私が「国民の敵」と呼んでいる勢力の1つが立憲民主党ですが、立憲民主党と並ぶ有力野党である国民民主党については、立憲民主党の極端な国会議論妨害戦術から距離を置いています。このため、国民民主党については、必ずしも「国民の敵」とまでは断言できないと思うのですが、それと同時にさまざまな報道を見ていると、「国会議員としての使命」を思い出すこと以外に、彼らが生き残る方法はないように思えます。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

国民の敵AtoZ

以前から当ウェブサイトでは「国民の敵」という概念を提唱しています。

これは、「国民から選挙で選ばれたわけでもないくせに不当に大きな権力を持ち、国益を損ねている勢力」のことであり、そのなかでもとくに大きなものが、官僚、マスコミ、野党議員です。

  • 「国民の敵」とは:「国民から選挙で選ばれたわけでもないくせに不当に大きな権力を持ち、国益を損ねている勢力」
  • 官僚機構:「行政権」を通じて不当に大きな権力を握っていて、ときとして国民や国会議員、大臣の意向すら無視して、自分たちの都合が良い政策をゴリ押しするという意味で「国民の敵」
  • マスコミ:歪んだ報道や間違った報道を通じて国民世論を歪め、変な主張をする政党や政治家を選挙で勝たせるという意味で「国民の敵」
  • 野党議員:国会議員という地位を悪用し、揚げ足取り、スキャンダル追及などで国会を空転させ、政府・与党の足を引っ張るという意味で「国民の敵」

もちろん、この3者以外にも「国民の敵」と呼べる勢力は存在しているのですが、私自身は、真っ先にやっつけるべき、最も優先順位が高い「国民の敵」が、この3者だと考えているのです。

とりわけ、とくに罪深い「国民の敵」は、財務省、朝日新聞社、NHK、日本共産党、立憲民主党などの組織であり、これらの組織については「A~Z」という略称を付すことが妥当だと考えています。

「国民の敵」シリーズ
  • 「国民の敵A」…朝日新聞社
  • 「国民の敵C」…日本共産党
  • 「国民の敵N」…NHK
  • 「国民の敵R」…立憲民主党
  • 「国民の敵Z」…財務省

このうち朝日新聞社は、慰安婦捏造報道を筆頭に、福島原発事故を巡る吉田調書の捏造報道事件や沖縄のサンゴ礁の捏造報道に加え、最近だと「もりかけ問題」の火付け役のメディアとしても知られています。

また、財務省は予算の「入口」(国税庁)と「出口」(主計局)をともに握っています。どんな行政分野でもカネがなければ何もできませんし、1つの省が国家のカネのほぼすべてを手中に収めているわけですから、財務省が霞ヶ関で絶対的な権力を握るのは当たり前の話です。

さらに、NHKは放送法を盾に、テレビを設置したすべての人から「受信料」という名目の、実質的なNHK税を収奪しています。NHKは集めた巨額の受信料を無駄遣いし、クズみたいな番組を垂れ流しておきながら、NHKの役職員は実質的に2000万円近い年収を不当に受け取っています。

理屈のうえでは、朝日新聞社の場合、日本国民が賢くなれば、朝日新聞を誰も読まなくなって倒産に追い込むことができます。しかし、NHKの廃局や財務省の解体を実現するためには、法律を変更しなければなりませんし、当然、両者ともに全力で抵抗することは目に見えています。

いずれにせよ、わが国は民主主義国家であり、「国の主人」である日本国民が選挙で選んだわけでもない連中が不当に大きな権力を得てのさばっていることは、絶対に許すことはできません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



国民民主党と立憲民主党

立憲民主党は「国民の敵」だが…

ただ、「国民の敵」という議論をするなかで、焦点がぼやけてはならないのが、野党の位置付けという論点です。

私は別に、「野党議員の全てが国民の敵」だと申し上げるつもりはありません。野党の中には、「日本維新の会」など、「わりとまともなことを主張している人たち」もいます(※もちろん、「わりとまとも」という表現は、あくまでも私の目から見て、ですが…)。

