当ウェブサイトでは以前から「朝鮮半島の将来シナリオ」について考察して来たのですが、ここで、以前から当ウェブサイトで「可能性がある」として提示して来た「軍事クーデター・戒厳令シナリオ」については、実際に韓国軍が検討していたことが判明しました。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝鮮半島、8つのシナリオ

「朝鮮半島の将来シナリオ」というシミュレーション分析は、当ウェブサイトの「看板コンテンツ」の1つです。最新版は『大好評・「朝鮮半島の将来シナリオ」2018年6月版』に掲載したとおりですが、先月時点での各シナリオと実現可能性は、図表のとおりです。

大好評・「朝鮮半島の将来シナリオ」2018年6月版

図表 朝鮮半島の将来シナリオ8つと実現可能性
シナリオ名称 概要 予想確率
①赤化統一 北朝鮮主導で南北朝鮮が統一される(いわゆる「高麗連邦」シナリオ) 30%
②韓国の中華属国化 北朝鮮という国が存続したまま、韓国だけが中国の属国となる 20%
③南北クロス承認 北朝鮮を日米両国が国家承認し、韓国が中国の属国となる 25%
④統一朝鮮の中華属国化 朝鮮半島統一が実現し、かつ、その統一朝鮮が中国の影響下に入る 10%
⑤北朝鮮分割 中国やロシアが北朝鮮に軍事侵攻して分割占領し、韓国が中国の属国となる 10%
⑥現状維持 とりあえず朝鮮半島の現状が維持される 5%
⑦米国による斬首作戦 米国が北朝鮮に全面攻撃を仕掛け、国家崩壊した北朝鮮を韓国が吸収する 0%
⑧軍事クーデター 韓国で軍事クーデターが発生して極左の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領を拘束・排除し、日米との友好関係を回復する 0%

(【出所】著者作成)

ところが、図表1をみていただければわかりますが、シナリオの本数は8つあるのに、当ウェブサイトでは「6つのシナリオ」と呼んでいます。その理由は、韓国で文在寅(ぶん・ざいいん)政権が成立したことで、シナリオ⑦、⑧が実現する可能性は、ほぼゼロ%になったと考えたからです。

それ以外のシナリオ①~⑤については、いずれも米韓同盟が消滅(あるいは縮小)し、米国、中国、日本、ロシアなどとの関係が変容する、という仮定を置いています。米韓関係が現在と変わらずに維持されるシナリオは⑥だけであり、しかも実現可能性は、先月の段階で5%にまで引き下げています。

なお、これまで執筆して来た主な記事のうち、昨年秋以降のものは次のとおりであり、いずれもご自由にお読みいただくことができます。

ぜひ、ご参照ください。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



土台が揺らぐ、米韓同盟

シナリオを米韓同盟との関係で考える

私自身が考える「8つのシナリオ」とその実現可能性については、現状では「①赤化統一」が30%であり、その一方で「②韓国(だけ)が中国の属国になる」シナリオを20%、「韓国が中国の影響下に入る一方で米国と北朝鮮が関係を改善する確率(③南北クロス承認)」を25%と置いています。

つまり、この3つのシナリオだけで確率は75%に達します。また、それ以外のシナリオは、「④南北朝鮮が統一され、そのまま中国の属国になる」が10%、「⑤中国、ロシア、米国などが北朝鮮に侵攻し、分割するシナリオ」が10%、「⑥現状維持」が5%ですが、要するに「可能性は低い」ということです。

これらのシナリオと、米韓同盟の関係を考察することは、非常に重要です。

まず、韓国と北朝鮮が統一するシナリオ①、④については、暗黙の前提として、米韓同盟が消滅し、在韓米軍が撤収している、という仮定を置いています。また、シナリオ③、⑤の場合でも、北朝鮮という脅威が消滅する以上、在韓米軍の存在意義は極めて乏しくなります。

さらに、シナリオ②の場合は、韓国が中国の「核の傘」に入るということであり、必然的に在韓米軍は撤収しなければなりません。以上から私は、シナリオ①~⑤のどれが実現したとしても、米韓同盟は変質(あるいは消滅)し、在韓米軍については縮減ないしは撤収の可能性が非常に高いと見ているのです。

