昨日、日本国内では佐川前国税庁長官の証人喚問などに注目が集まりましたが、じつはもっと大切な報道がいくつか出て来ています。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

金正恩自身が電撃訪中

金正恩(きん・しょうおん)は、若いながらもなかなか老獪な男です。産経ニュースによると、中国共産党当局者は27日、北朝鮮の事実上の独裁者である金正恩が26日、鉄道で中国の首都・北京に入り、中国共産党の指導者と会談したそうです。

北京訪問の要人は金正恩氏(2018.3.27 13:05付 産経ニュースより)

当初、メディアの報道によっては、訪中したのは金正恩ではなく、実妹の金与正(きん・よしょう)ではないかとの観測もあったようですが、火曜日になって産経ニュースが「訪問した北朝鮮の要人とは金正恩である」と明らかにしたものです。

さて、これをどう見るべきでしょうか?状況を整理しておきましょう。

まず北朝鮮は、日米両国などが主導した、国際社会による厳しい経済制裁に直面しています。これらの経済制裁は、単に北朝鮮に対して石油関連製品の輸出を制限するだけではありません。貴重な外貨獲得源である北朝鮮人労働者を国際的な労働市場から締め出すなどの措置も含まれています。

北朝鮮は、いわば「真綿でじわじわ首を絞められる」ように、少しずつ、しかし着実に、経済的な困窮状態に陥り始めているのです。もともとかなり貧しい暮らしを余儀なくされてきた北朝鮮国民が疲弊しているであろうことは、想像に難くありません。

一方の中国にとっても、とくに年明け以来、北朝鮮情勢を巡り、主体的に関与することができなくなっています。北朝鮮が米国と直接、交渉することを主張していて、中国としてはこの米朝対話から「つまはじき」にされることを、どうやら極端に恐れているようなのです。

したがって、今回の金正恩の訪中は、中国にとっても歓迎すべきものでしょう。なぜなら、中国と北朝鮮の関係が改善すれば、中国もこの問題に関わることができるようになるからです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



