当ウェブサイトの愛読者の方であれば、「インドネシア高速鉄道案件」を覚えている方もいらっしゃると思います。これについて、いくつかのメディアが最新状況を報じていますが、あまりにも予想通り過ぎて、正直、拍子抜けしてしまいます。ただ、「インフラ金融」は当ウェブサイトのカバー領域でもあるため、本日はインドネシアのジョコ政権のご都合主義を冷ややかに眺めておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/02/18 9:10 追記

本文中『日本方式が望ましい理由』のなかで、次の下りがありますが、これを修正しております。

(修正前)余談ですが、中国はかつて高速鉄道の追突事故で多数の死者を出していますし、日本は新幹線の営業に伴う事故を発生させていません。ただ、この点については「新幹線の優位性」というよりも、「日本人の鉄道安全運行にかける意識の高さ」という側面の方が大きいと考えるため、「日本の優位性」という点には付け加えていません。

(修正後)余談ですが、中国はかつて高速鉄道の追突事故で多数の死者を出していますが、日本の新幹線は追突、脱線などの重大事故による死亡事故を発生させていません。ただ、この点については「新幹線の優位性」というよりも、「日本人の鉄道安全運航にかける意識の高さ」という側面の方が大きいと私は考えているため、「日本の優位性」という点には付け加えていません。

コメント欄でご指摘くださいました「歴史好きの軍国主義者」様、大変ありがとうございました。

都合が良いジョコ政権に呆れる

インドネシア高速鉄道案件の続報

インドネシア政府が進めるジャカルタ=バンドン間の高速鉄道事業が、予想どおり、順調に迷走しているようです。

焦るジョコ氏「日本と赤い糸」 中国頼みの開発進まず(2018/2/13 20:47付 日本経済新聞電子版より)
バンドン高速鉄道、さらに遅れて24年完工も(2018/02/14 00:00付 アジア経済ニュースより)

日経の報道によれば、インドネシアのジョコウィドド大統領は、日本との国交樹立60周年に寄せた祝辞で「日本とインドネシアは赤い糸で結ばれている」などと述べたそうですが、これを日経は「来年の大統領選に向けた実績作りへの焦り」と評しています。

また、アジア経済ニュースも、バンドン高速鉄道について用地買収が進んでいないことなどを受け、当初は2019年に予定されていた完工予定が、2020年、2024年、あるいはさらにそれ以降にずれ込むなどとの観測が出ていると報じています。

プロジェクトが遅延するのも、当たり前の話です。

当ウェブサイトでも、1年前の時点で『ジャワ高速鉄道建設は頓挫する!』と予言しましたが、さまざまな経緯に照らせば、このプロジェクトには、最初からかなりの無理があったのです。

当時の経緯は『インドネシア高速鉄道案件とAIIBの現状』、『自業自得のインドネシアを見透かす日本外交』などでも取り上げているのですが、前回の記事から少し時間が経っているので、簡単に経緯を振り返っておきましょう。

インドネシアは「伸び代が大きい国」

まず、インドネシアは「東南アジア諸国連合(ASEAN)」の一員ですが、そのASEAN随一の大国です。

2015年において、人口約2.6億人、面積191万平方キロメートルで、いずれも日本(人口約1.27億人、面積約37.8万平方キロメートル)を大きく上回ります 1)世界の統計2017』P22『図表2-4 人口・面積(1)』 。しかし、名目GDPは1人当たり3,346ドルと、日本(34,522ドル)の10分の1に過ぎません 2)世界の統計2017』P62『図表3-3 1人当たり国内総生産(名目GDP、米ドル表示)(1)』

裏を返せば、経済の伸び代が大きい国だ、ということでもあります。

実際、ASEANを一括りに見るのは適切ではありません。

ASEAN構成国の中には、シンガポールのように1人当たりGDPが52,239ドルと日本を上回る国もあれば、カンボジアのように1,300ドル弱の国もあります。また、ASEAN諸国は政治的に見ても、中国ときわめて親しい国もあれば、フィリピンやベトナムのように、中国と領土争いを抱えているような国もあります。