韓国ウォッチャーの鈴置氏の「米韓同盟消滅論」

実は、米韓同盟についてはかなり以前から、破棄ないしは縮減が検討されているようです。これについては、わが国における「韓国ウォッチャー」の第一人者である、日本経済新聞の元編集委員の鈴置高史氏が執筆した、次の記事が参考になります。

米中貿易戦争のゴングに乗じた北朝鮮の「強気」/北朝鮮は誰の核の傘に入るのか(2018年7月10日付 日経ビジネスオンラインより)

これについては、本論はあくまでも北朝鮮の話であるように見えてますが、実は、米国と韓国との同盟関係についても詳しく論じたレポートです。詳細は当ウェブサイトでも『【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか?』で取り上げていますが、要点を振り返っておきましょう。

鈴置氏は米韓同盟の先行きを巡り、かなり早い段階で「在韓米軍は撤収する」とする予想を提示していた人物ですが、この記事の中で、米韓同盟の破棄については次のように述べています。

本音はともかく、文在寅(ムン・ジェイン)政権を含む左派は大いに賛成するでしょう。「米韓同盟こそが諸悪の根源」と主張している人たちですから。/普通の人や保守派は米国との同盟を失うことに恐怖を感じると思います。ただ、韓国では論理ではなくムードが物事を決定します。

そもそも米国にとって、戦略的な要衝ではない韓国との同盟は価値がありません。それどころかカネがかかるし、余計な紛争に巻き込まれるリスクもある。/朝鮮戦争で韓国を助けたために米国はこの半島にはまり込んでしまった。もともと朝鮮半島は米国の防衛線の外にあるのです。/2010年頃から米軍関係者は「米韓同盟は長続きしない」と日本の安保関係者に非公式に通告してきています。

要するに、「鈴置論」でいえば、米国、韓国ともに、米韓同盟を終わらせたがっている、ということです。

もちろん、私自身はこの「鈴置論」に対し、必ずしも全面的に同意するものではありません。確かに韓国は「戦略的な要衝」ではないかもしれませんが、それと同時に、ユーラシア大陸の南端に拠点を持っておくことは、米国にとっては悪い話ではない、という側面もあるからです。

ただ、「カネもかかるし紛争のリスクもある」という点については、そのとおりでしょう。韓国という国自体が、「敵・味方」を正確に認識する能力を欠いていて、本来ならば全面的な味方であるはずの日本をやたらと敵視する一方、中国や北朝鮮に不用意に近付くという危うさを持っているからです。

ちなみに、この鈴置説の一端は、客観的な報道からも裏付けられます。その1つは、韓国政府の文正仁(ぶん・せいじん)大統領補佐官が6月11日、日本経済新聞社が主催したフォーラムで、「(南北)平和協定締結の暁には在韓米軍は撤退すべきだ」と述べた、というものです。

韓国の文補佐官、平和協定後の米軍の必要性に改めて疑念(2018/6/11 18:47付 日本経済新聞電子版より)

もともと、文在寅政権は北朝鮮寄りの政権として有名ですが、まさかここまで急激に事態が進展するとは、私にも意外でした。

米韓同盟が消えれば日韓関係も無事では済まない

鈴置氏のような「韓国ウォッチャー」の立場としては、米韓同盟が消滅するかどうかという点が非常に気になるところでしょう。ただ、金融規制などの実務家である私にとって、もっと気になる論点があります。それは、「米韓同盟が消滅(ないし後退)した場合の日韓関係」です。

日本と韓国は、軍事同盟という関係にはありません。文在寅大統領は昨年10月、中国に対し「三不の誓い」というものを立ててきましたが、この中に「日本との軍事同盟を締結しない」という項目がわざわざ含まれていたことを忘れてはなりません(『「三不協定」の衝撃:米韓同盟崩壊が視野に入った』参照)。

「三不協定」の衝撃:米韓同盟崩壊が視野に入った

ただし、日本は米国との間で「日米安全保障条約」を締結しており、日米両国は、もはや切っても切り離せないほど密接な同盟関係にあります。そして、韓国が米国との同盟関係にある以上、間接的には日韓両国は同盟関係にある、と言えなくもありません。

何より、日本にとって在韓米軍自体は非常に重要な存在です。なぜなら、在韓米軍は在日米軍と有機的一体として機能しており、かつ、北朝鮮や中国に対する牽制という意味でも、日本の安全保障に寄与しているからです。

もちろん、韓国からの日本に対する相次ぐ侮辱、約束違反、不法行為の数々を受けて、すでに日本は韓国のことを「基本的価値」や「戦略的利益」を共有する相手とは見ていません(『【昼刊】外務省、遅まきながらも韓国を「単なる隣国」に格下げ』参照)。

このため、現在の日韓関係は、あくまでも米国との「三角軍事同盟」を通じた繋がりという側面が大きく、直接の日韓間の交流チャネルは消滅しつつあります。こうした状況を踏まえれば、米韓同盟が消滅すれば、日韓関係そのものも土台から揺らぐのは当然のことでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



韓国を救うウルトラCとは?

