日本政府・安倍政権は現在、2020年までに訪日観光客を4000万人にしようとする野心的な目標を掲げています。しかし、こうした目標に「落とし穴」はないのでしょうか?

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

訪日客4000万人目標

日本政府観光庁(JNTO)は毎月、訪日外国人の人数などの統計データを公表しています。少し前にニュースになっていたのでご存知の方も多いと思いますが、日本にやってくる外国人の人数は増え続けており、この傾向が続けば、今年の入国者数は3000万人の大台を超えることは間違いありません。

ただ、安倍政権は2020年までに訪日観光客4000万人という目標を掲げていますが、この目標については、達成できるかどうかは微妙です。いちおう、現在の増加ペースを維持すれば、辛うじて達成できるかどうか、といったところでしょう。

しかし、この観光統計を眺めていると、さまざまな問題が浮かび上がりますが、そのなかでも最大のものといえば、訪日外国人の過半がごく一部の国からやってきた人たちで占められていて、上位4ヵ国で訪日外国人の75%を占めている、という点にあります。

さらに、「訪日観光客4000万人」という目標が独り歩きすれば、素行が悪い外国人が日本に入国して来るという問題も発生します。

そこで本日は、JNTOのデータをさまざまな形で加工して紹介するとともに、「観光客4000万人目標」に穴がないのか、議論してみたいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



観光統計を読む「工夫」

観光統計を「月次」で見るのが良くない理由

ところで、観光統計については、2003年1月以降、現時点で2018年5月までのデータが入手可能です。ただ、これをグラフ化してみると、次のとおり、「増えている」ということはわかりますが、どうも毎月の変動が激しくて、比較は困難です(図表1)。

図表1 訪日旅客・単月データの累計値

 

(【出所】JNTOデータより著者作成)

日本は観光に適した季節と、そうでない季節があるためでしょうか。毎年5月、7月、10月に観光客が増え、2月には大きく減少する、という傾向があります。このため、「1月と2月を比較すると、外国人訪日旅客者数が減少する」、という現象が観測されるのです。

そこで、報道機関がよく使うテクニックは、「前年同月比でどれだけ増えたか(減ったか)」というデータ比較です。たとえば、グラフ横軸を「1月~12月」として、縦軸に訪日客の人数を取り、毎年の月次増減を見るやり方です(図表2)。

図表2 訪日旅客・単月データの各年比較

(【出所】JNTOデータより著者作成)

図表2の方が、図表1と比べて見やすい、と思う人は多いと思います。ただ、図表2のようなグラフにも欠点があります。それは、過去の全データを1枚のグラフに表示しようとすると、ごちゃごちゃして、何が何だかよくわからない、非常に見辛いグラフになってしまう、という問題点です(図表3)。

図表3 とてもわかりづらい、訪日旅客・単月データの各年比較(拡張版)

(【出所】JNTOデータより著者作成)

そこで、こうした問題を解決するために、私が思いついたのが、「その時点までの12ヵ月累計値」を表示する、というやり方です。

これは、たとえば2018年5月ならば「2017年6月~2018年5月までの12ヵ月間の累計値」、2018年4月ならば「2017年5月~2018年4月までの12ヵ月間の累計値」、といった具合に、常にその時点までの12ヵ月間累計値を示すものです。(図表4)。

図表4 訪日旅客・12ヵ月累計値の推移

(【出所】JNTOデータより著者作成)

いかがでしょうか?このような形式だと、観光統計も「連続したデータ」として眺めることができます。ただし、データの定義上、こうした比較の仕方にも欠点があります。訪日旅客の増減が見られた時の要因分析が、だいたい1年遅れとなります。

図表4の例でも、統計上、訪日旅客数が落ち込んでいるのは2009年9月(2008年9月のリーマン・ブラザーズの経営破綻から1年後)と、2012年2月(2011年3月の東日本大震災から11か月後)です。

しかし、「連続したデータとして見る」という意味では、私はこうした眺め方が気に入っているのです。

トレンドで見ると3年で倍増だが…

さて、前置きが長くなりましたが、現在手に入るデータを加工してみると、最新データから判明する「12ヵ月連続値」は、すでに2018年4月時点で3000万人の大台を超えました(図表5)。内訳は、中国人が26%、韓国人が25%、台湾人が16%、香港人が7%です(図表6

図表5 訪日旅客・12ヵ月連続値(国籍別内訳)

(【出所】JNTOデータより著者作成)

図表6 訪日旅客・12ヵ月連続値構成比率

(【出所】JNTOデータより著者作成)

(※ただし、2018年4月・5月のデータについては「速報値」であり、かつ、北米や欧州などについてはまだ人数が公表されていないため、直近2ヵ月の値については比率などが若干不正確であるという点についてはご了承ください。)

