」に関する議論を掲載したのでしょうか?

その理由は、非常に簡単です。これからの日本が、この「外交の本質」を強く意識しなければならないであろう局面が、これからすぐに訪れると私が予想したからです。その意味で、「いつでも引用できる記事」を1つ、執筆した、という次第です。

これから私たち日本国民としても、さまざまな難しい判断を迫られる局面が続きそうです。その際に、当ウェブサイトとしても、「国益」という観点から、これらについて議論していきたいと考えています。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/01/19 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座」第3回:匿名でも実名でも読者便宜を第一に! (3コメント)
  • 2019/01/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府が「客観性高い証拠」提示へ? (51コメント)
  • 2019/01/19 07:08 【時事
    速報 米朝首脳会談開催へ 米メディア (2コメント)
  • 2019/01/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    日本海呼称問題、「説得」の段階はもう過ぎた 今すぐ戦え (24コメント)
  • 2019/01/18 16:01 【時事|韓国崩壊
    【速報】「歴史歪曲禁止法」と日韓関係 結局は「国内問題」 (33コメント)
  • 2019/01/18 15:45 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    事実歪める韓国メディア 支離滅裂どころの騒ぎではない (7コメント)
  • 2019/01/18 11:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り産経系メディアが「工作船」仮説を説明 (15コメント)
  • 2019/01/18 05:00 【雑感オピニオン
    日本を「ウソツキが得をするような社会」にしてはならない (41コメント)
  • 2019/01/17 22:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の「逆ギレ」ここに極まる 自衛隊員の士気に悪影響が心配 (21コメント)
  • 2019/01/17 15:45 【時事|外交
    日米同盟軸にしたインド・太平洋戦略こそが、日本の活路だ (11コメント)
  • 2019/01/17 11:45 【時事|韓国崩壊
    日米防衛相会談から「日米韓3ヵ国連携」が消えた意味とは? (15コメント)
  • 2019/01/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国政府の外交は素人集団と同じ 日韓関係崩壊は不可避に (32コメント)
  • 2019/01/16 22:00 【時事
    【速報】韓国は非公開の約束破り、しかもウソの情報を公表? (25コメント)
  • 2019/01/16 20:30 【時事|韓国崩壊
    空虚に響く、呆れた発言 韓国外相が「日韓悪化回避に努力」 (16コメント)
  • 2019/01/16 11:30 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイの「冒頭解散」説も、あながち荒唐無稽でない? (14コメント)
  • 2019/01/16 05:00 【韓国崩壊
    大切なことは日韓関係崩壊の「回避」でなく「影響の最小化」 (26コメント)
  • 2019/01/15 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】時事「韓国が回答期限拒否」、ただし大勢に影響なし (8コメント)
  • 2019/01/15 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国「日本と価値共有せず」 「日本は無礼で非紳士的」とも (34コメント)
  • 2019/01/15 12:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り、そろそろ日韓二国間協議を打ち切る局面か (17コメント)
  • 2019/01/15 10:45 【時事|外交
    「世界よ、これが中国だ」 中国、ロシアとどう付き合うか (6コメント)
  • 2019/01/15 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射事件巡る日韓協議と「日米英仏豪加連合」の成立 (19コメント)
  • 2019/01/14 22:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決問題の節目は4月12日か 日本政府の狙いとは? (8コメント)
  • 2019/01/14 08:00 【外交
    外交とは、人間関係の延長 「価値」と「利益」で理解すべき (22コメント)
  • 2019/01/14 05:00 【韓国崩壊
    日本国内から日本の足を引っ張る奇妙な人たち (35コメント)
  • 2019/01/13 12:00 【マスメディア論|時事
    まとめサイトの社会的役割、『もえるあじあ』の興味深い記事 (15コメント)
  • 2019/01/13 08:00 【金融
    資金循環分析:6月の「消費税増税法廃案」解散に期待したい (36コメント)
  • 2019/01/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    いまや「日本が考える韓国の位置付け」は北朝鮮、中国と同じ? (19コメント)
  • 2019/01/12 15:30 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本で反韓世論拡散」 皮肉ながら韓国に感謝します (25コメント)
  • 2019/01/12 09:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第2回:独自サイトか、大手ブログか? (4コメント)
  • 2019/01/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    日米英などの海洋同盟が成立しても、そこに韓国の姿はない (12コメント)
