連休中といえば、麻生太郎副総理兼財相がフィリピンに出張され、国際金融協力の世界で話し合いをしてきました。ただ、今年のアジア出張に関していえば、残念ながら成果は乏しいというのが実情です。財務省はもっとスピード感を持って仕事すべきです。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

麻生副総理出張の「成果」は?

国際金融協力に詳しくない方であっても、「通貨スワップ」、「為替スワップ」という用語は聞いたことがあるのではないでしょうか?そう、「日韓通貨スワップ協定」で有名になった、通貨危機のときに通貨を融通する国際協定のことです。

日本は1兆2643億ドル・142兆4,215億円(※いずれも2017年12月末時点)にも達する巨額の外貨準備高を保有しており、また、日本の通貨・日本円(JPY)は世界でも3番目の流通量 1)国際決済銀行(BIS)が公表する“Triennial Central Bank Survey”によると、OTCデリバティブを含む外為市場の取引量では、通貨ペアで見て、日本円は米ドル(87.6%)、ユーロ(31.3%)に次いで3番目(21.6%)のシェアを誇っています。詳しくは『もう日本とのスワップは必要ないね』のなかの『「通貨の実力」とは?』をご参照ください。 を誇る「ハード・カレンシー」でもあります。

憲法の制約から軍事力で世界平和に貢献することが難しい日本ですが、金融面においては、「世界最強の通貨ポジション」を使って、もっと大胆にアジアと世界に貢献できるはずです。

こうしたなか、麻生太郎副総理兼財相は、この連休中に、アジア開発銀行(ADB)の年次総会にあわせてフィリピンを訪問しました。当然、この通貨スワップ・為替スワップについても、何らかの進展があるのではないかと期待していたのですが、財務省の報道発表を見ると、少々「期待外れ」です。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



基本的な用語の再確認

通貨スワップ(BSA)とは?

ところで、内容の説明に入る前に、通貨スワップと為替スワップの用語について簡単に確認しておきましょう。

通貨スワップ協定とは、通貨当局同士があらかじめ決めた条件で、通貨を交換する取極めのことです。これを英語では “Bilateral Swap Agreement” と称するため、これを略して「BSA」と呼ぶこともあります。

(※余談ですが、デリバティブの世界にいう「通貨スワップ」と日本語としてはまったく同じですが、デリバティブの方は英語で “Cross Currency Swap” と称し、これを略して「CCS」と呼ぶこともあります。「BSA」と「CCS」の違いについては『総論:通貨スワップと為替スワップとは?』をご参照ください。)

BSAについては実例を見る方が手っ取り早いと思います。そこで、私たちのお隣の国・韓国の事例を眺めてみましょう。この国の場合、中央銀行である「韓国銀行」が、「合計5つの通貨当局との間でBSAを締結している」と主張しています。

図表1 外国同士のBSA(韓国の事例)
相手国と金額 韓国ウォン 相手国通貨の換算額
100億豪ドル(オーストラリア) 9.0兆ウォン 75.4億米ドル
150億リンギット(マレーシア) 5.0兆ウォン 38.1億米ドル
115兆ルピア(インドネシア) 11.0兆ウォン 82.5億米ドル
100億フラン(スイス) 11.2兆ウォン 100.0億米ドル
3600億元(中国)(※) 64.0兆ウォン 565.8億米ドル
合計 100.2兆ウォン 861.8億米ドル

(【出所】著者作成。なお、中国とのスワップ協定については、昨年10月に失効済みであり、中国側は「更新した」とはヒトコトも言っていない点に注意。また、米ドル換算はWSJの2018年5月4日時点引け値により試算)

ここで韓国を事例に出したことに、特段の悪意はありません(笑)。ただ、韓国の事例が分かりやすいので例に出したまでの話です。韓国の場合は合計5つの国との間で、総額100.2兆ウォン(1ドル=1074.11ウォンで換算すると932.9億米ドル相当額)のBSAを「締結している」と主張しています。

ただし、米ドルに換算して861.8億米ドルのうち、全体の65.7%を占めているのは、中国とのスワップ(565.8億米ドル)ですが、これについては大きく2つの問題点があります。