トレンドで見るならば、3年間でほぼ倍増した計算です(図表7)。

図表7 訪日旅客数・12ヵ月連続値の実数
集計期間 訪日旅客数の実数 備考
2008年11月~2009年10月 6,664,518 リーマン・ショックによる訪日客の減少
2011年3月~2012年2月 6,053,497 東日本大震災による訪日客の減少
2012年12月~2013年11月 10,189,092 年間訪日客1000万人突破
2014年5月~2015年4月 15,203,353 年間訪日客1500万人突破
2015年2月~2016年1月 20,370,911 年間訪日客2000万人突破
2016年5月~2017年4月 25,321,256 年間訪日客2500万人突破
2017年5月~2018年4月 30,094,362 年間訪日客3000万人突破

(【出所】JNTOデータより著者作成)

この増大は非常に大きいのですが、私はこれを手放しで喜んで良いとは思いません。なぜなら、訪日旅客数の急増は、中国と韓国でほぼ説明が付くからです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



中国人観光客の急増

中国人入国者800万人時代へ

まず、中国人の12ヵ月間入国者数については、一時的に100万人の大台を超えることはあったものの、2013年ごろまでは100万人台で推移していました。しかし、2013年ごろから増え始め、2016年1月には初めて500万人台を記録。

同年7月には600万人台、2017年10月には700万人台、さらに2018年5月には795万人に達しました。800万人の大台に乗せるのも時間の問題でしょう(図表8)。

図表8 中国人の訪日旅客数・12ヵ月累計値

(【出所】JNTOデータより著者作成)

もちろん、中国人観光客が増えること自体は、観光産業にとっては歓迎すべきことだ、という指摘があるのは事実でしょう。また、中国人の場合は、原則として観光ビザがなければ日本に入国することはできず(※ただし、例外はあります)、不法就労目的の入国者などは、ある程度は排除されます。

しかし、中国人入国者の入国者全体に占める比率は、観光統計が始まった2003年で9%程度だったものが、今や26~27%にまで上昇していることも事実です。そして、中国のことですから、何か気に入らないことがあれば、国内の観光産業に「命令」して、日本観光を「禁止」するかもしれません。

以前、『【夕刊】祝・レアアース発見!自前資源と脱中国を考える』のなかで、中国がレアアースの輸出を外交上の武器にしていたという事例を紹介しました。こうした「輸出品目の政治利用」をする国が中国でもあります。

さらに、お隣の国・韓国などは、高高度ミサイル防衛システム(THAAD)配備を巡って中韓関係が悪化した際、中国からの入国者数が急減し、韓国の観光産業が大打撃を受けた、という事件も生じています。

もともと、観光客が一定の国に偏り過ぎることは、非常に望ましくない事態ですが、「よりにもよって」中国人観光客の比率が上昇していることは、日本の観光産業にとっては手放しで喜んで良い話とはいえません。

中国人観光客の急増には良い面もある

ただし、中国人観光客の急増には、必ずしも悪い面ばかりとは限りません。実は、日本の安全保障にとって、根源的に「良い面」もあります。それは、中国共産党の「洗脳」が解ける、という効果です。

中国国内では、中国共産党の一党独裁が続いています。習近平(しゅう・きんぺい)国家主席に対する批判は許されませんし、日本の「パヨク」と呼ばれる皆さんが国会前でやっているのと同じようなデモ行進を天安門広場でやれば、ただちに秘密警察に捕まるか、戦車で踏み潰されるのが関の山でしょう。

そんな恐るべき「共産党一党独裁国家」のなかで、日本はどう見られているのでしょうか?

おそらく、中国共産党が一党独裁する正統性は「第二次世界大戦で日本に勝ったこと」にあります。もちろん、それが史実かどうかは関係ありません。中国共産党が人民に対し、そう教え込んでいて、人民がそれを信じている、ということが重要なのです。

しかし、少しだけ豊かになった中国から、年間800万人、いや、下手したら数年後には年間1千万人もの人々が、大挙して日本に押し寄せ、実際に自分の目で見、耳で聞いて、日本を感じた結果、何が起こるのでしょうか?

自由を満喫し、非常に高い民度を誇る日本社会を見て、日本に対する印象が良くなれば、本国に帰った後で、自分たちが受けている反日教育の異常さに気付くはずです。

日本旅行ができるほどの幸福な人は、10億人を超える中国の人口のうち、わずか数%に過ぎないかもしれません。しかし、そのほんの数%の人々が、自分が住む街で、職場で、学校で、日本の体験を共有していけば、その事はいずれ中国共産党の一党独裁を終わらせる原動力になるかもしれません。

いや、少なくとも中国人が「反日」でなくなれば、そのこと自体が日本の安全保障にとっても少なくない好影響を与えることになるでしょう。

当然、中国人観光客の急増は、不法就労、スパイ目的などでの入国をいかにして排除するか、マナーの悪い一部の観光客の啓蒙をどうするか、などの問題を伴います。しかし、こうした問題をうまくコントロールし、中国人観光客に「日本を好きになって帰ってもらう」ことができれば、日本の国益に寄与するはずです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



韓国人観光客の急増

韓国人も年間800万人近くが入国

一方で、中国と並んで、近年の入国者の「柱」となっているのが韓国です。

もともと、韓国人の年間入国者数は、統計開始以来、200万人前後で推移していたのですが、2014年なかば以降は急増し始め、2015年12月には400万人、2016年11月には500万人、2017年6月には600万人の大台に乗せ、2017年12月には700万人を突破しました(図表9)。

