本日2本目の記事は、普段と少しだけ趣向を変えて、ウェブサイトを運営していると悩まされる「コメント」や「スパム・コメント」の問題について雑感を綴っておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントとウェブ言論

改めまして:批判コメントについての説明

以前から、当ウェブサイトのコメント方針については、ときどき、ウェブサイト上でも説明して来ました。ただ、今週になり、当ウェブサイトに「批判的なコメントを放置していると殺伐とする」、といった趣旨のコメントを頂きました。そこで、本日は改めて、コメントについて、説明しておきたいと思います。

以前から申し上げているとおり、当ウェブサイトでは、いかなるコメントであっても、「記事の内容に沿っている限りは」、完全に自由にコメントして頂けることにしています。このため、極端な話を申し上げれば、当ウェブサイトの主張内容を正面から否定するようなコメントであっても問題ありません。

なぜ批判コメントを削除しないのかといえば、理由は簡単です。私は当ウェブサイトを通じて他人の批判をすることもあるからです。言論空間においては他人の主張を批判する自由が認められているからですが、言い換えれば、私自身が批判されることを甘受しなければならない、ということです。

逆に、「自分には他人を批判する自由はあるが、他人には自分を批判する自由がない」と考える人が、一部の「保守論客」の間にもいるようですが、これはフェアな態度とはいえません。言論空間にいる以上は、自由闊達な議論は自由な言論でしか成り立たないのです。

どの程度までなら許されるか?

ただし、「批判が許されるべきだ」といっても、批判して良いのは主張内容とその主張の背景にあることがらに限定されるべきであり、関係のない事項で攻撃することについては、極めて慎重であるべきでしょう。

もちろん、官僚、政治家、新聞記者、大企業の経営者など、社会的に大きな権力を持つ可能性がある人たちに対しては、その人たちの現在の主張内容だけでなく、その人たちがやってきたことを批判することは許されます。

たとえば、私が朝日新聞の記事を批判するときに、必ず「慰安婦問題を捏造した朝日新聞」という「枕詞」をつける理由は、朝日新聞という媒体に掲載される記事自体が大きな社会的影響力を持ちかねない一方で、朝日新聞がかつて何度も捏造記事を掲載したメディアであるという注意喚起のためにあります。

また、最近では「元外交官」「元経産官僚」「元検察官」などのキャリアを持つ評論家もいますが、「その人物がキャリア経験を前面に押し出すことで主張内容に説得力を持たせようとしている」のであれば、その人物のキャリア経験を含めて批判対象にすることは、ある意味で当然の話です。

しかし、「このYouTuberは高卒のくせに偉そうな主張をしている!」といった批判はいただけません。実際、「高卒だ」と公言している非常に有名な政治系YouTuberに対して、そのような批判を寄せている人物を見たことがあるのですが、これは一種の人格批判です。

中卒だろうが高卒だろうが大卒だろうが、その人の主張内容に説得力があれば良いのであり、逆に、「高卒だからこの人物に政治評論をする資格はない」などと批判すること自体、非常に低レベルであり、むしろ恥ずかしい行為だと思います。

なお、当ウェブサイトの場合は、次のコメントのように、私自身の人格に対する攻撃を行っても結構です。

私から見ますと、率直に申し上げてあなたはかなり人間的には未熟な方だな、という印象を持っております。上述しましたように、他人に対して極めて厳しくふるまっているあなたの姿と比較すると、偽善的と言っても良いほど異常な人間性を感じさせられます。」(※下線部は引用者による加工)

このコメントにある「異常な人間性」という表現にこそ、むしろ異常さを感じるのは、私だけではないと思います。しかし、月間20万件近いページビューを頂くようになったウェブサイトの運営者であれば、この程度の異常なコメントが発生しても、それはそれで甘受しなければなりません。

もちろん、私や他のコメント主様に対する聞くに堪えない罵詈雑言など、同じようなコメントを繰り返し投稿する場合には、途中から排除せざるを得なくなると思いますが、一度や二度であれば、この程度のコメントをいちいち削除するようなことはしません。

グレーなコメント

ただ、その一方で、最近になって、某匿名掲示板に湧くような「釣り師」的なコメントを付す人がいます。わかりやすく言えば、

日本は韓国の許しを請うために、今すぐ韓日スワップの締結を韓国に懇願しなければならない

といった具合に、当ウェブサイトの読者様からの批判的なコメントを「釣る」ような、一種の「愉快犯的コメント」です。

こうしたコメントについては、一時期、酷かったのですが、最近は少し落ち着いています。しかし、何か大きなイベントが発生した際には、当ウェブサイトへのアクセスも急増する傾向にあるのですが、そうしたときにこの手のコメントが発生することが多いような気がします。

当ウェブサイトは「読んで下さった方の知的好奇心を刺激する」目的のサイトであり、読者コメントも含めて、読者の皆様に知的格闘を楽しんで頂く、という趣旨です。上述の「明らかに低レベルな釣りコメント」は、こうした趣旨に正面から反しています。

ただ、いろいろ悩んだのですが、現時点の結論は決まっています。それは、

放置する

です。

某匿名掲示板でも「釣りコメント」に対しては「スルーを推奨」する、とされているようですが、当ウェブサイトでも、明らかにこの手の「釣りコメント」を見掛けた場合には、スルーして下さるのが正解だと思います(もちろん、反論コメントを寄せて頂いても良いのですが、おそらく「釣り師」は反応を楽しむ愉快犯です)。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



