もうすぐ3月が終わろうとしていますが、国際情勢を巡っては、今週もさまざまな動きがありました。そこで、本日は少し立ち止まり、当ウェブサイトの大人気コンテンツ「朝鮮半島の将来シナリオ」と最新情勢の関係を整理してみたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

シナリオ更新の前に

いつものシナリオの説明

当ウェブサイトの大人気シリーズが、「朝鮮半島の将来をめぐる6つのシナリオ」です。その最新版と私が考える実現可能性は、3月13日付で掲載した『朝鮮半島の将来シナリオ・2018年3月版』という記事で申し上げたとおりです(図表)。

図表 朝鮮半島の「6つのシナリオ」
シナリオ名 シナリオ概要 現時点の実現可能性
①赤化統一 韓国(南朝鮮)が北朝鮮により赤化統一されてしまう 30%
②韓国だけの中華属国化 韓国が中国の属国となるほかは、現状がほぼ維持される 20%
③クロス承認 韓国が中国の属国となり、北朝鮮を日米などが国家承認する 20%
④半島全体の中華属国化 南北朝鮮が統一され、そろって中国の属国となる 10%
⑤北朝鮮分割 北朝鮮をロシアと中国が分割占領し、韓国は中国の属国となる 10%
⑥現状維持 南北朝鮮は、とりあえずはそのまま存続する 10%

(【出所】著者作成)

ところで、北朝鮮は事実上の独裁者である金正恩(きん・しょうおん)が先日、中国を訪問し、習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席と会談しました(『動き出した北朝鮮情勢』参照)。これについてはわが国のメディアで最初に報じたのは産経ニュースでしたが、その後、世界中のメディアが注目しています。

こうしたなか、私が注目しているのは、とくに米国のメディアの反応です。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)、ニューヨーク・タイムズ(NYT)、ワシントン・ポスト(WP)などのメディアを眺めていると、明らかに朝鮮半島情勢について触れることが増えて来ました。

たとえば、WSJに掲載された次の記事によると、今回の金正恩による訪中が「国際的な外交の舞台デビューを果たした」と述べています。

North Korea’s Kim, Long a Pariah, Takes Tentative Step Onto World Stage(米国夏時間2018/03/28(水) 10:50付=日本時間2018/03/28(水) 23:50付 WSJオンラインより)

考えてみると、朝鮮半島は米国から見て、ユーラシア大陸の東の端にあり、日本と中国の間に埋もれているような地域です。その朝鮮半島の動きが、世界最大の軍事・経済大国である米国から、ここまで注目されるというのも異例です。

こうした記事が増えること自体、朝鮮半島情勢が近いうちに大きく動くという前兆ではないかと思えます。

シナリオの更新の前に、現状を整理する

私はこの「6つのシナリオ」について、だいたい1ヵ月に1回程度の頻度で、定期的に更新を続けています。今月の更新で私は、「赤化統一」の可能性をやや引き上げ、「中華属国化」の可能性をやや引き下げましたが、シナリオ自体は6つで据え置いています。

その理由は、どうも朝鮮半島問題を巡り、中国やロシアの存在感が見えないことにあるのですが、今回の金正恩の訪中により、中国が再び朝鮮半島問題で存在感を示そうとし始めたようにも見えます。ただ、事態はそれほど簡単ではありません。

WSJは今回の金正恩による訪中の意図を、

  • 米朝首脳会談を前に中国による政治的な支持を得ておく目的
  • 経済制裁により苦慮しているなかで、制裁緩和を得る目的

の2つではないかと指摘していますが、私はむしろ、金正恩が本気で中国との関係強化を望んでいるとは考えません。むしろ、米朝急接近に焦りを感じた中国が金正恩に訪中を呼びかけた、というほうが実態に近いのではないかとの見方もできると思います。

確かに、金正恩がトランプ米大統領との首脳会談を前に、緊張しているであろうことは想像がつくところです。また、ハンドリングを間違えたら、米国が北朝鮮に対する何らかの攻撃に踏み切り、それを契機に政権が崩壊することを、金正恩としては強く恐れているのだと思います。

