河野太郎外相がチャーター機で米国を訪問したことで、4000万円近くもの国民の血税が使われました。もちろん、そうせざるを得ない事情を作ったのは立憲民主党をはじめとする野党であり、本来、彼らこそがそのおカネを負担すべきだと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

有権者よ、コスト意識を持て!

新卒サラリーマン1人分の家賃収入を失う

当ウェブサイトではこれまで数回、この話題を取り上げました。

首相外遊に野党反対=河野氏発言を注意-衆院議運委(2018/07/06-18:04付 時事通信より)

これは、河野太郎外相が今月3日に都内の講演会で、「野党の要求で国会に出席したため、海外出張に数千万円のチャーター機を利用せざるを得なかった」「税金の無駄遣いだ」などと述べたことを、野党側が大きく問題視している、というものです。

これに関する話題については、当ウェブサイトでは以下の記事などでも触れたとおり、河野大臣を国会に何時間も拘束しているのは野党の側であり、問題視されるとしたら発言した河野氏ではなく、野党の方ではないかと思います。

【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する

真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ

こうした中、この話題に「続報」が出て来たようです。立憲民主党の逢坂誠二衆議院議員の質問主意書に対し、政府が昨日(13日)、河野外相が6月の訪米時に使ったチャーター機の費用が約3800万円だったとする答弁書を閣議決定したそうです。

外相訪米のチャーター機は「3800万円」 政府が答弁書(2018/7/13 12:15付 日本経済新聞電子版より)
河野太郎外相訪米、チャーター機に3800万円支出 政府が答弁書(2018.7.13 13:14付 産経ニュースより)

報道によれば、チャーター機に支払われた金額は、3828万7910円です。3800万円といえば、地方によっては十分に豪邸が建つ金額ですし、私(新宿会計士)が居住する新宿界隈でも、ワンルームマンションが2部屋は買える値段です。

新宿のワンルームマンションの家賃相場は月額8~10万円ていどですが、仮に月額10万円のマンションを2軒持っていたら、それだけで毎月20万円の収入が得られます。減価償却費や修繕積立金、税金などを控除しても、所得水準は新卒のサラリーマンの手取り収入とたいして変わりません。

議員1人あたりの実損害額は?

このように考えていくと、心の底から腹が立ちますね。

もちろん、安倍晋三内閣総理大臣を筆頭に、麻生副総理兼財相、河野外相などの国務大臣が国会に拘束され、その間、国務を行う時間が取られること自体、日本の国益を大きく損ねています。その意味で、立憲民主党をはじめとする野党がもたらしている実損害は、3800万円では済まないでしょう。

ただ、こうやって「野党のせいで国民の血税から余分な支出が行われた具体的な金額」を突きつけられれば、いかに鈍感な人であっても、「野党議員こそが国民の敵ではないか」と、薄々感じるのではないでしょうか?

以前、『国会議員の1人当たり給料をねちねち計算してみた』でも指摘したとおり、国会議員を1人雇うことで、少なくとも1.1億円の血税が使われます(ただし、日本共産党に関しては政党助成金を受け取っていないため、金額は少し変わります)。

国会議員の1人当たり給料をねちねち計算してみた

立憲民主党や国民民主党を含めた野党議員に対しても、議員1人あたり、少なく見積もっても1.1億円という巨額の経費が国民の血税から支出されているのですから、非常にやりきれない思いがするのは私だけではないでしょう。

これに加えて、立憲民主党をはじめとする野党の皆さんが、国務大臣を国会に拘束していることで生じている巨額の損失を考えるならば、結果的に1人あたり1.1億円では済まないコスト負担を国民に強いているのです。

私たち有権者は、こうした「コスト意識」を持つことが必要ではないかと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



民主主義のコスト

明治維新は明治天皇による「民主主義宣言」

ただ、私は「政府・与党の邪魔を一切しないために、野党を禁止してしまえば良い」、などと申し上げるつもりはありません。民主主義とはそもそもコストが掛かる仕組みです。1人あたり1億円以上のコストを掛けてでも国会を運営することは、民主主義のためには必要なことです。