米軍の全面北朝鮮攻撃は極めて考え辛い

さて、冒頭に図表で示した「8つのシナリオ」の論点に戻りましょう。

私は、この8つのシナリオについて、⑦と⑧については、現時点における実現可能性をゼロ%と置いています。

まず、シナリオ⑦については、米軍が北朝鮮に軍事侵攻し、北朝鮮の金正恩(きん・しょうおん)体制を除去する、というものです。米軍と北朝鮮軍の戦力差は圧倒的であり、米軍が本気で北朝鮮に軍事侵攻すれば、北朝鮮全土を制圧するのに1時間もかからないでしょう。

ただ、私はそれでも、シナリオ⑦の実現可能性は極めて低いと見ます。その理由は、大きく2つあります。

1つ目は、肝心の金正恩自身の身柄を確保することができるという保証がないからです。金正恩は全土に影武者を配置していると思われ、また、いざ米軍が侵攻して来たとした際には、ハサンの地下通路を通じてロシア領内に逃げ込まれでもしたら大変厄介です。

また、2つ目の理由は、北朝鮮が中国、ロシアと国境を接しているという事実です。アフガニスタンやイラクなどと事情が大きく異なるのはこの点であり、たとえば、中国の事前の了解を得ずに北朝鮮に軍事侵攻した場合には、中国人民解放軍が軍事介入してくるかもしれません。

しかも、米国は中国に対して貿易戦争を仕掛けており、米中関係は決して良好とはいえません。北朝鮮への軍事攻撃における中国からの協力が期待できない場合、米軍にできることといえば、限定爆撃(サージカル・アタックか、単なる鼻血作戦)くらいなものでしょう。

それにしたって、北朝鮮の核のCVID 1)CVIDとは、CVID、つまり、「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)のこと。 を確実に実現しようと思うならば、やはり物理的な攻撃という手段によるのではなく、国際原子力機関(IAEA)を通じた核査察を受けさせる以外に有力な方法は見当たりません。

いずれにせよ、米国が2017年12月18日という「北朝鮮を攻撃する最良のチャンス」を逃した以上、北朝鮮攻撃の可能性は当分遠のいた(再開するとしても今年の冬以降?)と私は考えています。

韓国の自力救済

ところで、シナリオ①~⑤は、いずれも韓国が米国(と日本)から見捨てられる可能性が非常に高いものです。もちろん、米韓同盟破棄や日韓断交などについては、すぐに実現するというものではありませんが、しかし、韓国が日米両国を敵視する以上、いずれ韓国が日米から捨てられるのも時間の問題です。

現在の文在寅政権がこのまま続けば、韓国経済はガタガタになり、韓国の国民世論も北朝鮮との統一に舵を切るのではないかと見ています。少し酷い言い方をするならば、文在寅大統領自身、韓国経済を破壊し、北朝鮮との赤化統一を実現するための、北朝鮮の工作員なのかもしれません。

(なお、韓国の経済運営の危うさについては、『【準保存版】韓国の外貨準備統計のウソと通貨スワップ』や『失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり』などをご参照ください。)

ただ、ここに「ウルトラC」があるとすれば、韓国国内で軍が動き、文在寅政権を強制排除する可能性です。現時点では文在寅政権が成立し、しかも、何故か知りませんが、韓国国内で高い支持率を誇っていることは事実です。このため、軍部としては、現段階でクーデターに動くことは少し難しいかもしれません。

しかし、これが朴槿恵(ぼく・きんけい)前政権時代だと、まだ少しは可能性がありました。私自身も当ウェブサイトで、朴槿恵前大統領がまだ弾劾されていなかった時点で、「朴槿恵氏が決断し、戒厳令を出して親北派の文在寅氏を拘束すれば、韓国が日米陣営に留まる可能性はある」と申し上げました。