ただ、幸いにして、各種調査から判明するASEAN諸国の国民感情は総じて日本にとって好意的であり、また、日本が深く信頼されていることも事実です。そこで、日本としてはASEAN諸国とさらに深く連携し、この地域の親日感情をさらに育むことが欠かせません。

このためには、国に応じてうまくお付き合いするという姿勢が重要です。

たとえば、シンガポールの場合は金融面、マレーシアやタイ、ベトナムの場合は、中国に代わる日本企業の進出先、といった具合に、それぞれ戦略的に連携を深めていく必要があるのです。

その意味で、人口も面積も大きく、1人当たりGDPでも伸び代が大きいインドネシアとの関係は、日・ASEAN連携のかなめを占めていると言っても過言ではないでしょう。

やっぱり日本に泣きついてきた!

ところが、困ったことに、インドネシアは何かとトラブルをもたらす国でもあります。

たとえば、1997年に、タイを発端に始まったアジア通貨危機では、インドネシアは韓国と並んで国際通貨基金(IMF)の支援を受けざるを得なくなり、また、日本の金融機関もインドネシア関連エクスポージャーで損失を蒙りました。

また、インドネシアはビジネス面でも、「信義則」を平気で破る国でもあります。それが、冒頭でも紹介した「高速鉄道横取り事件」です。

過去に当ウェブサイトでも取り上げたとおり、日本政府・日本企業が調査した「ジャカルタ・バンドン間鉄道敷設案」を、インドネシア政府が勝手に中国政府に横流しし、中国が国際的な信義則に反する強引なダンピングを仕掛け、日本から工事受注を奪っていったという事件です。

先ほど紹介した日経の記事によれば、ジョコ大統領は2019年4月の大統領選を控え、「国民に分かりやすい成果を欲し」ているとのことです。しかし、現実には、用地買収がまったく進まず、完工時期はどんどんと後ずれしてきている状況です。

私はすでに1年前の時点で、「この高速鉄道案件は頓挫する可能性が高く、焦ったジョコ大統領が日本頼ってくるに違いない」と申し上げていたのですが、驚くほどその通りの展開となりました。

では、日本はこの申し出を受け入れるべきなのでしょうか?

「インドネシア」と「ジョコ政権」を切り放すべき

私の結論を申し上げるならば、軽々にこの申し出を受けるべきではありません。

いや、むしろ、インドネシアとの関係は大切にしなければなりませんが、ジョコ政権を大切にする必要などありません。

先ほどの日経の記事は、文末で

ジョコ氏は祝辞に「赤い糸はもつれたり、絡まったりしてきたが、切れることはなかった」と記した。日本にとってもインドネシアは経済や安全保障で重要なパートナー。15年度末まで累計4.8兆円の円借款を供与し、その発展を支えてきた。目先の選挙対策にとどまらず、絡まった赤い糸をほぐし、長い目で太く育てる両国の取り組みが改めて問われている。

と主張していますが、私はこの下りを読んで、思わず呆れてしまいました。

「絡まった赤い糸をほぐす」ことは確かに重要ですが、それをジョコ政権の下で行う必要などありません。なぜなら、「糸を絡ませた張本人」がジョコウィドド大統領その人であり、むしろジョコ政権の間は新規円借款案件を凍結しても良いくらいでしょう。

インドネシアが日・ASEAN外交のかなめであり、インドネシアに「恩を売る」ことで日本の立場が良くなることは間違いありません。しかし、だからといって、信義則違反をしでかす政権に飴を与えるのは間違っています。

当ウェブサイトでは何度も主張してきたことですが、外交とは「仲良しごっこ」ではありません。「国益の最大化を図る手段」です。

日本と中国を両天秤にかけ、国際的な信義則を破ってまで日本をコケにした国に、そう簡単に支援を与えるわけにはいきません。

そこで私は、「インドネシア共和国」という国家と「ジョコウィドド大統領」という個人を、明確に分けて考えるべきだと思います。

少なくともジョコウィドド大統領が2019年の大統領選を制すべく、あらゆる材料を政治利用してくることは間違いありません。日本からの円借款も、ジョコウィドド大統領が自身の成果としてインドネシア国民に喧伝するであろうことは、容易に想像が付きます。

