怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事
  • HOME »
  • 評論記事 »
  • 希望の党

タグ : 希望の党

【夕刊】希望の党、支持率ゼロ%の衝撃

少し早めの本日の「夕刊」です。今週日曜日に公表された毎日新聞の記事によれば、希望の党に対する支持率がゼロ%になったそうです。

【夕刊】野党の分党・合流報道に心から呆れる

本日2本目の配信です。野党のうち、民進党と希望の党が合流するだの、しないだの言い始めています。

民進党?まだあったんですか!

民進党が希望の党と合流を画策してみたり、党名を変えてみるという計画を立てたりしているようですが、正直、「中身」の問題を解決しないことには、有権者の支持を得ることはできないと思います。ただ、その一方で、「民進党は無能だ」などと見くびるべきでもありません。

「4つの規範」と最近の話題のアップデート

最近、出張が続いていたため、時事ネタから離れてしまっていました。そこで、本日はいくつかの時事ネタに関する話題を取り上げてみたいと思います。

国民に害をなす民進党の「その後」

国会の会期が始まって、新しい会派別勢力図が公表されました。前回の衆院選で「壊滅」したかに見えた民進党は、名を変え、姿を変えつつも、引き続き国政に害をなす勢力として存在し続けています。

マスゴミの断末魔とゴミクズ野党

総選挙から2週間近くが経過するにも関わらず、マス「ゴミ」の遠吠えが続いています。本日は『恒例の選挙データ分析』の続編として、マス「ゴミ」の影響力が12年前と比べて4分の1に低下しているのではないかとする仮説を提示したいと思います。

恒例の選挙データ分析~自民党はもっと勝てた!~

衆院選から10日あまりが経過しましたが、マス・メディアはこの「民意」を受け入れたくないように見受けられます。ただ、私に言わせれば、自民党はもっと勝てたはずです。こうした中、データが揃ってきましたので、本日は「恒例」となった「衆院選のデータ分析」を試みてみたいと思います。

民進党はマスゴミとともに崩壊する/補論:中国について

「筋を通すことは人間にとって重要だ」。「組織も人間から構成されている」。「従って組織自体が筋を通さなければならない」。これが昨日、私が述べた「三段論法」です。ところが、総選挙から1週間近くが経過する中で、いまだに野党側は迷走を続けているようなのです。

自民党への苦言:「勝って兜の緒を締めよ」

本記事執筆時点で、衆議院議員総選挙の投開票が進んでおり、自民党が圧勝の勢いです。

「国益解散」対「議員の生活が大事!」

まったく呆れて物も言えないとはこのことでしょうか。民進党議員らが、「自分たちの議席がファーストだ」という姿勢を隠そうともしなくなりました。

1 2 »


コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトはコメント自由です。また、当ウェブサイトのコンテンツにつきましては、どなたでも無料で引用・転載していただくことができます(ただし、当ウェブサイトは、基本的に転載先ウェブサイトとはまったく関係ありません)。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

  • 新米パパとして日々奮戦中!
  • <資格・職歴等>

    • 都内の4年制私大出身
    • 国家Ⅰ種(経済職)合格
    • 2004年公認会計士開業登録
    • 監査法人で約6年勤務
    • 金融機関で約9年勤務
    • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
    • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を開設
    • 2017年1月:月間PV数10万件を達成

    <専門分野と主著>

    • 【専門】金融商品会計・金融規制
    • 【著書】単著4冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準や金融規制などの専門書籍)
    • 【活動】経理専門誌、金融業界紙に記事を執筆中

    <知的好奇心の宝庫>

    ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。
    著者近影 詳しくは『このサイトについて』のページもご参照ください。

    最近のコメント

    • twitter

    スポンサーリンク・広告





    外部リンク

    スポンサーリンク・広告




    過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」