昨日私は『杉田水脈議員の「LGBTは子供を作らない」発言の不見識』のなかで、杉田水脈氏は不見識だと批判しました。ただ、「原文を読まずに批判するのはいかがなものか」というお叱りも頂きましたので、本日は彼女の原文を読んだうえで、昨日の記事について訂正、撤回、謝罪すべき箇所があるかどうか、改めて見解を述べておきます。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

杉田氏の論考の転載について

当ウェブサイトでは杉田水脈氏を批判する目的で、『杉田水脈議員の「LGBTは子供を作らない」発言の不見識』という記事を掲載しました。

杉田水脈議員の「LGBTは子供を作らない」発言の不見識

私の主張の趣旨は、「杉田氏自身のさまざまな愛国的な活動については感謝しているものの、報道されている杉田氏の主張を読む限りでは、『LGBTには生産性がない』と発言したと受け止められる可能性があるので、揚げ足を取られるような発言には注意してほしい」、というものです。

ただ、「杉田氏の主張の全文を読んだわけではないが」と本文に書いたためでしょうか、当ウェブサイトのコメント欄に「誰かの主張を批判するなら記事の全文を読むべきだ」というお叱りとともに、杉田氏の記事の全文を書き込んで下さった方がいました(※)。

(※ただし、出版物の全部を書き起こしてウェブに転載する行為は著作権法に抵触するおそれがあると判断しており、該当するコメントについてはすでに削除しております。)

この「全文を読んでいないのに批判するのはいかがなものか」という批判については、確かにそのとおりではあります。この点については私も反省し、昨日、新宿の書店で『新潮45』8月号を買ってきて、杉田氏の原文を読んでみることにしました。

そのうえで、昨日、私が記した内容に、事実誤認や論点の過不足などがあれば、論点を補足したうえで、必要に応じて昨日の記事の内容について訂正・撤回し、謝罪することにします。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



問題の特集記事を読む

杉田氏の論考は朝日特集の一環、古谷氏の文章と並ぶ

まず、問題の論考は『特集 日本を不幸にする「朝日新聞」』という特集の末尾に掲載されたものです。この特集は全部で7人の執筆者がいて、杉田氏以外の執筆者は、それぞれ上條昌史氏、林彦宏氏、古谷経衡氏、八幡和郎氏、大江舜氏、小林信也氏です。

私など、杉田氏が古谷経衡氏と同列で記事を執筆している点に、すでに強い違和感を抱いてしまいます。同誌によれば、古谷氏の肩書は「文筆家」で、「ネット保守、若者論などを中心に言論活動を展開」などと記載されていますが、私は古谷氏の主張に、どうも理論的な一貫性を見出すことができないからです。

私の記憶が確かなら、古谷氏は最初は「ネトウヨ」的なスタンスに立脚していましたが、その後は朝日新聞にも頻繁に寄稿しており、どうも「保守派」を自称しながら、実際には「パヨク」と呼ばれる人たちの主張に、むしろ積極的に寄り添っているようにも見えます。

朝日新聞は古谷氏を「保守論客」と見なしていて、「保守の目から見ても安倍政権はおかしい」、といった文脈で古谷氏のインタビューが掲載されることがあります。実際、昨年10月の衆院選直後には、朝日新聞に『「改憲に向け怖い」 保守の古谷経衡さんが見た立憲躍進』という記事も掲載さています。

しかし、古谷氏が本当に保守論客なのかといわれれば、私は疑問です。その証拠に、ちょうど1年前に稲田朋美氏が防衛大臣を辞任した際に、古谷氏が稲田氏を「ネット右翼のアイドル」などと称した、誹謗中傷のような論考を執筆しています(『2人の女性政治家の辞任』参照)。

このように考えていけば、古谷氏の論評スタンスは、「サヨク」なのか、それとも「ウヨク」なのか、よくわかりませんが、すくなくとも「保守」ではないことだけは間違いないと私は信じています。

ちなみに『新潮45』に掲載された古谷氏のパートでは、『「アベ嫌い」女性編集委員の「ダメな日本語」』と称して、「朝日新聞編集委員・高橋純子」(氏)が執筆した著書の批評を行っているのですが(※文中で呼び捨てとなっているのは原文ママ)、正直、論評する価値も感じませんでした。

で、どうだったのか?

