「米朝首脳会談が終わった直後に米中貿易戦争」。この2つの流れを結びつけるならば、ドナルド・J・トランプ米大統領が「北朝鮮核問題など取るに足らない問題だ」、「これからは米中対立の時代だ」と考えている証拠ではないかと思うのです。本日は、日経ビジネスオンラインに掲載された福島香織氏の論考をベースに、これについて触れるとともに、「優れたジャーナリスト」の社会的意義について再確認してみましょう。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

優れたジャーナリストの優れた論考

福島香織氏の待望の「チャイナ・ゴシップス」

これこそが優れたジャーナリストの仕事といえるのでしょう。中国問題に詳しいジャーナリストの福島香織氏が、日経ビジネスオンライン(NBO)に、こんな記事を寄稿されています。

米朝首脳会談の勝者は中国なのか(2018/06/20付 日経ビジネスオンラインより)

この記事は、福島氏の大人気コラム『中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス』の最新版です。読むためには日経IDを取得する必要がありますが、私はこのリンク先の記事について、「日経IDをわざわざ取得する」という面倒臭さを乗り越えてでも、読む価値があると保証します。

福島氏の主張内容の全文については、直接、NBOで読んで下さい。ここでは私の文責において、福島氏の主張の骨格を示しておきたいと思います(なお、福島氏の原文に倣い、次の要約では人名に敬称は付していません)。

  • 6月12日の米朝首脳会談ではトランプが金正恩に妥協し過ぎた、金正恩の一人勝ちだ、一番の勝者は習近平だ、といった評価が多いが、その理由は米朝共同声明にCVIDも非核化期限も入らなかったのに米国側が早々に米韓合同軍事演習の中止を決めたことなどだ
  • しかし準備期間2ヵ月の会談から得られる合意はこの程度のものでもあるし、そもそも北朝鮮の核兵器は米国にどれほどの脅威なのか。また、半島問題は米朝問題ではなく米中問題、米中のアジアにおける覇権争いである
  • BBCやシンガポールメディアは、米朝首脳会談が実現したことで、中国は不安に陥っている、といった見方を示しているが、中国自身が旧ソ連との関係を絶って米国に寝返った(ニクソンショック)ように、北朝鮮が中国との関係を絶って米国に寝返る可能性を懸念してもおかしくない
  • 金正恩が6年もの間、中国との距離を置きながら、いきなり今年の3月と5月に金正恩が中国にまで来て習近平との面会を求めたのは金正恩の米朝首脳会談に向けての駆け引きの一環にすぎず、本当に中朝が信頼関係を再構築できたとは考えにくい
  • 北朝鮮の基本外交は地政学的価値を利用して米中両大国を刺激して相互に牽制しあう均衡の中で自らの安全を模索するものであるが、昨年11月上旬の米中首脳会談は北朝鮮への圧力となり、ひょっとすると金正恩は習近平に背後から狙われることを恐れたのかもしれない
  • 現段階では、半島問題は決着したのではなく、大きな変化を控えての小休止に入っただけと考える方が納得がいくものであり、誰が(米朝首脳会談の)勝者か判断するには早すぎるが、世界の激しい変化の中で、日本の外交力も試されている

すべてに賛同するわけではないが…

米朝首脳会談終了後は、各メディアや論者は、米国、北朝鮮、韓国、日本などの行動に焦点を当てて、さまざまなことを議論していますが、よく思い出してみると、中国についての議論はどうも存在が目立ちません。中国はこの問題を巡り、「傍観者」「プレイヤー」などの役割をうまく使い分けているのかもしれません。

福島氏が中国問題の専門家であるという事情もありますが、確かに福島氏の論考では、「朝鮮半島問題における中国の存在」にしっかりと焦点が当てられています。これを読み、私自身も「中国ファクター」というものにそれほど注目していなかったと気付きました。これは私の大きな反省点だと思います。

