本日は少し時事的な話題から離れ、普段から私が考えている内容の一端を紹介しておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人は正直

日本社会の本質

最近、当ウェブサイトでは時事的な話題が続いています。とくに、当ウェブサイトで深い関心を払ってきた朝鮮半島情勢などを巡る動きがあまりにも急速であるため、どうしても「目先の話題」を取り上げることが増えて来ているのです。

ただ、最近の大きな動きを振り返るとともに、ここで少しだけ立ち止まって、「そもそも論」について少し考えてみたいと思います。それは、「日本社会の本質」について、です。

当ウェブサイトの読者の皆様であれば、多くの方が日本に在住し、日本人として暮らしていらっしゃると思います(私の場合は母親が在日韓国人2世でしたが、生前に日本に帰化しており、ずっと日本人として暮らしてきたという事情もあり、少なくとも私は自分自身を日本人だと認識しています)。

こんな日本社会にどっぷりと浸って暮らしていれば、ともすればわからなくなることがありますが、実は、日本人は世界の中でも、最も正直な民族であり、また、世界で最も治安の良い国です。しかし、多くの日本人は意識していませんが、世界には「平気でウソをつく」ような国もあります。

以前から当ウェブサイトで申し上げたとおり、私は大学生時代、あるいは独身時代、格安航空券を買っては世界各国を歩いてきました。指折り数えると、今まで50ヵ国近い国を訪れた計算です。中には日本と似たような価値観が通じる国もありますが、そうでない国もあります。

「ユーロ圏に加盟しているような国であれば、日本と同様、きちんと約束を守る人たちばかりだ」と思うかもしれませんが、そうではありません。残念ながら、ユーロ圏に加盟するような先進国であっても、平気で観光客を騙そうとする人たちがいる国もあります。

日本人がヨーロッパ旅行をしていると、カフェテリアで席を取ろうとして自分のカバンを置いたところ、そのカバンが盗まれるという事件は良く発生します(とくに某イタリアとか、某イタリアとか、他にも某イタリアとか)。かくいう私もイタリアで液体をかけられたり、サイフをすられそうになったりと、ずいぶんな目に遭いました。

これは、別に日本が良いというわけではなく、また、海外が悪いというわけでもありません。単なる価値観の違いです。

ただし、「価値観が違う国がある」という事実を、私たち日本人はしっかりと認識しておく必要があります。

北欧社会の新鮮な体験

なお、外国の名誉のために申し上げておきますと、日本並みに正直で治安が良い国はほかにも存在します。

たとえば、北欧は非常に治安が良く、また、秩序だった社会です。何度目かの欧州旅行のときに、デンマークからスウェーデン、ノルウェーをレンタカーで廻ったことがあったのですが、どのレストランに入っても、過大請求もなく、また、チップすら受け取ってくれませんでした。

南欧(イタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャ)の場合は、レストランで過大な額を請求されることも多く、また、少し多めにおカネを渡すと、嬉しそうにチップとして受け取ってしまいます。「お会計は18ユーロ」といわれて、20ユーロ紙幣を渡すと、おつりが出てこないこともよくあります(必ずそうとは限りませんが…)。

しかし、北欧で同じ感覚で、たとえば「お会計は18クローネ」といわれ、20クローネ紙幣を渡して店を出ようとすると、店員さんがあわてて追いかけて、来て2クローネのお釣りを渡してくれるのです。これは私にとっては非常に新鮮な体験でした。

ほかにも、一部の国では、宿泊客がホテルに「マクラ銭」を置いていくという習慣があります。これは、ホテルの部屋を掃除してくれる人たちのために、マクラの上におカネを置いておくというものですが、ドイツや英国に宿泊した時には、清掃員がこのマクラ銭を持って行ってくれませんでした。

さらに、首都・ローマが世界の有名観光地の中では最も治安が悪い街の1つであることでも知られるイタリアであっても、田舎に行けば治安は良く、人々は純朴です。イタリアに限らず、観光地から離れた田舎街で、身の危険を感じたことはありません。

つまり、「外国ではチップが必要だ」、「外国では観光客を騙そうとする人が多い」、「外国では治安が悪い」というステレオタイプは正しくない、ということです。

世界を日本人的価値観で見てはならない

しかし、「隙あれば外国を騙してやろう」とする国・民族も、間違いなく存在します(別にどこがそうだとは申し上げませんが…)。いずれにせよ、「騙される方が悪い」という発想を持つ国や民族が世界に居て、日本人的な「性善説」に立っている国・民族だけではない、という点については、意識する必要があります。