ただ、別に古谷氏と同列で杉田氏が論評を執筆していたとしても、それは単なる雑誌の編集上の都合です。別に「杉田氏と古谷氏の主張が同じである」、という意味ではありません。あくまでもここで問題にすべきは杉田氏の論考です。

では、彼女が「LGBTは子供を作らない、つまり生産性がない」という暴言を、本当に吐いたのでしょうか?その答えは、『新潮45』8月号の58~59ページにあります。その下りを引用してみましょう。

例えば、子育て支援や子供ができなカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。にもかかわらず、行政がLGBTに関する条例や要項を発表するたびにもてはやすマスコミがいるから、政治家が人気とり政策になると勘違いしてしまうのです。」(※下線部は引用者による加工)

以上より、残念ながら、彼女が「LGBTは子供を作らない、つまり生産性がない」と主張した、というのは、まぎれもない事実なのです。いかなる文脈であったとしても、「LGBTは子供を作らない」「LGBTには生産性がない」と言い放っているのです。この事実を消すことはできません。

昨日の主張の撤回、訂正、謝罪はしません

以上から、私が昨日申し上げた次の下りについては、撤回もしませんし訂正も謝罪もしません。

私自身、『新潮45』の元記事を読んでおらず、文脈もよくわからないので、あまり不用意なことを申し上げるべきではないと思いますが、敢えて杉田氏に対して厳しいことを申し上げると、「不見識にもほどがある」と言いたいと思います。

もちろん、この文章について「撤回も訂正も謝罪もしない」とは結果論であり、私自身の論評姿勢が100%正しかった、と自賛しているいう意味ではありません。確かに元記事を読まないで昨日のような批評を執筆してしまうことは非常にリスキーであり、この点については私も深く反省したいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



問題ありまくりの杉田氏の主張

「文脈を読めば問題ない」のか?

ただし、昨日の記事に頂いた複数のコメントに、「『生産性はない』という主張についても、文脈を読めば杉田氏の主張にそれほど問題はないと思う」、といった趣旨のものがいくつか含まれていましたし、インターネット上の「保守系論壇」を自称する人たちの主張にもそのようなものが混じっています。

果たしてこれは正しいのでしょうか?この「生産性がない」という下りの直前の段落における主張を、箇条書きにしてみましょう。

  • 日本社会はLGBTの方々にとって、かなり生きやすい社会なのではないか?
  • リベラルなメディアは「生きづらさ」を社会制度のせいにしてその解消をうたうが、そもそも世の中は生きづらく、理不尽なものだ
  • それを自分の力で乗り越える力を付けさせることが教育の目的のはず
  • 「生きづらさ」を行政が解決することが悪いとは言わないが、行政が動くということは税金を使うということだ

まず、杉田水脈氏は、「日本社会はLGBTの方々にとって、かなり生きやすい社会」だと述べていますが、果たしてこれは事実でしょうか。

私はそもそも、この点に賛同しません。なぜなら、LGBTとはそれこそ多様な人たちであり、これに対してたとえば同性同士のカップルは法的には夫婦ではありません。このため、所得税法上、社会保険上の扶養親族の扱いを受けることには制約がありますし、相続にも制限があります。

具体的にどのような制限があるのかについては『私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論』でも議論したとおりですのでここでは繰り返しません。いずれにせよ、こうした法制度の欠陥は、「生きづらさ」を「教育により」「自分の力で」乗り越える、ということなどできません。

さらに、LGBTの方々に対する「いわれのない差別」は社会の問題であり、行政が解決することはできない、という点についてはそのとおりですが、だからといって行政(というよりも立法)が何もしなくて良い、という話にはなりません。

ほかにも問題がある杉田氏の論考

以上の点以外にも、この論考にはまだ問題があります。そもそも杉田氏がLGBTを正確に理解・定義せずに、ご自身の体験と海外の極端な事例をベースに議論を構築しているのは非常に大きな問題です。

まず、

LGBTだからといって、実際そんなに差別されているものでしょうか?もし自分の男友達がゲイだったり、女友達がレズビアンだったとしても、私自身は気にせず付き合えます。

という下りについては、彼女自身の価値観であり、判断基準です。しかし、世の中には「相手が同性愛者だったら付き合いを控えたい」と思う人もいる可能性があります。実際、私の知り合いに、男性同性愛者を極端に忌避している男性がいます。