スパム・コメントとの戦い

削除するコメント

一方で、「発見次第、削除するコメント」というものもあります。これが、スパム・コメントです。

これは、一見すると当たり障りのない内容でありながら、実際には明らかに記事本文と関係のないコメントです。とくに多いのは英語、フランス語、スペイン語など、外国語のコメントですが、これらのコメントの目的は、リンクを踏ませて広告サイト、ウィルスサイト等に誘導することにあります。

こうしたコメントを放置しておくことは、読者の皆様にとっては危険でもあります。いちおう、当ウェブサイトでは「スパム判定ソフト」を導入していて、これらのスパム・コメントは皆様の目に触れないようにこっそり処理しているのですが、ごく稀に、スパム判定ソフトの目をかいくぐって承認されてしまうコメントもあります。

また、スパム判定ソフトの基準を厳しくすれば、普通のコメントが勝手に「スパム・コメント」と判定されて除外されてしまう、ということも、ときどき発生します。ごく稀に、コメントを入力したのに反映されていない、ということがあるとすれば、「スパム判定されている」という可能性を疑ってください。

ちなみに、この「スパム・コメント」問題については、意外な方法により、激減させることに成功しました。その簡単な方法とは、

中国、ロシア、ウクライナ、オランダの4ヵ国からのアクセスを遮断すること

です。これだけで、スパム・コメントの95%は排除できました(これホント!)。

リサ・ニート城や快便アドバイザーとの戦い

ところで、この「スパム・コメント」という問題は、一般のブログにも発生するようです。

私は2010年7月から2016年12月まで、大手ブログサイト「アメーバ・ブログ」でブログを執筆していました。この手の者たちのコメントは、かなり悪質です。というのも、次のように、記事本文と関係あるのかどうか、よくわからないコメントを打ちまくるからです。

季節の変化を感じる今日このごろです。俗にいうリア充というやつでしょうか、羨ましいです。今でも風で飛んでいきそうな私のブログですが、ご覧いただけると幸いです。(「リサ ~ニート城を買う~」からのスパム・コメント)

以前から読ませてもらってます!今日はコメントを残しますね。いろんな人のブログを見ていると、勉強になることがたくさんありますね!多分、私のブログは相当色濃く、私のキャラクターが出ています。。。良かったら見てね(^_^;)(ユーザー名「優香 ~ちょっとここだけの話~」からのスパム・コメント)

たまたま来たのでお邪魔します♪やっぱり他の人のブログはいろいろ面白いですヽ(´▽`)/お互い記事更新頑張りましょうね!!ヽ(*´∀`)ノ(ユーザー名「ゆり@女子大生」からのスパム・コメント)

魂のレベルアップを目指すブログ書いていますゆるです(〃∇〃)検索でヒットしたので来てみました(*^o^*)/~人の視点って色々違うので、様々なブログに出会うことって楽しいですよね♪(^人^)次回も来たいです~(「快便アドバイザー」からのスパム・コメント)

「リサ・ニート城を買う」というユーザー名も壮絶ですね。読み方は、「りさ・にーと・しろをかう」、でしょうか、それとも「りさ・にーとじょうをかう」、でしょうか?また、「快便アドバイザー」というユーザー名もインパクトだけは十分です。

今になって調べてみると、「リサ・ニート城を買う」は根絶されているようですが、「快便アドバイザー」はまだブログを持っているようです(ただし、どうせ大したことは書いていませんから、読む価値はありません)。

「アメーバブログ」や「はてなブログ」、「楽天ブログ」などでは、メールアドレスさえあれば、だれでも気軽にブログを始めることができます。しかし、こうした気軽さを悪用して、詐欺目的の個人や業者などがダミー・ブログを開設し、botなどでスパム・コメントを打ちまくっているのではないかと思います。

これらのスパム・コメントの目的は、「自分のブログサイトにアクセスさせてメルマガの購読登録を名目に個人アドレスを収拾する」、「自分のウェブサイトに張り付けた広告をクリックさせて儲ける」、などの手口などがあるようですが、関わるだけ無駄です。

非常に幸いなことに、今のところ、当ウェブサイトにはこれらのスパム・コメントは発生していません。しかし、仮に再び「快便アドバイザー」や「リサニート城」などからコメントが打ち込まれれば、それはそれでネタとしてあげつらってやるのが良いかもしれません。

スパム・コメントはコメントに非ず!

ところで、この手のスパム・コメントは、最近、ずいぶんと手が込んできました。たとえば、ウェブサイトを閲覧しただけでJavaScriptを使った仮想通貨のマイニングが始まるという悪質なものもありますが、これに感染すると、PCの動作が極端に遅くなるという被害が生じます。

スパム・コメントもここまで来ると、もはや「コメント」ではありません。「犯罪」です。スパム・コメントを残すこと自体が犯罪であり、コンピュータ・ウィルスと同様、ウェブ言論の世界の敵です。当ウェブサイトではこれらのスパム・コメントのブロック精度をさらに高めていきたいと思います。

しかし、どうしてもスパム判定ソフトの判定をすり抜け、残ってしまうスパム・コメントがあります。読者の皆様方も、いかにも怪しい英文だけのコメントを見掛けた場合、そのコメントのURLをクリックすることだけは控えてください。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

なお、当ウェブサイトの場合はwordpressで構築していて、グーグルの広告配信システムや追跡システムなどを利用していますが、「読者の皆様のPCを乗っ取って、不正にCPUを利用する」、といった悪質なプログラムは利用していませんので、ご安心ください。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (2コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (2コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。