怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事
  • HOME »
  • 評論記事 »
  • 朝日新聞の捏造

タグ : 朝日新聞の捏造

【続報】財務次官不祥事は朝日新聞グループに飛び火

『【速報】財務次官辞意報道:「既得権益」の潰し合いを歓迎する』の続報です。本日未明に報道されたとおり、財務省の事務次官のセクハラ被害に遭っていた人物の1人として、朝日新聞グループの1社であるテレビ朝日の女性記者が名乗り出たそうです。

【夕刊】沈黙を守る朝日新聞の不気味さ

本日も「夕刊」を配信します。夕刊では、今朝の記事『財務省解体の絶好のチャンス?』でも取り上げた話題について、主要メディアがどう報じたのか、そもそも政権が吹き飛ぶような事件なのか、という2点からフォロー・アップしておきたいと思います。

【夕刊】財務省文書改竄疑惑へのコメント

当ウェブサイトでは今朝、『朝日新聞は「トイレットペーパー以下」なのか?』のなかで、朝日新聞に関する話題を取り上げたばかりですが、もう1つ、「財務省文書改竄疑惑」報道についても、簡単にコメントをしておきたいと思います。

朝日新聞は「トイレットペーパー以下」なのか?

以前、グーグルで「ウソの新聞」と入力すれば「朝日新聞」と表示されるという話題を紹介しました(『「嘘の新聞」とは、もしかしなくても「朝日新聞」です』参照)。本日は、そんな「ウソツキ新聞」の真髄に触れる、ある新聞記者の発言を紹介してみたいと思います。

「日本にとっての韓国論」(2018年3月版)

いくつかの理由があって、以前から読者の皆様に約束している「朝鮮半島のシナリオ・アップデート」が進んでいません。ただ、こういうときには周辺論点を突き詰めて考えていく良い機会でもあります。本日は昨日の『平昌五輪で米国が副大統領を送り込んだ理由』に続き、日本から見た韓国を改めて議論しておきたいと思います。

「嘘の新聞」とは、もしかしなくても「朝日新聞」です

インターネット検索サイトで「嘘の新聞」と入れると「朝日新聞」がヒットするという、非常に面白い現象を発見しました。

2017年はフェイク・ニュース元年?

今年も残すところ、あと数日となりました。私の本業は金融業界と密接に関連しているため、本日が「仕事納め」ですが、金融業界以外では、すでに年末年始の休暇に入られているという方も多いでしょう。今年を振り返るには少し早いですが、本日はちょっとした雑感と来年の方針を綴っておきたいと思います。

ツートラック外交以前の問題

本日、康京和(こう・きょうわ)韓国外交部長官が、就任以来初めて日本を訪れ、河野太郎外相と会談を行うそうです。果たして彼女はいったい何を話すために来るのでしょうか?韓国はすでに「レッド・チーム」、あるいは中華属国の道を歩み始めました。日本が韓国と話をしても、慰安婦合意の着実な履行と朝鮮半島有事にあたっての邦人退避計画策定を除けば、すでに意味がある会話ができるとも思えないのです。

ホテルで無料配布される朝日新聞

管理人は本日から再び出張です。こうした中、本日は時事ネタから離れ、出張先から見た朝日新聞の行為を冷ややかに眺めてみたいと思います。

潮時を間違えた加計学園「問題」

現職国会議員による「朝日新聞、死ね。」というツイートが、いまだに波紋を広げています。しかし、この発言を支持するか、しないかという以前の問題として、朝日新聞社を筆頭とするマス・メディア各社が「加計学園『問題』」の潮時を間違えて迷走しているという点については、注目しておく価値はありそうです。

1 2 3 »


コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトはコメント自由です。また、当ウェブサイトのコンテンツにつきましては、どなたでも無料で引用・転載していただくことができます(ただし、当ウェブサイトは、基本的に転載先ウェブサイトとはまったく関係ありません)。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

  • 新米パパとして日々奮戦中!
  • <資格・職歴等>

    • 都内の4年制私大出身
    • 国家Ⅰ種(経済職)合格
    • 2004年公認会計士開業登録
    • 監査法人で約6年勤務
    • 金融機関で約9年勤務
    • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
    • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を開設
    • 2017年1月:月間PV数10万件を達成

    <専門分野と主著>

    • 【専門】金融商品会計・金融規制
    • 【著書】単著4冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準や金融規制などの専門書籍)
    • 【活動】経理専門誌、金融業界紙に記事を執筆中

    <知的好奇心の宝庫>

    ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。
    著者近影 詳しくは『このサイトについて』のページもご参照ください。

    最近のコメント

    • twitter

    スポンサーリンク・広告





    外部リンク

    スポンサーリンク・広告




    過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」