いずれにせよ、今回の中朝首脳会談という報道だけでは、まだこのシナリオの骨格と実現可能性を修正する材料としては不十分です。何より、米朝首脳会談が本当に実現するかどうか、そして実現するならばその時期はいつか、何が話し合われるのかが分からない以上、現状を見守るしかありません。

問題解決を邪魔する韓国

ただし、現状を整理するうえで、忘れてはならない点があります。それは、朝鮮半島非核化をめぐる議論において、北朝鮮に利用され、事態を複雑にしている国がある、ということです。

その国とは、韓国です。

本来、韓国が果たさなければならない役回りとは、日本、米国とともに、北朝鮮に対する圧力を最大化することです。ところが、『動き出した北朝鮮情勢』でも触れたとおり、とくに今年1月以降、韓国は米国を裏切り、独断で北朝鮮との対話に踏み切りました。

最初は平昌(へいしょう)冬季五輪への北朝鮮参加に関する協議で始まりましたが、次に平昌五輪の開・閉会式で北朝鮮の要人が相次いで訪韓。これに対する答礼として韓国政府の特使が平壌(へいじょう)を訪問し、その特使が金正恩から米朝首脳会談の提案を受け取った(※)、という流れです。

(※ただし、この提案は口頭でなされており、親書などの形で文書化されているわけではありません。)

正直、韓国の勝手な動きにより、北朝鮮情勢が大きく動いてしまった格好です。

これについて、マクマスター大統領補佐官の後任として指名されたボルトン氏は、「北朝鮮の一連の動きは時間を稼ぐためのものだ」と主張したそうですが、これについては私も全く同感です。しかし、こうした北朝鮮による「時間稼ぎ」を許したのが、韓国だったのです。

これについて、昨日、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、「中国の割り込みで複雑化した」という社説が掲載されています。

【社説】中国の割り込みで複雑化した韓半島非核化方程式(2018年03月29日11時38分付 中央日報日本語版より)

金正恩が文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領よりもはるかに厚遇されたという点に悔しさが滲んでいるように見えるのはご愛嬌でしょうか?ただ、内容自体はまったく理解に苦しむ社説です。この社説の主張は、次の下りに要約されていると思います。

最近の非核化議論が文在寅大統領の仲介外交で進められていた点を考慮すると、南北首脳会談を控え奇襲的に行われた中朝の会談は状況を複雑にさせる側面がある。一種の「割り込み」と変わらない。

要するに、「韓国が主導権を握ってきたのに、中国に主導権をかっさらわれて悔しい」ということでしょうか?しかし、朝鮮半島非核化プロセスにおいて、中国、ロシア、日本の協力は必須であり、韓国が勝手にこの問題の主導権を取ることは非常に危ういことです。

そして、中朝首脳会談が行われたことで、少なくとも韓国が「運転席」から転げ落ちたことは間違いありません。その意味で私は、「韓国を運転席から排除した」という意味では、この中朝首脳会談を歓迎したいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



当事国の思惑

共通点は「韓国が主導権を取れない」こと

さて、本日は「6シナリオ」のアップデートをすることはしませんが、改めて、これらのシナリオについて振り返っておきたいと思います。

①については赤化統一、つまり朝鮮半島が北朝鮮主導で統一されてしまうシナリオであり、⑥については現状維持シナリオですが、それ以外のシナリオ②~⑤は、いずれも中国が朝鮮半島に何らかの影響力を及ぼすというものです。

言い換えれば、朝鮮民族が主導権を取るシナリオは①のみであり、それ以外の②~⑤は、いずれも周辺大国が朝鮮半島の命運を決めていくというシナリオです。そして、②~⑤は、「どの国が朝鮮半島に影響を及ぼすか」という観点から見直せば、すっきりと整理がつくのです。

たとえば「②韓国だけの中華属国化」というシナリオは、北朝鮮という国家を残したまま、朝鮮半島から米軍が撤退し、韓国が中国の属領になってしまうというものですが、これは「中国と北朝鮮が朝鮮半島の支配者になる」というシナリオです。

また、「③クロス承認」は、②の変化形で、北朝鮮を日米が支援し、韓国を中国が支援するという、一種の「ねじれ」が生じるシナリオですが、これも「中国と米国(と日本)が朝鮮半島の命運を決めていく」という枠組みと理解できるでしょう。

