ここ数日、やや「重いネタ」が続きましたが、本日は出版業界に関する「軽いネタ」を紹介したいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

読者の皆様への御礼

本日は私自身にとっての「吉報」があります。

以前、専門書の刊行でお世話になった出版社から、私の専門分野の一つである通貨・為替論に関して、ごく簡単な「入門書」の執筆を依頼されました。「専門的な内容をわかりやすく説明することができる」という点について、非常に高く評価して頂いたようです。

こうした仕事を頂いたのは、間接的に、当ウェブサイトを運営していたおかげです。当ウェブサイトは私が「趣味」の一環として(しかも「新宿会計士」という匿名で)運営しているものですが、結果的に「専門的な内容を誰にでもわかりやすく執筆する」という訓練になっているからです。

当ウェブサイトを読み返してみると、「ハード・カレンシー」や「人民元」、「オフショア決済」、あるいは「日韓通貨スワップ」など、金融・通貨に関する専門的な概念が大量に出てきます。こんなマニアックなウェブサイトを日々読んで下さる千人を超える読者の皆様、さらには日々コメントを下さる皆様には、改めて心より感謝申し上げたいと思います。

「アマゾンの横暴」?

意外と儲からない書籍の出版

私はこれまで、単行本を3冊出版していますが、出版のペースは2012年、2015年、2017年であり、ほぼ2~3年に1回の計算です。ただ、出版社の厚意もあり、今年9月にはもう1冊、金融規制に関する専門書を刊行予定であり、これに加えて年内の「入門書」の執筆依頼を受けたため、順調にいけば、今年は人生で初めて、1年間に3冊の書籍を出版することになりそうです。

また、当時勤務していた会社の仲間と共同で出版した書籍も3冊ありますが、これらを自分自身の出版履歴に含めて良ければ、私は人生で8冊の書籍を執筆した計算となります(図表1)。

図表1 私の書籍出版履歴
出版年月ジャンル形態
2008年3月金融商品に関する入門書共著
2012年3月金融規制に関する専門書共著
2012年11月金融商品に関する専門書単著
2014年3月金融規制に関する専門書共著
2015年3月金融商品に関する専門書単著
2017年3月金融商品に関する専門書単著
2017年9月(予定)金融規制に関する専門書単著
2017年10月(予定)金融商品に関する入門書単著

なぜここまでたくさんの書籍を刊行しているかといえば、一番大きな理由は、「自分自身がやった仕事を形に残したい」という希望があるからです。もっとも、最近は、2年前に起こした会社の売上高が少なく、いろいろと稼がなければならない(笑)という事情もありますが…。

もちろん、私は時間があればもっとたくさんの専門書や入門書を執筆したいと思っています。しかし、1冊の書籍を執筆するのも非常に大変であり、1冊仕上げるのに最低半年は必要です。なぜなら、ベースとなる原稿を書き上げるのに、どんなに頑張っても2ヵ月かかりますし、それを「初校ゲラ」⇒「再校ゲラ」⇒「念校ゲラ」とやり取りするのにも、数週間ずつ必要だからです。

そして、私は書籍を刊行する際、某著名な専門書の出版社のお世話になっています。出版の条件とは、専門書であるため、多くの場合は次のようなものです。

  • 初刷は1,000部~1,500部程度
  • 単価は3,000円~4,000円程度
  • 印税は販売価格の10%

つまり、「消費税込み3,500円の書籍を1,000冊刷れば、印税は35万円」です。

半年仕事して35万円」!意外と儲かりませんね(笑)

もちろん、著名人であれば「印税は販売価格の20%」という場合もあるようですが、残念ながら私は著名人でも何でもありませんから、10%いただければ「御の字」です。

「虎ノ門ファミリー」の印税は?

