怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事

時事

韓国「歴史を忘れた民族に未来はない」

本日は外出先から、2本目の記事を配信します。

「駐韓大使の帰国長期化」報道

異例ですが、本日3本目の配信です。駐韓大使の日本への帰国措置が長期化しそうだ、ということです。

【速報】韓国は為替操作国だ!~韓国経済「4月危機説」の真相

本日は珍しく、2本目の配信を行います。韓国メディア『中央日報』の日本語版に掲載された記事の「クリッピング」をしておきたいと思います。

「韓日は切っても切れない関係」という珍説

本日も2本目の配信です。「あの新聞」に、非常に意味不明なインタビューが掲載されています。

慰安婦像問題を外国ニュースから眺める

本日2本目の配信です。「備忘録」的に、G20外相会合に関連する、重要な報道をクリップしておきたいと思います。

為替介入報道:FTに「抗議」する韓国政府の愚

本日2本目の配信です。中央日報日本語版によると、韓国政府は英FT社に対し「抗議書簡」を送付した模様です。

某電機大手の粉飾疑惑:朝日新聞よ「お前が言うな」

本日2本目の配信です。某大手電機メーカーの「粉飾決算疑惑」がニュースを賑わせていますが、本日はこれに関する雑感を述べておきたいと思います。ただし、私の方針として、「疑惑」の段階で会社の実名を出すことはできるだけ控えたいと考えています(といってもバレバレだと思いますが…)。本日は、あくまでも「一般的な粉飾決算のテクニック」と、これに対する朝日新聞社の「ブーメラン社説」を紹介し、あわせて朝日新聞を嘲笑の対象としておきたいと思います …

金融政策と為替介入の違いが判らない韓国経済新聞

本日の「時事ネタ」です。本日上梓した『FT「韓国が為替介入」記事とトランプ通商戦争』を読み返し、若干、経済学のマニアックな知識に関する部分が難しかったので、「外貨準備と為替介入の関係」について、もう少しわかりやすく解説した原稿を、現在、執筆中です。早ければ2日後にでも当ウェブサイトに掲載したいと考えていますが、本日は執筆中の原稿『わかりやすい為替介入(仮)』から、一部、先走りしてこの下りを紹介しておきたいと思います。

国単位で信頼を失うということ

異例ながら本日3本目の配信です。韓国のメディアが、「国際的な信義」を守ることの重要性を感じさせる、非常に興味深い情報を配信しています。

日本の難民受入問題を考える

本日2本目の配信は、英FT紙からの「時事ネタ」です。

« 1 2 3 4 6 »

コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトは皆様方のコメントや引用、転載を歓迎します。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

最近のコメント

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

<資格・職歴等>

  • 都内の4年制私大出身
  • 国家Ⅰ種(経済職)合格
  • 2004年公認会計士開業登録
  • 監査法人で約6年勤務
  • 金融機関で約9年勤務
  • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
  • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を立ち上げる

<専門分野と主著>

  • 【専門】金融商品会計・金融規制
  • 【著書】単著3冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準などの専門書籍)
  • 【活動】経理専門誌に記事を執筆

<知的好奇心の宝庫>

ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。

スポンサーリンク・広告

外部リンク

スポンサーリンク・広告


過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」
  • PAGETOP
    Copyright © 新宿会計士の政治経済評論 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.