本日からいよいよ7月です。当ウェブサイトも開設から2年が経過しますが、この節目において、少し「原点」を振り返っておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでの振り返り

今年も半分が経過しました:PV数についての御礼

本当に早いもので、2018年も半分が過ぎました。今日から7月です。今年の折り返し点というタイミングでもありますので、私自身がこのウェブサイトを運用する際の目的や読者のみなさまへのお願いなどについて、改めて申し上げておきたいと思います。

今年に入り、当ウェブサイトでは、少し短めの記事を毎日2本以上更新する、というスタイルに変更しました(といっても、1日1本の日もありますが…)。昨年までは、当ウェブサイトの記事は1日1本、テーマを決めてじっくりと執筆していたのですが、これだと1つの記事が長すぎるという欠点が出ます。

しかし、現在のスタイルに変更したことで、1つの記事がそれほど冗長にならず、また、さまざまなテーマに触れるため、読者の皆様にとっては「タイトルを眺めて、興味があるテーマだけ読む」、といった形の読み方もできるようになったと思います。

実際、年初に現在のスタイルに変更してからは、狙いどおり、アクセス件数が増加しています。変動はあるものの、ページビュー(PV)ベースで見ると、最近では多い月で20万件近くに達することもあります。本当にありがたい限りです。

やはり、1つの記事は簡潔明瞭に執筆し、かつ、さまざまなテーマに触れるというのが良いのかもしれません。

読者のご意見について:批判・反論大歓迎

ただ、当ウェブサイトへのアクセスが増えていることは確かにそのとおりですが、頂くコメントに目を通すと、当ウェブサイトの主張に、無条件に賛同するコメントばかりではありません。というよりも、無条件に賛同するコメントの方が少ないと思います。

私が常々申し上げているとおり、当ウェブサイトの記事は、「新宿会計士が高度な知見を読者に教えてやる」、というものではありません。当ウェブサイトは単なる「触媒」に過ぎません。読者が知的好奇心を刺激され、新たな着想が湧くことを狙っているのです。

実際、当ウェブサイトに寄せて下さるコメントのなかで、一番多いケースは、元記事にはない知見、着想が含まれたコメントです。私は「金融規制・経済の専門家」を名乗っていますが、別に政治家でも官僚でもジャーナリストでも大学教授でもありません。

このようなコメントが多いこと自体、私の執筆する記事が「完璧な記事」ではなく、穴だらけであるという証拠でもありますが、それと同時に、「単なる触媒」という役割を果たすという意味では、まったく狙いどおりでもあります。

いや、そもそも論ですが、インターネット上であれば、誰でも気軽にオピニオン・サイトを開設することができます。当ウェブサイトが「何となく成功」しているのを見て、「じゃあ自分も似たようなサイトを作ってやれ」、とばかりに、同様のオピニオン・サイトを開設する人が続出すれば、これも私の狙いどおりです。

健全な民主主義には、健全な議論が必要です。当ウェブサイトは「議論するサイト」となることを目指していますが、それと同時に、日本に健全な民主主義、議論する風土が根付くのであれば、最終的には当ウェブサイトが消滅しても良いと思っているのです。

いずれにせよ、読者の皆様におかれましては、当ウェブサイトの記事を読み、思ったことがあれば、どうぞご自由にコメントをお寄せください。

転載自由について

ところで、当ウェブサイトは私が経営する会社のホームページを開設しているのと同じレンタルサーバ上に開設しています。そして、当ウェブサイトには広告が設置されていますが、これはレンタルサーバ代や通信費を賄うことを目的としていて、当ウェブサイト自体を「本業にする」というつもりはありません。

このため、商業利用ではない限り、当ウェブサイトの内容は丸々転載して頂いて構いませんし、転載した場合に当ウェブサイトの許可を取っていただく必要すらありません。実際、某大手オピニオン・サイトや某匿名掲示板、個人ブログなどにも、当ウェブサイトの内容がそのまま転載されているようです。