どうしてこの男性が男性同性愛者を嫌っているのについては、ある男性同性愛者からセクハラの被害を受けたからです(※ご本人も非常に辛い経験をされているため、ここで詳しい事情について述べるのは控えます)。

もっとも、この事例はたまたま不届きな同性愛者のセクハラ被害に遭った人が同性愛者を忌避しているという事例であり、別に私は「同性愛者のすべてがセクハラを働く」と申し上げているわけではありません。いや、そんな人はいたとしても、それこそごく少数派に違いありません。

しかし、社会には「同性愛者であったとしても気にせず付き合える」という人がいることは事実ですが、そうでない人もいるという点についても無視してはならないでしょう。

次に、

そもそも日本には、同性愛の人たちに対して『非国民だ!』という風潮はありません

という下りも問題です。

どうしてここで唐突に「非国民」という過激な用語が出て来るのでしょうか?「性的少数者は非国民だ」という批判でもあるのでしょうか?もしそういう批判が大々的に行われているということならば、私自身の勉強不足であり、私が謝罪すべきです。

しかし、私が知る限り、「LGBTは非国民だ!」と大々的に批判している人を、私は存じ上げませんし、だいいち、「日本社会ではこれまで同性愛者が差別・排撃されたという歴史的事実はない」と主張したいのであればそう書けば良いのであって、「非国民」という単語を使う必然性が理解できません。

さらに、杉田氏は朝日新聞の3月17日付大阪朝刊に掲載された『高校生、1割が性的少数者』という記事について、

調査の対象は思春期の不安定な時期ですから、社会の枠組みへの抵抗もあるでしょう。

などと非常に短絡的な考察を加えたりしています。もちろん、私自身も普段から朝日新聞を批判している立場にありますから、朝日新聞が掲載した記事には眉に唾を付けて読む癖がついているのも事実であり、「性的少数者」が「人口の1割に達する」という調査自体、鵜呑みにしてよいとは思いません。

しかし、だからといって「自らを性的少数者だ」と答えた高校生のすべてが「社会の枠組みに抵抗するためにそう答えた」と決めつけるのは正しくありません。これだと「何の論拠もなしに決めつけている」という意味で、朝日新聞と大差ありません。

ついでに、文章の最後の方には

多様性を受けいれて、様々な性的指向も認めよということになると、同性婚の容認だけにとどまらず、例えば兄弟婚を認めろ、親子婚を認めろ、それどころかペット婚や、機械と結婚させろという声も出てくるかもしれません。現実に海外では、そういう人たちが出て来ています。

との主張がありますが、この下りは理論が飛躍し過ぎでしょう。兄弟婚、親子婚は児童性愛と同じく倫理上の問題があり、少なくとも日本社会では絶対に容認されませんし、ペットや機械にはそもそも法人格がありません。どう考えても、LGBTの議論と同列で論じるものではありません。

ほかにも私が読んで「これは問題だ」と思う下りはいくつかあるのですが、列挙するときりがありません。

主張は自由だが、言葉が稚拙すぎる

いずれにせよ、あくまでも私の理解に基づけば、杉田氏が言いたいことは、

LGBTの問題が日本社会において目立った実害を生じていない以上、彼らに対する過度な配慮には賛同できない

ということだと理解しました。

むろん、私が今回の杉田氏の論考について、賛同できる部分が皆無というわけではありません。『「LGB」と「T」を一緒にするな』という下りについてはまったくそのとおりだと思いますし、彼女の指摘通り、LGBTに配慮する役所の条例・要綱にマス・メディアがやんややんやの喝采を送っていることも事実でしょう。

しかし、これらの点を考慮しても、杉田氏の今回の論考には、私としては総論としては賛同できません。非常に申し訳ないのですが、杉田氏は勉強不足です。いや、敢えて厳しいことを申し上げれば、彼女の国会議員としての見識を疑います。

ちなみに、私自身は、「現実に発生している問題を放置すれば日本共産党やサヨク勢力、反社会的勢力などと結託してしまう」と懸念しており、したがって、「LGBTに対する過剰な配慮は必要ないが、最低限、現実にある問題を解消する努力が必要だ」と考えています。

当然、LGBTに対する社会的偏見は確実に存在しますし、こうした偏見と闘うLGBTの人たちがいることも事実です。何より、LGBTに関連する法制度については、まだまだ改善の余地がありますし、法制度の改革に巨額の税金が投じられるというものでもないでしょう。

何より、このように論考により、「保守系の論者(あるいは自民党の議員)はLGBTに差別的だ!」という攻撃材料を、サヨク勢力に与えてしまうのが大きな問題です。

私は杉田氏の従軍慰安婦関連の活動については深く尊敬しているだけに、このLGBTに関する稚拙な論考は、本当に残念というほかありません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



「公正なウェブ評論家」とは?

