野党議員による一私立学校へのアポなしでの突撃という報道記事を見て感じたのですが、こうした見え透いたパフォーマンスを平気で行う野党議員や、野党議員のこうした行動を肯定的に報じてしまうテレビなどのマス・メディアの皆さんには、「一般国民がそれを見てどう思うか」という想像力が、決定的に足りていないように思えてなりません。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アポなし突撃の怪

何かと驚く報道が多い今日このごろですが、昨日、一番呆れたのは、この話題でした。

【加計学園問題】/野党が学園本部を訪問、公開質問状手渡し 理事長不在で面会できず(2018.5.30 11:30付 産経ニュースより)

憲法改正問題や北朝鮮核危機、さらには中国による海洋侵略など、内外に課題が山積しているなかで、立憲民主党、国民民主党の両党の国会議員が昨日、岡山市の加計学園本部を「アポなしで」突如、訪問し、理事長との面会を要求。さらには公開質問状を手渡したのだそうです。

いったい何をやっているのでしょうか、この人たちは。この手の下手なパフォーマンスを眺めていると、「仕事をしているふり」にしては度が過ぎています。

(※余談ですが、産経新聞も加計学園による獣医学部設立を「加計学園『問題』」と称しています。しかし、加計学園による獣医学部新設に違法性は一切なく、これを「問題」と呼ぶこと自体、本来は加計学園に対する名誉毀損です。いい加減、「加計学園『問題』」と称することは控えて欲しいものです。)

この「アポなし訪問」というのは、野党がよくやるテクニックです。例えば、複数のブログサイト等の指摘によれば、今年3月には、森友学園問題を巡り、複数の野党議員が近畿財務局をアポなしで訪問し、一部の議員は執務中の職員の写真をバシャバシャ撮ったという証言もあるようです。

つまり、野党議員のお仕事とは、アポなしで突撃し、わめいている姿をテレビカメラに映し、それを全国放送で流してもらうという、非常に簡単なお仕事なのです。こんな政治家が国民の血税から1億円を超える歳費等を受け取っていると考えたら、日本国民の1人として、大変納得のいかない思いがします。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



一般国民がどう思うのか?

社会の一般常識からかけ離れすぎている

冷静に考えてみましょう。

少しでも社会で働いた経験があれば、アポなしで訪問するということは、大変失礼である、とわかります。もちろん、一部の証券会社や不動産会社のように、いきなり個人宅や会社を訪問したり、電話を掛けたりする営業を展開している事例もありますが、これは非常に例外的です。

とくに法人対法人の業務の場合、営業するにしても打ち合わせをするにしても、多くの場合は、「何月何日、何時から御社にお伺いしてもよろしいでしょうか?」という具合に、アポイントを取ります。ましてや、理事長という組織のトップに会いたければ、なおさら、秘書を通してアポイントを取るはずです。

それなのに、立憲民主党の武内則男国対副委員長や国民民主党の今井雅人国対委員長代理らは、アポイントすら取らずに、岡山市の加計学園本部に押しかけ、いきなり理事長との面会を要求。理事長に会えなかったとして、職員に6月4日を回答期限とする公開質問状を手渡すとう無礼を働きました。

武内則男、今井雅人の両議員は、果たしてまともにどこかの会社なり、役所なりで働いた経歴をお持ちなのでしょうか?もし、そうした経歴があってこのような行為に及んでいるとしたら、自分たちで大変無礼なことをやっているとわかるはずです。

ただ、マス・メディアを引き連れてアポなしで押しかけたことに、何ら違和感を持っていないのだとしたら、武内則男、今井雅人の両議員は、まともな社会人経験すら持っていない、ということなのかもしれません。

いずれにせよ、国会議員とは国民の代表者であり、国政調査権を含め、絶大な権限を持っている人間でもあります。そのような人間が、たかが一私立学校に押しかけ、説明を求めるというのは、パワハラ以外の何物でもありません。

国会議員がその権力を悪用し、私立学校の業務を妨害しているのだとしたら、これはもはや、主権者、つまり私たち日本国民が、然るべき審判を下さなければならないのではないでしょうか?

マス・メディアも野党と同罪

ただ、この問題を巡っては、責められるべきは武内則男、今井雅人の両議員だけではありません。

両議員にくっついて取材をした、マス・メディア陣にも、大きな問題があります。普通の社会人であれば、「アポなし突撃」がきわめて非常識であるというセンスを持っているべきでしょう。しかし、「ニュースの題材」を撮るためだけに、こうしたアポなし突撃に付き合っているのだとしたら、マス・メディア関係者も同罪です。

思うに、マス・メディア、野党議員ともに、「現代社会にはインターネットが存在している」という事実を、軽視し過ぎています。普通の日本国民が野党議員のアポなし突撃を見たら、「アポなしで何をやってるの?」という反応をすることくらい、想像がつくはずです。

しかし、そういう想像すら働かないということは、野党議員もマス・メディア産業関係者も、いずれも一般国民のセンスからは、相当にかけ離れてしまっている、という可能性があります。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



やるところまでやれば良い

何が待っているのか?