もし、「国会の議論にコストが掛かる」のが嫌であれば、中国のように、一党独裁制度を設けるべきでしょう。実際、中国の場合、全人代は法形式上は「国会」なのかもしれませんが、事実上、議論は行われません。ゴム印を押すだけの集会です。

しかし、中国式の独裁体制は、日本にはなじまないでしょう。なぜなら、日本は1890年に第1回目の帝国議会が招集されて以来、すでに130年近い民主主義の歴史があるからです。

もちろん、150年前の明治維新直後から、現在の形の民主主義が行われたわけではありません。最初の選挙は制限付きでしたし、大正年間に実現したのは「男子普通選挙」であって、女性に参政権はありませんでした。

しかし、明治天皇が「五箇条の御誓文」の第一条で「廣ク會議ヲ興シ萬機公論ニ決スベシ」(広く会議を興し、すべてを公論で決めるべし)と明らかにされたとおり、明治維新とはそもそもが「日本が民主主義国家を目指す」という宣言にほかなりません。

実際、大日本帝国憲法でも、法律を定めるためには帝国議会の賛成を得る必要がありましたし(大日本帝国憲法第37条)、天皇が非常事態に勅令を発したとしても、議会の賛同がなければ効力を失う(大日本帝国憲法第8条第1項・第2項)とする規定もありました。

第37条 凡テ法律ハ帝国議会ノ協賛ヲ経ルヲ要ス

第8条第1項 天皇ハ公共ノ安全ヲ保持シ又ハ其ノ災厄ヲ避クル為緊急ノ必要ニ由リ帝国議会閉会ノ場合ニ於テ法律ニ代ルヘキ勅令ヲ発ス

第8条第2項 此ノ勅令ハ次ノ会期ニ於テ帝国議会ニ提出スヘシ若議会ニ於テ承諾セサルトキハ政府ハ将来ニ向テ其ノ効力ヲ失フコトヲ公布スヘシ

よく日本は「戦前は天皇独裁だった」とウソをつく人もいますが、大日本帝国憲法の原文を読めば、「天皇が主権者として、すべてを思い通りに決めている」という仕組みにはなっていないことなど明らかです。

その意味で、現代の中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席、北朝鮮の独裁者・金正恩(きん・しょうおん)のような独裁者は、日本にはなじまない存在なのです。

選挙とは「よりマシな候補者を選ぶ仕組み」

ただ、日本の民主主義の歴史が長いことは事実ですが、それが完璧に機能しているとはいえません。

よく誤解している人がいるのですが、「自分の選挙区に自分と同じ意見の候補者がいないから、投票に行かない」、「自分1人が投票したところで絶対に世の中を変えられるわけなどないから、投票に行かない」、という考え方が、その典型例でしょう。

実際、昨年10月の衆議院議員総選挙の前に、私も選挙関連の記事をいくつか執筆したのですが、そこに寄せられたコメントの中にも、「選挙を棄権すべきだ」などとする意見がいくつか混じっていたことには衝撃を受けました。

しかし、日本がたとえ民主主義国であるとはいえ、基本的には国民が意見を表明する手段は選挙しかありません。選挙を棄権してしまえば、意見を表明する機会というものは絶対にないのです。いわば、「日本の将来はどうなっても良い」と白紙委任しているのとまったく同じことでしょう。

私は、選挙とは「自分の理想の候補者を選ぶための仕組み」ではないと思います。もっといえば、選挙とは、「よりマシな候補者を選ぶ仕組み」にほかなりません。たった1回や2回の選挙で世の中は変わりません。何回も選挙を行うことで、「一番酷い候補者」を少しずつ排除していく努力が必要です。

また、「自分1人が投票しなくても世の中は変わらない」とする考え方も大きく間違っています。正しく言えば、あなたが選挙権を持っているくせに投票をしないということで、結果的に世の中は確実に悪くなるのです。

たとえば、自民党も日本共産党も公明党も、組織票が強いことで知られます。投票率が下げれば、組織票に強い政党が有利になるといわれていますが、組織票に強い政党にとっては投票率を下げることがインセンティブとして働きやすい、ということです(別に自民党がそうだとは申しませんが…)。

また、絶対的に強い政党が1つ存在していれば、たとえ最初はマトモな政策を打ち出していたとしても、やがては腐敗します。かつての自民党が田中派を中心に腐敗して行ったことを思い出すまでもありませんが、やはり、カウンターとしての野党の存在は必要です。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



国民民主党に投票するのか?

