怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事
  • HOME »
  • 評論記事 »
  • 中華属国化

タグ : 中華属国化

韓国が「最も重要な隣国」ではなくなったのは当然

「価値と利益を共有する最も重要な隣国」から「単なる隣国」へ――。昨日、韓国メディアに報じられたこの話題、客観的事実関係を調べてみると、「これだけでは終わらない」ように思えてなりません。

新版「日韓関係のトータル・ソリューション」を考察する

米朝首脳会談に備え、来週、安倍総理が訪米を予定しています。ただ、朝鮮半島情勢などが大きく動くと予想される中で、こういう時こそ基本を大事にすべきです。本日は時事的な話題から少し離れ、「日韓関係のそもそも論」についてお付き合いいただけますと幸いです。

【夕刊】韓国に必要なのは「遺憾の意」ではなく「経済制裁」

朝鮮半島情勢を巡っては、1月以降、平昌冬季五輪や南北首脳会談、米朝首脳会談などのイベントが相次いでいますが、こうした「ドサクサ」に紛れ、韓国政府がまた意味の分からないことを主張し始めています。

危ないのはむしろ韓国外交

最近、メディアの報道を見ていると、「日本だけが外交で孤立している」、「安倍外交がうまくいっていない」、といった論調を見かけることがあります。しかし、こうした考え方は100%、完全に間違っています。たしかに現在の日本にできることは限られているかもしれません。しかし、現在の安倍外交は、今の日本にできる最善のことをやっています。そして、危ういのはむしろ韓国外交の方でしょう。

中朝首脳会談の思惑と「6つのシナリオ」

もうすぐ3月が終わろうとしていますが、国際情勢を巡っては、今週もさまざまな動きがありました。そこで、本日は少し立ち止まり、当ウェブサイトの大人気コンテンツ「朝鮮半島の将来シナリオ」と最新情勢の関係を整理してみたいと思います。

朝鮮半島の将来シナリオ・2018年3月版

当初の目処からかなり遅れてしまいましたが、当ウェブサイトの人気シリーズ「朝鮮半島の将来」について、3月版を更新しました。

【夕刊】平昌閉幕と「海洋対大陸」の綱引き

本日2本目の配信は、「五輪史上最悪の大会」である平昌(へいしょう)冬季五輪の閉幕式を巡る、米国と北朝鮮の綱引きについて、です。

平昌直前:「6つのシナリオ」アップデート

韓国という国家が消滅する可能性が上昇して来ました。世間では明日からの平昌(へいしょう)冬季五輪に浮かれている節もありますが、私はそれどころではなく、本格的に米軍が韓国から撤収してしまう可能性が出て来たと考えています。

過去ブログ再録:「韓国と国際社会」

本日2本目の記事です。私自身の「過去ブログ」に、少し興味深い記事がありましたので紹介したいと思います(なお、本日公表した記事が少し長すぎたので、その記事を少し削り、その部分をこちらの記事に転用しています)。

【夕刊】「独立国」でなくなった韓国(追記あり)

年が明けてから、私たちの隣国が現在進行形で崩壊しています。隣国であるとはいえ、しょせんは他国のことですから、私たちがそうした崩壊を止めてあげることはできませんし、そのような義務もありません。ただ、それと同時に韓国は地理的に近いため、この国が迷走した場合にわが国にどのような影響があるのか、私たちは関心を払う必要があります。(※末尾に、13:30付の追記を掲載しております。)

1 2 3 5 »


コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトはコメント自由です。また、当ウェブサイトのコンテンツにつきましては、どなたでも無料で引用・転載していただくことができます(ただし、当ウェブサイトは、基本的に転載先ウェブサイトとはまったく関係ありません)。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

  • 新米パパとして日々奮戦中!
  • <資格・職歴等>

    • 都内の4年制私大出身
    • 国家Ⅰ種(経済職)合格
    • 2004年公認会計士開業登録
    • 監査法人で約6年勤務
    • 金融機関で約9年勤務
    • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
    • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を開設
    • 2017年1月:月間PV数10万件を達成

    <専門分野と主著>

    • 【専門】金融商品会計・金融規制
    • 【著書】単著4冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準や金融規制などの専門書籍)
    • 【活動】経理専門誌、金融業界紙に記事を執筆中

    <知的好奇心の宝庫>

    ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。
    著者近影 詳しくは『このサイトについて』のページもご参照ください。

    最近のコメント

    • twitter

    スポンサーリンク・広告





    外部リンク

    スポンサーリンク・広告




    過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」