某大手オピニオン・サイトの場合は、転載開始前に先方からメールで「転載許可」の依頼が来ましたが、某匿名掲示板や個人ブログなどの場合は、そのような依頼すら来ません。しかし、当ウェブサイトの場合は、出所さえ示して頂ければ、極端な話、私が知らないところで勝手に転載されても問題ありません。

ただし、転載に当たってはいくつかの「NG」も設けていますが、そのうちの1つは「商業利用」です。たとえば、当ウェブサイトの内容を、無断で商業出版することは控えて欲しいと思いますし、また、無断でインターネット上の「有料コンテンツ」「会員限定コンテンツ」などに転用することもやめて欲しいと思います。

その理由は簡単。当ウェブサイトは「インターネットにつながるのであれば誰でも無料で閲覧できる」、という点を売りにしているからです。しかし、商業利用となると、この「誰でも無料で」という要件が充足できなくなります。

もし、商業利用なさりたいのであれば(あるいは原稿執筆依頼をなさりたいのであれば)、当ウェブサイトのコンタクト先にメールを下さい。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



「マスゴミ」論

「マスゴミ」の不祥事、ずいぶんとありましたね

さて、2018年も半ばが過ぎましたが、そのなかでもとくにテーマとして多かったのは「マスゴミ論」です。

この「マスゴミ」とは、あくまでも私の理解によれば、もともとは「ゴミのような情報ばかり流すマス・メディア(とくに新聞・テレビ)」に対する、一般の人々の怒りを込めたネット・スラングです。しかし、この「マスゴミ」という用語は、いまやすっかり人口に膾炙しているように思えます。

いや、もともと、「マスゴミ」という用語には、「ゴミのような情報ばかりを流す」というメッセージが込められていたと思いますが、最近では取材手法が強引である、という意味でも、一般の日本国民からは厳しい批判の目が向けられています。

この1週間あまりの間だけでも、『【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる?』、『【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」』、『読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞』、『【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる』などの記事で、メディアの不祥事を取り上げました。

この中でも特に印象に残ったのは、朝日新聞長岡支局に勤務する伊丹和弘記者がエロ広告に引っかかった話と、共同通信大阪支局の力丸将之記者が震災遺族に強引な取材をして一般国民から強い批判を浴びた話です。

エロ広告の伊丹和弘記者

まず、伊丹和弘記者のツイートについて振り返っておきましょう。

産経さん、記事中に出る広告は少し選んでほしい。 → 評価委算定、謙信の愛刀「山鳥毛」5億円超す価値 瀬戸内市、購入資金調達へ https://www.sankei.com/region/news/180622/rgn1806220049-n1.html2018/06/22 19:54付 ツイッターより

これは、朝日新聞長岡支局に務める伊丹和弘記者が、産経ニュースの記事を読んでいて、非常に下品で卑猥な広告が表示されたと怒っている、というツイートです。しかし、伊丹記者の端末に表示されたこの広告は、いわゆる「ターゲット広告」です。

グーグルによれば、「閲覧したウェブサイト、閲覧していたウェブサイトの情報、時間帯や大まかな現在地(国や都市など)」によって表示される内容が異なる広告であり、ということは、伊丹記者がそのようなサイトを閲覧していたからこそ、このように下品で卑猥な広告が表示された可能性が高いといえます。

ちなみに私自身が問題の産経ニュースの記事を閲覧したら、表示されたのは不動産の広告でしたし、ツイッター上で眺めている限り、他の方に表示された広告も、「海外青年協力隊」「1時間勤務を実現するためのPC」「Panasonicのひとり贅沢テレビ」といった、非常に健全なものばかりです。

もちろん、私自身、伊丹記者に対して「そういうウェブサイトを見るな」とまでは申し上げるつもりはありません。別に新聞記者といっても君子聖人ではありませんから、息抜きでそういうウェブサイトを閲覧するのも構わないと思います。

しかし、この伊丹記者、「エロ広告が表示されたのは産経新聞社のせいだ」と決めつけていて、いまだに謝罪していませんし、また、「会社(つまり朝日新聞社)から支給されているスマートフォンで閲覧した」などと言い訳を重ねている状況にあります。

つまり、会社から支給されたスマホでエロサイトを見て、その結果、エロ広告が表示され、それを「産経新聞社のせいだ」と決めつけて断罪しているのだとしたら、本当に見苦しい話です。伊丹氏が社会人としてマトモなら、まずは「産経新聞社さん、申し訳ございませんでした」と謝るのが筋ではないでしょうか?

