昨日は安倍政権による内閣改造が行われましたが、入閣者の名簿を見ていると、20人の閣僚中13人が交替となり、しかもそのうち初入閣者は12人に達しました。また、初入閣者の多くは60代であり、どうも若者や女性の起用も少なく、華やかさも目玉もない人事にしか見えません。果たして安倍政権の狙いはどこにあるのか、そして今後の政権運営の注意点は何なのか。私なりに探ってみたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

安倍政権の狙い、3つの仮説

全然若くもない内閣、これはいったいどういうつもりか?

昨日、第4次安倍内閣としては初の内閣改造が実施されました。2007年に退陣した第1次安倍内閣も合わせるならば、今回の内閣改造によって、「安倍内閣」と名前が付く内閣が発足するのは10回目です。

  • ①第1次安倍内閣 (2006.9.26~07.8.27)
  • ②第1次安倍内閣 改造内閣(2007.8.27~07.9.26)
  • ③第2次安倍内閣 (2012.12.26~14.9.3)
  • ④第2次安倍内閣 改造内閣(2014.9.3~14.12.24)
  • ⑤第3次安倍内閣 (2014.12.24~15.10.7)
  • ⑥第3次安倍内閣 改造内閣(2015.10.7~16.8.3)
  • ⑦第3次安倍内閣 第2次改造内閣(2016.8.3~17.8.3)
  • ⑧第3次安倍内閣 第3次改造内閣(2017.8.3~17.11.1)
  • ⑨第4次安倍内閣 (2017.11.1~18.10.2)
  • ⑩第4次安倍内閣 改造内閣(2018.10.2~)

ただし、昨年8月3日に発足した第3次安倍内閣・第3次改造内閣(上記⑧)と第4次安倍内閣(上記⑨)は、閣僚に関してはまったく同じ顔ぶれだったので、「閣僚の大幅な入れ替え」がなされるという意味では、昨年8月以来、1年2ヵ月ぶりのことです。

すでに報じられているとおり、20人の閣僚のなかで、留任するのは安倍総理、麻生副総理、菅長官など、7人に過ぎず、残り13人は、第2次安倍政権下で復興大臣を務めた根本匠氏を除けば、いずれも初入閣者ばかりです(※敬称略、カッコ内は就任時の年齢)。

留任
  • 安倍 晋三(内閣総理大臣)
  • 麻生 太郎(副総理)
  • 河野 太郎(外務大臣)
  • 世耕 弘成(経済産業大臣)
  • 石井 啓一(国土交通大臣)
  • 菅 義偉(内閣官房長官)
  • 茂木 敏充(内閣府特命担当大臣)
再入閣
  • 根本 匠(厚生労働大臣、67)
初入閣
  • 石田 真敏(総務大臣、66)
  • 山下 貴司(法務大臣、53)
  • 柴山 昌彦(文部科学大臣、52)
  • 吉川 貴盛(農林水産大臣、67)
  • 原田 義昭(環境大臣、74)
  • 岩屋 毅(防衛大臣、61)
  • 渡辺 博道(復興大臣、68)
  • 山本 順三(国家公安委員会委員長、63)
  • 宮腰 光寛(内閣府特命担当大臣、67)
  • 平井 卓也(内閣府特命担当大臣、60)
  • 片山 さつき(内閣府特命担当大臣、59)
  • 桜田 義孝(東京五輪担当、68)

しかも、今回初入閣となった各大臣は、50代が3人、60代が9人、70代が1人です。いちばん若い柴山昌彦氏でも52歳であり、正直、「若さ」はまったく感じられませんし、女性も片山氏1人だけです。口の悪い人に言わせれば、60代で入閣経験がないという時点で、指導力には疑義が付きます。

今回入閣された皆さんには非常に失礼ながら、正直、私の目から見ると「実務派」とは縁遠い人ばかりであり、やや不安を感じてしまいます。

いったいどういう狙いがあるのか?

これについてはどういう狙いがあるのでしょうか?