ただし、論考のすべてに賛同するつもりはありません。それが、北朝鮮の核問題に対して、米国がどのような脅威を感じているかという点を論じた、次の下りです。

そもそも米国にとって北朝鮮の核兵器がどれほど脅威なのか。米国の本音で言えば、ICBM開発をやめさせるためのミサイル実験場の破壊で十分な成果かもしれない。これに、核弾頭の一つや二つを引き渡させれば、たとえすべての核施設を完全廃棄する前にトランプ政権が終わっても、当面は北朝鮮の核兵器の対米攻撃力を丸裸にできたという意味では、米国にとっての非核化はできた、と言えるかもしれない。

この点については、私は福島氏にまったく賛同しません。

米国が北朝鮮の核技術を叩き潰しておかねばならない理由は、「北朝鮮の核ミサイルが米国を狙うかもしれないから」、ではありません。北朝鮮の核技術が流出し、中東諸国(イランやイエメン、シリアなど)やテロリストの手に渡ることが、米国にとっての最大の脅威だからです。

それだけではありません。もし米国が「北朝鮮が米国まで届くICBMを開発しないことと引き換えに北朝鮮の核保有を認める」という判断を下したならば、今度は日本が核武装に踏み切る可能性がある、ということです。

米国が一番恐れているのは、「世界で唯一の被爆国」である日本が核武装することではないでしょうか?米国人は心の片隅で、生身の人間の上に原爆を投下したことが史上最悪の戦争犯罪であるという事実に気付いていて、日本から「復讐されること」を本心では恐れているのかもしれません。

米国が全力で北朝鮮の核、ミサイル、化学兵器のCVID  1)CVIDとは、「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)のこと。  を実現しなければならないのは、核拡散、日本が自主的に核武装することなどを防ぐため、という意味合いがあり、この点を福島氏は軽視し過ぎているように思えてならないのです。

もしかすると、トランプ氏自身は「北朝鮮の核なんて大した問題ではない」と軽く考えているのかもしれませんが、米国政府の実務家レベルがトランプ氏と同じように考えているとは思えません。とくに、ポンペオ、ボルトンの両氏は、核のCVIDを北朝鮮に突き付けるのではないでしょうか?

連綿と見ることの重要性

というわけで、私は今回の福島氏の論考について、100%支持するつもりはありません。とくに北朝鮮の核武装の下りについては、まったく同意できません。しかし、それ以外の個所に関していえば、非常にすっきりと説得力のある主張が展開されていると思います。

おそらく、トランプ氏は、本音では「米朝対立」などさっさと片付け、「米中対立」に国力を割こうと思っているのではないでしょうか?だからこそ、米朝首脳会談が終わった直後に、中国に対する巨額の関税を課すという貿易戦争を仕掛けたのではないでしょうか?

そもそも、こうした流れは、さまざまな断片的な情報を連綿と組み合わせて議論していく必要があります。福島氏はそれができる数少ないジャーナリストの1人だと思いますが、多くのジャーナリストやコメンテーターと称する人たちの議論を見ていると、どうも「断片的な情報を断定的に論じる」人が少なくありません。

一方、最近ではインターネットが普及したこともあり、私たち一般人が気軽に意見表明できるようになりつつあります。このこと自体は素晴らしいことですが、中には早とちりする人もいます。先日も『ビジネスマンが読み解く「リテラシー」の重要性』で紹介した、次の読売新聞の記事が、その典型例でしょう。

北非核化で首相「日本が費用負担するのは当然」(2018年06月16日 11時36分付 読売オンラインより)

リンク先の記事をきちんと読めば、安倍総理が「北朝鮮が国際原子力機関(IAEA)の核査察を受けるための費用を日本が負担する」と述べた、というものですが、記事のタイトルからは、「安倍総理が北朝鮮の非核化のための費用を負担すべきだと述べた」と読めてしまうかもしれません。

また、菅義偉(すが・よしひで)官房長官もこれに関連し、「北朝鮮の非核化で恩恵受ける国(=日本)が費用を負担するのは当然」と国会で発言していますが、これがうえの安倍総理の発言と並んで、某匿名掲示板や、その掲示板の議論を転載した「まとめサイト」などで、次のような批判を浴びています。