そして、国際的な信義則を平気で破るような人物に、「国家間の貸借関係」など理解できるとは思えません。

そうであるならば、ジョコ政権の再任が明らかになるかどうかを見極め、それまでの間は新規円借款案件をストップするのが、日本としてのあるべき対応ではないかと思います。

あるべき「日本のスタンス」

高速鉄道事業めぐる2つの調査報告書

ところで、日本貿易振興機構(JETRO)のウェブサイトに、2つの調査報告書が掲載されています。

インドネシア・ジャワ島高速鉄道建設事業調査(平成20年度円借款案件形成等調査)(2009年3月付 JETROウェブサイトより)
インドネシア・ジャカルタ~バンドン間高速鉄道導入検討調査報告書(2012年11月付 JETROウェブサイトより)

これは、それぞれ平成20年度(2008年度)、平成23年度(2011年度)の円借款案件の一環として、インドネシアの鉄道建設事業について調査した報告書です。

報告書を読む前に、インドネシア・ジャワ島の地形を頭に入れておきましょう。

まず、首都・ジャカルタの人口は、都市単独で960万人、都市圏人口で見ると3000万人を超えています(ちなみにこれは「東京都市圏」(一都三県)とほぼ同じです)。次に、スラバヤが300万人弱、スマランが約150万人、バンドンが約200万人で、また、これらの都市はほぼ一直線上に並んでいるという特徴があります。

そのうえで、この2つの調査報告書から判明することを、簡単にまとめると、次のとおりです。

  • ジャワ島にはインドネシアの全人口の6割が集中し、1億人以上が暮らしているが、人口規模に比べて運輸インフラが不十分であり、道路の渋滞は年々深刻化している。
  • 首都・ジャカルタからジャワ島東部のスラバヤまでの700kmの間には、大都市がいくつか存在し、高速鉄道の潜在的需要は大きい。
  • ジャワ島における主要な都市は細長い地形の北岸に沿って一直線状に連なっていることから、これらを高速鉄道によって結ぶことで、わが国の東京~東海地方~名古屋~京都~大阪の発展モデルに見られるようなベルト地帯としての発展が期待できる。
  • しかし、巨額の建設費がネックとなったため、先行してジャカルタ・バンドン間(114.77km)をわが国の新幹線方式で整備することが考えられる。

…、と、両調査報告書の内容は、非常に合理的かつ客観的です。

主要都市がほぼ一直線状に連なっていることから、その区間に集中的に投資すれば、インドネシア経済は飛躍的な発展が見込まれるからです。

もちろん、理想をいえば、ジャカルタからスラバヤまでの700kmを新幹線方式で整備することが望ましいものの、現在のインドネシア経済に、いきなりその全区間を建設するだけの余力が乏しいというのも理解できます。

そこで、これらの報告書は、費用対効果が最も大きいジャカルタ=バンドン間を先行して新幹線方式で建設することを提案したのです。チルボン、スマラン、スラバヤなどへの延伸は、その成果を見ながら少しずつ実現するのが良いでしょう。

ただし、この場合には、在来線の高規格化・高速化を並行して進めることが必要です。その際の新幹線方式と在来線方式の軌間の違い規格の違い単線と複線と複々線の違いなどについては、昨年執筆した記事『自業自得のインドネシアを見透かす日本外交』で詳述していますので、ご興味がある方は、ぜひ、ご参照ください。

自業自得のインドネシアを見透かす日本外交

中国に出て行ってもらわないことには始まらない

ところで、中国に「横取り」されたのは、「平成23年度報告」(P4)に示された、「ジャカルタ=グデバゲ間144.6km」の一部であろうと考えられます。

このルートは、日本側調査団が示した路線計画の中でも最も需要が見込まれ(同P10)、ひとまず建設に着手するとしたら、もっとも合理的なルートです。なぜなら、最初にこの区間を建設しておき、順次延伸していくという方式が採用できるからです。

