昨日、『【夕刊】外貨準備:韓国はいつものウソをつく』という記事を書くために、IMFのウェブサイトを調べていくと、いろいろと興味深いことがわかってきました。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/04/07 13:20 追記

読者(「とゆら」様)からのご指摘により、本文中、次の2ヵ所を修正しております。

  • 金額では4900億ドル(約5.1兆円)」→「金額では4900億ドル(約51兆円)
  • 以前として」→「依然として

以上、ご指摘賜り誠にありがとうございました。

外貨準備の内訳

昨日、私は『【夕刊】外貨準備:韓国はいつものウソをつく』という記事を書くために、外貨準備高の最新状況を国際通貨基金(IMF)のウェブサイトで調べていたのですが、なかなか興味深いことに気付きました。それは、外貨準備の多くは、依然として米ドルで占められている、という事実です。

IMFは「公式外貨準備統計(COFER)」という統計で、全世界のIMF加盟国から報告されている外貨準備高の通貨別構成を開示していますが、その最新版(2017年12月末時点)のデータで見ると、米ドルが62.7%、ユーロが20.15%などとなっています(図表1)。

図表1 COFER通貨別内訳(金額単位:十億ドル)
通貨 ドル換算金額 (A)に対する比率
米ドル 6,282 62.70%
ユーロ 2,019 20.15%
490 4.89%
英ポンド 455 4.54%
加ドル 203 2.02%
豪ドル 180 1.80%
中国元 123 1.23%
スイス・フラン 18 0.18%
その他通貨 250 2.50%
小計(A) 10,019 100.00%
内訳不明分(B) 1,406
外貨準備合計(A+B) 11,425

(【出所】IMFウェブサイトより著者作成)

世界の外貨準備高の合計額は11.4兆ドルで、1ドル=105円と仮定すれば、約1200兆円程度です。日本の家計金融資産残高が1880兆円であることを考えると、外貨準備の額は意外と少ない気がします(日本の家計金融資産残高が多すぎるのかもしれませんが…)。

それはさておき、この図表1の見方については、注意が必要です。というのも、小計欄(A)に示した金額は、「外貨準備高の通貨別構成が明らかになっているもの」に限られているからです。「外貨準備に占める通貨別の構成比」は、内訳不明分(B)を除いたベースで計算されています。

ただし、この「内訳不明分」については、一時期と比べると、かなり圧縮されてきました。もしかすると中国あたりがIMFに対して通貨別の内訳を開示していなかった影響が大きいのかもしれませんが、最近は内訳不明分が1.4兆ドル程度に圧縮されています。

また、統計区分は長年、米ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、スイス・フランの5通貨でしたが、加ドル、豪ドルについては2012年12月期から、中国人民元については2016年12月期から、それぞれ統計区分に加わりました。

なお、IMFから取得できるデータのうち、独マルクや仏フランなどの統計区分が廃止されて1999年3月以降の推移を示しておくと、図表2のとおりです。

図表2 通貨別の推移

(【出所】IMFのウェブサイトより著者作成)

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



通貨別構成について考える

外貨準備高に占める通貨別構成の推移

さて、COFERの内訳について、ざっと眺めておきましょう。

外貨準備高のうち、米ドル建ての金額は6兆ドル少々(約660兆円)と極めて巨額であり、内訳判明額全体の約63%を占めています。米国は10兆ドルを超える巨額の政府債務を抱えていますが、いわば外国の外貨準備で米国債を買い支えてもらっている、という見方もできます。

一方、外貨準備高に占めるユーロ建ての金額はドル換算で約2兆ドル、比率は20%少々です。ユーロの比率は2009年に30%弱を記録したこともあるのですが、やはりユーロ圏危機の影響なのか、少しずつ比率が落ちているようです。

こうしたなか、第3位に達しているのが、私たち日本の通貨・円です。金額では4900億ドル(約51兆円)、比率は5%弱であり、やはり「安全通貨」として深く信頼されている証拠でしょう。しかも、この金額はじりじりと増えています。

