マイク・ポンペオ米国務長官が昨日、東京を訪れて日米韓3ヵ国首脳会談を行いました。これについて、米メディアのウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に興味深い分析記事があったので、私見を交えながら、これをどう読むかについて解説したいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

続・ポンペオ長官訪日

米国に対して北朝鮮がキレる

マイク・ポンペオ米国務長官が金曜日から土曜日にかけて北朝鮮を訪問し、土曜日の深夜、日本にやってきたという話題については、昨日も『日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい』のなかで詳しく触れました。

ポンペオ長官と北朝鮮の金英哲(きん・えいてつ)との間でいかなる議論が行われたのかについては、正直、報道発表がほとんどなされていないため、よくわかりません。ただ、昨日になって出てきた北朝鮮の反応を見ると、だいたいどんな内容が議論されたのか、想像がつきます。

非核化まで制裁とポンペオ長官、「ギャングのような」要求と北朝鮮(2018年7月8日 12:16付 ロイターより)

ロイターによると、ポンペオ長官は日曜日、東京で日米韓3ヵ国外相会談に臨み、その後の共同記者会見で、「完全な非核化の実現まで北朝鮮への制裁を続ける方針を強調した」のだそうです。ただ、北朝鮮側はポンペオ氏訪朝直後に、次のような声明を出したとしています。

「(米国から北朝鮮に対し)一方的でギャングのような非核化要求(を突きつけられた)」「非核化への我々の意思が、揺らぎかねない危険な局面に直面することになった」

いわば、米国に対して北朝鮮がキレた格好ですが、要するに、米朝高官級協議の内容は、北朝鮮にとっては非常に厳しい内容だったという可能性が高いでしょう。北朝鮮は、正論で詰められれば発狂するという特徴がありますが、これはまさに、ポンペオ長官が北朝鮮の非核化を巡り、一歩も譲らなかった証拠です。

日本のマス・メディアのインチキ記事

この短い記事を読むだけでも、朝日新聞を初めとする日本のマス・メディアが、6月12日の米朝首脳会談以降、いかにインチキな記事を流し続けていたかという証拠になると思います。なかでも6月27日の朝日新聞の社説などは、その典型例です。

(社説)ミサイル防衛 陸上イージスは再考を(2018年6月27日05時00分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

朝日新聞は、日本が山口県などに配備を予定している陸上イージス(いわゆるイージス・アショア)を巡り、「米朝両国は対話ムードに入り、緊張は緩和される方向になった」などと決めつけ、「北朝鮮の脅威は低下している」から「配備を見直せ」などと、むちゃくちゃなことを主張しています。

朝日新聞はこの6月27日付の社説を、今のところは撤回していないようですが、こうした手前勝手なインチキ社説を、「言ったら言いっ放し」というのも、いい加減、うんざりします。これで「クオリティ・ペーパー」を自称するとは、厚かまし過ぎるのではないでしょうか?

ただし、朝日新聞にも優れたジャーナリストは所属しています。たとえば、朝鮮半島問題などをめぐっては、『【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは?』などでも触れたとおり、朝日新聞ソウル支局長の牧野愛博氏がスクープ記事を連発しているのです。

この点については、いちおう、朝日新聞の名誉のために、付言しておきたいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



WSJ記事に見る日米韓関係

米WSJ、「国務長官は楽観論」と報道

さて、私自身が北朝鮮問題を巡り、真っ先に参照するのは、とくにウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)などの米メディアです。WSJは日米韓3ヵ国外相会談後に、東京発で次のような解説記事を掲載しています。

Pompeo Maintains Optimism on Nuclear Talks With North Korea(米国夏時間2018/07/08(日) 03:51付=日本時間2018/07/08(日) 16:51付 WSJより)

リンク先記事にはでかでかとポンペオ長官と安倍晋三総理大臣の写真が掲載されていて、これだけでも「北朝鮮核問題の影の主役は日本」ということが強烈に印象付けられていますが、WSJはポンペオ長官が北朝鮮の報道発表を否定し、「交渉は進展している」と述べた、としています。

今回の同氏の訪朝は3回目ですが、WSJが報じたポンペオ氏の発言によれば、今回、ポンペオ氏が会ったのは金英哲のみであり、北朝鮮の独裁者である金正恩(きん・しょうおん)への表敬訪問はなかったとしています。