一方、私が毎週、楽しみに視聴しているインターネット番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』のレギュラー・コメンテーターの皆様は、最近、相次いでご著書を出版されているようです(図表2)。

図表2 「虎ノ門ファミリー」の皆様のご著書
著者著書単価ランキング
上念司さん習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 (講談社+α新書)907円96位
有本香さん「小池劇場」が日本を滅ぼす1,404円101位
百田尚樹さん今こそ、韓国に謝ろう1,400円3位

(【出所】アマゾンドットコム。なお、「ランキング」は今週月曜日時点のもの)

いずれのご著書もランキングから判断する限り、売れ行きは好調で、とくに百田尚樹さんの『今こそ、韓国に謝ろう』に至っては、数日連続して1位をキープしていたというほどです。

ところで、これらの著名人の方が出版されるのであれば、おそらく印税率は10%でなく、20%、あるいは30%というケースもあるでしょう。ただ、標準的に「印税率は10%だった」と仮定し、初刷で1万部発行されたとすると、収入はどの程度になるのでしょうか?

上念司さんの場合は90.7万円、有本香さんの場合は140.4万円、百田尚樹さんの場合は140万円です。意外と儲からないものですね(笑)

もっとも、『虎ノ門ニュース』に出演された百田尚樹さんによると、『今こそ、韓国に謝ろう』は現時点で10万部以上売れているようですから、印税は1400万円を下らないであろうと考えられます。

ということは、「書籍を執筆して儲ける」ためには、必然的に「売れる本」を書かなければならない、ということです。

仮に私が半年かけて執筆した書籍で入ってくる印税が35万円だったら、1ヵ月の労働対価はわずか5万円程度だという計算です。しかし、印税が350万円なら1ヵ月の対価は50万円、印税が3500万円なら1ヵ月の対価は500万円です。

ふぅ、まだまだ遠そうですね(笑)

出版社も「売れる本」「儲かる本」を出したがる!

ところで、書籍がたくさん売れれば、著者にも印税が入ってきますが、それと同時に、出版社としても儲かるはずです。

ということは、出版社としても「売れる本」、すなわち「儲かる本」の方が、「売れない本」(すなわち「儲からない本」)よりも出版したいと思うのは当然でしょう。ただでさえ「出版不況」の折り、百田尚樹先生のようにベストセラーを連発する作家は、出版社から見ても有難いに違いありません。

ところで、百田尚樹氏は朝日新聞社から嫌われているためでしょうか、同氏のベストセラーは朝日新聞社からことごとく無視されています。

百田尚樹さんご自身のツイッターによると、将棋で連勝を続けている藤井聡太さん(14)は愛読書として百田尚樹さんの『海賊と呼ばれた男』を挙げているのに、それを朝日新聞の毒コラム『天声人語』が無視したという出来事が紹介されています。

左がかった人たちの間では、最近、なぜ自分たちが人々から拒絶されているのか、その理由を突き詰めようともせずに、「日本社会が右傾化している!」などとヒステリックに叫んでいます。しかし、冷静に考えてみたら、世の中「売れるモノが売れる」のです。朝日新聞が売れている理由は、新聞業界の参入障壁が高すぎて、人々が仕方なしに朝日新聞を購読しているだけの話であり、そのうち人々は新聞自体を読まなくなるでしょう。

編集長、アマゾンに切れる!

ところで、先日、金融商品に関する入門書の執筆案件の打ち合わせで出版社を訪問した際、私がお世話になっている編集長といろいろ話をしてきたのですが、最近は出版も儲からなくなってきているようです。

考えてみれば当たり前ですが、私自身、仕事をするときに、PCを操作することは増えましたが、書籍をペラペラめくりながら調べ物をする、ということはやらなくなりました。書籍の執筆者でさえこうなのですから、普通の会社員や公務員の方であれば、なおさら「紙の資料を使った調べもの」など、滅多にやらないのではないでしょうか?