1つ目は、協定自体、すでに昨年10月で失効済みである、という点です。韓国側は「中韓間で口頭で延長することに合意した」と主張していますが、中国側は「更新した」とはヒトコトも言っていません。韓国が引き出そうとすると、中国が「そんな協定存在しない」と言い張るリスクがある、ということです。

2つ目は、中国の通貨・人民元自体が、国際的な金融市場では自由に交換できない通貨である(つまり「ソフト・カレンシー」である)、という点です。というよりも、「換算するとXX億ドルに相当する金額だ」と言ったところで、実は、あまり意味がありません。なぜなら、このBSAは「通貨同士の交換」だからです。

例えば韓国が通貨危機になって、通貨防衛のために米ドルがどうしても必要になったとしましょう。この場合、図表1に列挙したBSAに従い、相手国から米ドルではない通貨を引き出したとしても、それをあらためて外為市場で米ドルに交換しなければならないからです。

そして、韓国の場合、米ドル建てのBSAをただの1ドル分も保有していません。5つのBSAのうち、通貨危機の際に使い物になるスワップは豪ドル(約75.4億米ドル)、スイス・フラン(約100億ドル)の2本に過ぎず、それ以外の通貨は国際的な市場で使い物にならない「ソフト・カレンシー」ばかりです。

さらに、韓国メディアの報道を眺めていると、「韓国は外国と932.9億米ドルものスワップを持っている」と表現することがありますが、これは間違いです。危機の際、相手国通貨を米ドルに両替する必要があると考えるならば、正確な米ドル換算額は、932.9億ドルではなく、861.8億ドルです(図表2)。

図表2 韓国が保有するBSAのドル換算額
区分 米ドル換算額 計算根拠
韓国メディアの主張(①) 932.9億米ドル 100.2兆ウォン×1074.11
実際の米ドル換算額(②) 861.8億米ドル 相手国通貨を1つずつ換算
両者の差異 ▲71.1億米ドル ②-①

(【出所】著者作成)

つまり、韓国メディアが「わが国は932.9億米ドルのBSAを保持している」と述べるときには、71億ドルほど「水増し」した金額である、ということです。せこい国ですね(笑)。

それはともかく、韓国の事例からわかるとおり、BSAとは一般に「通貨当局同士が自国の通貨と相手国の通貨をあらかじめ決めた条件に従って交換する」という協定のことであり、かつ、相手国通貨がハード・カレンシーでなければ意味がない協定です。

どうでも良いのですが、近い将来、韓国が通貨危機に巻き込まれる可能性はそれなりに高いと思います。そうなると、マレーシアとインドネシアが韓国からスワップ・ラインを行使され、韓国の通貨危機がマレーシアとインドネシアに伝播するリスクにも注意しなければならないでしょう。

CMIMとは?

一方、こうしたBSAだと、「相手国といちいちスワップを締結しなければならない」という面倒くささがあります。そこで、アジア全域で、「多国間協定」のかたちにしてしまおうという発想が、「チェンマイ・イニシアティブのマルチ化協定」(CMIM)です。

これは、1997年~98年の「アジア通貨危機」後に、日本が提唱して出来上がった「通貨スワップ・ネットワーク」が発展的に解消して成立した枠組みで、現時点で14ヵ国・地域が参加し、総額2400億ドルの金融協力の枠組みとなっています(図表3)。

図表3 CMIM(金額:億ドル)
貢献額 引出可能総額
日本 768.0 384.0
中国(本土と香港の合算) 768.0
(うち中国) 684.0 342.0
(うち香港) 84.0 63.0
韓国 384.0 384.0
インドネシア 91.04 227.6
タイ 91.04 227.6
マレーシア 91.04 227.6
シンガポール 91.04 227.6
フィリピン 91.04 227.6
ベトナム 20.0 100.0
カンボジア 2.4 12.0
ミャンマー 1.2 6.0
ブルネイ 0.6 3.0
ラオス 0.6 3.0
合計 2,400.0 2.435.0

(【出所】財務省・2014年7月17日付ウェブサイト「別添2」。IMFに加盟していない香港を除き、いずれも「IMFデリンク」は引出可能総額の30%)

東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国は、「貢献額」よりも「引出可能総額」が大きくなっており、これに対して日本は「引出可能総額」は「貢献額」の半額に過ぎません。いわば、日本からの一方的支援ではないという体裁を保つため、いちおう、日本も引き出せるという仕組みにしている、ということでしょう。

ただし、この枠組みは、各国が「引出可能総額」の30%以上を実際に引き出そうとすれば、国際通貨基金(IMF)が関与して来ます。多くの国はIMFが関与することを嫌がるため、実質的には、危機に際して30%までしか引き出せないという仕組みだということもできそうです。

為替スワップ(BLA)とは?