  • 2019/01/11 14:00 【時事|韓国崩壊
    協議申入は日本政府の「時間稼ぎ」?そしてその真の狙いとは (89コメント)
  • 2019/01/11 11:11 【金融
    基礎資料「日本全体の資金循環(2018年9月末)」の公表 (10コメント)
  • 2019/01/11 10:15 【韓国崩壊
    「関係悪化は双方に原因」の無責任 日韓の本当の「正常化」 (28コメント)
  • 2019/01/11 05:00 【韓国崩壊
    読者様のコメントより:「韓国の迂回貿易」について考える (23コメント)
  • 2019/01/10 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相「日本の指導者が政治目的で反韓感情利用」 (16コメント)
  • 2019/01/10 13:30 【時事|韓国崩壊
    正気の沙汰とは思えない、韓国大統領の「年頭会見」 (54コメント)
  • 2019/01/10 11:00 【韓国崩壊
    日韓請求権協定の手続と「韓国社会の崩壊」という嫌な予感 (21コメント)
  • 2019/01/10 05:00 【マスメディア論
    「国益」と「愛国者」、そして「国民の敵」について考える (13コメント)
  • 2019/01/09 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府、請求権協定に基づき韓国に協議申し入れへ (19コメント)
  • 2019/01/09 11:45 【時事|経済全般
    自由貿易と「ウィン・ウィン」を否定するかの韓国経済新聞 (12コメント)
  • 2019/01/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    株式差押えは「日本企業に実損出ていない」の屁理屈のため? (28コメント)
  • 2019/01/08 21:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金の在韓資産差押えを韓国地裁が認める (6コメント)
  • 2019/01/08 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓の「情報戦」が開戦したなら戦力の逐次投入はタブー (33コメント)
  • 2019/01/08 10:30 【韓国崩壊
    あまりに惜しい鈴置説の「最終回」 鈴置先生に感謝します (27コメント)
  • 2019/01/08 05:00 【マスメディア論
    すぐれたウェブ評論サイトが新聞、テレビを駆逐する! (29コメント)
  • 2019/01/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「喧嘩両成敗」的な主張はもう聞き飽きた (56コメント)
  • 2019/01/07 05:00 【韓国崩壊
    今週の焦点は防衛省の再反論と安倍総理の「毅然とした措置」 (23コメント)
  • 2019/01/06 16:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍総理、NHKで韓国に対する「具体的措置」に言及 (15コメント)
  • 2019/01/06 15:45 【マスメディア論|時事
    「あじあにゅーす2ちゃんねる」が長尾敬議員の主張を歪曲 (12コメント)
  • 2019/01/06 07:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第1回:「人生」と「使命」について考えてみる (4コメント)
  • 2019/01/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    もういちど考える:そもそも韓国海軍は何をやっていたのか? (34コメント)
  • 2019/01/05 14:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、そろそろ韓国に対する制裁が必要ではないか (45コメント)
  • 2019/01/05 08:00 【雑感オピニオン
    読者の皆さま:個人ブログをお持ちの方は是非教えてください (9コメント)
  • 2019/01/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件を含め、国民は安倍政権の対応を見ています (26コメント)
  • 2019/01/04 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府・国防部の動画をどう見るか? (36コメント)
  • 2019/01/04 15:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府が動画を公表 (19コメント)
  • 2019/01/04 14:30 【韓国崩壊
    北朝鮮に理解示して日本には逆ギレする韓国政府の支離滅裂さ (8コメント)
  • 2019/01/04 11:00 【時事|外交
    無法国家・中国への渡航を警告した米国政府を日本政府も見習え (3コメント)
  • 2019/01/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仕事始め」の安倍政権、支離滅裂な韓国にどう対応するか? (23コメント)
  • 2019/01/04 05:00 【時事|雑感オピニオン
    天皇陛下を戴いていることを、日本国民の1人として誇りに思う (8コメント)
  • 2019/01/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件巡り、韓国が歩み始めた「自滅の道」とは? (29コメント)
  • 2019/01/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工「差押え」の不思議 非上場株の換金処分は著しく困難 (10コメント)
  • 2019/01/02 15:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押え報道が事実なら、政府は速やかに対抗措置講じよ (15コメント)
  • 2019/01/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押えとレーダー照射はどうなる?正常化する日韓関係 (26コメント)
