先週掲載した『「嘘の新聞」とは、もしかしなくても「朝日新聞」です』という記事は、思いのほか、多くの反響をいただきました。それだけインターネットを中心にメディアに対する不信感が強いという証拠だと思いますが、こうしたなかで、マス・メディア側の余裕がなくなって来たようです。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「嘘の新聞」のサジェストが消えた?

先週、『「嘘の新聞」とは、もしかしなくても「朝日新聞」です』のなかで、インターネット検索サイトのグーグルで「嘘の新聞」と入力すれば、「朝日新聞」とサジェストされる、という話題を紹介しました。

ただ、その後、今月に入ってから同じことを試してみたのですが、グーグルのサジェスト機能で「嘘の新聞」という表示がなくなってしまいました。もしかすると、朝日新聞社がグーグルに抗議したのかもしれません。

しかし、そのような細工をしたとしても、「朝日新聞は捏造の新聞である」というのは、私たちのようにインターネットで情報を発信し、情報を収集する「ネット民」の間では、今や、ほぼ常識になったと言っても良いでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



フェイク・ニュースの定義

朝日新聞社=テロ組織説

さて、最近、「フェイク・ニュース」という単語が流行しています。ただ、インターネット上で論じられる「フェイク・ニュース」と、マス・メディアで報じられる「フェイク・ニュース」を比べると、少し意味合いが異なるようです。

朝日新聞は「フェイク・ニュース」を、おもにインターネット上で流される流言飛語のたぐいだと決めつけているようですが、私たちインターネット・ユーザーの間では、新聞社やテレビ局が「報道機関」としての役割を悪用して、一般国民を騙すために流しているニュースのことをさします。

そして、わが国の戦後最悪級の報道犯罪といえば、朝日新聞社が捏造し、いまだに十分な訂正報道がなされていない「従軍慰安婦問題」です。これは、文筆家の吉田清治の虚偽証言をベースに、朝日新聞社が1980年代以降、繰り返し報道したものですが、現在は世界中で次のように喧伝されています。

従軍慰安婦問題とは、1941年12月9日から1945年8月15日までの間、日本軍が朝鮮半島で少女を20万人、拉致し、戦場に強制連行して性的奴隷として使役した事件のことである。

自然に考えてみればわかりますが、当時の朝鮮半島の人口は2000万人程度であり、人口の半分(1000万人)が女性だったとして、その2%に相当する人が軍により組織的に徴発されたのであれば、当時から大問題になっていたはずです。

20万人もの女性はどこに連れていかれたのか。輸送手段は何だったのか。慰安所によっては部隊よりも多い性的奴隷がいた計算だが、食料はどうしていたのか。それほどたくさんの慰安婦が、終戦後、どこに消えたのか。何より、少女が20万人連行された時、朝鮮人の男たちは何をしていたのか――。

こうした「常識的で合理的な検証」をすっ飛ばし、「少女20万人」「戦場」「強制連行」「性的奴隷」という衝撃的なキーワードが独り歩きしている理由は、何といっても、朝日新聞社が捏造し、それに韓国政府・韓国国民が国を挙げて乗っかり、さらに中国共産党が裏で手を引いているからにほかなりません。

もちろん、朝日新聞社の報道犯罪はこれに留まりません。同社は近年だけでも福島第一原発の故・吉田所長の証言を捏造報道した事件や沖縄県サンゴ礁事件などを発生させていますが、捏造報道犯罪を次々と繰り返す同社は、もはや報道機関というよりもテロ組織と位置付けた方が適切かもしれません。

沖縄二紙などのフェイク・メディア

ただ、私は朝日新聞社を舌鋒鋭く批判していますが、朝日新聞社以外の新聞社、テレビ局にも、問題のある会社は多数あります。そのなかでもとくに酷いのが、沖縄県の二紙――『琉球新報』と『沖縄タイムス』です。