米国の正気を疑う

米国の行動の不可解さ

さて、今年1月以降の朝鮮半島情勢について、客観的な報道をベースに、簡単に振り返っておきましょう(図表)。

図表 今年1月以降の朝鮮半島の動き
日付 出来事 備考
1月5日 米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が米韓合同軍事演習の延期を報道 韓国大統領府は「米国が100%韓国とともにある」と述べたが、ホワイトハウス側は否定
1月9日 平昌五輪の北朝鮮参加等を巡る南北高官級協議が板門店(はんもんてん)で実施される 韓国メディアは「米国もこの南北対話を歓迎」と報じたが、これは虚偽報道の疑いが濃厚である
康京和(こう・きょうわ)外交部長官が2015年の日韓慰安婦合意に関して新方針を提示 日本政府側は河野太郎外相が「全く受け入れられない、直ちに抗議する」などと反発
1月10日 文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領は新年記者発表で日本側の追加努力などを求める 日本政府は菅義偉官房長官が「ゴールポストは1ミリも動かない」と反応
1月16日 北朝鮮の三池淵(さんちえん)管弦楽団140人が韓国を訪問し、講演会場などを視察 この頃から北朝鮮が韓国側に滞在費用や渡航費用等の分担を求め始める
韓国政府、平昌五輪の南北合同入場と「統一旗」を掲げる方針を明らかにする 文在寅大統領、「われわれが韓国国旗持てば北朝鮮が北朝鮮国旗持つ」と発言
1月24日 日本人拉致被害者の家族らが国際刑事裁判所(ICC)に金正恩(きん・しょうおん)らの責任追及を求めて申立て実施 菅義偉官房長官はこうした動きに対し、「日本政府としても連携したい」と表明
1月24日 安倍晋三総理大臣が平昌冬季五輪の開会式に出席する意向を表明 訪韓方針はまず産経新聞の独占インタビューで明らかにし、その後、主要メディアにも公表
1月30日 トランプ政権が駐韓大使に内定していたビクター・チャ氏の指名を見送るとワシントンポスト(WP)が報道 アグレマンを取得している大使候補者の指名見送りは外交慣例上も極めて異例
2月3日 米韓首脳電話会談で韓国側が「米国が平昌五輪成功を祈り、韓国を100%支持すると表明した」と発表する ホワイトハウス側からはそのような発言など一切確認できず、韓国側による虚偽発表の疑いが濃厚
2月6日 マイク・ペンス米副大統領がオットー・ワームビア氏の父であるフレッド・ワームビア氏を「特別ゲスト」として平昌に同行すると発表 オットー・ワームビア氏とは、昨年、北朝鮮に拘束後、昏睡状態で解放され、米国に帰国直後に死去した青年
2月9日 日韓首脳会談で安倍総理は文在寅氏に対し、日韓合意順守と核開発を続ける北朝鮮への最大限の圧力の継続を求める 韓国大統領府によれば、安倍総理が米韓合同軍事演習再開を求め、文在寅氏が「内政干渉」だと反発
安倍総理、ペンス米副大統領が、平昌五輪開会式のレセプション兼晩餐会に揃って遅刻 ペンス氏は晩餐会に参加せず、わずか5分でレセプション会場を後にする
平昌五輪の開会式で安倍総理、ペンス副大統領は揃って北朝鮮代表団を無視 北朝鮮代表団の入場に際し、安倍総理、ペンス副大統領は立ち上がらなかった
2月10日 韓国を訪問中の金与正(きん・よしょう)が文在寅氏に対し早期の訪朝を要請 金与正は、金正恩の実妹とされる
2月25日 イヴァンカ・トランプ米大統領補佐官が平昌五輪閉会式に参加。北朝鮮の金英哲(きん・えいてつ)らとニアミス 金英哲は2010年に起きた韓国艦「天安」撃沈事件や、坪島砲撃事件などを主導した人物とされる
3月4日 韓国大統領府、韓国大統領府の鄭義溶(てい・ぎよう、Chung Eui-yongチュング・エウイ・ヨング)国家安保室長や徐薫(じょ・くん、Suh Hoonスー・ホオン)国家情報院長らを、北朝鮮の首都・平壌(へいじょう)に特使として派遣すると唐突に発表 【夕刊】アメリカは文在寅を「泳がせている」のか?』参照
3月5日 韓国の「特使」、北朝鮮の独裁者・金正恩(きん・しょうおん)との間で、夕食を含めて4時間12分に及び面会 【夕刊】どうして南北特使報道が出てこないのか』参照
3月6日 韓国大統領府、北朝鮮が「非核化を前提とした米朝首脳会談」と「南北首脳会談」を提案してきたなどと発表 【速報】非核化と南北首脳会談と謎の運転席理論』『【夕刊】対韓不信:ワシントンに流れる微妙な空気』参照
3月8日※米国時間 鄭義溶国家安保室長がホワイトハウスで「米国が米朝首脳会談を受け入れた」と表明、ホワイトハウスのサンダース報道官もこれを確認 【速報】トランプ氏「金正恩と会談」』参照

(【出所】著者作成)

いかがでしょうか?

年初から朝鮮半島情勢が急激に動いていて、あえて韓国が米国の怒りを買うような行動を仕掛けまくっていることがわかります。

たとえば、1月9日、板門店で南北高官級会議が行われました。この協議は、2月に予定されている平昌(へいしょう)冬季五輪に向けて、北朝鮮が代表団を送り込むかどうかという議題に加え、南北の軍事的緊張緩和について話し合われたと見られます。

また、これと前後して、年明けすぐに米韓両国政府は、例年の米韓合同軍事演習を「延期する」と発表。平昌五輪・パラリンピックの期間中は軍事的緊張を高めないようにするという配慮だとされましたが、「最大限の圧力」というトランプ政権の方針が、同盟国である韓国によってコケにされた格好です。

その後も韓国は、たとえば「▼2月の平昌五輪の開会式・閉会式で、米国の代表団と北朝鮮の代表団をわざと近くに座らせた、▼米国に無断で北朝鮮との協議を行い、米朝首脳会談を提案した、▼米韓合同軍事演習の規模を縮小した」…、といった具合に、米国の神経を逆撫でし続けています。

通常、ここまでバカにされるような行動を取られれば、米国がまともな神経をしていれば、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領に対し、何らかの制裁措置を発動しても不思議ではありません。

それなのに、先日米国が発表した、鉄鋼・アルミニウムに対する貿易制裁措置の対象国には、韓国が除外され、むしろ日本が含まれました(『【夕刊】トランプ政権の鉄鋼アルミ制裁を数値で検証する』参照)。韓国に対する貿易制裁が発動されなかったのは、極めて不自然です。