その意味で、野党の中でもとくに罪深いのは、マスコミのスキャンダル報道(とくに朝日新聞の「もりかけ報道」)などに乗っかり、ひたすら政府・与党の足を引っ張り、国会を空転させている、立憲民主党という政党です。

もちろん、「国民の敵」という意味では、民主主義と相いれない独裁政党・日本共産党も、間違いなく問題政党です。しかし、ここ1年に限定していえば、日本共産党よりも、衆議院における最大野党という地位を悪用して国会日程を混乱させまくっている立憲民主党の方が問題でしょう。

ひと昔前、俗に「1955年体制」と呼ばれる、自民党・社会党の2大政党時代、社会党は「何でも反対党」と揶揄されていました。社会党はとにかくひたすら、自民党の足を引っ張る事しか考えていなかったからです。

そして、私に言わせれば、現在の立憲民主党は、社会党の「正当な後継者」です。いや、立憲民主党が社会党に「先祖返り」したという状況だといえば正しいでしょうか?社会党が前世紀末に民主党に合流し、一見するとマイルドな政党になったと思ったのですが、それは私の勘違いだったようです。

これに対して、衆議院では第2野党、参議院では最大野党である国民民主党については、私が見たところ、立憲民主党の主導する極端な国会審議妨害戦術からは、少し距離を置いているような気がします。昔の政党に例えれば、社会党と距離を置いた民社党のようなイメージでしょうか?

いずれにせよ、立憲民主党と国民民主党は、どちらも1年前は民進党だったのですが(※)、おなじ「民進党」という政党から出てきたわりに、スタンスが微妙に違うのは、民進党の中でも過激派と穏健派が在籍していたためではないかと思います。

(※ただし、細かい話をいえば、小池百合子・東京都知事が主導した「希望の党」には民進党系ではない人材も含まれていましたが…)。

つばぜり合いと選挙協力

ところが、立憲民主党と国民民主党は、つばぜり合いを行いつつも、選挙協力に向けた動きも見せるなど、両党の関係は、順調に迷走しているようです。

まず、次の産経ニュースの報道によれば、無所属の野田国義参院議員が9日、立憲民主党会派に入る意向を表明したそうです。

立憲民主と国民民主が同数で参院野党第一会派に 臨時国会へ主導権争い過熱(2018.10.9 20:44付 産経ニュースより)

参議院の会派別勢力は、10月12日時点で次のとおりです。

  • 第1政党:自民党124議席(※)
  • 第2政党:公明党25議席
  • 第3政党:国民民主党24議席(会派正式名称は「国民民主党・新緑風会」)
  • 第4政党:立憲民主党23議席(会派正式名称は「立憲民主党・民友会」)

※自民党は「日本のこころ」と共同会派を組んでおり、「自民党・こころ」の会派は125議席。なお、議席数には議長である伊達忠一議員を含まない

いわば、連立与党である自民党と公明党が第1党、第2党となっているため、最大野党は3番目の国民民主党なのですが、それに立憲民主党が1議席差で迫っている状況です。

産経ニュースが報じた野田議員の立憲民主党入りが実現すれば、両政党が参議院で勢力として並ぶことになりますが、産経ニュースはこの状況について、

野党最大会派の人数が並ぶのは異例で、参院事務局は「前例がないため、どちらが野党第一会派として扱われるか分からない」と話している。

と報じています。

ところが、これに加えて先週、興味深い報道がもう1つ出て来ています。

国民民主党/長浜元環境相「離党も含めて検討」(2018年10月10日 23時11分付 毎日新聞デジタル日本語版より)

毎日新聞デジタルによると、国民民主党の長浜博行参院議員が記者団に対し、

離党も含めて検討している。臨時国会開会前までに整理したい

と述べたのだそうです。

そうなると、もし長浜氏が国民民主党を離党すれば、先ほどの産経ニュースの報道とあわせて考えれば、国民民主党は参議院で23議席となり、第4政党に転落。参議院でも立憲民主党が最大野党となる見込みです。