たとえば、朴槿恵氏に対する弾劾判決が下される直前に掲載した『【続】破滅に向けて突き進む韓国社会』では、「戒厳令や軍事クーデターにより憲政を停止し、左派大統領の出現を阻止する」という可能性を議論しました。

やっぱり予想通り戒厳令を検討していた

こうしたなか、朴槿恵前大統領を引きずりおろすきっかけとなった「ろうそくデモ」の際に、韓国軍が戒厳令を検討していたことが明らかになりました。

ろうそく集会当時に「戒厳令」検討か 文大統領が捜査指示(2018/07/10 10:49付 聯合ニュース日本語版より)

『聯合ニュース』(日本語版)によると、戒厳令を検討していたのは軍の捜査・情報機関である国軍機務司令部であり、2016年10月以降、市民団体らが「ろうそくデモ」を行っていた最中に、戒厳令の発令を検討していたとのことです。

もっとも、もしその際に、戒厳令が発動されていたからといって、韓国が今日の左傾転覆を避けることができたとも思えません。文在寅氏が拘束(あるいは国外退去)処分となり、朴槿恵氏が今でも大統領の座にあったとしたら(あるいは軍出身者が大統領に就任したら)、いったい何が生じていたでしょうか?

韓国は1988年以来、すでに30年に及ぶ民主主義の歴史を有しています。仮に軍が強権により政権を奪取しても、韓国国民はこうした動きを支持しないでしょうし、場合によっては市民対軍という対決が生じかねず、却って政情が混乱する可能性はあります。

また、文在寅氏が拘束された場合、諸外国(たとえばドイツあたり)が韓国を手厳しく批判したでしょうし、韓国が国際社会から経済制裁などを喰らう可能性だってありました。

このように考えていけば、戒厳令を出して「ろうそくデモ」を弾圧したところで、韓国社会の左傾転覆を食い止めることは難しかったのではないかというのが私自身の感想です。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



現段階での8つのシナリオ

というわけで、現段階での「朝鮮半島の8つのシナリオ」については、6月時点で更新した可能性から据え置きたいと思います。

もちろん、6月12日の米朝首脳会談以降、北朝鮮との非核化交渉などがまったく進んでいないなど、予断を許さない状況にありますが、だからといって現段階でシナリオを修正するものではありません。冒頭で示した「8つのシナリオ」の可能性については、現時点で据え置きとします。

ところで、某匿名掲示板などの議論を覗いていると、軽々しく「日韓は断交すべきだ」などと主張する書き込みなどを見掛けることもあるのですが、現実の外交は、そう単純ではありません。日韓間には人的・物的交流もあれば、金融上の結びつきも強固だからです。

なにより、私自身も日本国民の1人ですから、韓国のことを感情的には好きになるのが難しいのですが、だからといって、韓国人に対するヘイト発言を行ったりすることは許されないと思いますし、また、国が引っ越せるわけでもない以上、ぎりぎりまで関係を維持する努力をしなければならないのは当然のことです。

ただ、それでも私は、現状の不健全な形での日韓関係は長続きしないと考えていますし、何らかの形で日韓関係を清算しなければならない可能性には留意が必要だと考えています。その場合、まっさきに考えるべきは悪影響の最小化です。

もっといえば、在韓米軍の撤収と、朝鮮半島の南端部にまで、中国人民解放軍(または北朝鮮人民軍)がやってきて、日本に対して睨みを利かせる事態が発生することに備えなければなりません。「日韓断交、ざまぁ見ろ」といったシンプルな発想では許されないのです。

まずは憲法第9条第2項の無効化、そして日本国民自身が北朝鮮による日本人拉致問題を「自分の問題」として捉え、真摯に考えることが必要です。私がウェブ評論サイトを続けている理由の1つも、実は、そのことを訴えるためにあるのです。