つまり、「外国から騙されることがあり得る」ということを、善悪ではなく、事実として知っておく必要があります。

そういえば、第二次世界大戦では日本は惨めな敗北を喫しましたが、当時のソ連は日ソ中立条約を破って対日参戦しました。『改めて北方領土問題を整理する』でも指摘しましたが、南樺太と千島が奪われたのは、日本がポツダム宣言の受諾を公布した直後です(『どこまでも卑劣なロシア』参照)。

日本の大本営は、最後の最後まで、ソ連が対日参戦しないと思い込み、よりにもよってソ連に対米講和の仲介を依頼しようとしていたという話もありますが、事実ならば「愚かの極み」です。

ただ、相手がソ連で良かったともいえます。なぜなら、ソ連は結局、日本の敗色が濃厚になり、絶対に反撃を受けないという確証を得てから、対日参戦しているからです。ソ連に占領されたのが南樺太と千島に留まり、北海道が無事だったことは、ある意味で当然だったとも言えます。

もう1つ申し上げておきますと、「中国やロシアと軍事的な不可侵条約を結べば自衛隊が不要になる」などと考える人がいるようですが、これは極めて危ない考え方です。中国にしろロシアにしろ、日本人と同じ感覚で国際条約を守ってくれるという保証はないからです。

あるいは北朝鮮が何度も国際社会との約束を破り、核開発を続けて来たことや、韓国が日本とのさまざまな約束を破り、何度も何度も、歴史問題を蒸し返して来たことも、同じ文脈で理解すべきでしょう。

そのように考えていくならば、世界を日本的な価値観で見てはならないのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日本の信頼はどう作られたか?

世界で信頼される日本人

ところで、日本人は実によく約束を守る民族ですし、実に正直な民族です。そんな日本人は、世界からどう見られているのでしょうか?「ただのお人よしの鴨」でしょうか?それとも「単なる金づる」でしょうか?これについて、少し古いニュースですが、こんな話題を発見しました。

日本のパスポートは世界最強、180カ国のビザ免除(2018.03.02 Fri posted at 11:55 JST付 CNNより)

CNNによると、「ビザなしで渡航できる国の数を比較した世界のパスポートランキングで、日本とシンガポールがトップに立った」としています。この「ビザなし渡航」とは、おそらく一般的な「観光ビザ・短期ビザ免除プログラム」のことを意味しているのでしょう。

CNNは「ヘンリー&パートナーズがまとめた2018年2月版の報告書」によると、日本のビザなし渡航国が180ヵ国で、シンガポールと並んでトップだったとしています。ビザ免除プログラムの適用は、わかりやすく言えば、「その国からの入国者が悪さをしない」という確証がある証拠です。

その「悪さ」の典型例は、「不法就労」です。

たとえば、1人当たり国民所得が1万ドルのA国と、1人当たり国民所得が10万ドルのB国があったとします。A国とB国は、単純計算で国民所得に10倍の差がついている格好です。A国出身者がB国にやってきて、1時間働けば、A国で10時間分働くのと同じ給料がもらえるとしたら、どうするでしょうか?

私がA国出身者で、A国で貧しい暮らしを余儀なくされていた場合、B国で働けるなら、遠慮なくB国に「出稼ぎ」をしに行くに違いありません。しかし、B国にとっては、A国から大量の労働者が入ってくると、困ったことになります。治安の悪化、雇用の喪失、文化的摩擦などが生じかねないからです。

そこで、通常は就労目的の入国には制限があります。日本もご多分に漏れず、就労目的で日本に入国するためには、外国人に就労ビザの取得を義務付けています。逆に、就労ビザなしに日本に入国して労働した場合は「不法就労」です。

つまり、世界の最貧国出身者に観光ビザ免除プログラムを適用すると、あっという間に日本の労働市場はこれらの国からの不法就労者で占領されてしまいます。他にも、日本にやってきて盗みを働く不届きな人間は、水際で拒否しなければなりません。

逆に言えば、世界180ヵ国から日本人(日本国籍保持者)に対する入国ビザが免除されているというのは、それだけ日本人の信頼が高いという証拠でしょう。

信頼をなくすのもあっという間

この「入国ビザ免除」には、外交慣例上、いくつかのルールがあります。

1つは「相互主義」です。相手国が日本人に対してビザ免除を適用しているのであれば、逆に日本も相手国に対するビザ免除を適用するというのが、この「相互主義」です。日本がこの「相互主義」に基づいてビザを免除している国は、2018年2月現在で87ヵ国です(詳しくは外務省のウェブサイト参照)。