選挙協力に関する「覚書」報道の真否

一方で、両党の動きを巡っては、先週は朝日新聞がこんな記事を出しています。

立憲・国民と連合、参院選へ覚書 「選挙区で調整必要」(2018年10月11日11時35分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

朝日新聞によれば、両党と連合の3者は、来年の参議院議員通常選挙に向けて選挙区の候補者の調整に関する覚書を取り交わしたとしています(ただし、情報源が朝日新聞以外に見当たらないことから、この記事をどこまで信じて良いのかはわかりませんが…)。

朝日新聞は3者が11月30日の連合中央委員会までに政策協定を結ぶ方針だとしつつ、覚書の中では「与党を利することがないよう、各選挙区での野党間の事前調整の必要性を共有する」と明記していますが、とくに1人区での候補者の一本化を巡って「合意に達した」というわけではなさそうです。

なにより、私自身は両党がすんなり選挙協力できるのかどうか、非常に懐疑的ですが、その理由はほかならぬ朝日新聞自身が金曜日に報じた次の記事にもあります。

枝野氏「安易な選挙協力しない」 国民民主党を牽制か(2018年10月12日16時33分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

同じ朝日新聞によると、枝野幸男・立憲民主党代表は12日、街頭演説の中で

他の政党と安易に選挙協力するのは本来のあるべき姿ではない/理念や政策、政治姿勢が一致していないのに無理に一つの政党になれば、内部のマネジメントにエネルギーを要する/長年の私自身の反省も含め、民主党、民進党で経験してきた失敗だ

などと述べ、野党再編にも慎重な姿勢を示したとされています。

実は、枝野氏自身は以前から、国民民主党との合流には否定的な考え方を示しており、したがって、政策や理念、さらには国会運営でのスタンスが違う相手との選挙協力には、あまり前向きではないようにも見受けられるのです。

このことから、選挙協力がすんなりと進むと素直に考えるのは尚早でしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



沈む船の国民民主党

国民民主党の弱さ:支持率が決定的に低い

ところで、先ほどの枝野氏の発言にしてもそうですが、立憲民主党がこのところ、やたらと「強気」なのは、おそらく政党支持率にあります。

時事通信によれば、10月12日付の調査では、政党支持率は次のとおりです(カッコ内は9月と8月の数値)。

  • 自民党…27.7%(26.9%、27.1%)
  • 立憲民主党…4.5%(4.4%、4.6%)
  • 国民民主党…0.1%(0.4%、0.5%)

さまざまな調査によれば、立憲民主党の支持率は昨年の衆議院議員総選挙直後と比べると徐々に低下しているようですが、それでも現時点において、野党では最大の支持を誇っていると見て間違いなさそうです。

これに対して、国民民主党の支持率は、毎月の変動や誤差もあるものの、小数点未満を四捨五入すればゼロ%か1%という状況が続いており、2018年10月にかんしていえば、日本維新の会(0.8%)、社民党(1.0%)をも下回っている状況です。

先ほど引用した、参議院での会派順序逆転の報道もそうですが、現在の国民民主党は、有権者からの支持率も非常に低く、どうも存在感を発揮することができない状況にあるようです。

ネズミが逃げ出す?

さらに、弱り目に祟り目とでもいえば良いでしょうか、衆議院では今井雅人議員が国民民主党を離党し、立憲民主党の会派に参加すると意思表明したようです。

国民民主/今井衆院議員が離党へ 立憲民主会派に(2018年10月13日 21時05分付 毎日新聞デジタル日本語版より)

この毎日新聞の報道が事実ならば、実に滑稽です。なぜなら、今井議員は、衆議院議員には2009年8月の総選挙以降、4回連続で当選していますが、選挙のたびに所属政党が違っていて、しかも、いずれも比例復活だからです。

  • 2009年8月…民主党公認、小選挙区で落選し比例復活
  • 2012年12月…日本維新の会公認、小選挙区で落選し比例復活
  • 2014年12月…維新の党公認、小選挙区で落選し比例復活
  • 2017年10月…希望の党公認、小選挙区で落選し比例復活