図表9 韓国人の訪日旅客数・12ヵ月累計値

(【出所】JNTOデータより著者作成)

2006年3月に、韓国人に対する観光ビザ免除プログラムが恒久措置化され、現在、韓国人はビザなしでも日本に気軽に入ってくることができ、しかも、最長90日(つまり約3ヵ月)は日本に滞在することができます。

しかし、人数が急増し始めたのは、2006年ではなく、2014年以降です。そして、2014年以降、韓国人の日本への入国者数が増加する一方であり、このペースで行けば、韓国人の日本入国者数も、今年前半には年間800万人の大台に乗せそうです。

韓国人と中国人の違い

では、韓国人入国者数が急増することで、日本にとっての「良い面」とは、いったい何でしょうか?

実は、中国と違い、韓国の場合は「共産党一党独裁」ではありませんし、報道の自由、言論の自由は(実態はともかく)形式上は保証されています。また、見た目は日本と同じ民主主義国家であり、韓国人が「日本に来て、日本の素晴らしさを感じる」という効果は、中国ほどは期待できません。

もちろん、観光ビザで日本にやってくる韓国人の圧倒的多数は、善良な旅行者であるはずです。日本滞在中は日本の法律を守り、日本で礼儀正しく過ごしているはずです(少なくとも私自身はそう信じています)。

しかし、彼らもノービザで日本にやってくることができる以上、あくまでも理屈の上では、不法就労目的、あるいは犯罪目的での入国者を防ぐことは困難です。実際、日本の寺社で仏像や宝物の類いを窃盗し、韓国に持ち帰って売り捌く犯罪者もいますし、靖国神社で爆弾テロ事件を発生させた者もいます。

さらには、最近だと日本と香港の税制の違いを悪用する形で、香港から金塊を密輸し、消費税分だけ儲ける、という違法ビジネスを手掛ける者が急増しているそうです。

しつこいようですが、日本に入国する韓国人の圧倒的多数は、善良な旅行者です。しかし、それと同時に、年間延べ800万人が入国する時代となれば、窃盗、殺人、性犯罪などの犯人が容易に日本にやって来る、という意味でもあります。

私は、韓国人に対するビザ免除プログラムを「やめろ」と申し上げるつもりはありません。しかし、滞在可能日数は、せめて90日ではなく、15日程度に短縮すべきではないかと思います。それに、滞在可能日数を短縮しても、多くの善良な韓国人観光客にとっては影響はほとんどありません。

是非、外務省には善処を求めたいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



難民申請問題

さて、日本への入国者数について言及するついでに、難民申請問題についても触れておく必要があると思います。

法務省のデータによると、2008年に1,599人だった難民申請件数は、2017年にはその12倍の19,628人に急増。これに対して認定件数は2008年の57件を別とすれば、例年多くて40件弱、少ない年でひとケタ台に留まっています(図表10)。

図表10 難民申請件数と難民認定件数

(【出所】法務省HP

もちろん、本当に保護を必要としている方が難民申請してきた場合、人道上その他の理由で、日本としては難民を受け入れなければなりません。

しかし、法務省によれば、実際にに国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が難民輩出国として示した上位5ヵ国(シリア、コロンビア、アフガニスタン、イラク、南スーダン)からの申請者は、2017年においてわずか36人に過ぎません。

そして、申請者の主な国籍は、フィリピン(約5千人)、ベトナム(約3千人)、スリランカ(約2千人)、インドネシア(約2千人)、ネパール(約1500人)、トルコ(約1千人)などとなっており、さまざまな状況証拠に照らし、その多くは経済目的での難民申請であろうと考えられます。

ところで、少し古い記事ですが、ロイターに気になる情報が出ています。

法務省、難民申請後6カ月での就労許可を廃止 在留の制限強化(2018年1月12日 17:11付 ロイターより)

これによると、日本では2010年3月から、「難民申請を行った6ヵ月後から認定手続きが完了するまでの間」、就労が認められるようになったのだそうです。難民申請件数がうなぎ上りに上昇した理由は、おそらく、この「難民申請後6ヵ月目から就労可能」という点にあったのではないでしょうか?

しかも、2010年3月といえば、政権を担っていたのは菅直人元首相です。民主党政権はさまざまな点でデタラメな行政が蔓延していましたが、この「難民就労6ヵ月ルール」も民主党政権の負の遺産といえるかもしれません。

ただ、安倍政権下でこの問題が放置されていたことは事実であり、さっさとこの制度を廃止していなかったからこそ、2014年以降、難民申請件数が急増したという事情もあるのではないでしょうか?

いずれにせよ、難民申請件数が急減するのかどうかについては、来年早々に公表されるであろう法務省のデータを見てみないとわからないのですが、私の仮説が正しければ、難民申請者は減少するものの、純粋な不法就労者は増えるのではないかと懸念しているのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (2コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (2コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。