やっぱり出て来ました。「北朝鮮が改革開放に踏み切れば、大規模な経済発展が見込める」、「だから日本は北朝鮮を敵視する政策をやめるべきだ」、という主張です。「日本蚊帳の外」理論の変形とでもいえば良いでしょうか?ただ、この手の主張をする人たちには、根本から欠落している視点がいくつかあります。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮支援論

「北朝鮮はアジア経済のフロンティア」

わが国には、不思議なことを主張する人がいます。6月12日に米朝首脳会談が行われましたが、その前後から、オールド・メディアを中心に、「朝鮮半島の非核化の議論は日本抜きで進んでしまっている!」といった、いわゆる「日本蚊帳の外」理論を唱える人が、ちらほら見受けられます。

それとともに、最近になって増えて来たのが、「北朝鮮経済発展論」あるいは「北朝鮮待望論」です。これは、「北朝鮮が改革開放に踏み切った場合、大きな投資ブームが発生し、大規模な経済発展が見込める」、とする主張です。

(余談ですが、この「日本蚊帳の外論」と「北朝鮮待望論」を唱える人たちは、論者が共通しているように思えるのですが、気のせいでしょうか?)

こうした「北朝鮮待望論」を、集英社の運営する『週プレNEWS』というウェブサイトに発見しました。

日本は準備をしているか? 北朝鮮がアジア経済の“フロンティア”になる可能性(2018/06/16付 週プレNEWSより)

記事を執筆したのは、経済産業省の元職員でもある古賀茂明氏です。古賀氏は

北朝鮮のGDPは日本円で1.8兆円(2016年)ほどにすぎないが、国民の教育水準は決して低くなく、約12万平方kmの国土に約2400万人の人口を抱えている。周辺に日本、韓国、中国東北地方、ロシア極東地域が広がることを考えれば、米朝和解で地政学上のリスクがなくなった後は、この国は“北東アジアの新しい経済フロンティア”となる。

と主張したうえで、「日本もこのチャンスを見逃すべきではない」と指摘。

これまでの圧力一辺倒の政策とは一線を画した、独自の経済協力の絵図を描くべきだ。

と提唱します。

古賀氏が具体的に提唱している構想を列挙すると、

  • 日本の新幹線を北朝鮮に供与・導入し、シベリア鉄道、さらに日韓海底トンネルで九州と連結すれば、日本から朝鮮半島を経由してヨーロッパにつながるという壮大なユーラシア横断鉄路が完成する
  • モンゴルで太陽発電した電力を日本に送る巨大な送電網=アジアスーパーグリッドの建設構想の主役になっても良い

といったものです(文章に一部、主語・目的語の関係が良くわからない下りも出て来ますが、ここではできるだけ原文に即して紹介しています)。

そのうえで古賀氏は

このままでは日本は交渉の糸口をつかめないまま、サイフ役としてその資金の供与だけを求められ、経済プロジェクトに関与できないということになりかねない。

とする懸念を示したうえで、

安倍総理は、メンツにこだわるのをやめて、平和の果実を日本にももたらすような戦略を真剣に考えてもらいたい

と結論付けています。

「復興需要440兆円を逃すな!」

私はこの週プレNEWSの記事を読んで、6月12日の米朝首脳会談の直前に、『ビジネスを知らない記者が「日本は蚊帳の外」と無知を晒す』のなかで紹介した、次の日刊ゲンダイ記事を思い出してしまいました。

逃す需要は440兆円 日本は北朝鮮復興ビジネスでも蚊帳の外(2018年6月7日付 日刊ゲンダイDIGITALより)

こちらの記事は、先ほどの週プレNEWSの記事よりもさらに踏み込んで、「北朝鮮復興需要は440兆円」という具体的な金額を提示しています。この記事の主張をヒトコトで要約しているのが、次の「元外交官の天木直人氏」の発言です。

安倍政権の北に対する敵視政策が完全に裏目に出ている。安倍政権が続く限り、北は日本の投資ビジネスなど認めるはずがない。戦後賠償を要求されて終わりですよ」(※ただし、以下の議論では、「元外交官の天木直人氏」が日刊ゲンダイが報じたとおりに発言したものと仮定します。)

先ほどの古賀茂明氏の主張も、この天木直人氏の主張と、部分的に重なるものがあります。とくに、「復興ビジネスなどに関与できないまま、アメリカから言われたとおりにカネだけ出してお終いとなる」、という懸念です。

2人とも、元官僚だけあって、国際交渉で日本が食い物にされ続けて来たという、霞ヶ関の無能さを肌で知っているからこそ、このような懸念を示されるのでしょう(もっとも、両者ともに、単に「無能な霞ヶ関の一員だった」というだけの話かもしれませんが…)。

それはともかく、仮に北朝鮮が経済を対外開放し、社会を近代化しようとすれば、莫大な投資需要が発生する、という点については、間違いないでしょう(北朝鮮の「復興需要」の金額が、本当に440兆円なのかどうかは存じ上げませんが…)。

