韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領は、実はかなりの経済オンチなのではないかとの疑念を、私は払拭することができません。とくに、最低賃金規制と失業率の因果関係を真逆に理解しているようにしか見えないのです。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最低賃金規制と雇用

最低賃金規制とは?

「最低賃金規制」という考え方があります。

これは、国民一人ひとりが最低限、健康で文化的な生活を送るためには、労働者1人あたりいくら以上の賃金が必要か、という観点から、国が「最低限、これ以上の給料を出しなさい」と企業に対して命令する制度のことです。

日本の場合は労働法によって労働者の権利は守られているはずですが、それでもときどき、最低賃金すら出さず、サービス残業を強制しているような企業が摘発されるようなこともあります。酷い場合には、社会保険などの制度に入っていないこともあります。

とくに不況期だと、労働者と比べれば人を雇う側の方がはるかに強い力を持っているため、もし労働法の規制が存在しなければ、低賃金で労働者を酷使しようとする、不届きな企業が出現するからです。こういう問題企業のことを、最近では「ブラック企業」と呼ぶことがあります。

こうしたブラック企業は、存在を許されてはなりません。なぜなら、ブラック企業は法律を無視して従業員を安月給で酷使しているため、言い換えればコスト競争力が非常に高いからです。経済社会のルールを無視している以上、安い価格で仕事を請け負うことができるのも当然の話です。

その結果、ブラック企業は不当に安い価格で仕事を受注するということがまかりとおります。この「不当に安い価格で仕事を受注する」ことを「ダンピング」と呼びますが、法律をきちんと守っている企業と比べて異常に安い価格で仕事を請け負えば、価格競争で絶対に負けません。

そうなると、従業員に対してまじめに給料を払っている企業は、こうしたブラック企業にコスト面で勝てなくなり、最悪の場合、倒産してしまいます。いわば、「悪貨が良貨を駆逐する」(つまり、「ブラック企業がホワイト企業を倒産に追い込む」)という現象が発生するわけです。

このため、適正な賃金水準を支払わない企業には、公的な力で強いペナルティを課して、市場から強制退出させる必要があります。なぜなら、こうした企業をのさばらせておけば、法律を守る優良企業も倒産の危機に瀕しますし、働いている人々の賃金水準も下がり、購買力も低下するからです。

デフレ期と最低賃金水準

ただ、経済は生き物なので、国全体の経済の体力が弱まれば、国全体として雇用する力が失われて来ます。とくに景気後退期、デフレ期には、雇用が失われ、賃金水準が低下するという現象が、一般に広く観測されます。

日本は長らく、「失われた20年」ともよばれる不況にありました。私に言わせれば、その原因は明白で、とにかく人件費が安い中国に労働需要を取られた、という側面が最も大きいと思います。ただ、それに加えて日本の場合は、日本銀行や大蔵省(現・財務省)の不作為という要素も大きかったといえるでしょう。

ところで、不況になれば、企業は雇用を抑制し始めますし、そうなれば、失業率が上昇し、働き手は労働市場に溢れます。あるいは、失業率はそれほど上がらなくても、労働者の賃金水準が上がらない、ということが発生してしまいます。

もちろん、最低賃金規制があれば、人々が生活できなくなるほど低い給与水準になることは避けられます。しかし、それと同時に、この「適正な最低時給の額」については、難しいところです。なぜなら、法律の力で最低時給の額を引き上げ過ぎれば、今度は企業の方が、人を雇わなくなるからです。

そうなれば、結局は社会全体の失業率が上昇してしまいます。つまり、「法律を守らない企業を市場から退出させる」という観点と、「労働者の生活を保障するうえで適正な最低時給を社会全体で維持する」という観点は、政策目標としては混同してはなりません。

世の中には、「法律で最低時給を引き上げれば、社会全体で賃金水準が上昇し、国民が豊かになる」と信じている人もいるようですが、これは因果関係が逆です。「国全体の物価水準が上昇すれば、その国で最低限の文化的な生活を営むための最低賃金水準が上昇する」、というのが正しい理解でしょう。

雇用拡大には最低賃金規制ではなく金融政策が必要

つまり、「最低賃金規制」とは、あくまでも個別企業のダンピングなどを抑止するという意味と、国全体として無限に賃金水準が下がってしまうことに歯止めをかけるという意味があるのですが、社会全体で雇用の余力を失ってしまえば、逆に失業率を押し上げる結果にしかなりません。