最後に、少し分かり辛いのが為替スワップです。これは英語で “Bilateral Liquidity Agreement” と称するため、本稿では「BLA」と勝手に省略することにしています。

以前、『【速報】カナダ・韓国間の為替スワップは通貨スワップではない!』のなかで、「為替スワップ」との表現を用いたところ、コメント欄に「これは誤記だ」とするお叱りコメントが出現したことがありましたが、これはコメント主さんが国際金融をまったく理解していなかったというオチが付きました。

(※余談ですが、「為替スワップ」と表現すると、デリバティブの世界では、先物外国為替売買取引(いわゆる「バイ・セル」や「セル・バイ」)のことですが、この「バイ・セル」「セル・バイ」と「BLA」の違いについては、本稿では触れません。『総論:通貨スワップと為替スワップとは?』をご参照ください。)

このBLAについては、日本、米国、カナダ、英国、欧州、スイスの6つの中央銀行における事例を見るのが早いでしょう(図表4)。

図表4 代表的なBLA:日米加英欧瑞の無制限為替スワップ
項目 概要 備考
契約当事者 日本銀行、米FRB、カナダ銀行(BOC)、イングランド銀行(BOE)、欧州中央銀行(ECB)、スイス国民銀行(SNB) 米国の場合はFRBニューヨーク連銀が窓口となり、それ以外は各中央銀行が窓口となる
通貨 日本円、米ドル、加ドル、英ポンド、ユーロ、スイス・フラン これらの6通貨は典型的な「ハード・カレンシー」と呼ばれる
金額 無制限
期間 無制限 NY連銀への円資金供給の場合、1回あたり最長88日
適用為替相場 約定日の市場実勢レートなど

(【出所】日銀『海外中銀との協力』などを参考に、著者作成)

これは、6つの中央銀行が、お互いに、金額も期間も無制限で、お互いの通貨を供給するという協定です。ただし、これらの協定は、あくまでも「民間銀行に対して資金を供給する」という協定であり、通貨スワップ(BSA)とは性格が異なります。

たとえば、日本のA銀行が、潤沢な円資金を持っていて、ドル資金が不足していたとしましょう。このとき、A銀行が日銀に対し、「ドル資金を供給して欲しい」と要望。日銀はFRBニューヨーク連銀に対し、「A銀行にドル資金を供給するために、ドルを貸してほしい」と要望します。

このとき、日銀はニューヨーク連銀に対し日本円を担保に差し入れ、ニューヨーク連銀は日銀にドルを貸し付けてくれます。日銀はニューヨーク連銀から借りたドルをA銀行に貸し付け、A銀行からは担保(日本国債など)を徴求する、という仕組みです。

このため、BLAの場合は「通貨危機が発生したから通貨当局が外国通貨を借り入れる」、ということができません。あくまでも担保付、有利子で、民間の金融機関が外国中央銀行からおカネを借りる、という仕組みであり、BSAとは似て非なるものです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



円建てBSAの拡充

日本が保有するBSAとBLA

ここで、日本が保有しているBSAとBLAについて、概要をまとめてみましょう(図表5図表6)。

図表5 BSAの一覧
相手国 金額 使用通貨
日本→インドネシア 227.6億米ドル 米ドル⇔ルピア
日本→フィリピン 120億米ドル相当 米ドルか日本円⇔ペソ
フィリピン→日本 5億米ドル 日本円⇔米ドル
日本→シンガポール 30億米ドル 米ドル⇔シンガポール・ドル
シンガポール→日本 10億米ドル 日本円⇔米ドル
日本→タイ 30億米ドル 米ドル⇔バーツ
タイ→日本 30億米ドル 日本円⇔米ドル

(【出所】財務省ウェブサイト『アジア諸国との二国間通貨スワップ取極』(ただし2017年10月6日現在)を参考に著者作成)