米国の外交司令塔の混乱

こうした不自然さを、あえて説明するとしたら、米国の「外交司令塔」の混乱、という要因が挙げられるかもしれません。

米国・トランプ大統領は、ティラーソン国務長官とマクマスター大統領補佐官を相次いで更迭し、その後任として、ポンペオCIA長官、ボルトン元国連大使を充てる人事を明らかにしています。ただ、『ボルトン氏が「強硬派」でも対北政策は変えられない』でも議論しましたが、この人事も非常に不自然です。

確かにボルトン氏はブッシュ政権時代のイラク戦争を主導したことでも知られますし、ボルトン氏が大統領補佐官に就任したことで、「北朝鮮攻撃の可能性が高まった」とする見方があることも事実です。しかし、「北朝鮮が中国とロシアに隣接している」という事実を忘れてはなりません。

21世紀になって米国が攻撃したイラクやアフガニスタンは、ロシアと接していません。また、中国についてはアフガニスタンとごく一部分接しているものの、イラクとは地理的に離れています。米国は、アフガン紛争やイラク戦争では、中国やロシアが物理的に介入してくる可能性をあまり心配しなくて良かったのです。

北朝鮮はこうした状況とは全く違います。中国は米国に対し、「北朝鮮が先に挑発し、米軍がそれに対して限定攻撃に応じる」という状況であれば、おそらく中立を維持するでしょう。しかし、米軍がイラクと同様の感覚で北朝鮮に攻め込めば、中国やロシアが何らかの影響力を行使するはずです。

おそらく、ティラーソン国務長官やマクマスター補佐官は、こうした「当たり前の話」をトランプ氏に対して滔々と話して聞かせていたのではないかと思います。しかし、気が短いとも伝えられるトランプ氏には、因果関係を伴う少し複雑な思考をすることが難しかったのではないでしょうか?

いずれにせよ、米国の外交司令塔の混乱は、非常に痛いところです。

米朝首脳会談の不自然さ

ところで、朝鮮半島情勢を巡る、もう1つ不自然な点は、米朝首脳会談に対する北朝鮮側の反応です。

北朝鮮は現在の金正恩の父親である金正日(きん・しょうじつ)、あるいはさらにその父親の金日成(きん・にっせい)の時代から、「米国との直接交渉」を目標に掲げて来ました。3月8日、トランプ大統領が「米朝首脳会談に応じる」と述べたことは、まさに、北朝鮮にとっては外交的な大成功のはずです。

しかし、北朝鮮はこれについて、いまだに公式には沈黙を守っています。もし「首脳会談の開催自体が外交的な成功」なのだとしたら、大々的に国民に向けて宣伝するはずです。それをいまだに行っていないということは、やはり、北朝鮮自身、米朝首脳会談が実現しない可能性を考慮に入れているのでしょうか?

さらに、以前から当ウェブサイトでも議論してきたとおり、今回の米朝首脳会談の提案自体、非常に不自然です。これは、韓国が「口頭でのメッセンジャー」となり、親書なども持たされず、北朝鮮に派遣された特使がホワイトハウスで米大統領に対し、口頭で「北朝鮮の提案」を伝達した、という代物だからです。

北朝鮮が韓国を「メッセンジャー」に選んだ理由は、おそらく、中国やロシアと比べて、韓国が「御しやすい」と思ったからでしょう。しかし、なぜ親書ではなく口頭で伝達させたのでしょうか?韓国がメッセージを歪曲するリスクは考えられないのでしょうか?

おそらく、その理由は、書面に残さず口頭で伝達することで、「いつでもキャンセルできる」という状況を作ろうとしたからだと思います。そのように考えるならば、北朝鮮が公式には何も立場を表明していないこと、親書を作成しなかったことなどの辻褄が合ってくるようにも見えるのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



金正恩の政治ゲーム

日米の足並みを乱す目的か?