一方、記事の中で重要なくだりは、「米朝両国の非核化に向けた取り組みは、先月の米朝首脳会談以降、停滞している(Cooperation between the two sides has stalled since President Donald Trump met Mr. Kim in Singapore last month)」とする指摘です。

しかも、米朝首脳会談で北朝鮮の非核化が合意されたにも関わらず、衛星写真によれば、北朝鮮が核施設の増強などを行っていることが確認されているなどとしており、このあたりは朝日新聞を初めとする日本のマス・メディアが無視している重要なポイントだといえます。

(※余談ですが、私がなぜ、わざわざ無理して英語のメディアであるWSJやWPを読んでいるのかといえば、日本のマス・メディアの報道だと、「報道しない自由」を駆使して、このあたりの事実を歪めて伝えているからにほかなりません。)

影で高まる日本の存在感

さて、なぜ私がわざわざ、WSJの記事を紹介したのかといえば、記事の後半部分で、日本の安倍総理や河野太郎外相などの発言が紹介されているからです。

言うまでもありませんが、朝鮮半島非核化議論において、日本国内には「日本は蚊帳の外だ」とする意見が蔓延しています。とくに昨日も紹介しましたが、元外交官の天木直人氏や元経産官僚の古賀茂明氏の発言からは、あたかも日本が交渉から完全に除外されているかの印象を抱きます。

しかし、WSJは記事のなかで、わざわざ次のとおり、安倍晋三総理大臣がいかにこの問題で強い存在感を示しているかを示唆しています。

Japanese Prime Minister Shinzo Abe greeted Mr. Pompeo at his office in Tokyo and said he looked forward to an update on the status of negotiations.(日本の安倍晋三総理大臣はポンペオ氏を東京の官邸に迎え、非核化交渉の進展を期待していると述べた。)

Mr. Abe has called for the international community to maintain a hard line on North Korea, although Japan has had a less visible role in the process than others in the neighborhood, including South Korea and China.(日本は南朝鮮や中国などを含めた周辺国と比べると、朝鮮半島の非核化において果している、目に見える役割は少ないが、安倍氏は国際社会に対し、北朝鮮に対する強硬姿勢を維持するよう呼びかけている。)

この “less visible role” 、つまり「目に見える役割の少なさ」という表現に、全てが尽くされています。日本のマス・メディアや自称有識者らが「日本は蚊帳の外」と述べているのは、こうした表面的な部分のみに着目しているからであり、そこに、少なくともWSJのような複眼的な視点はありません。

WSJはまた、今回のポンペオ氏の訪日に先立ち、ジェームズ・マティス米国防長官も先月、東京を訪れたという事実を引用。彼らの訪問目的については、北朝鮮の核放棄を巡る日本側の懸念にも配慮したものだとして、次のように述べています。

The U.S. visits have aimed to assuage anxiety that Japanese interests may be sidelined as a result of Washington’s efforts to push North Korea to abandon its nuclear and missiles programs.(両長官の相次ぐ訪日は、米国政府が北朝鮮に核・ミサイル開発を放棄させることにかまけて、日本の国益を疎かにする行為であるとの懸念を鎮めることにある。)

また、ポンペオ氏自身がツイッターに “#DPRK” というハッシュタグで投稿し(※DPRKとは北朝鮮のこと)、河野太郎外相との会談で「北朝鮮に最大限の圧力を維持する」との日本政府の方針について議論したとも述べています。

いわば、北朝鮮に対する強硬姿勢が、米国ではなく、日本が主導しているものであることを見せつけた格好です。

日本と対照的に、能天気な韓国

WSJは米国のメディアのなかでも、とくに保守系の論壇の視点を代弁しているような役割があります。したがって、WSJの報道ぶりを眺めていくと、米国政府内の「空気」のようなものを、何となく感じ取ることができます。

WSJは韓国について、大統領府報道官が「北朝鮮の非核化については楽観視している」としつつ、「シンガポールでの米朝首脳会談を受けて、金委員長(※)とトランプ大統領は相互に信頼を構築した」などと述べた、と淡々と報じています(※「金委員長」(Chairman Kim)とは金正恩のこと)。

つまり、日米韓の3ヵ国の中で、明らかに韓国が能天気であることが、記事からも浮かび上がる、という仕組みですね。ちなみに康京和(こう・きょうわ)韓国外交部長官(外相に相当)の発言については、ヒトコトも引用されていません。

