怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事

政治

民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民

相変わらず日本の周囲では、危機的な状況が続いています。ただ、こういう状況だからこそ、本日は少し普段と趣向を変えて、「実務家」の立場から、そもそもの民主主義について考えてみたいと思います。

「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞

朝鮮半島情勢が緊迫する中、韓国で大統領選がスタートしたようです。朝鮮半島の動乱が懸念される中ではありますが、私には一つの持論があります。それは、「危機こそ自立のチャンスだ」、というものです。

北朝鮮リスクと韓国の6つの未来

朝鮮半島情勢の緊迫に加え、5月9日には韓国で大統領選が行われます。つまり、本日から約1か月間、朝鮮半島情勢からは目が離せない展開が続きそうです。そこで本日は、「北朝鮮ファクター」を織り込んだうえで、改めて「韓国を待ち受ける6つの未来」について、議論を展開しておきたいと思います。

韓国は友好国ではない

本日は「韓国への渡航に関する情報」に関して動きがありましたので、アップデートしておきます。

「民進党ラーメン」、食べたいですか?

自分でも時々忘れそうになるのですが、私はいちおう、「公認会計士」です(笑)。そして、監査実務に携わっていた頃は、それなりに財務分析実務にも長けていたつもりです。ところで、本日は普段と少し趣向を変えて、やや変わった「経営分析」(?)をしてみたいと思います。それは、「もしも民進党が民間企業だったら」、という「たとえ話」です。

シリア攻撃の振り返りとメディア雑感

朝鮮半島情勢が緊迫しており、米軍の艦隊が朝鮮半島付近に集結しているとの情報もあります。こうした中、本日は先週行われた米軍によるシリア攻撃について、時系列で丹念に「いつ、何があったのか」について解きほぐすことで、米国の「本当の狙い」を改めて確認するとともに、私が日本国内のメディアに対して抱いている不満と、それに対する抜本的な解決策を提示したいと考えています。

不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる

日本時間の昨日までに米国で開かれた米中首脳会談では、「米中両国首脳が緊密な個人的関係の構築で成功した」、とされています。言い換えれば、今回の首脳会談には「成果が全くなかった」ということでもあります。その一方、ロシアは米国が金曜日未明にシリア攻撃に踏み切ったことについては、ロシアから猛反発が出ています。本日は、この全く関係のない2つのニュースを手掛かりに、トランプ政権の北朝鮮に対する姿勢を読んでみたいと思います。

唐突なシリア攻撃の意味

オバマ政権下で実現しなかった「シリア攻撃」が、トランプ政権下であっけなく実現しました。

この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは…

一昨日、長嶺安政駐韓大使らが韓国に帰任しました。ただ、非常に残念なことに、現在の韓国では、政府関係者を含めた圧倒的多数が、この「唐突な大使帰任」の意味を全く理解していないようなのです。

北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を!

韓国を待つ未来は「中華属国化」か「赤化統一」しかない―。これが私の以前からの持論です。ただ、ここ数日、米軍による北朝鮮攻撃のリスクが急激に意識され始めています。そこで、本日はこの議論についてのアップデートを行い、あわせて「日本にとって北朝鮮危機とは、国防面で自立するまたとないチャンスだ」と申し上げたいと思います。

« 1 32 33 34 50 »


コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトはコメント自由です。また、当ウェブサイトのコンテンツにつきましては、どなたでも無料で引用・転載していただくことができます(ただし、当ウェブサイトは、基本的に転載先ウェブサイトとはまったく関係ありません)。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

  • 新米パパとして日々奮戦中!
  • <資格・職歴等>

    • 都内の4年制私大出身
    • 国家Ⅰ種(経済職)合格
    • 2004年公認会計士開業登録
    • 監査法人で約6年勤務
    • 金融機関で約9年勤務
    • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
    • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を開設
    • 2017年1月:月間PV数10万件を達成

    <専門分野と主著>

    • 【専門】金融商品会計・金融規制
    • 【著書】単著4冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準や金融規制などの専門書籍)
    • 【活動】経理専門誌、金融業界紙に記事を執筆中

    <知的好奇心の宝庫>

    ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。
    著者近影 詳しくは『このサイトについて』のページもご参照ください。

    最近のコメント

    • twitter

    スポンサーリンク・広告





    外部リンク

    スポンサーリンク・広告




    過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」