さらに、「④半島全体の中華属国化」は中国が、「⑤北朝鮮分割」は中国、ロシアが、それぞれ朝鮮半島の命運を決めていくというものであり、いずれも朝鮮民族が朝鮮半島の将来を自主的に決めていくというものではありません。

(※余談ですが、韓国にとってのベスト・シナリオとは「⑥現状維持」だと思いますが、私はこの⑥のシナリオの実現可能性が一番低いと考えています。ただし、これについては以前も説明した通りなので、繰り返しません。)

朴槿恵政権が続いていたら…?

言い換えれば、シナリオ①~⑤は、韓国が「独立国家」たる資格がない点では共通していて、韓国が中国に支配されるか(②③⑤)、北朝鮮に支配されるか(①)、北朝鮮経由で中国に支配されるか(④)、という違いがあるのです。

ところで、「歴史にIFはない」と言います。実際、国際情勢を分析する際に必要な視点は徹底したリアリズムだと思いますし、実現しなかった歴史を論じても、本来であれば、あまり意味がありません。

ただ、「あの時にこうなっていたらどうなっていたか?」という視点も、たまには有益なことがあります。朝鮮半島問題を議論する際に関していえば、たとえば、朴槿恵(ぼく・きんけい)政権が現在でも続いていたと仮定すれば、このシナリオ①~⑤を深く理解することができるからです。

朴槿恵政権は、他国ながら見ていて心配するほどの「親中政権」でしたが、少なくとも「親北政権」ではありませんでした。そして、この政権が続いていた場合、おそらく、韓国は遅かれ早かれ、中国の属国のような状態に陥っていた可能性があります。

ただ、それと同時に朴槿恵政権は、自称「保守派政権」であり、米国との関係についてもそれなりに大切にしていました。米国が韓国に怒って米韓同盟を打ち切るという可能性はあったにせよ、韓国の方から米韓同盟を打ち切ることは、まずなかったと考えて良いでしょう。

このように考えていけば、朴槿恵政権が長続きすればするほど、南北朝鮮の対立構造は続いていたかもしれないにせよ、中国の朝鮮半島におけるプレゼンスが高まる方向に向かっていたであろうことは、間違いありません。

翻って、現在の文在寅政権は、基本的に朴槿恵政権ほどは親中政権ではありません。もちろん、文在寅氏自身、中国に対して「ガツン」と言えないようですが、それでも、朴槿恵政権が進めていた中国擦り寄り政策にストップがかかったことは事実です。

いずれにせよ、「中国」イコール「北朝鮮」、ではありません。中国と北朝鮮はまったく別の存在です。朝鮮半島を巡る力学については、見極めが必要でしょう。

ロシアの存在が見えない

いつもの議論の繰り返しです。朝鮮半島非核化問題は非常に厄介なものであり、韓国「ごとき」が主導権を握るには力不足です。これは別に韓国を侮辱して言っているのではありません。「どこか1ヵ国が全てを仕切る」というのが無理だ、と申し上げているのです。

とくに、北朝鮮の非核化を図るうえでは、本来ならば、国境を接する中国とロシアと韓国の3ヵ国の密接な協力が必要であり、さらに韓国の実質的な保護国である米国、地政学の要である日本が強い関心を持つのは当然です。

しかし、文在寅政権は、こうした日米中露という4ヵ国の意向を無視して、勝手に北朝鮮との間で話を進めようとしました(※極端な話、「金正恩が米朝首脳会談を呼びかけた」という情報自体、韓国政府による捏造ではないかとの疑いも払拭できないのですが、とりあえずこの論点は差し置くとしましょう)。

そして、早くから北朝鮮の非核化に向けて連携を進めてきた日米、「蚊帳の外」に置かれないように中朝首脳会談に踏み切った中国、「スタンド・プレイ」を続ける韓国の5ヵ国に対し、存在感が見えない不気味な国が1つあります。それが、ロシアです。