以上、昨日は「杉田氏の論考の原文を読まずに彼女を批判するのは不適切だ」というご批判を頂いたことを受けて、日曜日に新宿の書店で『新潮45』8月号を買い求め、通読したうえで、改めて昨日の論考を書きなおしてみました。

結論としては、昨日の私自身の見解を修正するつもりも、取り消すつもりも、謝罪するつもりもありません。「杉田議員も自民党も一強体制の中でたるんでいる」という点については、むしろいっそう確信を強めるに至ったとだけ申し上げておきたいと思います。

むろん、私自身に反省点が皆無ではありません。それは、原文を読まずに「もし杉田氏がこう主張しているのだとしたら問題だ」と執筆してしまったことであり、この点についてはご指摘を頂いた読者の皆様には、深く御礼申し上げたいと思います。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ところで、私が杉田議員のことを強く批判した点について、意外だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、「自分自身が保守性向を持っているウェブ評論家である」という点については否定しませんが、だからといって、「保守論客が執筆した文章をすべて無条件に称賛する」というつもりもありません。

いや、極端な話、たとえ朝日新聞の記事であっても、優れている記事には「優れている」と素直に申し上げるのが正解です(たとえば朝日新聞ソウル支局長の牧野愛博氏は、韓国・朝鮮半島関連の話題で、特大級のスクープ記事を連発しています)。

また、私は常々、メディアとしての共同通信のことを批判していますが、それと同時に私自身が尊敬する青山繁晴参議院議員はもともと共同通信の記者でしたし、私が何かと批判する東京新聞・中日新聞にしても、長谷川幸洋氏のように優れた人物が、この3月まで論説委員を務めていたことを忘れてはなりません。

つまり、どんな腐った組織であっても優れた人はいますし、どんなに優れた論客でも筆の誤りはあります。

大切なことは、「朝日新聞である」という理由で自動的に「読む価値はない」と決めつけないことであり(※この点については私自身も深く反省する必要があります)、「保守派の政治家の論考である」という理由で自動的に「文脈から判断すれば問題ない」などと勝手に決めつけないことです。

さらに、自分が過去に主張した内容が間違っていたとしても、それを頑として認めずに取り繕おうとすれば、だんだんと辻褄が合わなくなっていき、しまいには支離滅裂な主張のできあがり、となるわけです(人気ユーチューバーのKAZUYAさんに絡んでいる、某自称精神科医のケースが分かりやすいですね)。

当ウェブサイトの読者の皆様にとっては、私が保守政治家を厳しく批判する論考を掲載すること自体、「意外だ」と思われるかもしれませんが、話はむしろ逆で、「保守政治家」、「まともな政治家」に対してこそ、厳しい叱咤激励が必要ではないかと思うのです。