考えてみれば、これは凄いことです。

そもそも2009年8月の総選挙といえば、民主党にあれだけの追い風が吹いていたにも関わらず、今井氏は小選挙区で落選して比例復活しました。つまり、今井氏は、選挙区では決して自力で勝てるほど強くなく、その都度、政党の力を借りて当選し続けた人物だ、ということです。

しかも、民主党が大敗した2012年12月の総選挙では、民主党から逃げ出し、橋下徹氏の「日本維新の会」の公認を受けて出馬。所属政党自体が自滅と合流を繰り返したという事情はあるにせよ、毎回、選挙のたびに所属政党が違うという、極めて情けない人物でもあります。

今井氏が「お世話になった政党」に後ろ足で砂を掛けるようにして逃げ出し、「支持率が一番高い野党」である立憲民主党に所属替えするのも、この人物の略歴を見ていれば、ある意味では当然といえるかもしれません。

国民民主党から議員が離党するという話題で思い出すのは「me too」こと柚木道義氏の離党ですが(詳しくは『柚木氏の国民民主党離党問題、真に責められるべきは有権者だ』あたりもご参照ください)、沈む船からネズミが逃げ出すかのように、選挙に弱い議員が我れ先に逃げ出す様は滑稽ですらあります。

柚木氏の国民民主党離党問題、真に責められるべきは有権者だ

(※柚木氏や今井氏をネズミに例えてしまった点については、ネズミの皆様に謝罪申し上げます。ネズミの皆様、お気を悪くされたならば本当に申し訳ございませんでした。)

国民民主党は「脱皮」できるのか?

ただ、私は別に国民民主党の支持者ではありませんが、敢えて申し上げるならば、ゴミクズのような議員が出て行き、本当に真摯に政策を考える議員だけが残るのならば、結果的には国民民主党のためになると思います。

たしかに、現在の国民民主党は、各種世論調査でも政党支持率は0~1%と低迷していますし、参議院で最大野党の地位を失いそうになっていて、衆議院でも柚木議員や今井議員などの「ネズミ」が逃げ出す始末です。船に例えれば沈没中のセウォル号のようなものでしょうか。

(参考)セウォル号

しかし、このような状況だからこそ、国民民主党の皆さんには「政党の本分」、あるいは「国会議員の使命」を思い出してほしいと思います。

あなたがたは、なぜ政治家になろうと思ったのですか?

もしかして、国会議員になったら1.1億円もおカネが貰えるからですか?(※1.1億円の計算根拠については『国会議員の1人当たり給料をねちねち計算してみた』をご参照ください。)それとも、国会議員になったら秘書をアゴで使いつつ、官僚を苛めて楽しめるからですか?

もし「そうではない」、「本当に日本を良い国にしたい」という気持ちがあるのなら、自ずから、やるべきことは決まってくるはずです。

まず、政策についてちゃんと勉強すること。

基本的な知識を身に着けること。

安易な審議拒否戦略に頼らないこと。

なにより、有権者に向けてちゃんとメッセージを発信すること。

国民はバカではありません。見る人は、ちゃんと見ています。とくに、現代社会では、新聞、テレビだけを参考にするのではなく、インターネットにアクセスして情報を取る人も激増しているという事実を見逃してはなりません。

知名度としてほぼ無名に近い私が運営するこの『新宿会計士の政治経済評論』でさえ、1日に2万件前後のPVを頂いているという事実を考えるならば、衆議院議員がブログなどで正論を発信すれば、必ず注目されるはずです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



マスゴミ倒産=反日野党絶滅

ただ、この「新聞、テレビを鵜呑みにせず、インターネットで情報を得る人たち」(つまり情報強者層)と真逆の存在が、「情報弱者層」です。

情報弱者層は、マスコミ(とくに新聞とテレビ)から主な情報を得ている人たちであり、とくに2009年8月の衆議院議員総選挙では、新聞、テレビの偏向報道のあおりを受けて民主党に投票してしまったという人も多いでしょう。