これに対し、第4位の通貨・英ポンドは、日本円と「デッド・ヒート」(?)を続けていて、金額では4550億ドル、比率では4.5%ですが、円とポンドの比率はときどき逆転することもあります。英国は「没落した国」と揶揄されることもありますが、依然として強い金融産業を保有する国でもあります。

つまり、外貨準備の世界では米ドルが圧倒的な強さを誇る一方で、ユーロ、日本円、英ポンドの3通貨がこれを補完しているという関係にあると見て良いでしょう。

なお、外貨準備に占める通貨のうち、スイス・フランは、金額的にはわずか180億ドル、比率は0.18%に過ぎません。しかし、それと同時にスイス・フランは日本円と並んで「金よりも堅い通貨」とされており、安全資産の筆頭格でもあります。

比率で0.18%に過ぎないスイス・フランを、IMFがいまだに別掲していること自体、スイス・フランが通貨として尊敬を受けている証拠と言えるかもしれません。

新興3通貨

一方で、2012年から別掲が始まったのがオーストラリア・ドル(豪ドル)とカナダ・ドル(加ドル)、2016年から別掲が始まったのが中国人民元です。これらの3通貨は、IMFの中では「新興3通貨」と呼んで良いでしょう。

加ドルは2030億ドル(比率は2.02%)で、豪ドルは1800億ドル(比率は1.80%)ですが、これに対して中国人民元は1230億ドル(比率は1.23%)です。しかし、加ドル・豪ドルは国際的な市場で通用力が高い「ハード・カレンシー」ですが、人民元は「ハード・カレンシー」ではありません。

なぜ、人民元が別掲表示されているのでしょうか?これについては、その理由は詳しくはわかりませんが、おそらく、人民元がIMFの特別引出権(SDR)の構成通貨に加えられたからではないかと思います。

以前も『SDRと人民元と「国際通貨」』などで議論したとおり、そもそも、人民元は「自由利用可能通貨(Freely Usable Currency)」の要件を満たしません。それなのに、人民元がSDRに加わった理由は、IMFのガバナンスに問題があった、ということかもしれません。

IMFは伝統的に、専務理事(トップ)が欧州から選出される組織ですが、現在のクリスティーヌ・ラガルド専務理事(フランス人)がらが中国利権と密接に結びついているからなのではないかと疑われても仕方がないでしょう。

いずれにせよ、外貨準備構成比率が1%少々に過ぎず、ハード・カレンシーでもない人民元がSDRに入り、外貨準備構成比率が人民元のそれを上回っていて、れっきとしたハード・カレンシーである加ドルと豪ドルがSDRに加わっていないことは不自然極まりない現象でもあるといえるでしょう。

外貨準備の増減率で見ると、実は円が最強?

さて、ここで少し視点を変えてみましょう。

IMFの外貨準備統計は、いずれも米ドルに引き直して集計されています。しかし、これらをもとの通貨の単位に引き直してみると、興味深いことがわかります。

ためしに人民元建ての外貨準備について、ドル建てベース、人民元建てベース、そして人民元建てベースの前四半期比増減率を並べてみましょう(図表3)。

図表3 人民元建ての外貨準備と増加率(金額単位:十億)
時点 ドル建て 人民元建て 増減率
2017年12月 123 799 11.03%
2017年9月 108 719 6.10%
2017年6月 100 678 3.15%
2017年3月 95 657 4.23%
2016年12月 91 630

(【出所】COFERより著者作成)

図表3の見方は、たとえば

2017年12月における人民元建ての外貨準備の額は、ドル建てで1230億ドル、これを人民元に換算すれば7990億元。2017年9月(7190億元)との増減率は11.03%

と読みます。数値の単位が「十億円」(billion)ですので、少し読み辛いのはご注意ください。また、なぜ図表が2016年12月期以降のデータしか掲載されていないのかといえば、そもそも人民元のデータが収録されているのが、2016年12月期以降だからです。