今回の記事を読んで、私自身もウェブ評論家を名乗る以上、気を引き締めて論考に取り組むべきだと痛感しています。また、杉田議員が今回の論考を反省するならば、謙虚な気持ちで国政の様々な課題に取り組み、国会議員としての仕事で実績をあげることを、私は有権者の1人として期待したいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/08/19 05:00 【時事|外交
    改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て (2コメント)
  • 2018/08/18 10:00 【韓国崩壊
    中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない (4コメント)
  • 2018/08/18 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか (2コメント)
  • 2018/08/17 12:00 【時事|国内政治
    ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか? (2コメント)
  • 2018/08/17 10:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点 (13コメント)
  • 2018/08/17 05:00 【マスメディア論|外交
    日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論 (6コメント)
  • 2018/08/16 15:00 【マスメディア論|時事
    相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ (2コメント)
  • 2018/08/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ (4コメント)
  • 2018/08/16 10:00 【政治
    終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除 (7コメント)
  • 2018/08/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂 (2コメント)
  • 2018/08/15 12:00 【国内政治
    国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か? (6コメント)
  • 2018/08/15 10:00 【韓国崩壊|外交
    韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ (3コメント)
  • 2018/08/15 05:00 【日韓スワップ|金融
    トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか? (1コメント)
  • 2018/08/14 12:00 【時事|国内政治
    文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か? (2コメント)
  • 2018/08/14 10:00 【時事|外交
    「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質 (4コメント)
  • 2018/08/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚 (5コメント)
  • 2018/08/13 12:00 【時事|金融
    「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質 (1コメント)
  • 2018/08/13 10:00 【時事|金融
    韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明 (6コメント)
  • 2018/08/13 05:00 【金融
    「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな! (1コメント)
  • 2018/08/12 10:00 【マスメディア論
    「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ (4コメント)
  • 2018/08/12 05:00 【日韓スワップ|時事|外交
    北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版) (3コメント)
  • 2018/08/11 10:00 【時事|外交
    原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題 (4コメント)
  • 2018/08/11 05:00 【日韓スワップ|金融
    北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も? (3コメント)
  • 2018/08/10 13:25 【時事
    日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報 (16コメント)
  • 2018/08/10 11:30 【時事|国内政治
    野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪 (4コメント)
  • 2018/08/10 10:00 【韓国崩壊|外交
    邪悪な「旭日旗根絶計画」に、私たちはどう立ち向かうべきか (3コメント)
  • 2018/08/10 05:00 【マスメディア論
    「一方的に批判する権利がある」?アベノセイダーズの勘違い (1コメント)
  • 2018/08/09 16:00 【マスメディア論
    中央日報の「歪曲」主張は、究極的に沖縄タイムスと同じ (11コメント)
  • 2018/08/09 10:00 【マスメディア論|政治
    朝日新聞の社説は印象操作を通り越して「恥知らず」 (10コメント)
  • 2018/08/09 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    朝鮮戦争を終わらせたい南北朝鮮の思惑と米韓同盟破棄への道 (3コメント)
  • 2018/08/09 00:00 【政治
    長崎原爆忌に思う (2コメント)
  • 2018/08/08 15:40 【時事|外交
    ラオスのダム新設棚上げ、まじめにやっている日本には大迷惑 (7コメント)
  • 2018/08/08 10:00 【マスメディア論|時事
    「安倍叩きネタ」が切れた途端に上昇する内閣支持率の不思議 (2コメント)
  • 2018/08/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    堂々と「ツートラック外交」を主張する韓国メディアの不見識 (6コメント)
  • 2018/08/07 16:00 【時事|国内政治
    朝日の調査ですら、8割の人が野党には期待しないという事実 (5コメント)
  • 2018/08/07 10:00 【政治
    自由と繁栄の弧:ASEAN外交で米国に先行する日本の活躍 (5コメント)