ただ、私自身は、この一般国民のセンスから著しく逸脱した野党議員やマス・メディアの行為については、「彼らがやりたいようにやるしかない」と考えています。

なぜでしょうか?

それは、理不尽な攻撃を民間の学校法人に加え続けることによって、やがてはこれらの攻撃が彼ら自身に跳ね返っていくからです。実際、この話題に対して、SNSや複数のブログサイト、某匿名掲示板などでは、明らかに肯定する意見よりも批判的な意見の方が圧倒的多数を占めています。

インターネットの社会的影響力は、年々、間違いなく大きくなっています。以前『埼玉県民様から:「日本の広告費2017」を読む』でも紹介したとおり、広告支出で見ると、すでにインターネット広告は新聞広告の3倍に膨れ上がっており、また、テレビ広告を抜くのも時間の問題でしょう。

もちろん、広告支出だけで媒体としての影響力を見極められるものでもありませんが、それでもインターネットの影響力は、世代などによっては、マス・メディア(とくに新聞、テレビ)の影響力を凌駕し始めていることは間違いありません。

「アポなし突撃」をしている野党議員を肯定的に取り上げているテレビ番組があったとしたら、そのテレビ番組を見る人の数は、徐々に減少していくはずです。そうなってくると、いくら新聞やテレビが野党議員に「優しい」報道をしたとしても、そうした歪んだ報道が社会に与える影響力も、徐々に減っていくはずです。

野党とマスゴミは毒をまき散らして自滅する!

つまり、野党議員(この場合は立憲民主党の武内則男、国民民主党の今井雅人の両議員)の行為や、それを肯定的に報じる「マスゴミ」(※)に対し、良識ある一般国民は批判的になり、距離を置こうとする動きに出るはずです。

(※「マスゴミ」とは、ゴミのような報道ばかり垂れ流すマス・メディアに対する、インターネット上で自然発生した、怒りを込めたネット・スラングのことです。)

野党議員も、人によっては盤石の支持基盤を持っている場合もありますし、マス・メディア(とくにテレビ局)の社会的影響力は、まだまだ強いのが実情です。しかし、それと同時に、野党議員がこれ以上、票を伸ばすことは難しいでしょうし、テレビ局が新たな視聴者を獲得するのも同様に極めて困難です。

そして、世の中のありとあらゆる人間は、生きている限り確実に、1年で1歳ずつ年を取ります。若い人ほど自民党支持者、安倍政権支持者が多いという調査は多く、同時に若い人ほど新聞を購読していない、テレビを見ていない人の比率が高い、というのも、おそらくは事実でしょう。

野党議員やマス・メディアが毒をまき散らしていることは事実ですが、それも長くは続きません。いずれ彼らは現在の行いを清算するときがくるのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



私たちにできる、簡単なこと

社会をより良くしていくためには、政治家が変わる必要があります。政治家が変わるためには、メディアが変わる必要があります。メディアが一般国民の良識を反映し、「間違っている」ことは「間違っている」、「おかしい」ことは「おかしい」と、声を上げていかなければなりません。

逆に、メディアが変われば、政治家が変わります。民間の学校法人にノーアポで突撃をかまし、業務を妨害するという、犯罪すれすれの行為をして、それを一般国民が厳しく糾弾するようになれば、そのような政治家は選挙のたびに落選していくはずです。

立憲民主党の武内則男、国民民主党の今井雅人という、この両氏がなした行為に対して、いずれ落選という形で対価を払わせるべきであることは言うまでもありません。しかし、社会を変えるためには、それだけでは不十分です。

やはり、今回のような低レベルなパフォーマンスを行っている野党に対し、きちんと「おかしい」と指摘しないマス・メディアに対しても、いずれは一般国民(読者、視聴者)から見放されるという罰を受けてもらう必要があります。

私たちにできる、ごく簡単なことは、つぎの3つです。

  • 変な報道を続ける新聞を読んでいる人は、その新聞を解約しましょう。
  • 変な報道を続けるテレビを見ている人は、そのテレビを見ないようにしましょう。
  • 選挙にはきちんといきましょう。