この図表だけを読むと、人民元の地位が急上昇しているように見えなくもありません。なにせ、前四半期末で11.03%も人民元建ての外貨準備の額が伸びているわけですから、「人民元が外貨準備の世界でも存在感を増している」というイメージを持つかもしれません。

では、ついでに人民元と同じ時期について、日本円建ての外貨準備の推移も眺めておきましょう(図表4)。

図表4 日本円建ての外貨準備と増加率(金額単位:十億)
時点 ドル建て 円建て 増減率
2017年12月 490 55,238 12.70%
2017年9月 436 49,013 1.94%
2017年6月 428 48,079 7.95%
2017年3月 400 44,539 14.34%
2016年12月 333 38,953 9.84%

(【出所】COFERより著者作成)

図表3と図表4を見比べていただけるとわかりますが、直近の増加率についてはむしろ日本円の方が上です。通貨別シェアの伸び率、金額の伸び率にしても日本円が中国人民元を上回っていることがわかるでしょう。

ただし、別に日本円の方が人民元よりも優れている、という意味ではありません。というよりも、通貨当局は常に外貨準備の通貨別ポジションを微調整しており、四半期ごとに増えただの、減っただのを論じたところで、あまり意味はありません。

もちろん、人民元建ての外貨準備がこれからも伸びていくのかどうかには注視する必要があります。中国は外貨準備高すら外交のツールとして利用していると考えられ、アフリカ、中南米などの諸国を中心に人民元建ての外貨準備が増えてくる可能性もあるからです。

しかし、こうした動向を議論するうえでは、もうしばらく、データを蓄積することが必要になると考えられます。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日本の外貨準備処分論

財務省が外貨準備を管理するのは筋違い

ところで、外貨準備を議論するときに、勘違いする人も多いのですが、外貨準備は多ければ多いほど良い、というものではありません。というのも、外貨準備を保持しておくコストもタダではないからです。よく勘違いする人がいるのですが、とくに日本の場合、「円を刷ってドルを買っている」わけではありません。

日本は財務省が管理する外国為替特別会計(いわゆる「外為特会」)が外貨準備を保有していますが、財務省には日本銀行と異なり、紙幣を発行する権限はありません。このため、財務省は国債(おもに国庫短期証券)を発行して、為替介入を行う原資を確保しているのです。

企業会計を理解している方であれば、借方/貸方で議論しましょう。たとえば、為替市場で円高・ドル安を是正する目的で、ドルを買って円を売るというオペレーションを考えます。仮に市場で1ドル=100円という値段が成立していたときに、1億ドルを買い、100億円を売るという介入をしたとします。このとき、

(借方)外貨現金預金【米ドル】1億ドル/(貸方)現金預金【日本円】100億円

という仕訳が成立します。しかし、財務省は日本円建ての現金預金を発行する権限を持っていないため、この介入に先立って、あらかじめ、現金を確保しておく必要があります。

(借方)現金預金【日本円】100億円/(貸方)国庫短期証券 100億円

つまり、「円売り・ドル買い介入」において、日本政府は債券市場からおカネを借り、借りたおカネを外為市場で売っているのです。その結果、何が生じているのでしょうか?資金循環統計から2017年12月末の数値を抽出しておくと、次のとおりです。

  • 外貨準備…142兆4215億円
  • 国庫短期証券…104兆1829億円

現在発行されている国庫短期証券の残高は104兆円ですが、外貨準備の額は142兆円に膨らんでいます。これはたまたま、日本の金利が低く、米国の金利が高かったため、外貨準備の運用でうまく行ったという話に過ぎません。

その意味で、外貨準備の額が膨らんだのは幸運に過ぎず、財務省は国民の税金負担で、外為特会で為替リスクや金利リスクを負いながら運用しているのは非常に危険な状況でもあります。

外貨準備は中央銀行が管轄すべき

もちろん、ここまで巨額の外貨準備を、今すぐ市場で売却して円転すれば、あっという間に円高になってしまいます。その意味で、日本はこの巨額の外貨準備を、売ろうにも売れない状況に陥っているのです。

では、どうすればよいのでしょうか?