  • 2018/08/07 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜか新宿会計士の政治経済評論が政治部門でPV数1位に (5コメント)
  • 2018/08/06 14:00 【RMB|時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊、遅まきながら事故調査委が立ち上がるか? (6コメント)
  • 2018/08/06 10:20 【時事|韓国崩壊|外交
    韓国に対する「セカンダリー制裁」が現実味を帯びてきた (2コメント)
  • 2018/08/06 05:00 【時事|外交
    米国の戦争犯罪、なぜ原爆は広島市に投下されたのか? (8コメント)
  • 2018/08/05 10:00 【日韓スワップ|金融
    数字で見る外貨準備 韓国の外貨準備高の8割はウソなのか? (2コメント)
  • 2018/08/05 05:00 【政治
    ラオスのダム決壊事故の続報はなぜ出てこない? (16コメント)
  • 2018/08/04 10:00 【時事|外交
    ユネスコ世界遺産登録は、今からでも謹んで返上した方が良い (5コメント)
  • 2018/08/04 05:00 【時事|国内政治
    安倍3選は確実としても、それで問題が解決するわけではない (3コメント)
  • 2018/08/03 16:00 【マスメディア論|時事
    フェイク・ニュース「韓国がダム決壊を鹿島建設に責任転嫁」 (2コメント)
  • 2018/08/03 10:00 【韓国崩壊
    北朝鮮から経済支援を強要される韓国政府の自業自得 (4コメント)
  • 2018/08/03 05:00 【政治
    立憲民主党に杉田水脈氏のことを責める資格はない (2コメント)
  • 2018/08/02 16:00 【日韓スワップ|金融
    韓国メディアの報道は通貨危機の危険度を知るバロメーター (2コメント)
  • 2018/08/02 10:00 【時事|国内政治
    野党連携から国民民主党が外れたことに希望を感じる理由
  • 2018/08/02 05:00 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊が日本のせい?「韓国の世論操作」説 (9コメント)
  • 2018/08/01 16:00 【時事|外交
    サンフランシスコ市の慰安婦像問題と戦う吉村市長を支持する (4コメント)
  • 2018/08/01 10:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「家計債務は破綻寸前」?数字で見る韓国経済破綻の危機 (3コメント)
  • 2018/08/01 05:00 【マスメディア論
    インターネットに完敗する新聞、視聴者が高齢者に偏るテレビ (4コメント)
  • 2018/07/31 17:10 【マスメディア論|時事
    「国民の敵」同士が結託して、審議拒否に見苦しい言い訳 (2コメント)
  • 2018/07/31 10:00 【時事|国内政治
    国民民主党、「もりかけ国会」の異常さにいまさら気付く? (7コメント)
  • 2018/07/31 05:00 【時事|国内政治
    事実確認のの大切さ、議論することの大切さ(自戒を込めて) (13コメント)
  • 2018/07/30 16:45 【時事|雑感オピニオン
    海外で本物の日本料理を探す冒険を楽しむのもまた人生
  • 2018/07/30 10:00 【マスメディア論|時事
    原文を読んだうえで、それでも杉田水脈氏の不見識を批判する (22コメント)
  • 2018/07/30 05:00 【時事|外交
    ラオスのダム決壊事故は、「セウォル号事件」の再来なのか? (10コメント)
  • 2018/07/29 05:00 【時事|国内政治
    杉田水脈議員の「LGBTは子供を作らない」発言の不見識 (16コメント)
  • 2018/07/28 00:00 【政治
    有権者よ野党議員の「バカッター」を読もう、そして考えよう (2コメント)
  • 2018/07/27 16:30 【時事|外交
    共同通信が報道した「日韓新共同宣言」構想、その背景は? (11コメント)
  • 2018/07/27 10:00 【時事|国内政治
    今度は「文部科学省の現役高官が飲食容疑で逮捕」の不自然さ (1コメント)
  • 2018/07/27 05:00 【マスメディア論|時事
    CNN記者のホワイトハウス締め出し事件とメディアの異常さ (5コメント)
  • 2018/07/26 10:00 【マスメディア論|時事
    日本共産党と朝日新聞社の主張は究極的にはまったく同じ (9コメント)
  • 2018/07/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国企業が関わるラオスのダム決壊事故に見る中央日報の報道 (7コメント)
  • 2018/07/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    日韓慰安婦合意の蒸し返しと韓国政府にとっての不都合な事実 (10コメント)
  • 2018/07/25 05:00 【マスメディア論|外交
    北朝鮮の日本人拉致犯罪に対する、共同通信の筋違いな分析 (3コメント)
  • 2018/07/24 16:15 【時事|国内政治
    内閣官房長官、「パチンコのギャンブル性をなくす」と明言 (5コメント)
  • 2018/07/24 10:00 【マスメディア論|時事
    中央日報日本語版を読んで、メディア・リテラシーを磨こう! (7コメント)
  • 2018/07/24 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    文在寅さん、支持率100%に向けて是非頑張ってください
  • 2018/07/24 00:00 【時事|お知らせ
    お知らせ:記事配信スタイル変更につきまして (6コメント)
  • 2018/07/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【朝日新聞批評】民主主義を根腐れさせるのはむしろ朝日新聞 (4コメント)
  • 2018/07/23 10:00 【マスメディア論|時事
    新聞・テレビを鵜呑みにしていると内閣不支持となるのは当然? (7コメント)
  • 2018/07/23 07:00 【マスメディア論|国内政治
    モリカケで弁護士が「賄賂なくても大問題」と支離滅裂な主張 (7コメント)
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう (3コメント)
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (5コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (7コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (11コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (6コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。