とりわけ酷かった事件が、「ニュース女子騒動」です。私はこれを、事実を報じたら沖縄県の二紙や「パヨク」界隈の人たちが大騒ぎした事件だと考えています(昨年1月の「ニュース女子騒動」については、詳しくは昨年の記事『沖縄タイムスへの「ブーメラン」疑惑』、『東京MXテレビは「ウソつき」なのか?』などでも取り上げていますのでご参照ください)。

こうしたなか、地上波テレビ局である東京MXテレビが「ニュース女子」の放送を終了することにしたそうです。

「ニュース女子」今月末で終了 MX発表 米軍基地報道で批判(2018.3.1 16:47付 産経ニュースより)

注意すべきは、「今月末で終了」するのは「東京MXテレビがこの番組を流すこと」であり、別に番組を制作しているDHCテレビが『ニュース女子』の制作を終了するわけではない、ということであり、DHCテレビのウェブサイトから、インターネット上で普通に視聴可能です。

ただし、この「東京MXテレビがニュース女子の番組放送を終了させること」について、沖縄タイムスが、次のとおり、明らかな誤報(あるいは捏造報道)を行っています。

「ニュース女子」終了:謝罪や訂正なく怒り 「デマの責任重大」(2018年3月2日 09:09付 沖縄タイムスより)

タイトルを見ると、「ニュース女子の番組制作が終了する」かのように読み取れてしまいますが、これなども明確な虚偽報道であると言えます。何より、沖縄タイムスは先月の名護市長選を受けて、自分たちが支援した候補が落選したことを「民主主義の敗北」と言い放ったメディアです(詳しくは『【時論】名護市長選・沖縄タイムスの現実逃避』、『【夕刊】「敗戦」を認めない沖縄タイムスの醜悪さ』などをご参照ください)。

【時論】名護市長選・沖縄タイムスの現実逃避

【夕刊】「敗戦」を認めない沖縄タイムスの醜悪さ

フェイク・メディアがのうのうと新聞を発行し続けること自体、非常に嘆かわしい話です。

フェイク・メディアと韓国との共通点

ただ、私が普段申し上げている内容をご存知であれば、上記の話にはご賛同いただけるものの、「別に新鮮味はない」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、どうしてわざわざ私が本日、この「フェイク・ニュース」という話題を取り上げたのかといえば、数日前に韓国の複数のメディアが報じた、「従軍慰安婦の虐殺映像」に関する報道を見て、ふと気付くことがあったからです。

韓経:「旧日本軍の朝鮮人慰安婦虐殺あった」(2018年02月28日09時15分付 中央日報日本語版より)

リンク先の記事は、韓国・ソウル市などが、1944年9月に中国雲南省で撮影された19秒ほどの映像を、「朝鮮人慰安婦が日本軍によって虐殺された後、ひとまとめにして捨てられる場面」などと紹介した、というものです。

現時点でこれが「慰安婦に関するものだ」とも、「慰安婦とは無関係のものだ」とも断言するだけの根拠は、私自身にはありません。ただ、インターネット上ではさっそく、これは「支那人が日本人の死体から靴下や身につけている物を略奪している光景」ではないかとの反論も出ているようです。

(※もっとも、この反論が正しいかどうかについて、私自身は現段階で判断を保留したいと思いますが…。)

韓国・ソウル市関係者が、この映像をどこから持ってきたのか定かではありませんが、このインターネット時代、情報源を開示すれば、ウソをついてもすぐにバレてしまいします。なぜなら、検証して証拠付きで反論する人が、どこからともなく出て来るからです。

特定の国家のことを貶めるのは本意ではありませんが、韓国の場合、この手の「ウソ・欺瞞」が多すぎます。慰安婦問題自体が朝日新聞社の捏造であるという事実を、韓国人自身が受け入れられず、目を背けているというのは、その大きな証拠でしょう。