その意味で、一番わかりやすい事例は、国民民主党でしょう。あくまでも私自身の主観ですが、国民民主党は立憲民主党や日本共産党と並ぶ「国民の敵」であり、「政党ロンダリング」を繰り返した成れの果ての政党であって、さっさとなくなってほしい政党の1つです。

ただ、それと同時に、仮に自分の選挙区で、立候補している候補者が2人しかおらず、片方が国民民主党、片方が日本共産党の候補者だったとしたら、私は躊躇せず、国民民主党の候補者に1票を投じるでしょう。

私が国民民主党を「国民の敵」と罵っているくせに、なぜ国民民主党の候補者に投票すると申し上げているのかといえば、それは、「日本共産党や立憲民主党と比べて、よりマシだから」です。結局、いかなる国であっても、政府、政治家がその国の「民度」を超越することはできません。

日本のように急速にインターネットが普及している国の場合、インターネット空間を通じた政治論争が盛んになっていますが、それでも、以前として偏向報道、フェイク・ニュースだらけのマス・メディアの報道を信じる人も多いですし、当面、どうしようもない野党が出現することは避けられません。

もし私が1日だけ独裁者になり、国会議員を好きなだけクビにして良いと言われれば、謝蓮舫(しゃ・れんほう、日本名=村田蓮舫)議員や山尾志桜里議員、小西洋之、辻元清美議員、志位和夫議員らをクビにすると思います。

しかし、実際にはそんなこと、できっこありません。やはり、謝蓮舫氏や辻元清美氏のような人々を支持する有権者は、一定数は存在しているからであり、これらの議員を1人残らず落選させることは非常に困難なのです。

ただ、私が申し上げたいのは、それでも民主主義を進めなければならない、ということであり、結局は日本国民一人ひとりが賢くなることでしか、日本を良くしていくことはできない、ということです。