ひとつ考えられるのは、諸外国にならい、外貨準備は中央銀行の管轄に移すという解決策です。日本の場合は日本銀行が外貨準備を管理することとすれば、金融政策の幅も広がります。具体的には、日本銀行には通貨を発行する権限があるため、日本円を発行して外債を買い入れることもできるのです。

逆に、デフレ局面からの脱却が終了すれば、外貨準備を少しずつ切り崩し、貨幣市場から日本円を回収すれば良いだけの話です。

そういえば、財務省は「1000兆円を超える国の借金」を減らす必要があると述べていますが、この外貨準備を日銀に譲渡すれば、すぐさま「国の借金」(国庫短期証券)を104兆円圧縮することができ、そのうえ、38兆円の売却益も生じます。38兆円といえば、消費税の税収の4年分です。

そう考えていくと、外為特会の処分により、4年間、消費税の税率をゼロにする(あるいは地方税の1.7%だけにする)ことで、消費の喚起効果も得られます。まさに魔法のソリューションが、こんなところに会ったのです。

財務省が公文書偽造疑惑で弱っているタイミングでもあります。是非、このタイミングを活用して、外貨準備を解消し、「国の借金」とやらの圧縮を図るのが良いのではないでしょうか?

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/10/16 11:45 【時事|経済全般
    「人手不足倒産」のナンセンス:給料を上げれば済む話です (4コメント)
  • 2018/10/16 05:00 【時事|経済全般
    決算書から見える、NHKの呆れた実態 NHKこそ国民の敵 (6コメント)
  • 2018/10/15 13:30 【時事|経済全般
    ラオスダム事故巡るハンギョレ報道が事実ならば、許されない (9コメント)
  • 2018/10/15 10:45 【時事|韓国崩壊
    「普通の関係」に戸惑う韓国:観艦式で将軍旗、日本に逆ギレ (9コメント)
  • 2018/10/15 08:00 【韓国崩壊|金融
    米国は金融面で韓国を締め上げることができる (6コメント)
  • 2018/10/15 05:00 【韓国崩壊|外交
    「鳩山政権が5年続いたら」?フランスで無知を晒した文在寅 (5コメント)
  • 2018/10/14 12:15 【時事|経済全般|国内政治
    消費増税と国民の敵・財務省 「増税決断」は改憲と引き換え? (23コメント)
  • 2018/10/14 05:00 【国内政治
    国民民主は「沈む船」?今こそ「政治家の使命」に向き合え (9コメント)
  • 2018/10/13 08:00 【マスメディア論
    アクセス急増御礼:ウェブビジネスの現況と「まとめサイト」 (5コメント)
  • 2018/10/13 05:00 【RMB|金融
    怪しい通貨・人民元の下落が意味するもの:窮地に陥る中国 (9コメント)
  • 2018/10/12 13:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動と観艦式の振り返り「全世界に恥をさらした韓国」 (10コメント)
  • 2018/10/12 08:00 【マスメディア論|外交
    「ポンペオ氏が韓国に激怒」報道の続報 知的格闘の楽しさ (9コメント)
  • 2018/10/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動 7ヵ国が韓国の要請無視、ボイコットは5ヵ国? (16コメント)
  • 2018/10/11 14:45 【マスメディア論|時事
    「麻生追放運動」の怪 なぜ枝野代表に文句を言わないのか? (3コメント)
  • 2018/10/11 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    「ポンペオ氏が韓国に激怒」報道を読んでも驚かないわけ (9コメント)
  • 2018/10/11 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    安倍総理「未来志向の日韓関係」発言の真意と「毒まんじゅう」 (6コメント)
  • 2018/10/10 10:45 【マスメディア論|時事
    加計理事長の会見受けた朝日の社説 説明になっていない (5コメント)
  • 2018/10/10 08:00 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    米国の利上げと新興国不安 中国と韓国に危機は波及するのか? (7コメント)
  • 2018/10/10 05:00 【時事|韓国崩壊
    英語メディア報道「南北朝鮮が結託して日本と敵対」と読める (8コメント)