もちろん、人事については閣僚人事だけでなく、副大臣や政務次官、さらには自民党側の役員人事などともセットでトータルに判断する必要があるのですが、閣僚人事だけを見る限り、片山さつき氏の入閣を除けば、華やかさもなければ、これといった「目玉」もありません。

私などは小野寺五典防衛相や上川陽子法務相には留任(あるいは他ポストに横滑り)してほしかったのですが、ただ、今年で在任7年目を迎える安倍総理のことですから、今回の人事も安倍総理なりの考え方があってやっているに違いありません。

新聞、テレビなどは、今回の人事について「派閥力学」だの「在庫一掃」だの、色々と解説を加えているようですが、ここでは安倍総理の閣僚人事の狙いについて、敢えてこれらの報道を無視し、私自身の仮説を3つほど提示してみたいと思います。

1つ目の仮説は、軽量級の閣僚を揃えることで、安倍総理が自身のリーダーシップを大きく発揮しようと考えている、というものです。実際、今回留任したのは、安倍総理の信認が厚い麻生総理、菅官房長官に加え、実力派でもある河野外相、世耕経産相、茂木担当相です。

(※石井国交相は「公明党枠」であるため、ここでは敢えて考えないことにします。)

この仮説が正しければ、安倍総理は今までほとんど閣僚を経験したことがない高齢の政治家を「名ばかり大臣」として据えたうえで、閣内を本物の実力派だけで固め、少数精鋭的に官邸主導で行政を進めて行こうとする考え方を持っているのかもしれません。

一方、2つ目の仮説は、今回入閣した人たちはいずれも極めて有能であることを安倍総理が見抜き、わざわざ選りすぐって入閣させた、というものです。実際、安倍総理は河野太郎氏を外相に就任させて大成功だったという経験もあるため、実は意外と人を見る目があるのかもしれません。

ただ、過半数が初入閣者で占められるというのも異例であり、ここまでの冒険をするにしてはややリスキーでしょう。なぜなら、「未経験者を入閣させたは良いが、全然実力がなく、行政が滞ってしまった」、となってしまっては困りものだからです。

意外と解散総選挙が近い…のかも?

そこで、単なるインスピレーションですが、私自身が1つ思いついたことを申し上げておきます。

それは、「解散総選挙が近い」、という可能性です。

小泉純一郎元首相は、自身が掲げた郵政民営化法案が参議院で否決されたことをきっかけに、(なぜか)2005年8月8日に衆議院を解散し、総選挙に打って出ました。これがいわゆる「郵政解散」ですが、結果的には自民党が圧勝し、小泉元首相の政治的な賭けは成功した形です。

安倍総理も、小泉元首相の例に倣い、もしかしたら改憲の発議を試み、失敗したら解散総選挙に打って出る覚悟があるのかもしれません(※といっても、自分で書いていて、かなり強引なこじつけという気もしますが、その点については突っ込まないでください)。

いや、私のこの仮説については、「参議院で否決されたところで、衆議院を解散しても意味がないじゃないか」、といった批判もあるかもしれませんが、早い話が「中継ぎ内閣」、という発想ですね。

前回の解散総選挙から1年が経過しています。そして、2012年以降だと、2~3年に1回は解散総選挙が行われているため、これから来年7月の参議院議員通常選挙までに、解散総選挙があっても不思議ではありません。

ただし、「安倍政権が近いうちに解散総選挙に打って出るつもりではないか?」とする考え方は、別に、私の独特の発想ではありません。いや、解散総選挙のための材料なら、いくらでもあります。たとえば消費税の増税などは、その有力な争点となり得ます。

たとえば、安倍政権が消費税の増税の凍結(あるいは消費税法の廃止)を巡り、衆議院の解散総選挙という勝負に出る可能性はあるでしょう。実際、立憲民主党や国民民主党は増税を主張しており、安倍政権が「増税凍結」を掲げて解散総選挙に打って出たら、野党としては対抗軸を打ち出せません。

これに対し、朝日新聞などのマスコミは猛烈な「反・消費増税凍結」キャンペーンを大々的に打つでしょうし、野党側も「消費税は引き上げるべきだ」と主張せざるを得なくなるため、安倍政権が消費税の増税凍結を前面に打ち出せば、立憲民主党などの野党は壊滅的な敗北を喫する可能性も十分にあります。

(ついでにマスコミも壊滅的な打撃を受けてしまうかもしれませんね。)

今回の内閣人事だけを見て「解散総選挙が近い」と考えるのは、論理の飛躍があり過ぎる、という批判があることは重々承知しているのですが、やはり、政界では一寸先は闇といわれています。私が示した「解散総選挙」という一見荒唐無稽な予測も、あながち「的外れ」とは言い切れないのではないでしょうか?

