昨日の『【速報】トランプ氏「金正恩と会談」』について、ニュースを紹介しただけで中途半端に終わってしまっているので、本日はそのフォロー・アップを行っておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

話題の棚卸

本日の「朝刊」を配信するに当たって、実は、私としては悩みました。というのも、近いうちにどうしても紹介しておきたい話題が2つほど溜まっていることに加え、「朝日新聞による『財務省文書改竄』捏造報道疑惑」を巡る混乱についても見ものですし、また、昨日署名が終わったTPPイレブンの話題や、中国における国家主席の任期撤廃などの話題も取り上げたいところです。

ただ、やはり本日は、昨日の『【速報】トランプ氏「金正恩と会談」』のフォロー・アップを行っておきたいと思います。というのも、昨日はニュースの羅列を紹介しただけで終わってしまったからです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



米朝首脳会談に応じた意味

経緯のまとめと雑感

さて、昨日配信した『【速報】トランプ氏「金正恩と会談」』で既報のとおり、米国のドナルド・トランプ大統領は、北朝鮮の独裁者・金正恩(きん・しょうおん)と5月までに会談を行う意向を表明しました。これまでの報道から、ここに至るまでの経緯を簡単に振り返っておきましょう(図表)。

図表 米朝首脳会談決定までの経緯
日付 出来事 当サイト関連記事
3月4日(日) 韓国大統領府、韓国大統領府の鄭義溶(てい・ぎよう、Chung Eui-yongチュング・エウイ・ヨング)国家安保室長や徐薫(じょ・くん、Suh Hoonスー・ホオン)国家情報院長らを、北朝鮮の首都・平壌(へいじょう)に特使として派遣すると唐突に発表 【夕刊】アメリカは文在寅を「泳がせている」のか?
3月5日(月) 韓国の「特使」、北朝鮮の独裁者・金正恩(きん・しょうおん)との間で、夕食を含めて4時間12分に及び面会 【夕刊】どうして南北特使報道が出てこないのか
3月6日(火) 韓国大統領府、北朝鮮が「非核化を前提とした米朝首脳会談」と「南北首脳会談」を提案してきたなどと発表 【速報】非核化と南北首脳会談と謎の運転席理論

【夕刊】対韓不信:ワシントンに流れる微妙な空気

3月8日(木)※米国時間 鄭義溶国家安保室長がホワイトハウスで「米国が米朝首脳会談を受け入れた」と表明、ホワイトハウスのサンダース報道官もこれを確認 【速報】トランプ氏「金正恩と会談」

(【出所】各種報道等をもとに著者作成)

読み辛い「米国の真の狙い」

正直、私は昨日、米国のホワイトハウスが「米朝首脳会談を受け入れた」とする報道に接し、驚きました。なぜなら、米国が相当程度、韓国に対してフラストレーションを感じていることは明らかだったからです(『米韓当局者会談を前に:韓国を「見透かす」米国』参照)。

また、韓国が北朝鮮に良いように利用されているのも明らかです。実際、平昌(へいしょう)冬季五輪は「平壌(へいじょう)冬季五輪」と揶揄されるほど、北朝鮮によって徹底的に政治利用されましたし、北朝鮮が嫌がる米韓合同軍事演習も延期になりました。

さらに、北朝鮮はこれまで一貫して、米国に対し「わが国を核保有国として扱え」と要求して来たにもかかわらず、ここに来て、突如として「非核化などを議題に米朝首脳会談に応じる」と言い出したことも、自然に考えたら明らかに「時間稼ぎ」と見るべきでしょう。

そのように考えたら、米国としては韓国の特使経由で「北朝鮮は米朝首脳会談を欲している」というメッセージを受け取ったとしても、「検討する」と言いながらたなざらしにしつつ、韓国の特使らに対しては「米韓合同軍事演習の再開」を強く迫っておくべきだったでしょう。

米国のメディアを読んでいると、トランプ政権は発足からまる1年以上が経過しているにもかかわらず、いまだにいくつかのポストでは空席が続いており、政権が部分的に機能していないのではないかとの情報も目にします。このように考えるならば、トランプ政権が「判断ミス」をしたのではないかとの疑念もあります。

当ウェブサイトでは、かなり以前から、北朝鮮の非核化を巡る米国の「覚悟」を巡って、疑念を呈してきました。この「米国の判断ミスの疑い」については、可能性の1つとしては重要です。