しかし、日本方式と中国方式の違い(信号、規格など)を考慮するならば、この区間を中国方式で建設してしまえば、将来のバンドン=スラバヤ間も、すべて中国方式で建設しなければ意味がありません。

また、バンドン=スラバヤ間を日本の新幹線方式で建設するならば、ジャカルタ=バンドン間も新幹線方式によらなければなりません。

つまり、インドネシア高速鉄道案件は、日本にとっても日本にとっても、「オール・オア・ナッシング」なのです。

そして、ジョコウィドド大統領の行動を見る限り、同氏が選挙対策で「良い所取り」しようとしている意図はバレバレなのですが、たとえば中国がジャカルタ=バンドン間を請け負ったままの状態で、日本がバンドン以遠を請け負うという中途半端な受注形態は、日本企業にとってもリスクが高すぎます。

したがって、この問題の「最大の責任者」であるジョコウィドド大統領が、自らの政治責任を賭けて、中国との約束を反故にして、改めて日本に頭を下げてお願いして来ない限りは、日本としては受注すべきではありません。

あるいは、ジョコウィドド大統領が次回選挙で落選し、「話が分かる人」が次期大統領に就任することで、次期大統領が中国との契約を破棄し、改めて日本にお願いする、というのが望ましい選択肢でしょう。

日本方式が望ましい理由

ちなみに、今回問題となっているのは「ジャカルタ=バンドン間高速鉄道案件」ですが、日本方式が望ましい理由は、たくさんあります。

たとえば、中国と違って日本もインドネシアも民主主義国家であり、私有財産制度が確立しています。中国共産党の命令書1枚で土地収用が簡単に終わる中国と違って、土地を収用するためには、地権者と交渉し、買収していかなければなりません。

また、地震国である島国で高速鉄道を建設するためには、得てして山岳地帯を突っ切る耐震設計のトンネルや橋梁を多用しなければなりませんし、また、高低差を勘案する必要もありますが、それらの設計には特殊な技術が必要です。

インドネシアにおける高速鉄道建設は、高速鉄道の多くが平野部を走る中国とは、そもそも前提条件がまったく異なるのです。

用地買収のノウハウ、耐震技術などで見る限り、中国企業よりも日本企業に優位があることは明らかでしょう。

さらに、日本企業の場合、いったん計画を立てれば、基本的には計画通りにプロジェクトを進めます。工事を請け負ったは良いが、その後、まったく工事が進まないという「中華クオリティ」とは比較になりません。

つまり、日本企業に頼めば、決してお安くはないものの、非常に安全な鉄道が確実に手に入るのです。

(※余談ですが、中国はかつて高速鉄道の追突事故で多数の死者を出していますし、日本は新幹線の営業に伴う事故を発生させていません。ただ、この点については「新幹線の優位性」というよりも、「日本人の鉄道安全運行にかける意識の高さ」という側面の方が大きいと考えるため、「日本の優位性」という点には付け加えていません。余談ですが、中国はかつて高速鉄道の追突事故で多数の死者を出していますが、日本の新幹線は追突、脱線などの重大事故による死亡事故を発生させていません。ただ、この点については「新幹線の優位性」というよりも、「日本人の鉄道安全運航にかける意識の高さ」という側面の方が大きいと私は考えているため、「日本の優位性」という点には付け加えていません。)

信義則を破れば自分に跳ね返る

もっとも、インドネシアにいきなり総延長700kmの高速鉄道を建設する財政的余裕がないというのも事実でしょう。

また、「安ければ安いほど良い」という、ジョコウィドド氏のようなポピュリストが大統領に就任してしまえば、コスト面で日本企業が不利になってしまうのも、ある意味では当然です。

では、日本企業はダンピングしてまで高速鉄道案件を無理やりかっさらわなければならなかったのでしょうか?