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



もりかけ国会、再開!?

秋の臨時国会はどうなるのか?

さて、以前からの報道によれば、内閣改造と党役員人事を済ませた安倍政権は、10月中旬から下旬にも臨時国会を召集するのではないか、との観測があります。

とくに今年は台風や地震などの自然災害で各地が大きな被害を受けたという事情もありますし、私自身は有権者の1人として、与野党ともに大いに議論し、補正予算を組むなどして、思い切った復興政策を打ち出してもらうことを望んでいます。

ところが、私自身が強く懸念している点が1つあるとすれば、「もりかけ国会」の復活です。

以前から当ウェブサイトをご愛読頂いている方ならばご存知だと思いますが、「もりかけ問題」とは、

安倍晋三(氏)が内閣総理大臣としての地位を悪用し、個人的な友人が経営する学校法人に対して違法な便宜を提供していた疑い

のことです。

とくに、個人的な友人からカネなどの利益を受け取って、違法な便宜を提供していたとすれば、それは間違いなく犯罪ですし、安倍氏はただちに内閣総理大臣、いや、国会議員を辞めなければなりません。

では、安倍総理は「個人的な友人」とやらから、いつ、いかなる形でカネを受け取っていたというのでしょうか?そして、安倍総理がいったいどのような形で、違法な便宜を提供したというのでしょうか?

この点、世の中で「安倍(氏)はクロだ!」と断言している人々の主張を見ても、誰ひとりとして、いったいどこに違法性があったのか、明確に示していません。いや、もう少し正確にいえば、最近だと「違法性はなかったかもしれないけれども問題だ」といった、酷い主張をする者もいます。

以前、『モリカケで弁護士が「賄賂なくても大問題」と支離滅裂な主張』で紹介した某弁護士さんのブログでは、

これまでの安倍氏に対する追求でも「金銭のやり取りがあったんだろ」なんていうものはありませんでしたし、別に金銭の授受があったかどうかなど問題にしていません。授受があったら収賄の問題になるという意味ではもっと問題ですが、金銭授受がなくても大問題だとして追求されてきたものです。だからこそ、安倍氏は自分や妻の関与があれば議員も辞めると言ったのです。」

と記載されています(※ただし、下線部は引用者による加工。また、「追及」とすべきところを「追求」と表記している誤植も含めて原文のままです)。武士の情けで敢えてリンク先は示しませんが、これが弁護士さんの文章とは思えないほど支離滅裂です。

「金銭授受がなくても大問題だとして追及されてきた」点は事実ですが、そもそも「金銭授受がなくても大問題だ」と言い掛かりをつけていること自体が大問題だとどうして気付かないのでしょうか?

マスコミさんお疲れ!支持率は一斉に回復

一方、衆議院の最大野党・立憲民主党が、台風接近中であるにも関わらず大々的な党大会を開催したことの問題点については、『立憲民主党が台風中に党大会とは「責任感があまりに欠如」?』でも触れたとおりですが、野党とマスコミには「他人に厳しく自分には徹底的に甘い」という共通点があります。

立憲民主党が台風中に党大会とは「責任感があまりに欠如」?