この3つを、より多くの国民が徹底するだけで、日本は確実に良くなります。

現在400万部前後と見られる朝日新聞の部数が、さらに半減し、200万部を割り込めば、朝日新聞の報道自体は先鋭化するかもしれませんが、朝日新聞の社会的影響力は激減します。

テレビを持たない人が増えれば、NHKと契約をする人も減ります。政治家がNHKを気にしなくなれば、いずれ放送法に手をつけ、NHKのスクランブル化が実現するかもしれません。そうなれば、NHKの契約者は半減どころではないくらいに減少するでしょう。

そして、立憲民主党、日本共産党、国民民主党、公明党などの、ふざけた与野党議員(※自民党議員も含む)も、徐々に消えていくはずです。そのかわり、まともな野党が増えて来れば、自民党としてもうかうかしていられなくなり、国会に正常な緊張感がもたらされます。

「もりかけ・セクハラ・日報問題」などの虚報ばかりを追及するメディアなど、日本には要りません。当ウェブサイトも、いまや小規模ながらもウェブ・メディアのごく末席を占めています。当ウェブサイトが日本のメディア改革を進める一助になれれば、私にとってはこれ以上ない幸せなのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/09/26 05:00 【時事|国内政治
    過ちは繰り返す:民主党政権を総括しない立憲民主とマスコミ (1コメント)
  • 2018/09/25 13:30 【マスメディア論|時事
    嫌韓ブログの傾向と対策:一概に悪いと言えないが節度は大事 (12コメント)
  • 2018/09/25 05:00 【国内政治
    マスコミさんお疲れ!内閣支持率は「もりかけ」前水準に戻る (7コメント)
  • 2018/09/24 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選、石破氏の「得票45%」を巡る別の解釈 (11コメント)
  • 2018/09/23 05:00 【政治
    ラオスのダム事故巡る事実誤認記事の続報も事実誤認だらけ (43コメント)
  • 2018/09/22 05:00 【マスメディア論
    スパム・コメントは言論の敵!今後は削除基準を厳格に運用します (13コメント)
  • 2018/09/21 05:00 【国内政治
    マスコミ、卑劣なり 石破氏に猛烈な追い上げを許した背景 (15コメント)
  • 2018/09/20 14:22 【時事
    【速報】安倍晋三総理大臣、553対254で総裁選を制する (5コメント)
  • 2018/09/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    あれれ?トランプ大統領が南北首脳会談の結果を大絶賛中! (4コメント)
  • 2018/09/20 05:00 【政治
    外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁 (5コメント)
  • 2018/09/19 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】あまりに予想通りだった南北首脳会談 (6コメント)
  • 2018/09/19 10:00 【マスメディア論|時事
    ついに主要メディア調査で軒並み支持率が不支持率を上回った (1コメント)
  • 2018/09/19 05:00 【国内政治
    しんぶん赤旗と「日本国民の敵」・日本共産党 (7コメント)
  • 2018/09/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領がこの時期に平壌を訪問したことの対価 (12コメント)
  • 2018/09/18 05:00 【マスメディア論
    ホームレスが朝日新聞を愛読?「国民の敵」としてのマスコミ (7コメント)
  • 2018/09/17 05:00 【国内政治
    最近の読者投稿などから、「議論することの大切さ」を考える (11コメント)
  • 2018/09/16 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選でもマスコミ偏向報道が影響しているのは確実 (12コメント)
  • 2018/09/15 05:00 【時事|経済全般|外交
    「ステンレス条鋼WTO提訴」は日韓関係を根底から変える? (20コメント)
  • 2018/09/14 12:00 【マスメディア論|時事
    「いけがmetoo」運動を招いたテレビ業界の驕り、高ぶり (15コメント)
  • 2018/09/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓は隣り合っているが、「他人」であって「兄弟」ではない (5コメント)
  • 2018/09/13 16:45 【時事|国内政治
    石破さん、今さらですが「次につながる負け方」模索しては? (6コメント)
  • 2018/09/13 10:00 【政治
    「安倍3選」控えた朝日新聞の不気味な沈黙と内閣支持率 (2コメント)
  • 2018/09/13 05:00 【政治
    中国が日本に擦り寄って来た!その真意とわが国の取るべき対応 (10コメント)
  • 2018/09/12 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領にはコミュニケーション能力がないのか? (10コメント)
  • 2018/09/12 05:00 【マスメディア論
    「体操選手のパワハラ疑惑」を公共電波で延々報じる無意味さ (3コメント)
  • 2018/09/11 14:30 【時事|外交
    「安倍総理が金正恩に対話呼びかけ」。これをどう読むべきか (1コメント)
  • 2018/09/11 05:00 【韓国崩壊
    相次ぐ「コリア・パッシング」の兆候は日本正常化の証拠か? (1コメント)
  • 2018/09/10 10:30 【時事|韓国崩壊
    「震度ゼロ」での崩落が相次ぐ韓国社会の病理と嫌韓ブログ (9コメント)
  • 2018/09/10 05:00 【マスメディア論|時事
    「noindexタグ」事件の朝日新聞は明らかに国民の敵 (8コメント)
  • 2018/09/09 05:00 【マスメディア論|時事
