怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事
  • HOME »
  • 評論記事 »
  • 慰安婦問題の正確な定義

タグ : 慰安婦問題の正確な定義

慰安婦問題の落とし前

韓国側が慰安婦合意を事実上、反故にする意思を、まだ捨てていないことがわかりました。ただ、これは私たち日本にとっ …

【夕刊】ライダイハン問題――韓国に突き刺さる、盛大なブーメラン

「ライダイハンとは、大韓民国がベトナム戦争に派兵した韓国人兵士による現地ベトナム人女性に対する暴行により生まれ …

拉致事件と慰安婦問題は本質的に同じ

明日の憲法記念日を前に、本日は私自身の実体験も交えながら、「北朝鮮による日本人拉致事件」と「韓国による慰安婦プ …

韓国の外交官は日本に受け入れないという選択

日本は韓国から舐められっぱなし――。そう痛感せざるを得ない記事を発見しました。

滅亡に向かう韓国との関係をマネージする

今週もさまざまな報道が出て来ました。しかし、「大きく取り上げられているわりには中身がない報道」に振り回されるの …

【夕刊】新手の「媚韓論」を警戒せよ

「媚韓論」も新たなフェーズに入りました。一見するとバランスが取れているものの、さりげなく議論を換骨奪胎し、最後 …

韓国が慰安婦合意を破棄して得られるもの

慰安婦合意は、すでに破棄されてしまっているのかもしれません。本日は、「日韓慰安婦合意」に焦点を当てて、沈みゆく …

それでも韓国と取引するのですか?

世の中のメディア、ブログ、ニュース・サイトを読んでいると、意外と「盲点」になっている部分があります。それは、「 …

河野太郎外相、現時点での成果は?

改造安倍内閣で外相として入閣した河野太郎氏。今のところ、成果は上々です。

内閣改造を巡る中韓の反応

安倍内閣の改造についての中韓両国の反応をまとめてみました。結論からいえば、「中韓が嫌がる人事なら大成功」、とい …

1 2 3 »

当ウェブサイトについて

当ウェブサイトは独立系ビジネス評論サイトです。コメント、引用、転載は自由です(詳しくはこちら)。

スポンサーリンク・広告

外部リンク

著者略歴等

  • 新米パパとして日々奮戦中!
  • <資格・職歴等>

    • 都内の4年制私大出身
    • 国家Ⅰ種(経済職)合格
    • 2004年公認会計士開業登録
    • 監査法人で約6年勤務
    • 金融機関で約9年勤務
    • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
    • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を開設
    • 2017年1月:月間PV数10万件を達成

    <専門分野と主著>

    • 【専門】金融商品会計・金融規制
    • 【著書】単著4冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準や金融規制などの専門書籍)
    • 【活動】経理専門誌、金融業界紙に記事を執筆中

    <知的好奇心の宝庫>

    ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。
    著者近影 詳しくは『このサイトについて』のページもご参照ください。

    最近のコメント

    • twitter

    スポンサーリンク・広告




    スポンサーリンク・広告




    過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」