  • ミサイル飛ばされて拉致されて、税金使って北を支援するのは自然じゃなくて不自然でしょ?
  • 拉致って、国の主権たる国民を拐っていってるんだよ。/人質とって立て籠ってる奴にカネ払うなんて、『人命は地球より重い』といって、ハイジャック犯の言う通りにした時代から、何も変わっていない。
  • 在日が全額負担すれば丸く収まる♪

こうした安易な意見が一般人から出てくる大きな理由は、やはり、政治家の発言を「正しく」読み解く能力を持ったジャーナリストや記者らが、マス・メディア業界には根本的に欠落しているからだと思います(もちろん、安倍総理や菅長官の発言が不用意でないと申し上げるつもりもありませんが…)。

そもそも私自身が単なるビジネスマンに過ぎないのに、こんなウェブ評論を始めた理由は、福島氏のような優れたジャーナリストが少なすぎることに強い不満を抱いたからです。当ウェブサイトがこうした議論の一助になれば非常に嬉しいと思います。

(※なお、自分自身の仕事との兼ね合いもありますが、もし余裕があれば、近日中に「米中対立と朝鮮半島問題」について、私自身が思うところを議論したいと思います。)

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



オマケ:批判コメントについて

さて、当ウェブサイトは、「読んで下さった方の知的好奇心を刺激する」ことを目的に執筆している「独立系ビジネス評論サイト」ですが、そもそも運営者である「新宿会計士」自身はジャーナリストでも学者でも政治家でも外交官でもありません。

私は確かに法律、会計、税務、金融などの分野では専門知識を持っていますが、行政や外交、国会運営などに関しての裏交渉や裏事情などを知っているわけではなく、あくまでも一般の日本国民と同じ知識レベルであると考えていただいて結構です。

このため、当ウェブサイトの執筆スタンスは、「ウェブサイトの運営者が自分の知っている専門知識を何も知らない人に教えてやる」、というものではありません。あくまでも「対等な立場になって、一緒に考えていきましょう」、というレベルです。

また、私自身は1人で当ウェブサイトを執筆しているため、世の中で発生しているすべての話題を網羅することはできません。あくまでも当ウェブサイトは、「知的好奇心を刺激する場」としてご活用くださると幸いです。当然、読者コメントにつきましても、どうぞ思ったことを自由に書いてください。

別に当ウェブサイトの意見に賛同して頂く必要はまったくありません。批判コメントも大歓迎です。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ところで、ときどきコメント欄に、私自身が返信をしないことについて、「お叱り」のようなものが書き込まれるのです。99%のコメント主様にとってはわかり切った話かもしれませんが、これについてもきちんと申し上げておきます。

当ウェブサイトでは、記事の内容に沿っていれば、いかなるコメントでも自由です(※ただし、記事の内容に沿っていないコメント、一般個人・一般法人を誹謗中傷する書き込み、犯罪予告、性的、わいせつな書き込みなどについては、事後的に削除し、場合によっては警察に通報します)。

しかし、これらのコメントについては、私自身はできるだけ返信しません(ときどき返信することもありますが…)。なぜなら、読者コメント欄は読者のための場所だと私自身が認識しているからですし、また、下手に私自身が返信してしまうと、コメント欄がそこで止まってしまうこともあるからです。

また、他の読者の方々も、そのコメントを読んで、何か得るものがあればそれに反応するでしょうし、納得いかない意見であれば反論するか、反論する価値もなければ無視するか、といった対応を取るのではないかと思います。

しかし、ごくたまに、「コメント欄で疑問を呈されて、それに対する新宿会計士からの回答がない」という理由で、非常にお怒りになる方もいらっしゃるようですが、「いかなるコメントも自由」である以上は、せっかくの渾身の批判コメントも「スルーされてしまうリスク」を、コメント主様には負っていただく必要があります。

あえて実例は挙げませんが、最近、2~3週間に1回は変な「粘着コメント」を残す方が出現するようなので、一応の注意喚起とさせていただきます。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (2コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (2コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    注記   [ + ]

    1. CVIDとは、「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)のこと。