そして、フェイク・ニュースを垂れ流す人たちは、「インターネット上の検証にも耐えられるよう、証拠付きで議論する」という、議論の基本的な姿勢を怠っているのです。その意味では、日本の「マスゴミ」と揶揄される人たちと、フェイク・ニュースで日本人の名誉と尊厳を傷つけ続ける韓国という国には、何か密接な共通点を感じずにはいられないのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



余裕を失うマス・メディア

怪しすぎる「新団体」

ただ、私は最近、マス・メディア側に、次第に余裕がなくなってきたのではないかと感じることが増えて来ました。読者・視聴者に対し、一方的に情報を提供するという社会的特権を享受してきた新聞・テレビが、報道内容のウソを瞬時にインターネット側に見破られることが増えて来たからです。

こうした中、「フェイク・ニュースを垂れ流して来た側」から、奇妙な動きが出て来ました。「フェイク・ニュースや不正確な情報への対策」として、「インターネット・メディア協会(JIMA)」なる組織を設立しようというのです。

「フェイクニュースはペストに匹敵」新団体がガイドライン設定へ(2018.2.26 19:06付 産経ニュースより)

産経ニュースによれば、この団体は、インターネットで情報を発信するマス・メディア各社や、これらが配信するニュースを取り扱うプラットフォームなどに加盟を呼び掛け、同団体が今後設定するガイドラインを遵守させることで「インターネットメディアの信頼性を向上させる」ことを目的とするようです。

しかし、発起人のうち1人は、なんと、朝日新聞と並ぶフェイク・ニュース・メディアである毎日新聞の小川一取締役です。その小川氏は、

フェイクニュースは世界を根底から腐らす災厄、中世のペストに匹敵する。これを乗り越えないと未来がやってこない

と述べたのだそうですが、この時点で「フェイク・ニュースを垂れ流して来た側が何を言っているのか」と呆れてしまいます(毎日新聞社の許されざる過去の報道犯罪「WaiWai事件」については、外部ウェブサイトなどにまとめられていますので、適宜ご参照ください)。

私自身、フェイク・ニュースが民主主義社会を破壊しかねないものであるという認識については、私もまったく同感です。しかし、それを流してきたのは、インターネットのウェブサイトよりも、毎日新聞を含めたマス・メディアの側です。産経ニュースは

インターネット上で影響力を持つ個人に加盟してもらう案もあるという

などと述べていますが、私はむしろ、弱小ウェブメディアを運営している立場にあるとはいえ、この団体に加盟することは絶対にありません。いや、それどころか、引き続きオールド・メディアの誤報、捏造報道、偏向報道を厳しく糾弾していくつもりです。

旧来型ジャーナリストの苦境

メディアの苦境を取り上げたついでに、こちらのコラムについても簡単に触れておきましょう。

「朝日新聞叩き」はなぜ受けるのか/自衛隊と憲法の矛盾ははっきりさせなくてもいい(2018年3月2日付 日経ビジネスオンラインより)

リンク先の記事は、日経ビジネスオンライン(NBO)に掲載された、ジャーナリストの田原総一朗氏による連載シリーズ『田原総一朗の政財界「ここだけの話」』の最新記事です。

NBOといえば、鈴置高史・日本経済新聞社編集委員による『早読み深読み朝鮮半島』シリーズに代表される「大人気記事」が掲載されているウェブメディアであり、私は常々、「鈴置説を読むためだけであっても、わざわざNBOに読者登録をする価値がある」と申し上げています。

しかし、田原総一朗氏の記事に関しては、残念ながら、毎回、大幅な期待外れに終わることの方が多いと思います(※ただし、これはあくまでも私自身の主観ですので、同氏の主張については、是非、ご自身でお読みになってご判断ください)。