    「報道ヘリを撃墜せよ」?北海道地震で見えた「国民の敵」 (12コメント)
  • 2018/09/08 05:00 【経済全般
    北海道と関西の大災害を機に、公共事業悪玉論を検証してみる (10コメント)
  • 2018/09/07 16:00 【時事|国内政治
    マスコミさん、カツカレー食べた石破氏を批判しないのですか? (2コメント)
  • 2018/09/07 12:15 【時事|国内政治
    改めて強調する、「立憲民主党・吉田統彦疑惑」の怪しさ (2コメント)
  • 2018/09/07 10:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2018年9月版、大幅な確率修正 (2コメント)
  • 2018/09/07 05:00 【マスメディア論
    節操なき朝日新聞グループ、「アベ嫌い」が高じて支離滅裂に (1コメント)
  • 2018/09/06 12:00 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮特使団、雰囲気悪くない」。韓国さん、正気ですか? (3コメント)
  • 2018/09/06 10:00 【国内政治
    「自民党総裁選で誰が勝つか」ではなく「安倍3選後」が大事 (9コメント)
  • 2018/09/06 05:00 【外交
    サーチナ、日本が中国との関係で「韓国化」?ご冗談を(笑) (5コメント)
  • 2018/09/05 10:00 【外交
    日韓問題とは、究極的には日本国内の反日勢力の問題だ (16コメント)
  • 2018/09/05 05:00 【時事|国内政治
    「知見がない」を繰り返す立憲民主党・枝野代表の不誠実さ (5コメント)
  • 2018/09/04 16:30 【時事|国内政治
    タマキード事件の玉木さん、国民民主党の新代表に就任 (3コメント)
  • 2018/09/04 10:00 【マスメディア論
    朝日新聞社説批判 「国民が視野にない」のは朝日新聞の方だ (6コメント)
  • 2018/09/04 05:00 【国内政治
    「辻元生コン疑惑」と絶望的に頭が悪い人罪の宝庫・立憲民主党 (7コメント)
  • 2018/09/03 12:00 【政治
    開城連絡事務所巡り、米国は韓国を「金融」で締め上げるのか? (3コメント)
  • 2018/09/03 05:00 【外交
    「国連から来ました詐欺」と良い意味で変わり始めた日本外交 (5コメント)
  • 2018/09/02 05:00 【マスメディア論
    出張先のホテルで、レベルが低すぎる地上波テレビを見て驚く (17コメント)
  • 2018/09/01 05:00 【マスメディア論
    【御礼】30万PVを達成した「テクニック」と言論の本質 (3コメント)
  • 2018/08/31 05:00 【金融
    図表で見る日本経済の資金循環構造と「財政再建」論の間違い (20コメント)
  • 2018/08/30 10:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪朝中止:「策士策に溺れる」を地で行く北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/08/30 05:00 【時事|韓国崩壊
    「米韓同盟破棄」の前に、米国は韓国に経済・金融制裁実施? (5コメント)
  • 2018/08/29 12:15 【RMB|金融
    日中スワップの「不都合な事実」、要点は「円・元」の交換 (10コメント)
  • 2018/08/29 05:00 【国内政治
    民主主義と相容れない「国民の敵」日本共産党の非合法化を! (5コメント)
  • 2018/08/28 12:30 【政治
    ラオスの事故「日本が救いの手」というスクープ記事の信憑性 (8コメント)
  • 2018/08/28 05:00 【国内政治
    危険水域なのは政権支持率ではなく「マスコミ支持率」では? (5コメント)
  • 2018/08/27 05:00 【時事|国内政治
    立憲民主党・福山幹事長、「吉田統彦議員」発言に目が泳ぐ (3コメント)
  • 2018/08/26 10:34 【時事|韓国崩壊
    経済制裁を受けたとしても、国家観を持たぬ韓国の自業自得だ (8コメント)
  • 2018/08/26 05:00 【時事|国内政治
    ついに反米発言の石破氏、総裁選出馬以前に自民党を去るべき (8コメント)
  • 2018/08/25 12:00 【マスメディア論|時事
    意味不明な記事を書き逃げする日刊ゲンダイを笑い飛ばそう (6コメント)
  • 2018/08/25 05:00 【マスメディア論
    読者コメントのレベルが高すぎる!新宿会計士の政治経済評論 (1コメント)
  • 2018/08/24 17:00 【時事|外交
    朴槿恵・前大統領の二審有罪判決を淡々と眺めるしかない理由 (6コメント)
  • 2018/08/24 05:00 【時事|外交
    文在寅氏の来日を「普通の隣国関係」の契機にするなら歓迎 (12コメント)
  • 2018/08/23 12:00 【日韓スワップ|金融
    日中通貨スワップをうらやむ韓国メディア:「除け者」の韓国 (2コメント)
  • 2018/08/23 10:15 【時事|国内政治
    柚木氏の国民民主党離党問題、真に責められるべきは有権者だ (6コメント)
  • 2018/08/23 05:00 【RMB|時事|金融
    日中通貨スワップを必要としているのは、残念ながら日本の側 (15コメント)
  • 2018/08/22 12:00 【時事|外交
    米国への提案:制裁破り続ける韓国を捨て、台湾との同盟を! (3コメント)
  • 2018/08/22 10:00 【時事|国内政治|金融
    野田聖子さん、総裁選の前に「GACKTコイン」の説明は? (1コメント)
  • 2018/08/22 05:00 【時事|金融
    「決壊したラオスのダムは日本の資金」記事の事実誤認が酷い (6コメント)
  • 2018/08/21 12:00 【時事|外交
    北朝鮮との外交は「封じ込め」一択、それを助ける日英同盟 (1コメント)
  • 2018/08/21 10:00 【マスメディア論|時事
