怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事
  • HOME »
  • 評論記事 »
  • 慰安婦像

タグ : 慰安婦像

韓国自治体長「法は国民感情に勝つことはできない」の衝撃

今朝方は記事の公表時刻を間違えてしまいました。気を取り直し、この記事を本日の3本目の記事として公表したいと思います。テーマは「徴用工像の設置、上等」です。

「日本人に対する」民族ヘイトを許すな!

DHC会長が「似非(えせ)日本人はいりません。母国に帰っていただきましょう。」と述べたことで、インターネット上では「これは民族ヘイトだ」といった主張が出ているようです。しかし、日本人は民族ヘイト問題における加害者ではありません。被害者です。

少しずつ好転しつつある日本外交

最近、当ウェブサイトでは、重要ないくつかの「時事ネタ」が追い付いていません。私自身が年末近くなり、なにかとやることが多いためですが、それでも1つずつ、これらの話題を取り上げていきたいと思います。今日の話題は「好転しつつある日本外交」です。

韓国制裁と朝日新聞社倒産を議論する

最近、韓国に対する保守論壇の関心が急激に薄れている気がします。それは、韓国という国自体が滅亡の危機に瀕しているからですが、しかし、そんな状態にあっても、韓国は一生懸命、日本を貶めることばかりに精を出しています。そんな状態の韓国から関心が薄れるのは、実は非常にまずいことでもあります。

売春婦にノーベル賞を、KSOPに世界遺産登録を!

本日は緊急で、どうしても触れておきたいネタを発見したので、このタイミングではありますが本日2本目の記事を配信します。

日本は対韓「忖度外交」から脱却せよ!

「忖度(そんたく)」という言葉があります。これは、相手の立場を慮って、こちらから相手に配慮してあげるという考え方であり、ある意味で日本人の「得意技」といえるかもしれません。しかし、この「忖度」を外交の場に持ち込むのは大きな間違いです。本日は韓国に対する外交を例にとって、私の持論の一つである、「外務省こそが日本の外交を悪くしてきた犯人である」という議論を紹介したいと思います。

【速報】ウィーン条約違反:遂に米国に牙を剥く韓国!

本日は緊急で2本目の配信を行いたいと思います。ついに米国に対し、韓国が公然と牙を剥きました。

テロ等準備罪新設記念!報道アラカルト

本日は全く違う原稿を準備していたのですが、やはりどうしても指摘せざるを得ない記事をいくつか発見したので、急遽差し替えて、本日は「報道アラカルト」です。

この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚

朝鮮半島情勢が緊迫の度合いを深めています。こうした中、「何となく」目を通した韓国メディアの記事に、「とんでもない主張」を発見しました。

犯罪国家韓国と日本人への苦言

一昨日、米国で慰安婦像の撤去を求めた訴訟を巡り、原告側が敗訴。これにより、「慰安婦問題」というウソが、また一つ、韓国国民の手によって定着してしまいました。放っておけば世界中に慰安婦像が建ち続け、日本人の名誉は汚され、貶められ続けるのです。その一方、韓国は日本に近く、軍事的にも経済的にも協力しなければならない相手である、といった主張を聞くこともありますが、果たして「慰安婦問題」というウソをなすりつけてくる相手と「仲良く協力しなけ …

1 2 3 4 »


コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトはコメント自由です。また、当ウェブサイトのコンテンツにつきましては、どなたでも無料で引用・転載していただくことができます(ただし、当ウェブサイトは、基本的に転載先ウェブサイトとはまったく関係ありません)。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

  • 新米パパとして日々奮戦中!
  • <資格・職歴等>

    • 都内の4年制私大出身
    • 国家Ⅰ種(経済職)合格
    • 2004年公認会計士開業登録
    • 監査法人で約6年勤務
    • 金融機関で約9年勤務
    • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
    • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を開設
    • 2017年1月:月間PV数10万件を達成

    <専門分野と主著>

    • 【専門】金融商品会計・金融規制
    • 【著書】単著4冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準や金融規制などの専門書籍)
    • 【活動】経理専門誌、金融業界紙に記事を執筆中

    <知的好奇心の宝庫>

    ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。
    著者近影 詳しくは『このサイトについて』のページもご参照ください。

    最近のコメント

    • twitter

    スポンサーリンク・広告





    外部リンク

    スポンサーリンク・広告




    過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」