さて、冒頭で紹介した産経ニュースの報道に戻りましょう。

産経ニュースによれば、中国共産党当局者の話として、中国と北朝鮮は今年初めから金正恩の訪中時期などについて交渉。中国側は「北朝鮮が核放棄に向けて取り組む姿勢を示すこと」を、金正恩訪中の条件としていたとのことです。

正直、初耳です。

外交の世界では、日本と北朝鮮も水面下で接触しているくらいですから、ロシアや中国が北朝鮮と水面下で接触していないと考える方が不自然です。しかし、中国が北朝鮮に対し、核放棄を突きつけていたとは意外です。これまでの中国自身の姿勢に照らして、「本当ですか?」と尋ねたくなります。

産経ニュースは

今回、訪中が実現したことは、北朝鮮から前向きな回答を得た可能性がある

としています。つまり、金正恩自身が訪中できたということは、金正恩が中国の要求、つまり「核放棄に向けた姿勢を示すこと」に応じたからだ、というのが産経ニュースの見解ですが、私はそう簡単な話ではないと考えています。

それはさておき、産経ニュースは今回の金正恩の訪中目的について、4月の南北首脳会談、5月までに行われる米朝首脳会談に先立ち、「最大の保護国である中国の指導者と事前協議を行うものとみられる」としていますが、本当の目的は何でしょうか?

おそらく、「金正恩自身が中国を訪問した」という事実そのものが、日米両国に対する牽制でしょう。なぜなら、北朝鮮にとっての最大の脅威は米国であることは間違いありませんが、近年は安倍晋三総理が率いる日本も、北朝鮮にとっての大きな脅威だからです。

このように考えていくならば、金正恩の行動は、すべて辻褄が合います。

まず、「親書ではなく口頭で」、韓国を経由して米国に米朝首脳会談を提案したことについては、もし米国がこれに応じ、「米国に裏切られたと思った日本が自国に首脳会談を持ちかけて来る」という展開になれば、日米の足並みを乱すことができます。

一方、米国がこれに乗らなかったとしても、金正恩としては問題ありません。なぜなら、書面にしていない以上、「言った」「言わない」の議論に持ち込むことができるからです。この場合、恥をかくのは韓国だけです。

もし米国が首脳会談を断っていたら?

では、仮に米国が米朝首脳会談に応じていなければ、いったい何が発生していたのでしょうか?

おそらく、金正恩は日朝首脳会談を持ちかけていたのかもしれません。とくに、「日本人拉致問題」は北朝鮮が日本に譲歩を引き出すうえでの外交カードだと思っている可能性は高いといえます。日朝両国は水面下で頻繁に接触していると考えられますが、首脳会談はこうしたルートを通じて呼び掛けられるでしょう。

実は、日本は「拉致問題の解決」と「核問題の解決」をセットにしていますが、米国にとっては最悪、「核問題」さえ解決すれば良いという話でもあります。その意味で日本が最も恐れなければならないのは、米国が「ハシゴを外す」という展開であることは間違いありません。

つまり、米国が米朝首脳会談に応じようが、米朝首脳会談を断ろうが、北朝鮮にとっては日米の結束を乱すために、「二の矢」「三の矢」を準備していると考えるべきでしょう。

その意味で、現在報じられているとおり、予算が成立した直後の4月に安倍晋三総理大臣が訪米し、ドナルド・トランプ米大統領と直接の首脳会談を行うと決めたことは、極めて適切な選択でした。なぜなら、日米の足並みを乱すこと自体が北朝鮮の目的だからです。

日朝首脳会談は適切なのか?

ところで、当ウェブサイトの読者の皆様であれば、1週間前に共同通信が報じた、「日本政府が日朝首脳会談への意欲を伝達している」とする記事に、見覚えがあるかもしれません。

政府、日朝首脳会談への意欲伝達(2018年3月22日 02:10付 ロイターより【共同通信配信記事】)

リンク先はロイターのものですが、オリジナルの記事は共同通信が配信したものです。これによると、日本政府は21日までに、「複数のルートを通じて」北朝鮮に対して日朝首脳会談の意欲を伝達したとしています。

この共同通信の報道の真偽については、正直、私にはよくわかりません。共同通信といえば、誤報や虚報のたぐいもそれなりに多く、とくに中国・朝鮮半島に関する報道については、何らかの「意図」が混入している可能性には注意が必要だからです。

しかし、一般論として考えるならば、いかなる国であっても、首脳会談自体を開催するのは良いことです。いや、もう少し正確にいえば、別に日本政府が北朝鮮に日朝首脳会談を申し入れたのは、今回が初めてではなく、もしかしたらすでに北朝鮮から日朝首脳会談のオファーを受け取っていたのかもしれません。

もちろん、安倍総理が常々、「対話のための対話はしない」と述べていることは事実ですし、北朝鮮が首脳会談自体を政治利用しようとしていることは間違いありません。したがって、今回、日朝首脳会談が実現したとしても、それが「対話のための対話」になってはならないというのは、その通りでしょう。