私は、そうは考えません。

古今東西を問わず、信義則を破れば、必ずその事は自分自身に跳ね返ってきます。そして、この場合、信義則を破っているのはインドネシア側であり、信義則を破ったことの代償は、インドネシア側に払わせる必要があります。

ここで、私が最も警戒しているのは、「中国に対する牽制として、インドネシアに格安で新幹線を提供すべきではないか?」といった議論が出てくることです。先ほどの日経の記事も、「日本がインドネシアに配慮すべきだ」といったニュアンスがにじみ出ていたのですが、これはとんでもない議論であり、この記事を執筆した記者の常識を、私は疑います。

いずれにせよ、今回の高速鉄道案件については、放っておけばかなりの確率で破綻します。

日本としてはプロジェクトが破綻するまで、静観を決め込めばよいのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



感情ではなく理性で判断せよ

ところで、普段の当ウェブサイトをご覧になっている方からすれば、私がこのようにインドネシアを突き放して考えることに違和感を抱く方もいらっしゃるかもしれません。なぜなら、インドネシアは親日国であり、私のこうした態度は、その親日国を「邪険に扱うべきだ」と主張しているようにも見えるからです。

しかし、外交の目的とは「国益の最大化」にあり、それ以上でもそれ以下でもありません。あらゆる国との外交は、「国益の最大化」という観点に資するかどうかで判断していかなければならないのです。

たしかにインドネシアは、中国、北朝鮮、韓国という「反日3兄弟」と異なり、国民レベルでは親日国です。そして、インドネシアが困っている時に、助けの手を差し伸べなければ、インドネシアを反日国にしてしまいかねないことも事実です。

しかしながら、インドネシアもれっきとした独立国であり、その独立国が自らの判断で日本を裏切ったのですから、その判断に対する責任は自ら取っていただく必要があります。

いや、むしろこのまま中国に高速鉄道案件を委ねたままで、いつまで経っても鉄道が完成しなければ、インドネシア国民の「恨み」は中国に向かうはずです。ジョコウィドド大統領が落選するのが一番手っ取り早いのですが、仮に彼が再選されたとして、鉄道プロジェクトが破棄されないままで進めば、日本が一切手を出さなければ、プロジェクトが破綻することは目に見えています。

日本が2019年までに行うべきは、新規円借款案件の凍結であり、それ以降にジョコウィドド氏が再選された場合にも、少なくともこの高速鉄道案件には一切協力しないという姿勢を貫くことです。

