怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事
  • HOME »
  • 評論記事 »
  • 慰安婦捏造新聞

タグ : 慰安婦捏造新聞

日本人は朝日新聞社との闘いに勝てる!

北朝鮮危機を巡り、メディア産業関係者による、「ミサイルを撃ち込まれたら安倍政権の責任だ」、「1発だけなら誤射かもしれない」という、見識を疑うような発言を多数見かけるようになりました。日本国民の一人として、偏向報道を続けるメディアに対しては怒りしか感じませんが、それでも、こうした発言を「取り締まる」べきではありません。正しい対処法とは、「日本国民が賢くなること」であり、むしろ「不見識なマス・メディアの報道を笑い飛ばす」ほどの余裕 …

シリア攻撃の振り返りとメディア雑感

朝鮮半島情勢が緊迫しており、米軍の艦隊が朝鮮半島付近に集結しているとの情報もあります。こうした中、本日は先週行われた米軍によるシリア攻撃について、時系列で丹念に「いつ、何があったのか」について解きほぐすことで、米国の「本当の狙い」を改めて確認するとともに、私が日本国内のメディアに対して抱いている不満と、それに対する抜本的な解決策を提示したいと考えています。

犯罪国家韓国と日本人への苦言

一昨日、米国で慰安婦像の撤去を求めた訴訟を巡り、原告側が敗訴。これにより、「慰安婦問題」というウソが、また一つ、韓国国民の手によって定着してしまいました。放っておけば世界中に慰安婦像が建ち続け、日本人の名誉は汚され、貶められ続けるのです。その一方、韓国は日本に近く、軍事的にも経済的にも協力しなければならない相手である、といった主張を聞くこともありますが、果たして「慰安婦問題」というウソをなすりつけてくる相手と「仲良く協力しなけ …

グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練

本日の「速報」です。我々日本人にとっては、決して目を背けてはならない、厳しい判決が、米国で下りました。

「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり)

今週木曜日、中国が主導して設立された国際開発銀行「AIIB」に、カナダを含めた13か国・地域が新たに加わることが決まりました。これを受けて、さっそく、慰安婦問題を捏造したことでも知られる朝日新聞が、「AIIBの宣伝記事」を執筆しています。ただ、私たち国民は賢くあらねばなりません。私は金融規制の専門家という立場から、AIIBの実態について調査してきましたが、本日は改めて、「国際的な金融支援そのもの」をきちんと整理し、日本がAII …

月間10万PV御礼とウェブメディア雑感

あまり他のウェブサイトを批判したくはないのですが、どうしても書いておきたい内容があります。それは、世の中には、「わざと過激な主張を行ってPV数を稼ぐ」という、いわゆる「炎上商法」戦略を取るウェブサイトもある、という事実です。折しも本日はウェブサイトを開設して、ちょうど8か月の記念日でもあります。そこで、本日は「意見発信の質」について、雑感を綴っておきたいと思います。

野党とマスゴミに責任を取らせろ!

まったくいい加減にしてほしい―。これは、「揚げ足取り国会質疑」を続ける民進党ら野党4党と、下らない偏向報道を続けるマス「ゴミ」に対する、私の憤りです。本日は、野党議員とマス「ゴミ」の皆さんがバカ騒ぎしている「森友学園問題」と、『ニュース女子』検証報道に対する沖縄タイムスの「ブーメラン社説」をベースに、改めて「低レベルなマス・メディアと野党の問題」に切り込みたいと思います。

マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん

最近、私は韓国の動向ばかり追いかけてきましたが、冷静になって振り返ると、日本国内のメディアに変な社説が大量に掲載されているのに気付きました。本日は2本目の記事として、「パヨクメディアのトンデモ社説」を紹介したいと思います。

「駐韓大使の帰国長期化」報道

異例ですが、本日3本目の配信です。駐韓大使の日本への帰国措置が長期化しそうだ、ということです。

むしろ日本は慰安婦問題で孤立している!

先週のG20外相会合をはじめ、「慰安婦像」設置問題などに関する議論がいくつか行われています。そこで、本日は週末の慰安婦問題に関する報道をまとめたうえで、改めて「慰安婦問題の解決」のためには何が必要なのかを提示しておきたいと思います。

1 2 »

コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトは皆様方のコメントや引用、転載を歓迎します。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

最近のコメント

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

<資格・職歴等>

  • 都内の4年制私大出身
  • 国家Ⅰ種(経済職)合格
  • 2004年公認会計士開業登録
  • 監査法人で約6年勤務
  • 金融機関で約9年勤務
  • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
  • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を立ち上げる

<専門分野と主著>

  • 【専門】金融商品会計・金融規制
  • 【著書】単著3冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準などの専門書籍)
  • 【活動】経理専門誌に記事を執筆

<知的好奇心の宝庫>

ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。

スポンサーリンク・広告

外部リンク

スポンサーリンク・広告


過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」
  • PAGETOP
    Copyright © 新宿会計士の政治経済評論 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.