こうした野党のダブル・スタンダードぶりに対し、呆れている人が一般国民レベルで増えていることは、おそらく間違いないと思います。

ひと昔前だと、マスコミ(とくに新聞とテレビ)が国民の世論を誘導する絶大な力を持っていて、「日本マスコミ村」が「この首相を倒そう!」と思ったら、とにかく印象操作でも偏向報道でも何でもやって、政権を倒すことができたのが実情でしょう。

とくに、マスコミは昔から、「情報の断片を切り取ることで、『愚民ども』に印象を植え付ける」という手法を得意としています。「もりかけ問題でとにかく安倍(氏)は怪しいったら怪しいの!」と刷り込み続けることで、人々も何となく「安倍(氏)は何か悪いことをしたんじゃないか?」と思うようになる、ということです。

しかし、インターネットにアクセスできる人が急激に増えているためでしょうか、最近だと印象操作で瞬間風速的に内閣支持率を貶めたとしても、ネタの鮮度が切れたらすぐに内閣支持率が上昇してしまうようになりました(『マスコミさんお疲れ!内閣支持率は「もりかけ」前水準に戻る』参照)。

マスコミさんお疲れ!内閣支持率は「もりかけ」前水準に戻る

おそらく何事もなければ、マスコミさんはふたたび「もりかけ」問題を使って安倍政権に対する攻撃を再開するはずですが、こう何度も何度も同じネタで蒸し返すことができるものなのでしょうか?

WGIPという闇

では、いったいなぜ、マスコミは「もりかけ問題」をつかって、しつこく安倍政権を責め立てようとするのでしょうか?

おそらくその理由は、安倍政権が憲法改正を打ち出したからでしょう。そして、マスコミが憲法改正を阻止するために、全力で安倍政権を引きずりおろそうとして、生み出した冤罪が「もりかけ問題」だったと私は考えています。

ではいったいなぜ、マスコミは憲法改正をそこまで嫌がるのでしょうか?

これにはケント・ギルバートさんの名著『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』が非常に参考になります。

私は2015年9月、それまで10年近く勤めた某社を退職し、有給消化期間・兼・開業準備期間に、この書籍を熟読したことがあるのですが、改めて読み返すと、本当に参考になる名著だと思います。

著者のケント・ギルバートさんは米国弁護士資格を持つ米国人ですが、非常に高度な知識を持っているだけでなく、日本に対する愛情があふれている方でもあります。そんなケント・ギルバートさんは、この著書で「WGIPが未だに日本を縛っている」と主張されています。

この「WGIP」とは、 “War Gilt Information Program” 、意訳すれば「(日本人に対して)戦争への贖罪意識を受け付けるプログラム」、つまりGHQによる日本人に対するマインド・コントロールのことです。GHQはWGIPに基づき、30項目の「プレス・コード」を日本に強要しました。

この具体的な内容を抽出すれば、「⑤アメリカ合衆国への批判、⑥ロシア(ソ連邦)への批判、⑦英国への批判、⑧朝鮮人への批判、⑨中国への批判、⑰神国日本の宣伝、⑱軍国主義の宣伝、⑲ナショナリズムの宣伝」などが含まれています。

日本のマスコミの報道を見る限り、これらのコードが現在でも生きていることは間違いありません。

いわば、日本国憲法も「日本を自主的な国防ができない国にしてしまえ」というGHQによる呪いであり、マスコミや「パヨク」と呼ばれる劣化したサヨク勢力も、おそらくはGHQによるWGIPの残骸ではないかと思えるのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



マスコミと野党の自滅

もちろん、このWGIPと憲法改正の関係については、ケント・ギルバートさんの著書を読んだ私自身による考察に過ぎず、現時点で、きちんとした因果関係によって証明できているわけではありません。

ただ、マスコミや特定野党の振る舞いを見ていると、どうも彼らが重視しているのは日本の国益ではなく、どこか外国の国益ではないかとしか思えないのも事実なのです。

いずれにせよ、秋の臨時国会については、マスコミと特定野党は全力で「もりかけ国会」にしようと画策し、仕掛けて来るでしょう。いや、もしかしたら「もりかけ問題」以外にも、たとえば政権を揺るがすスキャンダルを仕掛けてくるかもしれません。

余談ですが、どうせ追及するなら、野田聖子・前総務相の「GACKTコイン疑惑」を徹底的に追いかければ良いのに、と思いますが(詳細は『野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪』参照)、マスコミは自民党議員であっても、「反安倍陣営」の人の不祥事追及にはなぜか及び腰です。

野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪

それはさておき、現状で考えるならば、おそらく「もりかけ問題」を蒸し返してくることは、ほぼ間違いないと見て良いでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

では、これに対して安倍政権は、そして私たち日本国民は、どう対処すれば良いのでしょうか?