この件については、とりあえず「高みの見物」を決め込むのが正解でしょう。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/04/20 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    北朝鮮がロシア接近 その延長線上にあるのは日本への擦り寄り (17コメント)
  • 2019/04/19 15:00 【時事|外交
    ちゃんと仕事をする内閣 外交重視姿勢はまったくブレない (15コメント)
  • 2019/04/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    読んでいて不安になる「用日」関連報道 (37コメント)
  • 2019/04/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国 (9コメント)
  • 2019/04/18 16:30 【時事|金融
    「自民党・萩生田が消費増税見送り論」報道の真相 (9コメント)
  • 2019/04/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    「大腸菌海産物の禁輸」を議論する 対等な日韓関係こそ理想 (53コメント)
  • 2019/04/18 09:30 【時事|外交
    【速報】北朝鮮の「新型戦術誘導兵器」報道、当面は静観が正解 (7コメント)
  • 2019/04/18 05:00 【国内政治
    もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える (16コメント)
  • 2019/04/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか? (36コメント)
  • 2019/04/17 08:00 【政治
    消費増税を強行する国民の敵 なぜ消費増税は間違っているのか (16コメント)
  • 2019/04/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    米朝からビンタ喰らった韓国 最大のリスクは文在寅政権崩壊 (29コメント)
  • 2019/04/16 23:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】セルフ経済制裁?日本企業が韓国からの事業撤退発表 (23コメント)
  • 2019/04/16 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「量産型用日論」 本日も韓国は「平常運転」? (35コメント)
  • 2019/04/16 10:45 【時事|経済全般
    長時間労働を当然とみる、怪しい「経営コンサルタント」 (13コメント)
  • 2019/04/16 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか? (12コメント)
  • 2019/04/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。 (21コメント)
  • 2019/04/15 15:30 【時事|金融
    恥を知れ、OECD!嘲笑に値する「消費税26%」勧告 (47コメント)
  • 2019/04/15 12:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊|金融
    やっと中央日報が通貨スワップに言及 よほど都合が悪いのか (17コメント)
  • 2019/04/15 07:00 【時事|韓国崩壊|金融
    通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える (17コメント)
  • 2019/04/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係の鉄則 相手を対等と見るならば、なおさら突き放せ (22コメント)
  • 2019/04/14 13:00 【時事|韓国崩壊
    「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する (38コメント)
  • 2019/04/14 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」? (9コメント)
  • 2019/04/14 05:00 【マスメディア論
    新聞の影響力低下とウェブ評論サイト台頭は日本を明るくする (16コメント)
  • 2019/04/13 12:00 【時事|金融
    消費税 傾聴に値する産経の正論と「外為特会廃止」論 (18コメント)
  • 2019/04/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談を巡る鈴置氏の論考と朝鮮半島の先祖返りリスク (49コメント)
  • 2019/04/12 12:00 【時事|韓国崩壊
    WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない (98コメント)
  • 2019/04/12 09:45 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談は予想どおり新味なし (24コメント)
  • 2019/04/12 07:00 【韓国崩壊
    「日本にとっての韓国は洗濯機」理論と対韓経済制裁を考える (11コメント)
  • 2019/04/12 05:00 【時事|外交
    独裁者・バシールの解任と拘束 次に逮捕されるべきは金正恩 (3コメント)
  • 2019/04/11 23:30 【時事|韓国崩壊
    追加あり【速報】ポンペオ国務長官に制裁緩和主張してしまった文在寅 (14コメント)
  • 2019/04/11 23:00 【時事|外交
    【速報】ウィキリークスのアサンジ、スーダンのバシール拘束 (1コメント)
  • 2019/04/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談 米国側に「韓国と協議」する意思もなさそうだ (36コメント)
  • 2019/04/11 11:11 【時事|金融