    国民の信託なき「ウソの新聞」・朝日新聞こそが「国民の敵」 (4コメント)
  • 2018/08/21 05:00 【時事|金融
    ベネズエラ・ショックに見る経済理論の正しさ (1コメント)
  • 2018/08/20 14:15 【時事|国内政治
    文科省汚職と吉田・羽田両議員の疑惑、現時点での検証結果 (5コメント)
  • 2018/08/20 11:40 【時事|国内政治
    野党問題とはマスコミ問題のこと、日本の問題は繋がっている (1コメント)
  • 2018/08/20 05:00 【時事|外交
    慰安婦問題巡り、日本の外務省が少しずつだが変わり始めた! (6コメント)
  • 2018/08/19 05:00 【時事|外交
    改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て (3コメント)
  • 2018/08/18 10:00 【韓国崩壊
    中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない (4コメント)
  • 2018/08/18 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか (3コメント)
  • 2018/08/17 12:00 【時事|国内政治
    ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか? (3コメント)
  • 2018/08/17 10:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点 (13コメント)
  • 2018/08/17 05:00 【マスメディア論|外交
    日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論 (6コメント)
  • 2018/08/16 15:00 【マスメディア論|時事
    相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ (2コメント)
  • 2018/08/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ (4コメント)
  • 2018/08/16 10:00 【政治
    終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除 (7コメント)
  • 2018/08/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂 (3コメント)
  • 2018/08/15 12:00 【国内政治
    国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か? (6コメント)
  • 2018/08/15 10:00 【韓国崩壊|外交
    韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ (3コメント)
  • 2018/08/15 05:00 【日韓スワップ|金融
    トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか? (1コメント)
  • 2018/08/14 12:00 【時事|国内政治
    文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か? (2コメント)
  • 2018/08/14 10:00 【時事|外交
    「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質 (4コメント)
  • 2018/08/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚 (5コメント)
  • 2018/08/13 12:00 【時事|金融
    「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質 (1コメント)
  • 2018/08/13 10:00 【時事|金融
    韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明 (6コメント)
  • 2018/08/13 05:00 【金融
    「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな! (1コメント)
  • 2018/08/12 10:00 【マスメディア論
    「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ (4コメント)
  • 2018/08/12 05:00 【日韓スワップ|時事|外交
    北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版) (3コメント)
  • 2018/08/11 10:00 【時事|外交
    原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題 (4コメント)
  • 2018/08/11 05:00 【日韓スワップ|金融
    北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も? (3コメント)
  • 2018/08/10 13:25 【時事
    日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報 (17コメント)
  • 2018/08/10 11:30 【時事|国内政治
    野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪 (4コメント)
  • 2018/08/10 10:00 【韓国崩壊|外交
    邪悪な「旭日旗根絶計画」に、私たちはどう立ち向かうべきか (3コメント)
  • 2018/08/10 05:00 【マスメディア論
    「一方的に批判する権利がある」?アベノセイダーズの勘違い (1コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。