結論的には「放置する」が正解です。

いや、「もりかけ問題」という同じネタを何度も蒸し返し続ければ、むしろ、マスコミさんが『愚民』だと思っていた人たちが目を覚ますリスクが高まるようにしか思えません。つまり、「もりかけ問題」とは、安倍政権ではなく、むしろマスコミと野党の土台を揺るがす問題ではないかと思えるのです。

私も細々とウェブ言論を続けている人間の1人ですが、マスコミと特定野党が「もりかけ問題」を持ち出してくれば、私は当ウェブサイトを通じて、

  • 吉田統彦(よしだ・つねひこ)疑惑
  • 羽田雄一郎疑惑
  • 辻元清美・福山哲郎 生コン疑惑
  • 玉木雄一郎・獣医師会疑惑
  • 性犯罪者の父親・小川勝也の議員辞職要求
  • 「セクハラ犯」初鹿明博、青山雅幸の議員辞職要求
  • 違法人・謝蓮舫の議員辞職要求
  • 不倫と政治資金規正法違反の山尾志桜里の議員辞職要求

などのキャンペーンを大々的に打ちだして行きたいと思います(※文中敬称略)。

結局、WGIPにしても「もりかけ問題」にしても、私は何も恐れる必要などないと思います。とくに70年以上前のGHQの亡霊など、さっさと退治すべきですし、私たち日本国民一人ひとりが賢くなれば、こんな亡霊など「枯れ尾花」に過ぎません。