まずは、田原氏の記事の要点を、私の文責で抜粋・要約しておきましょう(語順等は適宜入れ替えてあります)。

  • 最近、一部の雑誌の「朝日新聞叩き」が目立つ
  • おそらく、朝日叩きをやると売り上げが伸びるのだろう。しかし、毎月のようにこういった主張が並ぶところを見ると、少々過熱しているのではないかと感じる
  • 朝日叩きが強まったのは、森友・加計問題、あるいは共謀罪の問題などで、安倍内閣の支持率が落ちてきた辺りからだった
  • マス・メディアというものは、基本的には国家権力に対する監視役であり、安倍政権を厳しく監視し、行き過ぎや誤りを批判するのは、本来はごく当たり前のことである
  • 「朝日叩き」が売れるようになった一つの理由は、安全保障に対する考え方だろう
  • 日本はGHQから押し付けられた憲法を逆手に取って、米国の戦争に巻き込まれないようにしてきた
  • 安倍晋三首相以前の自民党の歴代首相は、憲法と自衛隊という矛盾し、拮抗する存在を、矛盾するまま保持することが重要だとする(国際政治学者の)高坂正堯(まさたか)氏の理論に賛成していたのではないか
  • しかし、戦争を知らない世代が、「矛盾をはっきりさせろ」と否定的に捉え始めたのである

つまり、田原氏は、最近、「朝日叩き」の潮流があるという事実を認めたうえで、その理由を、

  • 朝日叩きをすると売上が伸びるから
  • 現代の人々が自衛隊と憲法の矛盾の解消を求め始めたから

という2点に求めています。実は、この2点は、どちらも間違いではないと思います。たしかに、朝日新聞を批判する雑誌はよく売れているようですし、人々は自衛隊と憲法の矛盾に気付き始めているというのもそのとおりでしょう。

しかし、田原氏がジャーナリストとして一流であるとはいえない理由は、せっかくこの2点を列挙しておきながら、「さらにその原因」に踏み込まないことにあります。

なぜ朝日叩きをすると売上が伸びるのか――。それは、朝日新聞が捏造報道を行っておきながら、反省もせず、日本国民に謝罪もせず、のうのうと新聞の刊行を続けているからです。

また、なぜ現代の人々が自衛隊と憲法の矛盾の解消を求めているのかといえば、日本国民の多くが、領土的野心をたくらむ中国の軍事的なリスクの増大を懸念しているからであり、また、北朝鮮の危険な核開発を警戒しているからでしょう。

田原氏といえば、大人気テレビ番組などで司会を務めるなど、「オールド・メディア」の権化のような人物です。その田原氏が、「朝日叩き」を論説で取り上げたこと自体、オールド・メディア側が現在の状況に困惑している証拠だといえるかもしれません。

インターネットを敵視するのはマスゴミの特徴

ところで、先ほどの田原氏の議論には、続きがあります。オールド・メディアは得てして「インターネット批判」が大好きですが、田原氏もこのテンプレートに従い、ネット批判を繰り広げているのです。

特に、最近ではテレビを見ず、新聞も読まない人が増えているようだ。ニュースはもっぱらインターネットで読む。これも時代の流れではあるが、インターネットだと、より過激な方向に進みやすいという傾向がある。

田原さん、「より過激な方向」とは、いったい何ですか?まさかとは思いますが、インターネットで朝日新聞社に対して批判的な意見が高まっていることを「過激な方向」などとおっしゃっているのでしょうか?もしそうであれば、田原さんは直ちにジャーナリストを廃業した方が、これ以上恥をかかなくて済むと思います。

田原さんを含めたマス・メディア関係者が一番足りないのは、インターネットで朝日新聞をはじめとするオールド・メディアを叩く声が強い理由を突き詰める姿勢です。ジャーナリストを名乗るのならば、人々が単純な「愉快犯」として朝日新聞を叩いているのではないということくらい、気付くべきでしょう。

そして、インターネットは「何らかの独立した意思を持った存在」ではありません。「一般国民の集合体」です。誰もが気軽に情報発信に参加できて、誰もが気軽に情報を受け取ることができる、単なる媒体に過ぎないのです。

一般国民が情報をやり取りしていくうちに、「どうもマス・メディアの報道は変だ」と気付いた人々が、インターネット上で客観的な証拠を持ち寄って検証し、その「集合知」として、次々とマス・メディアの報道を論破して行っているというのが、現状の正確な描写ではないかと思います。

一説によると、新聞やテレビのフェイク・ニュースは、早ければ当日中に論破されてしまうようですが、それだけ「マス・メディアの報道のレベルが下がっている」、あるいは「インターネットの調査力のレベルが上がっている」ということなのかもしれません。

その事を無視して、いったい何が「インターネットは過激な方向に進みやすい」なのでしょうか?