実際、電子辞書が普及したことに加え、英語の辞書サイトグーグル翻訳などの機能が充実して来たため、英語をはじめとする語学の辞書もかつてほどは売れなくなっているようですし、紙にびっちりと情報が書かれた専門書を読み込むという人も少ないと考えられます。

当然、小さな書店の多くも経営難のため、店じまいするところが増えているようです。私自身、新宿にはかれこれ20年近く居住していますが、近所にあった書店はほぼ全滅状態にあります。さらに、新宿ローカルの話で恐縮ですが、新宿駅南口にあった「紀伊国屋タイムズスクエア店」が、洋書コーナーを除いて撤退してしまい、その後には人気家具店の「ニトリ」が進出してきたほどです。

出版不況とは、言い換えれば「書店不況」のことなのかもしれません。

こうした中、勢いを増すのが先ほども引用した「アマゾンドットコム」です。

いまや、「読んでみたい本」があれば、評判をアマゾンで確認してから買うという人も多いでしょう。あるいは、アマゾンから送られるメールで、興味のある本をチェックするという人もいらっしゃるかもしれません。つまり、昔は「書店を散策する」という楽しみが、いまや「アマゾンでネットサーフィンする」という形態に変わって行っているのです。

編集長によると、やはり価格競争力があるためでしょうか、「アマゾンは出版社に対して横暴だ!」とお怒りでした。具体的に何がどう横暴なのかはよくわかりませんが、とにかく「横暴だ!」と切れているのです。

誰でも気軽に出版できる!

ただ、出版社にとってアマゾンは「横暴(?)」なのかもしれませんが、私たち一般消費者にとっては、かならずしも「横暴」ではありません。なんだかんだで便利ですし、ポイントが付くこともあります。

こうした中、私がいま注目しているのは、「kindle出版」です。

これは、アマゾンが提供する情報端末「kindle」で閲覧できる電子書籍を出版するというもので、出版社を経由せず、直接、アマゾンにデータを送れば、電子書籍が出版できてしまう、という仕組みです。

印税率は35%と70%のいずれかから選ぶことができ、いずれにせよ出版社で出版するのと比べると破格の値段です。

また、調べてみると、アマゾンだけでなく、最近ではGoogle Play Booksなど、個人で出版できるプラットフォームはインターネット上に多数出現しているようです。

もちろん、世の中には「自費出版」という出版方法もあります。しかし、「自費出版」には金がかかります。仮に自伝とかを「自費出版」するのなら、アマゾンなどの電子書籍を検討してみても良いかもしれません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



技術革新は容赦なく押し寄せる

以上、本日は「出版」という個人的経験を紹介してみました。この体験を通じて痛感するのは、「インターネットの技術の進歩」です。

当ウェブサイトにしたって、ひと昔前だと、一個人が発信する情報が、日々、千人を超える人々に届けられるとは、考えられない話でした。もちろん、新聞だと、すでに明治時代から日刊紙が刊行されていましたが、新聞記者になるためには新聞社に入社する必要がありましたし、昔は原稿も手書きですから、日々、数千文字の文章を人々に向けて配信するなどということは不可能だったに違いありません。

新聞や雑誌、あるいはテレビの退潮が話題になり始めてから久しいですが、技術革新の波は容赦なく押し寄せます。私自身、「紙媒体の専門書」を出版している身分ではありますが、同時にインターネットの技術革新の恩恵をフルに受けている人間でもあります。