  • 2018/10/09 15:00 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    朝日新聞こそ自身の報道姿勢を後世に恥じよ (7コメント)
  • 2018/10/09 10:00 【時事|国内政治
    大串博志議員「疑惑は続く」、貴方が証明すれば済む話では? (3コメント)
  • 2018/10/09 05:00 【政治
    関係を積極的に破壊する韓国政府と「マネージ」の本当の意味 (5コメント)
  • 2018/10/08 14:04 【時事|韓国崩壊|外交
    日韓共同宣言から20周年の節目に合わせたような徴用工訴訟 (13コメント)
  • 2018/10/08 05:00 【時事|国内政治
    加計学園「問題」を蒸し返す「国民の敵A」をやっつけよう! (12コメント)
  • 2018/10/07 10:00 【外交
    ビジネスマンが読み解く外交:人間関係の延長で理解すべし (7コメント)
  • 2018/10/07 05:00 【マスメディア論|時事|外交
    期待に値する岩屋毅防衛相と、旭日旗騒動を無視するマスコミ (14コメント)
  • 2018/10/06 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    旭日旗騒動は日本外交の勝利だが、マネージするにも限界あり (37コメント)
  • 2018/10/05 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛隊の韓国の観艦式不参加通告は韓国外交の自滅? (21コメント)
  • 2018/10/05 14:10 【時事|韓国崩壊
    続・旭日旗騒動 韓国は自我と信頼のどっちを失いたいですか? (11コメント)
  • 2018/10/05 12:10 【時事|金融
    次の「通貨危機予備軍」・インドネシア経済をレビューする (3コメント)
  • 2018/10/05 05:00 【経済全般|金融
    臨時国会を前に、財務省「国の借金論」のウソをまとめてみる (11コメント)
  • 2018/10/04 12:15 【日韓スワップ|金融
    今日も韓国メディアに「通貨スワップ」、いいかげんしつこい (16コメント)
  • 2018/10/04 08:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    朝日新聞社説批判 国民の敵を楽しくやっつける方法とは? (9コメント)
  • 2018/10/04 05:00 【時事|韓国崩壊
    旭日旗騒動を巡り、韓国は国際社会の信頼を失い自滅に向かう (12コメント)
  • 2018/10/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    ポンペオ訪朝は米国の北朝鮮に対する優先度が低下した証拠 (5コメント)
  • 2018/10/03 05:00 【時事|国内政治
    マスコミ・野党「みんな!もりかけ国会、始まるよ~!」 (3コメント)
  • 2018/10/02 13:00 【時事|国内政治
    第4次安倍内閣・改造内閣の発足と「史上最長政権」の可能性 (6コメント)
  • 2018/10/02 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    目的を履き違えた韓国 ノーベル症と旭日旗騒動は病理の象徴 (17コメント)
  • 2018/10/02 05:00 【マスメディア論|時事|経済全般
    軽減税率の優遇受ける朝日新聞社に消費税を議論する資格なし (3コメント)
  • 2018/10/01 13:00 【時事|国内政治
    沖縄県知事選、敗因をしっかり受け止め「次に備える」べき (11コメント)
  • 2018/10/01 09:00 【時事|国内政治
    まとめサイト捏造記事「旭日旗自粛するわけねーだろバーカ」 (6コメント)
  • 2018/10/01 05:00 【時事|国内政治
    立憲民主党が台風中に党大会とは「責任感があまりに欠如」? (12コメント)
  • 2018/09/30 10:00 【経済全般
    若者の結婚式離れも当然だが、「北海道方式」なら負担も軽い (11コメント)
  • 2018/09/30 05:00 【日韓スワップ|金融
    韓国とアルゼンチン、隣に日本があるのとないのとでは大違い (13コメント)
  • 2018/09/29 05:00 【時事|国内政治
    「国民の敵」立憲民主党と朝日新聞の主張の真逆こそが正解 (13コメント)
  • 2018/09/28 16:15 【時事|外交