さまざまな調査から判断する限り、「情報弱者層」は現時点で高齢者に偏在しています。そして、立憲民主党の支持層が高齢者に偏っている(らしい)という情報とあわせて判断するならば、マスコミ報道を真に受けている人ほど、立憲民主党などの政党を支持している、という仮説が成り立ちます。

最近、インターネット空間を中心に、マスコミを「マスゴミ」と表現する人が増えているように思えますが、その理由は、「もりかけ疑惑」など、ゴミのような情報ばかり流すことに加え、取材方法やさまざまな態度が、まさに「ゴミ」と呼ぶにふさわしいからでしょう。

そう考えていけば、マスコミ報道を鵜呑みにする人が減れば減るほど、立憲民主党に対する支持率も減少し、同じ野党でも比較的まともな主張をする政党への支持率が高まるのかもしれません。

国民民主党が「まともなことを主張する野党」に脱皮できるのかどうかは、現時点では私には判断が付きません(というよりも、立憲民主党との選挙協力などと言っている時点で、単なる「選挙互助会」ではないか、という気がしてなりません)。

ただし、遅かれ早かれ、インターネットの発展に伴い、新聞社やテレビ局のなかには倒産、廃業する会社が出てくる可能性は高いと思います。そうなれば、立憲民主党のような政党も、国会で最大野党の地位を失うことは間違いありません。

しかし、国民民主党が「最大野党」の地位を獲得することができるかどうかは、ひとえに、国民民主党の皆さんの努力に掛かっているのだと思います。もっとも、国民民主党という政党が来年の今ごろ、跡形もなくなっている可能性もありますけどね(笑)