失業率水準を押し下げるために必要な政策とは、「最低賃金規制」ではありません。「金融政策」です。

よく「フィリップス曲線」という考え方があります。これは、さまざまな国でインフレ率と失業率の関係をグラフ化したもので、実証研究の結果、インフレ率と失業率には、明らかな逆相関関係がある、ということが判明しています。

インフレ率が上昇すれば(=脱デフレとなれば)、失業率は下がります。一方で、インフレ率が低下すれば(=デフレとなれば)、失業率が上昇するのです。

この理由は、正直、定かではありません。あえて無理やり説明すれば、「デフレになれば不景気になり、企業としては本当は人件費を抑えたいのだが、すでに雇用している人の賃金を引き下げるわけにはいかないため、企業は新しい雇用を抑制する」、といったところでしょうか。

ただ、事実としてインフレ率と失業率には相関関係があります。そして、インフレ率を引き上げれば、失業率は「自然失業率水準」にまで低下します。このインフレ率は金融政策、つまり中央銀行の貨幣供給量、金利水準の操作によって誘導することができるのです。

つまり、日本で脱デフレができなかった理由は、中央銀行たる日本銀行の不作為にあったのです。そして、「黒田日銀」が2013年4月以降、異次元緩和でマネーの供給量を激増させたことで、日本の失業率は史上最低水準に張り付き、むしろ「人材不足」が日本各地で深刻化しつつあります。

つまり、日本の場合は、労働者の労働条件を好転させるのに責任を持っていたのは、厚生労働省ではなく、日本銀行だった、というわけです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



文在寅政権の雇用政策

左派の文在寅氏もしょせんは経済オンチ

以上の、

  • 「強制力を伴った最低賃金規制はブラック企業などを社会から排除するうえで必要」
  • 「ただし、社会全体で雇用が失われているときには、最低賃金規制は逆に失業率を押し上げる」
  • 「失業率を押し下げるための最適な政策は金融緩和」

という結論については、以下の議論で極めて重要なので、よく覚えておいてください。そのうえで、議論は唐突に、私たちの隣国・韓国に飛びます。というのも、雇用市場を考えるうえで、ケース・スタディとしては、韓国は非常に優れたサンプルだからです。

私は、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領といえば、韓国を「不倶戴天の敵」である北朝鮮に身売りしようとしている政治家であると考えています。実際、昨年5月に文氏が韓国大統領に当選して以来、韓国という国は、北朝鮮に呑まれて消滅する可能性が高まりつつあると思います。

ただ、経済評論家という立場から見ると、もう1つ、「雇用面で韓国を破壊しようとしている政治家である」、という側面もあると思います。というのも、文在寅氏は「最低賃金としての時給1万ウォン」を政権公約に掲げて来たからです。

1円≒10ウォンと考えれば、日本円に換算して、「最低時給1000円」ということです。これだと、もはや賃金水準は日本とほぼ変わりません。

その結果が、これです。

【社説】「私を逮捕しろ」という308万人の韓国小商工人の絶叫(2018年07月13日11時36分付 中央日報日本語版より)

これはいったいどういうことでしょうか?

不況期の最低賃金が仇に?

この記事は、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載された社説ですが、「小商工人連合会」や「全国コンビニ加盟店協会」が、最低賃金引き上げに従わず、「(違法だというのなら)私を逮捕しろ」などと叫ぶ経営者もいた、という話です。

中央日報によると、韓国語の「小商工人」とは、「製造業の場合は職員10人以下、サービス業は5人以下の会社の事業主」のことだそうですが、要するに日本でいう「中小零細企業」に近い概念だと考えて良いでしょう。

いわば、売上高が低すぎて、このままで最低賃金水準が引き上げられれば、従業員に対して最低賃金すら支払えないような状態となっている人たちのことでしょう。それにしても「私を逮捕しろ」とは、実に過激な発言だと思います。

あくまでも一般論として申し上げるならば、最低賃金を引き上げても、その国が好景気であれば、競合他社も同時にコストが上昇するため、価格転嫁は容易です。しかし、不景気であれば、競合他社が賃上げに踏み切らなかった場合、自社が賃上げをすれば、その分の価格転嫁は非常に難しくなります。

つまり、「正直者がバカを見る」という状態になるのですが、それだけではありません。むりやり最低賃金を上昇させれば、トータルとしての人件費を抑制するために、従業員の採用を絞るという企業が続出します。経済合理性で考えたら、そうなるのは当たり前です。