安倍政権による内閣改造、党役員人事は、最長でもあと3年しか残されていない安倍政権の再スタートの布石です。私たち有権者の側も、マスコミと特定野党が仕掛けて来るであろう「枯れ尾花」に備え、今のうちに心の準備をしておくべきなのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/10/22 14:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報、「日韓が欧州で外交戦」?まさか! (4コメント)
  • 2018/10/22 08:00 【時事|韓国崩壊|金融
    利上げも利下げもできない韓国、無能な政権で自滅の道へ (6コメント)
  • 2018/10/22 05:00 【金融
    【総論】金融政策の基本と「絶対逆らえないトリレンマ」 (2コメント)
  • 2018/10/21 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国を」追いつめる事になる韓国最高裁の徴用工判決 (12コメント)
  • 2018/10/21 05:00 【RMB|金融
    パンダ債と日中スワップ、そしてとても残念な読者コメント (12コメント)
  • 2018/10/20 08:00 【時事|国内政治
    議員としての地位が一番 立憲民主党に相応しい今井雅人議員 (8コメント)
  • 2018/10/20 05:00 【マスメディア論
    ネット対マスコミ:「結論ありき」で議論する朝日新聞 (15コメント)
  • 2018/10/19 12:00 【時事|外交
    価値と利益の外交:「マネージすらできなくなった日韓関係」 (6コメント)
  • 2018/10/19 08:00 【経済全般|金融
    軽減税率の特権を受ける朝日新聞社に消費税を論じる資格なし (4コメント)
  • 2018/10/19 05:00 【時事|外交
    文在寅に追い打ち掛けた安倍晋三、そして外交官の外交知らず (9コメント)
  • 2018/10/18 15:00 【雑感オピニオン
    神戸から鎌倉の快適な移動 「秋の鎌倉をお楽しみください」 (8コメント)
  • 2018/10/18 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    韓国発の通貨危機?米財務省を「死神」とおそれる中央日報 (16コメント)
  • 2018/10/18 05:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞を「最も信頼できない新聞」と呼ぶ日本国民の良識 (5コメント)
  • 2018/10/17 11:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    文在寅フランス訪問は大失敗 南北鉄道という新たな「火種」 (7コメント)
  • 2018/10/17 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国への仏罰?自業自得?韓国に対する特別扱いをやめる日米 (9コメント)
  • 2018/10/17 05:00 【経済全般|金融
    読者コメントへの反論:色々と根本から誤解していませんか? (12コメント)
  • 2018/10/16 11:45 【時事|経済全般
    「人手不足倒産」のナンセンス:給料を上げれば済む話です (11コメント)
  • 2018/10/16 05:00 【時事|経済全般
    決算書から見える、NHKの呆れた実態 NHKこそ国民の敵 (10コメント)
  • 2018/10/15 13:30 【時事|経済全般
    ラオスダム事故巡るハンギョレ報道が事実ならば、許されない (11コメント)
  • 2018/10/15 10:45 【時事|韓国崩壊
    「普通の関係」に戸惑う韓国:観艦式で将軍旗、日本に逆ギレ (14コメント)
  • 2018/10/15 08:00 【韓国崩壊|金融
    米国は金融面で韓国を締め上げることができる (6コメント)
  • 2018/10/15 05:00 【韓国崩壊|外交
    「鳩山政権が5年続いたら」?フランスで無知を晒した文在寅 (6コメント)
  • 2018/10/14 12:15 【時事|経済全般|国内政治
    消費増税と国民の敵・財務省 「増税決断」は改憲と引き換え? (23コメント)
  • 2018/10/14 05:00 【国内政治
    国民民主は「沈む船」?今こそ「政治家の使命」に向き合え (10コメント)
  • 2018/10/13 08:00 【マスメディア論
    アクセス急増御礼:ウェブビジネスの現況と「まとめサイト」 (9コメント)
  • 2018/10/13 05:00 【RMB|金融
    怪しい通貨・人民元の下落が意味するもの:窮地に陥る中国 (9コメント)
  • 2018/10/12 13:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動と観艦式の振り返り「全世界に恥をさらした韓国」 (10コメント)
  • 2018/10/12 08:00 【マスメディア論|外交
    「ポンペオ氏が韓国に激怒」報道の続報 知的格闘の楽しさ (10コメント)
  • 2018/10/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動 7ヵ国が韓国の要請無視、ボイコットは5ヵ国? (16コメント)
  • 2018/10/11 14:45 【マスメディア論|時事
    「麻生追放運動」の怪 なぜ枝野代表に文句を言わないのか? (3コメント)
  • 2018/10/11 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    「ポンペオ氏が韓国に激怒」報道を読んでも驚かないわけ (9コメント)
  • 2018/10/11 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    安倍総理「未来志向の日韓関係」発言の真意と「毒まんじゅう」 (6コメント)