そのことを、私は今後も当ウェブサイトを通じて、強く呼びかけていきたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/10/21 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国を」追いつめる事になる韓国最高裁の徴用工判決 (10コメント)
  • 2018/10/21 05:00 【RMB|金融
    パンダ債と日中スワップ、そしてとても残念な読者コメント (8コメント)
  • 2018/10/20 08:00 【時事|国内政治
    議員としての地位が一番 立憲民主党に相応しい今井雅人議員 (8コメント)
  • 2018/10/20 05:00 【マスメディア論
    ネット対マスコミ:「結論ありき」で議論する朝日新聞 (13コメント)
  • 2018/10/19 12:00 【時事|外交
    価値と利益の外交:「マネージすらできなくなった日韓関係」 (6コメント)
  • 2018/10/19 08:00 【経済全般|金融
    軽減税率の特権を受ける朝日新聞社に消費税を論じる資格なし (4コメント)
  • 2018/10/19 05:00 【時事|外交
    文在寅に追い打ち掛けた安倍晋三、そして外交官の外交知らず (9コメント)
  • 2018/10/18 15:00 【雑感オピニオン
    神戸から鎌倉の快適な移動 「秋の鎌倉をお楽しみください」 (8コメント)
  • 2018/10/18 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    韓国発の通貨危機?米財務省を「死神」とおそれる中央日報 (15コメント)
  • 2018/10/18 05:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞を「最も信頼できない新聞」と呼ぶ日本国民の良識 (5コメント)
  • 2018/10/17 11:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    文在寅フランス訪問は大失敗 南北鉄道という新たな「火種」 (7コメント)
  • 2018/10/17 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国への仏罰?自業自得?韓国に対する特別扱いをやめる日米 (9コメント)
  • 2018/10/17 05:00 【経済全般|金融
    読者コメントへの反論:色々と根本から誤解していませんか? (12コメント)
  • 2018/10/16 11:45 【時事|経済全般
    「人手不足倒産」のナンセンス:給料を上げれば済む話です (11コメント)
  • 2018/10/16 05:00 【時事|経済全般
    決算書から見える、NHKの呆れた実態 NHKこそ国民の敵 (10コメント)
  • 2018/10/15 13:30 【時事|経済全般
    ラオスダム事故巡るハンギョレ報道が事実ならば、許されない (11コメント)
  • 2018/10/15 10:45 【時事|韓国崩壊
    「普通の関係」に戸惑う韓国:観艦式で将軍旗、日本に逆ギレ (14コメント)
  • 2018/10/15 08:00 【韓国崩壊|金融
    米国は金融面で韓国を締め上げることができる (6コメント)
  • 2018/10/15 05:00 【韓国崩壊|外交
    「鳩山政権が5年続いたら」?フランスで無知を晒した文在寅 (6コメント)
  • 2018/10/14 12:15 【時事|経済全般|国内政治
    消費増税と国民の敵・財務省 「増税決断」は改憲と引き換え? (23コメント)
  • 2018/10/14 05:00 【国内政治
    国民民主は「沈む船」?今こそ「政治家の使命」に向き合え (10コメント)
  • 2018/10/13 08:00 【マスメディア論
    アクセス急増御礼:ウェブビジネスの現況と「まとめサイト」 (9コメント)
  • 2018/10/13 05:00 【RMB|金融
    怪しい通貨・人民元の下落が意味するもの:窮地に陥る中国 (9コメント)
  • 2018/10/12 13:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動と観艦式の振り返り「全世界に恥をさらした韓国」 (10コメント)
  • 2018/10/12 08:00 【マスメディア論|外交
    「ポンペオ氏が韓国に激怒」報道の続報 知的格闘の楽しさ (10コメント)
  • 2018/10/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動 7ヵ国が韓国の要請無視、ボイコットは5ヵ国? (16コメント)
  • 2018/10/11 14:45 【マスメディア論|時事
    「麻生追放運動」の怪 なぜ枝野代表に文句を言わないのか? (3コメント)
  • 2018/10/11 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    「ポンペオ氏が韓国に激怒」報道を読んでも驚かないわけ (9コメント)
  • 2018/10/11 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    安倍総理「未来志向の日韓関係」発言の真意と「毒まんじゅう」 (6コメント)
  • 2018/10/10 10:45 【マスメディア論|時事
    加計理事長の会見受けた朝日の社説 説明になっていない (5コメント)
  • 2018/10/10 08:00 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    米国の利上げと新興国不安 中国と韓国に危機は波及するのか? (7コメント)
  • 2018/10/10 05:00 【時事|韓国崩壊
    英語メディア報道「南北朝鮮が結託して日本と敵対」と読める (8コメント)