    日銀さん、ぜひ「プレミアム紙幣セット」を発行してください! (4コメント)
  • 2019/04/11 07:00 【時事|韓国崩壊
    「大使館新築放棄」の続報と日本企業が強く意識すべきリスク (19コメント)
  • 2019/04/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅の「とんぼ返り」 米韓首脳は意味ある会談できるのか (27コメント)
  • 2019/04/10 15:00 【時事|金融
    WSJが増税の間違いをズバリ指摘 対して日本のマスコミは… (13コメント)
  • 2019/04/10 11:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本が在韓大使館新築を事実上放棄」をどう見るか (55コメント)
  • 2019/04/10 07:00 【韓国崩壊
    割合で見る日韓関係 「洗濯機壊れて無理心中」聞かない理由 (27コメント)
  • 2019/04/10 05:00 【RMB|外交|金融
    日中関係の重要性は意外と低かった!中国の有効な使い方とは? (10コメント)
  • 2019/04/09 12:15 【時事|外交
    北朝鮮制裁が効いていないならば強化するだけの話では? (38コメント)
  • 2019/04/09 10:30 【時事|金融
    【速報/画像】新紙幣と令和時代の五百円硬貨のデザイン発表 (13コメント)
  • 2019/04/09 10:15 【時事|金融
    新紙幣と電子決済、そして次世代通貨「ブロックチェーン円」 (98コメント)
  • 2019/04/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    ハンギョレ寄稿に見る韓国の思い上がり、じつは却って好都合 (29コメント)
  • 2019/04/08 16:45 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸は本当に韓国に対する制裁カードになり得るのか? (21コメント)
  • 2019/04/08 14:15 【時事|韓国崩壊|金融
    実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道 (18コメント)
  • 2019/04/08 12:00 【時事|金融
    トルコショック再び?怖いのは局地的ショックではなく波及効果 (8コメント)
  • 2019/04/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    「対韓制裁慎重に」?そんなこと当たり前。必要なのは覚悟だ (36コメント)
  • 2019/04/07 07:00 【RMB|金融
    じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ (14コメント)
  • 2019/04/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    待ち遠しかった「鈴置論考」の最新版と分水嶺の米韓首脳会談 (17コメント)
  • 2019/04/06 07:00 【RMB|日韓スワップ|時事
    ASEAN「ローカル通貨」スワップ構想の続報と検討課題 (7コメント)
  • 2019/04/06 05:00 【時事|外交
    日中関係のほどよい距離感 キーワードは戦略的互恵関係 (26コメント)
  • 2019/04/05 14:45 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    毎日新聞英語版「日中韓とASEANが新たなスワップ検討」 (41コメント)
  • 2019/04/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    ツートラック戦略という欺瞞 徴用工の政治問題化を許すな (26コメント)
  • 2019/04/05 05:00 【マスメディア論
    軽減税率により「保護産業」への道を選んだ新聞業界の自滅 (39コメント)
  • 2019/04/04 15:00 【時事|韓国崩壊|外交
    ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」 (46コメント)
  • 2019/04/04 10:45 【時事|経済全般
    【緊急速報】山田孝之さんがパパスさんに!?ぬわー!! (8コメント)
  • 2019/04/04 10:15 【時事|外交
    新元号巡り韓国メディアが起源主張? 中国の反応は対照的 (16コメント)
  • 2019/04/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨・為替スワップに関する雑学:人民元建てスワップの伸長 (4コメント)
  • 2019/04/03 13:30 【時事|外交
    現代ビジネスの北朝鮮幹部インタビューをどう読むか (23コメント)
  • 2019/04/03 11:15 【時事|韓国崩壊
    最新記事から読む米韓・日韓の「ボタンの掛け違い」 (26コメント)
  • 2019/04/03 05:00 【マスメディア論
    ある意味で朝日新聞らしい末路とは、「社会的影響力激減」だ (24コメント)
  • 2019/04/02 15:00 【時事|金融
    ブレグジットの混乱で日英為替スワップは発動されるのか? (11コメント)
  • 2019/04/02 10:30 【時事|国内政治
    令和に関する主要新聞各紙の反応と元号の意外な効果 (33コメント)
  • 2019/04/02 05:00 【韓国崩壊|経済全般
    韓国さん、トランジットで入国者数を水増ししていませんか? (26コメント)
  • 2019/04/01 17:15 【時事|国内政治
    上念司氏参院選出馬表明、青山繁晴氏に続く…のか? (7コメント)
  • 2019/04/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    言語道断の「天皇訪韓待望論」が、なぜか韓国で相次ぐ (22コメント)
  • 2019/04/01 11:42 【時事|国内政治
    【速報】新元号は「令和」(れいわ) 新時代への希望とは? (48コメント)