自然に考えてみたら、北朝鮮の社会インフラ(道路、港湾、鉄道、電気、ガス、水道、ダムなど)の多くは、70年以上前の「日帝支配時代」に作られたものがそのまま利用されていると聞きます。これらの老朽化したインフラ施設の更新工事をするのにも、莫大な費用が必要になることは間違いありません。

さらに、2000万人前後が居住する北朝鮮の人民が、西側諸国並みの生活を送るようになるためには、「復旧する」だけでは足りません。通信網や携帯電話アンテナなどを北朝鮮全土に設置しなければなりませんし、空港、高速道路、高速鉄道などの設備も必要です。

このように考えていけば、「北朝鮮が莫大な金額を必要としている」であろうことは、ある意味で当たり前の話なのです。

投資と援助の違いがわからない人たち

古賀氏、天木氏ともに、霞ヶ関の元エリート官僚というお立場の方々です。こうした経歴をお持ちの方々が「北朝鮮の復興ビジネスに関わるためには、北朝鮮を敵視する政策をすぐにやめるべきだ」と主張しているということは、素人的に考えれば、「北朝鮮を敵視する外交方針は間違っている」と思うかもしれません。

しかし、そうした経歴をお持ちの方々であるがゆえに、あえて言葉を選ばずに申し上げます。

投資と援助の違いもわからないで、官僚をやっていたのか?

と。

まず、「援助」とは、その名のとおり、「おカネをあげること」です。形態としては、「有償援助」と「無償援助」があり、このうち「無償援助」は、おもに開発途上国などに対し、おカネを無償で渡してしまうような行為です(詳しくは外務省の『無償資金協力』のページなどをご参照ください)。

一方、「有償援助」はいずれおカネを返してもらう形態ですが、これも「利益を上げること」を目的としたものではありません。あくまでも支援対象国の負担とならないよう、金利や期間などで配慮を行った融資です(詳しくは外務省の『有償資金協力』のページなどをご参照ください)。

これに対して「投資」とは、リターンが得られることを前提とした行動です。たとえば、日本の民間企業(たとえばJR東海)などが、1兆円を投じて北朝鮮に新幹線を作ったとします。この1兆円は、「北朝鮮に差し上げたおカネ」ではありません。「投資したおカネ」です。

投資した以上は、投資主にとっては、この1兆円が将来、1兆円以上になって帰ってくる必要があります。たとえば、北朝鮮で新幹線事業を運営し、毎年2000億円の利益をもたらせば、1兆円の投資元本は5年間で返って来ますし、20年間運営すれば、利益は4兆円(つまり投資額の4倍)です。

当然、投資主にとってもカネは虎の子ですから、ちゃんと採算が取れるのか、何年で投資元本が回収できるのか、そもそも建設できるのか、あるいは災害はどうなっているのか、事故があった場合にはどうするか、など、事業の不確実性については厳しくチェックする必要があります。

それだけではありません。投資とは、「相手の国がきちんと約束を守る」ということを前提にしなければ成り立ちません。

北朝鮮のような国に投資する場合、重要なのは、法的な安定性です。北朝鮮は独裁国家であり、金正恩(きん・しょうおん)の意のままに、契約がひっくり返され、せっかく新幹線を建設したのに、それを取り上げられてしまっては意味がありません。

「民間企業が投資して開発した施設を外国政府が取り上げてしまうわけがない」とおっしゃる方は、「サハリンⅡ」で検索なさってください。「サハリンⅡ」はロシアの事例ですが、北朝鮮はロシアよりもさらに法的安定性が劣る国であるということを、知っておく必要があります。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



現状で北朝鮮支援はあり得ない

日本が北朝鮮に「投資」する条件

もちろん、私自身も日本が北朝鮮に「投資」する可能性については、一律に否定すべきだとは思いません。北朝鮮が日本人拉致問題で誠意ある解決を行い、核兵器や大量破壊兵器などを一切放棄し、日本に対する敵意を捨て去るならば、日本もそこから北朝鮮とどう付き合うかを考えれば良い話だと思います。

しかし、日本人拉致問題が一切解決していないにも関わらず、また、核・大量破壊兵器の放棄の道筋も見えていないなかで、日本が一方的に譲歩して経済制裁を解除すべきである、という主張には、説得力のカケラもありません。

もっといえば、「日本が北朝鮮に投資する」という条件は、「日朝が国交を樹立する」という条件と同じであり、ひとえに、北朝鮮の態度に係っています。

最初のハードルは、日本人拉致問題の完全解決と核・大量破壊兵器のCVID  1)CVIDとは、「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)のこと。  であり、それを北朝鮮が乗り越えられなければ、日本としては、現在のまま、国際社会を味方に付けつつ、「最大限の圧力」を加え続ければ良い話です。

一方、仮にこの最初のハードルを乗り越えたとしても、その後、北朝鮮が日本に敵対的な態度を取る可能性は、十分にあります。同一民族の国家・韓国のように、事後法・遡及法をバシバシ成立させるなど、日本に対して敵意を剥き出しにするようになれば、そんな国には危なくて投資などできません。