  • 2018/10/10 10:45 【マスメディア論|時事
    加計理事長の会見受けた朝日の社説 説明になっていない (5コメント)
  • 2018/10/10 08:00 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    米国の利上げと新興国不安 中国と韓国に危機は波及するのか? (7コメント)
  • 2018/10/10 05:00 【時事|韓国崩壊
    英語メディア報道「南北朝鮮が結託して日本と敵対」と読める (8コメント)
  • 2018/10/09 15:00 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    朝日新聞こそ自身の報道姿勢を後世に恥じよ (7コメント)
  • 2018/10/09 10:00 【時事|国内政治
    大串博志議員「疑惑は続く」、貴方が証明すれば済む話では? (3コメント)
  • 2018/10/09 05:00 【政治
    関係を積極的に破壊する韓国政府と「マネージ」の本当の意味 (5コメント)
  • 2018/10/08 14:04 【時事|韓国崩壊|外交
    日韓共同宣言から20周年の節目に合わせたような徴用工訴訟 (13コメント)
  • 2018/10/08 05:00 【時事|国内政治
    加計学園「問題」を蒸し返す「国民の敵A」をやっつけよう! (12コメント)
  • 2018/10/07 10:00 【外交
    ビジネスマンが読み解く外交:人間関係の延長で理解すべし (7コメント)
  • 2018/10/07 05:00 【マスメディア論|時事|外交
    期待に値する岩屋毅防衛相と、旭日旗騒動を無視するマスコミ (15コメント)
  • 2018/10/06 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    旭日旗騒動は日本外交の勝利だが、マネージするにも限界あり (37コメント)
  • 2018/10/05 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛隊の韓国の観艦式不参加通告は韓国外交の自滅? (21コメント)
  • 2018/10/05 14:10 【時事|韓国崩壊
    続・旭日旗騒動 韓国は自我と信頼のどっちを失いたいですか? (11コメント)
  • 2018/10/05 12:10 【時事|金融
    次の「通貨危機予備軍」・インドネシア経済をレビューする (3コメント)
  • 2018/10/05 05:00 【経済全般|金融
    臨時国会を前に、財務省「国の借金論」のウソをまとめてみる (11コメント)
  • 2018/10/04 12:15 【日韓スワップ|金融
    今日も韓国メディアに「通貨スワップ」、いいかげんしつこい (16コメント)
  • 2018/10/04 08:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    朝日新聞社説批判 国民の敵を楽しくやっつける方法とは? (9コメント)
  • 2018/10/04 05:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動を巡り、韓国は国際社会の信頼を失い自滅に向かう (12コメント)
  • 2018/10/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    ポンペオ訪朝は米国の北朝鮮に対する優先度が低下した証拠 (5コメント)
  • 2018/10/03 05:00 【時事|国内政治
    マスコミ・野党「みんな!もりかけ国会、始まるよ~!」 (3コメント)
  • 2018/10/02 13:00 【時事|国内政治
    第4次安倍内閣・改造内閣の発足と「史上最長政権」の可能性 (6コメント)
  • 2018/10/02 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    目的を履き違えた韓国 ノーベル症と旭日旗騒動は病理の象徴 (17コメント)
  • 2018/10/02 05:00 【マスメディア論|時事|経済全般
    軽減税率の優遇受ける朝日新聞社に消費税を議論する資格なし (3コメント)
  • 2018/10/01 13:00 【時事|国内政治
    沖縄県知事選、敗因をしっかり受け止め「次に備える」べき (11コメント)
  • 2018/10/01 09:00 【時事|国内政治
    まとめサイト捏造記事「旭日旗自粛するわけねーだろバーカ」 (6コメント)
  • 2018/10/01 05:00 【時事|国内政治
    立憲民主党が台風中に党大会とは「責任感があまりに欠如」? (12コメント)
  • 2018/09/30 10:00 【経済全般
    若者の結婚式離れも当然だが、「北海道方式」なら負担も軽い (11コメント)
  • 2018/09/30 05:00 【日韓スワップ|金融
    韓国とアルゼンチン、隣に日本があるのとないのとでは大違い (13コメント)
  • 2018/09/29 05:00 【時事|国内政治
    「国民の敵」立憲民主党と朝日新聞の主張の真逆こそが正解 (13コメント)
  • 2018/09/28 16:15 【時事|外交
    旭日旗騒動の顛末としつこく続く韓国からのいわれなき攻撃 (17コメント)
  • 2018/09/28 12:15 【日韓スワップ|金融
    米利上げと「日中3兆円スワップ」を恨めしげに眺める韓国 (6コメント)
  • 2018/09/28 05:00 【マスメディア論|経済全般
    インターネット広告がテレビ局を倒産させる…のかもしれない (3コメント)
  • 2018/09/27 11:15 【時事|韓国崩壊
    韓国海軍、旭日旗が憎いあまりに各国にケンカを売り、自滅へ (13コメント)