注意点:北朝鮮は約束を守らない国

その一方で、考え様によっては、これは悪い話ではありません。というのも、外交の場では、「目的」さえ達成できれば成功である、というのも事実だからです。ここでいう「目的」とは、米国にとっては北朝鮮の非核化であり、日本にとっては北朝鮮の非核化と拉致問題の解決です。

極端な話、北朝鮮の非核化と引き換えに、韓国が北朝鮮によって赤化統一されたとしても、「日本の隣に危険な核武装国家が出現する」という悪夢に比べれば、遥かにマシです。いや、「赤化統一された朝鮮が核武装している」という状況は、韓国の滅亡を含め、あらゆる犠牲を払っても避けなければなりません。

さらに、北朝鮮がここまで「譲歩」してきたことは、それだけ北朝鮮が現在の国連安保理決議に基づく制裁に苦慮している証拠と見ることもできます。なぜなら、北朝鮮はまさに「非核化を前提とした話し合い」を拒絶して来たからです。

このように考えていけば、どのような形であれ、「北朝鮮の方から」非核化を前提とした話し合いを申し出て来たことは、千載一遇のチャンスと見ることもできるかもしれません。

しかし、それと同時に私たちが知らなければならないことが、1つあります。それは、北朝鮮が「約束を守らない国」である、という点です。日本時間昨日朝方に掲載された、次のワシントン・ポスト(WP)の記事を読めば、米国側でもそれに対する警戒心が出ていることは明らかでしょう。

Trump accepts invitation to meet with North Korean leader Kim Jong Un(米国時間2018/03/08(木) 19:48付=日本時間2018/03/09(金) 09:48付 WPより)

このWPの記事から、該当する部分を眺めてみましょう。

“Former U.S. officials cautioned that the North has made promises before, only to break them. During President George W. Bush’s second term, after talks with the United States and several other nations, the North agreed to freeze parts of its nuclear program in exchange for the lifting of some economic sanctions. Then it violated the agreement by testing more missiles.(これまでの米国当局者は、北朝鮮にとっての約束とは、破るためのものだと警告する。ブッシュ政権第2期において、米国を含めたいくつかの国との協議において、北朝鮮は核計画を部分的に凍結することに同意し、それと引き換えに経済制裁のいくつかを解除させた。その後、北朝鮮はその合意に反してミサイル実験に踏み切ったという経緯がある。)”

トランプ大統領自身を含めたトランプ政権が、このことを深く認識しているならば、何も心配することはありません。今回、米国が米朝首脳会談に踏み切ったのは、米国なりに何か狙いがあってのことだと考えることができるからです。

しかし、トランプ氏自身、米国において長年、不動産ビジネスで成功してきた人物でもあります。米国外には、「契約の概念がない、話がまったく通じない相手」が存在するということを、どの程度まで理解しているのか、甚だ疑問です(もっとも、昨日付のBloombergニュースによれば、米国側は今のところ、米朝首脳会談が行われるまでの間も「すべての制裁と最大限の圧力については継続する」(サンダース報道官)としていますが…。)

いずれにせよ、「北朝鮮は絶対に約束を守らない国だ」という点を、トランプ氏には肝に銘じてもらいたいところです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



迅速な日本政府の対応

安倍総理記者会見

ところで、今回のトランプ大統領の決断を受けて、日本政府の対応は迅速でした。安倍総理は昨日の時点でさっそく、トランプ氏と電話会談を行い、そのうえで、予算成立後の4月中に訪米してトランプ氏と日米首脳会談を行う約束を取り付けたのです。

トランプ米国大統領との電話会談についての会見(2018/03/09付 首相官邸HPより)

もちろん、安倍総理のことですから、今回の件についても、トランプ政権の動きを事前に察知していて、訪米についてもある程度、水面下で決めていた可能性はあります。ただ、もしトランプ政権の動きが「寝耳に水」だったとしても、今回の安倍政権の動きは迅速というほかありません。

ここで、何よりも重要なことは、「前後関係」です。おそらく、「4月中の日米首脳会談」は、トランプ氏が金正恩と会談するよりも前に実施されることになるでしょう。つまり、日米両国がしっかりと意見のすり合わせを行ってから(あるいは安倍総理が「入れ知恵」を行ってから)、トランプ氏が米朝会談に臨むのです。