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/10/22 14:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報、「日韓が欧州で外交戦」?まさか! (4コメント)
  • 2018/10/22 08:00 【時事|韓国崩壊|金融
    利上げも利下げもできない韓国、無能な政権で自滅の道へ (6コメント)
  • 2018/10/22 05:00 【金融
    【総論】金融政策の基本と「絶対逆らえないトリレンマ」 (2コメント)
  • 2018/10/21 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国を」追いつめる事になる韓国最高裁の徴用工判決 (12コメント)
  • 2018/10/21 05:00 【RMB|金融
    パンダ債と日中スワップ、そしてとても残念な読者コメント (12コメント)
  • 2018/10/20 08:00 【時事|国内政治
    議員としての地位が一番 立憲民主党に相応しい今井雅人議員 (8コメント)
  • 2018/10/20 05:00 【マスメディア論
    ネット対マスコミ:「結論ありき」で議論する朝日新聞 (15コメント)
  • 2018/10/19 12:00 【時事|外交
    価値と利益の外交:「マネージすらできなくなった日韓関係」 (6コメント)
  • 2018/10/19 08:00 【経済全般|金融
    軽減税率の特権を受ける朝日新聞社に消費税を論じる資格なし (4コメント)
  • 2018/10/19 05:00 【時事|外交
    文在寅に追い打ち掛けた安倍晋三、そして外交官の外交知らず (9コメント)
  • 2018/10/18 15:00 【雑感オピニオン
    神戸から鎌倉の快適な移動 「秋の鎌倉をお楽しみください」 (8コメント)
  • 2018/10/18 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    韓国発の通貨危機?米財務省を「死神」とおそれる中央日報 (16コメント)
  • 2018/10/18 05:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞を「最も信頼できない新聞」と呼ぶ日本国民の良識 (5コメント)
  • 2018/10/17 11:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    文在寅フランス訪問は大失敗 南北鉄道という新たな「火種」 (7コメント)
  • 2018/10/17 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国への仏罰?自業自得?韓国に対する特別扱いをやめる日米 (9コメント)
  • 2018/10/17 05:00 【経済全般|金融
    読者コメントへの反論:色々と根本から誤解していませんか? (12コメント)
  • 2018/10/16 11:45 【時事|経済全般
    「人手不足倒産」のナンセンス:給料を上げれば済む話です (11コメント)
  • 2018/10/16 05:00 【時事|経済全般
    決算書から見える、NHKの呆れた実態 NHKこそ国民の敵 (10コメント)
  • 2018/10/15 13:30 【時事|経済全般
    ラオスダム事故巡るハンギョレ報道が事実ならば、許されない (11コメント)
  • 2018/10/15 10:45 【時事|韓国崩壊
    「普通の関係」に戸惑う韓国:観艦式で将軍旗、日本に逆ギレ (14コメント)
  • 2018/10/15 08:00 【韓国崩壊|金融
    米国は金融面で韓国を締め上げることができる (6コメント)
  • 2018/10/15 05:00 【韓国崩壊|外交
    「鳩山政権が5年続いたら」?フランスで無知を晒した文在寅 (6コメント)
  • 2018/10/14 12:15 【時事|経済全般|国内政治
    消費増税と国民の敵・財務省 「増税決断」は改憲と引き換え? (23コメント)
  • 2018/10/14 05:00 【国内政治
    国民民主は「沈む船」?今こそ「政治家の使命」に向き合え (10コメント)
  • 2018/10/13 08:00 【マスメディア論
    アクセス急増御礼:ウェブビジネスの現況と「まとめサイト」 (9コメント)
  • 2018/10/13 05:00 【RMB|金融
    怪しい通貨・人民元の下落が意味するもの:窮地に陥る中国 (9コメント)
  • 2018/10/12 13:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動と観艦式の振り返り「全世界に恥をさらした韓国」 (10コメント)
  • 2018/10/12 08:00 【マスメディア論|外交
    「ポンペオ氏が韓国に激怒」報道の続報 知的格闘の楽しさ (10コメント)
  • 2018/10/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動 7ヵ国が韓国の要請無視、ボイコットは5ヵ国? (16コメント)
  • 2018/10/11 14:45 【マスメディア論|時事
    「麻生追放運動」の怪 なぜ枝野代表に文句を言わないのか? (3コメント)
  • 2018/10/11 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    「ポンペオ氏が韓国に激怒」報道を読んでも驚かないわけ (9コメント)
  • 2018/10/11 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    安倍総理「未来志向の日韓関係」発言の真意と「毒まんじゅう」 (6コメント)
  • 2018/10/10 10:45 【マスメディア論|時事