図表6 BLAの一覧
契約相手 金額 期間
米FRB(NY連銀) 無制限 無制限
カナダ銀行(BOC) 無制限 無制限
英イングランド銀行(BOE) 無制限 無制限
欧州中央銀行(ECB) 無制限 無制限
スイス国民銀行(SNB) 無制限 無制限
豪州準備銀行(RBA) 1.6兆円⇔200億豪ドル 2019年3月17日
シンガポール通貨庁(MAS) 1.1兆円⇔150億Sドル 2019年11月29日

(【出所】日銀ウェブサイト『海外中銀との協力』を参考に著者作成)

このように眺めてみると、日本が142兆円もの外貨準備を保有していながら、外国と締結している通貨スワップ(BSA)自体は総額でも407.6億ドルに過ぎず、もっと拡充する余地があるように思えてなりません。

また、為替スワップ(BLA)については、締結相手国が先進国に限られている点は当然ですが、デンマークやスウェーデン、ノルウェーなどの中央銀行は対象に含められておらず、しかも、オーストラリア、シンガポールとのBLAについては上限額が定められています。

BSA、BLAともに、もう少し金額や条件で拡充する余地があるのではないでしょうか?

日本が米ドルを受け取るスワップの意味

ところで、図表5について、フィリピン、シンガポール、タイの各国は、「双方向スワップ」です。これは、相手国から要請があった場合、日本が米ドルを相手国に引き渡し、相手国からは自国通貨を受け取るという、いわば破格の条件です。

ただ、逆に、日本が要請すれば、日本が日本円を担保に、相手国から米ドルを受け取ることができる、という契約でもあります。これはいったいどういう意味でしょうか?

シンプルに考えて、日本が通貨危機になることはまずあり得ません。おそらく、この条項は、むしろ相手国が日本円を必要とする状況となった時に、米ドルを担保に日本円を貸してもらえる、という意味だと理解した方がわかりやすいでしょう。

しかし、通貨危機の際には米ドルも枯渇するでしょうから、この条項は事実上、使い物になりません。やはり、相手国からすれば、自国通貨を日本に渡す代わりに、日本からは米ドルだけでなく日本円も渡してもらいたいと思うはずです。

円建て条項が追加されたのだが…

そこで、今回の麻生副総理のアジア出張では、これらのBSAのうち2本が改訂されています。

日=シンガポール間の二国間通貨スワップ取極を延長する合意に達しました(2018/05/04付 財務省ウェブサイトより)
日=インドネシア間の二国間通貨スワップ取極の締結に係る基本合意に達しました(2018/05/04付 財務省ウェブサイトより)

まず、シンガポールとのBSAについては、単純に「2018年5月21日に失効する協定」の期限が延長されたというものですが、これに「シンガポール側の交換通貨に米ドルに加えて日本円も含めることを検討する」、というものです。「検討する」とは意味がわかりません。なぜさっさと実現しないのでしょうか?

一方、インドネシアとのスワップについては、上限額は変わりませんが、インドネシア側が引き出せる通貨に、米ドルだけでなく、日本円も付け加わりました。このこと自体は評価したいと思います。

しかし、次の2点については未達成であり、議論された形跡すらありません。

  • 昨年5月に締結に向けた検討が開始されたマレーシアとのBSA(総額30億米ドル)について、何の進展もないこと
  • 昨年5月に新規締結されたタイとのBSA(総額30億米ドル)について、日本円での引出条項が追加されていないこと

せっかく日本が国際金融協力の世界で存在感を発揮するチャンスなのに、財務省の仕事の遅さには呆れます。

金額も相手先も少なすぎる!