  • 2018/09/27 10:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本外交よ賢くあれ!慰安婦合意破棄という動きへの賢い対処 (15コメント)
  • 2018/09/27 05:00 【経済全般|金融
    日本は財政危機ではない!数字で議論する日本経済と資金循環 (11コメント)
  • 2018/09/26 14:00 【時事|国内政治
    菅官房長官のパチンコ換金規制は歓迎するが、優先順位誤るな (11コメント)
  • 2018/09/26 10:15 【時事|外交
    脱忖度:日米から孤立する韓国と新たな日韓関係構築に向けて (3コメント)
  • 2018/09/26 05:00 【時事|国内政治
    過ちは繰り返す:民主党政権を総括しない立憲民主とマスコミ (3コメント)
  • 2018/09/25 13:30 【マスメディア論|時事
    嫌韓ブログの傾向と対策:一概に悪いと言えないが節度は大事 (14コメント)
  • 2018/09/25 05:00 【国内政治
    マスコミさんお疲れ!内閣支持率は「もりかけ」前水準に戻る (8コメント)
  • 2018/09/24 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選、石破氏の「得票45%」を巡る別の解釈 (11コメント)
  • 2018/09/23 05:00 【政治
    ラオスのダム事故巡る事実誤認記事の続報も事実誤認だらけ (47コメント)
  • 2018/09/22 05:00 【マスメディア論
    スパム・コメントは言論の敵!今後は削除基準を厳格に運用します (15コメント)
  • 2018/09/21 05:00 【国内政治
    マスコミ、卑劣なり 石破氏に猛烈な追い上げを許した背景 (16コメント)
  • 2018/09/20 14:22 【時事
    【速報】安倍晋三総理大臣、553対254で総裁選を制する (5コメント)
  • 2018/09/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    あれれ?トランプ大統領が南北首脳会談の結果を大絶賛中! (4コメント)
  • 2018/09/20 05:00 【政治
    外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁 (5コメント)
  • 2018/09/19 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】あまりに予想通りだった南北首脳会談 (6コメント)
  • 2018/09/19 10:00 【マスメディア論|時事
    ついに主要メディア調査で軒並み支持率が不支持率を上回った (1コメント)
  • 2018/09/19 05:00 【国内政治
    しんぶん赤旗と「日本国民の敵」・日本共産党 (7コメント)
  • 2018/09/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領がこの時期に平壌を訪問したことの対価 (12コメント)
  • 2018/09/18 05:00 【マスメディア論
    ホームレスが朝日新聞を愛読?「国民の敵」としてのマスコミ (7コメント)
  • 2018/09/17 05:00 【国内政治
    最近の読者投稿などから、「議論することの大切さ」を考える (11コメント)
  • 2018/09/16 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選でもマスコミ偏向報道が影響しているのは確実 (12コメント)
  • 2018/09/15 05:00 【時事|経済全般|外交
    「ステンレス条鋼WTO提訴」は日韓関係を根底から変える? (20コメント)
  • 2018/09/14 12:00 【マスメディア論|時事
    「いけがmetoo」運動を招いたテレビ業界の驕り、高ぶり (15コメント)
  • 2018/09/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓は隣り合っているが、「他人」であって「兄弟」ではない (5コメント)
  • 2018/09/13 16:45 【時事|国内政治
    石破さん、今さらですが「次につながる負け方」模索しては? (6コメント)
  • 2018/09/13 10:00 【政治
    「安倍3選」控えた朝日新聞の不気味な沈黙と内閣支持率 (2コメント)
  • 2018/09/13 05:00 【政治
    中国が日本に擦り寄って来た!その真意とわが国の取るべき対応 (11コメント)
  • 2018/09/12 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領にはコミュニケーション能力がないのか? (10コメント)
  • 2018/09/12 05:00 【マスメディア論
    「体操選手のパワハラ疑惑」を公共電波で延々報じる無意味さ (3コメント)
  • 2018/09/11 14:30 【時事|外交
    「安倍総理が金正恩に対話呼びかけ」。これをどう読むべきか (1コメント)
  • 2018/09/11 05:00 【韓国崩壊
    相次ぐ「コリア・パッシング」の兆候は日本正常化の証拠か? (1コメント)
  • 2018/09/10 10:30 【時事|韓国崩壊
    「震度ゼロ」での崩落が相次ぐ韓国社会の病理と嫌韓ブログ (9コメント)
  • 2018/09/10 05:00 【マスメディア論|時事
    「noindexタグ」事件の朝日新聞は明らかに国民の敵 (8コメント)
  • 2018/09/09 05:00 【マスメディア論|時事
    「報道ヘリを撃墜せよ」?北海道地震で見えた「国民の敵」 (12コメント)
  • 2018/09/08 05:00 【経済全般
    北海道と関西の大災害を機に、公共事業悪玉論を検証してみる (10コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。