怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事

政治

文在寅政権が破壊する日韓関係と韓国社会

本日3本目の記事は、「分析」というよりはむしろ私自身の「メモ書き」です。

「文在寅政権」に対する官邸の反応

予想通り文在寅(ぶん・ざいいん)氏が韓国の大統領に選ばれました。安倍晋三総理大臣や菅義偉官房長官など、日本の官邸の「初動」は上々です。

日本人よ、「日韓新時代」を覚悟せよ!

文在寅氏が韓国大統領に選出される可能性が極めて濃厚です。「文在寅大統領」下で、韓国はどこに行くのでしょうか?そして、日韓関係はどのように変質するのでしょうか?

文在寅氏、当確か?

やはり文在寅(ぶん・ざいいん)大統領なのでしょうか?

「文在寅大統領」は三拝九叩頭の礼をするのか?

やや異例ですが、本日2本目の配信です。韓国はどこまで行っても中国との間で「属国・宗主国との関係」を脱却することはできないのかもしれません。そう感じさせる記事が、韓国のメディアに掲載されていました。

赤化統一まっしぐら?「嫁姑問題」と韓国

「人間関係は国同士の関係にも応用できる」―。これは私自身の持論です。おりしも、本日はあの厄介な隣国・韓国で大統領選が行われます。少し遅い話題ですが、恐縮ですが、ゴールデンウィークに関係し、「嫁・姑問題」を巡って、非常に面白い事例があったので、紹介したいと思います。

「毒まんじゅう」仮説と日韓・米韓関係の終焉

つい最近、韓国外交部の尹炳世(いん・へいせい)長官は、日韓慰安婦合意についての「履行が難しい」とする、信じられないほど無責任な発言を行いました。ただ、それだけ日韓慰安婦合意が厳しい状況に置かれている、ということです。そこで本日は、改めて私の「毒まんじゅう」仮説について説明し、韓国の次期政権では、日韓関係どころか米韓関係まで破綻する可能性があるという点を議論してみたいと思います。

70年間放置されてきた欠陥憲法

本日は日本国憲法施行70周年の記念日です。この憲法は、国民主権・民主主義、三権分立、基本的人権の尊重、言論の自由、そして強力な「非戦条項」などを有し、良い意味でも悪い意味でも、戦後の日本社会を根本から規定して来ました。本日は、この憲法の「欠陥」を2つ指摘するとともに、結局、憲法を変えていくのにも、私たち日本国民の覚悟が必要だということを強調したいと思います。

内部から腐る自民党への危機感

最近、睡眠不足に加え、私生活が何かと多忙で、なかなかウェブサイトを眺める時間が取れないのが悩みです。ただ、日本はゴールデンウィークに突入するとはいえ、様々な情勢は動いています。そこで、本日は政権与党内での「気になる不穏な動き」について、触れてみたいと思います。

反社会的組織の行く末

本日も当ウェブサイトをご訪問下さり、大変ありがとうございます。誠に残念ながら、昨日と同様、管理人「新宿会計士」は寝不足のため(笑)、本日も「短縮コンテンツ」で参りたいと思います。本日は「反社会的組織」です。

« 1 2 3 21 »

コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトは皆様方のコメントや引用、転載を歓迎します。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

最近のコメント

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

<資格・職歴等>

  • 都内の4年制私大出身
  • 国家Ⅰ種(経済職)合格
  • 2004年公認会計士開業登録
  • 監査法人で約6年勤務
  • 金融機関で約9年勤務
  • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
  • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を立ち上げる

<専門分野と主著>

  • 【専門】金融商品会計・金融規制
  • 【著書】単著3冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準などの専門書籍)
  • 【活動】経理専門誌に記事を執筆

<知的好奇心の宝庫>

ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。

スポンサーリンク・広告

外部リンク

スポンサーリンク・広告


過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」
  • PAGETOP
    Copyright © 新宿会計士の政治経済評論 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.