そのことを、強調しておきたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/08/19 05:00 【時事|外交
    改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て (2コメント)
  • 2018/08/18 10:00 【韓国崩壊
    中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない (4コメント)
  • 2018/08/18 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか (2コメント)
  • 2018/08/17 12:00 【時事|国内政治
    ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか? (2コメント)
  • 2018/08/17 10:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点 (13コメント)
  • 2018/08/17 05:00 【マスメディア論|外交
    日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論 (6コメント)
  • 2018/08/16 15:00 【マスメディア論|時事
    相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ (2コメント)
  • 2018/08/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ (4コメント)
  • 2018/08/16 10:00 【政治
    終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除 (7コメント)
  • 2018/08/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂 (2コメント)
  • 2018/08/15 12:00 【国内政治
    国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か? (6コメント)
  • 2018/08/15 10:00 【韓国崩壊|外交
    韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ (3コメント)
  • 2018/08/15 05:00 【日韓スワップ|金融
    トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか? (1コメント)
  • 2018/08/14 12:00 【時事|国内政治
    文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か? (2コメント)
  • 2018/08/14 10:00 【時事|外交
    「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質 (4コメント)
  • 2018/08/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚 (5コメント)
  • 2018/08/13 12:00 【時事|金融
    「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質 (1コメント)
  • 2018/08/13 10:00 【時事|金融
    韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明 (6コメント)
  • 2018/08/13 05:00 【金融
    「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな! (1コメント)
  • 2018/08/12 10:00 【マスメディア論
    「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ (4コメント)
  • 2018/08/12 05:00 【日韓スワップ|時事|外交
    北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版) (3コメント)
  • 2018/08/11 10:00 【時事|外交
    原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題 (4コメント)
  • 2018/08/11 05:00 【日韓スワップ|金融
    北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も? (3コメント)
  • 2018/08/10 13:25 【時事
    日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報 (16コメント)
  • 2018/08/10 11:30 【時事|国内政治
    野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪 (4コメント)
  • 2018/08/10 10:00 【韓国崩壊|外交
    邪悪な「旭日旗根絶計画」に、私たちはどう立ち向かうべきか (3コメント)
  • 2018/08/10 05:00 【マスメディア論
    「一方的に批判する権利がある」?アベノセイダーズの勘違い (1コメント)
  • 2018/08/09 16:00 【マスメディア論
    中央日報の「歪曲」主張は、究極的に沖縄タイムスと同じ (11コメント)
  • 2018/08/09 10:00 【マスメディア論|政治
    朝日新聞の社説は印象操作を通り越して「恥知らず」 (10コメント)
  • 2018/08/09 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    朝鮮戦争を終わらせたい南北朝鮮の思惑と米韓同盟破棄への道 (3コメント)
  • 2018/08/09 00:00 【政治
    長崎原爆忌に思う (2コメント)
  • 2018/08/08 15:40 【時事|外交
    ラオスのダム新設棚上げ、まじめにやっている日本には大迷惑 (7コメント)
  • 2018/08/08 10:00 【マスメディア論|時事
    「安倍叩きネタ」が切れた途端に上昇する内閣支持率の不思議 (2コメント)
  • 2018/08/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    堂々と「ツートラック外交」を主張する韓国メディアの不見識 (6コメント)
  • 2018/08/07 16:00 【時事|国内政治
    朝日の調査ですら、8割の人が野党には期待しないという事実 (5コメント)
  • 2018/08/07 10:00 【政治
    自由と繁栄の弧:ASEAN外交で米国に先行する日本の活躍 (5コメント)
  • 2018/08/07 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜか新宿会計士の政治経済評論が政治部門でPV数1位に (5コメント)