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



メディアの失墜、極まれり

私たちが何に怒っているのか

田原氏は、朝日新聞が「憲法と自衛隊の矛盾を解消しないという立場にある」ことが「朝日新聞叩き」の主要因なのだと述べているのですが、それはまったく違います。「朝日新聞叩き」を招いているものとは、

  • 堂々とフェイク・ニュースを垂れ流し、
  • そのことに抗議する一般国民の怒りを無視し、
  • 開き直って反省しない、

という、朝日新聞社の傲慢不遜なその態度にほかならないのです。

極端な話、「憲法第9条は守るべきだ」という主張をしていようが、していまいが、関係ありません。朝日新聞が繰り返してきた報道犯罪は、報道機関として、いや、人として、絶対に許されません。「朝日新聞叩き」がとは、傲慢不遜な朝日新聞社に対する人々の怒りであり、拒絶反応と見るべきでしょう。

朝日新聞はもっと過激化する!

ただ、その朝日新聞は、いまだにのうのうと新聞の刊行を続けていて、昨年も「もりかけ騒動」という報道犯罪を仕掛けて来ました。このような新聞社が生き延びていくと考えると、気が重いというよりほかに表現が見当たりません。

では、朝日新聞社は本紙部数をゼロ部にまで落として倒産するのでしょうか?

私は、そうは考えません。

たしかに、『温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題』でも申し上げたとおり、慰安婦捏造犯罪発覚以前から、すでに朝日新聞は部数減に苦しんできました。そして、2014年8月に、朝日新聞社が事実上、慰安婦関連報道の撤回に追い込まれて以降は、朝日新聞は実売部数をさらに激減させていることは、ほぼ間違いありません。

しかし、逆に言えば、ここまで酷い捏造が発覚しているにもかかわらず、少なくない数の人々が、「カネを払ってまで」朝日新聞を購読しているということであり、いま以上に部数が急減する可能性はそれほど高くない、ということです。

いや、もっとたちが悪い話ですが、朝日新聞こそ、「より過激な方向に進みやすい」という特徴があります。なぜなら、現在の朝日新聞の読者層は、「朝日新聞らしさ」、つまり「あることないこと捏造してまで、日本を壊そうとする記事」を支持している、ということだからです。

もちろん、朝日新聞の読者層は高齢化が進んでいるでしょうから、今から5年、10年、20年と経過していけば、部数は今よりもさらに、じわじわ減っていくという効果が期待できそうです。しかし、その過程で、朝日新聞の論調はより先鋭化・過激化していくことは避けられないと私は見ています。

しかも、『「嘘の新聞」とは、もしかしなくても「朝日新聞」です』の中の『テレビ局はともかく、新聞社は合併する?』などでも申し上げたとおり、経営難に陥っている新聞同士が経営統合すれば、一時的に勢いを回復して、世の中に悪質なフェイク・ニュースをばら撒くこともあるでしょう。

その意味で、私たちはこれから、朝日新聞を筆頭とするマス・メディア(あるいはマス「ゴミ」)のさらなる先鋭化・暴走に備えなければならないのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (1コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (4コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (10コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)
  • 2018/06/21 00:00 【雑感オピニオン
    ブログの社会的役割と経済
  • 2018/06/20 17:15 【時事|国内政治
    【夕刊】パフォーマンス政治家を許すな! (1コメント)
  • 2018/06/20 10:40 【マスメディア論|時事
    【昼刊】米朝会談に「中国ファクター」・福島氏の秀逸な論考

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。