冷静に考えるならば、北朝鮮という国自体、ロシアの前身であるソ連が作った国であり、ロシアは北朝鮮ともっとも緊密な関係を維持しているはずの国です。そして、外交官追放や欧州連合(EU)からの経済制裁に苦しむロシアにとって、本来、北朝鮮問題で「助け舟」を出すのは、外交戦略上も有益です。

そのロシアが沈黙を守っているのは不気味ですらあります。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



時代は米中対立へ

シナリオ③の実現可能性

ところで、私がこの「6シナリオ」の更新でもう1つ、見極めたいと思っているのは、米中対立の動向です。

すでに報じられているとおり、米国は中国に対する、事実上の「貿易戦争」に踏み切ろうとしているようにも見えます。現在のところはおそらく「ジャブの応酬」だと思いますが、貿易戦争がゆくゆくは南シナ海での「航行の自由作戦」の激化、さらには米中勢力争いに発展する可能性もあるでしょう。

米国の目が中国との対立に向かう場合、朝鮮半島情勢にも少なからぬ影響が生じます。具体的には、シナリオ③、つまり「南北クロス承認」の実現の可能性が上昇する、ということです。

この「南北クロス承認」には、ほかにもいくつかのパターンが生じるかもしれません。展開の速度次第では、「韓国が米国陣営に留まったまま、北朝鮮を日米が国家承認する」という可能性も、皆無ではありません。目的はもちろん、中国に対する牽制です。

このように考えていくならば、トランプ大統領が将来的な中国との対決を視野に入れつつ、北朝鮮との首脳会談を決断した、という可能性も出て来ます。

日本にとってのベスト・シナリオ

日本にとっては、北朝鮮のような無法国家を国家承認するということがあってはならないですし、このシナリオの実現阻止に動く必要があると思いますが、それと同時に、国際社会においては日本が望まない方向に動くことも覚悟しなければなりません。

しかし、国際情勢を正確に予想することで、日本にとって好ましからざる結果が到来する可能性を低め、日本にとって望ましい状況を実現させる可能性を高めるという努力は、当然に必要なことです。その前提として、日本人自身が日本にとってのベスト・シナリオを検討すべきでしょう。

東アジア新秩序については、たとえば

  • 中国が日本の安全保障上の脅威ではなくなる
  • 韓国が日本に対するヘイト犯罪を仕掛けることができない状況になる
  • 台湾と香港が名実ともに中国から完全に独立して日本の友好国となる
  • 日米同盟を軸に、自由・民主主義国間で重層的な同盟が成立する

といった状況が出現することが理想だと考えています。

米朝首脳会談が実現するかどうかは不透明であり、また、実現するとしても、それまでに少し時間が掛かりそうですが、この機会を使って、私は近いうちに、この「日本にとっての理想的な東アジア新秩序」についてじっくりと考えてみたいと思います。

どうかご期待ください。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (2コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (5コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (8コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)
  • 2018/06/21 00:00 【雑感オピニオン
    ブログの社会的役割と経済
  • 2018/06/20 17:15 【時事|国内政治
    【夕刊】パフォーマンス政治家を許すな! (1コメント)
  • 2018/06/20 10:40 【マスメディア論|時事
    【昼刊】米朝会談に「中国ファクター」・福島氏の秀逸な論考
  • 2018/06/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「折込チラシ」という新聞業界の経営基盤が崩壊する! (4コメント)
  • 2018/06/20 00:00 【雑感オピニオン
    記事評:説得力のない「筋論の日本、量の中国」という単純比較 (1コメント)
  • 2018/06/19 17:05 【時事|国内政治
    【夕刊】米朝首脳会談の結果、安倍政権支持率が上昇した理由 (4コメント)
  • 2018/06/19 11:00 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】民間団体調査で日韓好感度逆転の衝撃
  • 2018/06/19 07:00 【マスメディア論|雑感オピニオン
    ビジネスマンが読み解く「リテラシー」の重要性 (8コメント)
  • 2018/06/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の落とし前 (4コメント)
  • 2018/06/18 17:00 【時事|外交
    【夜刊】菅官房長官の発言を曲解する輩 (5コメント)
  • 2018/06/18 14:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】米韓同盟の消滅が見えてきた (1コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。