怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事
  • HOME »
  • 評論記事 »
  • オピニオン

オピニオン

【夕刊】目に余る北朝鮮の悪行

どうも盛り上がりに欠ける平昌五輪の一方で、北朝鮮という犯罪者集団の悪行が目に余るようになりました。

腐敗したテレビ局の将来

最近、再び執筆の仕事を抱え込みました。このため、職場では音楽などをかけながら仕事をすることも多いのですが、YouTubeをはじめとするインターネット放送のクオリティが充実して来たことに気付きました。

【夕刊】たかが100億フランに韓国が「狂喜乱舞」する理由

本日、スイスが韓国との間で通貨スワップ協定(BSA)を締結するようです。これについて、見当外れの韓国メディアの社説と苦境に立つ現在の韓国経済を、金融面から切り取ってみましょう。

ポルトガルのレストラン「大阪(おさか)」

私の人生哲学は、「正当な努力は必ず報われる」というものです。ただ、世の中にはズルをして楽をしようとする人もいます。これについて、少し考えさせられる話題を紹介しておきます。

【夕刊】本当のガンは財務省の増税原理主義

先週金曜日、日銀総裁人事が国会に提示されました。これをどう読むべきでしょうか?

破滅に向かう文在寅政権を止める動きは出るのか?

平昌(へいしょう)冬季五輪の開会式から10日が経過しました。ここで「中間報告」を兼ねて、朝鮮半島情勢を巡る現在までの動きを振り返っておきたいと思います。

インドネシア「赤い糸」理論のナンセンス

当ウェブサイトの愛読者の方であれば、「インドネシア高速鉄道案件」を覚えている方もいらっしゃると思います。これについて、いくつかのメディアが最新状況を報じていますが、あまりにも予想通り過ぎて、正直、拍子抜けしてしまいます。ただ、「インフラ金融」は当ウェブサイトのカバー領域でもあるため、本日はインドネシアのジョコ政権のご都合主義を冷ややかに眺めておきたいと思います。

【夕刊】ついに一線を越えた朝日新聞社説

本日2本目の配信です。ついに「あの新聞」が、越えてはならない一線を越えてしまいました。

温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題

私自身の「過去ブログ」を眺めていると、我ながら、なかなか興味深い記事を発見しました。それは、ちょうど4年前に執筆した、「朝日新聞の押し紙問題」に関するものです。

【夕刊】セカンダリー制裁で韓国経済破綻?

今朝、私は『理解に苦しむ韓国の「運転席」理論』のなかで、韓国国内で「運転席」なる主張が広まっていると申し上げました。その続きとして、韓国メディア『中央日報』日本語版に掲載されたコラムを手掛かりに、朝鮮半島の先行きに関する議論を補っておきたいと思います。

1 2 3 72 »

コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトは皆様方のコメントや引用、転載を歓迎します。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

  • 新米パパとして日々奮戦中!
  • <資格・職歴等>

    • 都内の4年制私大出身
    • 国家Ⅰ種(経済職)合格
    • 2004年公認会計士開業登録
    • 監査法人で約6年勤務
    • 金融機関で約9年勤務
    • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
    • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を開設
    • 2017年1月:月間PV数10万件を達成

    <専門分野と主著>

    • 【専門】金融商品会計・金融規制
    • 【著書】単著4冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準や金融規制などの専門書籍)
    • 【活動】経理専門誌、金融業界紙に記事を執筆中

    <知的好奇心の宝庫>

    ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。
    著者近影 詳しくは『このサイトについて』のページもご参照ください。

    最近のコメント

    • twitter

    スポンサーリンク・広告





    外部リンク

    スポンサーリンク・広告


    過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」
  • ツールバーへスキップ