  • 2018/10/09 15:00 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    朝日新聞こそ自身の報道姿勢を後世に恥じよ (7コメント)
  • 2018/10/09 10:00 【時事|国内政治
    大串博志議員「疑惑は続く」、貴方が証明すれば済む話では? (3コメント)
  • 2018/10/09 05:00 【政治
    関係を積極的に破壊する韓国政府と「マネージ」の本当の意味 (5コメント)
  • 2018/10/08 14:04 【時事|韓国崩壊|外交
    日韓共同宣言から20周年の節目に合わせたような徴用工訴訟 (13コメント)
  • 2018/10/08 05:00 【時事|国内政治
    加計学園「問題」を蒸し返す「国民の敵A」をやっつけよう! (12コメント)
  • 2018/10/07 10:00 【外交
    ビジネスマンが読み解く外交:人間関係の延長で理解すべし (7コメント)
  • 2018/10/07 05:00 【マスメディア論|時事|外交
    期待に値する岩屋毅防衛相と、旭日旗騒動を無視するマスコミ (15コメント)
  • 2018/10/06 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    旭日旗騒動は日本外交の勝利だが、マネージするにも限界あり (37コメント)
  • 2018/10/05 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛隊の韓国の観艦式不参加通告は韓国外交の自滅? (21コメント)
  • 2018/10/05 14:10 【時事|韓国崩壊
    続・旭日旗騒動 韓国は自我と信頼のどっちを失いたいですか? (11コメント)
  • 2018/10/05 12:10 【時事|金融
    次の「通貨危機予備軍」・インドネシア経済をレビューする (3コメント)
  • 2018/10/05 05:00 【経済全般|金融
    臨時国会を前に、財務省「国の借金論」のウソをまとめてみる (11コメント)
  • 2018/10/04 12:15 【日韓スワップ|金融
    今日も韓国メディアに「通貨スワップ」、いいかげんしつこい (16コメント)
  • 2018/10/04 08:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    朝日新聞社説批判 国民の敵を楽しくやっつける方法とは? (9コメント)
  • 2018/10/04 05:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動を巡り、韓国は国際社会の信頼を失い自滅に向かう (12コメント)
  • 2018/10/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    ポンペオ訪朝は米国の北朝鮮に対する優先度が低下した証拠 (5コメント)
  • 2018/10/03 05:00 【時事|国内政治
    マスコミ・野党「みんな!もりかけ国会、始まるよ~!」 (3コメント)
  • 2018/10/02 13:00 【時事|国内政治
    第4次安倍内閣・改造内閣の発足と「史上最長政権」の可能性 (6コメント)
  • 2018/10/02 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    目的を履き違えた韓国 ノーベル症と旭日旗騒動は病理の象徴 (17コメント)
  • 2018/10/02 05:00 【マスメディア論|時事|経済全般
    軽減税率の優遇受ける朝日新聞社に消費税を議論する資格なし (3コメント)
  • 2018/10/01 13:00 【時事|国内政治
    沖縄県知事選、敗因をしっかり受け止め「次に備える」べき (11コメント)
  • 2018/10/01 09:00 【時事|国内政治
    まとめサイト捏造記事「旭日旗自粛するわけねーだろバーカ」 (6コメント)
  • 2018/10/01 05:00 【時事|国内政治
    立憲民主党が台風中に党大会とは「責任感があまりに欠如」? (12コメント)
  • 2018/09/30 10:00 【経済全般
    若者の結婚式離れも当然だが、「北海道方式」なら負担も軽い (11コメント)
  • 2018/09/30 05:00 【日韓スワップ|金融
    韓国とアルゼンチン、隣に日本があるのとないのとでは大違い (13コメント)
  • 2018/09/29 05:00 【時事|国内政治
    「国民の敵」立憲民主党と朝日新聞の主張の真逆こそが正解 (13コメント)
  • 2018/09/28 16:15 【時事|外交
    旭日旗騒動の顛末としつこく続く韓国からのいわれなき攻撃 (17コメント)
  • 2018/09/28 12:15 【日韓スワップ|金融
    米利上げと「日中3兆円スワップ」を恨めしげに眺める韓国 (6コメント)
  • 2018/09/28 05:00 【マスメディア論|経済全般
    インターネット広告がテレビ局を倒産させる…のかもしれない (3コメント)
  • 2018/09/27 11:15 【時事|韓国崩壊
    韓国海軍、旭日旗が憎いあまりに各国にケンカを売り、自滅へ (13コメント)
  • 2018/09/27 10:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本外交よ賢くあれ!慰安婦合意破棄という動きへの賢い対処 (15コメント)
  • 2018/09/27 05:00 【経済全般|金融
    日本は財政危機ではない!数字で議論する日本経済と資金循環 (11コメント)
  • 2018/09/26 14:00 【時事|国内政治
    菅官房長官のパチンコ換金規制は歓迎するが、優先順位誤るな (11コメント)
  • 2018/09/26 10:15 【時事|外交