私は、「インターネット技術の進展というテーマ」については、今後とも精力的に追いかけていきたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/01/21 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】レーダー照射事件巡り、防衛省が「最終見解」を公表 (23コメント)
  • 2019/01/21 14:00 【時事|外交
    「2島決着案」が事実ならとんでもない話だ 本質は改憲議論へ (15コメント)
  • 2019/01/21 11:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、事態が長引くことの「本当の意味」とは? (24コメント)
  • 2019/01/21 05:00 【韓国崩壊|外交
    「2回目の米朝首脳会談」、恐るるに足らず…だと良いのだが (21コメント)
  • 2019/01/20 05:00 【韓国崩壊
    本当の意味での「日韓関係正常化」を考えてみる (90コメント)
  • 2019/01/19 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座」第3回:匿名でも実名でも読者便宜を第一に! (5コメント)
  • 2019/01/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府が「客観性高い証拠」提示へ? (65コメント)
  • 2019/01/19 07:08 【時事
    速報 米朝首脳会談開催へ 米メディア (4コメント)
  • 2019/01/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    日本海呼称問題、「説得」の段階はもう過ぎた 今すぐ戦え (25コメント)
  • 2019/01/18 16:01 【時事|韓国崩壊
    【速報】「歴史歪曲禁止法」と日韓関係 結局は「国内問題」 (34コメント)
  • 2019/01/18 15:45 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    事実歪める韓国メディア 支離滅裂どころの騒ぎではない (7コメント)
  • 2019/01/18 11:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り産経系メディアが「工作船」仮説を説明 (17コメント)
  • 2019/01/18 05:00 【雑感オピニオン
    日本を「ウソツキが得をするような社会」にしてはならない (43コメント)
  • 2019/01/17 22:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の「逆ギレ」ここに極まる 自衛隊員の士気に悪影響が心配 (21コメント)
  • 2019/01/17 15:45 【時事|外交
    日米同盟軸にしたインド・太平洋戦略こそが、日本の活路だ (11コメント)
  • 2019/01/17 11:45 【時事|韓国崩壊
    日米防衛相会談から「日米韓3ヵ国連携」が消えた意味とは? (15コメント)
  • 2019/01/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国政府の外交は素人集団と同じ 日韓関係崩壊は不可避に (32コメント)
  • 2019/01/16 22:00 【時事
    【速報】韓国は非公開の約束破り、しかもウソの情報を公表? (25コメント)
  • 2019/01/16 20:30 【時事|韓国崩壊
    空虚に響く、呆れた発言 韓国外相が「日韓悪化回避に努力」 (16コメント)
  • 2019/01/16 11:30 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイの「冒頭解散」説も、あながち荒唐無稽でない? (14コメント)
  • 2019/01/16 05:00 【韓国崩壊
    大切なことは日韓関係崩壊の「回避」でなく「影響の最小化」 (26コメント)
  • 2019/01/15 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】時事「韓国が回答期限拒否」、ただし大勢に影響なし (8コメント)
  • 2019/01/15 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国「日本と価値共有せず」 「日本は無礼で非紳士的」とも (34コメント)
  • 2019/01/15 12:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り、そろそろ日韓二国間協議を打ち切る局面か (17コメント)
  • 2019/01/15 10:45 【時事|外交
    「世界よ、これが中国だ」 中国、ロシアとどう付き合うか (6コメント)
  • 2019/01/15 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射事件巡る日韓協議と「日米英仏豪加連合」の成立 (19コメント)
  • 2019/01/14 22:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決問題の節目は4月12日か 日本政府の狙いとは? (9コメント)
  • 2019/01/14 08:00 【外交
    外交とは、人間関係の延長 「価値」と「利益」で理解すべき (22コメント)
  • 2019/01/14 05:00 【韓国崩壊
    日本国内から日本の足を引っ張る奇妙な人たち (35コメント)
  • 2019/01/13 12:00 【マスメディア論|時事
    まとめサイトの社会的役割、『もえるあじあ』の興味深い記事 (15コメント)
  • 2019/01/13 08:00 【金融
    資金循環分析:6月の「消費税増税法廃案」解散に期待したい (36コメント)
  • 2019/01/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    いまや「日本が考える韓国の位置付け」は北朝鮮、中国と同じ? (19コメント)