その意味では、単に北朝鮮が日本に対する敵意を捨てるだけでは不十分であり、「将来にわたって契約をしっかり守りますよ」、「日本企業から資産を取り上げたりしませんよ」、という意思を、私たち日本に対し、納得が行くように説明する義務があります。

北朝鮮が誠心誠意、日本に対してそれを説明したとしても、私たち日本から見て北朝鮮が信頼できるという確信が得られなければ、北朝鮮を無視すれば良いのです。説明する義務は日本にではなく、北朝鮮にこそあるのです。

このように考えていくならば、日本としては北朝鮮がどういう態度を取るかを静観すれば済む話であり、今、この段階で国交回復を急ぐべきでもなければ、下手な投資構想に乗っかるべきでもありません。また、韓国や中国が投資するなら、勝手にやらせれば良い話です。日本は1銭も出す必要はありません。

対日請求権200億ドルの怪

では、北朝鮮に対する「支援」については、どうでしょうか?

これについては、おもに韓国国内で、勝手に「北朝鮮が日本に対して200億ドル(約2兆円あまり)の対日請求権を行使する」との見方があるようです。次の記事が、その典型例です。

「対日請求権200億ドル、北朝鮮再建の『種銭』可能」(2018年06月14日09時01分付 中央日報日本語版より)

この記事について私は昨日、『【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意』のなかで、「こんなものは『分析』ではなく『妄想』だ」、と批判しましたが、この手の「日本が北朝鮮に戦後賠償を行うに違いない」といった見方を示す「自称有識者」が日本国内にも出現する可能性は十分にあります。

なお、この記事についても冷静にツッコミを入れておきます。まず、1945年8月時点において、朝鮮は日本領であり、交戦当事国ではありません。したがって、北朝鮮が日本に対して「請求権」を持っているという事実はありません。

それだけではありません。次のとおり、むしろ日本が北朝鮮に対して請求権を有しています。

  • 1945年8月に日本が敗戦し、朝鮮半島から撤収した際、朝鮮半島に残してきた莫大な財産、資産に対する請求権
  • 戦後、北朝鮮が日本人を対象に行った犯罪行為(日本人拉致事件、日本国内における各種テロ行為など)に対する請求権

日本が北朝鮮と国交正常化を行うならば、北朝鮮側が、これらの旧日本領時代のインフラ等に対する請求権、北朝鮮の日本に対する犯罪行為に対する損害賠償請求権などを清算する必要があります。

日朝関係、どう考えれば?

とはいえ、日本政府の現在の公式見解は、小泉純一郎元首相が2002年9月に訪朝した際に署名した『日朝平壌宣言』は、まだ生きている、とするものです。私に言わせれば、北朝鮮が約束を破って核・ミサイル開発を行った時点で、この宣言は無効にすべきだと思いますが、もどかしい点です。

また、北朝鮮に対し、「日本に損害賠償をしろ」と要求しても、北朝鮮側がこれに対応する能力がないことも事実です。もちろん、将来、日本が再軍備に成功した暁には、金正恩を逮捕し、金正恩の隠し口座から資金を没収することもできるかもしれません。

しかし、日本が反日野党と反日メディアの仕掛ける「もりかけ問題」に阻まれ、憲法改正に失敗し、再軍備ができなければ、北朝鮮に金正恩王朝が存続したまま、北朝鮮との何らかの「国交正常化交渉」をしなければならない、という可能性も否定はできません。

私自身の見解は、先ほど申し上げたとおり、「北朝鮮側が日本人拉致問題と大量破壊兵器のCVID問題で誠意を示すかどうか」を日本側が静観すれば良いだけだというものです。しかし、外務省のなかには残念ながら、「日朝国交正常化を優先すべきだ」とする勢力があること事実でしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



最後に勝つのは国民の声

ただし、北朝鮮との国交正常化交渉を巡っても、最後に勝つのは、外務省の小役人ではありません。日本の主人公である、私たち有権者の声です。何度も繰り返して恐縮ですが、日本人拉致問題と大量破壊兵器のCVID問題が片付かない間は、北朝鮮に対する「最大限の圧力」を緩めてはなりません。

「そんなことを続けたら、北朝鮮政府が倒れてしまう」?

もしそうだとしたら、現在の北朝鮮政府(というよりも金正恩体制)が崩壊してくれた方が、いっそのこと、何かとやりやすくなります。金正恩がクーデターで排除され、あるいは金正恩が亡命することで、金正恩体制が崩壊すれば、その後、おもむろに日本がその後継政府と交渉すれば良いのです。

私たち日本国民としては、日本政府がくれぐれも国を売り渡すことがないように、監視しなければなりません。当ウェブサイトも小規模ながら、民間人として、日本政府の行動を監視する場でありたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (2コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (2コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    注記   [ + ]

    1. CVIDとは、「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)のこと。