怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事
  • HOME »
  • 評論記事 »
  • 米韓同盟破棄

タグ : 米韓同盟破棄

【夕刊】安倍総理の訪韓は成功?失敗?

本日2本目の記事は、今朝の記事に続き、日韓関係についてのちょっとした「ショートメモ」です。

米韓同盟の終了が見えた

朝鮮半島情勢が急激に動き始めました。好むと好まざるにかかわらず、韓国は日本の敵対国になる可能性が高まって来たと私は考えています。そこで、本日は現時点までの情報をもとに、おもに平昌(へいしょう)冬季五輪の出来事を整理しておきたいと思います。

【速報】米韓同盟を破壊した文在寅

新宿に戻ってきました。平昌五輪の結果、米韓・日韓関係がこれから凄いことになりそうです。

平昌五輪は米韓同盟破棄のきっかけなのか?

世間では明日からの平昌(へいしょう)冬季五輪に浮かれている節もありますが、私は「お祭りムード」に浮かれる韓国を置いてけぼりにして、米軍が本格的に韓国から撤収してしまう可能性が非常に高まってきたと考えています。

【夕刊】アメリカ合衆国との関係を終わらせつつある韓国

本日2本目の配信です。どうして米国の駐韓大使が決まらないのでしょうか?それは、米国が「韓国切り」を決断しつつあるからではないかと思います。これについて、米国メディア「ワシントンポスト」(WP)のいくつかの報道と、韓国メディア「中央日報」の時論を手掛かりに、「米韓のすれ違い」を眺めておきたいと思います。

北朝鮮問題、米韓両国の事情

北朝鮮攻撃のリスクが高まっている――。そう報じられることが増えてきました。しかし、現実社会は、「米国が北朝鮮の核開発リスクを放置するためだけに北朝鮮を軍事攻撃する」、という、単純なものではありません。米国、日本、韓国のそれぞれに事情があります。本日はこの中でも、とくに米国と韓国の状況を簡単に取りまとめておきましょう。

文大統領妄言:韓国社会崩壊が視野に入った

朝鮮半島情勢が緊迫しています。米国が北朝鮮攻撃に踏み切るリスクが高まっているからですが、それと同時に、危機の当事者であるはずの韓国の、軸足の定まらない姿勢を見ていると、もはや韓国社会の崩壊は免れないとの懸念を抱くのです。

北朝鮮情勢が日本国民に突きつける覚悟

北朝鮮情勢が緊迫化していますが、それと同時に目立つのは日本の存在感の高まりです。いつまでも「平和ボケ」のままでいることは、そろそろ許されなくなってきています。

米韓同盟の消滅が視野に入った

米韓首脳会談は目に見えた成果がなかったばかりか、ドナルド・トランプ米大統領の発言からは、明らかに韓国に対する不信感がひしひしと伝わってきます。米韓同盟が消滅する日は、意外と遠くないのかもしれません。

【速報】米韓首脳会談は全く成果なし

本日の「速報」です。まだ多くのメディアは報じていないようですが、米韓首脳会談は大した成果がなく終了してしまった模様です。

1 2 »

コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトは皆様方のコメントや引用、転載を歓迎します。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

  • 新米パパとして日々奮戦中!
  • <資格・職歴等>

    • 都内の4年制私大出身
    • 国家Ⅰ種(経済職)合格
    • 2004年公認会計士開業登録
    • 監査法人で約6年勤務
    • 金融機関で約9年勤務
    • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
    • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を開設
    • 2017年1月:月間PV数10万件を達成

    <専門分野と主著>

    • 【専門】金融商品会計・金融規制
    • 【著書】単著4冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準や金融規制などの専門書籍)
    • 【活動】経理専門誌、金融業界紙に記事を執筆中

    <知的好奇心の宝庫>

    ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。
    著者近影 詳しくは『このサイトについて』のページもご参照ください。

    最近のコメント

    • twitter

    スポンサーリンク・広告





    外部リンク

    スポンサーリンク・広告


    過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」
  • ツールバーへスキップ