  • 2019/01/12 15:30 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本で反韓世論拡散」 皮肉ながら韓国に感謝します (25コメント)
  • 2019/01/12 09:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第2回:独自サイトか、大手ブログか? (4コメント)
  • 2019/01/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    日米英などの海洋同盟が成立しても、そこに韓国の姿はない (12コメント)
  • 2019/01/11 14:00 【時事|韓国崩壊
    協議申入は日本政府の「時間稼ぎ」?そしてその真の狙いとは (89コメント)
  • 2019/01/11 11:11 【金融
    基礎資料「日本全体の資金循環(2018年9月末)」の公表 (10コメント)
  • 2019/01/11 10:15 【韓国崩壊
    「関係悪化は双方に原因」の無責任 日韓の本当の「正常化」 (28コメント)
  • 2019/01/11 05:00 【韓国崩壊
    読者様のコメントより:「韓国の迂回貿易」について考える (23コメント)
  • 2019/01/10 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相「日本の指導者が政治目的で反韓感情利用」 (16コメント)
  • 2019/01/10 13:30 【時事|韓国崩壊
    正気の沙汰とは思えない、韓国大統領の「年頭会見」 (54コメント)
  • 2019/01/10 11:00 【韓国崩壊
    日韓請求権協定の手続と「韓国社会の崩壊」という嫌な予感 (21コメント)
  • 2019/01/10 05:00 【マスメディア論
    「国益」と「愛国者」、そして「国民の敵」について考える (13コメント)
  • 2019/01/09 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府、請求権協定に基づき韓国に協議申し入れへ (19コメント)
  • 2019/01/09 11:45 【時事|経済全般
    自由貿易と「ウィン・ウィン」を否定するかの韓国経済新聞 (12コメント)
  • 2019/01/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    株式差押えは「日本企業に実損出ていない」の屁理屈のため? (28コメント)
  • 2019/01/08 21:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金の在韓資産差押えを韓国地裁が認める (6コメント)
  • 2019/01/08 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓の「情報戦」が開戦したなら戦力の逐次投入はタブー (33コメント)
  • 2019/01/08 10:30 【韓国崩壊
    あまりに惜しい鈴置説の「最終回」 鈴置先生に感謝します (27コメント)
  • 2019/01/08 05:00 【マスメディア論
    すぐれたウェブ評論サイトが新聞、テレビを駆逐する! (29コメント)
  • 2019/01/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「喧嘩両成敗」的な主張はもう聞き飽きた (56コメント)
  • 2019/01/07 05:00 【韓国崩壊
    今週の焦点は防衛省の再反論と安倍総理の「毅然とした措置」 (23コメント)
  • 2019/01/06 16:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍総理、NHKで韓国に対する「具体的措置」に言及 (15コメント)
  • 2019/01/06 15:45 【マスメディア論|時事
    「あじあにゅーす2ちゃんねる」が長尾敬議員の主張を歪曲 (12コメント)
  • 2019/01/06 07:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第1回:「人生」と「使命」について考えてみる (4コメント)
  • 2019/01/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    もういちど考える:そもそも韓国海軍は何をやっていたのか? (34コメント)
  • 2019/01/05 14:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、そろそろ韓国に対する制裁が必要ではないか (45コメント)
  • 2019/01/05 08:00 【雑感オピニオン
    読者の皆さま:個人ブログをお持ちの方は是非教えてください (9コメント)
  • 2019/01/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件を含め、国民は安倍政権の対応を見ています (26コメント)
  • 2019/01/04 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府・国防部の動画をどう見るか? (36コメント)
  • 2019/01/04 15:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府が動画を公表 (19コメント)
  • 2019/01/04 14:30 【韓国崩壊
    北朝鮮に理解示して日本には逆ギレする韓国政府の支離滅裂さ (8コメント)
  • 2019/01/04 11:00 【時事|外交
    無法国家・中国への渡航を警告した米国政府を日本政府も見習え (3コメント)
  • 2019/01/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仕事始め」の安倍政権、支離滅裂な韓国にどう対応するか? (23コメント)
  • 2019/01/04 05:00 【時事|雑感オピニオン
    天皇陛下を戴いていることを、日本国民の1人として誇りに思う (8コメント)
