怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事

時事

この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは…

一昨日、長嶺安政駐韓大使らが韓国に帰任しました。ただ、非常に残念なことに、現在の韓国では、政府関係者を含めた圧倒的多数が、この「唐突な大使帰任」の意味を全く理解していないようなのです。

北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない!

本日の「補足」です。昨日、日本政府が発表した、長嶺安政駐韓大使らの帰任措置について、いくつかのメディアの反応を紹介しておきましょう。

【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え?

先ほど、速報として各メディアが報じたところによると、約3か月にわたって韓国を離れていた長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事が、明日・4日に韓国に帰任するそうです。

森友問題はマスゴミと野党の問題だ

昨日「速報」としてお伝えした、民進党の辻元清美衆議院議員による国有地売却介入疑惑について、改めて整理しておきましょう。

【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か?

民進党を吹き飛ばすスキャンダルなのか―?「森友学園問題」が、新たな局面を迎えました。

脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」

最近、緊張する記事が多いものですから、ここらで私が愛読(?)している韓国メディアの報道を読んで、脱力系の笑いをお届けしたいと思います。

グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練

本日の「速報」です。我々日本人にとっては、決して目を背けてはならない、厳しい判決が、米国で下りました。

森友問題は辻元問題?

国有地を格安で払い下げていたことが問題とされた、いわゆる「森友問題」に対し、新たな疑惑が生じています。

森友疑惑は「辻元清美」に飛び火?

「森友学園問題」を巡って、週末、少し動きがありましたので、補足的にトレースしておきたいと思います。

【速報】籠池氏、逃げる?

「国有地の格安での払い下げ」などを契機に、国会の審議を空転させてきた「学校法人森友学園」の籠池泰典理事長の証人喚問が行われています。私はこのやりとりのうち、参議院予算委員会のウェブサイトで、籠池氏の発言と、これに対する予算委員会の山本一太委員長、西田昌司委員の質疑を一通り視聴しました。

« 1 2 3 7 »

コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトは皆様方のコメントや引用、転載を歓迎します。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

最近のコメント

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

<資格・職歴等>

  • 都内の4年制私大出身
  • 国家Ⅰ種(経済職)合格
  • 2004年公認会計士開業登録
  • 監査法人で約6年勤務
  • 金融機関で約9年勤務
  • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
  • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を立ち上げる

<専門分野と主著>

  • 【専門】金融商品会計・金融規制
  • 【著書】単著3冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準などの専門書籍)
  • 【活動】経理専門誌に記事を執筆

<知的好奇心の宝庫>

ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。

スポンサーリンク・広告

外部リンク

スポンサーリンク・広告


過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」
  • PAGETOP
    Copyright © 新宿会計士の政治経済評論 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.