こうした「社会人として当然にできることすらできない、やらない」のが、朝日新聞社の中の人たちなのだとすれば、本当にこの会社は腐り切っています。

やってはならないことをやった共同通信記者

人間である以上、誰しも失敗をすることはあります。そして、失敗をしたときに、素直に謝ることができるかどうかが、究極的な人間力の分かれ目になるように思えます。

ところが、マス・メディア産業関係者のなかには、「社会人として許されない」というレベルだけでなく、「人間として許されない」というレベルのことを平気で行っている記者らもたくさんいるようです。その典型例が、6月28日に共同通信に掲載された、この記事です。

【特集】犠牲者の生きた証し/記者が見た大阪北部地震(1)(2018/6/28 17:18付 共同通信より)

これは、今月18日に発生した大阪北部地震の模様を、「現地で取材に奔走した新人記者2人が赤裸々にリポートする」という記事ですが、大阪支局の力丸将之(25)記者が行った取材が、あまりにも鬼畜の所業であり、ツイッターなどで共同通信に対し厳しい批判が殺到している状況です。

記事を簡単に要約すると、地震で亡くなった男性の情報を取材するために、その男性が住んでいたマンションを1戸ずつ片っ端から訪ね歩く「ローラー作戦」を行い、理事につまみ出された、というものです。理事の対応は当たり前ですが、これに対する力丸記者の言い訳が酷すぎます。この記者は、

私たちは犠牲者の遺族の証言を取りに行くのが仕事。「申し訳なく思いますが、遺族の声や犠牲者の人となりを全国に伝えるのが私たちの仕事です」(と答えた)」

としていますが、一般の国民は、「犠牲者の遺族の証言」など求めていません。力丸将之君は25歳とまだ若いため、今から徹底的に叩き直せばまだ人間としての大事な部分を取り戻すことができるかもしれませんが、それだけ共同通信という会社が腐っている証拠でしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



マスゴミに対するカウンター

さて、私が当ウェブサイトを執筆し続けている理由については、『私が評論を始めたわけ』のなかで詳述しているとおり、2009年8月30日の衆議院議員総選挙で、麻生太郎総理大臣(当時)が率いる自民党が惨敗し、民主党が地滑り的な勝利を収めたことが、直接のきっかけです。

あのときは、本当に悔しく、もどかしい思いをしました。周りの人に一生懸命に伝えようとしても、「テレビがこう言っているから」、「新聞にこう書いてあるから」、という理由で、結局、民主党の地滑り的な圧勝を止めることができなかったからです。

もちろん、こんなウェブ評論を始めたとしても、新聞・テレビのような巨大な権力者が相手だと、ドンキホーテのごとく打ち砕かれてお終いである、と思うかもしれません。しかし、それと同時に、インターネットが日々、力を得ていること、読者1人1人の力は小さくとも、束になれば強い力となることは事実です。

当ウェブサイトも、「知的好奇心を刺激することで活発な議論を招く触媒となること」こそが、1つの大きな存在理由なのだと思います。

さて、今月21日で、当ウェブサイトは開設から丸2年が経過し、いよいよ3年目に突入します。さて、次の1年はどんなことがあるのでしょうか?

とくに外交面では、北朝鮮が米軍から攻撃される可能性、米中対立が激化する可能性、再び韓国が通貨危機に陥る可能性、台湾独立が実現する可能性など、本当にどうなるかわからないというのが実情でしょう。

方や日本国内においては、憲法第9条第2項の無効化に成功するのかどうか、消費増税の阻止と財務省の解体に成功するのかどうか、あるいは朝日新聞社の倒産、NHKの解体などの実現可能性など、いくらでも議論することがあります。

引き続き当ウェブサイトをご愛読下さると幸いです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (2コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (2コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。