  • 2019/01/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件巡り、韓国が歩み始めた「自滅の道」とは? (29コメント)
  • 2019/01/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工「差押え」の不思議 非上場株の換金処分は著しく困難 (10コメント)
  • 2019/01/02 15:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押え報道が事実なら、政府は速やかに対抗措置講じよ (15コメント)
  • 2019/01/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押えとレーダー照射はどうなる?正常化する日韓関係 (26コメント)
  • 2019/01/02 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    金正恩の「新年の辞」と、私たち日本国民に求められる覚悟 (6コメント)
  • 2019/01/01 05:00 【マスメディア論
    新年にあたり、「社説のブログ化」について考えてみる (6コメント)
  • 2019/01/01 00:00 【雑感オピニオン
    新春のご挨拶 (27コメント)
  • 2018/12/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアが「安倍が政治利用」「カミカゼ攻撃」と逆ギレ (21コメント)
  • 2018/12/31 10:00 【マスメディア論
    年末の「恥知らず」特集 やっぱり朝日新聞は国民の敵 (13コメント)
  • 2018/12/31 05:00 【韓国崩壊
    やはり韓国を「日米韓3ヵ国連携」から追い出すのが正解か? (22コメント)
  • 2018/12/30 15:30 【時事|外交
    台湾加油!戦略的互恵関係に基づく日中関係構築を目指すべき (16コメント)
  • 2018/12/30 08:00 【経済全般
    朝日新聞が消費税を論じるなら、軽減税率を返上するのが筋だ (6コメント)
  • 2018/12/30 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件 現時点で「落としどころ」探るのは尚早だ (45コメント)
  • 2018/12/29 10:00 【雑感オピニオン
    今月も100万PV ウェブ評論サイトの「使命感」とは? (15コメント)
  • 2018/12/29 05:00 【時事|韓国崩壊
    さらば密室外交 防衛省による動画公開を歓迎すべき理由 (66コメント)
  • 2018/12/28 21:00 【時事
    防衛省が公開した動画をどう見るか? (24コメント)
  • 2018/12/28 17:07 【時事
    【速報】防衛省が動画を公開 (20コメント)
  • 2018/12/28 11:30 【時事|金融
    金融政策と為替介入をごっちゃにする韓国銀行のデタラメ報告書 (10コメント)
  • 2018/12/28 10:30 【時事|外交
    中国漁船による犯罪に「撤収」しかできないタテ割り日本 (7コメント)
  • 2018/12/28 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国による謝罪と責任者の処罰が最低ライン (35コメント)
  • 2018/12/27 12:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工訴訟:あれ?結局差押えはしないのですか? (11コメント)
  • 2018/12/27 11:30 【時事|外交
    中国漁船や韓国海軍の蛮行は日本が舐められている証拠 (8コメント)
  • 2018/12/27 10:30 【時事|金融
    専門家の視点で、ゴーン氏の「スワップ契約」報道を検証する (10コメント)
  • 2018/12/27 05:00 【時事|韓国崩壊
    南北鉄道着工式をやってしまった韓国と「チキンレース」仮説 (23コメント)
  • 2018/12/26 13:30 【時事|韓国崩壊
    読者コメントに感じる、「日韓の特別な時代」の終焉 (23コメント)
  • 2018/12/26 11:30 【時事|国内政治
    ウェブサイト恒例「歴代内閣在任期間比較」 (3コメント)
  • 2018/12/26 10:30 【時事|外交
    「外交に関する世論調査」2018年最新版レビュー (5コメント)
  • 2018/12/26 05:00 【韓国崩壊
    正論に慌てふためく韓国 徴用工判決の強制執行はどうなる? (23コメント)
  • 2018/12/25 21:45 【時事|韓国崩壊
    徴用工巡る韓国の「日本専門家」見解、てんでお話にならない (13コメント)
  • 2018/12/25 14:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】防衛省が韓国側言い分に再反論、その重要な意義とは? (32コメント)
  • 2018/12/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国メディアは日本に責任転嫁し逆ギレ (18コメント)
  • 2018/12/25 05:00 【韓国崩壊
    韓国との外交では、「道徳外交」「密室外交」を完全否定せよ (13コメント)
  • 2018/12/24 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】やっぱり逃げた!韓国側弁護団、強制執行日時明言せず (7コメント)
  • 2018/12/24 15:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり出てきた!「威嚇飛行をした日本の方が悪い」の詭弁 (19コメント)
  • 2018/12/24 08:00 【雑感オピニオン
    今年もあと1週間 年末年始の雑感 (7コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。