しかし、「会談自体が政治利用されない」のであれば、北朝鮮に対して正確な意図を直接伝えることは有意義です。老獪な安倍政権のことですから、3月に米国が米朝首脳会談を受諾したことを見極めたうえで、「泡を食って慌てて北朝鮮に首脳会談を呼びかけた」という風体を装っているのかもしれません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



安倍晋三という稀代の政治家

幸運だけではない、国益の最大化

さて、ここからは少し私の雑感を申し上げたいと思います。

私は安倍晋三政権を、100%支持している訳ではありません。同政権の政策には、経済政策を中心に同意できないものも多く、また、財務省の不祥事を奇貨として財務省を解体するほどの意欲も示していません。その意味で、私には安倍政権に対する強い不満があることも事実です。

ただ、それでも私が安倍政権を支持する理由は、ただ1つしかありません。それは、安倍総理が歴代政権の中でも、一番まともな部類に入るからです。とくに外交面では成果が目覚ましく、日本の地位が、かつてないほど高まっていることも事実です。

もちろん、これには安倍総理が「幸運」に助けられたという側面もあります。たとえばG8会合では、安倍総理よりも在任期間が長い政治家は、ドイツのアンゲラ・メルケル首相とロシアのウラジミル・プーチン大統領に限られていて、それ以外の首脳は全員、交替しています。

しかも、ロシアは2014年のクリミア半島併合事件によってG8会合から追放されており、メルケル政権も与党・キリスト教民主同盟(CDU)が議席数の低迷に苦しんでおり、政権基盤は脆弱です。

このように考えていくならば、G7諸国の中でドイツを除けば最も在任期間が長く、かつ、「あの」トランプ大統領ともまともに話ができる安倍総理が、世界の首脳の中で尊敬されないはずなどありません。つまり、安倍総理が在任していること自体が、日本にとっては国益の最大化につながっているのです。

対韓外交では大いに疑問だが…

ただし、外交をウリにする安倍政権ですが、対韓外交だけは納得が行きません。

その最たるものは、2015年12月に韓国とのあいだで成立させた、「日韓慰安婦合意」でしょう。これは、日本軍があたかも従軍慰安婦の強制連行に関与したかのような文言で、日本が国民の貴重な血税から10億円というカネを自称元慰安婦らに提供するという、信じがたい暴挙です。

当ウェブサイトでは何度も主張して来たことですが、そもそも「従軍慰安婦の強制連行」という問題自体、朝日新聞が捏造したものであり、史実に反します。しかも、それに輪を掛けて許せないのは、日本という国、日本人という民族に対するヘイト犯罪を仕掛けてくる、韓国政府と韓国国民の存在です。

現在の日本は、対北朝鮮外交では、北朝鮮の核放棄、日本人拉致事件の解決を達成することが必要ですが、それと並んで対韓外交では、慰安婦合意という失敗をどうにかする必要があります。

ただ、安倍政権には、まだ挽回するチャンスがあります。しかも、一気に成し遂げるチャンスがあるのです。

具体的には、拉致問題が発生した時点の枠組みそのものを変更し、武力行使を禁じた日本国憲法の改正とともに、南北朝鮮が二度と日本人を侮辱することができないようにしてしまうことです。

安倍政権下でどこまでできるかについては、私も注目しているところですが、これについては追々、当ウェブサイトでも議論していきたいと思います。

国内の妨害は必然

ただし、改革を成し遂げようとするならば、日本国内にもさまざまな抵抗勢力が存在することとも事実です。

たとえば、昨日は「森友学園関連決裁文書」の偽造事件を巡り、佐川宣寿(さがわ・のぶひさ)前国税庁長官の証人喚問が行われましたが、これも下らない私学スキャンダルで国会を空転させようとする動きと見るべきでしょう。

私の見立てでは、安倍政権の足を引っ張っているのは、おもに三者です。それは、

  • 官僚(財務省・外務省や文部科学省、厚生労働省など)
  • 野党勢力(民進党、希望の党、立憲民主党、日本共産党など)
  • マス・メディア(朝日新聞、NHKなど)

であり、彼らによる妨害は今後も続くことでしょう。

当ウェブサイトは、ささやかながら彼らの動きを逐一報告していきたいと思います。どうか引き続きご愛読ください。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (4コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (5コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。