    脱忖度:日米から孤立する韓国と新たな日韓関係構築に向けて (3コメント)
  • 2018/09/26 05:00 【時事|国内政治
    過ちは繰り返す:民主党政権を総括しない立憲民主とマスコミ (3コメント)
  • 2018/09/25 13:30 【マスメディア論|時事
    嫌韓ブログの傾向と対策:一概に悪いと言えないが節度は大事 (14コメント)
  • 2018/09/25 05:00 【国内政治
    マスコミさんお疲れ!内閣支持率は「もりかけ」前水準に戻る (8コメント)
  • 2018/09/24 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選、石破氏の「得票45%」を巡る別の解釈 (11コメント)
  • 2018/09/23 05:00 【政治
    ラオスのダム事故巡る事実誤認記事の続報も事実誤認だらけ (47コメント)
  • 2018/09/22 05:00 【マスメディア論
    スパム・コメントは言論の敵!今後は削除基準を厳格に運用します (15コメント)
  • 2018/09/21 05:00 【国内政治
    マスコミ、卑劣なり 石破氏に猛烈な追い上げを許した背景 (16コメント)
  • 2018/09/20 14:22 【時事
    【速報】安倍晋三総理大臣、553対254で総裁選を制する (5コメント)
  • 2018/09/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    あれれ?トランプ大統領が南北首脳会談の結果を大絶賛中! (4コメント)
  • 2018/09/20 05:00 【政治
    外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁 (5コメント)
  • 2018/09/19 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】あまりに予想通りだった南北首脳会談 (6コメント)
  • 2018/09/19 10:00 【マスメディア論|時事
    ついに主要メディア調査で軒並み支持率が不支持率を上回った (1コメント)
  • 2018/09/19 05:00 【国内政治
    しんぶん赤旗と「日本国民の敵」・日本共産党 (7コメント)
  • 2018/09/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領がこの時期に平壌を訪問したことの対価 (12コメント)
  • 2018/09/18 05:00 【マスメディア論
    ホームレスが朝日新聞を愛読?「国民の敵」としてのマスコミ (7コメント)
  • 2018/09/17 05:00 【国内政治
    最近の読者投稿などから、「議論することの大切さ」を考える (11コメント)
  • 2018/09/16 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選でもマスコミ偏向報道が影響しているのは確実 (12コメント)
  • 2018/09/15 05:00 【時事|経済全般|外交
    「ステンレス条鋼WTO提訴」は日韓関係を根底から変える? (20コメント)
  • 2018/09/14 12:00 【マスメディア論|時事
    「いけがmetoo」運動を招いたテレビ業界の驕り、高ぶり (15コメント)
  • 2018/09/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓は隣り合っているが、「他人」であって「兄弟」ではない (5コメント)
  • 2018/09/13 16:45 【時事|国内政治
    石破さん、今さらですが「次につながる負け方」模索しては? (6コメント)
  • 2018/09/13 10:00 【政治
    「安倍3選」控えた朝日新聞の不気味な沈黙と内閣支持率 (2コメント)
  • 2018/09/13 05:00 【政治
    中国が日本に擦り寄って来た!その真意とわが国の取るべき対応 (11コメント)
  • 2018/09/12 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領にはコミュニケーション能力がないのか? (10コメント)
  • 2018/09/12 05:00 【マスメディア論
    「体操選手のパワハラ疑惑」を公共電波で延々報じる無意味さ (3コメント)
  • 2018/09/11 14:30 【時事|外交
    「安倍総理が金正恩に対話呼びかけ」。これをどう読むべきか (1コメント)
  • 2018/09/11 05:00 【韓国崩壊
    相次ぐ「コリア・パッシング」の兆候は日本正常化の証拠か? (1コメント)
  • 2018/09/10 10:30 【時事|韓国崩壊
    「震度ゼロ」での崩落が相次ぐ韓国社会の病理と嫌韓ブログ (9コメント)
  • 2018/09/10 05:00 【マスメディア論|時事
    「noindexタグ」事件の朝日新聞は明らかに国民の敵 (8コメント)
  • 2018/09/09 05:00 【マスメディア論|時事
    「報道ヘリを撃墜せよ」?北海道地震で見えた「国民の敵」 (12コメント)
  • 2018/09/08 05:00 【経済全般
    北海道と関西の大災害を機に、公共事業悪玉論を検証してみる (10コメント)
  • 2018/09/07 16:00 【時事|国内政治
    マスコミさん、カツカレー食べた石破氏を批判しないのですか? (2コメント)
  • 2018/09/07 12:15 【時事|国内政治
    改めて強調する、「立憲民主党・吉田統彦疑惑」の怪しさ (2コメント)
  • 2018/09/07 10:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2018年9月版、大幅な確率修正 (2コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。