  • 2019/04/01 10:15 【時事|韓国崩壊
    「ツートラック」自体が間違っていると何度いえばわかるのか (32コメント)
  • 2019/04/01 07:00 【時事|国内政治
    東京新聞が報じた「日の丸・君が代巡るILO勧告」の不自然さ (34コメント)
  • 2019/04/01 05:00 【マスメディア論
    「ウソの日」の記念にウソツキ新聞について考えてみる (8コメント)
  • 2019/03/31 05:00 【韓国崩壊
    3年前の「日本人の8割が韓国不要」調査を読み返してみた (77コメント)
  • 2019/03/30 23:00 【時事|韓国崩壊
    驚くほどそっくり!日本のサヨクと韓国政府の現実逃避ぶり (31コメント)
  • 2019/03/30 15:00 【時事|韓国崩壊
    ロイター報道「トランプ氏、米朝会談でFFVD突きつける」 (30コメント)
  • 2019/03/30 05:00 【マスメディア論|時事
    知に飢えた現代人の知的好奇心、どうやって満たすべきか? (27コメント)
  • 2019/03/29 17:00 【時事|韓国崩壊
    米韓離間が日米密着の触媒に?韓国メディアの報道に着想得る (34コメント)
  • 2019/03/29 12:15 【時事|外交
    北朝鮮非核化論、米国の堪忍袋の緒が切れかかっているのか? (37コメント)
  • 2019/03/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「韓国に対する経済制裁の在り方」についてまとめてみた (61コメント)
  • 2019/03/29 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】文在寅「政治と経済は別」 どの口がそれを言う? (30コメント)
  • 2019/03/28 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本企業に最大2兆円の損害?絶対折れてはならない理由とは (55コメント)
  • 2019/03/28 14:00 【マスメディア論|時事
    報道の自由度を下げている犯人は日本政府でなくマスコミだ! (33コメント)
  • 2019/03/28 11:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国のドル建て短期債務と資金ショート、そして日韓スワップ (26コメント)
  • 2019/03/28 05:00 【マスメディア論
    東京新聞の社説を読んで考えた:起死回生の大逆転方法とは? (24コメント)
  • 2019/03/27 12:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国の国会議長の発言:天皇陛下を「国王」と侮辱 (66コメント)
  • 2019/03/27 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    やっぱり出た!通貨スワップを結んでくれない日本への逆ギレ (27コメント)
  • 2019/03/27 05:00 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国経済に「突然死リスク」があるとすれば「資金ショート」 (32コメント)
  • 2019/03/26 15:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】まるで幼児の振る舞い 韓国で相次ぐ資産の差し押さえ (60コメント)
  • 2019/03/26 10:00 【日韓スワップ|時事
    「韓国は通貨スワップ再開を目指す」。はて、そうですかね? (20コメント)
  • 2019/03/26 05:00 【政治
    専用機導入が事実なら歓迎も、日本は自力で動ける国目指せ (51コメント)
  • 2019/03/25 13:45 【時事|韓国崩壊
    三菱重工業の資産差し押さえ、放置しても差し支えない…のか? (47コメント)
  • 2019/03/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報の「ご都合主義」 相変わらず心に響かない主張 (19コメント)
  • 2019/03/25 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップのメッセージは「誰と結ばないか」がむしろ重要 (6コメント)
  • 2019/03/24 15:45 【時事|金融
    イタリアの一帯一路協力表明は欠陥通貨・ユーロの自業自得だ (25コメント)
  • 2019/03/24 05:00 【韓国崩壊
    北朝鮮核武装幇助する韓国は「被害者」ではなく「加害者」だ (56コメント)
  • 2019/03/23 08:00 【時事|韓国崩壊
    時事通信記事は、徴用工判決問題で韓国側が怖気づいた証拠? (22コメント)
  • 2019/03/23 05:00 【マスメディア論
    あさま山荘事件と極論の出現:議論の拒絶の先に未来はない (38コメント)
  • 2019/03/22 17:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「外国との通貨スワップを見せつける」というのも制裁のうち (14コメント)
  • 2019/03/22 13:30 【時事|外交
    米国が対北朝鮮制裁の強化に出るも「力不足」である理由は? (7コメント)
  • 2019/03/22 12:00 【時事|韓国崩壊
    雑感:韓国を考えるときのキーワードは「無責任」 (12コメント)
  • 2019/03/22 06:00 【政治
    「日本の金融機関は世界最大の資金の出し手」という事実 (8コメント)
  • 2019/03/22 05:00 【時事|韓国崩壊
    無責任極まりない中央日報の一方的かつ抽象的な対日批判社説 (28コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    注記   [ + ]

    1.世界の統計2017』P22『図表2-4 人口・面積(1)』
    2.世界の統計2017』P62『図表3-3 1人当たり国内総生産(名目GDP、米ドル表示)(1)』