    旭日旗騒動の顛末としつこく続く韓国からのいわれなき攻撃 (17コメント)
  • 2018/09/28 12:15 【日韓スワップ|金融
    米利上げと「日中3兆円スワップ」を恨めしげに眺める韓国 (6コメント)
  • 2018/09/28 05:00 【マスメディア論|経済全般
    インターネット広告がテレビ局を倒産させる…のかもしれない (3コメント)
  • 2018/09/27 11:15 【時事|韓国崩壊
    韓国海軍、旭日旗が憎いあまりに各国にケンカを売り、自滅へ (13コメント)
  • 2018/09/27 10:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本外交よ賢くあれ!慰安婦合意破棄という動きへの賢い対処 (15コメント)
  • 2018/09/27 05:00 【経済全般|金融
    日本は財政危機ではない!数字で議論する日本経済と資金循環 (11コメント)
  • 2018/09/26 14:00 【時事|国内政治
    菅官房長官のパチンコ換金規制は歓迎するが、優先順位誤るな (11コメント)
  • 2018/09/26 10:15 【時事|外交
    脱忖度:日米から孤立する韓国と新たな日韓関係構築に向けて (3コメント)
  • 2018/09/26 05:00 【時事|国内政治
    過ちは繰り返す:民主党政権を総括しない立憲民主とマスコミ (3コメント)
  • 2018/09/25 13:30 【マスメディア論|時事
    嫌韓ブログの傾向と対策:一概に悪いと言えないが節度は大事 (14コメント)
  • 2018/09/25 05:00 【国内政治
    マスコミさんお疲れ!内閣支持率は「もりかけ」前水準に戻る (8コメント)
  • 2018/09/24 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選、石破氏の「得票45%」を巡る別の解釈 (11コメント)
  • 2018/09/23 05:00 【政治
    ラオスのダム事故巡る事実誤認記事の続報も事実誤認だらけ (47コメント)
  • 2018/09/22 05:00 【マスメディア論
    スパム・コメントは言論の敵!今後は削除基準を厳格に運用します (15コメント)
  • 2018/09/21 05:00 【国内政治
    マスコミ、卑劣なり 石破氏に猛烈な追い上げを許した背景 (16コメント)
  • 2018/09/20 14:22 【時事
    【速報】安倍晋三総理大臣、553対254で総裁選を制する (5コメント)
  • 2018/09/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    あれれ?トランプ大統領が南北首脳会談の結果を大絶賛中! (4コメント)
  • 2018/09/20 05:00 【政治
    外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁 (5コメント)
  • 2018/09/19 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】あまりに予想通りだった南北首脳会談 (6コメント)
  • 2018/09/19 10:00 【マスメディア論|時事
    ついに主要メディア調査で軒並み支持率が不支持率を上回った (1コメント)
  • 2018/09/19 05:00 【国内政治
    しんぶん赤旗と「日本国民の敵」・日本共産党 (7コメント)
  • 2018/09/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領がこの時期に平壌を訪問したことの対価 (12コメント)
  • 2018/09/18 05:00 【マスメディア論
    ホームレスが朝日新聞を愛読?「国民の敵」としてのマスコミ (7コメント)
  • 2018/09/17 05:00 【国内政治
    最近の読者投稿などから、「議論することの大切さ」を考える (11コメント)
  • 2018/09/16 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選でもマスコミ偏向報道が影響しているのは確実 (12コメント)
  • 2018/09/15 05:00 【時事|経済全般|外交
    「ステンレス条鋼WTO提訴」は日韓関係を根底から変える? (20コメント)
  • 2018/09/14 12:00 【マスメディア論|時事
    「いけがmetoo」運動を招いたテレビ業界の驕り、高ぶり (15コメント)