韓国が独り負け、北朝鮮の前言撤回

もっときついことを申し上げるなら、一連の米朝対話における最大の犠牲者は、実は、韓国です。

米国は韓国との主要な合同軍事演習を中止しましたが、これを巡ってWSJは、北朝鮮側から土曜日、こんな見解が出て来たと述べます。

Pyongyang played down the U.S. concession on Saturday, saying that the exercises could resume at any time, while the U.S. demand that it destroy military facilities would be impossible to reverse if Washington retreated from its commitments.(北朝鮮側は土曜日、米韓軍事演習は中止しただけに過ぎず、いつでも再開できるという性質であると指摘。米国が北朝鮮に要求している核武装の解除は、たとえ米国がコミットメントを撤回しても、実現してしまったら再開できないとして批判した。)

要するに、シンガポールでの「非核化宣言」を、公式に否定した格好でもありますが、本当はこちらの方がはるかに大きなニュースではないでしょうか?

それはともかくとして、米国側は、実は米朝首脳会談の前後で、北朝鮮に対する経済制裁をまったく緩和していません。また、経済制裁が緩和されるとしても、それは核武装の完全な解除が実現することが条件だとする姿勢を崩していません。

つまり、米国が1ヵ所だけ北朝鮮に譲歩したのが米韓合同軍事演習の中止であり、いわば、韓国の「独り負け」状態にあります。

それだけではありません。韓国政府高官、なかでも文正仁(ぶん・せいじん)大統領補佐官は6月11日に日本経済新聞社が主催したフォーラムで、「(南北)平和協定締結の暁には在韓米軍は撤退すべきだ」と述べているほどです。

韓国の文補佐官、平和協定後の米軍の必要性に改めて疑念(2018/6/11 18:47付 日本経済新聞電子版より)

今すぐ米韓軍事同盟が消滅すると見るのは早計ですが、このままで行くと、米韓両国の同盟関係は「円満離婚」に向かうと予想せざるを得ないのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



中国ファクターはこれから本格化へ

さて、冒頭で紹介したとおり、北朝鮮はポンペオ長官に対してキレました。ただ、見方を変えると、これはポンペオ長官が北朝鮮に対して一歩も譲らなかった証拠であり、「北朝鮮が米国に届かない核ミサイルを保有することを米国が容認する」、といった懸念は、とりあえず回避されたと見てよいでしょう。

問題は、北朝鮮の非核化プロセスを進めるに当たって、妨害して来る勢力が出現する、という点にあります。具体的に言えば、その国は、中国と韓国です。

このうち、韓国の方が北朝鮮の非核化を「圧力ではなく対話により解決すべきだ」と主張し、日米両国を呆れ返らせていることについては、指摘するまでもありません。しかし、より深刻な問題があるとすれば、中国が公然と国連安保理決議に違反して北朝鮮支援に乗り出す可能性です。

いや、もっと懸念されることがあります。それは、中国が米国との「貿易戦争」を繰り広げるうえで、北朝鮮を「交渉カード」として使うことです。場合によっては、中国が北朝鮮に対し、半ば公然と、金正恩王朝の存続を支援することも考えられます。

昨年の今ごろであれば、米国が北朝鮮の非核化のために、限定的な空爆に踏み切るのではないかとの観測もありました。実際、中国側も中国共産党の機関紙である『環球時報』(英語版)が、「(米国が)北朝鮮の先制攻撃に反撃するなら、中国は中立を維持する」と述べていたほどです。

しかし、トランプ政権が仕掛けた「貿易戦争」により、この構図は完全に変わったと見て良いでしょう。少なくとも、北朝鮮が米国の「版図」に入ることを、中国が容認するとは思えませんし、もし米国が北朝鮮を懐柔しようとするならば、全力で妨害して来るであろうことは間違いありません。

したがって、私は、「北朝鮮の非核化」を巡っては、かなりの長期戦を覚悟すべきだと考えています。しかし、それと同時に、長期戦の過程で中国が音を上げれば、意外と早く、北朝鮮問題が「手打ち」になる可能性もあると見ています。

具体的には、米中(+日露)が朝鮮半島の新秩序構築で合意さえすれば、金正恩はスイスあたりに亡命し、北朝鮮の金正恩体制は平和裏に解体されるからです。ただし、その場合に韓国はどうなるのか、北朝鮮の領土はどうなるのか、などについて、少し複雑な思考実験が必要です。

そこで、近日中に『大好評・「朝鮮半島の将来シナリオ」2018年6月版』のアップデートを試みたいと思います。どうかお楽しみに!

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (2コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (2コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。