私個人的には、この会談については、金正恩と文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の間で行われる予定の南北首脳会談よりも後になるべきだと考えています。つまり、できるだけ最新の情勢を見極めたうえで、安倍・トランプ両氏が緊密に連携することができるからです。

おそらく、日程的には、これから日米両国で詰めることになると思いますが、首脳会談を行うこと自体、北朝鮮に対して日米連携を強く見せつけることになるという点についても、意義深い点です。

日本が「プレイヤー」になりつつある

そして、ここではもう1つ、極めて重要な点を指摘しておきましょう。それは、いまや日本が「傍観者」から「プレイヤー」になりつつある、という点です。ここでは、関連する韓国メディア『中央日報』(日本語版)の報道を、2つほど紹介しておきましょう。まずは、この記事です。

北朝鮮、特使団の米国出国日に合わせて米国の代わりに日本非難…なぜ?(2018年03月08日14時30分付 中央日報日本語版より)

北朝鮮を訪問した韓国側の特使が米国に向けて出国した8日、「米国を批判するのではなく日本を批判した」というのが、この記事の主張です。つまり、北朝鮮の労働党機関紙「労働新聞」が「対外関係の内容を主に扱う6面に日本を非難する内容の記事4件を掲載した」のだそうです。

これによると、「日本に対しては河野太郎外相を名指ししながら「政治の矮人に成り下がり、卑しいもの乞い外交をしている」という内容の非難を浴びせた」のだそうですが、北朝鮮のメディアは自国に都合が悪い人物を批判してくれるので、非常に分かりやすすぎて困ります。

つまり、河野太郎外相という人物が、今や、北朝鮮にとって厄介な人物になりつつあるということであり、それだけ日本の外交が北朝鮮を追い詰めている証拠でしょう。

次に、もう1つの記事が、これです。

【中央時評】日本、プレーヤーとオブザーバーの間(1)(2018年03月09日08時22分付 中央日報日本語版より)

この記事は中央日報の東京総局長が執筆したのだそうですが、言葉の端々から日本に対する妬みが感じられ、「東京総局長という責任ある人物」が執筆した文章だと言われても、なかなか信じられません。

ただ、普段から日本を貶めることに余念がない韓国メディアですら、「日本がプレイヤーになりつつある」という事実を認めざるを得ない状況にあるということは事実でしょう。

安倍外交は「慰安婦合意の失点」を回復できるか?

当ウェブサイトで何度も繰り返してきた私の持論があります。それは、2015年12月の「日韓慰安婦合意」とは、短期的な国益を追求するあまり、日本人の名誉と尊厳を犠牲にした、「安倍外交」の最大の失態だった、という点です。

保守派の論客の間では、この日韓慰安婦合意は「日本外交にとって大成功だった」などとする意見も見られますが、これはとんでもない勘違いです。なぜなら、この合意のせいで、全世界で虚偽の慰安婦像や虚偽の碑文が猛烈な勢いで増殖し、現在進行形で日本人の名誉と尊厳を傷つけているからです。

ちなみに慰安婦問題とは、

文筆家・吉田清治の虚偽証言に基づき、朝日新聞社が捏造した記事をきっかけに、『1941年12月9日から1945年8月15日までの期間において、日本軍が朝鮮半島で少女だけ20万人を組織的に誘拐し、戦場に強制連行して性的奴隷にした』とするウソをもとに、韓国政府と韓国国民がすべての日本人を対象に仕掛けている民族ヘイト犯罪

のことです。その意味で、真の加害者は韓国国民と韓国政府であり、真の被害者は日本人です。

何より、その慰安婦合意を利用し、日本を貶めるプロパガンダ戦を仕掛けて来ている国は、中国です。いわば、中国共産党が裏で糸を引き、韓国政府や韓国政府を「鉄砲玉」として使役することで、日本に対する情報戦を全力で仕掛けて来ているのです。

私はすでに韓国が日本の敵対国であると認識していますが、いまこの瞬間、韓国と中国から浴びせられる謂れもない批判の少なからぬ原因を作ったのが、安倍総理による慰安婦合意でもあるのです。

翻って、今回の北朝鮮核開発問題については、今のところ、安倍政権はきちんと仕事をしていると思います。ただ、「慰安婦合意の失点」を回復するには至っていません。朝鮮半島問題を巡って、安倍政権がこれをどうハンドリングするかについては、私としても慎重にウォッチしたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (4コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (5コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。