  • 2018/08/06 14:00 【RMB|時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊、遅まきながら事故調査委が立ち上がるか? (6コメント)
  • 2018/08/06 10:20 【時事|韓国崩壊|外交
    韓国に対する「セカンダリー制裁」が現実味を帯びてきた (2コメント)
  • 2018/08/06 05:00 【時事|外交
    米国の戦争犯罪、なぜ原爆は広島市に投下されたのか? (8コメント)
  • 2018/08/05 10:00 【日韓スワップ|金融
    数字で見る外貨準備 韓国の外貨準備高の8割はウソなのか? (2コメント)
  • 2018/08/05 05:00 【政治
    ラオスのダム決壊事故の続報はなぜ出てこない? (16コメント)
  • 2018/08/04 10:00 【時事|外交
    ユネスコ世界遺産登録は、今からでも謹んで返上した方が良い (5コメント)
  • 2018/08/04 05:00 【時事|国内政治
    安倍3選は確実としても、それで問題が解決するわけではない (3コメント)
  • 2018/08/03 16:00 【マスメディア論|時事
    フェイク・ニュース「韓国がダム決壊を鹿島建設に責任転嫁」 (2コメント)
  • 2018/08/03 10:00 【韓国崩壊
    北朝鮮から経済支援を強要される韓国政府の自業自得 (4コメント)
  • 2018/08/03 05:00 【政治
    立憲民主党に杉田水脈氏のことを責める資格はない (2コメント)
  • 2018/08/02 16:00 【日韓スワップ|金融
    韓国メディアの報道は通貨危機の危険度を知るバロメーター (2コメント)
  • 2018/08/02 10:00 【時事|国内政治
    野党連携から国民民主党が外れたことに希望を感じる理由
  • 2018/08/02 05:00 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊が日本のせい?「韓国の世論操作」説 (9コメント)
  • 2018/08/01 16:00 【時事|外交
    サンフランシスコ市の慰安婦像問題と戦う吉村市長を支持する (4コメント)
  • 2018/08/01 10:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「家計債務は破綻寸前」?数字で見る韓国経済破綻の危機 (3コメント)
  • 2018/08/01 05:00 【マスメディア論
    インターネットに完敗する新聞、視聴者が高齢者に偏るテレビ (4コメント)
  • 2018/07/31 17:10 【マスメディア論|時事
    「国民の敵」同士が結託して、審議拒否に見苦しい言い訳 (2コメント)
  • 2018/07/31 10:00 【時事|国内政治
    国民民主党、「もりかけ国会」の異常さにいまさら気付く? (7コメント)
  • 2018/07/31 05:00 【時事|国内政治
    事実確認のの大切さ、議論することの大切さ(自戒を込めて) (13コメント)
  • 2018/07/30 16:45 【時事|雑感オピニオン
    海外で本物の日本料理を探す冒険を楽しむのもまた人生
  • 2018/07/30 10:00 【マスメディア論|時事
    原文を読んだうえで、それでも杉田水脈氏の不見識を批判する (22コメント)
  • 2018/07/30 05:00 【時事|外交
    ラオスのダム決壊事故は、「セウォル号事件」の再来なのか? (10コメント)
  • 2018/07/29 05:00 【時事|国内政治
    杉田水脈議員の「LGBTは子供を作らない」発言の不見識 (16コメント)
  • 2018/07/28 00:00 【政治
    有権者よ野党議員の「バカッター」を読もう、そして考えよう (2コメント)
  • 2018/07/27 16:30 【時事|外交
    共同通信が報道した「日韓新共同宣言」構想、その背景は? (11コメント)
  • 2018/07/27 10:00 【時事|国内政治
    今度は「文部科学省の現役高官が飲食容疑で逮捕」の不自然さ (1コメント)
  • 2018/07/27 05:00 【マスメディア論|時事
    CNN記者のホワイトハウス締め出し事件とメディアの異常さ (5コメント)
  • 2018/07/26 10:00 【マスメディア論|時事
    日本共産党と朝日新聞社の主張は究極的にはまったく同じ (9コメント)
  • 2018/07/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国企業が関わるラオスのダム決壊事故に見る中央日報の報道 (7コメント)
  • 2018/07/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    日韓慰安婦合意の蒸し返しと韓国政府にとっての不都合な事実 (10コメント)
  • 2018/07/25 05:00 【マスメディア論|外交
    北朝鮮の日本人拉致犯罪に対する、共同通信の筋違いな分析 (3コメント)
  • 2018/07/24 16:15 【時事|国内政治
    内閣官房長官、「パチンコのギャンブル性をなくす」と明言 (5コメント)
  • 2018/07/24 10:00 【マスメディア論|時事
    中央日報日本語版を読んで、メディア・リテラシーを磨こう! (7コメント)
  • 2018/07/24 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    文在寅さん、支持率100%に向けて是非頑張ってください
  • 2018/07/24 00:00 【時事|お知らせ
    お知らせ:記事配信スタイル変更につきまして (6コメント)
  • 2018/07/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【朝日新聞批評】民主主義を根腐れさせるのはむしろ朝日新聞 (4コメント)
  • 2018/07/23 10:00 【マスメディア論|時事
    新聞・テレビを鵜呑みにしていると内閣不支持となるのは当然? (7コメント)
  • 2018/07/23 07:00 【マスメディア論|国内政治
    モリカケで弁護士が「賄賂なくても大問題」と支離滅裂な主張 (7コメント)
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう (3コメント)
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (5コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (7コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (11コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (6コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    注記   [ + ]

    1. CVIDとは、CVID、つまり、「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)のこと。