日本のBSAをめぐっては、もう1つ、問題点があります。それは、締結している相手先も限られているし、金額も少なすぎる、という点です。

たとえば、インドとのBSAは2014年1月10日に上限500億ドル(!)という破格の条件に拡充されましたが、残念なことに2015年12月3日付で失効してしまっており、現在に至るまでスワップは再開されていません。

また、ASEAN以外のアジア諸国(とくに台湾、スリランカ、パキスタン、モンゴルなど、中国を牽制するうえで重要な国)との間では、BSAそのものが存在していません。中国が世界各国で人民元建てのBSA攻勢をかけていることを考えると、金額も相手先も少なすぎます。

日本は憲法第9条第2項という欠陥を抱え、軍事力を発動することに大きな制約がある国です。そんな国にとって、数少ない「武器」とは、世界最強の金融力にほかなりません。BSAについてはもっともっと活用する余地があるのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



韓国への500億ドルBSAというジョーク

さて、BSAについて議論し始めると、財務省あたりには必ず「日韓通貨スワップ協定も必要だ」ということを主張する木端役人が出てきます。その典型例は、もう退任した山崎達雄(やまざき・たつお)元国際局長でしょう。

この人物は、2014年4月16日に行われた「第186回国会・衆議院財務金融委員会」で、「日本維新の党」の衆議院議員だった三木圭恵(みき・けえ)氏(※2014年12月の総選挙以来、落選中)に対し、日韓スワップには「韓国だけではなく日本にとってもメリットがある」と答弁しています。

「日韓通貨スワップを初めとする地域の金融協力は、為替市場を含む金融市場の安定を通じまして、相手国、日韓の場合は韓国だけじゃなくて、日本にとってもメリットはあります。/というのも、日本と韓国との間の貿易・投資、あるいは日本企業も多数韓国に進出して活動しているわけでありまして、その国の経済の安定というのは双方にメリットがある面、それからまた通貨という面でいうと、むしろ通貨を安定させるという面、ウォンを安定させるという面もあるわけであります。/そういうことで、私どもとしては、当時、日韓通貨スワップを拡大したのは、むしろ、韓国のためだけというよりも、日本のため、地域の経済の安定のためということがあったということだけ申し上げたいと思います。

ちなみにこの人物、2015年7月7日に退官後、同年11月24日にモルガン・スタンレーMUFG証券株式会社の顧問、同年12月1日にアムンディ・ジャパン株式会社の顧問にそれぞれ就任。さらにマスコミ・官庁の「天下り先」としても有名な国際医療福祉大学の「特任教授」にも就任しているようです。

それはさておき、「山崎達雄理論」(というよりも「珍説」)にしたがい、「日韓通貨スワップ協定のメリット」を列挙しておきましょう。

図表7 「日韓通貨スワップ協定のメリット」に関する山崎達雄理論
日本へのメリット 概要 備考
韓国に進出した日本企業へのメリット 韓国経済が安定することで、韓国と貿易・直接投資などで関わる日本企業にとってメリットがある 「企業自己責任の原則」の否定であるが、山崎理論ではこの点については無視されている
通貨の安定というメリット 日韓BSAを締結すれば、韓国の通貨・ウォンを安定させるという効果が得られる 「日韓スワップがあればむしろ韓国による為替操作に悪用される」との批判は無視されている

(【出所】著者作成)

それはともかく、韓国側では「日韓通貨スワップは日本が懇願して来たから仕方なく締結してやるものだ」といった俗説も見られます。朴槿恵(ぼく・きんけい)政権下で韓国政府は日韓スワップの規模が「500億ドルになる」と勝手に話していたこともありますが(『日韓スワップ「500億ドル」の怪』参照)、先ほどの図表5でもわかるとおり、500億ドルといえば破格の条件です。

大使館前の慰安婦像も撤去しない、慰安婦問題というウソを国際社会で喧伝し続ける、竹島を不法占拠して返さない、国際社会において公然と日本を侮辱する。そんな国に500億ドルのスワップとは、「盗人に追い銭」でしょう。

財務省にいつまた山崎達雄氏のような人物が出現しない保証があるとはいえません。私たちは日本国民レベルで賢くなり、変な国に私たちの虎の子である外貨準備や日本円を提供しないよう、財務省や経団連企業を監視すべきでしょう。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (4コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (5コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    注記   [ + ]

    1. 国際決済銀行(BIS)が公表する“Triennial Central Bank Survey”によると、OTCデリバティブを含む外為市場の取引量では、通貨ペアで見て、日本円は米ドル(87.6%)、ユーロ(31.3%)に次いで3番目(21.6%)のシェアを誇っています。詳しくは『もう日本とのスワップは必要ないね』のなかの『「通貨の実力」とは?』をご参照ください。