ただ、「相互主義」がすべてではありません。相手国が日本人を観光客として歓迎したいと考えている場合には、相手国が一方的に日本人に対して観光ビザなどの免除プログラムを適用することがあります(いわゆる「一方的免除」)。

私自身も記憶にあるのですが、過去にイランが日本人に対して入国ビザを免除した際、日本も相互主義に基づき、イラン人に対する入国ビザを免除しました。そして、東京だと上野公園あたりにイラン人が大量にたむろし、変造テレカを販売していました。

この「変造テレカ」とは、使用済みの「テレホンカード」の裏に磁気テープを張り、再び使えるようにしたものです。テレホンカードとは、公衆電話で使えるプリペイドカードのことであり、10円分を1度数として、今でも50度数分(500円)と105度数(1000円)の2種類が販売されています。

ただ、変造テレカの蔓延が社会的な問題となったことを受け、当時存在していた「10000円分」、「5000円分」などのテレカは廃止され、また、イラン人に対する「一般旅券」所持者に対するビザ免除プログラムは1992年4月15日以降、停止されてしまいました。

(※余談ですが、この「変造テレカ」、私がむかし働いていた朝日新聞の販売店で所持している者が複数いました。ある者は変造テレカの現物を自慢げに私に見せて来たのですが、そのようなものを所持しているだけでも非常識です。さすが朝日新聞の配達員、といったところでしょうか。)

いずれにせよ、ビザ免除プログラムを獲得した後も、「その国の国民が犯罪を起こしていない」という実績が必要であり、地道に信頼を維持しなければなりません。信頼をなくすのもあっという間なのです。

ソフト・パワーの勧め

さて、海外旅行の話題に戻ります。

私自身、外国に出掛けて痛感したのは、世界中、どこの国に行っても、アニメやゲーム、音楽といったコンテンツは人々を魅了します。そして、これらのコンテンツの多くは、米国製か、それとも日本製です。とくに、ヨーロッパでは「ハローキティ」が大人気で、それこそ街中でキティさんを見かけます。

お隣の国のメディアを眺めていると、全世界が「韓流スター」に魅了されている、といった報道を見かけることもありますが、少なくとも私が見たところ、韓国のスターを街中で見かけたことはありません(もちろん、網羅的にチェックしたわけではありませんが…)。

そのように考えていくと、こうしたコンテンツは、人々から本当に好かれなければ広がっていきません。

それから、『ポルトガルのレストラン「大阪(おさか)」』でも触れましたが、日本食のレストランは、いまや全世界で見かけます(もっとも、中には明らかに「日本人ではない人」が「日本人のふり」をして現地人相手に日本食もどきを提供しているケースもありますが…)。

このように考えていくと、「日本」を象徴するソフト・パワーは、世界中を日本のファンにするという効果があります。長い目で見れば、日本の国益にも寄与します。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



中国ですら親日国に?

ところで、『BBC世界影響度調査を読む』でも紹介したとおり、客観的な調査によれば、日本は世界的に見て、「良い影響を与えている国」の1つです。

BBC世界影響度調査を読む

ただ、日本に対して厳しい印象を持つ国は、中国と韓国と北朝鮮です。実際、中国では日本が「世界に良い影響を与えている」とする回答が22%に対し、「世界に悪い影響を与えている」とする回答が75%で圧倒している状況です。つまり、中国では反日が「国是」のような国であることは間違いありません。

ところが、インターネット上では、こんな情報も流れています。

旧日本軍のコスプレで「怒りの人肉捜索」、過激な媚日派が制裁受ける=中国メディア(2018-02-27 22:12付 サーチナより)

「サーチナ」によれば、最近の中国では「親日」、「知日」、あるいは日本に媚びる「媚日(びにち)」と呼ばれる人もいるのだそうです。極端な「媚日」派の人物が「旧日本軍のコスプレ」をして物議をかもしたのだとか(本当でしょうか?)。

ただ、『2017年の日韓観光統計を読む(前編)』でも紹介したとおり、日本を訪れた中国人は、昨年を通じて736万人に達しています。中国国内の偏狭な反日教育と、現実に自分の目で見た日本の姿の落差を認識すれば、考え方を改める中国人は少なからず出現するはずです。

2017年の日韓観光統計を読む(前編)

私は、日本人が「世界は善良な国だけではない」と認識することが何より必要だと考えていますが、だからといって、「日本人がずる賢くなる」必要はないと考えています。そのことを、改めて指摘しておきたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (4コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (5コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。