    加計理事長の会見受けた朝日の社説 説明になっていない (5コメント)
  • 2018/10/10 08:00 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    米国の利上げと新興国不安 中国と韓国に危機は波及するのか? (7コメント)
  • 2018/10/10 05:00 【時事|韓国崩壊
    英語メディア報道「南北朝鮮が結託して日本と敵対」と読める (8コメント)
  • 2018/10/09 15:00 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    朝日新聞こそ自身の報道姿勢を後世に恥じよ (7コメント)
  • 2018/10/09 10:00 【時事|国内政治
    大串博志議員「疑惑は続く」、貴方が証明すれば済む話では? (3コメント)
  • 2018/10/09 05:00 【政治
    関係を積極的に破壊する韓国政府と「マネージ」の本当の意味 (5コメント)
  • 2018/10/08 14:04 【時事|韓国崩壊|外交
    日韓共同宣言から20周年の節目に合わせたような徴用工訴訟 (13コメント)
  • 2018/10/08 05:00 【時事|国内政治
    加計学園「問題」を蒸し返す「国民の敵A」をやっつけよう! (12コメント)
  • 2018/10/07 10:00 【外交
    ビジネスマンが読み解く外交:人間関係の延長で理解すべし (7コメント)
  • 2018/10/07 05:00 【マスメディア論|時事|外交
    期待に値する岩屋毅防衛相と、旭日旗騒動を無視するマスコミ (15コメント)
  • 2018/10/06 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    旭日旗騒動は日本外交の勝利だが、マネージするにも限界あり (37コメント)
  • 2018/10/05 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛隊の韓国の観艦式不参加通告は韓国外交の自滅? (21コメント)
  • 2018/10/05 14:10 【時事|韓国崩壊
    続・旭日旗騒動 韓国は自我と信頼のどっちを失いたいですか? (11コメント)
  • 2018/10/05 12:10 【時事|金融
    次の「通貨危機予備軍」・インドネシア経済をレビューする (3コメント)
  • 2018/10/05 05:00 【経済全般|金融
    臨時国会を前に、財務省「国の借金論」のウソをまとめてみる (11コメント)
  • 2018/10/04 12:15 【日韓スワップ|金融
    今日も韓国メディアに「通貨スワップ」、いいかげんしつこい (16コメント)
  • 2018/10/04 08:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    朝日新聞社説批判 国民の敵を楽しくやっつける方法とは? (9コメント)
  • 2018/10/04 05:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動を巡り、韓国は国際社会の信頼を失い自滅に向かう (12コメント)
  • 2018/10/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    ポンペオ訪朝は米国の北朝鮮に対する優先度が低下した証拠 (5コメント)
  • 2018/10/03 05:00 【時事|国内政治
    マスコミ・野党「みんな!もりかけ国会、始まるよ~!」 (3コメント)
  • 2018/10/02 13:00 【時事|国内政治
    第4次安倍内閣・改造内閣の発足と「史上最長政権」の可能性 (6コメント)
  • 2018/10/02 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    目的を履き違えた韓国 ノーベル症と旭日旗騒動は病理の象徴 (17コメント)
  • 2018/10/02 05:00 【マスメディア論|時事|経済全般
    軽減税率の優遇受ける朝日新聞社に消費税を議論する資格なし (3コメント)
  • 2018/10/01 13:00 【時事|国内政治
    沖縄県知事選、敗因をしっかり受け止め「次に備える」べき (11コメント)
  • 2018/10/01 09:00 【時事|国内政治
    まとめサイト捏造記事「旭日旗自粛するわけねーだろバーカ」 (6コメント)
  • 2018/10/01 05:00 【時事|国内政治
    立憲民主党が台風中に党大会とは「責任感があまりに欠如」? (12コメント)
  • 2018/09/30 10:00 【経済全般
    若者の結婚式離れも当然だが、「北海道方式」なら負担も軽い (11コメント)
  • 2018/09/30 05:00 【日韓スワップ|金融
    韓国とアルゼンチン、隣に日本があるのとないのとでは大違い (13コメント)
  • 2018/09/29 05:00 【時事|国内政治
    「国民の敵」立憲民主党と朝日新聞の主張の真逆こそが正解 (13コメント)
  • 2018/09/28 16:15 【時事|外交
    旭日旗騒動の顛末としつこく続く韓国からのいわれなき攻撃 (17コメント)
  • 2018/09/28 12:15 【日韓スワップ|金融
    米利上げと「日中3兆円スワップ」を恨めしげに眺める韓国 (6コメント)
  • 2018/09/28 05:00 【マスメディア論|経済全般
    インターネット広告がテレビ局を倒産させる…のかもしれない (3コメント)
  • 2018/09/27 11:15 【時事|韓国崩壊
    韓国海軍、旭日旗が憎いあまりに各国にケンカを売り、自滅へ (13コメント)
  • 2018/09/27 10:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本外交よ賢くあれ!慰安婦合意破棄という動きへの賢い対処 (15コメント)