  • 2019/01/02 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    金正恩の「新年の辞」と、私たち日本国民に求められる覚悟 (6コメント)
  • 2019/01/01 05:00 【マスメディア論
    新年にあたり、「社説のブログ化」について考えてみる (6コメント)
  • 2019/01/01 00:00 【雑感オピニオン
    新春のご挨拶 (27コメント)
  • 2018/12/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアが「安倍が政治利用」「カミカゼ攻撃」と逆ギレ (21コメント)
  • 2018/12/31 10:00 【マスメディア論
    年末の「恥知らず」特集 やっぱり朝日新聞は国民の敵 (13コメント)
  • 2018/12/31 05:00 【韓国崩壊
    やはり韓国を「日米韓3ヵ国連携」から追い出すのが正解か? (22コメント)
  • 2018/12/30 15:30 【時事|外交
    台湾加油!戦略的互恵関係に基づく日中関係構築を目指すべき (16コメント)
  • 2018/12/30 08:00 【経済全般
    朝日新聞が消費税を論じるなら、軽減税率を返上するのが筋だ (6コメント)
  • 2018/12/30 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件 現時点で「落としどころ」探るのは尚早だ (45コメント)
  • 2018/12/29 10:00 【雑感オピニオン
    今月も100万PV ウェブ評論サイトの「使命感」とは? (15コメント)
  • 2018/12/29 05:00 【時事|韓国崩壊
    さらば密室外交 防衛省による動画公開を歓迎すべき理由 (66コメント)
  • 2018/12/28 21:00 【時事
    防衛省が公開した動画をどう見るか? (24コメント)
  • 2018/12/28 17:07 【時事
    【速報】防衛省が動画を公開 (20コメント)
  • 2018/12/28 11:30 【時事|金融
    金融政策と為替介入をごっちゃにする韓国銀行のデタラメ報告書 (10コメント)
  • 2018/12/28 10:30 【時事|外交
    中国漁船による犯罪に「撤収」しかできないタテ割り日本 (7コメント)
  • 2018/12/28 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国による謝罪と責任者の処罰が最低ライン (35コメント)
  • 2018/12/27 12:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工訴訟:あれ?結局差押えはしないのですか? (11コメント)
  • 2018/12/27 11:30 【時事|外交
    中国漁船や韓国海軍の蛮行は日本が舐められている証拠 (8コメント)
  • 2018/12/27 10:30 【時事|金融
    専門家の視点で、ゴーン氏の「スワップ契約」報道を検証する (10コメント)
  • 2018/12/27 05:00 【時事|韓国崩壊
    南北鉄道着工式をやってしまった韓国と「チキンレース」仮説 (23コメント)
  • 2018/12/26 13:30 【時事|韓国崩壊
    読者コメントに感じる、「日韓の特別な時代」の終焉 (23コメント)
  • 2018/12/26 11:30 【時事|国内政治
    ウェブサイト恒例「歴代内閣在任期間比較」 (3コメント)
  • 2018/12/26 10:30 【時事|外交
    「外交に関する世論調査」2018年最新版レビュー (5コメント)
  • 2018/12/26 05:00 【韓国崩壊
    正論に慌てふためく韓国 徴用工判決の強制執行はどうなる? (23コメント)
  • 2018/12/25 21:45 【時事|韓国崩壊
    徴用工巡る韓国の「日本専門家」見解、てんでお話にならない (13コメント)
  • 2018/12/25 14:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】防衛省が韓国側言い分に再反論、その重要な意義とは? (32コメント)
  • 2018/12/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国メディアは日本に責任転嫁し逆ギレ (18コメント)
  • 2018/12/25 05:00 【韓国崩壊
    韓国との外交では、「道徳外交」「密室外交」を完全否定せよ (13コメント)
  • 2018/12/24 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】やっぱり逃げた!韓国側弁護団、強制執行日時明言せず (7コメント)
  • 2018/12/24 15:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり出てきた!「威嚇飛行をした日本の方が悪い」の詭弁 (19コメント)
  • 2018/12/24 08:00 【雑感オピニオン
    今年もあと1週間 年末年始の雑感 (7コメント)
  • 2018/12/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    自業自得の無責任国家・韓国の末路 「北の共犯者」を許すな (17コメント)
  • 2018/12/23 08:00 【時事|韓国崩壊
    このタイミングでなぜ米国が北朝鮮への人道支援を見直すのか (14コメント)
  • 2018/12/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国軍のレーダー照射は「瀬取り」と関連付ければ説明が付く (74コメント)
  • 2018/12/22 08:00 【韓国崩壊
    下條教授の正論に喝采を送りたいが、「時すでに遅し」か? (41コメント)
  • 2018/12/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    韓国は日本に宣戦布告でもするつもりなのか? (49コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。