  • 2018/09/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓は隣り合っているが、「他人」であって「兄弟」ではない (5コメント)
  • 2018/09/13 16:45 【時事|国内政治
    石破さん、今さらですが「次につながる負け方」模索しては? (6コメント)
  • 2018/09/13 10:00 【政治
    「安倍3選」控えた朝日新聞の不気味な沈黙と内閣支持率 (2コメント)
  • 2018/09/13 05:00 【政治
    中国が日本に擦り寄って来た!その真意とわが国の取るべき対応 (11コメント)
  • 2018/09/12 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領にはコミュニケーション能力がないのか? (10コメント)
  • 2018/09/12 05:00 【マスメディア論
    「体操選手のパワハラ疑惑」を公共電波で延々報じる無意味さ (3コメント)
  • 2018/09/11 14:30 【時事|外交
    「安倍総理が金正恩に対話呼びかけ」。これをどう読むべきか (1コメント)
  • 2018/09/11 05:00 【韓国崩壊
    相次ぐ「コリア・パッシング」の兆候は日本正常化の証拠か? (1コメント)
  • 2018/09/10 10:30 【時事|韓国崩壊
    「震度ゼロ」での崩落が相次ぐ韓国社会の病理と嫌韓ブログ (9コメント)
  • 2018/09/10 05:00 【マスメディア論|時事
    「noindexタグ」事件の朝日新聞は明らかに国民の敵 (8コメント)
  • 2018/09/09 05:00 【マスメディア論|時事
    「報道ヘリを撃墜せよ」?北海道地震で見えた「国民の敵」 (12コメント)
  • 2018/09/08 05:00 【経済全般
    北海道と関西の大災害を機に、公共事業悪玉論を検証してみる (10コメント)
  • 2018/09/07 16:00 【時事|国内政治
    マスコミさん、カツカレー食べた石破氏を批判しないのですか? (2コメント)
  • 2018/09/07 12:15 【時事|国内政治
    改めて強調する、「立憲民主党・吉田統彦疑惑」の怪しさ (2コメント)
  • 2018/09/07 10:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2018年9月版、大幅な確率修正 (2コメント)
  • 2018/09/07 05:00 【マスメディア論
    節操なき朝日新聞グループ、「アベ嫌い」が高じて支離滅裂に (1コメント)
  • 2018/09/06 12:00 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮特使団、雰囲気悪くない」。韓国さん、正気ですか? (3コメント)
  • 2018/09/06 10:00 【国内政治
    「自民党総裁選で誰が勝つか」ではなく「安倍3選後」が大事 (9コメント)
  • 2018/09/06 05:00 【外交
    サーチナ、日本が中国との関係で「韓国化」?ご冗談を(笑) (5コメント)
  • 2018/09/05 10:00 【外交
    日韓問題とは、究極的には日本国内の反日勢力の問題だ (16コメント)
  • 2018/09/05 05:00 【時事|国内政治
    「知見がない」を繰り返す立憲民主党・枝野代表の不誠実さ (5コメント)
  • 2018/09/04 16:30 【時事|国内政治
    タマキード事件の玉木さん、国民民主党の新代表に就任 (3コメント)
  • 2018/09/04 10:00 【マスメディア論
    朝日新聞社説批判 「国民が視野にない」のは朝日新聞の方だ (6コメント)
  • 2018/09/04 05:00 【国内政治
    「辻元生コン疑惑」と絶望的に頭が悪い人罪の宝庫・立憲民主党 (7コメント)
  • 2018/09/03 12:00 【政治
    開城連絡事務所巡り、米国は韓国を「金融」で締め上げるのか? (3コメント)
  • 2018/09/03 05:00 【外交
    「国連から来ました詐欺」と良い意味で変わり始めた日本外交 (5コメント)
  • 2018/09/02 05:00 【マスメディア論
    出張先のホテルで、レベルが低すぎる地上波テレビを見て驚く (17コメント)
  • 2018/09/01 05:00 【マスメディア論
    【御礼】30万PVを達成した「テクニック」と言論の本質 (3コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。