  • 2018/09/27 05:00 【経済全般|金融
    日本は財政危機ではない!数字で議論する日本経済と資金循環 (11コメント)
  • 2018/09/26 14:00 【時事|国内政治
    菅官房長官のパチンコ換金規制は歓迎するが、優先順位誤るな (11コメント)
  • 2018/09/26 10:15 【時事|外交
    脱忖度:日米から孤立する韓国と新たな日韓関係構築に向けて (3コメント)
  • 2018/09/26 05:00 【時事|国内政治
    過ちは繰り返す:民主党政権を総括しない立憲民主とマスコミ (3コメント)
  • 2018/09/25 13:30 【マスメディア論|時事
    嫌韓ブログの傾向と対策:一概に悪いと言えないが節度は大事 (14コメント)
  • 2018/09/25 05:00 【国内政治
    マスコミさんお疲れ!内閣支持率は「もりかけ」前水準に戻る (8コメント)
  • 2018/09/24 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選、石破氏の「得票45%」を巡る別の解釈 (11コメント)
  • 2018/09/23 05:00 【政治
    ラオスのダム事故巡る事実誤認記事の続報も事実誤認だらけ (47コメント)
  • 2018/09/22 05:00 【マスメディア論
    スパム・コメントは言論の敵!今後は削除基準を厳格に運用します (15コメント)
  • 2018/09/21 05:00 【国内政治
    マスコミ、卑劣なり 石破氏に猛烈な追い上げを許した背景 (16コメント)
  • 2018/09/20 14:22 【時事
    【速報】安倍晋三総理大臣、553対254で総裁選を制する (5コメント)
  • 2018/09/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    あれれ?トランプ大統領が南北首脳会談の結果を大絶賛中! (4コメント)
  • 2018/09/20 05:00 【政治
    外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁 (5コメント)
  • 2018/09/19 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】あまりに予想通りだった南北首脳会談 (6コメント)
  • 2018/09/19 10:00 【マスメディア論|時事
    ついに主要メディア調査で軒並み支持率が不支持率を上回った (1コメント)
  • 2018/09/19 05:00 【国内政治
    しんぶん赤旗と「日本国民の敵」・日本共産党 (7コメント)
  • 2018/09/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領がこの時期に平壌を訪問したことの対価 (12コメント)
  • 2018/09/18 05:00 【マスメディア論
    ホームレスが朝日新聞を愛読?「国民の敵」としてのマスコミ (7コメント)
  • 2018/09/17 05:00 【国内政治
    最近の読者投稿などから、「議論することの大切さ」を考える (11コメント)
  • 2018/09/16 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選でもマスコミ偏向報道が影響しているのは確実 (12コメント)
  • 2018/09/15 05:00 【時事|経済全般|外交
    「ステンレス条鋼WTO提訴」は日韓関係を根底から変える? (20コメント)
  • 2018/09/14 12:00 【マスメディア論|時事
    「いけがmetoo」運動を招いたテレビ業界の驕り、高ぶり (15コメント)
  • 2018/09/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓は隣り合っているが、「他人」であって「兄弟」ではない (5コメント)
  • 2018/09/13 16:45 【時事|国内政治
    石破さん、今さらですが「次につながる負け方」模索しては? (6コメント)
  • 2018/09/13 10:00 【政治
    「安倍3選」控えた朝日新聞の不気味な沈黙と内閣支持率 (2コメント)
  • 2018/09/13 05:00 【政治
    中国が日本に擦り寄って来た!その真意とわが国の取るべき対応 (11コメント)
  • 2018/09/12 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領にはコミュニケーション能力がないのか? (10コメント)
  • 2018/09/12 05:00 【マスメディア論
    「体操選手のパワハラ疑惑」を公共電波で延々報じる無意味さ (3コメント)
  • 2018/09/11 14:30 【時事|外交
    「安倍総理が金正恩に対話呼びかけ」。これをどう読むべきか (1コメント)
  • 2018/09/11 05:00 【韓国崩壊
    相次ぐ「コリア・パッシング」の兆候は日本正常化の証拠か? (1コメント)
  • 2018/09/10 10:30 【時事|韓国崩壊
    「震度ゼロ」での崩落が相次ぐ韓国社会の病理と嫌韓ブログ (9コメント)
  • 2018/09/10 05:00 【マスメディア論|時事
    「noindexタグ」事件の朝日新聞は明らかに国民の敵 (8コメント)
  • 2018/09/09 05:00 【マスメディア論|時事
    「報道ヘリを撃墜せよ」?北海道地震で見えた「国民の敵」 (12コメント)
  • 2018/09/08 05:00 【経済全般
    北海道と関西の大災害を機に、公共事業悪玉論を検証してみる (10コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。