怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事
  • HOME »
  • 評論記事 »
  • 韓国社会崩壊

タグ : 韓国社会崩壊

5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由

「5月9日は、日本にとっても重要な日だ」―。韓国では失職した朴槿恵(ぼく・きんけい)前大統領の後任大統領を選出する日が、5月9日に正式決定されたようです。しかし、現在の情勢で見る限り、かなりの確率で、誰が後任となってもどうせ「反日」です。では、このことを前提としたうえで、日本は何をしなければならないのでしょうか?端的にいえば、「対馬海峡が最前線になる」ことの覚悟を、そろそろ日本国民も持たねばならない、ということに尽きます。

反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した!

韓国社会が自壊する―!韓国社会はいまのところ、私が予想していた「最悪のシナリオ」に向けて疾走中です。昨日の朴槿恵(ぼく・きんけい)大統領に対する罷免判決を受け、本日は「韓国社会の崩壊は日本にとってのチャンスである」という論点と、「韓国社会はどのように崩壊するか」という3つのシナリオ・5つのサブシナリオという論点を、同時にお届けします。

大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻

本日、朴槿恵(ぼく・きんけい)韓国大統領に対する罷免の可否を巡る弾劾訴訟の判決が下されるそうです。韓国社会が崩壊すれば、私たち日本にとっても、押し寄せる大量の難民を水際で食い止めなければならないという、深刻な課題が発生します。そこで、本日は以前から提唱してきた「韓国社会を待つ3つのシナリオ」(赤化統一、中華属国化、軍事クーデター)をアップデートし、「5つのサブシナリオ」をまとめてみたいと思います。

韓国社会に関する雑感

本日3本目の記事は、単なる「雑感」です。

続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味

中国の韓国に対する「経済制裁」が続いています。ただ、報じられ方が派手な割に、きちんとまとめてみると、中国による韓国への制裁措置は、いずれも小出しでみみっちいという印象があります。では、この制裁をどのように考えるべきなのでしょうか?本日は「米中両国に翻弄される韓国」という観点から、この制裁が持つ意味合いを考察してみたいと思います。

6%と20%―日韓経済比較

「日本は6%、韓国は20%」―。これは、日本と韓国の根源的な違いを示す数字です。本日は、日韓経済の類似点とともに、根本的な違いを議論するとともに、韓国が少なくとも「経済破綻」と「社会崩壊」のいずれかを避けることができない(場合によっては両方とも避けられない)、という点を議論してみたいと思います。

【続】破滅に向けて突き進む韓国社会

「3月13日」。これが一つの「運命の日」となるかもしれません。複雑な情勢を読み解くと、私たち日本の厄介な隣国に待ち受ける運命は、いずれもいばらの道ばかりのようです。

まっすぐ崩壊に突き進む韓国社会

当ウェブサイトでは先日、「韓国崩壊」というタグを準備し、迷走する韓国を議論する専用のテーマを新設しました。そして、『「韓国崩壊」を冷静に議論する』の中で、韓国の将来としては、「①赤化統一」、「②中華属国化」、「③軍事クーデター」の3つしか残されていないと指摘しました。ただ、先日は「①」「②」の違いについて、きちんとした違いを議論する時間がないままで終わってしまいました。そこで、本日は、このうち「赤化統一」と「中華属国化」につい …

むしろ日本は慰安婦問題で孤立している!

先週のG20外相会合をはじめ、「慰安婦像」設置問題などに関する議論がいくつか行われています。そこで、本日は週末の慰安婦問題に関する報道をまとめたうえで、改めて「慰安婦問題の解決」のためには何が必要なのかを提示しておきたいと思います。

「韓国崩壊」を冷静に議論する

昔から日本のインターネット空間では、「韓国は崩壊する」といった極端な(しかし時として根拠のない)言説が溢れています。ただ、最近の韓国社会を冷静に眺めていると、あながち「韓国崩壊」も「極論」とは言い切れないのではないかと思える出来事も多々発生しています。「韓国が嫌いだから極論を述べる」のではなく、日本の国益という観点から、隣国を冷徹に分析することも必要でしょう。そこで、本日以降、私は「韓国崩壊」というカテゴリーを設け、不定期にこ …

1 2 »

コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトは皆様方のコメントや引用、転載を歓迎します。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

最近のコメント

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

<資格・職歴等>

  • 都内の4年制私大出身
  • 国家Ⅰ種(経済職)合格
  • 2004年公認会計士開業登録
  • 監査法人で約6年勤務
  • 金融機関で約9年勤務
  • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
  • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を立ち上げる

<専門分野と主著>

  • 【専門】金融商品会計・金融規制
  • 【著書】単著3冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準などの専門書籍)
  • 【活動】経理専門誌に記事を執筆

<知的好奇心の宝庫>

ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。

スポンサーリンク・広告

外部リンク

スポンサーリンク・広告


過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」
  • PAGETOP
    Copyright © 新宿会計士の政治経済評論 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.