とくに新卒の若者の採用が抑え込まれれば、その分、経済全体の購買力も低下することになります。

金融政策が機能しない国

韓国とは、経済学でいうところの、典型的な「オープン経済」モデルが成り立つ国です。本来であれば、不景気に陥った場合には、中央銀行が金利を引き下げ、市場にマネー(韓国ウォン)を供給しなければなりません。

ところが、韓国の場合、金利を下げたり、量的緩和を行ったりすると、非常に困った現象が発生します。それは、外資の逃避(キャピタル・フライト)です。とくに、『【準保存版】韓国の外貨準備統計のウソと通貨スワップ』でも指摘したとおり、どうも韓国は外貨準備統計などでかなりのウソをついているようなのです。

【準保存版】韓国の外貨準備統計のウソと通貨スワップ

韓国銀行が量的緩和を行えば、市中に韓国ウォンの供給量が増えるため、韓国ウォンの価値が下落しはじめます。そうなれば、需給の都合上、韓国ウォンは外貨(とくに米ドルや日本円)に対して下落し、韓国の銀行や企業にとっては、外貨で借り入れている負債の負担が上昇します。

このため、どんなに失業率が高まったとしても、現在の韓国は、「金融政策によって雇用を拡大する」という、先進国であればできるはずの金融政策を採用することが、非常に難しいのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



お手並み拝見と行きたいところだが…

さて、本件については、何といっても私たちと関係のない隣国の話です。このため、本来であれば、基本的には隣国がどうなろうが、日本は日本で自分の国の経済、雇用のことを考えていれば済む話ですが、これがそうもいかない事情があります。

というのも、現在、韓国から日本へは、「観光目的」だといえば、ビザなしで簡単に渡航できてしまいます。韓国人の「観光目的」での入国の最長滞在可能期間は90日であり、これだけの期間があれば、観光ビザで日本に入国し、日本で就職活動をする、といったことができてしまいます。

要するに、隣国の雇用が失われれば、その分、わが国に大挙して求職者が押し寄せる、ということです。

もちろん、韓国人のすべてが反日主義者ではありませんし、大多数の韓国人は日本にやってきても、日本の法律を守り、良き住人として過ごすはずです(少なくとも私はそう信じています)。また、優秀な人材が結果的に日本で働いてくれるならば、それはそれで日本社会にとってはハッピーです。

しかし、なし崩し的に大量の外国人が日本にやって来ることを、日本社会としては受け入れられるのでしょうか?また、やって来る人材のすべてが「良き住人」となる意思を持っているという保証はあるのでしょうか?

私は、隣国の雇用政策に日本が口を挟む権利などないと思います。しかし、それと同時に、文在寅政権が本格的に「棄民」を始めると、大挙して韓国人が日本に押し寄せる可能性があるという点については、我々としてももっと関心を持つべき点でしょう。

文在寅政権は北朝鮮と仲良しであり、近い将来、「赤化統一」が実現してしまった場合には、どのみち、たくさんの韓国人が日本に逃げてくると考えて良いでしょう。その意味でも、韓国人に対する観光ビザ免除プログラムを現在のままで置いておいて良いのか、国民レベルでの議論が必要ではないでしょうか?

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (1コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (9コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (1コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (8コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)
  • 2018/06/21 00:00 【雑感オピニオン
    ブログの社会的役割と経済
  • 2018/06/20 17:15 【時事|国内政治
    【夕刊】パフォーマンス政治家を許すな! (1コメント)
  • 2018/06/20 10:40 【マスメディア論|時事
    【昼刊】米朝会談に「中国ファクター」・福島氏の秀逸な論考
  • 2018/06/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「折込チラシ」という新聞業界の経営基盤が崩壊する! (4コメント)
  • 2018/06/20 00:00 【雑感オピニオン
    記事評:説得力のない「筋論の日本、量の中国」という単純比較 (1コメント)
  • 2018/06/19 17:05 【時事|国内政治
    【夕刊】米朝首脳会談の結果、安倍政権支持率が上昇した理由 (4コメント)
  • 2018/06/19 11:00 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】民間団体調査で日韓好感度逆転の衝撃
  • 2018/06/19 07:00 【マスメディア論|雑感オピニオン
    ビジネスマンが読み解く「リテラシー」の重要性 (8コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。